35479

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!




| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 |  Rio 2016 (5164) |


ブエルタ2015 St1 終わりました
■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race.php?id=149982
www.cqranking.com/men/asp/gen/race.asp?raceid=28097

=====

予習記事
「普段TTTがイケてないチームは表彰される大チャンス」
と書きましたが、結局そんなことはなくて、
TTTに定評あるBMCもオリカも容赦ありませんでした。

一方、総合にタイム差は反映されなくとも、
順位は付くし、各賞ジャージや翌日のチームカーの並び順にも関わってくるはずなので、
優勝候補を擁するチームは意外に本気出すかもしれないと思いましたが。

アスタナとスカイは終始危険回避モードで走って
それぞれ13位と20位。
モビスターは9位でなかなか。

……アスタナはまだしも、スカイは余裕かまし過ぎてないですか。
ジロの、ポートがうっかり一人になったときにパンクしてしまい
フロントホイールをクラークから貰ってペナルティが付いた例の事件を
思い出したりもするんですが大丈夫かな。

とまあその辺は杞憂だろうからそれはさておき。

ティンコフサクソがTTTを暫定トップでゴール!ホットシートでしばし歓談!
というシーンを私は初めて見たので(多分)、その間ジーンとしつつ
中継を見ておりました。

最終的にBMCに僅差で逆転されましたが、結局ステージ2位で終えられたし、
ブエルタ謎ルールでサガンがポイント賞ジャージをゲッツできて、
海をバックにした美しい表彰台に立ったところも見られたし、満足であります。
願わくば、チーム全員の表彰台も見たかったのですが贅沢言いません。
そういう機会はきっとこれからあると思います。たぶん。

シクロワイアードのヴァンガーデレンのコメントで、
BMCがこのTTT用にしっかり作戦を練って臨み、
それが当たったことを知りました。
http://www.cyclowired.jp/news/node/176242

ここまで対策立てられたら
&それをあの面子でやられたら、そりゃ勝てませんわ…。
むしろ普段あまりTTTで目立たないティンコフサクソが
BMCと1秒以内差だったのは上出来であります。

サガンはちょっとがっかりしてるようですが、
これからステージ優勝して厄落とししましょう!がんばって!

2nd at 1st stage, I thinks its my name that brought us this awesome number! :D pic.twitter.com/QntwwfWNRY

― Peter Sagan (@petosagan) 2015, 8月 22


=====

そういうわけで、ティンコフサクソサポーターとしては
初日からご機嫌なブエルタでございましたが。

最高によかったのは。

「ロードレース見るならJスポーツ」CMのマイカVer.を
はじめて見られたことであります!!


2014年ツールのマイカ素敵シーンに続いて、
「サイクルロードレース ミロナラ ジェイスポーツ!」
とカタコト日本語を話すマイカがーーーー。

ツール中継の際に流れたフルームVer.がラスボス(?)と思ってましたが、
こっちのが強烈でした。大変に素晴らしい(??)。

ここだけ切り取ってBDに保存します。

できればスマホに格納して、
いつでも好きな時に再生できるようにしたいです。
JスポさんマイカのCMをブエルタまで取っておいてくれて
ありがとうございます。


No.4961 - 2015/08/23
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4961


ブエルタ2015 St1 TTT予習
■ステージ概要:7.4kmの平坦TTT/ゴールタイムの目安:7分
http://www.lavuelta.com/la-vuelta/2015/es/etapa-1.html
http://www.procyclingstats.com/race.php?id=149982

■コースがダート過ぎて危険、ということで、順位はつけるけどタイム差はつけずということになりました
http://www.cyclingnews.com/news/vuelta-a-espaa-opening-ttt-times-to-be-neutralised-after-safety-concerns/
おそらく明日以降のチームカー並び順とか
そのあたりにのみ効いてくるのだろうと思います。
あと一応ステージ優勝の表彰とかもやるのかも。
強豪チームは無理しない走りをするだろうから、
普段TTTがイケてないチームは表彰される大チャンスです。

■出走時刻一覧
http://www.pelotonwatch.com/calendar/2015/worldtour/vueltaaespana/stage1_start_order.html

 出走時刻
現地  日本  チーム
18:48 25:48 MTN-QHUBEKA 
18:53 25:53 COLOMBIA 
18:58 25:58 FDJ 
19:03 26:03 TEAM LOTTO NL-JUMBO 
19:08 26:08 AG2R LA MONDIALE 
19:13 26:13 TEAM CANNONDALE-GARMIN 
19:18 26:18 IAM CYCLING 
19:23 26:23 COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS 
19:28 26:28 CAJA RURAL-SEGUROS RGA 
19:33 26:33 TEAM EUROPCAR 
19:38 26:38 ORICA GreenEDGE 
19:43 26:43 TREK FACTORY RACING 
19:48 26:48 TINKOFF-SAXO 
19:53 26:53 TEAM GIANT-ALPECIN 
19:58 26:58 ETIXX-QUICKSTEP 
20:03 27:03 LOTTO SOUDAL 
20:08 27:08 LAMPRE-MERIDA 
20:13 27:13 BMC RACING TEAM 
20:18 27:18 ASTANA PRO TEAM 
20:23 27:23 MOVISTAR TEAM 
20:28 27:28 TEAM SKY 
20:33 27:33 TEAM KATUSHA

・5分おきにスタート、所要時間7分、ということで
 大変目まぐるしいステージになりそうです。

=====

■危険だということでニュートラルになったTTTコース試走動画
 

・砂浜の上に敷かれたプラスチックタイル製の渡り廊下的簡易通路!
 砂をかぶった舗装路!遊歩道的ボードウォーク!
 最後に襲い掛かる天然石タイル!路面の変わり目に現れる段差!
 そして基本的に道狭い!

・このコースでTTTとかちょっとマズイだろう。
 と思うのですが、何故コース発表から今まで誰も指摘しなかったのか。
 あるいはコース詳細は直前に決まったのか。

・とりあえず、ロケーションは素晴らしいので
 いい写真が撮れるのではないかと思います。

・皆さんどうか怪我なくステージをおえてください。

・上でゴールまでの目安7分と書きましたが、<公式サイトにそう書いてある
 実際はもっとかかるかもです……。

=====

■参考
http://www.cyclingfans.com/vuelta-a-espana/live


No.4960 - 2015/08/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4960


ブエルタ2015 ポイント賞を考える
今年サガンがブエルタでポイント賞を狙う、ということで、
ブエルタのポイント賞システムを復習してみることにしました。

■今年のブエルタ スプリンター展望
http://www.cyclingupdates.com/vuelta-a-espana-2015-preview-sprinters-puncheurs-and-the-points-classification/
http://inrng.com/2015/08/vuelta-jerseys-prizes/

=====

<ポイントの付き方>

■中間スプリントポイント(各ステージに1か所)
上位3人に 4-2-1 ポイント

■ゴールポイント
上位15人に 25-20-16-14-12-10-9-8-7-6-5-4-3-2-1 ポイント

(TTステージは除く)

=====

ツールと違い、平坦ステージと山岳ステージで
獲得するゴールポイントに差がありません。

なので、ポイント賞争いに総合優勝する選手が絡んできますし、
スプリンターと総合優勝選手がポイント賞を僅差で争うこともあります。

そういうわけで、ブエルタのポイント賞は、純然なスプリンターよりも
ステージのプロファイルに関わらず常にステージ上位でゴールするような
まさにサガンのような選手に有利なシステムなのであります。
むしろライバルは同じスプリンターよりも総合優勝候補の選手たちかも。

ちなみに、かつてツールでマイヨベールを6年連続でゲッツしたエリック・ザベルは、
ブエルタでもポイントジャージを3年連続で獲っています(2002〜2004)。
https://en.wikipedia.org/wiki/Points_classification_in_the_Vuelta_a_Espa%C3%B1a

ザベルも、ステージ優勝回数よりもコンスタントにステージ上位ではいることで
ツール6年連続マイヨベールを成し遂げた選手なので、
ブエルタでポイント賞をとれたのもむしろ当然、というところであります。
ただ、2004年はリアルタイムで見てましたが、
本当にあとちょっとでバルベルデに持っていかれそうだったので、
ザベルファンの私はヒヤヒヤしました


昨年ポイント賞だったデゲンコルブは、
ステージ4勝&ポイント圏内3回で、あとはステージ3桁ゴールでした。
なので、サガンが平坦ステージで常に5位以内に入り、
デゲンコルブには無理めの山岳ステージで3回くらい(いや事によるともっと)
上位に入ればポイント賞はゲッツ!できるのでは!ないでしょうか!

……まあ、どちらかというと
ジャージよりもステージ優勝大事、という点は
ツールと変わらないと思うので。

どうか今回のブエルタでサガンがステージ優勝できますように。
ステージ4勝とか量産しなくてもいいので。

=====

■cyclingupdates.com がチェックした各チームのスプリンター
http://www.cyclingupdates.com/vuelta-a-espana-2015-preview-sprinters-puncheurs-and-the-points-classification/

AG2R:Montaguti (selective sprint)
Astana: なし
BMC:Drucker
Cannondale: なし
Caja Rural: Barbero
Cofidis: Bouhanni, Simon (uphill sprints if Bouhanni would not be there)
Etixx – Quick Step: なし
FDJ: Manzin, Reza
IAM: Pelucchi, Reynes, Tanner
Lampre: Richeze
Lotto Soudal: Boeckmans
Movistar: Rojas
MTN – Qhubeka: Sbaragli
Orica: Ewan, Gerrans, Impey
Colombia: Duque
Europcar: Hurel
Giant – Alpecin: Degenkolb, Mezgec
Katusha: Vicioso
LottoNL-Jumbo: Van Asbroeck
Sky: なし
Tinkoff – Saxo: Sagan
Trek Factory Racing: D van Poppel, Stuyven


・総合優勝候補を擁しているチームはスプリンターがいない傾向

・ということはエティックスも総合を狙っているのか <たぶんない

・こうして書き出してみると、ユーワンやブアニ、ポッペル兄弟など
 侮れないスプリンター多い。一人がステージ量産というわけにはいかないかも。

・となると、やっぱりコンスタントに上位に入れるサガンが
 スプリント賞候補最右翼。なんだけどやっぱりステージ優勝してほしい。

・ユーロップカーのスプリンターはArashiroじゃないのか……
 エース格で出場という噂があったのはいったい……


No.4959 - 2015/08/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4959


ブエルタ2015 ティンコフサクソ布陣
ボーっとしてたら今日からブエルタであります。
St1のTTTスタート時刻も調べなくちゃですが、
その前にティンコフサクソの布陣をチェックして
ブエルタの展望など考えてみたいと思います。

■スタートリスト
http://www.procyclingstats.com/race/Vuelta_a_Espana_2015-startlist

<ティンコフサクソ布陣>
201. MAJKA Rafał <TdF
202. BENNATI Daniele <TdF
203. BODNAR Maciej
204. BRUTT Pavel
205. HANSEN Jesper
206. MCCARTHY Jay
207. PAULINHO Sérgio <GdI
208. POLJANSKI Pawel
209. SAGAN Peter <TdF

ツール連戦3人+ジロ1人という
ジロ連戦が5人いたツールに比べれば
フレッシュな陣容であります。

で、マイカがエースなのはもちろんなのですが、
サガンもかなり期待がかけられているようで、
マッサー宮島さんのTweetからも
2人ともチームの柱であることが伺われます。
https://twitter.com/masa1007/status/634122687758114817

マイカはステージ優勝と表彰台、
サガンはステージ優勝とポイント賞、
全て得られたら万々歳、ということろでしょうか。

私としては、マイカがグランツールで勝てる器かどうか
今回にかかっていると考えています。
2013年と2014年のジロで総合10位以内に入ってますが、
大事なところで遅れてタイムを落とすステージがありました。
2014年のツールとポローニュでいろいろ覚醒したので、
それでそのあたりが克服できたのではないでしょうか。

覚醒してから初めての単独エースとして臨むグランツール、
どうか3週間、クレバーに走り切ってほしいです。
チームの皆さんどうかサポートをお願いします。

サガンのポイント賞も考察しようと思いましたが
長くなるので別記事にします。

ぶっちゃけサガンは、アシストが誰もいなくても
期待以上の結果を出す気がします……


=====

・チーム的に怖いのは
  アスタナ>>>モビスター>>スカイ>BMC&キャノンデール
 の順だったりしますが、
 特にアスタナは、先日のブエルタブルゴスでそうだったような
  >http://www.procyclingstats.com/race/Vuelta_a_Burgos_2015
 容赦ない強さを見せつけるんじゃないかと
 戦々恐々としています(とか言いつつ、それもちょっと楽しみ)。

・ただ、ジロのような「どんなにアシストが好調でもエースの交代はなし」戦法にでたら
 ちょっとわからないです(とか言いつつ、そんな展開もちょっと楽しみ)。

・あと、今年のブエルタはグランツール優勝経験のある選手がモリモリ出ているので、
 有力どころ以外は総合上位に絡むのすら難しいかもしれませんが、
 彼らが所属する有力チームが牽制しあってる隙を突ければ可能性は十分あります。
 ティンコフサクソはもちろん、他の伏兵チームにも期待してます。

=====

■公式サイト
http://www.lavuelta.com/


No.4958 - 2015/08/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4958


世界選2015 各国出場枠決定(2)
今年のUCIロード世界選手権の出場枠が発表になったので、
男子エリートRRの気になる国の出場枠数を見て
だらだら感想を書こう。という記事の(2)であります。

枠数別出場国一覧まとめも載ってる(1)はこちら
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4950

■世界選出場枠に関するUCI発表資料
http://www.uci.ch/mm/Document/News/NewsGeneral/17/13/80/Qualificationsystemandquotas-Richmond-ENG_English.pdf

■UCIポイントランキング
http://www.uci.ch/road/ranking/

=====

■ポーランド(6人)
昨年9人で出場して見事優勝を勝ち取りましたが、今年は6人枠。
人数こそ減りますが、ディフェンディングチャンピオンのクヴィアトコフスキーを始め
いい選手がそろっているので、十分勝負に絡めるチームができると思います。
まさかの2連覇もあるかも。

参考までに、私が知ってる範囲内(2004年以降)で
世界選で少ない枠で優勝した国は、

2013年 ポルトガル(ルイ・コスタ/3人)<他はカルドソとマシャド
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_Road_Race_2013

2010年 ノルウェー(フースホフト/3人)<他はボアッソンハーゲンとクリストフ
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_Road_Race_2010

とそう珍しくない頻度であったりするので、
6人でも強いチームが組めれば十分勝機あります。


■デンマーク(6人)
今年も安定の6人枠。
ポーランドと人数は同じですが、なんというか、
どーも勝負に絡める気がしないのはどうしたことでしょうか……。
昨年、ブレシェルが4位に入ってはいるのですが……
ジュニアやアンダーは結構強いのに……


昨年は、6人全員ティンコフサクソの選手でチームが組まれましたが、
今年は面子が刷新されるかもです。
フグルサングとバクとハンセンは選ばれてほしいなーと思います。


■USA(6人)
アメリカツアーの順位だと3人枠なのですが、開催国特約が効いて6人枠となりました。
ていうか、そんなにポイント取れてないんだアメリカ。

もしかしてアレですか、アメリカ国内のレースでプロチームの選手がバンバン勝つもんだから
プロコン&コンチの選手がポイント取れずに
アメリカツアーにおける国の順位が上がらないという悪循環ですか。

ただ、ここも強い選手がたくさんいるので、
ポーランド同様、6人枠でも勝機は十分あると思います。
どういうチーム編成で世界選に臨むのか楽しみです。


■日本(3人)
アジアツアーでイラン、カザフに次いで3位となり、3人枠ゲッツ。
ていうか、2位カザフは逆転できそうなポイント差でしたが、
1位のイランは日本のポイントの約3倍です。
(イラン:1337,カザフ:460,日本:448)
どうすればこれが埋まるのか見当もつきません。

……やはりここは、イランの強い選手にどんどんプロチームに加入してもらって
アジアツアーのポイントを稼がないようにしてもらうしかありませんな。<超消極的

あとは、枠獲得への貢献度とか、タイトルとか、そういうものには縛られずに、
「如何に戦うか」に重点を置いて3人の出場選手を決めて欲しいです。
いいレースを期待してます。
あと、来年の全日本の開催地も早く決めていただきたいです……


■クロアチア(3人)
この国は、最初の逃げに選手を乗せることを最大の命題としているらしく、
逃げが決まるまでのアタック合戦に交代で選手が反応するのを
私は毎年楽しみにしております。 <最初から中継が見られるときは

今年は誰が選ばれて、誰が逃げに乗るのが楽しみです。



以上でした。

9人枠常連国には全く触れてませんが
この辺は強くて当たり前なんだからいいよね!<え


No.4957 - 2015/08/21
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4957


世界選2015 各国出場枠決定(1)
私が高校野球にうつつを抜かしている間に、
ティンコフサクソの来期契約選手が続々と明らかになり、
ブエルタの出場メンバーが発表になり、
4年に一度のパリ〜ブレスト〜パリが開催され <まだ終わってません
高校野球も今日が最終日でれから決勝戦、ということで、
世の中がいろいろと移り変わっている中で。

今年のUCIロード世界選手権の出場枠が
発表になりました。

■UCI発表資料
http://www.uci.ch/mm/Document/News/NewsGeneral/17/13/80/Qualificationsystemandquotas-Richmond-ENG_English.pdf


=====

<男子エリートRR 主な国の出場枠>

■9人(14人エントリー可)
スペイン
イギリス
コロンビア
イタリア
フランス
オーストラリア
オランダ
ベルギー
ドイツ
チェコ

■6人(9人エントリー可)
アルジェリア
カナダ
ベネズエラ
イラン
スロヴェニア
ウクライナ
ロシア
デンマーク
ポーランド
ノルウェー
USA <開催国

■3人(5人エントリー可)
モロッコ
南アフリカ
アルゼンチン
ブラジル
カザフスタン
日本
韓国
オーストリー
ベラルーシ
ポルトガル
トルコ
リトアニア
エストニア
クロアチア
アイルランド
ニュージーランド
スイス
スロヴァキア
コスタリカ
ルクセンブルグ

■1人(2人エントリー可)
チュニジア
エリトリア
エクアドル
チリ
グアテマラ
アゼルバイジャン
ギリシャ
ルーマニア
セルビア

=====

結局、全部書いてしまいましたさ……。

マックスの9人枠を獲得できるのは、ワールドツアーで10位までの各国であります。

ここ数年9人がっつり送り込み、昨年の世界チャンピオンとなったポーランドが、
何故か今年は10位圏外に落ちてしまい、かわりにチェコが9人枠獲得しました。

UCIのランキングサイト(http://www.uci.ch/road/ranking/)でポイント概要を見てみると、
スティバールがチェコ306ポイント中172ポイントを稼ぎだす活躍を見せたのが大きかったです。
(他は、ケーニヒの70ポイント、クロイツィゲルの64ポイント)
……なのはいいのですが、チェコは昨年のポーランドのような戦えるチームを作れるのでしょうか。

実は11位だったのは294ポイントでスロヴェニアで、
メスゲツ、ポランク、スピラックと現在株上昇中の選手がポイントを稼いでいて、
彼らはすごく悔しい思いをしているのではと思うのですが。
枠が多くても駒が少なければいいチームが組めるとも限らないわけです。

チェコが獲得した9人枠をどう生かすか注目したいです。

時間切れに付き続く
>続き:http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4957


No.4956 - 2015/08/20
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4956

300/300件 [ ページ : << 1 ... 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS