58541

カピバラ専用
自転車ニュース

情弱でGO!




| デイリーゆるコミ | 現地レポートblog | レースカレンダー | Jスポ放送予定 |  Rio 2016 (5164) |


ラグビーワールドカップ2019と台風19号
台風19号接近の影響で、
10/12(土)に開催予定だった

イングランドVSフランス戦
ニュージーランドVSイタリア戦

が中止となりました。

■ラグビーW杯 台風で“伝説の選手”の引退試合も中止に(NHK 2019.10.10)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012121971000.html

世界中から聞こえてくる残念&嘆きのため息の中でも
特に、代表として参加している大選手の引退試合の可能性があった
イタリア方面からの不満の声が大きいようで。
これに絡んで

『大会の公式ツイッターには「台風の時期に試合を計画し、
 代わりの案もないとはどういうことだ」という英語の書き込みもあり』
(by NHK)

とのことですが。

少なくともイタリアには

Giro d'Italia: Passo Gavia removed due to avalanche threat

'The weather will get worse and there's a major risk of avalanches and ice' says race director #Girohttps://t.co/MEQdZd2PHK pic.twitter.com/Vb4dCoCUoW

— Cyclingnews.com (@Cyclingnewsfeed) May 27, 2019

Passo Gavia summit cancelled from 2019 Giro Rosa

Landslide and bad weather force organisers to re-route queen stage toward Laghi di Cancano - Story updated with details of new finish for stage 5.https://t.co/OeMKLguF9O pic.twitter.com/5SDHrxfjWQ

— Cyclingnews.com (@Cyclingnewsfeed) July 4, 2019

そんなん言われる筋合いないわー。

That's 3rd time Giro d'Italia has ben cancelled from Stelvio or Gavia massive snow latest 10 years.
Since April we reported many summer alpine roads delayed in the seasonal opening. Ordinary it occurs at the end of April than June like now.
See more herehttps://t.co/Jbu4VlJ82R pic.twitter.com/l8tA3G7jdE

— 3 Ländereck Raetica (@3LRaetica) May 29, 2019

と、極東の一自転車ファンは思うのでありました。

フランスや

Tour de France cancelled cause #ClimateEmergency #TDF2019 pic.twitter.com/4qlctaXCPx

— CalgaryBornBred 🍥 (@CalgaryBornBred) July 26, 2019

イングランドにも

#Yorkshire2019 🌈 Una de las imágenes del Mundial. El danés Johan Price-Pejtersen (campeón de Europa contrarreloj) se cae tras meterse en una inmenso charco que se ha formado... El circuito está cada vez más impracticable. pic.twitter.com/PBMaC8t4xH

— Ciclismo a Fondo (@Ciclismoafondo_) September 24, 2019

言われる義理はないと考えますが、
こちらに由来する大きな不満の声は
今のところはないようなので
ちょっとホッとしています。

=====

観戦予定が白紙になってしまったファンの方々は
ものすごく残念な気持ちでいらっしゃることと
お察し申し上げます。

今はひとまず気持ちを切り替えて、
台風の防災準備にいそしみましょう。
進路に当たらない地域でも、事によっては
物流や電力供給等、インフラに影響しかねないので
ご注意ください。

私もこれから何とかします。 <遅い


No.5497 - 2019/10/11
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5497


Tre Valli Varesine 2019 終わりました
10/8に書いたところの
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5495

ボーラ イタリア4連戦の緒戦が終了しました。

■99th Tre Valli Varesine (1.HC) 2019.10.8
>スタートリスト:https://www.procyclingstats.com/race/tre-valli-varesine/2019/startlist
>リザルト:https://www.procyclingstats.com/race/tre-valli-varesine/2019/result
>テキストライブ:https://www.cyclingnews.com/races/tre-valli-varesine-2019/elite-men/live-report/

■フル動画2時間越え


=====

・優勝ログリッチ、3秒遅れの追走集団にまじってマイカ11位、2分40秒遅れでコンラッド38位、
 おそらくエースだろうと思っていたフォルモロはDNF。
 フォルモロどうしたまさか落車で怪我でも!!と心配したのですが。
 もっと斜め上の展開でした。

・ラスト15qくらい、一人逃げLLサンチェスをフォルモロ、バルベルデ、ニバリ等を含む
 勝負のかかった追走集団が17秒差まで追い詰めいよいよというところで
 先導のバイクが曲がるところを間違えてミスコース。
 しかも気づいたときには30秒ほど進んでしまった後でした。

・そのとき追走集団をリードしていたのはフォルモロで、
 しかもスピードを上げて後続を振り切るかくらいの勢いだったタイミング。
 そりゃミスコースして戻るときに一番割を食うのはその時に先頭にいたフォルモロです…。

・当然集団前方にいたニバリやバルベルデも同様で、結局彼らもDNF。
 勝ち目がないと分かった時点で闘志が削がれた模様。
 落車や怪我ではなかったのはよかったにしてもこれは悔しいDNFであります…。

・そして勝負のホットスポットは、サンチェスと1分差だったメイン集団に移り、
 ラスト1qを切ったところで飛び出したイネオス(モスコン?)、AG2R(ラトゥール?)、
 ログリッチ、フグルサング(抑え役)がラスト600mでサンチェスを吸収。

・したところでラスト500mでログリッチが早がけ。
 他の3人が一瞬のお見合い状態になったところに後続集団が追いつき一瞬混乱。
 した隙をついたような形で最後まで逃げ切ったログリッチが勝ちました。どっとはらい。

・マイカは前方のフォルモロ支援のためにメイン集団にステイしていたら
 最後に集団ゴールで勝負を争う局面に立たされてしまった形で、
 得意じゃない状況で11位に入ったのだからよくやったのではと思います。
 ミスコースが無ければフォルモロ優勝の可能性もあったのに、本当に残念でした。

・ところでログリッチは10/5の Giro dell'Emilia に続いてワンデー2連勝。
 この15年くらいの間、グランツールで総合優勝した直後に
 ワンデーで勝つような選手はいなかったのではないでしょうか。
 というか、グランツール優勝者でワンデーでも勝てるような選手は
 知ってる範囲内ではニバリとバルベルデくらいしか思いつきません。
 メルクスとかの時代は普通にいたみたいですがその時代はよく分からんです

・そのニバリとバルベルデでさえ、グランツールで総合優勝したら
 そのシーズンはその後に勝ってなかったりします。
 >ニバリ:https://www.procyclingstats.com/rider/vincenzo-nibali/statistics/wins
 >バルベルデ:https://www.procyclingstats.com/rider/alejandro-valverde/statistics/wins
 
・なんてことを考えると、ログリッチのブエルタ優勝後のワンデー2連勝は
 とてもすごいことではないでしょうか。
 ちなみに、今回2勝を挙げる前に、ログリッチはワンデーに勝ったことがなかったそうです。
 >https://twitter.com/JumboVismaRoad/status/1181579782716297216

・そんな確変期に入ったログリッチの次のレースは
 10/12のイル・ロンバルディア。
 たぶんニバリやバルベルデでも果たしてないであろう <ちゃんとは確認してない <ええっ
 「同じ年にグランツールとモニュメントに優勝」
 という栄光を掴むことができるのでしょうか。。。

・なーんて盛り上げてたらログリッチじゃなくてベルナルが勝ったりして <出場します
 >スタートリスト:https://www.procyclingstats.com/race/il-lombardia/2019/startlist

=====

ロンバルディアはDAZNで
日本語実況付きで生中継するそうですよ奥さん。

シーズン終盤、DAZNのサイクリングロードレース中継。
注目レースが目白押しです。

今夜10/8 別府 史之 Fumy Beppu出場 バンシュ〜シメイ〜バンシュ🇧🇪
明日10/9 新城 幸也 (Yukiya Arashiro)...

別府 始さんの投稿 2019年10月8日火曜日



No.5496 - 2019/10/09
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5496


ボーラ・ハンスグローエ シーズン終盤4連戦@イタリア
10/8〜10/12にかけて行われる
4つのイタリアのレースに出場する
選手のラインナップが発表されました。

LINE UP ANNOUNCEMENT:

These are our riders for the upcoming races in Italy 🇮🇹

🇮🇹 Cesare Benedetti
🇩🇪 Emanuel...

BORA-hansgroheさんの投稿 2019年10月5日土曜日


ざっくり書くと、
ドイツチャンピオンも含む5名の基本セットに
2名のナショナルチャンピオンが日替わりで登場という
豪華なラインナップになっております。

<基本セット>
マイカ
ブフマン
シャフマン(ドイツ)
ベネデッティ
ミュールベルガー

<日替わりナショナルチャンピオン>
10/8:Tre Valli Varesine (1.HC) <第99回
フォルモロ(イタリア)
コンラッド(オーストリー)

10/9:Milano-Torino (1.HC) <第100回記念大会
フォルモロ(イタリア)
Jサガン(スロヴェニア)

10/10:Gran Piemonte (1.HC) <第103回
Jサガン(スロヴェニア)
コンラッド(オーストリー)

10/12:Il Lombardia (1.UWT) <第113回
コンラッド(オーストリー)
フォルモロ(イタリア)

・いずれも由緒正しいイタリアのワンデーレース、
 しかもミラノ〜トリノはキリ番の記念大会。
 イタリア人ならぜひ勝ちたいところにきて
 ナショナルチャンピオンのフォルモロ登場とは
 ニクい演出であります。
 その後ロンバルディアにも出ます>フォルモロ
 これがボーラ最後のレースになるかも。

・基本セットとして、怪我から復帰したシャフマンが登場。
 ツールでリタイアするまで今シーズン9勝と絶好調でしたが、
 この連戦でさらに勝ち数を重ねられるか否か。

・GT上位が定位置となりつつあるマイカが
 同様に4連戦全てに登場。
 B〜Cプランになったらエースもあるかもですが、 <あまり考えたくない
 今回は最終局面でのアシストがメインの役割だと思います。

・ツールでエースを張ったブフマンも基本セットの一員であります。
 三大グランツールの両エース(しかも6位-4位-6位)、
 有能アシスト、クライマー、全ナショナルチャンピオン(たぶん)を
 ガッツリ盛り込んだ秋のボーラ本気祭りinイタリアです。
 どこかで一勝してくれるのではないかと期待いたします。

・できれば、フォルモロに勝利して欲しいです。
 ナショナルチャンピオンとして地元伝統のレースでの勝利という
 いい思い出と共にボーラを後にしてくれたらと願うものであります。
 シャフマンはあんまり無理するなよー。

=====

■10/8:99th Tre Valli Varesine (1.HC)
https://www.procyclingstats.com/race/tre-valli-varesine/2019/startlist

■10/9:100th Milano-Torino (1.HC)
https://www.procyclingstats.com/race/milano-torino/2019/startlist

■10/10:103rd Gran Piemonte (1.HC)
https://www.procyclingstats.com/race/gran-piemonte/2019/startlist

■10/12:113th Il Lombardia (1.UWT)
https://www.procyclingstats.com/race/il-lombardia/2019/startlist


No.5495 - 2019/10/08
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5495


世界選2019 男子エリートRR 終わりました(2)
感動の世界選 男子エリートRRから、
もう1週間以上経っていますが、
逆に考えると、まだ10日も経ってません。

なのに!もう!ペデルセンはアルカンシエルを着用して
アルカンシエル仕様のバイクでレースに出場。

A lot of people came together, very quickly, to get our World Champion outfitted before his first race.

Read the behind the scenes story of getting the Madone painted 🌈and the @SANTINI_SMS kit made and into Mads Pedersen's hands ahead of his 1st race 👉 https://t.co/bGmjJCeu8V pic.twitter.com/A2zmQPiB5I

— Trek-Segafredo (@TrekSegafredo) October 7, 2019

さすがトレック、初めて世界選(男子エリート)を制して
喜びとやる気が爆発していることがうかがえます。

……という状況で今更ですが、
世界選記事の続きであります。
>前の記事:http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5493

数日前に自宅のPCが起動しなくなり
OS再インストールを覚悟していたところ、
昨日の朝に偶然というか幸運というかで起動に成功。
レース終了直後に書き溜めていた下書きも
サルベージできました。

そんな奇跡的に生還した記事を
ブログにアップしないわけにはいかないので(気持ち的に)
間が空いてしまいましたが構わず貼ります。

みんな!PCのリカバリー用メディアはちゃんと作っておこうな!
>ファイルサルベージ後にすぐやりました
>参考にしたサイト:https://www.fleaz-mobile.com/win10_recovery/index.html

■リザルト
https://www.procyclingstats.com/race/world-championship/2019/result

=====

■van der Poel
ラストの逃げが、トレンティン、モスコン、ファンデルプール、ペデルセン、クング、
となった時点で、これはファンデルプールの早がけアタック&逃げ切り待ったなし。
だと予想したたら、まさかの体調不具合による脱落。
ハンガーノックのように見えましたが、モアケイデンスの記事によると
低体温症だったとのことです。
https://morecadence.jp/roadrace/44318/3
極寒のシクロクロスを走る選手でもそんなんなるんだ…。
悪天候での長距離ロードの経験が浅いところに
無線もなかったためなのでしょうか。
それでも最後まで走り切ったのはさすがでした。
 
■Evenepoel
ジルベールが落車したとき、チームメイトがすぐに横に来て、
体に手を回しつつ元気づけるように声をかける一方で
サポートカーを呼ぶべく車列へ向かって手を挙げていて、
どんなベテランアシストかと思ったらエヴェネプール19歳だったのにはびっくりしました。
これまでの勝負で発揮されてきた、判断&行動の速さと
物怖じしない大胆不敵さ (相手が大先輩ジルベールでも遠慮がない) は、
こういう局面でも発揮されるのか…と感心したことでございます。
このあと、先に行くように言われたにもかかわらずジルベールが自転車に乗るのを待ち、
集団復帰すべく前を引いたのは、ゴールの次にエモーショナルなシーンでした。
脳内で
「俺はおいて先に行け」
「何言ってんだ大将はあんただろう
 俺が引けば集団まですぐさ さあ走ろうぜ」
という会話を妄想したですよ……。
ジルベールのアシストに回った判断が
チーム戦略として正しかったかどうかはまた別ですが、
エヴェネプールのこういうまっすぐな感じはかつてのサガンのようで
将来大物になるに違いないと確信したのであります。

■Küng
クングというかキュングは、2013年のチの世界選U23ITTで6位に入った時に
「若いのに妙に貫禄あるイケメン」としてチェックしていて
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=4518
その後の戦績や移籍先を折々気にしていた選手です。
2014年のU23ITTで3位でポディウムに立ってて、
5年経って今度はエリートロードのポディウムに立つなんてねえ……。 <親戚のおばさんか
2013年に見たときには「あと10年くらいするとラストのような強面」って思いましたが、
2019年現在もほっぺに赤みのあるベビーフェイス。強面への道は遠そうです。

■Pサガン
レース後コメントによると、サガンは逃げが吸収されて集団のスプリントになると思っていて
展開を読み誤ったと言っています。
いやもうね、それで勝てないことが何回あったよ?
うっかり逃がした小集団に最終的に逃げ切りを許す展開って
春のクラシックでよくある展開じゃんよ?
と突っ込まずにはいられませんが。
追走をかけるはずだったフランス、ベルギー等の有力国は
悪天候で 消耗しきっていたし、
サガン一人で集団をどうできるものでもなかったし、
もしサガンがブリッジをかけたら追いついたかもしれませんが
他の有力候補もついてきてそっちに優勝をさらわれてたかもしれないし。
(実際、サガンがラスト5qくらいでアタックしたときにヴァルグレンはついてきた)
最終周回に入るころにはレースとして詰んでしまったのだなあというところであります。

■がんばれポーランド
6人全員DNF……。
2014年にクヴィアトコフスキーが勝った時には
8人フル出場だったし、それを生かして
半数は前半でお仕事終了の覚悟で集団をコントロールし
そのままの勢いで展開を掌握してました。
再びポーランドが勝利するには
フル8人枠の駒数が必要なのかもしれません。
もう少しの幸運と。
そして、今回はクヴィアトコフスキーが
世界選を走れるコンディションではなかったのでしょうがないのですが、
マイカはやっぱりワンデイ向きじゃないのかもです。。。
いやリオ五輪は銅メダルになったのだから、
もう少しの幸運があればなんとかなるのかも。。。

■来年はスイス
ブサかわいいゆるキャラがヨークシャーに登場してたそうです。

À @Yorkshire2019 Barry ne craint pas la pluie... #UCI #yorkshire #AigleMartigny2020 #cycling #valais #vaud pic.twitter.com/u1hT0hOLK7

— Aigle-Martigny 2020 (@aiglemartigny20) September 29, 2019

オリンピック直後だし、
有力どころではない国にチャンスが回ってくるかも。
それころポーランドとか! <でもどちらかと言うと五輪でいいところ見せて欲しい(自分が見に行くから/予定)

それでは皆様、また来年〜


No.5494 - 2019/10/08
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5494


世界選2019 男子エリートRR 終わりました(1)
■リザルト
https://www.procyclingstats.com/race/world-championship/2019/result

=====

デンマーク優勝。
 
毎年、エリートのRRのリザルトには感慨深いものがあるのですが、
今年は、2014年ポーランド、2015年スロバキア以来の感動でした。
 
メンバーの良さから表彰台あるかも、と思っていたら。
https://www.facebook.com/Capybara.RRSB/posts/2564879963575322
 
表彰台の真ん中でしかもフグルサングやヴァルグレンではなく
若手のMペデルセンが勝ったとかどういうドラマですか。
 
以下細切れでいろいろ書きます。

=====
 
■8人枠
今年のデンマークはMAXの8人枠。
8/11付のUCIナショナルランキングで10位以内が8人枠、という条件を、
間際でイギリスを逆転して獲得しました。
ギリギリの消耗戦になったレースにおいて
チームが8人態勢だったのは有利なことでした。

■デンマーク
ジュニアやアンダーで成績を出しつつも
エリートで結果が出ていなかったデンマークですが、
女子ジュニア無双だったディデリクセンが2016年に女子エリートでチャンピオンになり、
さらに高い壁だった男子エリートでもチャンピオンになりました。
過去にツール勝者がいても、
他種目に五輪メダリストやアルカンシエルがもりもりいても、
手が届かなかった男子エリートRRのアルカンシエルに遂に手が届きましたよ……。
代表メンバーに、ベテランのモルコフや
ティンコフ時代からのお馴染みヴァルグレン、ユールイェンセンがいるのも、
デンマーク自転車連盟の公式FBのバナーが
ペデルセンのガッツポーズではなくチームデンマーク集合写真なのも、
しみじみと嬉しいです。
Danmarks Cykle Unionさんの投稿 2019年9月29日日曜日


■ヴァルグレン
ラスト3qくらいで、メイン集団から飛び出したサガンに
食らいついていったヴァルグレン。
無線が無く状況が掴みにくい中で、サガンを行かせたらマズイと判断して
チェックのためについていったのだと思われます。
結局、二人はペデルセンから40秒後にゴールしましたが、
中継カメラがファンサービスしながらゴールするサガンにフォーカスする後ろで
ゴール上の電光掲示板で初めてペデルセンの優勝をしったヴァルグレンが
驚きと喜びで口元に手をやるシーンが何度見ても感動であります。

↓もうあと3秒ヴァルグレンを映してほしかった中継動画

SAGAN 💥💥

The former World Champ 🌈 gave everything out there today! 👏 @petosagan #Yorkshire2019 pic.twitter.com/VCsqYrmdam

— UCI (@UCI_cycling) September 29, 2019

■デンマークTV2
レースを中継していたスタジオ@デンマークTV2のゴール時の様子。
実況アナと解説のWソレンセンが総立ち。
なんですが、ロルフ・ソレンセンが感極まって涙を流している一方で
クリスアンケルが比較的冷静のがちょっとツボであります。
Mads Pedersen blev verdensmester

Følelserne sad udenpå tøjet i cykelstudiet 🏆

Læs mere om Mads Pedersens triumf her: https://sport.tv2.dk/cykling/2019-09-29-en-drengedroem-der-gaar-i-opfyldelse-siger-mads-pedersen-om-vm-guld

TV 2 SPORTさんの投稿 2019年9月29日日曜日



続く


No.5493 - 2019/10/02
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5493


ラグビーワールドカップ2019とビアバー
9/21のNZ-南ア戦のときに
たまたま野毛のビアバーにいたのですが。

普段は野球か映画を流しているTVでラグビーやっていて。

試合の時間に合わせて自分でもラグビーをやっていそうな
アングロサクソン系の兄さん6人組が入ってきた時点で
カウンター10人の小さな店がヨーロッパのスポーツバー状態になり
何かすごい状況で面白かったです。

マスターが実は英語に堪能だったり
臨機応変にキャッシュオンに対応してたり
何気に始まった兄さんとの腕相撲に勝利したりで
マジで見直しました。

兄さん達は日本のIPAをご所望だったので
マスターのチョイスでインドの青鬼を出してました。
せっかく来日したのだしってことで
日本のビールが人気なのかもしれません。

で、最初に飲んだビールを全員が「また同じの」で注文するので、
ピンポイントでそのビールが空になるのでした。
兄さんたちは試合のハーフタイムで店を出たので
滞在時間は1時間ほどでしたが
その間に1人4杯(もちろんパイント)は飲んでたと思います。すごい。

客足が落ち着いてるときに話を聞いたところによると

・ワールドカップ特需は予想していたので
 ギネスを買い増ししてあったが、意外にオーダーされない

・9/20の開幕戦のときはラガーがものすごく出た。
 一晩で樽が一本空いたので追加オーダーした。
 (ちなみにその店の定番ラガーは富士宮バイエルンマイスター。美味しいよ!)

・そして開幕戦のときにはもっとカオスだった。
 海外のラグビーファンが入れ替わり立ち代わり入ってきて
 スタンディングが2列ぐらいできていた。
 しかも知らない人同士で奢り合ったりしていた。

野毛は試合があるスタジアムからは離れているのに
まさかこんなことになってるとは思いませんでした。

いつものビアバーが海外のスポーツバーみたいになっているのと
ラグビー兄さんたちの様子がとても楽しげで愉快だったので。
ワールドカップ期間中は、野毛のビアバーに
マメに足を運ぼうかと思います。


No.5492 - 2019/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5492


世界選2019 チームドイツ
今年のロード世界選が9/22からいよいよ開催。

現在、ネットの関係界隈は
各国の代表選手発表祭りで盛り上がってますが、
そんな中で発表されたドイツ代表のメンツが
ビックリな内容でした。

■BDR nominiert Männer-Team für Straßen-WM(2019.9.16)
https://www.rad-net.de/ajax.aspx/content/f95508d2-5d6b-47e7-805f-432703391185.html

<男子エリートRR>
Pascal Ackermann (Bora-hansgrohe)
Nikias Arndt (Sunweb)
Marcus Burghardt (Bora-hansgrohe)
John Degenkolb (Trek-Segafredo)
Simon Geschke (CCC)
Jonas Koch (CCC)
Nils Politt (Katusha-Alpecin)
Jasha Sütterlin (Movistar)

エースがアッカーマン、Bプランにデゲンコルブ、
やり手のアシスト勢が脇を固めてるとはいえ
アッカーマンに合わせてスプリンターよりの布陣であります。

いやヨークシャーのコースはアッカーマンにはちょっとハードでしょ。
https://keyassets.timeincuk.net/inspirewp/live/wp-content/uploads/sites/2/2018/09/Men-Elite-Road-Race-1.jpg

いけなくはないかもしれないけど、
もっとコースにフィットした選手がいるんじゃ!?
シャフマンの怪我はもう治ってるんじゃないの!?

と思ったのですが。

シャフマンFBによると、手の怪我は治ったものの
現在感染症に苛まされており、10月のレース出場に向けて
療養中とのことでありました。。。
https://www.facebook.com/MaximilianSchachmann/posts/2433771756718546

本当は、モントリオールとケベックも出場予定だったのに
病気のためにキャンセルしたとのこと。
世界選も同じ理由で断念したのだそうです。
知らなくてすまんかった。

それなら、グロスチャートナーとかポルテルベルガーなら!
と思ったら、彼らはオーストリーの選手でございました…。
(たぶん世界選オーストリー代表になるのでは)

なんか不安しかないのですが、 <ひどい
メンバーはいい選手がそろってるし、
もしかするとデゲンコルブにものすごいサプライズがあるかもしれないので
彼らの脚と監督の手腕に
期待したいところであります。


No.5491 - 2019/09/18
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=5491

300/300件 [ ページ : << 1 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 ... 43 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS