27469

掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
(No Subject) / はな
こんにちわ。なんとなくですが、チャネリングが当たらないと言っているのにするのはなんなんですが、本山さんをリーディングしても良いですか。もちろん無料です。
No.786 - 2018/09/16(Sun) 23:55:44
Re: / 本山 [関東]
 はなさん、こんにちは。

 本山です。

 何か大きな誤解があるようです。
 私はこれまで、「チャネリングが当たらない」と言ったことは一度もありません。
 むしろチャネラーの言うことが当たるので、それに捕り込まれる危険性を訴えた記事を書いたことがあります。
 チャネリングが当たるのでチャネラーに心酔してしまい、自分の大事な人生の決断を、チャネラーに委ねてしまう人が多いことを知ったからです。
 人生の大事な決断を自分が決めるのではなく、チャネラーに心酔するあまりに、チャネラーの言ったことに従うのは、私には異様に見えてしまうのです。
 それは、あなたが真摯に考えた末の結論なのですか? と聞きたい衝動に駆られます。

 私はこれからの人生でチャネリングセッションを受けることは、もうないと思います。
 私をリーディングしたいとの申し出ですが、そういう事情で辞退させていただきたいと思います。
No.787 - 2018/09/18(Tue) 00:08:45
山川紘矢さん / なんとか
山川紘矢さんのブログが面白かったので貼っておきます。

https://ameblo.jp/yamakawakouyaakiko/entry-12397895930.html

>チャネリングで受け取ったメッセージが

>いつも正しいわけではありません。チャネリングメッセージ>の中にはとんでもない予言

>なども一杯ありますから。気をつけよう。

>地震が来るとか、富士山が爆発するとか。


>僕も自分が受け取ったメッセージが間違っていたこともあり>ました。でもそれもすべて学びでした。

山川さん、何度かお見掛けした事があるのですが、とても明るく大きなオーラで、そして上手い&だなぁ、という印象があります。
No.784 - 2018/08/16(Thu) 01:46:59
Re: 山川紘矢さん / 本山 [関東]
 なんとかさん、こんにちは。

 本山です。

 私もチャネリングセッションを受けて、いくつか学んだ点があります。
 その一つは、下りてくる意識体だけでなく、媒体となるチャネラーの人間性が極めて重要だということです。
 端的に言えば、チャネラーの人間性を超える意識体が下りることは、(原則として)ないということです。
 よく、大天使○○をチャネリングしているという話を聞きますが、そのチャネラーが大天使○○を下ろすに相応しい人間性を持った人物かどうかというのが重要な視点になると思っています。

 情報、有難うございました。
No.785 - 2018/08/17(Fri) 17:17:31
疑問にお答えいたします。 / ヤス
本山さんこんにちは。ヤスです。いつも私のメルマガの記事を紹介していただき、ありがとうございます。今回取り上げていただいた私の記事に対する疑問にお答えさせてください。

本山さんが書いている通り、「別宇宙の存在は、単に宇宙によって時間の進み方が違うという点だけを認めただけ」です。ジェリー・ウィルスはインタビューで、「われわれの宇宙では何十億年もの時間が、あちらの宇宙では20年から30年くらいの時間しかたっていない」と言い、後でハウが解説でこの「何十億年」というのを「200億年くらい」と言い換えて表現しています。この講演は宇宙の誕生の時間を問題にしたものではないので、こちらの宇宙の時間の流れとあちらの宇宙のそれとがいかにに異なっているのか強調する意味で「200億年」と仮に表現したまでだと思います。

全部英語ですが、以下がリンクです。

https://www.youtube.com/watch?v=4FbD_ojWWXw&t=3112s

ではまた。
No.782 - 2018/08/08(Wed) 21:34:57
Re: 疑問にお答えいたします。 / 本山 [関東]
 ヤスさん、こんにちは。

 本山です。

 わざわざ、ご本人から私の疑問に答えていただき、恐縮です。
 私は英語は苦手なのですが、ヤスさんの説明でニュアンスがわかりました。
 やはり、別宇宙では時間が進み方が違うという点がポイントで、200億年という数字にあまり意味がなかったのですね。
 教えていただき、有難うございました。
No.783 - 2018/08/09(Thu) 17:35:31
記事更新 / 心香リオ [東海]
 本山さん、お久しぶりです。


 大変でいらっしゃいましたね。

 暫く更新が開いたので、お身体の事かお仕事の関係かな?と思っておりましたら両方だったのですね。


 何の為に働くのか、何が大切なのか、色々と考える機会にもなられましたね。
 考える様にとの采配であったかも知れません。


 ゆっくりお休みになられて下さい。

 状況も回復されているご様子で安心いたしました。


 本山さんの新たな進行を楽しみにしております。
No.777 - 2018/07/08(Sun) 15:29:58
Re: 記事更新 / 本山 [関東]
 リオさん、こんにちは。

 本山です。

 リオさんが仰るように、今回の件は、仕事に関して考える機会を与えられたのかもしれません。
 もしこうしたことがなければ、手に職をつけようなどと考えることもなかったかもしれません。

 今、私はサアラさんの西洋占星学のスクールに通っています。
 これを真面目に取り組んでみようかなと思っています。

 ご心配をお掛けしたようです。
 これから、いつものペースで記事を更新したいと思っています。
No.778 - 2018/07/09(Mon) 17:58:35
過労は百害ですね / ちょうちょ
お久しぶりです、ちょうちょです。

私もちょこちょこ訪れていた一人ですが、とても大変な状況だったのですね。

今は記事を書く気力がもどったようで、安心しました。更新ありがとうございます。

私はフリーランサーですが、締め切り前などは、ほぼ徹夜の一週間になったりします。正に今回の本山さんのように、朦朧として、さっきの記憶が辿れない状態になります。

そんな仕事を受けなければ良いのですが、私の仕事業界はそんな仕事だらけなので「もう廃業して別の仕事をする時期だぞ...」と思いはじめています。
 
最近、どうすれば、朝目覚めるのが待ち遠しい!というような仕事、というか生き方になるのか自問しています。

Oさんの無事を祈りつつ、次回の記事も楽しみにしています。
No.775 - 2018/07/06(Fri) 18:35:15
Re: 過労は百害ですね / 本山 [関東]
 ちょうちょさん、こんにちは。

 本山です。

 お久しぶりです。
 今でも時々、私のHPを訪問していただいているとのことで、有難うございます。
 ちょうちょさんのお仕事は、締め切り前などは、ほぼ徹夜の一週間とのこと。それは、今回私が体験したものよりずっと凄いですね。たぶん、私なら病院に担ぎ込まれています。

 私の仕事も個別の仕事単位で受けているので、ちょうちょさんのフリーランサーに近いものがあります。
 出社時間や、1日何時間労働といった取り決めはなく、あくまでも仕事の完成まで行うというものです。
 会社の従業員なら仕事は断れませんが、私は外注の立場なので、仕事を選ぶ権利だけは(本来であれば)あるはずでした。
 今回の仕事の元凶は、会社の社員でその機種のソフトを担当していた方が病気になり、休職してしまったことです。
 その社員の方はその機種の仕様を知っているので、その方しかできない仕事とも言えます。

 納期(出荷時期)が目前に迫って、不具合が発覚したので、私に白羽の矢が立ったのです。
 私はその機種の開発に全く関わっていなかったし、機種独特の仕様も知らないので、一度は「無理です」と断わりました。
 しかし、担当者のOさんの「本山さんしかやる人がいないんです!」という悲痛な叫びに抗えなかったのです。
 よほど私が暇そうに見えたのでしょうか。
 大きな流れのようなものができていて、私はそれに呑まれてしまった感じです。

 今回の件で、つくづく思ったことがあります。
 「何か手に職をつけなければ・・・」です。
 他に稼ぐ手段を持っていれば、頑として断ることもできたはずですが、今の私の立場の弱さが招いた結果だと思っています。

 ちょうちょさんも「もう廃業して別の仕事をする時期だぞ...」と思われているとのこと。
 私は真剣に取り組もうと考えています。
No.776 - 2018/07/07(Sat) 17:38:54
Re: 過労は百害ですね / ちょうちょ
やはり本山さんも、担当者の方の悲痛な叫びに抗えなかったわけですね...

私も似たようなものです。例えば自分がA社依頼の仕事中に、そのA社が他所に発注した締め切り直前の仕事が私に回ってくるわけです。発注先の人が倒れたとか理由は様々ですが、お世話になっているA社の担当者に頼み込まれると断りきれないのです。

これはフリーランサーゆえの経済的不安感や「頼られる」ことで色々なエゴが刺激されて、それに流される結果です。しかし、今の私の仕事は、やりがいはあっても、過労死リスクを高めてまでしたい仕事ではありません。

今回の豪雨被害(私の家族が被災地域にいます)にも、ますます自分の今後の生き方を考えさせられます。大切な人や家を失った大勢の人はもちろん、救助や復旧作業をする方々などは心身共に本当に大変だろうと思います。

今はもうどこに住んでいようと、日常生活が消え去るような災害が他人事ではない時期(時代)だと感じています。

>「何か手に職をつけなければ・・・」

これは、私も同感です。まずは健康を第一に、どう転んでも大丈夫!と思える生きる術を身につけたいです。
No.779 - 2018/07/09(Mon) 19:19:10
Re: 過労は百害ですね / 本山 [関東]
 ちょうちょさん、こんにちは。

 本山です。

 私のアルバイト先の会社の社員は私のHPは見ていないと思うので、ダイレクトなお金の話を書いてみようと思います。
 私が今回巻き込まれた仕事の原因は、その機種のソフトを担当していた社員が病気で休職してしまったことです。
 会社としては、その社員が抜けた穴をすぐに補充する体制作りをするべきでした。
 しかし1人のエンジニアを専属で付けるとなると、1ヶ月に(最低でも)80万円という費用が掛かります。半年で(最低でも)480万円です。
 ところが私は、仕事がある時だけ呼ばれるアルバイトですから、毎月一定の金額が掛かりません。ちなみに今年の1月1日から6月30日までの半年間に私が得たアルバイト代は、480万円の10分の1以下です。
 会社としては、これほど有難い存在はないはずです。
 専属を雇う金額の10分の1以下の費用で済むのですから。これが会社が私に仕事を依頼する理由です。機種の担当者は、ある意味で犠牲者ともいえます。会社が体制を整えてくれないので、いざ出荷前という修羅場になったら、誰かに泣きつくしか方法がないのです。

 もちろん私は、こんなアルバイト代(月平均7万円)で生活できるはずもありません。
 私は生計をたてる別の道を、漠然と考えるようになりました。そんな際に起こったのが、今回の修羅場の仕事でした。
 もし私が別の道を確立していれば、断れた仕事でした。
 ふっと頭に浮かんだのですが、これは(霊的な)ガイドの仕業かもしれないと思ったのです。
 私はこの半年、サアラさんの西洋占星学のスクールに通っていました。
 アルバイトの量が少ないので、時間はあったはずなのに、私は本格的に占星学の勉強をしていなかったのです。
 ガイドから、「いい加減に、ちゃんと勉強せい!」という意味で、今回の修羅場があったのではないかと思ったのです。
 私が占星学で生活できるようになるかは未知数ですが、手に職を付けるという意味でトライしようと思っています。
 そして、可能であればこれをアプリにしようと考えています。

 ちょうちょさんが、具体的に書かれていたので、私も具体的な話を書いてしまいました。
 失礼しました。
No.780 - 2018/07/13(Fri) 17:01:25
Re: 過労は百害ですね / ちょうちょ
ちょうちょです。

「正当な対価」はバイトには適用外という、なんとも厳しい現実話ですね。

おまけに、ガイドの期待・応援のムチも厳しいとあっては、今後はもうオチオチ休んでいられませんね。

占星学はアプリだけでなく、そのうち是非HPでお試し鑑定の募集があると嬉しいです。もちろん有料で!すでにHP閲覧者の中にも、本山さんになら観てもらいたいという人が沢山いると思います。

すみません、本山さんの"別の道"に、私がワクワクしてしまい、リクエストの返信してしまいました。笑

(返信はどうぞお気遣いなく)
No.781 - 2018/07/16(Mon) 17:19:10
(No Subject) / ひろし
本山さま。
いつも興味深い記事の投稿ありがとうございます。
今回の記事を読んで、おそらく私もそのチャネラーの個人セッションを以前に何度か受けたことがあり、たしか、話の流れの中で本山さんに一度会ってみればよいのに、といったようなことを言われたことを思い出しました。
セッションを受けて特に悪い印象はなかったのですが、アドバイスを受けて特に自分の人生が好転する訳でもなかったので、自然とチャネラーと呼ばれる方々のセッションを受けることに興味が無くなってしまいました。99.99%のチャネラーが偽物だというのは大げさではないかと思います。
チャネラーでなくとも、有名であれ無名であれ特殊能力を持っているという方々を信じて受け入れるというのであれば、全て自分で責任を負うしかないのだと思います。
それにしても、特に変化もなく6〜7年は経過してしまいましたが光の12日間はその後どうなったのでしょう?
No.771 - 2018/06/25(Mon) 23:03:03
Re: / 本山 [関東]
 ひろしさん、こんにちは。

 本山です。

 ひろしさんは、「アドバイスを受けて特に自分の人生が好転する訳でもなかった」ので、自然とチャネラーから遠ざかったとのこと。
 今にして思うと、私がチャネラーのセッションを受け続けたのはチャネラー(霊能者一般も含めて)の実態を体験する必要があったからではないかと考えています。
 私の魂の計画の一環として、こうした体験をして、それを人々とシェアするというものがあったのではないかと思うのです。
 ですから今となっては、私はチャネラーに対して、怒りや許せないといった個人的な感情はありません。
 むしろ貴重な体験をさせてもらいました、という思いすらあります。

 「光の12日間」とは懐かしい言葉を聞きました。
 そういえば、「光の12日間」の結末はどうなったのでしょうか。ゲリーさんは、集団アセンションは無くなり、個別のアセンションになったと言っていましたが、そうなると「光の12日間」は個人の体験ということになるということでしょうか。
 私もよくわかりません。
 誰か知っている人がいたら、教えてほしいと思います。
No.773 - 2018/06/27(Wed) 17:11:58
(No Subject) / らん
本山さま

実はもう何年もまえに、何度か掲示板に書かせていただいたことのある読者です。そのころの名前は忘れたので、別名で書かせていただきます。
それこそ、たぶんこちらのサイトがはじまったすぐくらいからずっと楽しみで読ませていただいていました。
そして、本山さんのチャネラーセッション報告を読んでいて、一度、たぶん私も同じ方のセッションを受けに行ったことがあります。

「本山さんのサイトを読んで、来てみました。」と言いました。するとその方は、いづれ本山さんが大きな霊的施設をつくるから、その時に手助けすることになると言われました。
それで、こちらの掲示板にもちょこっとそのことを書かせていただいた記憶があります。
が、その後、よくよく考えてみたら、自分はいわゆる霊的に素晴らしい場所やモノ、石、人と言われているものに自然と体が反応するタイプなのですが、それがまったくなかったことに気づき、そのせいでどこか冷めて読むようになっていました。

それでも毎日のようにチェックはするんです。不思議だし本山さん的には嫌でしょ(笑)。
ブルー〇〇もかなりネガティブに受け取っています。なのに読むんです。

こんな嫌な読者で申し訳ないのですが、その個人セッションからもうたぶん10年ほど経ち、今日、チャネラーの記事を読み、心が躍ったのでつい気持ちが抑えきれずに、つい投稿させていただきました。
これからも、嫌な読者であることには変わらないと思いますが、ひねくれながらも楽しみにしております。
No.769 - 2018/06/25(Mon) 18:20:00
Re: / らん
すみません。追加で。
これは正しいわけではないですが、自分なりの判断の方法を書かせてください。

それがもし人である場合、言葉も交わさないくらいコンマ数秒のあった瞬間から、その方の言葉も聞こえなくなるくらい、泣いて、満たされ、普段は誰に対しても反抗的なのに、勝手に「ありがとうございます」と心から感謝している自分に気づいた時、素晴らしい出会いだと判断しています。現にそういう時があります。
体の反応は超個人的なので割愛しますが、以上のことはきっと似たような人が多いのではないでしょうか。

ポイントは、出会ってすぐ。何も言われる前に、強烈な癒しを体全体で感じ、理性で抑えられない感情があふれ出し、勝手に感謝の気持ちに満たされるということです。
場所でもモノでも同じです。
でもこの判断方法も正しいのかどうか、日々いろんな角度から観察しつつ、もし少しでも思うことがあれば修正となる予定です。
なぜなら人間には真理・真偽はわからないと思っていますので。
No.770 - 2018/06/25(Mon) 18:49:54
Re: / 本山 [関東]
 らんさん、こんにちは。

 本山です。

 世の中には、まだまだ私の理解できないことが多いなと思いました。
 らんさんの人の判断の方法です。
 「言葉も交わさないくらいコンマ数秒のあった瞬間から、その方の言葉も聞こえなくなるくらい、泣いて、満たされ、普段は誰に対しても反抗的なのに、勝手に「ありがとうございます」と心から感謝している自分に気づいた時、素晴らしい出会いだと判断しています」

 こうした体験は、(少なくとも今までの)私にはありません。
 コンマ数秒の間にこうした体験ができるということは、それなりの感性というのか、独特の感覚というのか、そういった能力がおありなのですね。
 いやはや、感服しました。

 ところで、らんさんは「嫌な読者」かもしれないと仰られていますが、私はHPに記事を更新したら、後は読者の判断が全てだと思っています。
 私の記事を肯定しようが、否定しようが読者の方々の判断なので、私は(気持ち的に)一切にそれに関わってはいけないと戒めています。
 もちろん記事の選定には、「こうした事実を知ってほしい」という私の願いはありますが、それは単に私の願いでしかありません。読者の思いを私はコントロールできないからです。
 ですから、私にとって「嫌な読者」も「良い読者」もないのです。

 今後も情報提供を(できるだけ)続けていきたとは思いますが、気になる方は読めばよいし、興味がない方は読まれなくなるだけだという事実を前提にするのは変わらないと思います。
No.772 - 2018/06/27(Wed) 17:09:57
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS