1087402

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!

           


| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 |


2013年ツール写真
昨年のツール観戦で撮った写真を
ここにきてやっと整理し始めています。

今まで辛くて見返す気持ちになれなかったのですが、
先だってのコンタドールのブエルタ優勝で、
やっとその呪いが解けました。

今のところ、
観戦初日の第二休息日からラルプデュエズステージまで
チェックし終わりました。
全部済んだら、現地レポブログの方に
ボチボチ写真を載せてゆく予定です。
http://capybara120gb.blog70.fc2.com/
↑今話題のFC2なのでちょっと不安……
 引っ越しを検討した方がよいでしょうか……


こちらのブログ共々、
よろしくお願いします。

=====

ブログに載せる前の写真を
この辺においてあります
https://www.flickr.com/photos/capybara120gb/
http://instagram.com/capybara120gb

=====

<現時点での2013ツールMYベストショット>

中の人はいません(本当)




No.4774 - 2014/10/01
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4774


世界選2014男子エリートRR ティンコフサクソリザルト
世界選の男子エリートRRには
ティンコフサクソの所属選手11名が
各国代表として出場していました。

皆さんのリザルトは、以下の通りです。
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_Road_Race_2014

004 Matti Breschel (Denmark) +0:01
020 Michael Valgren (Denmark) +0:07
021 Daniele Bennati (Italy) +0:07
026 Nicolas Roche (Ireland) +0:07
031 Chris Anker Sørensen (Denmark) +0:17
071 Christopher Juul-Jensen (Denmark) +5:12
DNF Rory Sutherland (Australia)
DNF Paweł Poljański (Poland)
DNF Nicki Sørensen (Denmark)
DNF Michael Mørkøv (Denmark)
DNF Sérgio Paulinho (Portugal)


・チェックしていたポーランド、デンマーク勢ではなくても、
 ベンナーティー、ロッシュ、サザーランドは折々確認できました。
 特にサザーランドは後半ポーランドが集団コントロールをやめてから
 集団前方でチームを牽引している場面をよく目にしました。

・ロッシュは、アイルランド代表3人の中で唯一前方に生き残り、
 最終局面まで勝利に絡めるところに踏ん張っていたのが見事でした。
 ベンナーティーも同じ集団に残ってますが、
 リザルトではコロブレッリの方が前なので、彼をリードアウトしたのかも。

・ユール君とヴァルグレンはよく逃げました。
 6人編成ながら後半の重要な逃げにいずれも選手を送り込めたことで、
 デンマークの存在感を示しましたよ。
 ブレシェルも4位に入って、表彰台に乗れなかったのは悔しいかもですが、
 次に繋がるレースをになったのではないでしょうか。
 ヴァルグレンは、クヴィアトコフスキーとちょっと脚質が近い感じのパンチャーで、
 レースを上手く読める感じなので、いつか世界選の表彰台に立てると思います。
 できれば真中がいいなあ。。。

・今期限りの引退を表明しているニキ・ソレンセンにとっては、これが最後の世界選出場でした。
 チーム公式に、レース後コメントが出てます <まだ読んでない
 >http://www.tinkoffsaxo.com/news/nicki-sorensen-reflects-final-world-championship/

・あとロッシュのレース後コメント <まだ読んでない
 >http://www.tinkoffsaxo.com/news/roche-world-championships-war-attrition/

=====

ProCyclingstats によると、チームから11人代表入りは
全チーム中2番目に多いのだそうです。

. @katushacycling 9 with @GSmukulis RT @ProCyclingStats: Competitors by team #Ponferrada2014

http://t.co/dptrYBSJuO pic.twitter.com/4RQXFOnffD

― ProCyclingStats.com (@ProCyclingStats) 2014, 9月 28


一番多いのは、スカイとBMCの12人

……11人といっても、うち6人はデンマーク代表ですが(汗)
それでも、応援してるとこのチームからたくさん代表入りしてるのは、
嬉しいものであります。

=====

で、その代表入りした選手のうち、サザーランドとロッシュは
来期移籍することが事実上決定していて
(ティンコフとの契約未更新&チームにはもう選手枠がない)。

こんないい走りをする選手たちが路頭に迷うこんな世の中じゃ (ry
と思っていたところ、相次いで来期の移籍先が発表になりました。

■サザーランド:モビスター
https://www.facebook.com/movistarteam/photos/a.179990158685641.41725.175073429177314/867458746605442/?type=1&permPage=1

■ロッシュ:スカイ
https://www.facebook.com/TeamSky/photos/a.225890709872.133141.194104484872/10152871202419873/?type=1&permPage=1

ブエルタの総合を争ったチームにそれぞれ移籍するあたり、
来期は対ティンコフの切り札としての役割を
期待されてるのではないかと勘ぐってしまいます。

いずれにせよ、グランツールで総合争いをするようなチームに移籍できてよかった。
また来期、いい走りを見せてほしいです。
ライバルになっても、幸運を祈ります。


No.4773 - 2014/10/01
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4773


世界選2014男子エリートRR そのときポーランドは
クヴィアトコフスキーが優勝につながるアタックを決めて
ゴールに向かって走り続けていたそのとき。

TV中継は実況するのを忘れ、
監督は車の運転を忘れ、
チームバスではカメラが回っているのを忘れ
(て放送禁止用語を言いまくっ)ていたのでした。


■ポーランド実況残り8km(10分)



■サポートカー車載カメラ動画



■チームバスの模様



国外では見られない動画も多々ある中、
これらの動画を日本でも見られるようにしてくれて
TVPさんありがとうございます。

超絶に盛り上がっている様子が、
微笑ましい一方で胸を打たれます。

何人ものポーランド選手がトップチームで走るようになり、
その中の何人かが大活躍して世界選で9人枠を獲得し、
その枠をフルに使って、有能アシスト陣+ワンデイで勝つ実力を持つエース
という布陣を組むことができて、
かつそのエースが世界選にコンディションを合わせられた。

ここまで条件をそろえるまでにいったい何年かかったことか。

そして、もしかしたらもう廻ってこないかもしれないチャンスを、
がっつりとものにしたのでした。

これまで積み上げてきたものを知ってる人たちだからこその
我を忘れてのあの大喜びっぷりなのではないでしょうか。

で、改めてポーランド実況でレース終盤をみて思いましたが。

今回は代表チーム全体の勝利ではあるのですが、
私としては、これまでいろんな選手が落車をして要注意箇所だった
下り切ってすぐカーブになるダム入口のあたりで
追走集団からアタックしたクヴィアトコフスキーの勝負勘こそが
アルカンシエルを引き寄せたという気がいたします。

エースがエースとしてやるべきことを完遂した
ポーランド初チャンピオンにふさわしいレースでした。
いやー素晴らしかったー。

====

日本代表は残念な結果に終わりましたが
ポーランドだって時間をかけて一から積み上げて来たのですから
ここで焦っちゃいけません。

■浅田監督のレースレポ@JCF
http://jcf.or.jp/?p=40302

ただ、日本人がこれ級の大勝利をあげるのは
私が生きてる間には無理かもなあ。
と、今年の世界選を見て思いました。
RRの世界の壁は厚く、そして現実は厳しいです。

でも、ファンはただ見守って
前向きに応援するのみ、であります。



No.4772 - 2014/09/30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4772


世界選2014 男子エリートRR終わりました
ポーランドのエース、クヴィアトコフスキーが勝ちました。
ポーランドを応援してたくせに、まだ信じられません。



↑ポーランドのメディアもびっくり

■絶賛祭り中@FaceBook
https://www.facebook.com/PZKol
https://www.facebook.com/naszosiepl
https://www.facebook.com/OfficialMichalKwiatkowski <本人公式


・中盤過ぎまで、ポーランドが9人総出で追走集団を先頭でコントロール。
 何か策があるのだろう、たぶん、先頭のポーランドが人数を減らした瞬間に
 有力国がかわって先頭をひきはじめるだろうから、
 それまでに有力国のアシスト&有力選手の脚を削って
 いっぽうでクヴィアトコフスキーの脚を貯める作戦なんだろうと思っていました。

・9/14周回を過ぎたあたりで、ポーランドの先頭選手が減ってきて
 案の定かわりにイタリアが出てきて集団を仕切りはじめました。
 ポーランドは選手を下げると思わせておいて集団後方で待機させておき
 また終盤に大挙して攻撃をしかける作戦か?と思っていたら、
 なんと補給処で4人が一度にリタイア。
 それもベテランのボドナールやニエミエッツですよ。

・あのチームTTさながらの鬼引きはなんだったの?
 これで表彰台にも乗れなかったら泣いちゃいますよ?
 と真剣に心配しました。。。

・その後もクヴィアトコフスキーの近くにはコンスタントに2名ほどチームメイトがいたので
 ちょっと安心しましたが、大勢前方集団に残しているイタリア、スペイン等々に比べると
 状況的に劣勢な感じ。いやだって一度に4人もいなくなっちゃうし。 <よっぽどショックだったらしい

・有力どころが集まった逃げ最終便(キリエンカ、ヴァルグレン、ゴチエ、デマルキ)と
 8秒差になったところで追走集団からクヴィアトコフスキーがアタック、
 ブリッジを成功させて、追走に捕まりかけたところで再度カウンターアタック。
 デマルキやヴァルグレンが食い下がりますが及ばず、単騎の早がけに持ち込んだのは見事でした。
 ここ数年の世界選RRの傾向(追走に牽制がかかるため単独なら逃げ切れる公算大)を読んだ
 いいアタックでした。

・あのポーランド総出の集団コントロールはやっぱり何か作戦があってのことだったに違いありません。
 明朝には日本語ニュースでレース後インタビューの内容が紹介されると思うので、
 チェックしたいです。

・それにしても、彼がゴールした直後は手が震えてキーボードが打てなかったです。
 チームポーランドの皆さん、本当におめでとうございます。
 
・デンマーク代表@全員ティンコフサクソの走りもアグレッシブでよかったです。
 ユール君もヴァルグレンも遠くない将来に大きな勝利をつかめる選手だと確信しました。
 ブレシェルも4位に入って健闘しました。ちょっと仕掛けるのが早すぎたのが残念だったかもです。。。

・明日以降、幸せな気持ちをかみしめつつ
 改めて世界選を振り返りたいと思います。
 いやー勝ててよかった。

=====

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_Road_Race_2014

■ラップタイム@Tissot
ここをクリック


No.4771 - 2014/09/29
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4771


世界選2014 男子エリートITT終わりました
火曜に旅先から帰宅して金曜深夜まで、ネットの回線状況が悪くて
まともに動画が見られなかったカピバラですこんばんは。

無線LANの電波を飛ばす機械(ルータ?)のファームウェア?
とやらを最新版に更新したら改善しました。

ファームウェアの最新版は半年以上前のリリースでしたが
先週まではストレスなく使えてました。
何故ここにきていきなり回線が遅くなったのかはよくわかりません。
世界選男子エリートRRの当日前になんとかなって
本当に良かったです。

……というわけで、男子エリートITTから日もたってしまいましたが、
レース後感想と後日参照用メモということで
とても印象深かった表彰式のマルティンの写真を貼ります。


にこやかにフォトセッションに臨み




ウィゴと握手をして健闘を称え合いましたが

Worlds, Beijing, Goss, and a few laughs. That's this week's CC Pod. http://t.co/i7NZapl2Tx #sbscycling pic.twitter.com/F1jZirNJan

― CyclingCentral (@CyclingCentral) September 25, 2014


イギリス国歌が流れている間は
落胆を隠しきれなかったマルティン。。。




内心どんなにショックでも、
表向きには爽やかに表彰式を終えたマルティンに
トッププロかくあるべしと思いました。

どうか元気出して。
RRではドイツにいい風が吹きますように。

でも私はポーランド&デンマーク応援なのですが<おい

=====

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_ITT_2013_1


No.4770 - 2014/09/27
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4770


世界選2014 男子エリートITT予習
このエントリーを書くために、
出場選手の所属チームをしこしこと調べていたのですが。

その過程で、ドイツがITT代表として
44歳の選手を送り込んできたことを知り
驚いております。

■ドイツITT代表 Lars TEUTENBERG 選手
http://www.procyclingstats.com/rider/Lars_Teutenberg
http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=7154

イナ・ヨーコ・ツーテンベルグの兄上です。
cyclingarchives では2000年に引退した扱いになっており、
現在の所属チームの項も空欄です。

そんな選手がいったいどういう経緯で代表に!と思ったら、
ナショナル選手権ITTで3位に入っていたのでした。
http://www.procyclingstats.com/race/national_Championships_Germany_ITT_2014

なんというか、先日のアワーレコードでフォイクトすごい!と思いましたが、
ドイツにはアンチエイジングボディの遺伝子を持つ人が
それほど珍しくない頻度で存在するのかもしれません。

……なにげにフォイクトも来年世界選のITT走ってたりして。

=====

Ponferrada › Ponferrada (47.1k)
>目安:57分

■コース・プロファイル
PCS:http://www.procyclingstats.com/race/Vuelta_a_Espana_2014_Stage_21_Praza_do_Obradoiro_Santiago_de_Compostela
公式:http://www.mundialciclismoponferrada.com/men-elite-itt#.VCIcfRZ_L9Y
PDF:http://www.uci.ch/mm/Document/News/NewsGeneral/16/57/14/Ponferrada2014informationbulletin2_English.PDF
   ↑9ページ

■天気予報
http://www.wunderground.com/q/zmw:00000.1.08053?
↑予報ではレース終了まで晴れるようです

■出走時刻一覧
公式:http://www.uci.ch/road/ucievents/2014-road-uci-road-world-championships/111129014/widgets/entries-start-lists-results-165688/
Pelotonwatch:http://www.pelotonwatch.com/calendar/2014/worldchampionships/startlist/men_itt.html

■UCIチャンネル@YouTube
http://youtu.be/3E9M8k3QXRo
日本時刻 20:00〜の予定

■リザルト リアルタイム更新
http://static.sportresult.com/federations/uci/CR2014/


=====
<全選手 出走時刻>

StartTime
CEST
StartTime
JST
Bib
No.
NameCountryTeam 
13:3020:3064POPSTEFANOV GorgiMKD  
13:3220:3263NECHITA AndreiROUMG Kvis 
13:3420:3462LUDVIGSSON TobiasSWEGiant 
13:3620:3661MINO GustavoPARStart - Trigon 
13:3820:3860PLIUSCHIN AlexandrMDASkydive Dubai<プリプリ
13:4020:4059SARAMOTINS AleksejsLATIAM 
13:4220:4258FEJES GaborHUN  
13:4420:4457ASADOV ElchinAZESynergy Baku 
13:4620:4656KANGERT TanelESTAstana<カンゲルト
13:4820:4855DYACHENKO AlexsandrKAZAstana 
13:5020:5054VASYLYUK AndriyUKRKolss 
13:5220:5253SADIKI VeliMKD  
13:5420:5452OVECHKIN ArtemRUSRusVelo 
13:5620:5651VAKOC PetrCZEOPQS 
13:5820:5850MOHORIC MatejSLOCannondale 
14:0021:0049BREEN VegardNORLotto 
14:0221:0248OLIVEIRA NelsonPORLampre 
14:0421:0447TACIAK MateuszPOLCCC 
14:0621:0646ARNDT NikiasGERGiant<アルント
14:0821:0845ANACONA GOMEZ WinnerCOLLAMPRE<アナコナ
14:1021:1044COPPEL JeromeFRACofidis<コッペル
14:1221:1243GINGSJO AlexanderSWE  
14:1421:1442SMUKULIS GatisLATKatusha<スムクリフ
14:1621:1641DER ZsoltHUNUtensilnord  
14:1821:1840TAARAMAE ReinESTCofidis<赤タラ
14:2021:2039GOLOVASH OleksandrUKRKolss 
14:2221:2238KONOVALOVAS IgnatasLIUMTN<コロバノバス
14:2421:2437TEUTENBERG LarsGER <44歳。ドイツ人って…
14:2621:2636TVETCOV SergheiROUJelly Belly 
14:2821:2835KOREN KristijanSLOCannondale 
14:3021:3034MACHADO TiagoPORNetApp<マシャド
14:3221:3233SERRY PieterBELOPQS 
14:3421:3432OYARZUN GUINEZ Carlos IvanCHLEfapel - Glassdrive 
14:3621:3631ROCHE NicolasIRLTinkoff<ロッシュ
14:3821:3830NAVARRETE SegundoECUEcuador 
14:4021:4029ZOIDL RiccardoAUTTrek 
14:4221:4228SEPULVEDA EduardoAGRBretagne - Séché 
14:4421:4427FOMINYKH DaniilKAZAstana 
14:4621:4626VOROBYEV AntonRUSKatusha 
14:4821:4825IRIZAR ARANBURU MarkelESPTrek<イリサール
14:5021:5024BORGERSEN Reidar BohlinNORJoker  
14:5221:5223DILLIER SilvanSUIBMC<ディリエ
14:5421:5422NAVARDAUSKAS RamunasLTUGarmin<ナバルダウスカス
14:5621:5621SIUTSOU KanstantsinBLRSky<シストソフ
14:5821:5820HANSEN Lasse NormanDENGarmin<ノーマンハンセン
15:0022:0019TALANSKY AndrewUSAGarmin<青タラ
15:0222:0218CATALDO DarioITASky 
15:0422:0417BRANDLE MatthiasAUTIAM 
15:0622:0616CASTROVIEJO NICOLAS JonathanESPMovistar 
15:0822:0815TUFT SveinCANOrica<タフト
15:1022:1014QUAADE Rasmus ChristianDENBlue Water<ひげ
15:1222:1213VANDEWALLE KristofBELTrek 
15:1422:1412BODNAR MaciejPOLCannondale<ボドナール
15:1622:1611CHAVANEL SylvainFRAIAM<シャバネル
15:1822:1810DOWSETT AlexGBRMovistar<アレックス
15:2022:209SERGENT JesseNZLTrek<ジェス
15:2222:228VAN GARDEREN TejayUSABMC<TJV
15:2422:247BARTA JanCZENetApp<ヤン・バルタさん
15:2622:266KIRYIENKA VasilBLRSky<キリエンカ
15:2822:285DENNIS RohanAUSBMC<デニス@名字
15:3022:304MALORI AdrianoITAMovistar<マローリ
15:3222:323DUMOULIN TomNEDGiant<デュムラン
15:3422:342WIGGINS BradleyGBRSky<卿
15:3622:361MARTIN TonyGEROPQS<トニマル



No.4769 - 2014/09/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4769


世界選2014 始まってます
旅行に出ていたため、男子TTTと男子U23ITTは
宿泊先のホテルでYouTubeのUCIチャンネル経由で観戦しました。

ホテルのWifiにiPadを接続させて見たのですが、
これがまた回線が安定しているし速いしで大変快適で。
帰宅してから家のPCで見た女子エリートITTの方が
画質は悪いはしょっちゅう止まるわでストレスたまりまくりでした。
(iPadに至っては、選手のジャージも識別できないほど画面が滲んでました。。。)

これまで、旅行の予定は、大きいレースがある週末を
避けるように計画してきましたが。
あえてレース開催日と旅行をぶつけて
ネット環境が充実してるホテルに泊まって
iPad観戦するのもアリかもしれないなーと思いました。

=====

男子U23_ITTの表彰台

#455922942 / gettyimages.com


3位のスイス代表 Stefan Küng は
2013年のチューリッヒSixday-Nightsで
若いながら4位に入った有望株です。
http://06.live-radsport.ch/details_189236/Sixdays_SixdayNights_Zuumlrich_2013.html

そして、その Sixday-Night 2013 で優勝したのが、
世界選男子エリートTTTで優勝したBMCのメンバー、Silvan Dillier であります。
(パートナーはケイセ)

チューリッヒ Sixday-Night は、資金難で6日間開催はできなくなったものの
4日と期間を短縮して頑張って持ちこたえているレースです。

やっぱり、ロードで注目をあびた選手が出場するとレースが盛り上がるので、
彼ら二人にはこれからもロードで活躍& Sixday-Nighに出場してほしいです「。


No.4768 - 2014/09/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4768

300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS