[ 掲示板に戻る ]

過去ログ閲覧モード


ドーピング勉強中
日本自転車競技連盟のアンチドーピングの記事。
えらい量があるので注意。
http://www.jcf.or.jp/jp2/anti_doping/index.html

1999年に書かれた、自転車競技とドーピングに関する記事
http://www21.ocn.ne.jp/~sportclm/Dop/case1bicycle.html

UCI規定目次
http://www.uci.ch/modello.asp?1stLevelID=H&level1=0&level2=0&idnews=2676
PART XIV にアンチドーピングの項目があって、PDFファイルでしかも長い。。。
3項目あわせると100ページ以上あるので注意。


。。。んー。
血液ドーピングの検査方法がよくわからん。
血球の数を調べるだけじゃないみたいなんだけれども。
UCI規定の巨大ファイルの中に記述があるのかしらん。


No.55 - 2004/09/23
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=55


ハミルトン続報
ネタ元
http://www.cyclingnews.com/news.php?id=news/2004/sep04/sep22news3

五輪の結果の公表が遅れた理由について語られております。

***********

・the head of the IOC's medical commission の Arne Ljungqvist さんが
 ロイター通信に語ったところによると

・Hamilton's test results were tagged "suspicious"
 when they came back from the IOC-accredited laboratory
  →IOCが認可した研究所から戻ってきたときに
   ハミルトンのテスト結果には「疑わしい」とタグがつけられてあった

・so they were submitted for a review by a panel of experts.
  →なので、専門家の委員会?に再検査のために提出していた

・After the review "it was ruled as not just suspicious but positive indeed"
  →再検査の後、「疑わしいのではなく超陽性と裁定した」


・As for the delay in reporting the results, Ljungqvist said that,
 "It's a regular feature of exercising the proper care before reporting a case."
  →結果の報告が遅れた事について、Ljungqvist さんは
   「事実を報告する前に適切な注意を払ったときに通常発生する特徴?である」と語った。

***********
 
・At the moment, neither Hamilton nor his team have been able to explain the test results.
   →ハミルトンもチームも、テストの結果を説明することができなかった

って。そりゃIOCもUCIも同様に公表してないんじゃ?
詳しいテスト結果の中味をいまだに探せずにいるんですが。

***********

とりあえずわかったこと。

 ・オリンピックのサンプルについては、
  通常の検査だけでははっきりと陽性であることがわからなかった
  (ので、検査に時間がかかり発表が遅れた)

 ・オリンピックのサンプルの分析はIOCが行った
  (ので、ヴェルタのサンプルとは違う器械と人が検査にあたったと思われる)

 ・cyclingnews、ハミルトンに批判的な感じ。
  感じがするだけだけど。古田を糾弾する読売新聞ほどじゃないし。

***********
 
でもって、Bサンプルの結果はまだ発表になってません。
水曜には分析が終わるとのことだったのですが。

こういうニュースは、どこで見るのが一番確実で早いんでしょうねえ。


No.54 - 2004/09/23
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=54


ハミルトン続報
農協職員様のサイトに張ってあったリンク
http://sports.espn.go.com/oly/news/story?id=1885736

ランスのコメント入り。


No.53 - 2004/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=53


ドーピング勉強中
考えてみたら、XE-2100はアテネオリンピックで使われた機種であって、
今回の検査に使われていたワケではないのだよな。
一生懸命記事をリサーチしてしまった私って……_| ̄|○

でも、わかったこともあった。
赤血球の検査事態は目新しい技術ではなく、
検査機器も、普通にいろんな病院に導入されてるくらいだから、
測定方法そのものに問題があることはたぶんないだろう、ということ。

なので、あと検査に何か間違いがあるとしたら、
コンタミでしょう。

**********

今、疑問な点。

・ハミルトンが陽性反応になった、というのは、
  A:赤血球の数に問題があったからなのか、
  B:尿からホルモンが検出されたからなのか、
  C:血に他人の赤血球が混じっていたからなのか
 のいずれなのか。あるいはこのうちの複数に該当してるのか。
 陽性の根拠がCのみならば、コンタミの可能性を考えてもよい

・オリンピックの際のサンプルの陽性反応の話が
 今頃になって出てきたのはなぜか?


私の希望的観測としては、

・ヴェルタのITTで優勝したときのサンプルを
 検査官がコンタミした状態で検査
   ↓
・他人の赤血球が血に混じっていたので
 ドーピングを疑う
   ↓
・勢いで、五輪のときのサンプルも出してきて、
 同じ検査官が同じ機械を使ってコンタミがあるまま検査
   ↓
・やはり同じように他人の赤血球が出てくる
   ↓
・ドーピング陽性と判断

……というあたりなんですが。

この仮説が正しければ、
ハミルトンは、検査を、誰がいつどの測定器をつかってやったか
詳細を明らかにさせた上で、まだサンプルが残っていたら、
別の信頼できる機関に同様の検査をしてもらえば
無実が照明できると思うんだがどうだろう。

いずれにせよ、
徹底抗戦するんなら詳細な検査結果の提出は求めるだろうから、
それが公表されれば、私のような野次馬にも、
ある程度の推理が許されることでありましょう。


No.52 - 2004/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=52


XE-2100に関する記事
業者の仕様ページ
http://products.sysmex.co.jp/products/xe-2100/spec.html

2003年2月 回収のお知らせ(オートサンプラーの設計不良)
http://products.sysmex.co.jp/products/xe-2100/spec.html

豊科赤十字病院に導入されたそうです
http://www.toyoshina.jrc.or.jp/topic/2004/07/tp25.htm

分析の仕組み。専門用語がわけわかめ。
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/rinsyo/kensa/ketueki/santei.htm

血液検査日常業務におけるSysmex XE2100とSE9000の比較(第37回関東甲信地区医学検査学会)
http://www.chiringi.or.jp/k_library/kanko_37/108.htm

自動血球分析装置の解説 ←これがわかりやすそう
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/page025.html


No.51 - 2004/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=51


ハミルトン続報
cyclingnews
http://www.cyclingnews.com/news.php?id=news/2004/sep04/sep22news

Nacoさんのページからもらった、ドーピング検査機器のメーカーのサイト。
ドーピング検査のフロー図が載ってます。
http://www.sysmex.co.jp/news/press/2004/040811.html

**********

自分の興味のごくごくせまい範囲内にドーピングがやってきたのは初めてなので、
時間がかかってもできる限り調べようと思ってます。

私の考えは、ハミルトンは白。
サンプルから他人の赤血球が出てきたのは、コンタミではないでしょうか。

あるいは、測定機器の感度が必要以上によすぎたか。
「自動何とか分析装置」とか銘打った機械には、ありがちなことです。
しかも導入したてならば、特に。
もちろん、私が使っているぬるい測定機器と比べちゃいけないのかもしれないですが、
可能性が無いわけではない。

これでハミルトンが黒だったら、オリンピックの金メダルは剥奪、
持ち上がりでエキモフが金メダルになるそうです。

わたしは何よりも誰よりもエキモフをひいきしていますが、
エキモフの金メダルより、ハミルトンの無実が証明されるほうが
ずっとうれしいです。

そりあえずは、検査の概要と、
何をもってハミルトンの検査結果が陽性となったのかを、
把握しないと、ですね。


No.50 - 2004/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=50


これはなんの競技だ?
パラリンピックの競技の写真なのですが、これはいったい?
http://editorial.gettyimages.com/source/CFW/details_Pop.aspx?iid=51332744&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/CFW/details_Pop.aspx?iid=51332741&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/CFW/details_Pop.aspx?iid=51332739&cdi=0

ベン・ハーみたいでえらいかっこいいぞ。


No.49 - 2004/09/22
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事のURL(4ヶ月間くらい有効)
http://www1.rocketbbs.com/613/bbs.cgi?id=capybara&mode=pickup&no=49

全5235件 [ ページ : << 1 ... 734 735 736 737 738 739 740 741 742 743 744 745 746 747 748 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Skin: Cobalt v1.01 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS