ゆうのレモンソング掲示板

楽しく語りましょう

GB映像の感想 / ryuyomo
ゆうさんのブレイク前にスレッドを変えました。(笑)くどいですが、zoso_ledzep4_yyさん感謝です。あれを見て感じた雑感です。本人は嫌がっている様な発言をしてましたが、やはりポールはかなり仕切っていましたね。ジョンやリンゴは年上なので「また始まった。」というように流してるようですが、年下のジョージには堪え切れなかったんでしょう。ただ、そういいつつも他のメンツも逆にポールを頼りにしてたんだなあ、という描写がかなりあって安心しました。またジョンの言葉に対する意識の高さにも驚きました。完成された歌詞に至る変遷はなかなか興味深いです。私のヒアリング能力では追いつけなくてほぼ字幕を追いかけてしまいましたけど。(笑)                                             ZEPの曲作りですが、ほぼ曲先なのでしょう、しかもキーはギターの開放弦である、EとAがとても多いです。王子が今となっては不平を言いたくなっても、と思いますが、当時はあのノートを出せたもの事実ですし・・・ねぇ。                                         ところでオクトパスガーデンではかなりジョージのヘルプがあった模様ですが、クレジットにジョージの名前はないです。またジョージの曲でポールがヘルプしてもいましたが、ノークレジットです、まあこちらはライターとしての契約の関係もあるんでしょう。ZEPはジョンジー軽視が目立つ(苦笑)ような気がします。レインソングもペイジ/プラント名義ですしね。逆にボンゾは優遇されていたのではないでしょうか。        そのような事を見ていて思いました、長文失礼しました。
No.833 - 2022/05/06(Fri) 01:35:00

Re: GB映像の感想 / ゆう
ryuyomoさん、スレ立てありがとうございます。

>やはりポールはかなり仕切っていましたね
そんな話を聞いたことがあります。
でも結局ポールが先に出ていっちゃったですね。
ジョージのソロ活動は凄く好きでした。独自の世界を打ち立てたような印象があります。

>ジョンジー軽視が目立つ
クレジットに入っていないというのは大きいですね。
その鬱憤がインスル〜で炸裂したかな?
No.835 - 2022/05/06(Fri) 05:15:52

Re: GB映像の感想 / zoso_ledzep4_yy
>私はてっきり、ジミーちゃんは王子の声を念頭に曲を書いていたのだろうと思っていました。

たしかにツアーが無い時、自宅で作曲する際は、3人のメンバーの演奏を念頭にデモを作っているって仰っておられましたが曲作りの面では、FABが歌える最強のソングライターのジョン&ポール(+ジョージ)でプロデューサーがジョージ・マーティンなのに対して、ZEPは曲作りのみならず、プロデュースもジミー・ペイジなのがどうしても“JPプロジェクト”に近いものとなってしまう傾向に成りがちでしょうか?

>レインソングもペイジ/プラント名義ですしね。逆にボンゾは優遇されていたのではないでしょうか。

ジミーの中では、クレジット条件はあくまで“作詞”“作曲(コード進行orリフ考案)”であってジョンジーがセッション時代から得意としていた“アレンジ”はどうやら対象外のようです。“Kashmir”や“Out on the Tiles”で“BONHAM-PAGE-PLANT”とクレジットされたのは、ボンゾが口ずさんだリフメロが採用された為であって、キーボードの無い楽曲で“JONES-PAGE-PLANT”とクレジットされたのは、“Celebration Day”“Black Dog”くらいではないでしょうか?!
・・・とは言え「“Achilles Last Stand”は8弦ベースを使っている。作曲クレジットはしてもらえなかったけど、僕のリフだ。(ジョンジー)」・・・と中々難しい立場におられますね?
また、一部?のブルース改作曲はメンバー全員でのクレジット(連帯責任?)というルールもあるようです。

>ポールはかなり仕切っていましたね。ジョンやリンゴは年上なので「また始まった。」というように流してるようですが、年下のジョージには堪え切れなかったんでしょう。

“ホッグ監督はジョンとポールの会話を秘密録音した!”
https://abbeyroad0310.hatenadiary.jp/entry/2022/03/25/220000#%EF%BC%94%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9

ジョージ脱退後、こちら↑で字起こしされたジョンとポールの会話の内容”を読んでみると・・・

“ジョンとポールがジョージにストレスをかけていた”
“ジョンは、ポールがレコーディングを一人が仕切っていることに、逆にポールは、ジョンが今までのようにリーダーシップを発揮しないことに互いの不満をぶつけた。”

・・・てことがよくわかりますね?

>でも結局ポールが先に出ていっちゃったですね。

“解散のきっかけを作ったのは僕じゃない。そうしたのは、われらがジョニーだ。”
“ビートルズ作品の権利を守るため自分が法廷で争わなければ、「ザ・ビートルズ・アンソロジー」や、ピーター・ジャクソン監督によるドキュメンタリー「ゲット・バック」などのアーカイブ・プロジェクトは実現しなかっただろう。”
https://www.bbc.com/japanese/58879480

ルーフトップコンサート終了後にメンバー全員ノリノリでプレイバックを試聴している様子を見る限りにおいて、この後、解散へ・・・なんてホント信じられません!これが仮に真実だとしても、一方が亡くなっていて反論できない中、もう一方の当事者の主張のみを聞くというのは公平性、客観性に欠けるし・・・アレン・クラインをポールが拒絶したのは間違いないですがメンバーの誰が解散への切っ掛けとなったのかは謎のままがいいかと?!

“オリジナル『レット・イット・ビー』”
https://drive.google.com/file/d/1Yc62Xqo-JO9esuhupK_s8PL8Dmz5XDk-/view?usp=sharing

今回のドキュメントでも解散への予兆を感じる部分はありましたけどジョージ復帰からルーフトップまでの間にバンドが再結束しており、このセッションでバンドが崩壊した!という定説が覆されたことがわかって嬉しいです。素材を撮(録)っててくれたマイケル・リンゼイ=ホッグ&グリン・ジョンズ、その素材を編集したピーター・ジャクソン及び全ての関係者に感謝です!
No.840 - 2022/05/07(Sat) 09:36:18

Re: GB映像の感想 / ryuyomo
>僕のリフだ。ペイジ=リフメイカーというイメージが強いので見過ごされがちですが、Black DogやHartbreakerはジョンジーのリフです。どうやら和音のリフはペイジ先生、単弦のリフの多くはジョンジーのモノ?と勝手に思ってます。ところでFab4でポールはかなり具体的な言葉でメンバーに指図(笑)してましたけどジョンにはそういうことはなくアドバイスも軽い感じでしたが、これもメンバーの自由を重んじるというより、楽曲を言葉にするのが苦手だったんでしょうね。色んな書籍にGマーテインにこうしたいという要望を伝えるのもポールは具体的、ジョンは抽象的という記述を裏付けるような映像そこかしこにあって妙に納得してしまいました。長く聴き続けると謎説きもできてうれしいです。
No.841 - 2022/05/07(Sat) 18:55:55

Re: GB映像の感想 / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>クレジット条件
ZEPといえばリフですし、クレジットの条件に入るだろうと思いますが
それはジョーンジーも不満に思うでしょうね。

>かなり具体的な言葉でメンバーに指図(笑)
その後のウィングスも、メンバーが抜けていきますよね。
若いメンバーは最初はレジェンドのアドバイスをありがたく聞いたでしょうが、だんだん耐えがたくなってきたのかもしれないですね。
No.842 - 2022/05/08(Sun) 05:15:30
'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
ポール・マッカートニー、今年の北米ツアーが4/28ワシントン州のスポケーンにて開始されました!
&list=RDaNbcwQIcSXA&start_radio=1
涙腺を誘う新たな演出には感極まってしまいます〜(泣)

6月22日〜26日、イギリスにて3年ぶりに開催される世界最大級の音楽フェス「Glastonbury Festival」にてポールは、25日のトリを務める最高齢(6/18で傘寿)での出演記録となります。
きっと秋には日本にも来てくれるものと信じております!(^^)!
No.821 - 2022/04/29(Fri) 23:02:22

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、情報ありがとうございます。

ポールもいよいよ始動ですね。ツアーは何かと体力気力がいると思いますが、さすがです。

I've Got A Feeling、感動的ですね。
こんな時だから、ジョンが恋しいです

Glastonbury Festivalの最高齢記録、素晴らしいです。
日本にもきっと来ていただけると思います。
大相撲を見ていただきたいです。
No.822 - 2022/04/30(Sat) 05:07:22

Re: 'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
>I've Got A Feeling、感動的ですね。

I've Got A Feelingの動画を差し替えました!
ジョンとポールがそれぞれ異なったメロディーでハモッている?部分なんて音楽理論上考えられないと思うのですがホント素晴らしい楽曲です!(全てが“lennon mccartney”名義となってはいますが後期では本当の意味での唯一の共作だったのかもしれません。)

>こんな時だから、ジョンが恋しいです

アンコールにてウクライナ国旗も登場しますがもし、ジョンが生きていたなら世界に対してどんなアピールをしていたことでしょうか?

https://blog.kouchu.info/2022/01/GetBack-DVD-Blu-ray.html

信じられない価格帯です。。。。入手可能ならば海外から取り寄せたほうがいいかも?!
No.823 - 2022/04/30(Sat) 08:34:37

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。

>本当の意味での唯一の共作
ファンにとっては本当に幸せな映像ですね。

>ジョンが生きていたなら世界に対してどんなアピールをしていたことでしょうか?
その事は、よく考えるのですが、彼も子どものために何年も家にいた人、戦場で起こっている事は、耐えがたいだろうなと思います。

>信じられない価格帯です
確かに。北米版はお求めやすいですが、これって日本語字幕は入らないですよね。
No.824 - 2022/05/01(Sun) 05:20:37

Re: 'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
> 北米版はお求めやすいですが、これって日本語字幕は入らないですよね。

“インフォでは日本語字幕ありと発表されていますが、実際は収録されていないので要注意です!”
http://lightnews.blog137.fc2.com/blog-entry-5750.html

私もインフォメーションだけを読んで書き込んでししまいました。

https://disneyplus.disney.co.jp/program/thebeatles.html

↑ディズニー+視聴時には字幕(フランス語, スペイン語, 日本語, 英語, ドイツ語と選択可能)が選べて視聴出来たのですが・・・誤った情報を失礼しました。m(_ _)m
No.825 - 2022/05/01(Sun) 07:07:52

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、訂正ありがとうございます。

私はインフォの日本語字幕ありを見落としていたのですが
あの値段で日本語字幕があれば、即買いでした。
インフォだけでなく、買った人のレビューを見た方が良いということですね。
これから気をつけます。
No.826 - 2022/05/02(Mon) 05:02:25

Re: 'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
“ポール・マッカートニー 『ザ・ビートルズ:Get Back』の映像を活用してジョン・レノンとデュエット ピーター・ジャクソン監督提案”
https://amass.jp/157193/

こうやってUSツアー初日の曲目順や演出がSNSを通じてネタバレ!ってのも、よくよく考えてみれば来日公演を楽しみにしているモノとして有難迷惑なような・・・

>・・・誤った情報を失礼しました。

・・・とは言ってはなんですが・・・ZEP狂熱のライブ完全版視聴時と同様に期間限定5/3.4.5にてコッソリ公開させて頂きます。(汗)

https://drive.google.com/drive/folders/1UtYCmLqVuUvThro71HsHT4w2RGIBFYxt?usp=sharing

3部作全8時間以上の長編ドキュメンタリーです!せっかくの3年ぶり!行動制限が求められないGW期間中で恐縮?でございますがお楽しみ下さいませ。

※日本語字幕付&DL可能(倫理上、前倒しでの削除もありえます。)
No.827 - 2022/05/03(Tue) 11:47:13

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、情報ありがとうございます。
ピーター・ジャクソン絡みのお話なのですね。
素晴らしい発想。さすがは監督です。
ポールはセットリストをあまり変えない人なのかな?
とりあえず、来日公演の予習が出来て良かったということで。
アンコールで6曲演るんだ、凄い

>コッソリ公開させて頂きます
またまた、ありがとうございます。
世の中、GWで盛り上がっていますが、慎重に考えている方もたくさんいらっしゃいます。まだ感染者数も多いですし。
DLも出来ますし、楽しませていただきます。
No.828 - 2022/05/04(Wed) 05:22:51

Re: 'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
> 世の中、GWで盛り上がっていますが、慎重に考えている方もたくさんいらっしゃいます。まだ感染者数も多いですし。楽しませていただきます。

有難うございます。動画紹介にあたっては最初は躊躇したのですが名曲が生まれる過程(メンバー全員、読譜&採譜力無し→摩訶不思議なコード進行から歌メロをスキャット→その場で歌詞を書き留め)やバンド運営の難しさや楽しさが至近距離で味わえる感覚となること間違いなし!の傑作ドキュメンタリーをこの掲示板に訪れる皆さんに是非観て頂きたいと思った次第です。
(予定通り、明日5日中のアップロードとさせて頂きますのでDLはお早めに!!)

https://www.shinko-music.co.jp/item/pid1651669/

発刊されてから、配信の影響で長らく在庫なしとなっておりましたが最近第三版として増刷されて今なら入手できます。(ドキュメントのパンフレット代わりにお勧めです。)
No.829 - 2022/05/04(Wed) 10:14:39

Re: 'GOT BACK' TOUR / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん ありがとうございました。この言葉しか書けません。最新ライブはズルいなあと見て思いました。ちょっとばかりヒネた親父の自分はどう突っ込んでいいものか(笑)と思ってましたが、アップして頂いた動画にはやられました。曲の生まれる瞬間や彼らのユーモアに笑ったり、泣いたりと・・・。混んでるのに出かけるのもなあ、と家にいた私も楽しい休みを過ごせました。       本当に感謝です。FAB4はZEPより先に聞いて好きなバンドなので感謝しかありません。          ZEPも同じような映像が残ってないんでしょうかねえ、贅沢と知りつつ見てみたい。
No.830 - 2022/05/04(Wed) 22:40:19

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>名曲が生まれる過程
こういう話好きです。
それと詞にまつわるエピソードも。
「ヘイ、ジュード」はジョンが最初に読んだとき、どう思ったのかな?とか、

>ZEPも同じような映像が残ってないんでしょうかねえ
レコーディングの様子は曲によってはインタビュー等では語られたりしているのですが、映像が残っていたらいいですよね
例えば「天国への階段」でなかなかOK出さないジミー。ちゃんにブチ切れたボンゾが怒りのパワーで演奏したら良かった、というエピソードも映像があったら嬉しいですが。
No.831 - 2022/05/05(Thu) 05:08:28

Re: 'GOT BACK' TOUR / zoso_ledzep4_yy
>FAB4はZEPより先に聞いて好きなバンド

私も洋楽体験は47年前の中2のビートルズからなんですよ〜         

“ビートルズ「ルーフトップ・コンサート」 当日偶然通りかかった人たちにはどのように聴こえていたのか?音源が話題に”
https://amass.jp/154919/

紹介済みの情報なんですが実際のルーフトップのSBD音源に被せられた自社ビル階下の通行人音声となります。

“『The Beatles: Get Back - The Rooftop Performance』のオーディオを新規リミックスした完全版 全曲公開”
https://amass.jp/154785/

こちらは映画やドキュメントと違って、自社ビル階下の通行人音声が一切ないルーフトップSBD完全版となります。

https://drive.google.com/drive/folders/1KG5LFO47qLdzclUrqPNOlAb17pNjJC3y?usp=sharing

CD形式のWAVファイルとモバイル向けのMP3ファイルの2形式がございます。
こちらも8Hドキュメントと合わせてライブラリーに保存頂ければ幸いです。(※5/8に削除します。)

>名曲が生まれる過程(メンバー全員、読譜&採譜力無し→摩訶不思議なコード進行から歌メロをスキャット→その場で歌詞を書き留め)

FABと違ってZEPの場合、ジミーのデモ楽曲(リフ断片)からジョンジー&ボンゾとのセッションでオケ作り→王子が歌詞&メロディ作り・・・となるのでFABのレコーディングと違ってきっと器楽的なレコーディングだったと思います。

“ツェッペリンの高音が特に難しいと感じていたのは、曲が自分の声域ではなくペイジの演奏に合わせて作られていたからだ”
https://amass.jp/153178/

・・・なんかZEPセッションを覗いてみたいような覗きたくないような・・・

でもFABみたいにセッションの合間にオールディーズを演奏するZEPはホント楽しそうですね?こんなセッションこそ是非映像付きで観てみたいものです!(^^)!
No.832 - 2022/05/05(Thu) 16:23:35

Re: 'GOT BACK' TOUR / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。

実はビートルズをFAB4というのを今まで知りませんでした。
ロンドンでストーンズがポール&ジョンと出会った時、どちらかが「ここはFabだぜ。」って言葉を使っていたそうですが、当時のロンドンの若者言葉のようですね。
そのまま4人に当てはめたのかな?とか思いました。

>自分の声域ではなくペイジの演奏に合わせて作られていた
そうなのですね。私はてっきり、ジミーちゃんは王子の声を念頭に曲を書いていたのだろうと思っていました。
けっこう大変だったのですね。

>ZEPセッションを覗いてみたいような覗きたくないような
いや〜とても観てみたいです。教えていただいた音源からもリラックスして演奏を楽しんでいる様子が目に浮かびますね。


*このスレはここで終わりにします。レスはryuyomoさんが立てて下さったスレッドに付けてくださいね。
No.834 - 2022/05/06(Fri) 05:03:25
Kyiv Calling / ゆう
ベルリンの壁が壊された頃、デヴィッド ボウイの「ヒーローズ」に涙した事がありました。
今は何か音楽の力がないだろうかと思っていましたが、ありました。

ウクライナのバンド、Betonによるキーフ コーリング
&t=3s

ピンクフロイドHey Hey Rise Up (feat. Andriy Khlyvnyuk of Boombox)
https://tower.jp/article/news/2022/04/09/tg001



ウクライナのある女の子の願いがかないますように。「ワニになってプーチンを食べるの。」
No.812 - 2022/04/19(Tue) 05:05:06

Re: Kyiv Calling / zoso_ledzep4_yy
“千羽鶴はただのゴミ? 日本人のウクライナ支援に疑問「嫌がらせ」「謎文化」”
https://myjitsu.jp/archives/346161

支援の方法について賛否両論を賑わしておりますが私たちにできることって本当に難しいですよね?
1971年8月1日、ロック史上初めてとなるチャリティーコンサートとなったジョージ・ハリスンの『The Concert for Bangla Desh』以降のイベントを振り返ってみても、やっぱり“音楽の力”って素晴らしいです!

1983年9月ロンドンRAHにて3大ギタリストの共演が話題となったチャリティ・イベント(20日は、ロニー・レイン支援目的の“A.R.M.S Benefit Concert”、21日は“THE PRINCE'S TRUST ROCK GALA”という英チャールズ皇太子が主催する若年失業者支援基金のチャリティイベント)が行われました。

“私は「彼はこれこれこういう人です。」と説明を試みたのだが彼女は当時22歳で目の前に揃っているのは彼女が興味を持っているものとは別の時代に携わる者ばかりだったから、今自分が会っているのが誰なのか?知る由もなかっただろう。(グリン・ジョンズ)”
https://media.gettyimages.com/photos/diana-princess-of-wales-meets-rolling-stones-drummer-charlie-watts-picture-id1135568244?s=2048x2048

王妃様の当時の本命はコチラ!(笑)
https://media.gettyimages.com/photos/princes-trust-rock-gala-london-england-20th-july-diana-the-princess-picture-id79027477?s=2048x2048

ZEP解散後のジミー復帰ライブ“A.R.M.S Benefit Concert”(悲惨なジミーのよれよれパフォーマンスが映像でしっかり残されている!)の翌日に行われた“THE PRINCE'S TRUST ROCK GALA”におけるAUD音源がアップされておりました。

残念ながら映像は撮られなかったようですがジミーは前日とは打って変わって“天国への階段”を含め他の曲もまるで水を得た魚のように弾けています!!
この後のアメリカにおける“A.R.M.S Benefit Concert”のパフォーマンスを含めてJPはこの21日を超える演奏は出来ていないように思えますがエリックやジェフと違ってオフィシャルでの録画&録音にはライブエイドやアトランティック含めてホント運がないというか、自業自得というか、困ってしまいますがウクライナの支援のために28年ぶりの新曲をピンク・フロイド名義で発表したのなら、過去にチャリティー・イベント限定で復活してきたあの伝説の“鉛の飛行船”もこの際どうでしょうか?
No.813 - 2022/04/19(Tue) 12:18:22

Re: Kyiv Calling / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。

>千羽鶴はただのゴミ?
千羽鶴は、原爆に被爆した少女が「生きたい」という気持ちで折り続けたもので
そういう説明があれば命が危ない状態に置かれ、核の存在に怯える人達には感じるものがあると思います。

ただこれがブームになってもいけないだろうなあと思います。難しいですね。

>王妃様
デュランデュランがお好きで、すごくお歓びだったそうですね。レジェンドでも興味がないものは仕方がないです。

>ウクライナの支援のために
ZEPのメンバーも動きがあったら嬉しいです。
コンサートの収益を広島市に寄付し、内戦中のアイルランドでコンサートを敢行した彼らです。
当時の気持ちを思いだしてほしいです。
No.814 - 2022/04/20(Wed) 05:10:12

Re: Kyiv Calling / mick [ Mail ]
同感です。
長く生きていると無力感と怒りが綯い交ぜとなり情報過多の日々におろおろしています。それでも懐かしい方々の名前と音源には一縷の希望を見い出すことができます。ありがとう。
No.815 - 2022/04/26(Tue) 09:47:16

Re: Kyiv Calling / ゆう
mickさん、ありがとうございます。
これが昔から繰り返されている戦争の姿なんだなと思います。日々リアルタイムでヴィジュアルを見るのは辛いですね。
音楽の力は信じたいです。ウクライナの国歌「ウクライナは滅びず」を貼っておきます。

No.817 - 2022/04/27(Wed) 05:05:36
ジミー・ペイジとアリス・クーパー / zoso_ledzep4_yy
1969年1月2日〜1月5日、デビューしたてのZEPとアリス・クーパーが“Whisky A Go Go”にて共演をはたしました。

https://alicecooper-com.translate.goog/grim-facts-1969-alice-cooper-whisky-go-go-shows-led-zeppelin-buddy-miles/?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp

“Whisky A Go Go”にてお互い新人同士のZEPとアリス・・・どちらが先に演奏するのか?コインを投げて決めたそうです。(笑)

“1月5日以降、レッド・ツェッペリンはバンドメンバーの何人かがインフルエンザで倒れたため、ショーから撤退しなければならなかった。アリス・クーパーは1月8日までバディ・マイルズ・エクスプレスと共に一連のショーを続けた。”

ラストナンバーとなったヤードバーズの“For Your Love”演奏後にジミーはコールに抱きかかえられてライブは終焉となったそうですが高熱をおしてのこの日の演奏はそんなことを微塵も感じさせられず、JP凄いなあ〜って思いました。

昨年10月に元キッスのエース・フレーリー(1:25:00〜 ラストの“School's Out”にてアリスと共演)を前座に従えたアリスのツアーの動画を全編観たのですがアメリカ版のロード・サッチ!なんて例えがアリスに失礼とは思いつつも、1:10:00〜ステージでギロチンを用意したり、エンターティーメント溢れたホント素晴らしく楽しいライブです!

https://i.pinimg.com/736x/64/1a/2b/641a2b2810b13e19414849fa9c283572.jpg

振り返れば1969年のZEPとの共演から50年以上!古希を過ぎてもなお、こんなエネルギッシュなライブをやってのけるアリス・クーパー・・・アリスのファンってホント羨ましいなあ〜
“復帰復帰詐欺”のあの方と思わず比べちゃって考えさせられてしまいました。
No.801 - 2022/04/15(Fri) 21:39:32

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、1969年1月2日〜1月5日のコンサートについてありがとうございます。この頃は対バンがいましたから、いろいろと絡みがあったでしょうね。

彼らは68年12月30日、ゴンザガ大学で、やたらと寒い思いをして、大晦日・元旦はさんでのWhisky A Go Goって凄いスケジュール。インフルエンザはゴンザガ大学でもらったのかもしれません。

>高熱をおしてのこの日の演奏
公演回数が減るとその分ギャラを減らされるらしく、ジミーちゃんとしては、それは出来るだけ避けたかったのでは。鬼気迫るライヴだったでしょう。
それでも残念ながら6・7・8日の公演は断念し、悔しかっただろうと思います。

アリス・クーパーは、今も若々しく活動されてますね。
2017年にはコンサートで来日しているし、コロナが落ち着いたら来てくれるかも。
これからの活動に期待できるって素敵なことですね。
No.802 - 2022/04/16(Sat) 05:04:48

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ryuyomo
Whisky A Go Goの音源のCDが発売された時はけっこう話題になったものでした。私も聞いていい音だ、と思ったものです。今回また聞き直しても69年のオーデイエンス録音としては最上級です。ただ、テレキャスなので同じ69年の4月27日等と比べるとギターのトーンが細いと感じてしまいます。プレイは69年らしくみんな元気がいいです。最初のアメリカンツアーはスタッフも少なく雪の中を車で移動したそうで後年のゴージャスなツアーとは大違いだったようです。まあ当時は新人バンドだったわけでそれが当たり前でしょうけど。
No.803 - 2022/04/16(Sat) 11:56:25

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / zoso_ledzep4_yy
>69年のオーデイエンス録音としては最上級です。ただ、テレキャスなので同じ69年の4月27日等と比べるとギターのトーンが細いと感じてしまいます。

1回目USツアー1968/12/26〜1969/2/16<January 5, 1969 West Hollywood CA US Whisky a Go Go>
https://pbs.twimg.com/media/Du8aq2dXgAEOObv?format=jpg&name=900x900

1回目USツアーのギターはドラテレとダンエレの2本のみ(ドラテレ弦切れの時は、ダンエレをDADGADチューニングからレギュラーに戻して弾いていたそうです。)、アンプは、アメリカ製でプリアンプがトランジスタの“Rickenbacker Transonic”というものでした。
音の細さについては“トランジスターアンプ”使った事が原因だったんだと思います。

2回目USツアー1969/4/24〜1969/5/31<May 16 1969 at the Grande Ballroom in Detroit>
https://forums.ledzeppelin.com/topic/25797-grande-ballroom-detroit-69/#comment-936760

2回目USツアーのギターは上記の2本に加えてレスポールが登場!アンプは、トランジスタの“Rickenbacker Transonic”から英国製のチューブアンプ“Vox UL 4120”に入れ替えているようです。(スピーカーキャビネットのみRickenbackerをそのまま利用)
2回目のUSツアーから音が太くなった印象は“チューブアンプ”に戻したことが大きかったんだと思います。

>最初のアメリカンツアーはスタッフも少なく雪の中を車で移動したそうで後年のゴージャスなツアーとは大違いだったようです。

“一番最初は、おそろしくひどい“Rickenbacker”アンプだった。連中に言わせると「私どもは貴方達の為にこのスピーカーキャビネットをデザインしたのですが・・・」と言うことになるわけだけど本当にひどかったよ。だから僕らの最初のツアーは、ベースの音が全然聴こえなかったもんね。どうしょうもなく惨めだったよ。(ジョンジー)”

多分、初のUSツアーではバンドの財政上、本国からすべての機材を運べず、その為にジミーもジョンジーもアンプについては、現地で“Rickenbacker”とエンドユース契約せざるをえなかったのでしょうね?
No.804 - 2022/04/16(Sat) 22:47:10

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん 気分を害したのなら謝罪しますが、テレキャスをディスるつもりはなかったのでそこはご理解下さい。私の好物は71年のアメリカツアーと日本ツアーのトーンなのであれと比較すると細いという表現になってしまいました。確かにアンプについては言及していませんでしたし、ギター以上にトーンへの影響は大きいですしね。1stのトーンを聞けばブッといですもの。ユーシュックミ―ではフライングVを使用したらしいですけど。兎にも角にもエフェクターも含めて工夫すればテレでレスポールのような音を出すのはできないことではありません。もう1本ギターを買うならコピーでいいのでテレかセミアコが欲しいと思ってます。狭いマンションなので子供が独立する迄はできそうにないし、バンドもやってませんしねえ。でもカミさんがコワいと書いたほうが正確かしら。 (笑)
No.805 - 2022/04/17(Sun) 00:50:58

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ゆう
ryuyomoさん、zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。

>雪の中を車で移動したそうで
アメリカの端っこから反対側
移動距離もかなりある中で、それは大変だったでしょうね。

>ベースの音が全然聴こえなかったもんね
ステージに立っている人間からすると、困ったことですね。
69年は何かと不便な状況で行われたツアーで、機材にも不満があり、若いから遂行できた事ですね。
それでも69年の演奏は、素晴らしいと思います。
No.806 - 2022/04/17(Sun) 05:16:26

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / zoso_ledzep4_yy
>ユーシュックミ―ではフライングVを使用したらしいですけど。

それは初耳なんですが1977年ツアー中のインタビューにて“1STアルバムで使っていたギターは?”の質問に
“テレキャスターだね。ヤードバーズ時代にやっていた2曲ほどでレスポールカスタムを使ったけどあとは全部フェンダーテレキャスターだよ。(ペイジ)”

って先生仰ってますし、同インタビューにてドラテレの回路について“フロント、リア2つのピックアップをシリーズ(直列)にしたり、アウト・オブ・フェイズにしたり改造をしていた。”との証言されておられます。
“You Shook Me”でのギターソロの音色が“Bohemian Rhapsody”や“Armed And Ready”ぽく聴こえるのは、ドラテレのアウト・オブ・フェイズ(又はレスポールカスタムのアウト・オブ・フェイズ)+ファズ+スプロアンプでのサウンドなのかと?!思うんです。
No.807 - 2022/04/17(Sun) 08:33:49

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ryuyomo
ゆうさん、zoso_ledzep4_yyさんありがとうございます。V使用の件ですが、私も「1stはテレキャスにスプロ」という言葉を長年信じてきたのですが、実はブルー爺さんがクラプトンの板で紹介してくれた内容なんですけど、正直それを見て驚愕しました。それ以来先生はけっこう2枚舌というか煙に巻く部分があり、インタビューを鵜吞みにするとエライ目に合うのではなかと思ってます。まあ、先生に限らずミュージシャンのインタビューの信憑性というのはそれほどないということでなんでしょう。ちなみにブルー爺さんが、あちらの板で披露してくれる情報のZEPネタは、知らないことが本当に多くて驚かされるばかりです。1stのギャラの配分なんて先生がほぼ1人で頂き状態(すみません、カキコミにはパーセンテージまであったのですが、そこ迄覚えてません)という。なるほど、ボンゾは本当に雇われ運転手扱いだったんだと納得してしまいました。今でこそ4人が対等というイメージですが、当初は先生とその子分たちというのが実情だったんでしょうね。先生の作ったバンドだからそれも当然なのかもです。ピーターだって先生に雇われていたと考えれば、腑に落ちます。
No.808 - 2022/04/17(Sun) 11:43:06

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / zoso_ledzep4_yy
> V使用の件ですが、私も「1stはテレキャスにスプロ」という言葉を長年信じてきたのですが〜

「I brought it(Gibson Flying V) into Olympic and used it on “You Shook Me”」
https://www.guitarworld.com/magazine/led-vault-jimmy-page-talks-first-three-led-zeppelin-albums-gibson-and-harmony-guitars-and-more

ギターワールド誌元編集長ブラッド・トリンスキーの長年に亘るジミーインタビューを本にした“奇跡: ジミー・ペイジ自伝”にも載っていない新情報ですね!(驚)

>先生はけっこう2枚舌というか煙に巻く部分があり、インタビューを鵜吞みにするとエライ目に合うのではなかと思ってます。

・・ってことを考えるとV使用の件も我々を煙に巻いているとも?!(笑)しかし、長年に亘ってジミーとの信頼関係を築き上げたブラッド・トリンスキーには先生は真実&新ネタ!を語っているとは思いますがジミー・ペイジとフライングV・・・持ってる姿を想像出来ません・・(汗)
↓コチラも想像つきませんがアームス1983での珍しいショットです!
https://64.media.tumblr.com/6b772798a5bf88bd605b7b13dfc49bd2/d7f45666495cb4c2-88/s640x960/1b34e33fb808d49d8bb904934774c85fffef42c1.jpg
↓ZEP時代から弾いておられますのでご本人のギターかと?!
https://forums.ledzeppelin.com/topic/18136-a-couple-of-things/

>1stのギャラの配分なんて先生がほぼ1人で頂き状態(すみません、カキコミにはパーセンテージまであったのですが、そこ迄覚えてません)という。

https://amass.jp/132656/

↑この暴露本の“ツェッペリンがアトランティックと契約した際、儲けの取り分はペイジが50%、残りを他のメンバー3人とマネージャーのピーター・グラントで四半分”って記述のことでしょうか?!

“彼らから仕事をオファーされたんだ。一緒にバンドをやりたいって。週給30ポンドか歩合制を提案されてる。どう思う?(RP)”
“僕ならどうすると思う?歩合制を選ぶよ。(PR)”
https://www.barks.jp/news/?id=1000158958

歩合制(歩合給)とは、給与が本人の業績や成果に応じて給料が支払われる成果報酬型・・ つまり頑張れば頑張った分だけ給料がもらえるという制度・・これなら四半分のわけありませんよね?(苦笑)この暴露本、噓ばっかり!1968年のアトランティック契約前に製作した1STやスカンジナビアZEP初ツアーの経費はジミー、ジョンジー、ピーターが王子とボンゾの給料を含めて払っていたという内輪話はPGが証言してましたけど、それ以降の本契約における個々のパーセンテージなんてどっから出た話なんでしょうかね?!ギターワールド誌のジミーインタビューのようにメンバーの口から語られているのならともかく、元NMEクリスさんは、メンバー達からギャラのパーセンテージまで確認したんですか?!って問いただしたいですね!
No.809 - 2022/04/17(Sun) 18:26:32

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん ネタの深堀ありがとうございます。これはあくまで私見ですが、Vを持つ姿は想像できないのですけど、ユーシュックミーのソロのトーンはシングルコイルっぽくないんですよ。エフェクターもエコーも掛かっていますので、私の耳ごときでは断言するのが怖いのですが、ピックアップがハンバッカーであれば、長年の謎が解けるので、その説に飛びつきました。何しろこのネタはブルー爺さんの受け売りなので、大きな事は言えません。SGをアームスで使っていたとは、失念してましたけど、ロン・ウッドとの写真は見たことがありました。76か77年のチャリティーコンサートだったような。でもアームスで使っていたとは!貴重な写真ありがとうございます。
No.810 - 2022/04/17(Sun) 23:32:52

Re: ジミー・ペイジとアリス・クーパー / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>僕ならどうすると思う?歩合制を選ぶよ。
なんだか、生々しいお話ですが。ジミーちゃん以外のメンバーのギャラを出来るだけ抑えたかったのでしょうね。
船に乗っていて沈没しそうになったとき、1番に救命ボートに乗るのはジミーだとピーターが言ったと言いますし
ジミーちゃんへの忠誠心は並々ならないものを感じますね。

>インタビューの信憑性というのはそれほどない
ジミーちゃんも「ケチじゃないぜ、締まり屋なのさ、この差は大きいぜ。」と言われてましたが、誰も「そうか、締まり屋なのか。」とは思わないでしょう。
多くのインタビューはそれぐらい話半分の内容かも知れないですね。
No.811 - 2022/04/18(Mon) 05:07:53
こんにちは / MASAYUKI
 ゆうさん、どうもです
最近はELPを聞いていたり、アコースティックギターを弾いて過ごしています・・・

 ではまた・・・
(ブログはSARA'S PAGEです)
No.792 - 2022/04/12(Tue) 14:10:35

Re: こんにちは / ゆう
MASAYUKIさん、ありがとうございます。ブログのタイトル変わってないですね。アコギも頑張ってください。

ELPはご存命がカール・パーマーのみになりましたね。淋しい限りです。
No.797 - 2022/04/14(Thu) 05:03:01

Re: こんにちは / MASAYUKI
  再結成できないなんて、本当に淋しいです・・・

 熊本地震から6年ですか・・・
九州の皆さん、大丈夫ですか?
No.799 - 2022/04/14(Thu) 14:12:05

Re: こんにちは / ゆう
MASAYUKIさん、ありがとうございます。キース・エマーソンさんが亡くなったときは、本当にやり切れない思いになりました。
カール・パーマーはバリバリ活動を続けておられて素晴らしいです。

>熊本地震
まだ400人近い方が避難生活をされているそうです。
熊本城は天守閣が復旧しました。
No.800 - 2022/04/15(Fri) 05:08:41
復帰のキッカケ?!だったのに・・ / zoso_ledzep4_yy
「ジミー・ペイジを呼ぼうとしたんだ、三位一体で呼ぼうとしたんだけど、残念ながらペイジはもうあまりプレイしていないみたいだ」
https://amass.jp/156483/

自ら、“コロナ禍で外出出来なくなったので自宅で毎日ギターを弾いている”と仰ってたんですけどね・・
&t=253s
三位一体での1983アームスツアーは、ZEP解散後のJP復帰の切っ掛けとなったのですが、今回の三位一体でのせっかくのお誘いを断ってしまう元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジです・・・

JP唯一のソロアルバム“Outrider ”から希少な“The Only One”のライブ演奏です。(この曲、アルバムでは王子がゲストボーカルでしたね?)
本人は“僕はインストでの楽曲がむいている”なんて言ってますけどベック先生じゃあるまいし・・・
“残念ながらペイジはもうあまりプレイしていないみたいだ”なんて現役ミュージシャンの口からそんなことを聴かされるのは長年のファンとして辛いです〜(涙)
ZEPのアーカイヴ集PR時から今に至るまで本人の口からは引退宣言はされていないだけに34年振りのソロアルバムを是非とも聴かせて頂きたいものですが・・その前にジミー・ペイジには活動再開のきっかけとなる著名なボーカリスト(できれば王子・・)とのコラボが絶対条件だと思います!
No.786 - 2022/04/03(Sun) 22:23:05

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん 先生の情報ありがとうございます。残念ですねえ、先生にもまだプレイしてもらいたいとフアンとしては願いますが、ご本人にその気がないとは・・・。もうプロヂューサー的な裏方やzepのアーカイブ管理人としての活動しかしないつもりなんでしょうかね。ボンゾが亡くなった頃かなり長い間ギターに触っていなかったとインタビューで語っておりましたけど、その時と同じような状態なんでしょうか。こうなったらzoso_ledzep4_yyさんに紹介頂いた漫画みたいにボンゾの幽霊に頼んで先生にもう一度プレイするよう薦めてもらいましょう!でも漫画のようにお祓いされてしまうかもですね。
No.787 - 2022/04/04(Mon) 01:08:43

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、記事のご紹介ありがとうございます。 ryuyomoさん、レスありがとうございます。

オジー・オズボーンの新しいアルバム、ものすごく豪華なラインナップですね。情報元のクリス・ジェリコってWWEのジェリコでしょうか、凄い人脈ですね。

>自宅で毎日ギターを弾いている
おっしゃっていました!
だから期待もしたのですが・・・3大ギタリストの共演だ!と騒いでみたいですねえ・・・

>The Only One
王子参加ですね。名前がクレジットされているようなので、曲作りから関わったのでは。

>ボンゾの幽霊に頼んで
今はテイラー・ホーキンスさんの歓迎会でお忙しいのではと思いますが、
是非ご登場願いたいですね、夢に。
No.788 - 2022/04/04(Mon) 05:04:41

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / zoso_ledzep4_yy
>先生にもまだプレイしてもらいたいとフアンとしては願いますが、ご本人にその気がないとは・・・。

https://floaterswaltz.com/classic-rock-awards/

↑私もこの時、観客席に居ましたが今回の報道でこの時の悪夢をふいに思い出してしまったのですがこのステージもある意味では本人の自覚次第で復帰のキッカケ?!にも成り得たハズです。

>オジー・オズボーンの新しいアルバム、ものすごく豪華なラインナップですね。

オジー・オズボーンのアルバムに三羽烏の参加?!だと、逆にベック達人とクラプトン名人(こういう例えが余計ペイジ師匠にプレッシャーがかかりますが)の参加に私は違和感を感じてしまいます。
(まあ、お二方のハードロックの始祖的な役割“衝撃のJH登場からクリームそしてロッド期のJBGへの流れ”を考えれば、オジーとの共演にも十二分に納得出来るハズなんですけどね?)

ZEPのジャンルに縛られない音楽性を解かった上で断言いたしますがオジーのバックで相棒のトニー・アイオミ顔負けのヘヴィーなリフを弾くに相応しいのは本来、ジミー・ペイジの方でしょう?!・・と思うのです。クラプトンとベックを前にしてギターソロに自信がなければ、せめてリフキング!としての威厳をペイジ師匠には持って頂きたいです!

>紹介頂いた漫画みたいにボンゾの幽霊に頼んで先生にもう一度プレイするよう薦めてもらいましょう!でも漫画のようにお祓いされてしまうかもですね。

https://twicomi.com/manga/5moji_ijou/1200090983892799488

(笑)・・現実的なことを考えてみますとこれまでは、インタビュー時において、“新しいJPミュージックを我々が耳にする機会”を尋ねられる度に何年も何年も適当にはぐらかせられてきましたが
「ジミー・ペイジを呼ぼうとしたんだ、三位一体で呼ぼうとしたんだけど、残念ながらペイジはもうあまりプレイしていないみたいだ」と第三者からこうして内輪話を公に口外されてしまった以上、
本人が否定してソロアルバムを発表するか?!それを認めて正式に引退発表するかしかないと・・・ファンの願いとしてはそれに対して是非とも否定!反発!発奮!して新しいJPミュージックを我々に披露して頂きたい・・・と切に願っております。
No.789 - 2022/04/04(Mon) 09:42:01

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ryuyomo
ゆうさん、zoso_ledzep4_yyさんありがとうございます。zoso_ledzep4_yyさんまたもリンクを貼って頂き厚く御礼申し上げます。すいませんでした、シリアスな話なのにちょっと笑いを挟んでしまいました。でもこの漫画はホントに好きなんです、想像し得るボンゾを通して見る3人のメンバー像という気がして。最後の王子とのやり取りはホントに涙が出てきそうです。オチにはクスッとしますけど。でも、やっぱりペイジ先生にはもう一花咲かせてほしいですね。
No.790 - 2022/04/05(Tue) 00:58:29

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

そういえば、ジミーちゃんがステージに上がっても、ギター弾かないということが21世紀になってからは多いですね。
北京オリンピックの閉会式を思い出しました。

>ギターソロに自信がなければ、せめてリフキング!
クラプトンもベック先生もコンサートは現役だし、並んで弾くのはいやでしょうね。
リフ専門でどう?とオファーをかけるべきでしたか。

>ペイジ先生にはもう一花咲かせてほしいですね
今回花咲くチャンスかもしれませんでしたが残念。
目標があったほうが、練習にも身が入ると思いますが。
No.791 - 2022/04/05(Tue) 05:15:38

Re: “ 幻滅されて ”・・ / zoso_ledzep4_yy
> これまでは、インタビュー時において、“新しいJPミュージックを我々が耳にする機会”を尋ねられる度に何年も何年も適当にはぐらかせられてきました

ジミーの最新インタビューです・・・

“ジミー・ペイジ「やってることはいろいろあるが、何かは教えない」”
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7e52762e248d9504d3a0e3be53aa0ccfb4c812a

・・・と2010年9月発刊の写真伝記“Jimmy Page by Jimmy Page”依頼、ずぅ〜と同じことを今回もまた言い訳がましく話されてますよね?(呆)

「今週、ニュー・アルバムが完成し、俺のレーベル、エピック・レコードへ送ったとみんなに知らせることができ、すごくハッピーだ。」
https://www.barks.jp/news/?id=1000218108

オジー・オズボーンの新作への参加依頼を断った理由について(自身の引退説への)反論及び音楽活動の再開についてどうしてオジーみたいに我々ファンに話せないの?!ジミーはZEP関連を除いた2000年代以降の活動について世界中のファンが心に描いていた事が、現実には幻に過ぎないと我々に悟られてしまっていること(“ 幻滅されて ”)をもういいかげんに知るべきだと思います!

“ジミー・ペイジさんはレッド・ツェッペリンの呪縛から生涯逃れる事はないと思いますが…それで良いと思います…ZEPは偉大すぎた!そのZEPを率いた方なんだから偉大である事は生涯変わらない!”

・・・とは言え、上記URLのヤフコメを各々読んでいくうちにジミーの現状に妙に納得している自分もおります。オジーの件があっても正式に引退発表をされるわけでなく、ファン心理として複雑ですね?
No.793 - 2022/04/12(Tue) 15:22:47

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん URLありがとうございます。そうですよねえ、「復帰復帰詐欺」とでもいうんでしょうか。まあ旧作の売り上げが半端ないという記事を読んだことがあるので、レッドウオレットの復活は難しいんでしょう。こうなると王子はまだまだ現役感があり、大したものです。たとえZEPファンの好みとは違っても。ジョンジーもそれなりに活動してますしね。先生にももう一度表舞台に立って頂きたいものです。
No.794 - 2022/04/12(Tue) 22:49:55

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>“なんで、ソロ・アルバムを作らなかったんだ?”とか言われる。
今まで我々が期待していたのは、間違った解釈をしたからなのですね。
出来れば、答え合わせをしていただきたいものです。

>レッドウオレットの復活は難しいんでしょう
それをタワーハウスに眠らせておくのは惜しいです。
いろいろなエピソードを作り出し、ファンを楽しませてほしいですね。
No.795 - 2022/04/13(Wed) 05:03:35

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / zoso_ledzep4_yy
=ジミー・ペイジは、最近、オジー・オズボーンの新作への参加依頼を断ったようだが、それは様々なプロジェクトを抱えていて時間を作れなかったのが理由かもしれない。=

最初に紹介させて頂いたヤフーニュースでは、自身の音楽活動について
“何をしているのか、明かすつもりはない”“取り組んでいることがいろいろある”
というだけの記事でしたが同インタビューにてオジーの新作に参加しなかった理由をも語っておられました。(BARKSからそのまま記事引用のヤフーと今回紹介のNMEの記事では言葉の切り取り及び翻訳から受ける印象が双方異なっているので読む方はとても混乱しますね?)

https://nme-jp.com/news/114655/

“1人でレコーディングして、誰かにファイルを送るような人物になる気はないよ。そんなことをするために音楽の世界に入ったんじゃない。みんなで一緒に演奏するためだったんだ。”

う〜ん・・オジー新作参加拒否の弁明になってるような・・なってないような・・困

コロナ禍のパンデミックにあってリモートセッションは仕方ないと思うのですが・・・ジョンジーを見習ってほしいです!(怒)
No.796 - 2022/04/14(Thu) 00:33:07

Re: 復帰のキッカケ?!だったのに・・ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、記事のご紹介ありがとうございます。

>みんなで一緒に演奏するためだったんだ
と、いうことはみんなと一緒に演奏するプロジェクトだったら、参加されるんですね。
どなたか計画してくれないかしら?

Levee Breaksいいですね。
心躍りました。
これは環境問題に取り組む団体、活動を支援するキャンペーンをサポートする取り組みですね。
さすがはジョーンジーです。リモートでも充分かっこいい。
No.798 - 2022/04/14(Thu) 05:09:04
フォア・スティックス / CRUNGE
こんばんわ、久々にアップしました。
ZEPマニアならニンマリのアレンジです

No.780 - 2022/04/01(Fri) 19:07:17

Re: フォア・スティックス / Chovin
すごくカッコイイ演奏ですね!

CRUNGEさんのセンスの良さが発揮されています。
No.781 - 2022/04/01(Fri) 20:54:22

Re: フォア・スティックス / ryuyomo
CRUNGEさん いいですねえ。Chovinさんの意見に全面的に賛成です。このアレンジでいくなら、次はギャロウズポールですね!
No.782 - 2022/04/01(Fri) 23:52:05

Re: フォア・スティックス / CRUNGE
Chovinさん、ryuyomoさん、ご視聴頂きほんとうにありがとうございます❗😍
考えてみると自分が初めて西新宿デビューをしたときに買ったブートがこの日(71/5/3)を納めたtaranturaレーベルの「LOOOOOVE!!」でした。
もう30年近く経ったんですね・・
No.783 - 2022/04/02(Sat) 00:17:22

Re: フォア・スティックス / ゆう
CRUNGEさん、71年5月3日コペンハーゲンのフォア・スティックス、upお疲れ様でした。Chovinさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。
?Wのリリース前で数曲をステージで初披露というお客さんにとっても美味しいコンサートでした。
ギャロウズポールや聖典の日もステージデビューしましたね。
フォア・スティックス、かっこいいですね〜。
この曲、これ以降ZEPでは演奏されないですが、残念な事ですね、かっこいいのに。
No.785 - 2022/04/02(Sat) 05:20:31
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
177/200件 [ ページ : << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 26 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS