ゆうのレモンソング掲示板

楽しく語りましょう

カクダイ総合カタログ / zoso_ledzep4_yy
水栓など水廻り商品のメーカー「カクダイ」の2021-2022総合カタログの表紙が楽しいです♪
以下サイトの“NEW WEBカタログ”からご覧くださいませ。(^^)

https://kakudai.jp/

ちなみにテーブル中央のオベリスクは、カタログ内119ページ“立水栓(マットブラック)716-261-D ¥34,000-”でした。(笑)
カタログを観ると水栓をあまり触らなくて良い様なハンドルや、プッシュ式、そしてセンサー式が充実している様ですがこんな所にも、コロナの影響がハッキリと出ています。

https://www.genesis-ltd.co.jp/co_diary/6b0098cd89249020b5d39e3f.html

上記の前年度の総合カタログから定番ROCKシリーズ化しているようですが次も楽しみです!(^^)!
No.465 - 2021/08/03(Tue) 17:33:36

Re: カクダイ総合カタログ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、カクダイのカタログのご紹介ありがとうございます。
これは面白いですね!
プレゼンスをご存じない方は、テーブルに付いている水栓と思ったりして
70年代ロックがお好きな方にはたまらないカタログですね。
ロック以外にもバナナやアヒルさんの蛇口も面白いです。
No.466 - 2021/08/04(Wed) 05:05:53

Re: カクダイ総合カタログ / 雨崎
バックの船が日本の漁船なのが笑えますね!
この会社さんは頭柔らかいんだろうなあ。
No.470 - 2021/08/06(Fri) 10:10:07

Re: カクダイ総合カタログ / zoso_ledzep4_yy
>この会社さんは頭柔らかいんだろうなあ。

https://withnews.jp/article/f0160105000qq000000000000000W02j0201qq000012875A

・・・だと思います。(笑)

1976年3月のプレゼンスリリース期にAtlantic Recordがプロモーション用に限定1000個、Obelisk(通称"The Object")を制作しました。

https://www.ledzeppelin.com/sites/g/files/g2000006376/f/201705/object76_0.jpg

↓本物の"The Object" 1000個のうち、シリアルナンバー250がなんと$3,700!!で売買されております。

コピーものでもいいから私も4人家族なので家の食卓ど真ん中にコレを置いてみたいです。(笑)
No.471 - 2021/08/06(Fri) 10:43:18

Re: カクダイ総合カタログ / ゆう
雨崎さん、zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。
カクダイはさすが大阪の会社ですね。
しかもこのシリーズは赤字覚悟というか、売れると生産をやめてしまうという徹底ぶりが、素晴らしいです。

>1976年3月のプレゼンスリリース期
そんなことがあったですか。この頃はリリースに関するニュースは一生懸命チェックでしたが・・
単に忘れているだけかな?

>家の食卓ど真ん中に
私も置いてはみたいですが、40万円払うのはいやですぅ。
コピーもので上限2000円かな。
No.473 - 2021/08/07(Sat) 05:03:16

Re: カクダイ総合カタログ / zoso_ledzep4_yy
>そんなことがあったですか。この頃はリリースに関するニュースは一生懸命チェックでしたが・・

https://photos.app.goo.gl/VTZ79BrMGWARSvLZ8

そうですね・・たしかに当時の広告も昔懐かしい恒例の“先着10万名様、新着カラーポスタープレゼント”のみであって抽選で"The Object" プレゼント!なんてキャンペーンも無かったですよね?

“アルバムの発売前、ゲリラプロモーション用にジャケットのオブジェと同型の模型が1000個作られて、ダウニング街10番地やホワイトハウスなど、世界各地の要所に置かれる計画があった。ところが、決行直前にアトランティック・レコードの社員が情報をマスコミに漏らしてしまい、ジャケットデザインが雑誌にスクープとして掲載されてしまったため、計画は実行されることなく終わった(くだんの社員は雑誌が発売された翌日に解雇された)。その際、ヒプノシスのオーブリー・パウエルは、ピーター・グラントらツェッペリン側のスタッフから計画を漏らしたものと疑われ、午前4時に自宅を襲われて「掲載されたデザインに関する資料を出せ」と詰め寄られた(その資料は既にアトランティック側に渡しており、彼の手元には無かった)”=Wikipedia

「一面を飾るニュースだったよ。フロイドはどう頑張ったってこれ以上いい宣伝効果は得られなかったね。」
https://www.barks.jp/news/?id=1000093962

ZEPのゲリラプロモ計画が実現していたらピンク・フロイドの空飛ぶブタと同じく伝説となっていたことでしょうが・・でも、このプロモーションが実現していても、その物体がLED ZEPPELINのものであったことが分かれば、世界中に置かれたオベリスクはあっという間に盗まれてしまったことでしょうね?

「当時バンドには、金が有り余っていてね。レコード会社よりも決定権があった。」
「ツェッペリンのなんて、音楽も聴かず歌詞も見ずにデザインしたよ。ジミー・ペイジは『俺たちのこと知っているだろう?』ってさ。」
「レコードジャケットの何が美しいかって、それは直径12インチの正方形、つまり“大きなキャンバス”なんだ。」
https://heapsmag.com/hipgnosis-designer-group-england-60s-80s-surreal-avant-garde-vinyl-record-album-cover-art-work-interview-with-aubrey-powell

しかし、ヒプノシスのオーブリー・パウエルさんは、フロイドでは逮捕されるわ、ゼップではPG一派に早朝来襲(恐)されるわで踏んだり蹴ったりですね・・汗
No.474 - 2021/08/07(Sat) 08:11:39

Re: カクダイ総合カタログ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。ポスターは入っていたような気がします。

>午前4時に自宅を襲われて
怒ったピーターが午前4時に家に来たら、それは怖かったでしょうね・・・。
オブジェクト、実現してたら、どんな騒ぎになっていただろうなあと思うと実現したら良かったのに、と思います。プレゼンスはもっと売れたでしょう。

ヒプシノスはアルバムジャケットを芸術の域に引き上げたと思いますが、本当に大変な目に遭っていたのですね。
あまりにリスクが大きいせいか、後に続く人が現れなかったですね。
No.475 - 2021/08/08(Sun) 05:01:33

Re: カクダイ総合カタログ / zoso_ledzep4_yy
“『Nevermind』のジャケ写でフィーチャーされた裸の赤ちゃん、ニルヴァーナのメンバーを訴える”
https://www.barks.jp/news/?id=1000206928

“Elden氏の父は、ジャケ写を撮影したフォトグラファーのカーク・ウェデルと友人で、赤ちゃんをモデルに写真を撮れないか依頼され、当時、200ドルの謝礼をもらったと言われている。”

何でもかんでも訴える米国ならではですね?いくらなんでも「児童ポルノ」と主張するのはムリ筋でしょう。写真も無断使用したものではなく、両親などが合意の上で提供したものでしょうし・・本人自身、成人してから30歳になる今まで黙認していたので、「判断能力のない幼児の時に勝手に使われた」という主張も苦しい・・こんなんがまかり通ったら、ZEPもうかうかしていられないと思います。

https://forums.ledzeppelin.com/topic/1350-houses-of-the-holy-cover-mystery-solved/

モデルを務めたのは、姉のサマンサと弟のステファン・ゲイツでお姉さんは後にプレゼンスの裏ジャケにも登場しております。

https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0109/users/66199a52dad3c0d1ce620058a1565fd631311e9a/i-img1200x1169-16008997724nbmyl590194.jpg

>コピーものでもいいから私も4人家族なので家の食卓ど真ん中にコレを置いてみたいです。(笑)

"The Object" 実物大コピーGETしました!
https://photos.app.goo.gl/eHcMavWbiefV63Fn8

本体は $ 34.99( 3,962 円)なんですがebayの手数料や国際配送料も加わって・・・汗

和解金目当ての訴訟だと推測しますがこれで、伝説的ジャケット写真が失われないことだけ切に願います。最近、昔に遡って今の基準で社会的に裁く、みたいなのが多いですが今の基準でダメだからって過去を捌き出すと、歴史も文化もなくなってしまいます。
No.499 - 2021/08/29(Sun) 10:54:39

Re: カクダイ総合カタログ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、記事のご紹介ありがとうございます。
ニュースの見出しで「ニルヴァーナ」「性的搾取」の文字を見たとき、
「何、やったんだ?」と思いましたが「・・・ジャケットのことだったのね。」
私も「聖なる館」の事が思い出されました。
サマンサさんは「少女アリス」という写真集も出てたりして、当時親御さんはよくOK出したなあと正直思います。

The Object、getおめでとうございます。生活のあらゆる場面にThe Objectがあるって、何てZEPな生活なんでしょう。
食卓にあったら、お醤油と間違えて取りそうですね。
No.500 - 2021/08/30(Mon) 05:06:48

Re: カクダイ総合カタログ / zoso_ledzep4_yy
50周年記念写真集“LED ZEPPELIN by LED ZEPPELIN”に『Presence』ジャケットカヴァーのために撮影された(アウトテイク含む)写真素材が公開されてましたが・・
https://ameblo.jp/wolf-kokonoe/entry-12532299167.html

またカクダイさんがやってくれました!

「おかわりカタログ 2021-2022」 発刊:2021年9月 NEW
https://ebook.kakudai.jp/okawari_catalog/book/index.html#target/page_no=1

このおかわりカタログですが“総合カタログ2021-2022に載りきらなかった新商品を淡々と掲載しただけの代物だそうで過度な期待はしないでください。”との事です。(笑)

>生活のあらゆる場面にThe Objectがあるって、何てZEPな生活なんでしょう。

ちなみに、プレゼンスの10枚の写真は、ライフ誌掲載の1950年代アメリカの日常写真からのものなんだそうですが"The Object"を我が家のどこに置こうが私以外の家族からは(存在感より)違和感しか感じてもらえません。(苦笑)
No.501 - 2021/09/01(Wed) 15:31:22

Re: カクダイ総合カタログ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。

>写真素材
何気ない日常の様子という写真でも、けっこう作り込んだジャケットだったのですね。
ヨットハーバーの横のダイニングなんて素敵、と思いましたが、もし台風が来たら食事どころではありませんね。

>おかわりカタログ
素晴らしいです。お母さんの持っているおたまの存在感が凄い。

ご家族の違和感しか感じないのが正しい反応だと思います。
そのうち存在に慣れて、あのジャケットのように楽しい食卓の風景になるかもしれません。
No.502 - 2021/09/02(Thu) 05:05:54
チャーリー・ワッツ / zoso_ledzep4_yy
コロナ禍で延期となっていたストーンズの“No Filter tour”が9月から再開との事ですが衝撃ニュースです!

https://amass.jp/149587/

ツアー契約の履行があるからチャーリーの回復を待ってのツアーの更なる延期が出来なかったんでしょうかね?
スティーヴは、キースとのソロ繋がりもあるし、ダリルとの新たなグルーヴも期待できそうですし、適任者かとは思うのですがチャーリーが同行しないストーンズのツアーなんて・・・私には想像できません!!

https://rockinon.com/news/detail/186478

チャーリーの術後の回復を優先して頂ければ良いとは思うのですが・・・それにしても、チャーリーの現在の年齢を改めて確認してビックリした次第です。
No.467 - 2021/08/05(Thu) 13:00:17

Re: チャーリー・ワッツ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ストーンズの情報ありがとうございます。
チャーリーが参加しないツアーになるって驚きです。
ビルが脱退した後のステージも凄く違和感あったのですが、チャーリーもいないとは・・・

>私はこのツアーのチケットを持っている多くのRSファンに、再び延期やキャンセルで失望させたくありません。
おそらくチャーリーのこの言葉がすべてかな?と。
ブライアンが亡くなった時、誰もがハイドパークのコンサートの中止を考えたのですが、ブライアンの追悼コンサートをしようと言い出したのはチャーリーだったと思うのです。

>じきにまた彼の誕生日がやってくる……とてつもない喪失感だよ……。
とてつもなく悲しく、神々しいお写真ですね。
チャーリーは1941年生まれ。体調が快復したらいつまでもお元気で活躍していただきたいですね。
No.468 - 2021/08/06(Fri) 07:01:11

Re: チャーリー・ワッツ / zoso_ledzep4_yy
チャーリーのツアー不参加の声明から僅か20日後の訃報に絶句しております。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5dc86e0f4196f326b94a18529cbc60fd42d434c

90年の初来日とバビロンツアーで彼らを観ることが出来ましたがメンバー紹介時にチャーリーへの声援が(メンバーが煽ってましたが)地響きたててたのが印象深かったです。

彼らは、2013年にチャーリーの誕生日(6月2日)を祝したビデオ「Happy Birthday Charlie Watts!」を公開しております。

いやぁ、これはもう何も言葉が浮かばないけど・・チャーリーさん、ストーンズを長年支えて頂いてありがとうございました。お疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。
No.485 - 2021/08/25(Wed) 04:04:42

Re: チャーリー・ワッツ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、お知らせありがとうございます。
チャーリーが亡くなったって凄いショックです。
ストーンズ25周年の映像でメンバーがストーンズが「長く活動できたのは」
皆、チャーリーの存在をあげていました。


ご冥福をお祈りします。
No.487 - 2021/08/25(Wed) 05:07:42

Re: チャーリー・ワッツ / zoso_ledzep4_yy
2014年モンティ・パイソンO2再結成公演のための宣伝小ドラマにミックとチャーリーが出演!二人してコントを披露しております。パイソンの映像をテレビで観ながら「老いぼれたちが必死に若ぶってる」「60年代のパイソンズはおもしろかったのに」などとミックの無意識の自虐とミックの横にいるチャーリー・ワッツの表情が見物です。

モンティ・パイソンは2014年を最後に活動を停止してしまいましたがストーンズには(そんなことあるはずないのですが)永遠に生き続け、永遠にライブをやり続けている印象しかございません!

3人のメンバーが写真を投稿してチャーリーを追悼しています。
https://amass.jp/150231/
ミックとキースはどちらもキャプションやコメントを付けられていませんがその衝撃と悲しみが写真だけでも十二分に伝わってきます。

<The Rolling Stones - No Filter USA 2021 Tour>
Sep 26 - St. Louis, MO - The Dome at America’s Center
Sep 30 - Charlotte, NC - Bank of America Stadium
Oct 04 - Pittsburgh, PA - Heinz Field
Oct 09 - Nashville, TN - Nissan Stadium
Oct 13 - New Orleans, LA - New Orleans Jazz and Heritage Festival ※8/8コロナ急拡大を受け中止
Oct 17 - Los Angeles, CA - SoFi Stadium
Oct 24 - Minneapolis, MN - U.S. Bank Stadium
Oct 29 - Tampa, FL - Raymond James Stadium
Nov 02 - Dallas, TX - Cotton Bowl Stadium
Nov 06 - Las Vegas, NV - Allegiant Stadium
Nov 11 - Atlanta, GA - Mercedes-Benz Stadium
Nov 15 - Detroit, MI - Ford Field
Nov 20 - Austin, TX - Circuit of The Americas

当初、病気療養中のチャーリーの代役としてスティーヴ・ジョーダンを迎えてのツアー再開予定だったのですが・・・「ワクチン先進国」アメリカを襲うデルタ株猛威の中、チャーリーの急死でショックを受けているミックとキースは、予定通りツアーを実施出来るのでしょうか?
No.488 - 2021/08/25(Wed) 18:23:36

Re: チャーリー・ワッツ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。
モンティ・パイソンの宣伝映像、面白いですね。ミックがやりそうな感じ。

今回、チャーリーの死を伝える報道の中で凄く違和感持ったのが「ミック・ジャガーのヴォーカルを引き立てていた。」という言葉がありました。
チャーリーはミックを引き立てようとは1mmも思ったことはないと思います。
ミックが「俺のドラマーはどこだ?」と発言したときに凄く怒り
「二度と俺のドラマーとは言うな。俺の歌歌いが!」と電話を切ったそうですが、次のアムステルダムのミーティングまで怒りは続いていて、チャーリーはミックを捕まえて運河に落とそうとしたとか。
キースはミックが着ているジャケットが自分のを貸していたことを思い出し、上着を掴んだのでミックは落ちるのを免れたが、キースはチャーリーから「なぜ助けた?」と文句を言われたとか。

9月からのUSツアー、私の予想ですが、メンバーは「チャーリーならどうするか。」と考えるのではないかな?
その上で出した結論は支持したいです。ただコロナがヤバい状況なので無理はしないでほしいですね。
No.489 - 2021/08/26(Thu) 05:05:36

Re: チャーリー・ワッツ / zoso_ledzep4_yy
5年前にチャーリーが日本のメディアからのインタビューに応じている動画がアップされています。

またかつてのパートナーからも哀悼のメッセージが捧げられております。
https://amass.jp/150246/

>メンバーは「チャーリーならどうするか。」と考えるのではないかな?その上で出した結論は支持したいです。

“ローリング・ストーンズ 全米ツアーは予定通り開催”
https://amass.jp/150294/

“続かないなら、本当のバンドではないね。それはグループだ。俺たちはバンドで、本当のバンドっていうのは死ぬまで続けるものなんだ。そういうバンドがビッグになる時もあるけど、せいぜい10年ほどの、特定の世代のものでしかない。テストステロン(男性ホルモン)がなくなれば、文字通り消え去るんだ。”

5年前にストーンズが長年続いている秘訣について尋ねられたキースの返答ですがその言葉通りに結成60周年に向けてこれからも転がり続けるようです!!
No.493 - 2021/08/27(Fri) 09:40:27

Re: チャーリー・ワッツ / ryuyomo
>これからも転がり続けるようです。zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。この一言がストーンズとZEPの違いを表していますよね。音を出す演者が変わっても同じバンドとして存在しつづけるストーンズ。試してみたもののメンバーが交代してしまうと同じ姿勢でバンドを続けることができなかったZEP。どちらが正しいとは言えませんが、ストーンズが少し羨ましいです。私はあまり良いストーンズファンではないけれど、初来日公演だけは見たのでチャーリーは見ることができました。R.I.P.
No.494 - 2021/08/27(Fri) 22:08:15

Re: チャーリー・ワッツ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。
ストーンズはツアーを開催するような気がしていました。
あとはコロナに気をつけていただきたいです。メンバーもお客さんも。

>本当のバンドっていうのは死ぬまで続けるものなんだ
ロニーだったですが、「俺たちは生命維持装置を付けて演奏する最初のバンドになると思うよ。」という発言があり、本当にやりかねないなあと思いました。

チャーリーは武道館公演覚えてないのですね。何だかショック。福岡の事も覚えてないでしょうね。「南の方に言った。」と言わなかったし。

>どちらが正しいとは言えませんが
どちらも正しいのだろうと思います。
ただメンバーが3人になったと思うと心底淋しくなりました。
No.495 - 2021/08/28(Sat) 05:06:42

Re: チャーリー・ワッツ / zoso_ledzep4_yy
>チャーリーは武道館公演覚えてないのですね。何だかショック。福岡の事も覚えてないでしょうね。

1973年1月28日から連続5回、日本武道館で行われる予定が入国禁止で中止となった経緯があるのに・・当時S席2,800円でチケット買ったファンが30年越しに実現した涙の日本武道館公演をSS席22,000円払って観たオールドファンからしたら卒倒してしまいそうな発言ですよね?(笑)きっと、バビロンツアーで行った大阪の事も覚えてないでしょうね?

>今回、チャーリーの死を伝える報道の中で違和感持ったのが「ミック・ジャガーのヴォーカルを引き立てていた。」という言葉がありました。チャーリーはミックを引き立てようとは1mmも思ったことはないと思います。ミックが「俺のドラマーはどこだ?」と発言したときに凄く怒り「二度と俺のドラマーとは言うな。俺の歌歌いが!」と電話を切ったそうです

“レッド・ツェッペリンはシンガーのバックアップをするバンドではなく、4人のパートナーシップによって成り立っていたバンドだった。たまに「うるさい!しばらく黙っていてくれ!」と言いたくなる事もあったけどね(笑)僕には経験があったからアレンジを買って出る事は多かった(ノンクレジット・・)けど、ペイジがまたは僕がリフを持ってきたとしても、ジャムセッションで曲にして、ロバートが最後に歌詞を書く、というのがやり方だった。全員平等な役割があったんだ。-ジョンジー”

伝説のロックバンドを振り返って見ると“LED ZEPPELIN”の“JIMMY PAGE”と必ずバンド名が名前より先に肩書として付くもの(逆の場合のバンドは、人間関係音楽性等で長続きしない?!)なのでメンバー全員のパートナーシップによって成り立っているという解釈でチャーリーがミックに激怒したのでしょうね?

>音を出す演者が変わっても同じバンドとして存在しつづけるストーンズ。試してみたもののメンバーが交代してしまうと同じ姿勢でバンドを続けることができなかったZEP。どちらが正しいとは言えませんが、ストーンズが少し羨ましいです。

ストーンズもツアーをやっていなかった1983〜1988年の間にバンドの繋ぎ役のステュー(ストーンズ創設者にあって正式メンバーで無い方なので例えがおかしいとお思いでしょうがZEPの場合、ここをボンゾに置き換えて想像してみてください。)が亡くなり、ミックVSキースでお互いのソロ活動(ミックがソロで成功していたらストーンズどうなっていたでしょうか?!)をえて1989年バンド活動を再開!

あの6年間はバンドの歴史の中で最大の危機だったと思いますがたらればで、もしZEPもボンゾの死後、ストーンズと同じ冷却期間があったとしてもロバートは、ソロで成功したのでバンドは崩壊していたでしょうが、思い起こせば、O2以前の3人交えての再結成計画(1985年のライブエイド以降に元シックのトニー・トンプソン、1990年のBOXセット以降に元ドリームシアターのマイク・ポートノイ)も最終的にロバートの拒否権発動で頓挫しましたが王子もペープラ含む90年代までは自身のソロ活動に対してまだ確信が持てなかったのかも知れません。

“ジェイソン・ボーナム、R・プラントがレッド・ツェッペリンを続けない理由を説明”
https://www.barks.jp/news/?id=1000163108

ボンゾ喪失の影響が計り知れないのは私も激しく同意なのですが“でも、同じじゃないんだ。僕はそういうふりはできない。ジューク・ボックスにはなれないよ。”は、82年のソロデビュー時から主張してますし88年以降、ソロ公演ではZEPナンバーも全開です。90年以前、ジェイソン以外のドラマーによる過去2回の復活計画も王子自らも当初は参画しておりましたので王子がジェイソンに説明した“再結成出来ない理由”は私には『建前』にしか聞こえません。

“ツェッペリンの場合、曲の書き方もそうだけどプレイそのものが大きな部分を占めていたと思うね。-ジョンジー”

menonさん曰く“歌が丸々ない”ってパートも無く、全然器楽的に聴こえない(悪い意味でございません)雨歌です。ZEPライブではスタジオからさらに器楽的になるので「インスルー〜」以降、ロバートの中に自立心が芽生えてきたことがその後のバンド再結成に大きく影響しているんだと私は思います。

“レッド・ツェッペリンの再結成はないが、人々が未だに質問するほど気にかけているのは魅力的だ。”
https://amass.jp/150165/

O2当時ならともかく、現在の3人の年齢を考えたらさすがにもう再結成なんて、もう気にかけてもいませんよ!あの当時も今も再結成する気が無いのに今更そんな事言わなきゃいいのに!って思ってちょっとイラッとします。
No.496 - 2021/08/28(Sat) 09:41:11

Re: チャーリー・ワッツ / ryuyomo
ゆうさん、zoso_ledzep4_yyさんありがとうございます。
ジョンジーの発言にあった通りZEPというバンドのあり方が他のバンドよりも遥かに器楽的だからこそですよね。王子がボーカルとして自己主張を強めていけば分裂は必然だったのかもです。”俺はあのバンドで歌詞を書いて歌っていただけなんだ、Rプラント” ”それで充分だろうに。Jペイジ”ということです。  でも王子も少しばかりズルいと思います。ソロ時代からファンが求めているものがわかっているのにそれをやらない。理由はジュークボックスに・・・。でもライヴではこうしてかなりZEPに近いアレンジでジュークボックスになっております。聞いているとうれしいのですが、敢えて言うならもっとこの曲に見合う演奏ができるメンバーいるんじゃない?と言いたくなります。ないものねだりなのは分かっています、はい。
No.497 - 2021/08/28(Sat) 23:58:23

Re: チャーリー・ワッツ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>メンバー全員のパートナーシップによって成り立っているという解釈でチャーリーがミックに激怒
そうなのですよね。ミックはこの事分かっているのかなあと、その後の発言でも気になるところがあります。

>90年代までは自身のソロ活動に対してまだ確信が持てなかった
そうだと思います。迷走してるかな〜と思ったことがあったりで。90年代以降のソロアルバムで、ご自分のやりたいことが明確になったのではないかな。

>俺はあのバンドで歌詞を書いて歌っていただけなんだ
おそらく、ZEPのライヴでは突っ立ってるだけの時間が長かったのではないかなあと思います。
「基本的には歌いたかったんだ。歌って歌って・・・」みたいな発言が75年頃のインタビューだったかな?
ソロになって思いがかなったかもしれません。

*このスレッド長くなったのでこれで終わりにしましょうね。レス付けられる方は新たにスレッド立てて下さい。
チャーリー様、天国でボンゾとセッションして下さいね。
No.498 - 2021/08/29(Sun) 05:04:53
JP最高傑作?!Ten Years Gone / zoso_ledzep4_yy
“menonさんの絶対音感による聴音能力と私ムーの音楽理論の知識を駆使してこの楽曲の、主にコード進行とギターリフを分析”

00:00 オープニング
02:04 [1] 楽曲 の データ について
11:22 [2] イントロ 1 の 分析
13:56 [3] イントロ 2 の 分析
15:17 [4] キー・フレーズ の 分析
17:01 [5] イントロ 3 の 分析
21:35 [6] 歌 パート の 分析
23:06 [7] ブリッジ・パート 1 の 分析
26:06 [8] ブリッジ・パート 2 の 分析
28:57 エンディング

26:06〜 [8] ブリッジ・パート 2 の 分析から聴いていてジミーの・・ZEPのファンでいて誇らしく想えてきました。

動画の中で“ジョンジーの貢献もあったのでは?”について言及されていますけどこの曲はジミーのホームデモがそうで無いことを証明しています。
音楽理論については、???なんですがコード進行について大いに参考になりました!
全体で30分近い動画ですので休日時にゆっくりご視聴いただければと思います。
次回は、Rain Songということでこれも楽しみです!(^^)!
No.478 - 2021/08/14(Sat) 22:24:34

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、動画のご紹介ありがとうございます。
お盆休みだけど自粛している身にはぴったりの動画です。
私は歌パートから観たのですが、すごく分析が難しいのだなあと興味深かったです。
理論だけでなくコード進行も???ですが、ZEPファンとして誇らしい気持ちになりました。
Rain Song、楽しみです。
No.479 - 2021/08/15(Sun) 05:03:15

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん動画拝見しました。おもしろかったです。ありがとうございました。理論的な分析は勿論のこと、キーボードプレイヤーの女性に驚かされましたよ。私にとっての初見という言葉のイメージに限りなく近い方です。絶対音感もあるのかもしれないと思わせますよね。恐らくはギターで作曲したであろうあの楽曲をキーボードであそこまで再現するなんて!理論的に凄い曲が売れる訳ではないところが面白いところだと思うんですよ、ロックって。でもいいなあと思わせる曲にはそれなりの理由があるんだってよく分かる動画ですよね。この楽曲はキーがマイナーでないのに湿ってるというか切ない雰囲気です。ビートルズのイエスタデイにも通じると思いますが、展開して少し激しくなる分イエスタデイより楽典的にも上をいってるんじゃないでしょうか。私はこの曲を本格的にコピーした事がないのですが、チューニングはドロップDだそうです。これはこの動画のお二人も気がつかないポイントでしょうね。笑
No.480 - 2021/08/19(Thu) 23:44:46

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ゆう
ryuyomoさん、ありがとうございます。
menonさん、凄いですよね。絶対音感ってこういう事なんだと、羨ましく思いました。
そんな彼女を迷わせる曲なんだなあと。Ten Years Gone凄いです。

>キーがマイナーでないのに湿ってるというか切ない雰囲気
この曲は過去を振り返る感じの詞ですが、これからに希望があるようなイメージを持っているのです。
それは曲がマイナーではないからかもです。
No.481 - 2021/08/20(Fri) 05:10:40

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / zoso_ledzep4_yy
>ビートルズのイエスタデイにも通じると思いますが、展開して少し激しくなる分イエスタデイより楽典的にも上をいってるんじゃないでしょうか。

“ジミー・ペイジは、音楽脳が高いギタリストなんですよ”
“ジミー・ペイジよりたくさん指が動いて正確なピッキングをする人はそのへんにたくさんいるレベルでいますよ”
“ただ彼らがジミー・ペイジより音楽脳が高いかっていったら全くそんなことないですよね”
https://www.youtube.com/channel/UCDkAtIbVxd-1c_5vCohp2Ow/featured

ジミー・ペイジならではの特徴としては、彼はギタリストであるだけでなく作曲家でありプロデューサーでもありますから、曲全体を見通す視点でアレンジやメロディをきちんとに組み立てた上でギターソロを弾きますがその一方、ステージではパフォーマンス重視のラフなプレイでインプロビゼーション(即興演奏)というなればスタジオとライブでのアプローチが全く異なる二重人格的なミュージシャンですよね?それもまた彼の演奏を魅力的なものにしている要素なのかと思います。
ところで、[5] イントロ 3 の 分析の18:35〜から“単にコード進行が一緒なだけじゃん!バカじゃねーの”“コード進行と上に乗っかるフレーズが似てるってところまでいった上で、そういった訴えを起こすならまだ解るけど・・”と例の『天国への階段』パクリ騒動にも触れられております。

今回の裁判を担当した最高裁のマッキューン判事が「裁判と上訴は『天国への階段』を上る長い道のりだった」と結審後、コメントしておりますが文学ユーチューバーであるムーさんみたいな音楽理論を証言してもらっていたらもっと早く決着していたんじゃないでしょうかね???

では!予告楽曲をどうぞ!!
No.483 - 2021/08/24(Tue) 16:54:06

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ryuyomo
予告通りレインソングもやってくれましたねえ。この曲はテンイヤーズゴーンと違いメロトロンやピアノといったキーボードが大活躍ですが、クレジットにはジョンジーの名はなくpage/plant名義の楽曲です。あれだけの貢献にもかかわらずクレジットしてもらえないとは!恐るべしジミーペイジ。それを踏まえた上でこの動画を見るとジミーの凄さがまたわかるというものです。謎なのはこの曲はペイジ独特のイレギュラーチューニングされたギターが使用されていて、インタビューで「研究した」と言っていた成果でもありますが、分析されているよううな理論で作ったのか、或いは気持ちのよい展開を続けた結果だったのかという点です。皆さんはどう思いますか?理論で作ったとしてもすごいと思いますが、結果そうなったとしたら本当に天才的な作曲家ですよね。
No.484 - 2021/08/24(Tue) 21:53:39

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。Rain Song、upされて嬉しいです。
ジョー・ペリーがジミーちゃんに「Rain Song、教えてくれ。」と言った事があり、難しいのだな〜と思いました。
気持ちのよい展開を続けた結果かな?と思いました。本当に心地よいですもの。
この曲にジョーンジーのクレジットがないとは驚きですね。

>ムーさんみたいな音楽理論を証言してもらっていたら
英訳字幕を付けていただいて、裁判所に送ってもらったら良かったかも。
その前にまずは分析していただきたいです。
No.486 - 2021/08/25(Wed) 05:02:04

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / zoso_ledzep4_yy
>(ジョンジーの)あれだけの貢献にもかかわらずクレジットしてもらえないとは!恐るべしジミーペイジ。

ジミーの中では、“自身の楽曲において第三者による編曲(アレンジ)は、その作曲クレジットに含めない”ポリシーがあるんだと思います。“Kashmir”でのジョンジーの扱いも“Rain Song”と同じ解釈だと思います。(初期のヘッドリーセッションでは、ジョンジー一時脱退もあってボンゾと二人でだけでやってましたね?)
作曲クレジットとしては、あくまで“歌詞、歌メロ、コード進行、リフ”を考案したものが対象であると・・
“Out on The Tiles”の歌のバックを駆け回っているリフなんかは、ボンゾが酔っぱらった時の歌メロ採用でめでたくボンゾもクレジットされておりますが古いブルースから拝借した楽曲は全員のクレジットというルールがあったようです。(アキレスの“ダンダカ、ダンダカ、ダンダカ、ダンダカ・・ウッチャカ、ウッチャカ、ウッチャカ、ウッチャカ・・ダンダカ、ダンダカ、ダンダカ、ダンダカ”の8弦ベースリフは、「僕のものなのにクレジットしてくれなかった。」とジョンジーぼやいております。)

>分析されているよううな理論で作ったのか、或いは気持ちのよい展開を続けた結果だったのかという点です。

“(セッション時代を振り返って)音感が良かったので、すぐに音を聴いて弾くことが出来た。ギターの場合はコード記号だけで済むけど、ベーシストは譜面が読めなきゃならなかった。スタジオに入って、譜面を渡されるまで、どういう仕事かわからないのが普通なんだ。ジミーもセッションをやっていたけどあいつは、譜面が読めなかったんだ。(ジョンジー)”

ジョンジーのように譜面が所見で読める等の音楽理論については、ジミーには無さそうですので“気持ちのよい展開を続けた結果”・・・・ということで恐るべし!ジミー・ペイジ!!
音楽理論があったからといって素晴らしい!売れる!楽曲が創造できるわけではなく、それをジミーやポール・マッカートニー(彼も譜面が読めません)が立証しております。

>ジョー・ペリーがジミーちゃんに「Rain Song、教えてくれ。」と言った事があり、難しいのだな〜と思いました。

「The Rain Song」のチューニングですが6弦からEADGBEレギュラーから、2弦1音上げ、3弦そのまま、残りを1音下げでDGCGCDの開放でGsus4の響きになります。

D---0-------0--0--0----0-------0--0--0---------------------------------
C----7------7--7--7-----6------6--6--6-------5-5-3-2---3----3--3-------
G-----0-----0--0--0------0-----0--0--0-------4-4-4-4---3----3--3------
C------7----7--7--7-------6----6--6--6-------5-5-5-5---3----3--3-------
G-------0---0--0--0--------0---0--0--0---0---0---------0----0--0------
D----------------------------------------------------------------------

ライブ版のチューニングの場合は、レギュラーの状態から
・2弦の開放音を4弦の開放音に合わせる
・次に3弦の開放音を5弦の開放音に合わせる
これで6弦から順にE-A-D-A-D-Eとなり、ライブ版のチューニング(スタジオ版の1音上げ)になります。

オープンチューニングなので運指めっちゃスムーズで上記TAB部分だけで王子の幻想シーンに包み込まれてしまいますよ〜(笑)
No.490 - 2021/08/26(Thu) 10:13:57

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ryuyomo
ゆうさん、zoso_ledzep4_yyさんありがとうございます。               zoso_ledzep4_yyさんにはイレギュラーチューニングの詳しい解説を頂き感謝です。軽く補足するとレインソングはスタジオテイクではキーがG(ソの音)でライブではA(ラの音)です。           ペイジ/プラントではGでした。Jペリーが難しいと言ったとすればレギュラーチューニングで弾いていた可能性があります。実は自分もそうです。遊びで弾くならそれで充分なので。            話が少しそれますがジミーはイレギュラーチューニングの使い手としてロック界でかなりの上位だと思います。ちなみに先日書いたテンイヤーズゴーンのドロップDは6弦Eのみ1音Dに下げるチューニングでエディヴァンヘイレンなんかも使っています。                              VのB面はオープンチューニングの宝庫です。ここでも作曲/プロデュース力を見せつけてくれますよね。たしか77年のインタビューでオープンチューニングをかなり研究した。レインソングはその成果でオリジナルチューニングだと珍しく種明かししてくれてます。レギュラーで演奏するとけっこうな難曲のレインソングもイレギュラーだと易しいのかもしれませんので、私もようやく試してみたくなりました。
 
No.491 - 2021/08/26(Thu) 23:31:13

Re: JP最高傑作?!Ten Years Gone / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>僕のものなのにクレジットしてくれなかった。
家族との時間が取れなくて、脱退したいという事がありましたが
こんな事の積み重ねも、心にあったかもしれませんね。

この曲、聴いているだけで霧が立ちこめ森の中に迷い込み、木に不自然なキノコが生えているのを見るような世界が開けてきます。
ジミーちゃんがかけた魔法ですね。
No.492 - 2021/08/27(Fri) 05:03:15
ロバート・プラント&アリソン・クラウス / zoso_ledzep4_yy
“キース:あれを聴いたときは「ついにロバートがやった!」って思った。”

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34446/6/1/1

ジミーが大好きだけどZEPには常に辛口なあのキースお気に入りのグラミー賞5部門受賞アルバム『レイジング・サンド』から14年ぶりに新デュオ・アルバムが11月にリリースされます。

https://amass.jp/149811/

あらためて前作を聴きなおしたんですけど、ジミーとの“Walking into Clarksdale”5曲目のこの曲のセルフ・カヴァーほんと!良いですよね〜

今回は、1曲目のみオリジナルで他はカヴァー曲でセルフ・カヴァーは含まれていないようです。

↑ジミーとのコラボもレコーディングでは2001年リリースのこの曲以来ご無沙汰となっておりますが36年前の“The Honeydrippers Vol.1 ”に続く“The Honeydrippers Vol.2”を王子・・・ジミーとやって頂けないでしょうかね?
No.476 - 2021/08/12(Thu) 21:18:22

Re: ロバート・プラント&アリソン・クラウス / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ありがとうございます。いつかThe Honeydrippers Vol.2実現したらいいなと思います。

>ついにロバートがやった!
キースは王子が嫌いかと思っていたので、この祝福のお言葉は嬉しかったです。
王子とアリソン14年経ってまた一緒に仕事をしたいと思うって、息が合ったお二人なのでしょうね。リリースが楽しみです。
Please Read The Letter 聞き比べてみるのも楽しいですね。


>ジミーとのコラボ
サンレコードのトリビュートアルバムから20年ですか。
あのアルバムはいいですね〜
そういえば、ジミーちゃんってアロハをよく着てたことがあったなあと思い出しました。
No.477 - 2021/08/13(Fri) 05:18:52
ブライアン・ジョンソン&王子 / zoso_ledzep4_yy
AC/DCのブライアン・ジョンソンがホスト役を務めるTVシリーズ『Brian Johnson : A Life On The Road』にロバート・プラントが出演。ブライアンがツェッペリンの“移民の歌”のハイオクターブ部分を歌いこなせた時、自分にとっては偉業だったとロバートに伝えると、「もし、ツェッペリンのシンガーになりたいなら推薦してあげるよ」とユーモアを混じえて答えていたそうです。このエピソードでは、ジョンソンが北ウェールズのプラントを訪ね、プラントがアルバム『Led Zeppelin II』のレコーディング後に移り住み、『Led Zeppelin III』の作曲を始めたという場所でインタヴューを行なっています。

動画が始まって早々にですがブライアンと二人で歩いているウェールズの山道が映画の中でUSツアー開始の手紙をロバートに届けるべく若い配達人が自転車で駆けていくシーンを思い浮かべてしまいます。(ストライダーから何代目になるのか?ですが先頭のワンちゃんも感慨深いです。)

「クリームやグレイトフル・デッドの白人ブルースが始まって、ジェファーソン・エアプレインの素晴らしいウェスト・コースト・ロックがあった。サブカルチャーが発展して、俺たちもそこに属してはいたけど、俺たちには社会的声明なんてなかった。その意味では空想家ではなかったけど、まだ若かったから、あの巨大なエネルギーのムーヴメントの一部だったね」
「俺たち全員にとって、4人のメンバーがいたって事は思いがけない幸運だった。要するに、俺とボンゾはよく一緒に演奏していた。ジミーとジョンはいろんなバンドにいたけど、彼らはセッション・ミュージシャンで金回りがよかったし、当時はかなりホットな存在だった。でも、俺とボンゾにはそんな事はどうでもよくて、俺たちはまともな食事がしたかっただけなんだ」

そしてこちらは、なんと!狂熱のライブの映画の時の扮装で現れるロバート・プラント!!

https://forums.ledzeppelin.com/topic/24599-the-song-remains-the-same-rare-fantasy-sequence-outtake-photos-19731974/

もはや映画の中の王子様の面影は無く・・王子様から王様になられたというか・・汗
ジミーは、時系列での隠者マスクを未だ所持しているとのことですが王子もジミー同様に物持ちいいですよね?!(^^)!
No.456 - 2021/07/18(Sun) 15:11:13

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、映像のご紹介ありがとうございます。
王子はまだ北ウェールズに家をお持ちなのですね(嬉)。
そして相変わらず美しいウェールズの景色です。
王子はストライダー系のワンちゃんがお好きなようですね。
このワンちゃんも立派にしつけされて素晴らしいです。

>巨大なエネルギーのムーヴメントの一部だった
彼らもエネルギーの中心にいたと思われます。
まともな食事が出来るようになって良かったですが、代謝が落ちる年齢になっても、食べ続けたんだなあ、とため息が。

>王子もジミー同様に物持ちいいですよね?!(^^)!
驚きました。剣までお持ちだったのですね。
ただ、服が入って良かったな、と安堵しました。
No.457 - 2021/07/19(Mon) 05:01:55

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / ryuyomo
>代謝が落ちる年齢になっても、食べ続けたんだなあ、とため息が  ゆうさん、久しぶりに大きな声で笑ってしまいました。ペイジ/プラントでの来日時も大きな身体でしたけど、さらに(横に?)成長したようですね。ペイジも一時期かなり膨らんでいましたけど、髪の色が白くなった頃からスマートになったような気がします。                                         おかげさまで、先週の土曜日に退院して、月曜から職場復帰しました。PCで今返信させて頂いております。またよろしくお願いいたします。
No.458 - 2021/07/20(Tue) 19:31:30

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / ゆう
ryuyomoさん、退院おめでとうございます!
梅雨が明けたら唐突に酷暑となってしまいました。疲れがたまりませんように。

>ペイジ/プラントでの来日時も大きな身体でしたけど
サマソニで大変成長した王子を見てしまいました。
ジミーちゃんはステージから遠ざかっていても体型を戻したので偉いです。
王子はずっとツアーしているのだから、見られている事を意識しなくては、と思います。
No.459 - 2021/07/21(Wed) 05:08:21

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / zoso_ledzep4_yy
=ジミーとジョンはいろんなバンドにいたけど、彼らはセッション・ミュージシャンで金回りがよかったし、当時はかなりホットな存在だった。でも、俺とボンゾにはそんな事はどうでもよくて、俺たちはまともな食事がしたかっただけなんだ=
https://twicomi.com/manga/5moji_ijou/1198590925728960513
この漫画が結成当時の王子とボンゾの立ち位置をよく表していますよね?(笑)

さて、ロックダウン中に王子は自己振り返りプロジェクト「 Digging Deep」を現時点で“SEASON W”まで配信しております。
https://www.youtube.com/c/RobertPlantOfficial/videos

王子の「 Digging Deep」は、本家のエピソードシリーズより充実しているとは思うのですが如何せん自己のリスニングも読解力もございません・・汗
そして最新の“SEASON W”エピソード22では王子が同じく、ロックダウン中に見た夢のお話です。

“ジョン・ボーナムや父、5歳で亡くなった息子など、かなり多くの旧友と再会する夢を見たよ。それらは大きな安心感をもたらす素晴らしい瞬間だった”
https://amass.jp/149122/

ボンゾ降臨ということで思わず以前紹介しました漫画を思い出してしまいました・・・
https://twicomi.com/manga/5moji_ijou/1200090983892799488

そういえば、私の夢の中にも5年前に亡くなった親父が出てきたりしますが何かを訴えてる(それはそれで怖いですが・・)ってわけでなく、王子がボンゾと「一緒に素晴らしい風景を見ていた」って言ってるようにその光景は、いつもの日常の生活なんですよね〜

>王子はずっとツアーしているのだから、見られている事を意識しなくては、と思います。
https://amass.jp/149152/

ジョンソン英首相の決断(賭け)による新型コロナ規制大幅緩和もあってか王子!活動再開です!(^^)!
No.460 - 2021/07/21(Wed) 09:06:24

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / ryuyomo
zoso_ledzep4_yyさん 私も王子の夢のニュースを読んだ時に以前紹介して頂いた漫画を思い出しました。また読めて嬉しかったです。ありがとうございました。読んでまたジミーのパートではくすっとしましたが、ジョンジーと王子の件では涙目になってしまいました。紹介してもらうまでこの漫画家さん?知らなかったです。こちらも紹介して頂いて感謝です。ありがとうございました。
No.461 - 2021/07/21(Wed) 22:49:27

Re: ブライアン・ジョンソン&王子 / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。

>王子の夢
もう会えなくなった人たちと再会する、自粛期間中はご自分を振り返る期間だったようですね。
漫画のような事も実現したのでは?
私は亡くなった人が夢に出てきた、という事がないのです。大概夢自体覚えていないです。

>結成当時の王子とボンゾ
成功を手にした後も、ガソリンの支払いを蒸し返してライヴ中に殴り合ったりしてたですから、
本当にお金では苦労していたでしょうね。

>王子!活動再開です!(^^)!
おお、早い再開ですね!イギリスはまだコロナが拡大中のようですので、気をつけて活動していただきたいです。
No.462 - 2021/07/22(Thu) 05:03:12
“ON THIS DAY” / zoso_ledzep4_yy
ほとんど注目されないジミーHPのトップページ“ON THIS DAY”でありますが・・
https://www.jimmypage.com/
本日7/14は、“Jimmy Page & The Black Crowes - Live At The Greek ”リリースから21年目になります。
https://photos.app.goo.gl/7V1vYVEAA9jzuDct5
↑ロンドン日付が変わるとトップページが変わっちゃいますのでキャプチャー画像貼っておきます。

公式に録音はされたのですがこの日のライブ盤には権利関係で収録されなかった黒烏オリジナル曲を含むフル動画がアップされておりました。

動画を観ていて2000年12月4日の大阪城ホールのチケット買ってたのに中止となって残念な思いをした記憶が蘇ってきましたがロビンソン兄弟とジミーによるライブアルバムリリース当時のインタビューはコチラ↓

“Zeppelinの曲やブルースナンバー、それとカヴァー曲の他に、Black Crowesの曲もいくつかやったんだが、契約上の問題等々で、それは今回のレコードに収録できなかった。ムカつく話だぜ。”
https://www.barks.jp/news/?id=52013848

ライブアルバムに収録されなかった黒烏楽曲でのジミーの演奏ですが両ギタリストとのテクニック差はあれど、楽曲との違和感はそれほど感じられず、他のバンドに加入もあり!と言うのが率直な感想です!
もう、遅いでしょうが80年代のファームとソロ活動をえて、90年代からのデビカバ・・ペープラ・・そして黒烏以降もコラボ企画(ストーンズもOK)は、ずぅ〜と続けていって欲しかったですね?
No.453 - 2021/07/14(Wed) 16:27:55

Re: “ON THIS DAY” / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ON THIS DAYの記事のご紹介ありがとうございます。
Live At The Greekから21年ですか。あれ以来ジミーちゃんはツアー活動やってないですね。
本当に長い時間が経ちました。

アルバムに入れられなかった曲が映像で聴けるのはありがたいです。
ジミーちゃんの体調が良ければ、行けたかもしれないコンサート、あの時は心配でしたがっかりもしましたね。
そして次の活動がある、と信じていましたが・・・
No.455 - 2021/07/15(Thu) 05:06:13
箱根アフロディーテ / 柏レコード
今年ZEP初来日50周年ですが、一ヵ月早く来日したピンクフロイドも50周年で、八月に原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)がリリースされます。CD原子心母に「箱根アフロディーテ」の映像が付くらしいですが
16oフィルムが撮影されていたのは驚きでした。それもメンバーの了解済みです。
ZEPも16oフィルム発掘されて50周年記念盤リリースされないでしょうかね!
確率的にはレイソルの優勝と同じくらいですが、僅かな望みに期待しましょう!
https://amass.jp/148503/
No.444 - 2021/07/04(Sun) 22:24:53

Re: 箱根アフロディーテ / ryuyomo
何年か前に見つかったテープと同じ物でしょうか?クリムゾンの来日公演が決まったのと合わせて楽しみです。早く退院しなければ。
No.445 - 2021/07/04(Sun) 23:27:23

Re: 箱根アフロディーテ / ゆう
柏レコードさん、情報ありがとうございます。ryuyomoさん、早く退院できますように。

今回新発見のフィルムだそうで、それだけでなくピンク・フロイドの当時のクルーを追った約3分のB-roll映像も新発見ということで楽しみですね。

>ZEPも
やろうと思ったら出来ると思うのですがねえ・・・やると言ったライヴのアーカイブはいつ出るのでしょうかねえ??
No.446 - 2021/07/05(Mon) 05:02:20

Re: 箱根アフロディーテ / 柏レコード
ZEP来日50周年ですが、今のところこれといったアナウンスはありませんね。
多分、ブートが出るくらいと9月23日に六本木で桜井さんの来日記念ライブくらいでしょうか。このライブもうチケットは先行発売されていますが8月末の一般発売まで参戦は検討しょうと思っています。今日のニュースでも東京感染者増えていますし40,50代の重症患者増えています。自分のワクチン接種してその時の状況次第でしょうね。
もう一年近く桜井さん月イチ、原宿でライブ行っていますが、本当に大変だと思います。
私は、本当に楽しめるまでライブは封印です。
No.447 - 2021/07/11(Sun) 22:10:21

Re: 箱根アフロディーテ / ゆう
柏レコードさん、ありがとうございます。
ZEP側の動きがないのが残念ですね。
桜井さんのライヴ活動は頭が下がりますね。
ワクチン情勢がそろそろアメリカで活動も出来そうに思えてきます。
日本でも65歳以上の重症者が減少しているのは、希望を持てますね。早く40,50のワクチン接種が行き渡りますように。
もうちょっとの辛抱だと思います。
No.448 - 2021/07/12(Mon) 05:02:13

Re: 箱根アフロディーテ / はっとりくん
9月の日本公演の日のジミー・ペイジのWebサイト(on this day)に、「買ったばかりの8ミリ・カメラで演奏を記録した」とありましたので、一部でも何かしら存在する/したんでしょうねぇ。
画質は16ミリよりも劣るでしょうが、zepファンにとっては画質云々よりも「見たい!」ですよね。
No.449 - 2021/07/13(Tue) 17:14:44

Re: 箱根アフロディーテ / ゆう
はっとりくん、ありがとうございます。
来日中は8ミリのカメラが大活躍していましたね。
これでリハやコンサートの映像を撮りたいと思うのは自然な感覚でしょう。
きっと、けっこう記録しているのではないかと思うのですが・・・
日本の景色だけでなく、演奏の記録も表に出してほしいですね。
No.450 - 2021/07/14(Wed) 05:05:11

Re: 箱根アフロディーテ / zoso_ledzep4_yy
>「買ったばかりの8ミリ・カメラで演奏を記録した」

↑オフィシャル動画としてアップしているこれがそうだと思います!(他のものも出てほしいですね?)

>来日中は8ミリのカメラが大活躍していましたね。

00:00〜キャピタル東急ホテル(現ザ・キャピトルホテル 東急)からの都内撮影
00:34〜新幹線で東京から京都へ移動
09:30〜都ホテル(現ウェスティン都ホテル京都)から京都市内を撮影
12:47〜南禅寺参拝
16:04〜広島グランドホテル(現アーバンビューグランドタワー)から広島市内撮影
17:31〜広島市役所表敬訪問
19:05〜広島平和記念公園訪問
22:40〜広島市内観光
26:02〜伊丹空港から羽田空港乗り継ぎで離日(32:19以降は、2回目の来日公演隠し撮りですが全体のBGM自体がその時の音声なのがご愛嬌)

ところで、この動画全編には、一切ジョン・ボーナムが映っていないのですが・・・撮影者は、ジョン・ボーナムではないでしょうか?!

https://i1.wp.com/www.tonreco.com/images/d_3_peace_park.jpg

上記の画像ですと動画では、“20:04”あたりなんですがジミー&パーシーの背後にはボンゾしかいません!
この映像全編がジョン・ボーナムの撮影のものだとは断定できませんが、少なくともこの広島平和記念公園でのショットは彼の撮影のものと言って良いのではないでしょうか?

https://forums.ledzeppelin.com/topic/26424-new-book-from-japan-led-zeppelin-live-tour-1971-1972/?tab=comments#comment-952423

↑こちらには、ボンゾが日本で買った8ミリ機材までもが掲載されておりますが他のメンバーやグラント、コール、カーソン等のスタッフが撮影しているシーンがこの動画にはほとんど映っていないのでボンゾって意外ですがめっちゃまめな人なのかもしれませんね?!(^^)!
No.451 - 2021/07/14(Wed) 10:31:09

Re: 箱根アフロディーテ / ryuyomo
ボンゾは、酒が入ると野獣になるのが有名ですが、ドラムソロの構成についてオーディエンスの受けがいいパートを考慮している、とインタビューで話していたり、ピーターの言いつけ?を守るジミーを立てる演奏ぶりといい、細かいところもあります。案外酒の力を借りないと自己主張出来ないタイプだったのかもしれません。
No.452 - 2021/07/14(Wed) 11:33:52

Re: 箱根アフロディーテ / ゆう
zoso_ledzep4_yyさん、ryuyomoさん、ありがとうございます。
お酒が入らないときのボンゾは農場を守る、良き夫良き父なのだといいますから、
しらふの時は演奏についても、細部にわたって考えていたかもしれませんね
またメカニックなものを扱うと、のめり込んでしまうのかな?と思います。

ちゃんとコンサートも撮影してますよね。途切れ途切れじゃなくて、フルヴァージョンが観たいですねえ。

>撮影者は、ジョン・ボーナムではないでしょうか?!
そんな感じがしますね。
暴れているときは撮らなかったかな?と思いましたが
撮影者が暴れているんだから、映像はないでしょうね。
No.454 - 2021/07/15(Thu) 05:01:08
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
86/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS