1171722

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!




| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 | 6日間レース 2015-2016 (5018) |


マイケル・ロジャース引退
日本時間の4/25深夜、ロジャースの引退が正式に発表されました。

■チーム&ロジャースのプレスリリース
http://www.tinkoffteam.com/news/michael-rogers-fun-ride/

■日本語ニュース
サンスポサイクリスト:http://cyclist.sanspo.com/249021
シクロワイアード:http://www.cyclowired.jp/news/node/197418

=====

2月にドバイツアーをリタイアしてから、
ずっとレースに出場しておらず。
チーム公式にもPCSのプロフィールにも
今後のレース予定について情報がなく。

ツールと五輪に出場するなら、
5月には戦線復帰してないと間に合わないだろうし、
もしかして健康状態が改善してない?
下手するとこのまま引退してしまうのかも?
と、ちょっとだけ考えていたところでした。

なので、引退の発表があったときには
ああやっぱり、と思う一方で、
想定していた割には受けるショックが大きくて、
2日経った今もその衝撃が残っており、
脳内でロジャースの思い出を折々反芻しています。

チームとロジャースが引退を発表するにあたってHPに掲載した
プレスリリースがえらい長文で、
ロジャースの書いた文章がまた
完成に何日もかけたであろうことが察せられ。
ドクターストップがかかったのは
かなり前だったことが伺われます。

4月に入ってから、ロジャースはTwitterで
チームメイトのサガンやコンタドールはもちろん、
同国人のマシューヘイマンの勝利をお祝いしたり、
若い頃の写真をアップしたりしており。
https://twitter.com/mickrogers

この時にはもう引退を決めていたであろう彼が
どういう心情で↑のTweetをしたのだろうと思うと
もう胸がいっぱいであります。
とかいって、実は全然違ったりして

そして、あまりTweetをしない彼が
Twiiterでアップした写真を遡ると、
https://twitter.com/mickrogers/media
2013年に当時のサクソティンコフに移籍してきて以降の
ロジャースの、そしてチームのドラマティックな戦歴を
おおざっぱにたどることができて、
また脳内で思い出がぐるぐるしてしまうのでした。

そんな写真の中に、かつてのチームメイト、
キム・キルシェンとのツーショットがありました。
日付は2014年8月4日。

Fantastic evening in Luxembourg catching up with my ex team mate Mr Kim Kirchen! pic.twitter.com/xEsdv0wVKz

― Michael Rogers (@mickrogers) 2014年8月3日


ルクセンブルグのポストツールクリテに招待された折に
かつてのチームメイトと旧交を温める、
というワンシーンであります。

キルシェンも、2008年にワロンヌをはじめとして4勝をあげた後、
2010年のツール・ド・スイス参戦中に心臓発作を起こし入院。
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/35478
http://www.cyclesports.jp/depot/detail/34472

そのまま競技に復帰することなく引退したのでした。

現在はルクセンブルグのレース中継で
解説を勤めているそうです。
https://www.instagram.com/p/BEW1_yEC4U4/

心臓に先天的疾患があることを既に知っていたロジャースが、
心臓病のこととか、それがきっかけで引退する可能性のこととか、
キルシェンと話をしてたりなんかして、なんてことは
全く憶測でしかないのですが。

いつか二人が再会するときには
似たような形でキャリアを終えたことを
笑い話にしながら語り合うに違いない。
と勝手に思っています。


プレスリリースでは、今後の身の振り方には触れられていませんが、
ロジャースがどんな道に進むとしても、
選手として彼が掴んだ栄光と喜びが
次のキャリアでも得られるよう願ってやみません。

=====

ロジャースのキャリアで一番印象的なシーンは
実はこれだったり。


引退発表の声明で、ロジャースがオレグ氏に触れてる箇所があるのですが、
それについては、いずれ別記事に書くかもです(でも書かないかも<え)


No.5104 - 2016/04/27
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5104


LBL2016 終わりました
悪天候により一部コースが変更になりましたが、
この変更で、通過予定であった
小さいけれども歴史のある街デュルビュイは
迂回されることになりました。

この街には、コンフィチュール・サン・タムールという
「フィリップさんとジルベールさん兄弟が経営する」
コンフィチュール店があるということで、
通るのを楽しみにしていたのに残念です。
http://www.bs4.jp/document/travelix3_old/oa/121021/main.html

ていうかLBLジルベール出てないし。

デュルビュイ通過&ジルベール出場のコンボに
来年は期待であります。だから何?って話ですが。

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race.php?id=163623

=====

優勝は、スカイの ワウテル・ポエルス。
レース前に、早々にラファカフェ東京の観戦めしに
白旗を出したところで気持ちが負けていました。 <何それ
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5101

ただ、意外なことにスカイがモニュメントで勝つのは
これが初めてなのだそうです。
ポエルスはもちろん、ルーク・ロウやスタナードみたいな
ワンデイに強くて渋い魅力の選手がそろっているので
スカイ>(ワンデイも)強い、みたいなイメージで考えてました。

ちゅーわけで、ポエルスゴール時のブレイスルフォード氏のはじけっぷりも
宜なるかな。と思うのであります。


ティンコフは、クロイツィゲルが7位に入ってWTポイントを獲得。
今まで完走がなかったヴァルグレンも13位でゴールしたし、
キセロフスキも終盤までメイン集団に残っていたし
(おそらく最後の登りで脱落)
落車したマイカも怪我はたいしたことなかったようで
113位で完走したしで。 <ちなみに112位にフルーム

チームは勝つつもりで臨んだと思いますが、
ファンとしてはこれで十分であります。
あの厳しい天候の中よくがんばりました。
ヴァルグレンはグローブなしの素手で走っていたそうです。
https://twitter.com/TreyEx_SaxoTink/status/724243433821470720


Jスポ解説の新城選手によると、
こういう寒いレースを走ったあとでは
体力の回復に時間を要するそうなので、
ロマンディ遠征組はしっかり休息を取ってほしいです。
>スタートリスト:http://www.procyclingstats.com/race/Tour_de_Romandie_2016_Startlist

=====

観戦めしの顛末は↓のブログに載せる予定
http://capybara120gb.blog70.fc2.com/


No.5103 - 2016/04/25
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5103


追悼プリンス
洋楽に詳しいわけでなく、
デヴィッド・ボウイの死にも
それほどには動じなかった私ですが、
プリンスの訃報にはとても動揺しております。

人生のとある時期にたった数年のあいだ
彼のことを追いかけていただけなのですが、
その間に受けたインパクトの大きさを
今になって思い知らされたのでした。

数年間だけど大好きでしつこくチェックしていた人が
ある日突然ネットのニュースで亡くなったと知らされる。
ということは、これからきっと多くなると思います。

年齢的にもそういう時期に差し掛かっているし、
自転車レースを見始めてから、
そんな「大好きでチェックしてた人」が
昔以上に増えたので。

ただ、今現役で活躍している選手は
ほぼ全員、私より年下なのが救いであります。

どうか皆さん、無事に現役生活を全うして
私よりも長生きしてください。

=====

まあそんなわけで(?)、4/22の夜は、
通常は自転車情報の収集に駆使しているネット検索能をつかって
30年近く前にスペースシャワーTV(うわ、これも懐かしい)で
折々目にしていたプリンスのビデオクリップを探し出し
一人涙していた私なのですが。

今、あの頃のプリンスのビデオを見て思うことは。


 やっぱりプリンスとヴィスコンティって似てるわ。


ということなのでした。


LBLはバルベルデのサポートとして出場します。

Signore di Liegi ti prego domani pensaci tu. IO CREDO IN TE !! 😆😇 pic.twitter.com/kUiidlpS9g

― Giovanni Visconti (@giovisco) 2016年4月23日


聖アレハンドに勝利祈願するヴィスコンティ。

……うん、がんばれヴィスコンティ&バルベルデ&モビスター。


No.5102 - 2016/04/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5102


LBLめし2016@予告
勝手に当家でライバル視している
ラファカフェ東京の観戦めし。

アムステルゴールドの際は、
(ビジュアルとクオリティはさておき)
手間と意外性でウチの方が勝ったな! <?
と内心ご満悦な師匠と私だったのですが。
http://capybara120gb.blog70.fc2.com/blog-entry-807.html

本日のLBL、ラファカフェはまさかの2本立てで
観戦メニューを繰り出してきましたですよ。

#CCTYO 本日開催されるリエージュ〜バストーニュ〜リエージュにあわせ、リエージュで親しまれている肉だんご料理「ブレ・ア・ラ・リエジョワーズ」と「サラダ・リエジョワーズ」を販売します。昼はランチに、夜はビールと一緒にいかがですか。 pic.twitter.com/FRoEXvISTH

― Rapha Japan (@rapha_japan) 2016年4月23日


……勝てんorz


=====

当家の本日の観戦めしは、
師匠が急遽日曜出勤となったために
ワタクシが担当いたします。

なので、おそらくサプライズはなし。

バルベルデ@本命ど真ん中が再び来るか、
アラフィリップが雪辱を果たすか、
他の優勝候補がさらってゆくのかわかりません。
>昨年までのポディウム:http://www.procyclingstats.com/race.php?id=163623&c=5

私としては、前回私が観戦めしを担当したフランドルで
サガンが見事な勝利を挙げたので、
今回もティンコフによい風をもたらすといいなー。
などとうっすら考えておりますがどうなるでしょうか。

Sunday's #LBL brings the spring classics to a close. See our full race line-up & preview: https://t.co/YuMOeS5naa pic.twitter.com/DyNIgUDFEt

― Tinkoff (@tinkoff_team) 2016年4月23日


エースがクロイツィゲル、その周りを
ヴァルグレン&マイカという若手エースをはじめとする
有力アシスト陣が固めます。

どうかよいレースを。


No.5101 - 2016/04/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5101


ワロンヌ2016 終わりました
今日は師匠のご当地料理がないし、
きっとサプライズないね〜

などと言いいつつ見ていた La Flèche Wallonne は、
バルベルデが優勝しました。

本命ど真ん中。

その勝ちっぷりがあまりにも安定感たっぷりで、
かつてホアキンが、ジルベールが、エヴァンスが優勝したことがあるなんて
信じられないほどの貫禄でした。
>1999年以降のポディウム:http://www.cqranking.com/men/asp/gen/race_history.asp?raceid=29307

今後、バルベルデがワロンヌに出場し続ける限り
他の選手は優勝できないんでは。なんてことも
チラッと頭をよぎりましたが、
そう思ってると不測の事態が発生して
勝てるレースを逃すのがバルベルデなのであります。

2年連続で2位になったアラフィリップは、
いつかチャンスが巡ってくることを信じて
来年もその後もあきらめずに勝ちに行って欲しいです。
まだ若いんだし。

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race.php?id=163622

=====

ティンコフはクロイツィゲルが5秒差の11位。
もっと上を狙っていたと思いますが、
やっぱり脚質的にラストのユイは彼には急坂過ぎるのかもしれません。

昨年はあまりいいところがなかったキセロフスキが
最終局面までクロイツィゲルと同じ集団に残っていたことと、
2014、2015とワロンヌDNFだったヴァルグレンが
4:56差で完走しているのは、いい結果であります。

=====

ところで、ヴァルグレンはU23のLBLで、2012&13年と2連勝しているのでした。
http://www.procyclingstats.com/race.php?id=118283&c=5

エリートのLBLはワロンヌ同様2年連続でDNFですが、
今年は調子がいいみたいだし、ワロンヌほどの急坂もないので、
期待できるのではないでしょうか。

LBLにはマイカも出場するし、
ジロに向けてチームのコンディションがどういう感じか見られるので
楽しみであります。
ティンコフが勝つとはあまり思ってないです……<ひどい

■LBLスタートリスト@PCS
http://www.procyclingstats.com/race/Liege_-_Bastogne_-_Liege_2016_Startlist


No.5100 - 2016/04/21
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5100


アムステルゴールド2016 終わりました
■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Amstel_Gold_Race_2016

=====

いやもう、私の中でヴァルグレンの株が急上昇であります。

・あのタイミングでガスパロットに付けるだけの脚を残していたのもGJですが、
 二人の協調体制が切れたときに、牽制に入らずに
 ゴールでガスパロットを振り切れる可能性にかけて
 前を引き倒した判断がすばらしい。

・傍から見てたら、最後にガスパロットに差されるだろ常考、と思うし、
 勝つことを考えればもっと駆け引きするべきだったのかもですが。
 そんなときでも直球ど真ん中で勝負に出る子なんですよヴァルグレンは。 <親戚のおばさんか

・そういうわけで、ガスパロットが亡きチームメイトにささげる勝利を得たことを
 アムステルゴールドのレースレポはいずれも美しい話として取り上げているわけですが、
 その陰にはヴァルグレンのまっすぐな走りがあったわけです。
 ガスパロットはヴァルグレンに桐箱入り高級プロセッコと
 パルマ産プロシュート原木をプレゼントしてもいいと思います。

・まあでも、本人は幸せそうだからイイか。
 

Yesterday I personally had one of the best results in my career but I couldn't have done it without this lovely girl's support from home. She makes my life and passion easy to do with the support she gives☺️☺️☺️

Michael Valgren Andersenさん(@valgrenmichael)が投稿した写真 -




・まだ24歳だし、これから経験を積んで駆け引きも上手くなるだろうし、
 レースに勝てるポテンシャルはあるのだから、
 そう遠くない未来に大きなワンデイで勝てるのではないでしょうか>ヴァルグレン
 ワロンヌとLBLも出場するようなので楽しみです。
 ただ、去年と一昨年はDNFですが……
 >PCS:http://www.procyclingstats.com/rider/Michael_Valgren_Andersen

・ツールの有力アシストとしても期待であります。
 がんばれヴァルグレン。


No.5099 - 2016/04/19
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5099


アムステルゴールド2016 終わりました@速報
リアルスタート前から発生する落車!
刻々と変わる天候!低下する気温!
どんどん脱落してゆく優勝候補の選手達!
最後はワンティのガスパロットと24歳ヴァルグレンのマッチアップ!
メイン集団先頭でゴールしたのはバルディアーニのコロブレッリ!
ポディウムで開かないビールの栓!飛ばないビールファイト!

と、最初から最後まで荒れ模様のレースとなりましたが。
当家では。

師匠渾身のアムステルゴールドめしが
食卓に上っておりました……。


どーん
Pannekoeken


ブックメーカーさんホントすいません。
でもガスパロットはヘイマンほどのサプライズではないので
どうかご容赦いただきたいです。
(むしろ伏兵はヴァルグレン)

この流れに気を良くした師匠は、LBLもやる満々であります。
よって、また意外な選手が活躍するのではないでしょうか。

さすがに平日のワロンヌで凝った夕食は無理なので、
この日は本命ど真ん中な選手が勝つかもです。

私としては、そろそろホアキンの勝つところをみたいのですが
どうでしょうか……。

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Amstel_Gold_Race_2016

※アムステルゴールドめしの全容は↓のブログにアップ予定
 http://capybara120gb.blog70.fc2.com/


No.5098 - 2016/04/18
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5098

300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS