1120818

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!

           


| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 | 6日間レース2014-15 (4786) |


Giro2015 St14 終わりました
■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_14_Valdobbiadene
中間計測地点通過タイム付リザルト@SkySports

=====

・コンタドールがステージ3位
 マリアローザを取り返した上に2位のアルとのタイム差を
 約2分半までに広げてやったー!のはさりながら。
 事故もトラブルもなく走り切れて本当によかったですよ…。
 後半30分は無事ゴールできるようTVの前で祈ってましたよ…。

・ステージ優勝はキリエンカ。
 ユール・イェンセンがチーム内でコンタドールの次にいいタイムとなる
 2:52差の26位でゴール。
 クロイツィゲルは総合で9位と順位を落としましたが、
 アスタナのカタルド(6位)とランダ(7位)から総合で10秒以内につけており、
 彼らが総合に色気があるならクロイツィゲルの出方次第で攪乱できるというナイスポジション。
 何よりチーム全員トラブルや怪我なくゴール。
 というわけで、いいこと尽くしのSt14でございました。

・今日もひたすらお祈りしながら観戦します…南無南無…。

=====

・裏開催のTour of Norway では、ティンコフサクソのイェスパー・ハンセンが
 現在リーダージャージ着用、2位のボアッソン・ハーゲンに1分近く差をつけて
 本日最終ステージです。
 >http://www.procyclingstats.com/race/Tour_of_norway_2015_Stage_4_Geilo-stages

・コンタドールが落車でリーダージャージを失った日のステージで、
 ハンセンはラスト20kmあたりから逃げ集団から単騎でアタックをしかけて
 逃げ切って勝ったのであります。
 彼の勝利が、St14の幸運を呼び込んでくれた気がしてなりません。

・ハンセンがToNで勝って、さらなる勝機を呼び込んでくれるよう、
 こちらの方も祈っております…南無南無…。


No.4898 - 2015/05/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4898


Giro2015 St14 簡単な予習
Treviso ⇒ Valdobbiadene (59.4km)

■コース
>概要:http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_14_Valdobbiadene
>地図とプロファイル:http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_14_Valdobbiadene-details

中間計測:17.5km>35.1km(4級山岳)>49.5km>山越え>59.4(ゴール)

■ゴール地点の天気
http://www.ilmeteo.it/meteo/Valdobbiadene
・雨。夜になるにつれて上がる感じだけど
 レース中の予報にはさほど変化なし
・気温は13℃
・風は北北東3m/secほど。それ程は強くない。

■テキストライブ
SkySports:ここをクリック
CyclingNews:http://live.cyclingnews.com/

■出走時刻
http://www.pelotonwatch.com/calendar/2015/worldtour/giroditalia/stage14_start_order.html

日本時刻で
  19:50 別府
  21:54 ポート
  22:27 ウラン
  22:39 コンタドール
  22:42 アル

所要時間目安(46km/hで走った場合)
  0時間21分   17.5km
  0時間46分   35.1km(4級山岳)
  1時間02分   49.5km
  1時間17分   59.4(ゴール)

=====

■LIVE情報
http://www.cyclingfans.com/giro-d-italia/live
http://www.procyclinglive.com/livestream/
http://www.cyclinghub.tv/livestream4


No.4897 - 2015/05/23
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4897


Giro2015 St13 終わりました
■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_13_Lido_di_Jesolo

・本日の逃げ3人の中にリック・ザベルが!大健闘です。
 パパのエリックとは脚質が違うようで、
 どんな選手に成長するのか楽しみです。
 >http://www.procyclingstats.com/rider/Rick_Zabel

・ラスト3.3kmでプロトン中ほどの左側で落車発生。
 したのがドミノ式に被害が拡大、
 反対側にいたコンタドールが巻き込まれることに。
 なんかこういうの少し前にも見た気がしますが気のせいですか。

・が、ここで後ろから来たトザットが、自転車を抱えると
 水の上を渡るように倒れた選手たちをひょいひょいと飛び越えて
 あっという間にコンタドールの元に到着。
 落車が起こってから20秒で彼を自分の自転車に乗せて背中を押して送り出す、
 という神業を見せたのでした。
 

Giro2015 St13落車したコンタドールに速攻でバイクを渡しに行ったトザットの神業動画

Posted by カピバラ自転車SB on 2015年5月23日


・トザットの神業とその後コンタドールを鬼引きしたアシストの尽力のおかげで
 ゴールしたのはトップから40秒後。落車を免れたアルからは36秒後ということで、
 リーダージャージは失いましたがタイム差19秒の2位に踏みとどまりました。
 ティンコフサクソの皆さん超GJです。

・この落車からSt14のITTの流れは、今年のジロのハイライトになるかも。
 どうか皆さんがんばって。まず何より事故もトラブルもないように祈っています。

・リッチー・ポートは同じ落車に巻き込まれ、トップから2分8秒後にゴール。
 総合で分5秒差の17位と順位を下げました。
 ただ。このために、St14ITTの出走時刻がアルやコンタドールとかなり離れることに。
 >http://www.pelotonwatch.com/calendar/2015/worldtour/giroditalia/stage14_start_order.html

   >日本時刻で
    21:54 ポート
    22:27 ウラン
    22:39 コンタドール
    22:42 アル

・現地の天気は不安定な雨模様。
 >http://www.ilmeteo.it/meteo/Valdobbiadene/previsioni-orarie
 これだけの時間差があれば、走る時刻の天候や路面状況が
 大きく変わることもあり得ます。
 これがポートに有利に働くのか否か。
 総合の行方は、TVの前で正座(気持ちだけ)して
 見守ろうと思います。


 
 


No.4896 - 2015/05/23
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4896


Giro2015 St12まで終わりました
■ステージ優勝者一覧
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_12_Vicenza_Monte_Berico-stages

=====

・5/14のSt6でコンタドールが肩を脱臼してから1週間経ちました。
 少なくとも、レースのパフォーマンスに大きく影響ないレベルにまで
 回復しているようで、見ていて安心であります。
 むしろ危険は、レースではないときにあったり。
 >デンマークTVのうっかり肩を掴んでしまうファン動画。刺客か。
 

Av, det gør ondt. Det er lige dér.Ikke røre! Kan du så la' vær'.Det er mit allerfarligste sted.

Posted by Cykling på TV 2 SPORT on 2015年5月19日

 ↑「ninjaのように素早く」って……忍者……

・St5でマリア・ローザを手にしてから
 「チームの負担を減らすためにも、リーダージャージを保持することにはこだわらない」
 と折々発言していたわりには、中間スプリントでボーナスタイム取りに行ったり、
 St9のゴールで数秒稼ごうとしたアルをがっつりマークしたりして、
 全く手放す気配のないコンタドールでしたが。
 St12では集団トップ争いのスプリントに競り勝って2位に入りボーナスタイムゲッツ、
 おりしもアルがコンタドールより8秒遅れてゴールし、総合のタイム差がまた少し開くことになり。
 マリアローザをこのまま守る方向でジロ後半戦を戦うことになりそうです。

・ていうか、もらい落車回避のためティンコフサクソはずっと前方に位置してるし、
 リーダージャージを持ってても持ってなくても、チームの仕事はそう変わらなかったんじゃ。
 という気はします。
 ステージによっていろんなチームがそれぞれの思惑で集団コントロールに出てきたりしてるし、
 そういうときには仕事量は軽減されていたかもだし。

・リーダージャージを持っていないことで一番得をしてるのはたぶんアスタナなんですが、
 これだけ強力な陣容で、終盤まで多くのアシストを残しておけるのなら、
 もっと盤石なレースを展開してティンコフサクソを苦しめることができたのでは、
 と思うのですが、イマイチそれが生かし切れてない感がします。
 いやティンコフサクソサポーターとしてはラッキーなのですが。

・もしかすると、アルのコンディションは万全ではなくて、
 優勝射程距離内のタイム差でここまできたのは
 チーム全体の調子がいいからなのかもしれません。
 そこらへんの答えは、St14の60kmITTで出ると思われます。

・もしかすると、St14で、ポート、ウラン、アルの総合タイム差が
 団子状態になるかも。であります。

=====

St12でアルが遅れたのは、ハンガーノックのためなのだそうです。
http://www.sbs.com.au/cyclingcentral/article/2015/05/22/seconds-lost-porte-plays-it-safe-aru-has-hunger-flat

タイムはうしなったもののこの程度で済んで、また、
起こったのが超級山頂ゴールでなくて、よかったですよ……。

そして、コンタドールがこれを見逃さずに終盤スパートをかけたのだとしたら
容赦ない勝負師っぷりだと思います。 <褒めてます
 
 


No.4895 - 2015/05/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4895


Giro2015 St10 ポートのペナルティ事件メモ
自分に思い当たる節がある案件だと
ルール違反に対して甘くなるもんなのだな。
という結論に達したカピバラですこんにちは。

ジロ第10ステージにおける、サイモン・クラークがポートにホイールを提供した件、
およびその行為に対する処分について情報が錯綜していましたが、
1日以上たってだいぶが状況がわかってきたので、
後のために事の次第をメモ的にまとめておこうと思います。

=====

このステージで、残り10kmを切ったあたりでポートがパンクして遅れ、
逃げ集団を捕まえるためにスピードアップしていたメイン集団に追い付けず、
結果コンタドールから47秒後にゴールして総合が1:19差に。

というところに、
パンクをした際、オリカのサイモン・クラークより
フロントホイールを提供されていた事実が
レース後にネットで拡散した写真によって発覚。
(最初にTwitterに貼ったのはGW巨匠で、
 >https://twitter.com/grahamwatson10/status/600693059798589440
 ポートがクラークに感謝をこめてそれをRETweetしたあたりで事が表面化したらしい
 >https://twitter.com/richie_porte/status/600698305744625665

この行為がUCI規定違反ということで、
ポートとクラーク双方に、200スイスフランの罰金と2分のペナルティタイムが課せられることに。

COMUNICATO DELLA GIURIAAssistenza non regolamentare a un corridore di un’altra squadra, prove a tappe. 200 CHF di...

Posted by Giro d'Italia on 2015年5月19日


結果、ポートは総合3:09遅れの12位となりました。
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_10_General_Classification

=====
<ペナルティの論拠となったルール>
UCI競技規則日本語付き@JCF

■2.3.012 Rights and duties of riders/競技者の権利と義務
PDFファイル

All riders may render each other such minor services as lending or exchanging food, drink, spanners or accessories.
すべての競技者は,相互に飲食料,工具,部品等の提供,交換等の協力をすることができる.

The lending or exchanging of tubular tyres or bicycles and waiting for a rider who has been dropped or involved in an accident shall be permitted only amongst riders of the same team.
The pushing of one rider by another shall in all cases be forbidden, on pain of disqualification.
タイヤ,自転車の提供,交換,負傷しあるいは集団から遅れた競技者を待つことは,同じチームの競技者間においてのみ許される.他の競技者を押すことは,あらゆる場合に禁止し,違反の場合は失格とする.


■Scale of penalties for race incidents/ 競技中の問題行為に対するペナルティの基準
PDFファイル

12.1.040
Without prejudice to article 12.1.039, race incidents which refer to the following table are sanctioned as outlined in the table.
12.1.039の条項の侵害を除いて,下記の表に表される競技中の問題行為は,表による概略に従い制裁される.

The table applies to all races. However, for national races, the respective national federations can set lower fines than those stipulated in the column “other races" of the table.
この表は全競技に適用する.しかしながら,国内競技については当該国内連盟が,表中の「その他の競技」の欄に規定するより低額の罰金を設定できる.

----------------
↑の「下記の表」より抜粋

■Race incidents/競技中の出来事 (問題行為)
8. Non-regulation assistance to a rider of another team
他チームの競技者に規則外の援助を与える

  Each rider concerned/ 関連した各競技者に対し,

  8.1 One-Day Race/ワンデイ・レース
  Elimination + 200(失格+200)

  8.2 Stage Race/ステージ・レース
  200 per offence and 2’, 5’ and 10’ penalty and elimination + 200 from 4th offence
  各回200+2',5',10'のタイムペナルティ.4回目以降は除外+200.
  Any other licence-holder : 200
  その他の登録者:200.

※数字はたぶん罰金の金額(スイスフラン)

----------------

=====
<パンクした時の状況/スカイのアシストはいったい>

http://www.teamsky.com/teamsky/home%20carousel/article/52998#3suRrgxpMfPZGU7E.97
パンクしたのはちょうどランドアバウトにかかったところ。
ポートは左側に行ったが他のチームメイトは右側にいってしまったので
彼が止まった時、周りにチームメイトは誰もいかなった。
そこで丁度ポートのそばにいたクラークがホイールの提供を申し出た。

Tweetされてる写真は、ホイールを交換したタイミングで
チームメイトが戻ってきたところ
https://twitter.com/AJ_MAYDAY/status/600735078856192003

ポート「クラークの行為は、素晴らしいスポーツマンシップだ」
    「ペナルティは残念だが、不満をいうべき点は無い」
    「ジロはまだ2週間あり、厳しいステージも残っている。
     チームをあげて時間を取り戻すために戦うよ」
     
=====
<オリカ側のコメント>

http://velonews.competitor.com/2015/05/news/clarke-no-regrets-over-decision-to-help-porte-in-giro_370975

クラーク「そのとき正しいと思ったことをやった。友人を助けたかった」
     「(ホイールを提供したことを後悔しているかという問いに)
      自分で下した判断だし、その判断に対して誠実でなければならない」

ホワイトDS「チームカーでは何が起こっているのか把握していなかった。
       彼はただ友人を助けようと反射的に行動したのだと思う。
       好ましいか否かにかかわらず、UCIの判断には従わなければならない」 

=====

……ということでした。

多くの人が、クラークの献身的な行動を称賛し、
ポートと(クラークも)のペナルティには同情を寄せましたし、
この点については私も同感であります。

ただ、ここまではっきりと明文化されているペナルティを
ここまで問題が大きくなったからといって
(いや、大きくなったからこそ)
情状酌量して軽減すべきとは思いません。

ルールはルール。
今回のペナルティのためにジロの総合優勝争いがつまらなくなったとか
美しい相互扶助はロードレースの真髄という意見もあるでしょうが。
競技規則が根底にあるからこそ、日々のレースをフェアなものとして
時にはルールギリギリの手に汗握る攻防を楽しんでいるのだという事を
忘れてはならないと思います。

UCIの裁定に異論を唱えてる関係者は多かったので、
もしかしたらSt11の前に抗議行動があるのではないかと心配しましたが、
そういう動きはなかったようなのでよかったです。

以上であります。


No.4894 - 2015/05/21
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4894


AToC2015 終わりました
2010年から2014年まで、5年連続でポイント賞を獲得したサガンが、
総合優勝しました

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Amgen_Tour_of_California_2015-stages

平坦ステージは全て3位以内でゴール、
天候不良で10.5kmに短縮されたITTで後続に15秒以上差をつけてステージ優勝、
山岳のクイーンステージでは2秒差でリーダージャージは失ったものの
ツベルディアやヘーシンクよりも先にゴールする大健闘の走り、
最終ステージで失った2秒差をひっくり変えすボーナスタイムをゲットして
総合優勝。という流れでした。

AToCの歴代優勝者一覧の
ウィギンスやホーナー、TJVといった
グランツールで優勝候補となる選手達の名前のてっぺんに
サガンの名前が加わることになったわけです。
http://www.procyclingstats.com/race/Amgen_Tour_of_California_2015-editions

いやなんかすごいな。
最近は2ゲッターと化していたサガンでしたが <ひどい
単なる2ゲッターではありませんでした。

イタリアのチームバスの中でも、
ジロ参加組がストリーミングでサガンを応援していた模様です。

「ドキドキ……」

We are cheering for our teammate @petosagan from the @tinkoff_saxo team bus #tourofcalifornia pic.twitter.com/QTr71z9AXc

― Michael Rogers (@mickrogers) 2015, 5月 17


「勝ったーーーーーー」

Yeeessssss @petosagan pic.twitter.com/GTPfO3S58r

― Michael Rogers (@mickrogers) 2015, 5月 17



No.4893 - 2015/05/18
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4893


Giro2015 St7 終わりました
■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_d_Italia_2015_Stage_7_Fiuggi

脱臼した肩をかばいつつの
今年のジロ最長ステージ264kmを
コンタドールは何とか乗り切りました。
総合上位陣は同じ集団でゴールしたために
リーダージャージもキープ。

前日着られなかった後ろチャックの表彰式用リーダージャージも
左腕を上げずに器用に着用し、リーダーとしての体面を保ちました。
もしかして密かに表彰式のためにジャージを着る練習をしたのでしょうか。
それはないか。

怪我をした翌日がよりにもよってジロ2015最長ステージで
短いけれど最後は登ってゴールというシチュエーションに
なんて運が悪いんだ!とレース前は思っていましたが。

終わってみると、それ程ハードなアップダウンではなかったし、
リーダージャージへの気遣いか各チームの思惑かわかりませんが
わりと平穏な展開で終始したして、
これで長い距離を走れたのはリハビリ(?)としてはよかったかもしれません。

レース中盤、集団前方に集結するティンコフサクソの前を
一人で延々引いてくれたBMCのリック・ザベルには、
感謝の気持ちを込めて、日本の美味しいお菓子の詰め合わせを贈ってあげたいです。
お父さんにも分けてあげてね

St7の中継を見た限りでは、
コンタドールの肩はなんとか持ちこたえてくれそうな気がします。
St8、St9の本格山岳ステージが終われば、休息日>平坦ステージが続くので、
まずはこの二日間を無難に乗り切れるよう願うものであります。

=====

レース振り返り番組TGiroの St7編に、補給地点のマッサー宮島さんが登場。
ティンコフサクソのサコッシュの中身を紹介してくれていました。
http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/media/t-giro-f2c580be-f452-44d8-8943-a7548ed5e7c1.html
 ↑5分10秒あたりから。Siと言うべきところでついYesと言ってしまう宮島さんであった

ボトルやジェル、バー等と一緒に、銀紙に包まれた手作りスイーツも入っているそうです。

で、St8のスイーツは、バニラとアップルのライスケーキ@Hannahさん

Freshly made rice cakes with vanilla and apple for the @tinkoff_saxo guys today! Make yours too check out @gcntweet pic.twitter.com/LBCsmaPdPs

― Hannah Grant (@dailystews) May 16, 2015


ご飯の洋風スイーツを美味しそうだと思ったことはあまりないのですが、
これは美味しそうです。3p角でいいので食べてみたい。 <それだけか

ここにレシピが載ってるか載るかするみたいなので
追々チェックしたいと思います。


No.4892 - 2015/05/16
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4892

300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS