07073

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!




| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 |  Rio 2016 (5164) |


世界選手権2017 男子エリートITT予習
世界選手権2017の前半のハイライト
男子エリートITTを予習いたしますよ。

=====

■コースマップ・プロファイル
https://bergen2017.no/courses/time-trial/elite-men/

距離:31.0km <ゴールまで41分くらい(45km/hの場合)

<中間計測地点>
No.1 03.2km
No.2 11.6km
No.3 16.1km
No.4 19.4km
No.5 27.6km

<プロファイル概略>
S------No.1--▲▲--No.2------No.3---△---No.4--▲▲--No.5--▲▲9.1%▲▲--G

※中間計測地点の設定が、UCIスタートリスト、TissotLIVE、レース公式サイトの3つで
 全て違うんですがどれが正しいのでしょうか。
 (↑はTissot LIVEのプロファイル図を参照してます)

■リザルトライブ更新
http://www.uci.ch/road/uciroadworldchampionships/bergen/livetimingbytissot/

■スタートリスト
出走順&リザルト (UCI/PDF):https://goo.gl/HQaSEf
国別出場選手 (CF):http://www.cyclingfever.com/editie.html?detp=view&_ap=startlijst&editie_idd=MjgzMjc=

■ベルゲン天気
http://www.foreca.com/Norway/Bergen?details=20170920
午後から夕方に書けて下り坂
気温12℃〜13℃
風速 1〜2m/sec
風向 13-15時:SW 16-18時:S

■LIVE


=====

・65人の選手を6グループに分け、グループ間に30分のインターバルがあるため
 出走時刻の間には最大4時間のタイムラグがある。
 >第一走者ルツェンコが13:05:00、最終走者マルティンが17:03:30
   (日本時刻 20:05:00,24:03:30)

・ここまでのTTもそうだったけど、天候がかなり不安定なので、
 運が悪いと雨風に悩まされる事になるかも。でも全て運次第。

・優勝候補は最終グループに固まってるのでコンディションに差は無いかもだけど、
 14時頃までに出走予定のルツェンコ、ゾイドル、ラッセノーマンハンセン、デプルス、
 イザギレ、コスタ、ゲオゲガンハート、アルント等々は、
 天候が味方すればいいとこ行くかもしれない。

・あと、デンマークのU23と女子で、第一計測地点までを押さえすぎて
 その後は早かったのに順位が伸びなかった選手がいるので、
 ラッセノーマンハンセンはそのあたり気をつけて欲しいです。
 U23で優勝したBjerg はそんなことなかったので、
 序盤にメカトラがあったのかもですが。

・いずれにせよラスト3kmの9%登攀が最大の勝負所なので、
 結局は天候メカトラペース配分関係なく山に強い選手が勝つことになりそうです。
 というわけでフルームですかねやっぱり。

・ツール、ブエルタを勝ってダブルツールと呼ぶのはアリですが、
 これにITTのアルカンシエルをつけてトリプルクラウンというのは、
 お天道様が許しても私が許しませんよ。 <何故


No.5357 - 2017/09/20
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5357


JC2017 コンタドール来日
今日こそ世界選の予習ブログを書こうと思ってたのに
こんなニュースが入ってきたら無理というものです。

ジャパンカップにコンタドールが
やって来ますよ皆の衆!!



【アルベルト・コンタドール選手のジャパンカップ参戦が決定】

10月21日・22日に栃木県宇都宮市で開催される「2017 ジャパンカップ・サイクルロードレース」において、トレック・セガフレードのアルベルト・コンタドール選手の初来日が決定いた...

Trek Bicycleさんの投稿 2017年9月19日


選手の一人としてクリテリウムにも参戦とのことです。

ブエルタの引退があまりにも美しかったので
「実質のプロ選手として参加する最後のオフィシャルレース」
を日本で迎えてしまうのは正直どうなの?という気はいたしますが。

この際細かいことは考えないことにします

地元ファンのためのさよならライド的なものが
きっとトレックスペイン主催で行われたりするだろうし。
そういうイベントの同列にあるものだと思えばいいんですよええ。 <無理矢理納得しようとしている

※トレックスペインって、ブエルタ最終日の夜にファン向けイベントを開催してしまう強者なんですよ… ブラック過ぎでは…
https://www.facebook.com/TrekSegafredo/videos/10155950732800934/


また、トレックの今のところの布陣は

デゲンコルブ(!!!)
デコルト
別府
ストゥイヴェン
ゲレイロ

という豪華メンバー。

かつて、シュレック兄弟が来なかったとか
カンチェラーラがキャンセルした(1年目)とか
ホーナー(ry)とかいろいろ前例もあるわけなので。
なんか全員トレックって気が…いやいやいやいや…

もし今回コンタドールがドタキャンになったとしても
デコルトやストゥイヴェンのレースを間近に見られるのなら
ありがたくJC当日のトレック物販テントの前で手を合わせます。

あと、チームトレックに帯同する監督が誰になるかも
発表してくれると嬉しいです。
私の予想では、本命ポポビッチ、対抗バッソ、大穴デヨンフ
というところですがどうでしょうか。
(もちろん全員来てくれてもいいんですよええ〜)

誰が来るにせよ、日本を楽しんで帰ってくれたらいいなあと願うものであります。


=====

<業務連絡>

9/19にメールをいただいた某様。
そういうわけで、出先からもメールをいたしましたが
こちらのブログもご覧になっていただけてますでしょうか。
乗るしかありませんよこのビッグウェイブに! <?

メールのお返事はまた改めていたします。


No.5356 - 2017/09/20
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5356


世界選手権2017@ベルゲン TTT
既に男女TTTと女子Jr&男子U23ITTは終了。
このうち、男子TTTとU23ITTの後半を観戦しました。

=====

男子TTT大変面白かったです。

・超強力メンバーで臨んだスカイが中盤で失速する番狂わせ
 それでも3位表彰台はさすが

・常に表彰台の一角を占めていたクイックステップとオリカが
 あろうことか表彰台圏外

・これまで表彰台にも届かなかったサンウェッブが優勝の大躍進
 ハンマーシリーズTTTで見せた強さはネタではなく本物だった <ひどい
 >Hammer Chase(TTT)マジ面白かった:https://youtu.be/qkF0wd1hQZg

・マルティン加入&モルコフ出場のカチューシャが躍進するかと思ってたけど
 それほどでもなかったのはやっぱり山のせいか

・ボーラが初めて参加したTTTで10位と健闘
 そういえばサガンがTTTに出ないのがニュースになってましたが
 >http://www.cyclingnews.com/news/peter-sagans-worlds-bid-hit-by-illness/
 元々出ない予定だったはずなので???と思いました。
 これはRRに向けた逆ブラフニュースのにおいがしますよ……

・ボーラ以上に健闘したのがCCC。
 プロコンながら、マルティンがいたカチューシャ、ボーラ、アスタナよりも好タイムで、
 2014年の18位、2016年の13位とじわじわ順位を上げているあたり不気味な存在であります。
 来年、再来年はプロチームを尻目に表彰台乗っちゃうかもしれません。

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/World_Championships_-_TTT_2017

=====

で、Cycling Fever のスタートリスト(RRは暫定)をチェックしたところによると
ITT:http://www.cyclingfever.com/editie.html?detp=view&_ap=startlijst&editie_idd=MjgzMjc%3D
RR:http://www.cyclingfever.com/editie.html?detp=view&_ap=startlijst&editie_idd=MjgzMzI%3D
※ITTも出走順でなくて国別になってて重宝

私のチェック範囲内では
ボドナール、キリエンカ、パンタノ、デュムラン、グリブコ、クング、マルティンが
TTT、ITT、RRと出ずっぱりなのですが(きっと他にもいると思う)大丈夫なのでしょうか。
できれば、デュムランやマルティンはITTで全力尽くしてもらって
RRは無理そうだったらリザーブの選手に任せる方向でどうですか。
(ドイツならゼーリッヒなんて頼りになりまっせ。と思ったけどプロファイル的に厳しいか…)

ボドナールは他に代わりがいないのでどうか頑張って。 <ひどい

=====

今更ITTのコースプロファイル見ましたが
なんですかこのラスト3.4kmの平均勾配9.1%の登り。
https://bergen2017.no/courses/time-trial/elite-men/

パンタノがTTエントリーしてて珍しいなーと思ったら
こういうことだったんですか。

普通に考えたらフルームがイケそうな気がしますが、
スタート時刻によって天候や風向きが変わる可能性もあるし
当日になってみないことにはなんとも言えません。

ルイ・コスタやルツェンコがフルーム、デュムラン、マルティンの
3時間以上前に走るので、U23みたいにそのあたりの早めスタート組が
表彰台を占有してしまうかもであります。なんて書いてみたり。

■UCI エントリーリスト、スタートリスト、リザルト置き場
http://www.uci.ch/road/ucievents/2017-road-uci-road-world-championships/111129017/widgets/entries-start-lists-results-183670/


No.5355 - 2017/09/19
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5355


コンタドール引退の話はこれで終わり
世界選手権@ベルゲンが既に始まっているというのに
まだブエルタ&コンタドール引退を引きずっている
カピバラですこんにちは。

時代は常に移り変わっていると思っているので、
これまでどんな大物が引退しても
一つの時代が終わった感というのはあまりなかったのですが。
(ランスの1回目の引退の時はさすがに例外)

コンタドールの引退は、時代が終わったというより
自分の自転車ウォッチャー生活にひとつ区切りがついたという感じです。

スカイがツールと同じ戦法でブエルタを勝ったことで、
ツールだけでなくグランツール全体の戦い方が
堅実で保守的なものになると思います。
直感だよりのアタックや利害関係が一致した他チームとの連携作戦、
劣勢をひっくり返すような大逃げや奇襲攻撃が
見られなくなるんだと思うと寂しくてなりませんが。

ワンデイの方が、サガンを筆頭に曲者揃いなので
これからはクラシックの方が俄然面白くなるかも。


ランスとそのチームがツールで7連覇した後に
コンタドールが出てきたわけで。
かつてインデュラインが5連覇した後に
パンターニも出てきたことだし。

予測不能でワクワクするレースをする選手が
グランツールを席巻する時がきっとまた来る。
と信じます。

=====

コンタドールが、アングリルの勝利をもって
大団円でキャリアを終えたことを祝って、
件のだるまに両目を入れました。

だるま

またいつか、できれば近い将来に
だるまに勝利を願掛けするような選手が
再び現れますように。


No.5354 - 2017/09/19
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5354


Jスポ コンタドール引退特番
Jスポーツで、コンタドールの引退特別番組を
11月頃に企画しているそうです。
https://pbs.twimg.com/media/DJceMbcV4AA25OP.jpg

おそらく、ランスやカンチェラーラの時のように、
かつての名勝負をまんま放送してくれる企画だと信じているのですが。
スタジオで識者が思い出を語るだけの番組だったら
怒りのあまりTVに生卵を投げつけるくらいの暴挙に出るかもしれません


そのときに取り上げて欲しい過去のレースは何か
脳内の記憶を頼りに考えてみました。

■ジロ2015 St16 Pinzolo - Aprica (177k)
http://www.procyclingstats.com/race/Giro_Italia_2015_Stage_16_Aprica
怒りのモルティローロステージ。
これは絶対に選ばれると思う。

■ツール2007 St16 Gourette - Col d'Aubisque (218k)
http://www.procyclingstats.com/race/Tour_de_France_2007_Stage_16
コンタドール、ライプハイマー、エヴァンス、ラスムッセンの死闘。
ここで他を圧倒したラスムッセンですが、この日を最後にツールを去ることに。

■ツール2007 St19 Cognac - Angoulême (56k/ITT)
http://www.procyclingstats.com/race/Tour_de_France_2007_Stage_19_ITT
エヴァンスかライプハイマーがコンタドールを逆転するのでは、
という予想に反してコンタドールが激走の末逆転を許さず、
初のツール総合優勝が事実上確定

■ツール2010 St17 Pau - Col du Tourmalet (174k)
http://www.procyclingstats.com/race/Tour_de_France_2010_Stage_17
霧のツールマレーを舞台にコンタドールとアンディシュレックが
総合優勝をかけて一対一の対決。

■ブエルタ2012 St17 Santander - Fuente Dé (177k)
http://www.procyclingstats.com/race/Vuelta_a_Espana_2012_Stage_17
http://www.cyclowired.jp/news/node/91113
まさかの平坦ステージ(ブエルタ基準)で残り50km以上残してのアタック、
チームを超えたティラロンゴとの協調、ラスト7kmで2分差を6秒差にまで詰めたバルベルデの猛追。
本当に手に汗握る勝負でした。これも絶対に選ばれると思う。


※ツール多めなのは、現地観戦してた思い出もあるので贔屓目入ってます


さて、上に5ステージ挙げましたが、お気づきでしょうか。
このうち勝ったステージは、ブエルタ2012 St17 のみなのです。
そのブエルタ2012 St17 も、驚きの奇襲作戦だったために
コンタドールがアタックしたシーンをカメラが捉えていなかったりします
(記憶違いかもですが、確かそうだった)
(もしかすると、中継が始まったときにはもう逃げてたかも)


他にも、多くのファンのハートをわしづかみにしたと名高い2009パリ〜ニースですが、
これも最終的に総合優勝を逃していたりします。
http://www.cyclingtime.com/modules/ctspecial/view.php?p=10052

もしかして、コンタドールの名勝負は勝ってない時ほど多かったり。

こういう状況でコンタドール特番が本当に実現するのかどうか本当に心配です。
まさかマジで識者が思い出を語って3時間とかそんな番組になったりして。

ちなみに、これまで行われた引退特番ですが。

■ランス特番は7連覇した年のツールからそれぞれ人気があるステージをピックアップ
https://www.jsports.co.jp/cycle/tour2011/beststage/
↑パンターニに「譲った」ステージ以外は全て勝ってる

■カンチェラーラ特番はクラシックを中心に5レースをピックアップ
https://www.facebook.com/jspocycleclub/posts/1248566428539413
↑いずれもカンチェラーラ無双

……勝ってるレースばっかりだしorz

コンタドール特番を組むに当たって
絶対に外せない ジロ2015 St16 からしてステージ優勝してないわけですから、
勝敗にこだわらず、いいレースを選んで欲しいなあ、と願うものであります。

=====

<たぶん選ばれると思う5ステージ>

ツール2007 St14 <ツールにおける初バキュン
ツール2009 St15 <ステージ優勝してマイヨ・ジョーヌを獲得
ブエルタ2012 St17
ジロ2015 St17
ブエルタ2017 St20

※2010のツールマレーは名勝負だけど、剥奪されたので微妙なところ

=====

<コンタドールが思い出のレースを語るインタビュー番組>

■El Pistolero - One Last Shot (Alberto Contador)
https://youtu.be/iHpJByachOA

↑何を差し置いても2005ダウンアンダーSt5の勝利は外せないんだろうけど、
 Jスポで放送してなかったんだから特番には入れられないわな…


No.5353 - 2017/09/14
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5353


コンタドールラストレースとしてのLV2017
↑持ち時間30分で書ける内容ではなさそうですが
 とりあえず始めます。

=====

コンタドールが今年のブエルタをラストレースとして引退するという発表があったのは、
確かツールが終わってから少ししてからのことだったと思います。

これまで、推しど真ん中の選手の引退を見送ったのは2回。
2006年ツール最終日のエキモフと2012年ロンドン五輪RRのヴィノクロフであります。
ヴィノクロフはワンデイだったし、それでもまだ事前に発表があったからまだいい方で、
エキモフに至っては当日に発表&私がそれを知ったのはレース後で
感慨に浸るよりもただただショックだったのを覚えています。 <現地にいたので情報が遅かった

それに比べると、
コンタドールはレース開始までに気持ちの準備をする時間があったし、
たっぷり3週間レースを盛り上げてくれたしで、
思う存分別れを惜しむことができました。

■デンマークTV2のコンタドールアタックシーンまとめ

- Det er et valg med hjertet, siger Rolf Sørensen om sin kaptajn 🚵

TV 2 Cyklingさんの投稿 2017年9月11日


ラストレースで金メダルを取ったヴィノクロフほどではなくても、
伝説の山頂ゴールでステージ優勝を決めての引退は
実は総合優勝して辞める以上に美しかったかもしれません。
もしステージで勝つことなく総合優勝していたら
ここまでのドラマにはならなかったのではないでしょうか。

最終日のパレードラン、レース後のフェアウェルラン、
チーム全員が登壇した総合敢闘賞表彰、
すべて美しいシーンでした。

ジャパンカップで日本来日を望む声もあるそうですが、
ここまできれいに現役生活を終えることができたのですから、
少なくとも選手としての来日はしなくていい。
というのが私の正直な気持ちであります。
地元でさよならレースをするのはアリかもですが。
あと余興のOBレースに元選手の一人として登場とか。


=====

今回一番グッときたこと。

毎日ブエルタ公式FBでステージ前にやっていたサイン台LIVE中継で、
コンタドールは毎日LIVEの終盤にやってきて、軽くインタビューを受け、
その後ファンのサイン攻勢に応えていたのですが。

■覚悟を決めて望んだであろうSt20のときも欠かさなかった

Control de firmas de la etapa 20 y entrevistas desde la salida en Corvera de Asturias:

La Vueltaさんの投稿 2017年9月9日

↑コンタドール登場は37:30くらい
 今気がつきましたがコンタドールインタビューの後ろでVサインしてたオリカっ子は誰だー
 →おそらくサム・ビューリー http://www.procyclingstats.com/rider.php?id=139502

そのとき、常にアイウェア無しで登壇していたのであります。

最終日に、シャンパングラスを持ってのフォトセッションに臨む際にも、
わざわざアイウェアをとってからポーズをとっていました。
>https://youtu.be/Dj64M3Zh0Ts

勝利だけではなく、自分が何を求められているか、
メディアを通じて届けたいものは何か、
常に意識しながらレースに臨んでいたのだと、
些細なことですが、今更なことですが、
胸が熱くなりました。

全ての選手がコンタドールのようであれとは思いませんが。
彼のラストレースを見た多くの若い選手たちが
情熱を受け継いでまたレースシーンを盛り上げていってくれればと
願ってやみませんです。


No.5352 - 2017/09/13
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5352


LV2017 St21
久しぶりに最終日のパレード走行〜周回スプリント〜表彰式を
リアルタイム観戦いたしました。
何故久しぶり化というと、推しが勝たないとそこまでやらないし、近年勝ってなかったから
翌月曜日は休暇取りました


楽しいパレード走行の様子は別記事にまとめましたが。
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5350

マドリッド周回コースに入るときに
コンタドールが先頭でセレモニー的に最初のゴールラインを超えて
ガチレースに移行した後がすごかった。

フルームというかスカイがまさかのポイントジャージ死守作戦発動で
クイックステップと他のステージ狙いチームを相手に本気の攻防戦。

スプリントポイントこそトレンティンに獲られましたが
フルームが11位でゴールしてポイントゲッツ、
2ポイント差でマイヨプントスを獲得しました。

St20でヴィレッラの山岳賞は確定していたため
フルームのジャージ総取りが無いのは分かっていましたが
結局山岳以外は持っていくことに。
(あと新人賞/ミゲルアンヘルロペスがとった)

前日までポイント賞に全く色気を見せてなかったフルームが
突然の手のひら返しをしたことでレースは大変面白くなったのですが、
スカイはなんというか本当にそれでいいのかというか
だったらSt20でポエルスよりフルームを先着させておけよというか。

とりあえず今回のブエルタで今まで迷っていた
脳内におけるスカイの置き場所がはっきりと決まりました。 <どこだよ

Jスポ中継で、コンタドール引退後にフルーム&スカイの牙城を崩すのは誰か、
という話をサッシャさん&飯島さんがされていましたが。
そういう事がもし起こるなら、それは内部から始まるのではないかと思います。

=====

総合の結果は、1位フルーム、2位ニバリ、3位ザッカリン。

"We started #LV2017 with the goal of fighting for the GC. Now @IlnurZakarin has earned this result" @JoseAzevedo73 https://t.co/o6cqN3HD88 pic.twitter.com/anwDL0fDKL

— Team KATUSHA ALPECIN (@katushacycling) 2017年9月10日


当家の師匠は↑の写真を見て
「なんて赤い表彰台なんだ」
と言いました。

そして願っていた通り総合敢闘賞はコンタドールになったわけなのですが、
コンタドールの話は長くなるのでまた別記事で。

いやーブエルタ面白かったです。
コンタドールが優勝できないのが辛くて見るのやめようかと思いましたが、
休息日のジャージでプールダイブ動画で観戦続行の気力を取り戻させてくれて
本当に感謝であります。
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5337

=====

■リザルト
http://www.procyclingstats.com/race/Vuelta_a_Espana_2017_Stage_21_Madrid


No.5351 - 2017/09/11
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5351

300/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS