12502

掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
(No Subject) / ちーち
本山さん こんにちは。
いつも記事を興味深く読ませてもらってます。
私もできるだけ、添加物を取りたくないと思い
買い物するときは原材料を確認してから買うようにしてますが、添加物を取らない生活は無理なんだと実感してます。自分で作っても調味料にも色々入ってるし、不食にでもならないと無理なのかと思ってしまいます。
今回の記事で高校生の頃初めてカップヌードルを食べた時の記憶が甦りました。半分しか食べれなかったんです。不味いとか食欲がないとかではなく、何故か食べれなかったんです。今思うと田舎育ちで、普段自分家で採れた野菜とか、新鮮な魚を食べていたので、体が受付なかったのかなと思います。
今度の土曜日に小林健さんと森美智代さんの講演会があるので行ってきます。小林さんの事を知ることができたのも、本山さんの記事のおかげです。
色々と紹介してくださって、本当にありがとうございます。
No.683 - 2017/05/14(Sun) 12:04:17
Re: / 本山 [関東]
 ちーちさん、お久しぶりです。

 本山です。

 今週末の小林腱さんの講演会に行かれるのですね。
なかなかチケットが取れないのではないかと思っていました。
 4月23日の講演会に参加したときは、驚きました。
 いつものヒカルランドの会場で行う出版記念講演会だと、せいぜい30〜40名程度です。それが300名ほどの会場が超満員のうえに、300名のキャンセル待ちがあったそうです。
 日本人が小林腱さんのヒーリング能力や、その人となりに強い関心を持っていることがわかりました。
 ちなみに私は、講演会で小林腱さんが勧めていた1年に渡る量子ヒーリングに申し込みました。さらに、身体に量子波を当てて除霊するというグッズを、(少し面倒な手続きが必要なのですが)買いました。15万円と悩む金額でしたが、小林腱さんが推薦しているので、きっと効果があるに違いないと思って買うことにしました。
 まだ使っていませんが、何か面白いことが起こったら、記事にしたいと思っています。

 ちーちさんが初めてカップヌードルを食べたとき、半分しか食べられなかったというのは、本当にわかる話です。
 私も最初はカップヌードルの味を異様に感じたのですが、慣れてしまうと、また食べたくなってしまうのです。
 習慣化して、また食べたくなるというのは、マクドナルドの世界戦略と同じだという気がします。
 マクドナルドのやり方は、人々の舌を習慣化させることです。
 最初は美味しいと感じなくても、しばらく食べていると、身体が勝手に欲するようになってしまいます。
 麻薬のような作用があり、ハンバーガーやフライドポテトに入れる添加物がその役割の一端を担っていると、私は考えています。
 「スーパーサイズ・ミー」という映画を観て、そんなことを考えました。
No.684 - 2017/05/15(Mon) 17:58:09
こんにちは / sirius
はじめまして
528Hertz SECRET野外音楽partyで ぜひワークやセミナー参加して頂きたいです
差し支えありませんでしたら イロイロ伺えたらとおもいますので メッセージ頂けたらとおもいます よろしくお願いします
No.682 - 2017/05/03(Wed) 01:33:37
松果体組成 / tensho
今回もエンターテイメント記事をありがとうございます。
松果体ですか。
「松果体の99%が珪素でできている」はもちろんウソです。
ありえません。
松果体は器官なので当然細胞からなり、その多くは松果体細胞です。
人体組成の99%の元素は、酸素、炭素、水素、窒素、カルシウム、リンの6元素です。
当人はシリウスの存在からの情報と称しているようですが、当人の頭の中だけの話だと思います。
本当はどこからの情報でしょうか。
No.681 - 2017/04/19(Wed) 21:47:05
(No Subject) / リオ [東海]
本山さん 初めまして。
最近、こちらの記事を読ませて頂いております。

これまで断片的だった私の知識が纏まっていく様で大変興味深く拝見しております。

ありがとうございます。


その中で本山さんが、私も予約をしていた小林健さんのセミナーへ行かれる予定である事が書かれてありちょっと驚きました。

船瀬さんと更に、吉本ばななさんもいらっしゃる事になった様ですね。

どんな会になるか今から楽しみにしております。
No.673 - 2017/04/11(Tue) 20:06:11
Re: / 本山 [関東]
 リオさん、初めまして。

 本山です。

 4月23日(日)の、小林健さんのセミナーに参加する予定です。
 私は小林健さんという人物に興味があって、とても楽しみにしています。

 ヒカルランドのセミナーはいつもこじんまりしていて、人数も少ないです。
 もし私(本山らしき人物)に気づいたら、よかったら声を掛けて下さい。
No.675 - 2017/04/11(Tue) 23:03:55
Re: / リオ
本山さん、ありがとうございます。

この様なセミナーに参加するのは初めてですので心強いです。
 私もどんな方達なのかとても楽しみにしております。

こじんまりしたセミナーなのですか。
 このメンバーなので、それなりに人数が集まるのかと思っておりました。
 私は黒のズボンで、白地に黒の幾何学模様っぽい柄のバックを持っていると思います。

もしお会いする事になりましたら、よろしくお願いします。
No.678 - 2017/04/12(Wed) 20:08:43
Re: / 本山 [関東]
 リオさん、こんばんは。

 本山です。

 すみません。
 私は、このセミナーは飯田橋にあるヒカルランドのいつもの会場でやるものとばかり思っていました。
 そこでは、20名〜40名というのが当たり前でしたので、「こじんまり」と表現してしまったのです。
 ヒカルランドのHPで確認したところ、「ベルサール西新宿 8階ROOM6」という会場でやるみたいです。
 ここは(レイアウトで違うようですが)、200名〜300名収容可能みたいです。
 やはり小林健さんは人気ということでしょうか(船瀬さんや吉本ばななさんも人気だと思いますが)。

 ちょっとこの人数では、人物特定は難しいかもしません。
 リオさんは、「黒のズボンで、白地に黒の幾何学模様っぽい柄のバック」とのことで、(時間的に)余裕があったら探そうと思うのですが、探せなかったら御免なさいです。
 リオさんがおっしゃるように、「それなりに人数が集まる」みたいですね。

 当日、お会いする機会がありましたら、(こちらこそ)よろしくお願いします。
No.679 - 2017/04/12(Wed) 22:06:11
Re: / リオ
こんばんは、本山さん。

私もセミナー詳細の封筒にありました場所を確認したのは最近ですが、会場については詳しく調べておりませんでした。
 200〜300人収容なのですね。それではちょっとわからないかも知れませんね。

何だか読者の皆様にはあまり関係のない事でスペースを沢山使う事になってしまって済みません。
No.680 - 2017/04/13(Thu) 21:31:17
(No Subject) / 日本原人
フッ素だけでなく、アルミも人体には良いものではなく、ヨーロッパでは、アルミ製の調理器具は販売禁止になっていると聞きます。

家族と同居で、なかなか、自分だけ、というわけにはいかず、アルミ製の鍋や、フッ素加工のフライパンなども渋々ながら使用してきたわけですが、何だか風邪を引きやすくなってきました。

フライパンは鉄でいいとしても、鉄製の鍋ですと、ごっつ重くなるでしょうし、
何を使ったらいいのか、と考えあぐねています。

本山さんは調理器具は何を使用されてますか?
No.672 - 2017/04/10(Mon) 18:37:52
Re: / 本山 [関東]
 日本原人さん、こんばんは。

 本山です。

 ご質問があったので、お答えします。
 私は、夜は自炊していますが、基本的にフライパンは使わないです。
 使わないのですが、持っているのはフッ素コーティングではなく、セラミックコーティングのものです。
 野菜は蒸す方がいいと思っているのですが、手間なのでサラダ以外の野菜は、湯せんしています。

 そんなわけで我が家にはフッ素コーティングされたものは何もありません。
 アルミ鍋もありません。鍋はステンレス製です。本当は凝った鉄なべを試したいと思っています。
 他に使っているのは、玄米を炊くための土鍋です。

 ただ、「ヨーロッパでは、アルミ製の調理器具は販売禁止」というのは初めて聞きました。
 ネットで調べたら、西独、仏、英、スイスでは販売規制があるという記事がありました。

 欧州では、アルミ鍋は危険という認識があるようですね。
No.674 - 2017/04/11(Tue) 23:00:44
Re: / 日本原人
セラミックコーティング、ステンレス、土鍋、ですね。

日本では、アルミがアルツハイマーの原因になり、体に悪い、というのは、都市伝説になりつつあるのですが、何か問題があるから、規制しているのでしょうし、使わないに越したことはないのでしょうね。

とはいえ、我が家では、家人の理解が得られず、アルミやフッ素コーティングのフライパンだらけなのが、情けない限りです・・。
No.677 - 2017/04/12(Wed) 12:22:36
(No Subject) / 日本原人
不眠症になりかけているのですが、原因は何かと考えた所、歯科でのフッ素塗布が原因ではないかと思い当たりました。

歯科の善意で、3回ほど、サービスで、シロップ状のフッ素を口に取り込みました。

下記の記事で、洗口の場合には230ppm、歯面塗布に用いる場合は 9,000ppmの濃度と聞き、何だかゾッとしました。

不眠の直接的な原因ではないかもしれませんし、歯科のフッ素は、安全性が高いのかもしれませんが、とはいえ、何だか心配になってきました。

フッ素に関して、本山さんはどうお考えでしょうか?
No.668 - 2017/04/06(Thu) 22:33:41
Re: / 本山 [関東]
 日本原人さんへ。

 本山です。

 私にフッ素に対する考え方のご質問があったので、私の考え方をお伝えします。
 フッ素が不眠症に関係するかわからないのですが、私はフッ素は猛毒という立場です。
 HPの記事にも書きましたが、以前通っていた歯医者で、私に何も知らせず、(歯のメンテナンスと称して)歯にフッ素を塗られたことがありました。
 愕然となった私は、フッ素の毒を緊急で抜くために、3日断食をしたことがあります。

 私がその歯医者にフッ素は危険だと思うと伝えたところ、(ふだん紳士然としていた歯医者が)烈火のごとく怒り出し、
 「フッ素は安全です!」
 「フッ素は世界中の歯医者で使われているものですよ!」
 といったことをまくし立てました。

 私はその歯医者の態度が急変したことに、強い不信感を抱きました。
 本当に心の奥底から信じているなら、患者の間違った思い込みに対して、根気強く説得することもできたはずですし、普通ならそうするはずです。
 患者に知ってほしくないことを思わず言われて、狼狽して完全否定に走った姿がありありでした。
 まあこれは、私の個人的な感想です。

 私のフッ素に対する見解を押し付けるつもりは毛頭ありません。
 私は、歯医者でフッ素を塗ると言われたら、やんわり断ることにしています。
No.669 - 2017/04/06(Thu) 23:45:11
Re: / 日本原人
http://www2.ha-channel-88.com/soudann/soudann-00020095.html
フッ素に関しては、フッ素とフッ化化合物とは違うという意味で、フッ素は安全、というのが、一般的な歯科医のコンセンサスのようですね。(例えば、テフロン加工のフライパンとかも安全という考え)

不眠症の原因分子の可能性があるものを排除したいので、今度からは、やんわりと断ろうとは思っていますが・・。
No.670 - 2017/04/07(Fri) 11:49:16
Re: / tensho
横からすみません。
歯科のフッ素塗布は診療報酬点数が100点、この10倍が歯科医院への支払金額だそうなので、1000円程度と安いですが、塵も積もれば山となるかと思います。
私もフッ素塗布は断っていますが、それ以前に今まで通っていた医院で担当の腕の良い歯科医が辞めてしまったりで、別の歯科医院を探さない状況です。いろいろとその医院の院長やその上の医院経営者の方針もあるようです。
歯科難民状態から早く良い医者のいる医院を見つけたいですね。
No.671 - 2017/04/10(Mon) 00:58:47
Re: / 日本原人
いい歯科を探すのは難しいですね。自分がそう思うだけかもしれませんが、保険治療のクオリティーが、昔より落ちている気がします。コンビニよりも歯科の数が多いといわれる昨今、経営側の金銭にからむ問題がいろいろあるのかもしれませんね。

今の時代ですと、メンテナンス主体で通って、めったに治療はせず、するときは、自費でやってもらう、というのが本当はいいのかもしれませんね。

材質も、本当は金が信頼できるのですが、銀歯と金歯が口の中にあったら、大丈夫なのか?など、問題がありますし、
じゃあセラミックはというと、セラミックを奥歯に使ったら割れやすいし、
かといって、銀歯でやってもらうと、保険治療のクオリティーの問題もありますし、なかなか難しいですね。

歯科は、医療と、美容室のような商売と、融合しているような所があり、いいところを探すのが難しく感じます・・・。
No.676 - 2017/04/12(Wed) 12:18:09
(No Subject) / 高橋
本山様のサイトのファンです。特に松果体に関してのページはコピペして再読したりしています。

さて、つい先日、水道法改正が閣議決定しました。仮に水道インフラが民営化されたら、水道水へのフッ素入りはほぼ確実と思われます。本山様はどう対処される予定ですか?(蒸留水器でフッ素除去は難しいような気もします。)
No.662 - 2017/03/26(Sun) 12:07:47
Re: / 本山 [関東]
 高橋さん、こんばんは。

 私は、「ディディミ」で精製された蒸留水を今でも飲んでいますが、それは松果体がフッ素やカルシウムに汚染されるのを防ぐためというのが一番の理由です。
 と言いつつ、私は「ディディミ」によって、フッ素やカルシウムがどれほど除去されているかという科学的なデータを持っていません。
 それゆえ、高橋さんの、

 「蒸留水器でフッ素除去は難しいような気もします」

 との発言に、とても関心があります。

 「蒸留水器でフッ素除去は難しい」と仰るからには何か理由があると思いますので、ぜひその理由を教えていただけないかと思います。

 よろしくお願いします。
No.663 - 2017/03/26(Sun) 23:35:15
Re: / 高橋
ご返信ありがとうございます。

>「蒸留水器でフッ素除去は難しいような気もします」との発言に、とても関心があります。

わかりました。長文になります。ご勘弁を。(ちなみに私は水や化学物質などの専門家ではありません。)

フッ素に関してのサイトは色々あるのですが、その中の一つ。
http://www.geocities.jp/m_kato_clinic/flu-basic-01.html

以下、このページ内からの抜粋。

「フッ素とフッ化物とはどんな化学物質なのかについて、高校生が使う化学の参考書や化学辞典には以下のように書いてあります。フッ化物は水道水に添加する場合は0.8ppm 、洗口の場合には230ppm、歯面塗布に用いる場合は 9,000ppm です。水道水フッ素化の場合、フッ化物は非常に低い濃度なので、毒性は低くなる訳ですが、それでもその危険性は濃厚な状態でどんな化学的な性質があるのか、そういうところからまず考えなくてはなりません。(中略)水道水に添加されるのはフッ化化合物(フッ化物、Fluorides)です。そこでそのフッ化化合物の最も基本的なものであるフッ化水素とフッ化ナトリウムについて調べてみました。(中略)無色揮発性の液体で19.4℃で沸騰し、刺激臭ある気体となる。蒸気は猛毒である。」引用以上。

このページでは、フッ化物、Fluoridesは「揮発性」と明記しています。不揮発性なら沸騰させても蒸発しないので除去はできるでしょうが、揮発性となると蒸留水器で除去するのは難しいのでは、と考えてしまいます。

ただ、どこかのサイトで「フッ素は不揮発性」との一文を目にしたことがあります。もしフッ素が不揮発性なら原理上、蒸留水器で除去が可能ですよね。「どっちなんだ?」という感じです(笑)。

ということで、蒸留水器で除去が可能かどうかは今のところ私にはわかりません。断言できません。ただ直感的に「難しいのでは?」と思っただけです。単純な蒸留システムでこのメンドくさいものが除去できるのかな、と。

他のサイトをいくつかチェックしたところ、水道水のフッ素を除去するには(蒸留水器ではなく)「イオン交換ろ過装置」か「逆浸透膜(Reverse-Osmosis Filter)を使った浄化装置」を推奨しているところが多いです。

イオン交換装置と逆浸透装置(RO水)の違いですが、「イオン交換装置は交換塔というたてに細長い円筒の中にイオン交換樹脂(レジン)を詰め、その中を水を通し、水中のイオン(カルシウムとか)をレジンに吸着させて脱イオン水を得る装置です。吸着したイオンは酸やアルカリを通し、溶離させレジンを再生します。古くなって吸着力の低下したレジンは交換することができます。RO水はRO膜という逆浸透膜を高圧で水を通過させることで、水中のイオンを除去する装置から得た水です」との説明をネットで見かけました。つまり除去の方法が違うだけで、どちらもイオン状態から除去できるということみたいです。アメリカやカナダで水道水のフッ素除去といえば、後者の逆浸透膜装置が主流のような印象を受けました。逆浸透膜装置なら90%以上の確率でフッ素除去が可能らしいです。

問題は、、、値段ですね。はっきり言って高いです。
例えばここは30万円以上します。
http://nmt.or.jp/cvlp/
さらに排水量が多いので水道代がかさみそうな感じです。


ただ民営化の方向へジワジワ進んではいますが、決定事項ではありません。自治体によります。例えば大阪市ではめでたく、水道民営化プランが廃案の見通しらしいです。自分も今、情報を集めたりしながら様子を見ている感じです。現状では日本の水道水にフッ素はまだ混入されていないので(建前上、ですが)、蒸留水器で十分だと思います。

また、蒸留水器によるフッ素除去の可能性に関して、本山さんのほうになにか情報がありましたら自分も知りたいです。蒸留水器で除去できればそれが一番なので。
No.664 - 2017/03/27(Mon) 20:12:57
Re: / 本山 [関東]
 高橋さん、こんにちは。

 いろいろ勉強になりました。
 有難うございます。

 フッ化水素とフッ化ナトリウムの沸点が19.4℃であれば、(理屈上は)沸点が100℃の水に溶けているものは、煮沸する初期の段階で蒸発することになります。
 だとすると、フッ化物の場合は蒸留水生成器を使うまでもなく、煮沸するだけでフッ化物は飛んでしまうことになります。
 でもその際は、蒸気は猛毒ということなので、(蒸留水器も含めて)煮沸する際は換気が重要になっていると思われます。
 ちなみにフッ化物の融点は一様に低いようなので、よく使われている鍋のフッ素コーティングはやはり怪しい気がします。
 微量づつ溶け出し、体内に蓄積されている可能性は高い気がします。

 日本の場合(建前上は)水道水にフッ化物を(意図的に)混入していないということなので、フッ化物に関する限り、それほど神経質になる必要はないのかもしれません。
 自然界に溶け込んでいる微量のフッ化物の量であれば、問題ないと思われます。
 アメリカの場合は、意図的に水道水にフッ化物が混入されている(それでも1割ぐらいらしい)ので、人々のフッ化物に対する意識が高いのでしょうね。
 逆浸透膜装置なら90%以上除去する実績があるとのことですが、さすがに30万円となると私も考え込んでしまいます。

 蒸留水器のカタログを見ても、フッ化物の除去率などは書いてありませんでした。
 どの程度、除去できているのか、フッ化物に限らず他の物質も含めてデータがほしいところです。
No.665 - 2017/03/28(Tue) 17:48:55
Re: / 高橋
こだわりすぎて、それが執着になって、逆に意識進化の妨げになってしまったら本末転倒だし、ま、ほどほどに(笑)気をつけながら頑張っていきます。ただこの水道民営化と種子法廃止の流れは嫌〜な予感がします。長々と失礼しました。それでは。
No.666 - 2017/03/28(Tue) 20:38:01
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS