1074778

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!

           


| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 |


dF2014 St21終わりました その2
■ティンコフサクソの皆さんのリザルト


総合成績だけみるとあいやいやーな結果に見えますが、
ロジャースがステージ1勝、マイカがステージ2勝+山岳賞を獲得して
チームとしてはニバリを総合優勝(&ステージ4勝)させたアスタナの次くらいに
大成功しているわけで、ここで総合順位一覧を貼るのはあまり意味ないです。
が、リザルト一覧的なものはほしいので一応貼りました

===

あちこちのニュースサイトで、
「チームはコンタドールのリタイアでBプランに移行してそれを成功させた」
といった書き方がされていますが、
そもそもBプランなど存在しなかったのは
St10直後にロッシュが語っていた通りで。
https://twitter.com/IndoSport/status/488982575415701505

失ったものの大きさと、その後切り替えの振れ幅とそれに要したパワーを考えると、
「Bプラン」という書き方は、適切ではないし軽すぎると思うのですが、
だからといってどういう表現がいいのかよくわかりません。

こんなどん底な雰囲気のところから

#restday #tinkoff4tdf @tinkoff_saxo @Benna80 @Toso_74 @mickrogers @stevendejongh @olegtinkov pic.twitter.com/hpDOoyboT7

― Nicholas Roche (@nicholasroche) 2014, 7月 15


這い上がるというよりは全てをきっぱりと入れ替えて、
十分な結果をつかみ取ったこの流れを、
いったいどう言えばいいのか。。。

今年の冬季五輪で、フィギュアスケートの浅田真央選手が、
ショートプログラムで失敗してメダルが絶望的になったにもかかわらず
フリーで素晴らしい演技をしたことで、
表彰台に乗った選手と同等かそれ以上の称賛を得たことと、
ちょっとだけ私の中でかぶっています。

===

そういうわけで、今年の出場チームの中で
ティンコフサクソが最もポテンシャルが高かったのではないかと思われますが。
もしコンタドールがリタイアしていなくて、
この最強アシスト陣と共に闘っていたとしても、
今年のニバリに勝てたかどうかはちょっと疑問です。

山岳ステージでのニバリの強さをみると、
St5時点でついていた2分半の差をひっくり返すのは
非常に困難だったのではないかと思われます。

……ただ、僅差勝負になったのは間違いないだろうし、
平地で戦略的な走りをしてニバリをリードした可能性もあったし、
いずれにせよ総合争いがもっと手に汗握る展開になってたのは
間違いないでしょうが、今となってはタラレバです。


アマゾンで売ってるタラレバーオイル煮
あろうことかデンマーク産


でも、もしフルームも含めて三つ巴の戦いになっていたとしたら、
ペローやピノの表彰台もおそらくなかったわけだし、
そこらへんか結果オーライ、というところでしょうか。

とりあえず、「ニバリはコンタドールがリタイアしたから優勝できた」
という意見には全く賛成できないし、
そんな人をもし見かけたら「何言ってやがる」と思うに違いないです。 <思うだけ

幸い、身の回りでそういう人を見かけたことはないですが。

たぶん次の記事に続く


No.4714 - 2014/07/31
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4714


dF2014 St21終わりました
2005年に初めてツールを見に行ってから今まで
最終日はフランスにいることの方が多かった、とはいえ、
行ってない年だってもちろん何回かあったわけですが。

最終日を生で見られないのがこんなに寂しかったことはありません。

レース後のパレードやホテルロビーでの選手&スタッフの私服姿、
家族やチームメイトと談笑してるところとか、見たかったです。。。

というわけで、ツールが終わってから今まで、
寂しい心を満たすべく、ネットでそれ系の写真を漁りまくっておりました。
見つけた写真はFaceBookの記事スクラップ用ページに貼りまくりましたので、
興味のわいた方はこちら↓をご覧ください。
https://www.facebook.com/Capybara.RRSB <FBアカウントなくても見られます

見つけたらまた貼ります。

あれですかね、ツール最終日だけ現地観戦して、
レース後はホテル出待ちして写真撮りまくって、その後ムール貝食べて、
翌日は(いままでほとんどやったことなかった)パリ観光して、
帰るときは余裕持って空港行って免税品店でゆっくりお買い物堪能、
とかいう感じで3泊4日くらいで行程組んだら
フランス行けませんかね。。。
↑妙に具体的なあたり。。。

でも本当はピレネーの方に行きたいんのですが。
ルルドの街で買える超美味しいチョコがけレーズン
また食べたいです。。。
>根性で画像検索したら出てきた
袋についてるカードが目印

レースのことはもうちょっと写真検索を堪能したら振り返ります。

=====

■GettyImagesにあったペローとご家族写真

#452831506 / gettyimages.com


奥様が「近所のかわいい奥さん」風で素敵。お似合い夫婦であります。
さいたまクリテに家族で来てくれないでしょうか。

表彰台でもそうでしたが、ペローは立ち姿がいちいち決まっていて
意識してやってるのでなければすごいと思います。
意識してやっててもすごいですが

■表彰台にまっすぐに立つペロー

#452833936 / gettyimages.com



No.4713 - 2014/07/30
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4713


TdF2014 St20 終わりました@祝ペロー総合2位
JCペローがピノを辛くも逆転して総合2位。
表彰台おめでとうございます。

2011年のツールの時に、AREVAのエンジニアでありながら
プロ選手として活動しているということを知ってから
彼の活躍は折々気にしておりました。
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=3860
久しぶりに↑nページを見たら
「いいね!」が21にもなっていて驚きました。
押して下さった方、ありがとうございます。


これまでのツールの総合順位は

2011年:9位
2012年:44位
2013年:St16で総合9位につけながらSt17のITTで落車による骨折でリタイア

と、至近の2年は総合上位を期待されている中
無念の結果となっていたのであります。

特に昨年の落車リタイアには胸が痛みました。。。
>岩佐千穂さんブログ:http://chiho.velochouchou.com/?eid=1426953
↑St17のITTで、試走の際に落車し怪我を負ったけれどもそれをおして出走、
 同じカーブで落車し同じところを痛めて、それ以上走ることができなかった

今年は10位以内に入れれば、と思っていたのですが、
コンタドールがリタイアしたSt10で総合一桁台に入ったところからじわじわ順位を上げ、
St20のITTではパンクに見舞われながらピノとの13秒差を逆転して総合2位。
http://www.letour.fr/le-tour/2014/us/riders/ag2r-la-mondiale/peraud-jean-christophe.html

St14、St17、St18の3つの超級山岳では、
ステージ優勝には手が届きませんでしたが
最後まで第一追走集団内に踏ん張り続け、
他の総合上位陣との差を広げました。

マイカが勝った二つのステージで、
追走するニバリに最後までついていったあたりに
今年のペローの強さが表れていた気がします。

ツールの成績が振るわなかった2012〜13年にかけて、
AREVAとの関係は断たれたのではないかとぼんやり思いながら
今まで調べてなかったのですが。

今彼の公式サイトを見たら、
2014年6月28日付で、AG2Rとの2016年までの契約延長の発表があり、
AREVAからのサポートも継続される旨も書かれていて安心しました。
http://www.jeanchristopheperaud.fr/featured/2-ans-supplementaires-en-terre-et-ciel/

ペローのツールでの成績は、AREVA公式サイトでも紹介されていて、
昨年は件の落車リタイアについて書かれています。
AREVA公式

グーグル翻訳のご託宣によると、↑の記事は

「このリタイアで、一流選手であり続ける彼の価値は損なわれない」
「AREVAのCEOコメント:AREVAは、ジャン・クリストフのようなトップアスリートが
 社の一員であることを誇りにしている。
 この数年、彼は大きなレースで常に成果を示しており、
 またすぐにプロトンの先頭に彼を見ることになるだろうと確信している」

とポジティブな内容で、記事の冒頭には

「AREVAのエンジニアである Jean-Christophe Péraud 」

とあって、彼がまだ社内でエンジニアという立場であることがわかります。

エンジニアとしての仕事っぷりはどうだかわかりませんが <ひどい
AREVAのようなメジャーな企業が、ペローの選手としての価値を信じて、
サポートを止めなかったことにちょっと感動です。
それに対してペローが十分な結果を出して応えたことにも胸が熱くなります。

今年のツールでは、ティンコフサクソの活躍に
「最後まであきらめたらあかん」
ということを教えられたわけですが。
同様の事を、これまでのペローの競技人生からも感じたし、
AREVAの姿勢からは信じて待つことの大切さを思い知らされました。

少なくとも2016年まで現役でいるペローと
それを支えるAREVAとAG2Rを、
これからも折々に応援していきたいです。
折々に、ですけれども。

======
 
■Pédale アカウントの中の人も喜んでます



総合2位、本当におめでとうございます。
シャンゼリゼの表彰式を楽しみにしています。


No.4712 - 2014/07/27
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4712


TdF2014 St20 予習
■プロファイル
http://www.procyclingstats.com/race/124227021-Tour-de-France
http://www.letour.fr/le-tour/2014/us/stage-20.html
@Bergerac › Perigueux (54km)
 予想タイム:60分〜70分

■公式LIVE
http://www.letour.fr/le-tour/2014/us/live/aso/
中間計測地点(通過タイム目安)
>19km (23min)
>39km (49min)
>48km (60min)


■ITT出走時刻
http://www.pelotonwatch.com/calendar/2014/worldtour/tourdefrance/stage20_start_order.html
--------------------------------------------------------
JST  CEST  選手名(チーム)
--------------------------------------------------------
18:53 11:53 MORKOV Michael (TCS)
19:21 12:21 TOSATTO Matteo (TCS)
20:07 13:07 BENNATI Daniele (TCS)
20:17 13:17 PAULINHO Sergio (TCS)

=====JスポLIVE中継開始 21:10ごろから=====

21:13 14:13 ARASHIRO Yukiya (EUC) <ギリギリ中継来るかも
21:39 14:39 MARTIN Tony (OPQ)
21:49 14:49 MAJKA Rafal (TCS) 
22:01 15:01 ROCHE Nicolas (TCS)
22:25 15:25 KWIATKOWSKI Michal (OPQ)
22:27 15:27 ROGERS Michael (TCS)
22:45 15:45 HORNER Christopher (LAM)
22:53 15:53 VAN DEN BROECK Jurgen (LTB)
22:55 15:55 SCHLECK Frank (TFR)
22:57 15:57 ROLLAND Pierre (EUC)
23:00 16:00 ZUBELDIA Haimar (TFR)
23:03 16:03 KONIG Leopold (TNE)
23:06 16:06 TEN DAM Laurens (BEL)
23:09 16:09 MOLLEMA Bauke (BEL)
23:12 16:12 VAN GARDEREN Tejay (BMC)
23:15 16:15 BARDET Romai (ALM)
23:18 16:18 VALVERDE Alejandro (MOV)
23:21 16:21 PERAUD Jean-Christophe (ALM)
23:24 16:24 PINOT Thibaut (FDJ)
23:27 16:27 NIBALI Vincenzo (AST)
--------------------------------------------------------


No.4711 - 2014/07/26
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4711


TdF2014 St19 終わりました
面白いステージだったのに痛恨の寝落ち。

それも、レースを見てなかったどころではなく
帰ってきた師匠を玄関に迎えに出てから <実は帰った時にも寝ていた
TV前のソファーに横になったっきり
以後の記憶がないという寝落ちっぷりであります。

大規模な落車が起こったところで目が覚めた時には、
師匠が自分で夕食を作って食べた痕跡があり
(食器とフライパンとお弁当箱が洗って拭いてあった。。。師匠すまん。。。)
師匠当人はソファーの下の床で寝てました。。。

で、今朝がた土曜勤務の師匠を送り出してから
録画で全部見返しました。
ガーミンのナヴァルダウスカスがステージ優勝したのはLIVEで見ましたが
そこに至るまでの必ず勝つ!というチームぐるみの意気込みに満ちた走りに
胸が熱くなりましたです。

ゴール手前3kmの落車がある少し前まで
集団先頭で追走体制を敷いていたティンコフサクソには
残念な結果だったかもしれませんが、
それでもベンナーティーが5位でゴールして
WTポイントを稼ぐことができました。

オレグ氏も、St19の走りを見て
「ベンナーティーがシャンゼリゼで勝つと確信した!
 ウチのチームが勝つのにアストン・マーティン*なんか必要ないぜ!」
と呟いておられます。
https://twitter.com/olegtinkov/status/492696641615716354

※デンマーク語ニュースでよくわからんのですが、
オレグ氏は山岳賞のご褒美にマイカにアストン・マーティンをプレゼントするそうです。
http://ekstrabladet.dk/sport/cykling/article4936516.ece
007が乗ってた車、以上の知識がないので、師匠に「それって高級車なん?」と聞いたら
「すんごい高い車」と言っていました。
当家の「すんごい高い」の閾値ってどのくらいなんだ。。。


あとは、落車で遅れたロッシュとペローが雑談しながらゴールしたり、
その後でトザットも誰かと話しながらゴールしてたりで、
勝負の行方とは別のところで見どころの多いステージでした。

それから、表彰台の首タオルは
エヴァンスの専売特許ですよマイカ君。

いつもの事ですが、ずっと降っていた雨もレースが終わると止むんですよねぇ〜。んでもってレインジャケットの下は汗でグタグタ…夏の雨は結果が一緒。ラファは無事にジャージを守っています。 pic.twitter.com/EojuERweqZ

― Masanori Miyajima (@masa1007) 2014, 7月 25



■リザルト



No.4710 - 2014/07/26
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4710


dF2014 St18終わりました
オタカムの登りで、マイカと山岳ポイント31pt差のニバリが
どうみてもステージ優勝狙いのアタックをしかけて。

単独でマイカが追走を開始したものの
ニバリとのタイム差がどんどん開いてくるし、
後ろから追走集団はおいついてくるし、
これは下手するとニバリの山岳賞逆転あるかも。

とハラハラしながら観戦していた私の脳裏から離れなかった
先日ネットで見つけたコラ写真。



……ガブっとやられなくてよかったです。

St17の疲れもあったろうに、
ステージ3位でゴールし山岳賞ジャージを死守。
これで、シャンゼリゼのゴールラインを越えられれば
今年の山岳賞はマイカのものです。
よくがんばりました。

今後は

・マイカの無事完走
・ティンコフ平地組のステージ優勝
・ペローの総合2位
・バルデの総合敢闘賞

を全力で祈願しながら観戦しようと思います。


=====

マイカが、自分の山岳賞が危うくなったときに、

「しまった!昨日調子に乗ってウィンクとか
 ゴール前で観客煽ったりとかしなきゃよかったよ!
 これで最終的に山岳賞取れなかったら超恥ずかしいじゃん!」

とちょっとでも反省してくれているといいのですが。

いや彼の天真爛漫キャラは好きなんですよ本当に。


No.4709 - 2014/07/25
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4709


dF2014 St16 最初の4級山岳の謎
検索の途中でマイカのウィンク写真にやられて頓挫してしまった
St16の最初の4級山岳ゲッツの真相ですが。
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4706

関係者本人のFBに、何があったか察して☆的な投稿があり、
野次馬心を満たすことができました。




・最初にコフィディスが飛び出し、
 それをOPQSの選手が追走し追い抜く

・その後、マイカを先頭にバラバラと選手が飛び出してくる。
 マイカのすぐ後ろはIAM

・そのまま行けばOPQSがトップ通過できるスピードがあったが、
 何故かOPQSが足をゆるめて脇によけ、マイカに先頭を取らせる

……という模様の動画をクヴィアトコフスキーがFBにアップしており、

 “Nie ma za co”(ポーランド語で「どういたしまして」)

という言葉を添えているので、おそらくは彼が
同国人のマイカの山岳賞ジャージゲッツを
サポートしたのだと思われます。

シクロワイアードのレース後コメント記事でも、
4級山岳通過時にクヴィアトコフスキーを追い抜いた、
とマイカが言ってるので、前のOPQSが彼なのは間違いないでしょう。
http://www.cyclowired.jp/news/node/141683


二人とも歳が近いし(現在24歳)、
プロチームデビューも同じ2011年だし、
ずっと違うチームで走っていても
仲がよかったりするのかもしれません。

OPQSとティンコフの監督が、
この件で彼らを怒ったりなんだりしていないことを
祈っております。

=====

しかし、プロチームの有力どころに所属する若手選手が二人いて、
二人とも大きなレースで勝ったり各賞ジャージゲッツしたりで活躍してる一方で
こういう些細なところで協力し合っているとか、
なんというか萌えるシチュエーションであります。
ポーランドの人、いいなあ。。。

二人とも、ツールの後はツール・ド・ポローニュに出場予定なので、
次は妥協のないガチンコ対決が見られるかも。
楽しみです。

■ポローニュ 各ステージのプロファイル一覧
http://www.procyclingstats.com/race/Tour_de_Pologne_2014-Profiles_Overview
前は平坦基調のレースだったのですが、
いつの間にこんな山坂あるコースになったのでしょうか。
St6の1級山岳を2回超えるコースを4周回した後に山頂ゴールとか
わけわかりません。。。


No.4708 - 2014/07/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4708

300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS