114107

掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
skywalker様の過去ログに関して / 寿(こと)
skywalker様、本山様、皆様
ことと申します。本年も宜しくお願い申し上げます

今回skywalker様もに1点お伺いしたいことがあります
私はskywalker様の投稿がためになるので、コピペしてPCに保管していたのですが、PCがクラッシュしてしまい見られなくなってしまいました

何処かに、過去投稿をまとめてみることが出来るサイトなどは在りますでしょうか?(HPではなくても、紙ベースでも結構です)

本山様にお伺いしましたところ、こちらの掲示板は50件以上の投稿は自動的に削除されてしまうそうです
No.1481 - 2024/01/11(Thu) 15:27:49
Re: internet archive / 椿
寿さんこんばんは。椿です。

(URL)https://web.archive.org/web/20230501000000*/http://www1.rocketbbs.com/412/motoyama.html

(短縮URL)
https://x.gd/P2i8j

調べたところ上記インターネットアーカイブに保存されていました。カレンダー表示の水色マークがある日付からその当時の書き込みが参照できます。
No.1482 - 2024/01/11(Thu) 17:50:24
Re: skywalker様の過去ログに関して / skywalker
寿さん、こんにちは。skywalkerです。

私の投稿をためになると書いてくれてうれしく思います。

椿さん、こんにちは。
アーカイブを教えてくれてありがとうございました。
ネット情報に詳しい人がいるとありがたいです。

ここからは、私はすでにわかっていることなのですが、わかりやすいように質問者になっています

--------ここからマスターに話してもらいます

ここの掲示板は居心地がよい

〇どういう点で居心地がよいのですか

ほどほどにスピリチュアルの人が多く、書いたことがしばらくすると消えてしまうことだ

アーカイブがあるのは驚いたが、そこまでして知りたい人にはとても有益な情報だろう

〇どうして消えてしまうのがよいのでしょうか

人生の秘密で大事なことは、

人生の計画はハイヤーセルフが作る

顕在意識はその計画を知らない

と言う点だ

しかも、顕在意識は前世の記憶がないことが多く、ほとんどの人は人生はこれ1回きりだと感じてしまう

だから、みんな顕在意識で必死に生きる

だから、人生がとてもおもしろい

こういう人生の秘密が広く知られれば、人生の楽しみが半減したり、誤解する人が出てくる

だから、ほどほどでこういう情報は消えてしまう方がよい

人生の秘密を知りたいと願う魂はたまたまこの情報に出会うし、忘れないだろう

たまたまとか、偶然と言うのが実は、、、

〇どうして顕在意識は計画を知らないのでしょうか

ネタバレはおもしろくないからね

成功するとわかりきっているより、スリルを感じて成功した方が楽しい

悲惨な人生なら、誰が生まれてこようと思うかね

しかし、生まれ変わりを繰り返す中では、悲惨な体験は何度も味わう

そういう体験があるから、人生を深く味わうことができる

だから、ハイヤーセルフは過酷な人生も喜んで計画する

〇悲惨な人生だなんて、誰でも嫌ですよね

そうだ

だけど、映画やドラマ、アニメ、小説など、悲惨な人生の話もたくさんある

戦争はもちろん、殺人や詐欺、犯罪の話、滅亡の話、、、

恋愛にしても、成功談より、悲哀な話、失恋、不倫、離婚など、悲惨な話もたくさんある

ヒトは悲惨な体験が好きなんだとわかる

ハイヤーセルフは何度も人生を繰り返す

ということは、実際にそういう悲惨な体験をしたいと思うのは当然だろう

〇はあ、、、実際に悲惨な人生の人はハイヤーセルフのバカ野郎と言いたくなるでしょうね

それでよい

ハイヤーセルフが悲惨な人生に飽きるか、もう十分だと感じたら、そんな計画はもう立てない

〇あなたも過去生でそういう悲惨な体験をしたのですか

もちろんだ

それこそ何度も悲惨な思いをした

そして、心の底から、どうして人生はこんなに辛いのだと思った

心の底から人生の秘密を知りたいと思った

マスターへの道が始まったのはそこからだ

ラッキーチャチャチャの人生を繰り返して、人生はなぜこうラッキーなのだと追及してマスターになった人はいない

みんながマスターになれだなんて言っていないよ

私の場合はそうだったと言っているだけだ

〇自分の人生の計画を知る方法はあるのでしょうか

生まれた境遇、家族、性別、才能、身体能力、出会い、、、

自分の好きなこと、嫌悪すること、、、

これまでどういうタイプの人と会うことが多く、自分がどういう対応をしてきたか、、、

これらはすべてハイヤーセルフが設定している

そうやって、自分を他人を見るように俯瞰してみることだ

〇計画に抗うことはできるのでしょうか

抗ったとしたら、抗うことが計画だったということ

何度も言っているように、なぜ抗うように思ったかということだ

ふと思った、突然思った、理屈で考えてそう思った、たまたま思った、、、

これらはすべてハイヤーセルフの仕業だよ

〇寿さんに何か言うことはありますか

寿さんに限らず、質問があれば書いてみればよい

必ず返事はしないけど、話せる内容なら、skywalkerを通して話す

まあ、頑張れ、、、
No.1484 - 2024/01/15(Mon) 11:24:26
(No Subject) / skywalker
本山さん、みなさん、新年おめでとうございます。skywalkerです。

大地震とか飛行機事故とか新年早々たいへんな状態ですが、マスターからの話を投稿します。

ここからです。

----------

〇去年書いたことを思い出して整理しました

〇自分で投稿してよかったなと思ったのは、魂の発達段階ということを書いたことです

ヒトは大人になるまでに様々な体験をして見識が深まる

魂も同じように変化するわけではないが、自分中心から広い見方に変化していくという点で同じだ

〇無償の愛を貫く=無償で感謝されることをする人は、
神様や天使にお願いするのじゃなく、
神様や天使に感謝の念を送っているんじゃないでしょうか

そうだよ
そのメッセージをお前に送ったのだ

〇ここでもっと話してください

神様に多くの人が願い事をしている
神様はうんざりしているとは言わないが、いつも通りの状態だ

もちろん、ヒトとしてそれでいいんだよ
何も問題はない

ところが、神様に感謝の念をひたすら送る人もいる
その人は神様にこうして欲しいではなく、感謝だけなのだ

感謝の念は神様に伝わる

人に感謝の念が送られると天使が現れるように、神様に感謝の念が送られると、神様が思う天使として表現される

神様はうれしい
誰が送ってきたのか当然わかる

神様が会いたいと思うのはこういう人だろうね

〇大金持ちになって、幸福感で神様ありがとうございますと思う人でしょうか

もちろんそういう人もいる

とにかく、神様に感謝の念を送れば神様は感知する

でも、大金持ちになって感謝する人は、一時的にそういう感情になるだけのことが多い

継続性がないから、神様も、よかったね、で終わる

大金持ちになった理由が他者から搾取して、他者を苦しめていたなら、その怨念が伝わるから神様は忌み嫌う

〇神様はそういう搾取や苦しみも容認しているのではないでしょうか

そうだ

ヒトの世界どころか、動物の世界は殺し合いの世界だ

その世界を作り出したのは神様

神様はその世界を味わっている

殺される悲しみ、獲物を得た喜びを味わっている

当然、搾取された恨みや搾取した喜びも味わっている

〇神様は何とひどいことをするのだと思う人もいるでしょうね

助け合いの心がどうやって生まれるのか考えてみたらよい

殺し合いの世界だから、助け合いの心も生まれるし、友情や愛情も生まれる

同時に愛する人を失う悲しみも味わえる

あの世では味わえない世界なのだ

神様はありとあらゆる感情、存在を味わっている

〇なるほど、、、

なかなか味わえないのが、感謝の念だ

当たり前と言う気持ちがあると感謝の念は生じない

神様にお願いするのではなく、神様に感謝するのだから、神様はとても喜ぶ

その感謝の念を心から味わいたいと思う

ところが、送った本人は自覚していなくても、大金持ちになった理由に搾取が入っていれば、その感謝の念に怨みがまとわりついてくる

神様は純粋な感謝の念を味わいたいのだ

だから、こういう怨念付きの感謝の念を忌み嫌う

〇継続的に感謝する人というのはどういう人でしょうか

自分がお金持ちになったからとか、結婚できたからとか、そういう一時的な感謝でない

前に言ったように、感謝するしかないということを悟った人だ

その人は常に神様に感謝の念を送る

〇具体的に教えてください

一つの命を救うことは一つ以上の命を奪うことだということを理解している

悲しい感じがするけど、これが現世の真実なのだ

自分ができることは感謝するしかないと自覚している

だから、とても慎み深い

感謝するしかないと思い、すべてに感謝していると、自然に神様への感謝の念が出てくる

どんな状況でも本当の自分=魂は輝いていることを自覚している

自分だけでなく、すべての存在、魂は輝いていることをわかっている

だから、神様にお願いすることはない

自分がどういう境遇、現状でもそれを味わい神様に感謝している

〇そういう人は実際いるのでしょうか

いるよ

そういう人は神様と会える世界に行く

もちろん、ヒトの世界から離れる

生まれ変わりを含めたヒトの世界から離れて違う世界に行く

ヒトの感情、楽しみを終えたのだ

〇あなた(マスター)は違うのですか

私はヒトの世界がおもしろい

違う世界に行く気はまだない

だから、そういう感覚になればヒトの世界を終えるということはわかっているが、終える気はない

ちなみに、現世の物質世界が、神様と会える世界やあの世とかより劣っているということもない

どの世界も貴重ですばらしく、尊い世界だ

例えば、水を見てみればよい

氷の世界がすばらしくて水の世界が劣っているということはない

氷も水も水蒸気も超臨界も状態が違うだけですべて尊くすばらしい世界だ

〇ここしばらく、異次元の世界に行くという話が一部で流行っていますが、、、

命を終えると、あの世と言う異次元の世界に行けるよ

あの世では、あなたの現世の行いに応じて地獄も天国も表現される

このことは何度も言っただろう?

天国を味わいたかったら、感謝されることをすることだ

難しい話じゃないだろう?

想念の世界なんだから、感謝されたら天国が表現される

恨まれたら地獄が表現される

簡単なことだ
No.1480 - 2024/01/05(Fri) 14:36:53
情報の真偽 / 椿
皆さまこんばんは。椿です。
ふと感じた私の意見を書いておきます。

新コロナの騒動では、死に至るウイルスを恐れるあまり多くの人が治験前のワクチンに飛びつきました。実際に被害はあったものの、冷静に真偽を問うことが必要だったと思います。

続いて、202x年に大災害があるという複数の予言があった場合、その情報は捏造されたものかすぐに判断できません。もしかすると同じ失敗を何度も繰り返しているのではないでしょうか。

メディアが放送すること、政府が発表すること、書籍の内容、最新の論文、学者の発言、サイキックの言葉。それらはきっかけにしか過ぎず、発言にはその人の願望が根底にあります。

この場にそぐわない発言なのかもしれませんが・・・それでも真偽を問う精神を持つことはこの世に生きる人間の仕事です。何者かが肩代わりしてくれるものではないでしょう。
No.1479 - 2023/12/08(Fri) 20:52:06
(No Subject) / skywalker
本山さん、みなさんこんばんは。skywalkerです。

本山さんが、感謝の言葉を話すことの大事さを
『今日、誰のために生きる?』(ひすいこたろう×SHOGEN著、廣済堂出版)
という本で紹介してくれました

感謝について、マスターからメッセージがあったので伝えます。

今朝メッセージの追加がありましたので加筆します。

この話は自分にとって現世でよいことが起こるという話ではありません。

人生の真実を知って、人生の意味を知りたいと願う人のために、マスターが話してくれました。

---------

〇感謝について話してください

前回、感謝されると天使に会えるという話をしたね

寝て見る夢は想念の世界だ

同じように、あの世も想念の世界だ

だから、感謝されたら、その感謝の念があなたに天使となって表れる

〇今回本山さんが紹介してくれた本の内容は、感謝の行動が人生を変えてくれるという話でした

実際、そうだと思うよ

でも実際にやってみると、それで人生が好転する人もいれば、変わりない人もいる
それが真実だ

だけど、掲示板に書くことを前提に話せば、

感謝するしかできないのだよ

うまくいかなくても、腐らず、愚鈍に感謝するしかない
それができたら、、、

〇どういうことでしょうか

現世をきちんと見るとそうなる

感謝が一番大事というより、感謝するしかどうしようもできないのだ

〇具体的にお願いします

現世の実相を見てみよう

食べることは生物を亡きものにする
その命をいただいて生きることができる

あなたが食べた鶏肉は少し前まで生きていたのだ
豚肉も牛肉も同じように少し前まで生きていた

その様子を観察してみればよい

健康で成長する喜びを味わい、生き生きしていたのだ

命が終わる時は恐怖に怯え、悲しむ

そうやって、あなたが食べる

かわいそうだ
だけど、おいしい、、、

ベジタリアンはそのことが辛くて、動物を食べることを拒否するが、植物だって生きている

植物も壮絶な戦いをして生き残っている

花が咲き、実をつけることがどれだけうれしくて楽しいことなのか

生き生きとした植物の様子を観察してみれば、ヒトとしての意識と離れていても、その喜びを察することができる

その実を食べる
葉を食べる

動物よりは罪の意識が薄くなっても、命をいただいていることには変わりがない

食べられる相手の意識を感じれば、すまないという気にしかならない

あなたができることは、感謝することだけ

〇辛い現実ですね、、、
この世こそが地獄だという見方もあります、、、

同時に、社会を見てみればよい

道路はどうやってできた?
どれだけ多くの人がどれだけかかわったのか

家はどうやってできた?
服はどうやってできた?
水道はどうやってできた?
暖房はどうやってできた?
電気はどうやってできた?

あなたができることは、感謝することだけ

あなたが成長するために、どれだけたくさんの人が助けてくれたのだろう

親や友達、つながりのできた人、見知らぬ人、、、どれだけ助けてくれたのか

不平不満を抱くことは簡単だ
自分がいかに恵まれているかわからないだけだ
99.999%以上、あなたは恵まれている

もう少し見方を広げてみよう

太陽があるのは?
山があるのは?
海があるのは?
青空、雲、雨があるのは?

あなたができることは、感謝することだけ

空気があるのは?
重力があるのは?
空間があるのは?

あなたができることは、感謝することだけ

〇このことは、ずーと前から時々聞いています、、、

自分の身体も見てみよう

あなたを生かそうと、いつも血が流れている
内臓も休まず働く
手や足も動く
目も見える
耳も聞こえる
味も匂いもわかる

当たり前じゃないよ

そのしくみがどれだけ複雑で正確に動いているのか考えてみればよい

あなたを生かそうとあなたの身体は一生懸命だ

あなたができることは、感謝することだけ

〇本当にその通りです、、、
当たり前だと思っていることが、いかに奇跡の連続なのか、、、

この話に反発を感じる人もいるだろう
生きるための前提でしょう?ってね
それでよい
生きている証拠だ

この世は感謝しなくても生きていけるようになっている

感謝をせず、他の命をおいしく食べて、自分は優れていると自己満足し、おごり高ぶって生きることも正解だ

それでもあえて言おう

この世はあなたを支える愛に満ちている
あなたは多くのものに助けられている

あなたができることは感謝しかない

このしくみを作ったのは神様だ
神様ありがとうございますと言ってみよう

これが人生の真実だ
No.1478 - 2023/12/04(Mon) 20:10:13
ファティマ第3の予言と2025年7月について / poppy
本山様、ご無沙汰しています。poppyです。

私はファティマ第3の予言を追っていて、
旧2ch(現在の5ch)のスレに奇妙な事実を見つけました。
それによると、コロナは宇宙人が画策していたと予言されていたようなのです。

以下の5ch、ニュース板、芸能音楽速報の
【映画】ファティマ第三の予言が明らかになった!!【SPEC】
https://kizuna.5ch.net/test/read.cgi/musicnews/1482133503/
を参照ください。

---------------(以下抜粋)-----------------------------

61 名前:金星人(庭)[] 投稿日:2017/01/13(金) 07:39:09.66 ID:qouqUSYa [1/3]

前編

1917年5月13日にファティマの奇跡が起きたとされる。
最初のコンタクトから1ヶ月感覚で事は起きる。
そう今年は丁度今から100年前の事です。ですから今年5月から10月の13日は
ファティマの奇跡再来と噂があります。

予言は俗に
1個目 第一次世界大戦 2個目 第二次世界大戦 3個目 ・・・第三次?
と何となく思いますよね。
時のローマ法王は失神した程の内容にしては、第三次はインパクト薄いですよね。

ではルチアの遺言の一部
コピペで申し訳ないですが・・・・
「 闇の存在がありバチカンを見ている。
闇の勢力が拡大し様々な災害や戦争を起こし
宇宙人とも連携を取り世界を征服しようとします。
金と権力を使い全て操りウィルスを撒き製薬会社で資金を巻き上げる。
その中心は宇宙人で人々は巧妙な手口で騙されています。
世界は混沌とし戦争が怒り大勢の人が亡くなります。
しかし闇の勢力は人間と宇宙の良い存在によって滅ぼされ
人が愛と団結の力で他の異星人が波長が合う事で
やがて闇の勢力は滅ぼされるでしょう。」
2005年ルチアはこの世を去りました。

気になるのは闇の勢力と宇宙人そして戦争
 
ここで私は言い切りますが2017年、今年第三次世界大戦は起きません。
厳密に言えばまだ先です。

今年は米大統領就任、中国、オランダ、香港、フランス、イラン、ドイツ、韓国
等選挙が多く争いの火種を感じます。
 

62 名前:金星人(庭)[] 投稿日:2017/01/13(金) 07:40:58.40 ID:qouqUSYa [2/3]
後編
 
当時世界大戦1.2時に」様々な国の政治で右派左派の争いが国内紛争になり
それが世界に飛び火してしまいました。
 
そして闇の勢力が                      
・グローバリズム ・国際金融機関 ・共産主義 ・移民促進
を使いあらゆる手で金融支配をして世界統一を狙っています。
『グローバル国家』の例として
ソ連(現ロシアとは別物)・中国・EU(欧州連合)・アメリカ
・ISIS(グローバルの最終形態)・ナチスドイツ
そしてニビル星のエンキ。エア・エンキです。
龍族のエンキの流れを持つフリーメ◯ソン、イル◯ナティ、偽ユ◯ヤ人によるユ◯ヤ金融です

エンリルとイナンナ。
両者は反エンキ派です。
エンキは半獣でレプタリアン族です。
八咫烏やライオン(獅子)を祀っている国がどこかわかりますね?
 
そしてイナンナ。
金星からやってきた?と言われてます。謎の多い女性です。
イナンナはイシュタールとも呼ばれ女神でありイシターだという説も。
そう自由の女神のモチーフです。
彼女も半獣ですがエンリル(エンキの間違いか?)とは違う種のようです。
女神イナンナ・イシュタールはローブの様に全身を包む程の翼な持っています。 

そう
女神イナンナはファティマに現れた異星人・マリアです。
ファティの空に現れた女神はとても不思議な格好をしていたので後に記憶を元に
ルチアが絵に描いて残したそうです。
それが
ttp://blog.spiritualparadigm.org/consciousness/the-first-ufo-sighting-of-the-20th-century/attachment/fatimaaparicao/
 
そうイナンナ・マリアは闇の勢力による第三次世界大戦の火種の画策を憂慮し伝えております。
第三次世界大戦によってカトリック派は激減し
多数派であったキリスト教は少数派になるでしょうと。
そして法王という御位は消えてしまう可能性があるという事です。
 
3人との遭遇は偶然かもしれません。
ファティマの地がなぜ選ばれたのかも疑問ですが、
当時欧州は荒れており、唯一ポルトガルは政治不安やイギリスの介入もあり
戦争とはかかわらず中立を保ち強国スペインとも強調し我慢・節制をして乗り越えた経緯があり
ナチスから避けれたカトリック国の一つでした。


63 名前:金星人(庭)[] 投稿日:2017/01/13(金) 07:41:31.11 ID:qouqUSYa [3/3]
最後に
 
皆さん
愛と協調、我慢と団結、節操と謙遜を忘れずに乗り越えましょう。
予言なんて辛い現実にどう立ち向かうかそんなものでしかありません。
そしてどうか皆さんに取って良い年でありますように。

-------------------------------------------------------------

61に見られるようにコロナの3年前にコロナパンデミックを予言しています。
正確にはルチアの遺言とのことですが、これは探しても見付かりませんでした。
(※コロナパンデミックは2020年3月から)

更にファティマ第3の予言について内容が描かれ、


---------------(以下抜粋)-----------------------------

489 名前:読者の声(やわらか銀行)[] 投稿日:2019/09/25(水) 07:36:45.08 ID:W5enwkep [2/2]
ファティマの予言の第三の部分の内容

この記事によれば、ヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿は西暦2000年、
「第3の予言はヨハネ・パウロ2世の暗殺を予言していた」と公表し、
直接マリア様に予言を聞いたルチア女史は、「第3の予言は喜ばしい知らせです。
世界の終わりを告げたものでありません」と親戚関係者に漏らしたそうだ。

ネットでファティマの予言の第三の部分について検索しても、詳しい内容が出てこないが、
青山圭秀氏が2000年に書いた小説「最後の奇跡」には、
作品内でドイツの新聞が外交筋から入手したものとして掲載した内容が掲載されている。
パウロ六世が1963年に予言の内容を主要国の首脳に送ったとも書かれているので、
予言の内容が外交筋から漏れることはありうる。

※ドイツの新聞に掲載されていたという内容も、
パウロ六世が第三の予言の内容を各国の首脳に送ったという事柄も小説のための作り話であるなら、
以下の引用はただの創作という事になってしまうが、
著者あとがきには「ここに用いた仙台の聖母出現は架空であるが、ルルド、ファティマ、秋田等、
主要な御出現とそこにおける奇跡、メッセージの内容は、
実際に報告されているものを用いた」とあるので、第三の予言とされる部分も、
青山氏がどこかで手に入れたものではないかと考える。

以下、文庫本の266ページ引用。
https://kininarukabu.com/archives/17071


---------------(以下抜粋)-----------------------------

● ファティマの予言の第三の部分の内容
https://kininarukabu.com/archives/17071


ファティマの予言の第三の部分の内容

2019/3/29 2019/4/10 6.霊性・聖性・オカルト

1917年、ポルトガルのファティマに聖母が出現されて、三人の牧童に予言を伝えた。
予言のうち第三の部分はあまりにも内容が恐ろしいためかバチカンが非公開にしてきた。

その間の経緯を長谷川良氏がブログに簡潔にまとめている。

参考記事:100年目迎える「ファティマの予言」

この記事によれば、ヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿は西暦2000年、
「第3の予言はヨハネ・パウロ2世の暗殺を予言していた」と公表し、
直接マリア様に予言を聞いたルチア女史は、「第3の予言は喜ばしい知らせです。
世界の終わりを告げたものでありません」と親戚関係者に漏らしたそうだ。

ネットでファティマの予言の第三の部分について検索しても、詳しい内容が出てこないが、
青山圭秀氏が2000年に書いた小説「最後の奇跡」には、
作品内でドイツの新聞が外交筋から入手したものとして掲載した内容が掲載されている。
パウロ六世が1963年に予言の内容を主要国の首脳に送ったとも書かれているので、
予言の内容が外交筋から漏れることはありうる。

※ドイツの新聞に掲載されていたという内容も、
パウロ六世が第三の予言の内容を各国の首脳に送ったという事柄も小説のための作り話であるなら、
以下の引用はただの創作という事になってしまうが、
著者あとがきには「ここに用いた仙台の聖母出現は架空であるが、ルルド、ファティマ、秋田等、
主要な御出現とそこにおける奇跡、メッセージの内容は、実際に報告されているものを用いた」
とあるので、第三の予言とされる部分も、青山氏がどこかで手に入れたものではないかと考える。

▲ 以下、文庫本の266ページ引用。

『愛しいわたしの娘よ、心配はいりません。
神の母であるわたしは、わたしの名において世界が次のことを知るよう、願っているのです。
それにより、あなたは激しい敵意を買うことになるでしょう。
でも、これからわたしの言うことに耳を傾け、深く心にとどめなさい。

人類は、善良にならなければいけません。
これまでに犯してきた、そして今も犯し続ける罪の許しを、願わなければならないのです』

『さあ、いよいよわたしの名において、はっきり宣言するのです。

すべての人類の上に、大いなる罰が降りかかるでしょう。
このことは、すでにラ・サレットで二人の子供を通じて告げましたが、
今、あなたの前で繰り返します』

『人類は、神が期待されたようには進化しませんでした。
御父に対する冒涜の態度をとりつづけ、今もなお、その恵みをないがしろにしています。

秩序の支配する場はどこにも見当たらず、悪魔(サタン)は国家の首脳さえ支配し、
世界の行末を決定しています。
サタンは実際、教会の最高位にまで首尾よく迎えられることでしょう。

サタンは偉大な科学者らをそそのかし、人類の大半を数分で滅ぼす兵器を開発させます。
権力者を影響下におき、それを大量生産するように仕向けます。
もし人類が拒否しないのであれば、
わたしは、御子の怒りの腕を振り下ろさせないわけにはいきません。
世界や教会の指導者たちがこの動きを阻止しないのであれば、
その仕事はわたしが引き受けることになります。
わたしは御父にお願いし、裁きが人類に下るがままにするでしょう。

そしてそのときは、よろしいですか、神はノアの大洪水よりも厳しく、
仮借なく人類を罰したもうのです。
偉大な者も力ある者も、とるに足らぬ者や弱い者と共に、非業の死を遂げるでしょう』

『教会にとっても、さらに厳しい試練の時がやって来ます。
枢機卿は枢機卿に、司教は司教に対立し、サタンが彼らの真ん中に座るでしょう。
ローマでも、大きな変化が次々と起こります。
腐った者は倒れ、倒れた者は二度と起き上がれません。
教会は暗黒に包まれ、世界中が突然、激しい恐怖に陥ります』

『そのとき、火と煙が天から降り注ぎ、海という海は水蒸気となって泡を吹き上げ、
立っているものすべてが崩れ落ちます。
何百万、何千万という人びとが死んでいき、
生き残った者は死んだ者をうらやむことになるでしょう。
地上は苦悩と悲惨に覆われ、国という国は荒廃するでしょう。

時はいよいよ迫り、地獄の淵は深まるばかりで、
陥ったが最後、二度と救われる道はありません。
善人は悪人とともに、大きい者は小さい者とともに、司教や枢機卿は信徒とともに、
支配者は民とともに死ぬのです。
サタンの手下や華々しい勝利を収めた「死」がいたるところで勢力をふるい、
彼らが世の支配者となってしまいます。

それは、地上のいかなる王も皇帝も、司教も枢機卿も、決して望まぬ時となるでしょう。
にもかかわらずその時は、御父の計画どおり、やって来ます』

『その後、すべてに耐えて生き残った人々がまだ生きのびているならば、
彼らは神とその栄光を褒め讃えます。
そして、かつて世界がそれほど堕落していなかったときのように、神に仕えるでしょう。

わたしは、わが子イエスに倣う人びと、真実なるキリスト教徒、
現代に生きる使徒らに呼びかけます。
もし人類が回心せず、この回心の動きが世の指導者と教会の指導者から起こらなければ、
時の中の時が、終わりの中の終わりがやって来ます。

不幸にして、もしこうした回心が起こらず、すべてが今のままであるとすれば、
いえそれどころかいっそう悪くなるとするならば、どんなことになるでしょうか。

わが娘よ、このことをはっきりと告げ知らせるのです。
そのような終末の時も、わたしは最後まであなたの傍にとどまり、あなたを助けてあげましょう』

この予言(?)の内容は、
ルチア女史の「第3の予言は喜ばしい知らせです。世界の終わりを告げたものでありません」
という発言と食い違うが、もし本物だとすれば、バチカンが予言を秘匿したがった理由が説明できる
(ルチア女史は、人々が心配しすぎないように表現を和らげた可能性もある)。

バチカンが隠匿したがった部分は、「サタンは実際、教会の最高位にまで首尾よく迎えられる」、
「枢機卿は枢機卿に、司教は司教に対立し、サタンが彼らの真ん中に座るでしょう。」の部分で、
信徒の離反やバチカンの権威の失墜を怖れたため公表しなかったのではないか。
あるいはこの予言を読んだバチカン幹部は、
当時、既に教会内部にサタンが忍び寄っているのを知っていたのではないか?

教会内部で性的虐待が多数行われてきたことが明るみに出ていることから、
教会にサタンが巣食っていたと判断してもおかしくないだろう。
英国カトリック教会のトップだったオブライエン枢機卿が性的虐待をしていたそうだし、
バチカン(ローマ法王庁)で3番目の地位にあるジョージ・ペル枢機卿は性犯罪で起訴された。
まさに「サタンが教会の最高位まで迎えられていた」と言えるだろう。

参考:カトリック教会の性的虐待事件(wikipedia)

参考:バチカンNo.3の「聖人」、性的虐待で起訴

参考:鬼畜なローマ法王、カトリック神父による2000件以上の幼児性虐待事件を庇い続ける

wikipediaによればこうした事柄が明らかになり始めたのは2002年以降であり、
2000年に小説を上梓した青山氏がニュースを読んで、予言の内容を創作したとは考えにくい。

予言の中の、「悪魔(サタン)は国家の首脳さえ支配し」の部分は様々な解釈が可能だろう。
不可解な戦争を行ってきたアメリカ政府がそうなのかもしれないし、
もっと他の政府首脳がそうなのかもしれない。

参考記事:世界で一番長いトンネル(Gotthard Tunnel)の完成はどのように祝われたか?

予言が示唆する第三次世界大戦的な描写、「火と煙が天から降り注ぎ、
海という海は水蒸気となって泡を吹き上げ、立っているものすべてが崩れ落ち」、
「何百万、何千万という人びとが死」ぬの部分は、回避されたのか、
それともまだ保留中の状態にあるのかわからないが、非キリスト教である我々も回心をし、
善行をこころがけるべきだろう。


菊谷泰明氏が紹介するファティマ第三の予言(追記)

菊谷泰明氏が著作「聖母マリアからのメッセージ」で、
2000年6月26日に教皇ヨハネ・パウロ二世が発表した第三の秘密(予言)を紹介している。

それをこちらに転載したい。

イエス、マリア、ヨセフ。

1917年7月13日に、ファティマのコーワ・ダ・イリアにおいて啓示された秘密の三番目。

レイリアの司教と聖母マリアを通して、私に命じられる神への従順として書き記します。

既に書いた二つの秘密に関する出来事の後、私は、聖母の左側の少し上の所に、
左手に燃え立つ剣を持った天使の姿を見ました。
その剣は光り輝き、あたかも世界に火が放たれるかのように炎を上げていました。
しかし、聖母が天使の方に右手を差し伸ばして発せられた光によって、
その炎は消えてしまいました。
すると、天使は右手を地上に向けて、大声で叫びました。
「悔い改め、悔い改め、悔い改め」。

その時、ものすごい光(それは神なのですが)の中に
(何か、人が鏡の前を通る時、その姿が鏡に映るのと同じような感じで)、
白い服をまとった一人の司教の姿が見えました。
(それは教皇のように感じられました)。
その他に何人もの司教や司祭、修道士や修道女達が険しい山を登っていました。
そして、その頂上には、樹皮の付いたコルクの木のような、
荒削りの丸太で作られた大きな十字架が立っていました。
教皇はそこにたどり着く前に、半ば廃墟と化した大きな町の中を通られました。
そして、そこで立ち止まって身震いされ、苦痛と悲しみに打ちひしがれておられましたが、
その通りすがりに出会う死者の魂のために祈られました。

教皇は山頂に到着して、大きな十字架のもとで跪かれました。
その時、兵士の一団が教皇に向けて発砲し、また矢を放ち、教皇は殺されました。
同じように、他の司教や司祭、また修道士や修道女、
そして様々な身分や立場にある多くの信徒達も次々に殺されていきました。
十字架の二つの腕の下には、二人の天使がいて、
それぞれが手に水晶の聖水入れを持っていました。
そして、その中に殉教者達の血を集め、神に向かって進んでいく魂達に、
それを振りかけていました。

トゥイにて 1944年1月3日

-------------------------------------------------------------


…そのとき、火と煙が天から降り注ぎ、海という海は水蒸気となって泡を吹き上げ、
立っているものすべてが崩れ落ちます。
何百万、何千万という人びとが死んでいき、
生き残った者は死んだ者をうらやむことになるでしょう。
地上は苦悩と悲惨に覆われ、国という国は荒廃するでしょう。…

このくだりは2025年7月5日土曜日の彗星(隕石)の衝突を意味するとは
思えないでしょうか?

参考までにお知らせしました。
No.1477 - 2023/11/30(Thu) 23:50:46
終焉のワルツ / tensho
共有情報です。
「詩的正義」と並んで「終焉のワルツ」という言葉を知りました。
今の状況を最も的確に表現している言葉だと思います。
江原啓之さんが述べた言葉のようです。
意味は、「終焉という崖が目の前にありながら、浮かれたようにワルツを踊っている、 ちぐはぐでどこか恐ろしい光景を思わせるワード」。
彼は、以下のようにチャネリングして講演会で述べたとのこと。
「今後、国民の3割を除いて、精神は錯乱し、病に踊り、血を吐く暮らしとなるでしょう。」

錯乱とはゾンビのことと思います。米国CDCがゾンビ対策マニュアルを作るくらいです。異常としか思えませんが、そういう計画ということでしょうか。
ゾンビタイプは9種類あるそうです。
これが的中率ほぼ100%のさくら予言の中で、まだ未公開のものなのかもしれません。勝手な想像ですが。不思議探偵社参照。
あまりにも衝撃的な内容ゆえに、まだ公開されていません。

何しろ、ど田舎なのに毎日救急車です。
隣近所で、続々病気で入院が始まっています。
今度はついに恐れていたレプリコンワクチンが日本登場で、日本民族削減でしょうか。
イメージ的には、アリの巣コロリですね。

それでも、今までは受動的削減です。
2024年の春からは、闇勢力が、ついに「能動的に」削減を開始するとのことです。以下の3ステップの順で。いよいよです。
仕込みの第1段階は終わったということでしょう。
1.小さなステップ
2.大きなステップ
3.壊滅的ステップ
詳しくはシノケンさんの動画を見て下さい。

これなら、
Deagel reportで2025年、日本人口2割減の予想は的中するかもしれません。

WHO条約をはじめ、この狂った世界を止めるには、もはや地球物理学的超弩級の大変動が起きないと無理ということでしょう。
かつてのアトランティスの第1、第2、第3崩壊ほどまでは、至らないと思いますが、
胎内記憶の子供達が言う、半減というのも十分あり得ると思います。
No.1476 - 2023/11/30(Thu) 19:53:57
2025年とホピ予言に関する小説について / エルディ [関東]
本山さんこんにちは

2025年7月5日の巨大津波に関連して、ホピ族の予言も2025年に緑色の彗星が現れ、その彗星が現れるとき、地球に大きな変化が起きると言われているとは驚きました。非常に多くの情報が2025年に向かっていて、やはり何か巨大なイベントが起こりそうですね。そこで少し調べてみました。

そのホピ族の予言には、『青い星が現れて、天界の居住施設が大音響とともに落下して地表に激突する時に、最後の儀式を終える』という言い伝えまであるそうです。

この天界の居住施設とは予言研究者の間では、国際宇宙ステーションのことだと言われています。そうだとすると2025年に青い星が現れて、国際宇宙ステーションが地上に落下したら、地球に巨大異変が起きると考えたほうがよさそうですね。

このことに関連して更に色々調べていたら、この地球に起きる巨大災害は、このままだと人類が地球を破壊してしまいそうになると、地球の安全を管理している管理人が地球をリセットして、地上の大部分の人間を消去して、原始生活からやり直しさせる仕組みになっているという話を小説にしている人がいることが判りました。その小説の中にもホピ族の予言が出てきます。

そして、この小説の中で、主人公がこの地球の管理人と話をする場面があって、以下のやり取りがあるのです。

『しばらくすると地球管理者が現れた。

「お久しぶりですね、地球はどうでしたか? お仲間はまだ地球に滞在中のようですが、おひとりでお帰りですか? おや、よく見るとまだ地球に肉体をお持ちですね……」

ご機嫌取りが得意な敏腕営業マンでもある地球管理者は、僕をとても陽気に迎えてくれた。

「あの、地球のリセットについて聞きたいのです」

「地球のリセットですか。もうまもなく起きますから慌てることはありませんよ。告知済みですからね」

「告知済み?」

「ええ、そうです。エントリーの際に規約を読まれましたでしょう? 地球の定期メンテナンス、または地球人が地球を破壊しかねないような状態になったら地球をリセットしますって。でも急にリセットしたら宇宙で迷子になっちゃうお客さんもいるんでね、リセットの直前に一部の人間にお知らせしてるんですよ。告知義務ってやつですよ。お客さんも知ってるはずですよ」

一部の人間とはヒメのような特殊な部類を指すのだろう。またはキリストや釈迦など、世界的に有名な救世主や予言者のことかもしれない。』

こんなことが書いてありましたが、読んで見たらなかなか面白かったので紹介しておきます。小説の題名は

「王の剣 〜最後の転生で君を星へ連れ帰る」

というもので、以下のサイトです。

https://sutekibungei.com/novels/b62048f2-243b-469a-8cc1-2d8670903ee4

この小説を書くきっかけは、自らを宇宙人の生まれ変わりという人からの情報がきっかけだったと、この小説を書いた人が言っています。
No.1475 - 2023/11/26(Sun) 17:38:57
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS