11845

GSフォーラム掲示板

エラーが出て書き込みできない時は、「ノートン インターネットセキュリティ」の類が干渉している場合もあるようですのでオフにしてみて下さい。

HOME | 新規投稿 | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
GS愛用15年 / natiopana
おやじ様 そしてGSファンの皆様
 私の初GS購入は今から15年前の1993年に遡ります。
 当時23歳の社会人1年生でした、それまでアルバのデジタルウオッチを使用していたのですが社会人なのでセイコーの3万円くらいのアナログを買おうと新宿の量販店へ、そして何気なくセイコーのコーナーへ行くと、とてもオッサン臭くて普通?の時計があったのです、それがGSでした。
 当時GSは大々的にはセールスしておりませんでした、ちょこっとしかなく、自分はGSなんて知りませんでした。お気に入りはSBGT003革バンド、新製品でした、新生9F83搭載です、文字盤の模様が独特で(現在のSBGT019とデザインがそっくり)針の美しさに惹かれました、秒針の動きも独特です。存在感が違う、これは良い、即決しました。店員は年配のセイコーのヘルパーさんでしたので昔のGSの製造ラインの話などしていました。最後に店員さんに「お客さん若いのに見る目がある」と言われた事を思いだします。当時GSが現在のように充実するとは思ってもみませんでした、セイコーはGSを9Fキャリバーにかけたのだと思います(その後の小型のSBGX005などもそうですね)
 そのGSですが15年後の現在もオーバーホール2回(回路1回交換)、バンドも専用のメタル(SBGW005のバンドにそっくり)に途中交換して使用しております。精度も月+1秒位、問題なしです。全く飽きもきません、その後メカニカルGS欲しい病に冒されSBGR023,SBGW001を購入しましたが使用頻度はSBGT003が一番です、38歳の今、まさに自分(オヤジ?)に似合う時計になりつつあります。
No.1583 - 2008/04/18(Fri) 23:56:55
Re: GS愛用15年 / おやじ(管理人)
natiopanaさんは私とほとんど同年齢で、私より少し後に社会に出られたわけですね。私が同じようなシチュエーションでクレドール(15万)を購入した際はGSはまだ9Fが出る前でした。実を言うとGSにはあまり興味がわかず、当時の流行に乗ったデザイン(超薄型、2針)のクレドールを選択しました。
その顛末については、
http://gs-forum.hp.infoseek.co.jp/gs-tips/teire.html
の下の方に「管理人おやじの失敗談」として記しております。はっきり申し上げて、私の「見る目」は、当時のnatiopanaさんの足元にも及ばない低レベルのものであったと思います。

natiopanaさんがSBGT003を買われた時期はちょうど9Fがデビューした時期で、SBGT001(ステンレス)、SBGT002(コンビ)、そして文字盤に細かい文様が入った革ベルト仕様のSBGT003が「新世代のGS」としてディスプレイされていたのでしょうか。

「店員は年配のセイコーのヘルパーさんでしたので昔のGSの製造ラインの話などしていました。最後に店員さんに「お客さん若いのに見る目がある」と言われた事を思いだします。」
その店員さん、恐らく今はもう引退しておられると思いますが、良い店員さんに当たられましたね。全くその通りで、natiopanaさんの見る目の確かさには私も感嘆します。何しろ私は、それから7年後、30になってもまだnatiopanaさんのレベルに達していなかったわけですから…

ともあれ、社会人になった記念にSBGT003を選択され、15年経った現在も愛用されておられると言うのは非常に羨ましいことですし、SBGT003も幸せではないでしょうか。これからもメンテを欠かさなければ、恐らく定年まで使えると思います。どうか大事になさって下さい。
※ これぞ「釈迦に説法」ですね。
No.1584 - 2008/04/19(Sat) 15:59:06
SBGL001系を女性がつけたら? / ゆり
初めまして。今度42歳になる女性です。

元々腕時計は1本で充分という考えだったのですが、2年前にコンビのクレドールを購入する際、機械式時計やGSに興味を持つようになりました。最近電池交換と防水チェックの為、3週間程クレドールと離れていたのですが、その間なんとなく訪れたマスターショップでGSを見ていて、STGF025が欲しくなってしまいました。ただ、やはりせっかくGSならば機械式という気持ちも強く、そうすると紳士物しかありません。

今、そのショップのオリジナルの限定品が販売されているのですが、SBGL001とほぼ同じタイプで、ブライトチタンモデルなのです。重さは負担にならないと思いますが、かなり厚みがあり、大きいです。初めて使う自動巻きとして手に入れたいと思う一方、女性が着けていると、周囲に違和感を与えるかもしれない、また、いずれはこういった時計は流行遅れになるかもしれないと心配で、二の足を踏んでいる状態です。

本人が好きならそれで良いとは思うのですが、高い買い物ですし、こういった場合の選択について、見解を伺えればと思います。(ちなみに、私は身長165センチ、体重49キロです。)
No.1549 - 2008/04/03(Thu) 23:10:58
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ゆり
>ZX11さん

お陰様で晴れてGSオーナーとなりました。パワーリザーブを見るのは本当に楽しいですよね。

実は私もZX11さんの奥様には、「敢えてGS機械式を選んだ女性」という事で仲間意識を持っております。奥様のようにGSを着けこなすのが、現在の目標です!

ZX11さんは次にSBGE005をご購入予定との事。益々深みに嵌っていくセイコーの高級機械式時計の魅力って、すごいですよね。私も今から、次の物欲が襲ってくるのが怖いです(笑)。


>おやじさん

更なるアドバイスをありがとうございます。重さは全く気になりませんが、お言葉通りぶつけないように気をつけるように致します。

2年前に購入したクレドールGSBA010も10気圧防水なのですが、万一水が入ったらと心配で、洗った事がありません。今度SBGL011共々洗ってみようと思います。そしてブレスの調整も、やはり行った事がありません。ちょっと怖いけれど、道具を買って、やってみたい気がします。これをクリア出来れば一気に腕時計上級者かも?
No.1582 - 2008/04/18(Fri) 22:46:36
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / おやじ(管理人)
ゆりさん、SBGL011のご購入おめでとうございます。結果として「初志貫徹」と言う形になりましたね。

型番を教えて頂いたのでWEBで検索して画像を見ましたが、実に美しい時計ですね。ゆりさんが一目惚れされたのも良く分かります。実際にお金を出すゆりさんが、そのお金に値すると判断された時計がゆりさんにとって一番良い時計です。ブライトチタン製で重さは全く腕に負担にならないと思いますが、ぶつけないように気をつけてくださいね。

とりあえず「自動販売機の品物は必ず時計を嵌めていない右腕で取る」ことを習慣づけて下さい。これだけでもだいぶ違います。また、女性は時計のブレスを緩めに調整する方が多いと思いますが、この時計はなるべく「ジャストサイズ」に調整した方が付け心地もよく、不意の事故も防げると思います。以前から書いておりますが、ブレスは均等にコマを外すのではなく、時計の6時側を短めにすると腕にうまくフィットします。この時計のブレスはネジ式の筈なので、精密ドライバーを買えば自分で納得行くまで調整できますよ。精密ドライバーは1.4ミリでOKだと思いますが、高級品でも一本数百円で買えますので、この機会に買われても良いでしょう。

このGSは10気圧防水ですから、流水で洗って全く問題ありません。なるべく頻繁に、時計とブレスの全体を、温水と中性洗剤等で洗って常に清潔を保ってください。
No.1581 - 2008/04/17(Thu) 17:21:48
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ZX11
ゆりさん
SBGL011の御購入おめでとうございます。
ゆりさんの文章からも喜びが伝わってくるようで、こちらまで嬉しくなっちゃいました。
ネットの画像でしか見たことはありませんが、ブライトチタンのケースと白い文字盤が涼しげで美しい時計ですね。
巻き上がってパワリザが増えていくのを見ているだけで楽しくなる気持ちは痛いほどよくわかります(僕もずっと見てるんで
我が家では妻がゆりさんに対しメカGS仲間として必要以上にシンパシーを感じているようです^^
僕の方はSDにすっかり魅了されてしまいSBGE005の購入を密かに計画しているところです(笑
No.1580 - 2008/04/17(Thu) 09:38:40
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ゆり
皆様

この度は私の機械式時計購入について、おやじさん始め色々な方からご意見とご助言を頂き、大変感謝しております。アドバイスを参考に時間をかけて色々と調べたり見て回ったりましたが、結果として最初に心惹かれたSBGL系ブライトチタンバージョンを購入致しました。

オメガのコーアクシャルや、ロレックスの堅牢性やムーブメントの安定性等は魅力的ではありましたが、残念ながら、高い維持費をかけて使いたいとは(今のところは)思えなかったのです。

そしてこれで最後と思い、GSマスターショップで、試しにSBGR001を試着させて貰ったのです。お店の方から、「ステンレスは重いからやめておきなさい」と言われていて、それまで試着はした事がなかったので。外見は私の好みです。でも、確かに手にとっただけで「重い」と感じました。そして着けて鏡に映してみると、なんとなくしっくり来ないような・・・。

そこで今度はかねてより悩んでいたSBGLのブライトチタンを着けたところ、これが驚く程合うのです!(←あくまで主観ですが。)SBGR001と比較してみてよく解ったのですが、文字盤の色とインデックスのデザイン、そして針の色が、(非常に幼稚な表現ですが)「可愛い」んです。

今回購入したのはSBGL011と言いまして、先にも書いた通り、デザインは基本的にSBGL001と同じタイプなのですが、文字盤は白でも、角度によって鱗のような模様が見えるようになっています。インデックスは6時と12時がアラビア数字。そして秒針とパワーリザーブ針は青焼きで、これが結構アクセントとして効いています。

何より大きかったのは、マスターショップに何度か行く度に、お店の方々がGSや機械式時計について非常に丁寧に教えて下さった為、「この時計を飼い慣らし(?)たい!」という気持ちが募っていた事かもしれません。(行かれる範囲で他にもう一店舗GSマスターショップがあり、そちらにも何度か行きましたが、そこは単に「ただ時計を売っている」だけの雰囲気でした。店員側の姿勢にもかなり左右されますね。)

そして現在実際に使い始めた訳ですが、とにかく面白いです。大昔に祖母のお下がりの手巻き時計を使ったきり、以後機械式時計に縁が無かった為、自動巻きは初めて。お店の方の勧めで、最初に1日分だけゼンマイを巻いて着けたところ、24時間後には2日分巻き上がっていました。こういうパワーリザーブ表示を見ているだけでも楽しいです。が、こんなにすぐに巻き上げられてしまうと、お店で教わった「ゼンマイを巻く回数で日差を調整する」という面白そうな作業が出来ません。まあ、今後の使い方でまた状態が変わってくるとは思いますが。なんにせよ、「一生付き合っていかれそうな可愛いヤツ」です。

ともかく皆さんのお陰で、色々と比較検討し、満足の行く買い物が出来た事に厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
No.1579 - 2008/04/16(Wed) 23:43:56
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ゆり
>ntakeさん
4Lは薄いところが魅力ですね。精度はGSと比較すれば劣るのかもしれませんが、クレドールはセイコーでも上位のラインですので、気にしなくても良いのだろうと思います。また、外装の仕上げは非常に美しいと思います。

>らさん
ご意見ありがとうございます。オメガのデ・ビル コーアクシャルオートマティックですか。お店に見に行ってみますね。


>おやじさん

4Lと8Lについてのご説明、ありがとうございます。ムーブはやはりロレックスが秀逸なんですね。ロレックスはサービスセンターの対応も良さそうですから、私にも気に入ったデザインがあれば良かったのですが・・・。

今のところGSではレディースサイズで精度の高い機械を作れない(作る予定も無い)そうなので、やはり日本製ならメンズ、後は輸入品のレディースから選ぶしかないようです。

SBGR001はマスターショップで実物を見ています。シンプルで綺麗で、私の好みなのですが、お店の方が「女性ならステンレスは重いから、チタンになさい」とおっしゃった事もあり、試着はしていないんです。一応試着しに行ってみます。ご意見ありがとうございました。
No.1570 - 2008/04/10(Thu) 23:53:17
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / おやじ(管理人)
クレドール機械式の8Lは、実質的にSBGR001のムーブ(9S)と同じものです。保証精度が違いますが、実用精度は変わらないと聞いています。

4Lは、
http://www.seiko-watch.co.jp/technology/mechanical/standard.html
に書いてありますが、巻き上げ機構が9Sや8Lよりも効率の良い、スプリングドライブやSBGL001のムーブ(こちらも型番は9S**なのでややこしいのですが)と同じ方式の筈です。SBGR001のムーブは、「巻き上げ効率が例えばロレックスより劣る」というのが事実ですので、巻き上げ効率が良いというのは魅力的ですね。

現在、スイス機械式時計は「アホらしい」と形容すべきとんでもない値段になっています。クレドールはGS同様に「30年間修理対応」ですし、4Lを搭載したGCBW999は、SBGL001(のチタンバージョン)よりはずっと薦められます。デザインも青針がさわやかで良い感じですよね。そして、ntakeさんが指摘されるとおりリーズナブル・プライスです。以前から思っておりますが、「銀色または白の文字盤に青針」は、時計の価値を確実にワンランク上げてくれる「魔法のアイテム」と言えます。

そういえば、ゆりさんはGSの中のGSとも言えるSBGR001/023は検討対象にお入れにならないのですか?GCBW999に気持ちが傾いておられる所に水を差すようですが。以前、何かの掲示板で「SBGR001をつけている女性を電車で見かけて驚いたが、よく似合っていた」という話を読んだことがあります。機械式時計として控えめな大きさの部類ですので、女性が使えない時計ではないと思います。SBGR001は時計店のショーケースの中で見るとものすごく地味な時計に見えますが、実際に購入して色々な光線の下で見ると味わい深い時計ですよ。黒文字盤のSBGR023も実に美しい時計だと思います。
No.1569 - 2008/04/09(Wed) 22:19:46
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ら
私は、レディースではオメガのデ・ビル コーアクシャルオートマティックが良いなと感じています。
No.1568 - 2008/04/09(Wed) 22:14:04
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ntake
クレドールの3針機械式では8Lと4L系が有りますが、4L系は薄さを求めている為に精度面で特筆すべき部分は無いですね。
しかしSEIKO製ですので真面目な機械作りをされていますし、クレドールブランドですから30年は修理可能のはずです。
外装の仕上げからすると輸入時計に比べれば格安と思います。
(精度を求める場合はスプリングドライブしか選択肢は無いと思います。)
No.1567 - 2008/04/09(Wed) 21:49:26
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ゆり
>おやじさん
タイトルの件、ありがとうございます。お手数をおかけ致しました。


>ntakeさん

せっかく買うのですから普段使い(仕事で)したいのですが、女性にとって9S67はやはり厚みがネックとなりそうですね。

おやじさんお薦めのロレックス・パーペチュアルとエアキングをお店に見に行って、試着してきました。確かにこれらの大きさや厚みはメンズでも全く違和感ありませんが、残念ながら好みのデザインが無かったのです(種類は沢山あるのですが)。

その後ついでに、以前クレドールのレディースを買った店に立ち寄ってみた際、今回ntakeさんが挙げて下さっているGCBW999に目が止まりました。決して小さくはありませんが、機械式としては比較的薄く、メンズとしては繊細な雰囲気のデザインで、「これならいいかも」と考えていたところです。ありがとうございます。GCBE999も綺麗ですね。

クレドールの機械式はGSと比べてどうなのか、調べてもよくわかりませんでしたが、なんとなくクレドールのGCBW999か、GSのSTGF025に絞られてきたような気がします。
No.1565 - 2008/04/07(Mon) 23:37:47
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / ntake
ゆりさん、こんばんわ。
私も身長165cmと小柄な男ですが、腕廻りが18cmと太く手も大きいので違和感無くSBGL003を使用しています。
チタンモデルであれば重量が軽く問題無いと思いますが、9S67は厚みが大きいので洋服との合わせが女性では難しいと思います。
秋に交換用の皮ベルトと三つ折れバックル(残念ながらステンレス製)が発売になりますのでチタンの本体に皮ベルトなら合わせやすいかも知れませんが。

機械式自動巻きであれば、クレドールのGCBW999はどうでしょうか?
4L系は新世代の機械ですので自動巻きの中では薄い部類ですし、価格面でも非常に妥当な価格と思います。(4月21日に値上げ予定ですが)
手巻きで良ければ少し高価ですが68系のGCBE999は非常に綺麗で女性にも合う時計と思います。
私自身も今回の価格改定前にGBAQ984を購入しました。
仕事用メインのSBGA005とは全く方向性が違いますので、オフタイムの気分の切り替えには非常に良い時計です。
No.1562 - 2008/04/07(Mon) 22:04:35
Re: SBGL001系を女性がつけたら? / おやじ(管理人)
>ゆり さん
当初のご投稿のタイトルが空白で、レスもみな「Re: 」となってしまって分かりにくいので、管理人権限で親記事にタイトルをつけさせて頂きました。より適切なタイトルがあれば、投稿時のパスワードを入力して変更して下さい。

>ふつうのおとうさん
私はパネライを実際に装着している人を見たことがないのですが、
「会社でパネライのルミノールを着用している輩(男性です)がいます。その姿を見た感想ですが、さぞ大きいだろうと思いきや、確かに時計自体は大きいのですが、その輩の腕が特別太いわけでもないのに着用姿が不恰好、不自然かというと不思議なことにそうでもありません。」
と言うご指摘は興味深く拝読しました。

パネライは、時計のコンセプトそのものが「破格」「異形」で常識を飛び越えた存在だから、あのようなサイズや厚みでも「不恰好」「不自然」にはならないわけですか。
私は
「なぜあのように奇天烈なパネライが絶大な人気を博し、時計マニアに歓迎されているのか」
がこの10年近くの間非常に疑問だったのですが、ふつうのおとうさんに明快に謎解きをして頂いた感じがします。

一方、GSは「最高の普通の時計」を標榜しております。当然デザインは全て「常識」「自然」を旨としたものになりますから、
「このあたりが圧倒的に大きなパネライでもさほど不自然さを感じず、それよりも小さいGS(SBGA011)で不自然さを感じてしまうところの理由の一つではないかと思います」
という結果につながるのでしょう。

「それと、おやじ様ご紹介のパテックを複数所有しておられるブログ主さんのSBGA005の着用例ですが、小生は身長170cm 60kgで手首は細いほうですがSBGA011であの写真ほど細くは映りません。ブログ主さんの手首はかなり細いように思います。」

なるほど、実際にSBGA011をお持ちのふつうのおとうさんならではのご観察ですね。くだんのブログ主さんの手首は、日本人男性としても細い部類のようです。その方でも違和感なく装用できるパテック・ノーチラスという時計のデザイン/作りこみの素晴らしさに改めて感心します。ノーチラスは、正規店では「上客」でないと売って貰えず、SS三針のベーシックなモデルに並行店で定価+30万の250万の値がついていると言う不可思議な時計で、私には全く手が届きませんが。
http://www.jackroad.co.jp/product_info.php?cPath=22_49_275&products_id=11938

ゆりさんの時計選びについては、私の意見は既に二つの書き込みで申し上げましたので繰り返しませんが、数十万円のお金を使うのはゆりさんご本人なのですから「将来に渡って悔いがない選択」をして頂きたいですね。
No.1561 - 2008/04/07(Mon) 12:29:15
Re: / ゆり
>ふつうのおとうさんさん

アドバイスありがとうございます。大きさだけではなく、デザイン等全てのバランスが大切なんですね。鏡に時計を着けた腕だけを映すのではなく、全身を映してみた方がより良いのでしょう。

SBGA011の厚さでもぶつかりますか。そういった事は、店頭での試着だけではわからない事ですね。実際に使っていらっしゃる方のお話は、大変参考になります。ありがとうございます。


>たまおさん

やはり全体のバランスですね。

>結局のところ、自分の腕にはめてみて、鏡で眺めて、ん〜いい感じと
>思える大きさを選ぶしかないと個人的には思います。

非常に納得です。直径何ミリだからどうこうという事ではなく、着けてみて、良いと思えるかどうかですね。丁寧なご説明、ありがとうございました。
No.1560 - 2008/04/06(Sun) 23:45:54
Re: / たまお
よく時計の大きさの話が出るのですが、ある手の大きさ、腕の太さではこれくらいが”普通”という一般に浸透している感覚があって、それより大きすぎても、小さいすぎても違和感を感じるのだと思います。つまり、ぱっと時計を見たときに見える手と腕とのバランスに対する感じ方です。例えば、人間の体でいえば、体に対して顔がふつうの人の1.3倍もあれば、かなりおかしいと感じますし、あしの長さが0.7倍くらいでもなんか変だよなと感じます。なにかの本で、美男、美女というのは数多くの人の顔を平均化していったものだというのを読んだことがあります。人は見たことのあるものの中の平均化されたものをバランスが取れて、美しく感じるようです。
ただ、美しいと感じるバランスは時代による変化や(はやり)、人の感じ方のばらつき、大きさだけでなくデザインによる影響もあります。普遍的なものではないのは事実です。車のホイールの大きさなんか、10数年前では考えられないくらい大きくなりました。車の性能のためではありません。車の性能から言えば、エンジンの出力に対し、あきらかにホイール、タイヤの性能は過剰スペックであり、逆に環境問題から言えば、燃費は確実に悪くなります。これだけ環境、環境が叫ばれるなか、メーカーもわかっていながら、なぜホイールを大径化するのかといえば、それは一般的に大きなホイールはかっこいいと思われ、そのほうが確実に売れるのです。ホイールの場合、大きいほうがスポーティとか高級とかそういうイメージがあることもあるのですが、車の大きさに対して、明らかに大きすぎるというバランスでもそのほうがかっこいいと思われ、売れるのです。大きな時計となんか、共通した感覚を持ちました。
結局のところ、自分の腕にはめてみて、鏡で眺めて、ん〜いい感じと思える大きさを選ぶしかないと個人的には思います。
No.1558 - 2008/04/06(Sun) 12:05:57
時計の性格 / ふつうのおとうさん
ゆりさん、
こんにちは。

時計の大きさについては、小生もつらつら考えていたことがあるので書込みさせていただきます。

会社でパネライのルミノールを着用している輩(男性です)がいます。その姿を見た感想ですが、さぞ大きい
だろうと思いきや、確かに時計自体は大きいのですが、その輩の腕が特別太いわけでもないのに着用姿が
不恰好、不自然かというと不思議なことにそうでもありません。小生はSBGA011ですが、おやじ様のご見解の
通り、腕に着用したときにやはり大きいという印象は否めず、不自然さ、手首が必要以上にか細く見える等を
正直感じるところはあります。この問題は単に時計の大きい小さいではなく、時計全体としてのデザインが
醸し出す時計の性格みたいなものによるところも大きいのではと感じました。

パネライのデザインはGSと比べればやはりカジュアルです。それに対してGSのデザインは適切な表現では
ないかもしれませんが、良くも悪くも「お堅い」印象です。「お堅い」、「上品」、「繊細」これらのジャンルは、
オーソドックス或いはバランスの良さを求めた結果から得られることが多く、万一その中に奇抜さ、崩し(バランス
の悪さ)というものが存在してしまったとき、それは大きなマイナス点となり不自然さが強調されてしまうのでは
ないでしょうか。

このあたりが圧倒的に大きなパネライでもさほど不自然さを感じず、それよりも小さいGSで不自然さを感じ
てしまうところの理由の一つではないかと思います。同じ理由として、BREITRINGのクロノマット2000は
確か39mmだったと思いますが、これを革ベルトで装着した普通の体格の女性を電車で見かけたことがあり
ます。女性にとっては大きい時計の部類になると思いますが、そこに不恰好さは感じられませんでした。

コレクションとかではなく日常使い前提でのご購入であれば、GS或いはオーソドックスなデザインの時計を
選ぶ場合は特定モデルへの拘りがよほど強くないかぎりは、自分の腕・手首の太さに見合った適切な
大きさの時計をお選びいただくのが賢明かと思います。

少々つけ加えます。パネライですが、装着姿は不自然ではありませんが、ただあの厚みは日常使いには
適していません。引っ掛ける、ぶつけるが頻繁に起こることは容易に想像できます。SBGA011の厚み
ですら、キャビネットやら手すりやらに歩きながら既に数回ぶつけています。もう少し薄ければ良いのだが
と思う今日このごろです。

それと、おやじ様ご紹介のパテックを複数所有しておられるブログ主さんのSBGA005の着用
例ですが、小生は身長170cm 60kgで手首は細いほうですがSBGA011であの写真ほど細くは映りません。
ブログ主さんの手首はかなり細いように思います。
No.1557 - 2008/04/06(Sun) 01:12:25
Re: / ゆり
ももさん

ほぼ同年代の女性でメンズタイプの機械式時計をお使いとの事、大変有益な体験談をありがとうございます!

検討中の時計は私の腕の太さですと、時計で腕が見えないという程ではないのですが、確かにベルトはブレスタイプより皮タイプの方がしっくりきそうですね。

ももさんがお気に入りのSTGF055も素敵ですね。STGF025にも共通して言える事ですが、いかにもGSっぽい、シャープな美しさが好きです。機械式にこだわらなければ、もうじき価格が上がるそうですし、今すぐにこれを買ってしまうところです。が、ももさんからの貴重なアドバイスも考慮に入れて、もう少し悩んでみます。どうもありがとうございました。
No.1555 - 2008/04/05(Sat) 22:47:36
Re: / もも
おやじ様、ゆりさん、はじめまして。ももと申します。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

以前より機械式時計が好きで、数本(多くが60年代、メンズタイプ)持っております。

当方、ゆりさんとほぼ同年代の女性で、少し小柄です。
以前からレディースGS購入を検討しており、思わず反応してしまいました。

機械式のいわゆる「デカ厚時計」を着けている感想を少し書かせていただきます。
GSではないですが、大きなもので直径約39(ラグ部分を含めるともっと大きいです)ほどのGMTを時々使用しています。
ただしベルトはブレスタイプではなく、皮ベルト(赤)です。

こちらの時計は日頃はあまり着けないのですが、大きいなと思いつつあまり気にしておりません。

周囲の反応は・・いろいろです。
冬場に長袖のセーターの上に着けていた時は、女性から「素敵ね」と言われ、一方夏場に半そでで着けていた時には、男性から「時計が重そうで腕が傾きそう」と言われた事もあります。
本人は気にしていませんでしたが、ほんの一言でも結構気になり、その後着けるのに躊躇するようになってしまうことも無きにしもあらずでした。

おやじ様もお書きになられているように、問題は腕の太さだと思います。
私の腕では40ミリ以下でも、ラグも含めると腕の幅が一杯になり、時計で腕が隠れ見えません。
ただ、特に女性が大きめを着ける際には、ベルトがブレスタイプか皮タイプかによってもその印象がだいぶ異なるのではないかと思います。
所有のメンズサイズ時計は全て皮ベルトです。大きめの場合は、恐らくブレスタイプより皮ベルトタイプの方がしっくり来るのではないかというのが私の印象です。

あとは厚さにも左右されますね。38ミリほどでも薄手ですと違和感は全くなく、非常に心地よい装着感です。

ZX11さんがお書きになっているように、ブームが去ってもご自身が気に入っていらして、それを自然に着こなしていれば大きい小さいは私も問題ないと思います。

あまり比較にはならないですが、例えば洋服でもその日、その年の気分や状態次第で、この服を着こなせるかなと躊躇する時もありますし、自然に違和感なく着こなせる時もあります。

本人が自然に違和感なく着こなしていれば、それで良いのではないかと個人的に思う次第です。

私は大きめの機械式メンズタイプから今はレディースクオーツに至り、結果GS購入を考えるようになりました。

STGF025は本当に素晴らしいですね。STGF055も個人的には非常に気に入っております。

ゆり様がご検討のSBGL001・・・実際に店頭で見た時には、目が奪われてその場からしばらく動けませんでした。これで少し小さめのレディースサイズがあればなあと羨ましくも、幸か不幸か・・・。

SBGL001をされている女性を見かけたら、私はすごく素敵だと想像しますよ。

長々と失礼いたしました。
No.1554 - 2008/04/05(Sat) 14:32:50
Re: / ゆり
おやじさん、ZX11さん
早速の非常に丁寧なアドバイスとご意見をどうもありがとうございます。また、お二人の異なった視点は貴重で、大変有り難いです。


>おやじさん

時計自体の大きさばかりが気になっていた為、調整コマの事には思い及びませんでした。試着は一応しておりまして、鏡でも見てみましたが、「大きいけれど、それ程おかしくもないかな」といった程度の認識だったので。改めて手首回りを測ってみたところ、14センチ程でしたので、この点は確認した方が良いですね。

また、非常に分かり易い装着写真入りのブログをご紹介下さいまして、ありがとうございます。ノーチラスは初めて知りましたが、薄くて綺麗ですね! 横から見るとこれだけ差があるとは、驚きです。

ロレックスの購入は、考えた事もありませんでした。紳士物の直径34ミリの方がより性能が安定しているという事ならば、この場合は見易さも含め、むしろ紳士物が良いですね。ロレックスの事は全く何も知らないので、パーペチュアルデイトやエアキングについての分かり易いご説明は有り難いです。今度店頭に見に行ってみます。


>ZX11さん

奥様が選ばれたSBGM003、温かみがあって良いデザインですよね。そしてベルトを替えたり着け方を変えたりと、工夫して楽しんでいらっしゃるのが素敵です。女性でも大きな時計をそうやって着けこなしている方がいらっしゃるというのは憧れます。

ガランテのSBLA005は、写真を見ましたが更に大きくて厚いようですね! でも
とてもエレガントなデザインで素敵です。確かにこういうものならば、ブームに関係なく、末永く愛用していかれると思います。貴重なご意見をありがとうございました。私もこういった観点から、じっくり考えて決めたいと思います。
No.1553 - 2008/04/05(Sat) 00:11:08
デカアツ時計の装着事例 / おやじ
「普通の体格の日本人男性がデカアツ時計を装着した場合」の状態を示す良い資料として、下記のブログ記事があります。
http://hatchobori.exblog.jp/4474790/

このブログ主さんは、とんでもなく高価なパテック・フィリップを何本も所有する時計コレクターでおいでですが、パテック・フィリップにハマる前は、スプリングドライブのグランドセイコーSBGA005を愛用しておられたようです。

SBGA005は、SBGA001の特別バージョンの筈で、ケース径は41ミリだと思います。
ブログ主さんがSBGA005を着用している様子を真上と側面から見た画像がありますが、いかにも腕に対して時計が大きいですよね。
ブログ主さんは、他の記事から「腕が細めの男性」としか分かりませんが、恐らく身長170センチくらいの方でしょう。そういう「普通の日本人男性」が直径41ミリ・厚み12.5ミリの時計を装着するとこうなるわけです。身長180センチ弱の私でも結果はあまり違わないと思いますが。

SBGL001は、直径38.5ミリ、厚み13.8ミリです。直径はSDより一回り(2.5ミリ)小さいですが、厚みは逆に増えます。ゆりさんがこの時計を装着すると、だいたい上記のブログ主さんがSBGA005を装着したのと同じかそれ以上に「デカ過ぎる時計をしている」状態になると推定します。

上記のブログの写真は「百聞は一見にしかず」の好例だと思いますので、じっくりご覧になってください。
私が常々「普通の日本人男性のジャストサイズは36ミリ。38ミリでも大きい」と主張している根拠がお分かりになると思います。
※ 1990年代に発売されたジャガールクルトの時計は、直径37ミリで「『ビッグ』マスター」と全世界で呼ばれていたくらいです。フランス語ではMaster Grand Tailleとか呼ばれたようです。

ちなみに、ノーチラスは「楕円形」ですのでサイズの測定が難しいのですが、恐らく直径38ミリより大きいでしょう。しかし、上記ブログの写真のように普通の日本人男性なら違和感なく装着できるわけです。これはブレスを含めてのトータルデザインが非常に優れていることと、ムーブメントが薄い為に時計本体を薄く出来るから可能なことです。GSのSBGX005系も同様の特質を持ちます。
No.1552 - 2008/04/04(Fri) 12:00:50
Re: / ZX11
ゆりさん、こんにちは。
僕は以前から大き目の時計を自然に着けこなしている女性をかっこいいと思っていました。
そのような話をずっとしていたからかわかりませんが
時計屋巡りに妻を付き合わせていたところ
クラシカルGMTのSBGM003を気に入ったらしく妻用として購入しました(私はガランテのSBLA005を購入)
妻の背格好はゆりさんとほぼ同じ165〜166cmくらいで細身です(体重は教えてくれません
径が39mmで厚みが13.5mmのSBGM003ですが、僕が見る限りは違和感はありませんし
本人が言うには職場での評判もいいようです(着け心地も良好とのこと

購入前からベルトを交換したいと言っていたので
キャメルカラーのカーフに交換してあげたところ大喜びで
次はネイビーやらバーガンディやらに交換してくれと大変です。
またシャツやセーターの上から時計を巻いたてみたり
付け方も色々工夫しながら楽しんでいるようです(普通に腕に巻いていることもあります
こういう自分のファッションにアクセサリとして時計を自然に溶け込ませていくのは
男性よりも女性が上手だなーなどと感心しております。

確かに『デカ厚ブーム』は存在しそれに追従するメーカーやユーザーも多いですが
だからといって『大きめの時計』の魅力が全てブームと言い切れないと思いますし
たとえブームが去っても自分が気に入っていて、またそれを自然に着こなしていれば
大きい小さいはあまり問題にならないと思いますよ。

なので僕はSBGLに1票入れますね。
SBGLは僕も妻もすごく気に入っていて最後の最後まで選択に迷った一品でしたので
もし購入されたならばゆりさんの観点からぜひ感想を聞いてみたいなーなどと
勝手に期待しています^^
No.1551 - 2008/04/04(Fri) 06:38:23
Re: / おやじ
ゆりさん、こんにちは。機械式腕時計に積極的に興味を持たれる女性と言うのは珍しいのですが(家内は『全く興味ない』そうです)、SBGL001のチタンバージョンを購入ご検討とは大胆なお考えですね。

ゆりさんは女性としては体格が良い方のようですので、今の「デカアツ全盛」の時代であれば、直径38.5ミリ(カタログ記載)のSBGL001は変ではないかもしれません。ただ、3日巻きのシリーズは厚みも結構あります。ブライトチタン製であれば重さは負担にならない(びっくりするほど軽い)とは思いますが。既にお店で試着はされたと思いますが、鏡に映してどう思われましたか?

私の家内は153センチとゆりさんよりもだいぶ小柄ですので、時計はレディースサイズのクレドールと他ブランドのレディースサイズのチタン製です。

一方、家内の母である義母は60過ぎの女性としては大柄で、身長160センチ弱ですが、正直「レディースサイズの時計だと小さく見える」感じです。(でもレディースサイズの時計をしていますが)

さて、ゆりさんは更に大柄で身長165センチ、体重49キロとのことですので、「ご自分が気にならないのなら」、恐らくSBGL001のチタンバージョンを着用される余地はあると思います。

問題は、腕の太さです。時計を着用して真上から見た場合に、ラグが腕の幅一杯になってしまうようですと、装着感がいかにも悪いと思いますし、見た目もやっぱり変でしょう。これは、実際にゆりさんの腕を見せて頂くわけには行きませんので何とも言えませんが。また、「調整コマを全部外しても腕に合わない」可能性も出てくるでしょう。購入前にコマを外すことは通常出来ませんので、この点には十分お気をつけ下さい。

率直に申し上げますと、私でしたらゆりさんにはロレックスのパーペチュアルデイトまたはエアキング(いずれも34ミリ)をお勧めしますね。以前、よく利用していたお店のオーナーの女性で、恐らくゆりさんと同じくらいの身長・体重・年頃の方が、ピンク(ブルーだったかな?)文字盤のエアキングをしておられて、とても自然に見えていた例を知っています。ゆりさんのご質問へのレスを書いていて思い出しました。

ロレックスのデイトジャスト系列は、この2年ほどでブレスレットが一新され、「ムーブメントもケースもブレスも欠点を探すのが困難な、最高の実用機械式時計」になりました。こういうことをGSフォーラムをやっている者が言うのは変なのですが、事実なので仕方ありません。

ロレックスは、
レディース、ボーイズ:レディースサイズの時計に入る小さいムーブメント
メンズ:標準サイズのムーブメント
となっております。

ロレックスの場合、レディースやボーイズに搭載されている小さいムーブでも十分な性能を持っているようです。セイコーを含む他社には真似できないことで、ロレックス社の高い技術が分かります。
※ ブランパンは、直径20ミリ、かつロービートで、ロレックスやGSに匹敵する精度と安定性を持つムーブを持っています。これが、ロレックスのレディースムーブに匹敵する他社の唯一の例だと思います。

ただ、そうは言っても、機械式ムーブメントはある程度の大きさがあった方が作りやすく、安定した性能を発揮できます。ゆりさんのご体格でしたら「34ミリのロレックス」は良い選択だと思います。

釈迦に説法になるかもしれませんが、ロレックスについて若干解説させて頂きますと、
※ 私も、時計マニアになる前は、デイトジャストとパーペチュアルデイトの違いを知りませんでしたので

1. ロレックス・デイトジャスト(直径36ミリ)と、ロレックス・パーペチュアルデイト(直径34ミリ)は、ケースとブレスのサイズが違うだけで、ムーブメントは全く同じ。どちらも、日付は瞬間で切り替わります。ただし、デイトジャストとパーペチュアルデイトは、文字盤の雰囲気がかなり違います。ブレスレットやベゼルのバリエーションも違います。

2. パーペチュアルデイトとエアキングは、サイズはどちらも34ミリで、ケースとブレスは全く同じ。文字盤のデザインも同じ路線。違いは「デイト表示のあるなし」のみで、ムーブメントは実質的に同じです。エアキングの方が少し安いです。
※ エクスプローラーI(36ミリ)とエアキング(34ミリ)は同じノンデイトムーブメントです。

3. お仕事で使われる時計でしたら、デイト表示はある方が明らかに便利だと思います。

「デイトジャスト」と「パーペチュアルデイト、エアキング」の二つのくくりに分かれていると考えると分かりやすいです。
No.1550 - 2008/04/04(Fri) 00:09:10
クレドール「叡智」に感嘆 / おやじ(管理人)
今年のバーゼルで、クレドールの特別仕様品「叡智」と言うのが発表されたそうですね。この時計、パテックやランゲに負けない「日本発の雲上時計」と言って良いと思います。

* プラチナケース
* この時計専用に開発したSD手巻きムーブ
* ノリタケが精魂込めて焼き上げた磁器製文字盤。染付けと同じ紺青のインデックスや文字。(要するに、時計の文字盤が染付けで出来ているのと同じです)
* デカアツ全盛の時代に背を向けた、直径35ミリ、厚み10ミリ弱の「日本人男性にジャストサイズ」
* 必要十分な、JISの日常生活防水
※ ムーブの直径が32ミリと言うことなので、ムーブ径+3ミリでケースを作れると言うのが不思議なのですが…

定価が550万+消費税、年産5個ということですが、恐らく5個はスムーズに売れるでしょうね。以前の「ソネリのような非現実的な価格、サイズ、非防水規格ではないですから。
(セイコーのニュースリリース)
http://www.seiko-watch.co.jp/press/release/baselworld/basel_2008_01.html

この時計について、時計ファンの方の感想が2種類見つかりました。

http://tomslabo.chicappa.jp/blog/?eid=196
「そして、実は私にとっては、このバックスケルトンから覗くムーブメントよりもさらに気になるのがダイアル。ノリタケと共同開発したそうですが、ダイアルには磁器製を採用しており、実に深みがある色合い。
グラスヒュッテオリジナルにマイセンとの共同開発による磁器製ダイアルのモデルがありますが、それに負けないどころか、日本の磁器の美しさを存分に生かした仕上がりですね。ノリタケの陶磁器上絵付一球技能士が、このダイアルにクレドールのロゴマークと12カ所のバーインデックスを瑠璃色で手書きしています」
全く同感です。

http://www.geocities.jp/tokeihakase/2008DirectDrive.html
(最後の方にこの時計について言及あり)
「脱線するが、2008年8月発売予定のSDの新作クレドール『叡知(えいち)』は凄い。年産5本(Ptケース)、価格600万円近いというのが興醒めだが、ノリタケと共同開発した磁器製文字盤、これは一生モノと呼ぶに相応しい。加えてSDの改良版7R08が美しい。まさに表裏両面で楽しめる逸品だが、ケース径35mmは昨今の標準からはチト小さい。せめて38mmクラスにどうして設計しなかったのだろうか。リューズはラジオミールのような逆台形型で、これはいかにも手巻に向いている。磁器製文字盤+38mm径+価格100万円以下(SSケース)のデフュージョン版を是非とも量産してもらいたいところだ。」

これは一寸私としては同意しかねます。この時計は、時流に乗らずに35ミリ径に仕上げたことに深い意味があるのです。セイコーさんは、最近はデカアツの時流に乗ったようなSBGL001系のモデルや、信じがたいほどのデカアツのSDクロノを出すなど、個人的には同意しかねる時計をいくつも出しておられたのですが、「叡智」は真に「一生ものの超高級時計」だと思いますね。

第一、私が「叡智」を買った客であれば、「磁器製文字盤+38mm径+価格100万円以下(SSケース)のデフュージョン版を量産」されたら怒りますよ。恐らくセイコーの時計は二度と買わないでしょう。家中のクロックもセイコー製からシチズン製か何かに総とっかえします。(笑)

パテックがドレスモデルは貴金属以外では作らないのと同様、このムーブと文字盤は貴金属ケースのみで出すべきです。もし、ランゲがSSケースで100万程度のモデルを出して来たらやっぱりランゲオーナーは怒りますよね。

「最高の普通」のGSと「クレドール『叡智』」は全く異なるものですし、私には「叡智」もパテックもランゲも全く手が届きませんが「セイコーもやるなあ」と思ったので、遅まきながら紹介させていただきました。

なお、私は2年ほど前にセイコーが発表した「12振動」には全く興味がありませんし、「技術的曲芸」としか思えません。9Sの後継ムーブは、6振動あたりにロービート化して欲しいと思っているくらいです。
No.1578 - 2008/04/16(Wed) 23:09:01
SBGR001 / kokos
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。
小生も先日33歳になった記念にグランドセイコーを購入しました。
SBGR001…すばらしい名品だと思います。
SBGR023と最後まで迷いましたがこちらに決めました。
はじめはオメガやロレックスに惹かれていて、
グランドセイコーのカタログを見て「地味な時計だな」
としか思っていませんでした。
…しかし、時間が経つにつれて気になって気になって
しょうがない存在になり、店頭に見に行ったとき(このときは確かSBGX041でしたが)その思いは確信に変わりました。
もうこの時計しかないと。
独身の今のうちに買っておきたい、なんでも値上げらしい(正確にはこの機種は据え置きだったのですがこのときは知らなかったのです…。)と言うことで清水の舞台から飛び降りる気分でした。
選んだポイントとしては
@メカニカル(クォーツと迷ったのですが、機械式時計への憧れとエコ的観点から電池要らないほうがいいかななどとも思い)
A飽きの来ないシンプルなGSらしいデザインBお値段ですね。
スプリングドライブは定年後のお楽しみにしておきます。
しかし、装着してみると時計のすばらしさに自分の貧相な姿が完全に見劣りしています。(苦笑)
この時計にふさわしい男いや「漢」になりたく精進したく思います。
所有したうれしさを書きたかっただけで長々と駄文申し訳ありません。
No.1528 - 2008/03/24(Mon) 22:45:32
Re: SBGR001 / おやじ(管理人)
さるびあさん、こんにちは。

「耐磁時計は、帯磁し難いのでしょうか」
耐磁時計というのは、私の理解では「ムーブメントを磁気を遮断するインナーケースに入れたもの」です。
恐らく唯一の例外として、IWCのインジュニアの一部に「テンプに特殊な素材を使い、いかなる磁気を浴びても帯磁しないもの」がありますが、これについては無視します。

さて、耐磁時計は、ムーブメントに外界の磁気が達しないことで「耐磁性」を確保しています。即ち、スペックの範囲内では、ムーブメントに外界の磁気が到達しないのですから「帯磁のしようがない」ことになります。これが答です。

「数年前に、ある時計メーカーのサービスセンターに尋ねると、耐磁と帯磁は別物であり、帯磁し難い時計はないとの回答を得ました」

失礼ながらSSの回答を聞き違えたのでは?と思いますが。
強いてこの発言に合理性を見出すとすれば、
「耐磁時計であっても、スペックを超える強力な磁気を浴びれば、インナーケースの中に磁気が侵入し、帯磁してしまう」
ということでしょうか。当たり前の話ですが…

先ほど「無視する」と申し上げた、インジュニアの一部の機種は、「テンプに特殊な素材を使い、いかなる磁気を浴びても帯磁しないもの」です。ベリリウムという金属を使っていると聞いております。
この金属は毒性を持っています。
「極めて毒性の高い物質で、人体に入ると特に深刻な慢性肺疾患を引き起こす」
ベリリウム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0
時計師さんの健康を考えると、こういう危険な素材は使わない方が良いですね。インナーケース方式で、十分な耐磁性を確保できるわけですから。この方式での耐磁時計が市場から消えたのは合理的なことだと思います。

また、典型的な「非帯磁素材」で「強度」と「寸法精度」を持つものといいますと、「ファインセラミックス」や「エンジニアリングプラスチックス」があります。将来、この種の素材で作ったテンプが実用化されたら面白いですね。ベリリウムと違って全く毒性がありませんし。
No.1575 - 2008/04/14(Mon) 13:41:05
Re: SBGR001 / さるびあ
もし御存じの方がいらっしゃいましたら御教授下さい。

ずばり、耐磁時計は、帯磁し難いのでしょうか?

数年前に、ある時計メーカーのサービスセンターに尋ねると、耐磁と帯磁は別物であり、帯磁し難い時計はないとの回答を得ました。
しかし、耐磁ということは、磁気の影響を受け難いようにシールドしているわけであり、磁気の影響が届きにくいのだから、帯磁もし難い気がいたします。

どうなんでしょう?
No.1574 - 2008/04/13(Sun) 23:13:31
Re: SBGR001 / おやじ
ら さん、こんにちは。強化耐磁の時計が威力を発揮する、かつ高度に専門的なお仕事のようですね。インジュニアやミルガウスの多くは、強化耐磁など特に必要ない環境で使われるか転売されて儲ける機会を待っていると思われますが、ら さんのSBGX045はとても幸せだと思います。

私自身は、時計を帯磁させたと知ったことは一度だけあります。金無垢のジャガールクルトでした。10年弱で一度だけですから、一般人が強化帯磁の時計を使う必要性はあまりないのかな?と考えておりますが、ら さんのような職業の方には強化帯磁時計は非常に役に立ちますよね。

なお、
「実験の都合上ある程度の耐磁性能があるもので、シンプルな3針白文字盤、33ー36mmを望んでいたのですが、私が探した限り見つかりませんでした」
白文字盤ではなく黒文字盤になりますが、一機種だけありました。ジンの244TI.Iというモデルです。
http://www.gmt-j.com/html/models/sinn/sinn_other/244ti/3290802000026.html
に非常に詳細な画像が載っていますが、「80,000A/m」の耐磁性能を持っており、直径は36ミリ、チタンケース・ブレスです。
ただ、この時計はもともと製造本数が少なく、しかも2007年に本国で製造中止になったそうで、今では新品購入は無理だと思います。
この時計のムーブはETA2892で、直径は25.6ミリのようです。ムーブサイズ+10ミリの直径と言うことですね。

ご愛用のGSの強化耐磁クォーツですが、搭載されているムーブ(9Fクォーツ)は、カタログに写真が載っていますが、楕円状の形状みたいです。
ザ・セイコー・ブックには、29ミリ*26ミリとサイズがクレジットされていますが、どこをどう測ればその寸法になるのか良く分かりません。

どうやら、サイズ的には直径28.4ミリの機械式の9Sムーブより少し小さいくらいのようです。それならば、強化耐磁のためにインナーケースに入れれば、直径38ミリになるのは自然だと思います。決して「デカアツのための38ミリ径」ではない、ということですね。
No.1548 - 2008/04/03(Thu) 21:04:55
Re: SBGR001 / るうたんぱぱ
★ SBGR001 / るうたんぱぱ
kokos様、おやじ様、ら様、他の皆様 こんばんは るうたんぱぱです。
kokos様、記念の品にSBGR001を購入した旨、ら様、学位取得記念にSBGX045を
購入した旨。おめでとうございます。高価な時計ですが、この時計を長く使うということあれば、これは非常に良いことだと私自身思います。
(他の皆様、もし気に障りましたら、本文はあくまでも、るうたんぱぱの
私見だということでご了承願います。)
以前読んだ本に、買った品のコストパフォーマンスは、使用した年数によるといった一文がありました。
例として、(あくまでも計算上ですが)SBGR001(定価35万円)を、
たった1年で飽きて、半値で転売すれば、17万5千円を1年で使ったことに
なります。しかし、5年使って半値で転売できれば、(あくまでも計算上ですので、)1年を3万5千円で使用したことになります。モノの価値は、当事者にしか、解らない為、賛否両論あるとは思いますが、自己投資(記念)といった意味では、本物を知る良い機会だったと思います。
身の丈以上のことをすることは賛成しませんが、目標を達成した自分自身の
ご褒美という意味では、最高の贈り物だと思います。(ら様、kokos様、
偉そうな事を書きましたが、気に触りましたら、お許し願います。)
偉そうな事を書いていまするうたんぱぱも、先日SBGE005を勤続25年の記念に購入しました。(kokos様、ら様の気持ちが、なんとなく解るような気がしますので、本文を投稿させていただきました。取りとめの無い文章であることを
失礼いたします。後日、SBGE005のレポはいたします。)乱筆、乱文で失礼いたしました。

No.1544 - 2008/03/31(Mon) 23:45:48
Re: SBGR001 / kokos
>おやじさま
いつもいつもためになるお話ありがとうございます。
朝青龍の件など楽しく読ませていただきました。
小生も最近有名人の腕時計をつい確認してしまうようになりました。(笑)
栗崎さんの御本もぜひ購読したく思います。
…確かに、あまりに大きな腕時計というのは小生からしても不恰好に見えるのですが。スプリングドライブもぜひ適正な大きさにしてもらっていつかはそれを購入したいなどと夢想しています。

>らさま
はじめまして。
学位取得(詳しくはわからないのですが博士号のことですよね?)、おめでとうございます!
さるびあさまもそうですが、この掲示板の知的レベルの高さに恐縮してしまいます。また、そういう方々に認められるGSにもまた、惚れ直す次第です。
SBGX045は確かマスターショップ限定品ですよね。
これまたGSらしい一品、欲しくなる一品だと思います。
高校生からの念願が適うなんてとてもすばらしいことだと思います!
No.1541 - 2008/03/31(Mon) 22:14:08
Re: SBGR001 / ら
おやじ様、kokos様、はじめまして、
SBGR001の発売(高校卒業時)でGSを知って以来、セイコーファンのら(29歳、独身)です。
GSに憧れつつ SEIKO QUARTZ TYPEII を使い続けていましたが、学位取得の機会にSBGX045を購入しました。

選ぶ際に驚いたのが、おやじ様、kokos様のおっしゃる様な大きさでした。
実験の都合上ある程度の耐磁性能があるもので、
シンプルな3針白文字盤、33ー36mmを望んでいたのですが、私が探した限り見つかりませんでした。
チタン製で軽く、磁場にも強いGS(クォーツ)ということで、SBGX045を購入したのですが、
もう少し小さかったらいいのになぁという思いは持ったままです(おそらくこの性能で38mm強は妥当な大きさなんだと思いますが)。
ただ、耐磁性能は素晴らしく、TYPEII で秒針がぴったり止まってしまう領域でもSBGX045は精度を保って動いています。

掲示板でみなさまのお話をうかがって、ロレックスの姿勢になにかと感銘を受けています。
今後も色々勉強させていただきます。よろしくお願いします。
No.1540 - 2008/03/31(Mon) 16:50:18
Re: SBGR001 / おやじ
kokosさん、こんばんは。
SBGR001はサイズの割にケースもブレスも厚みがあり、しかも「比重が重い」のでズッシリ感じますよね。

「欧米人といえども今の時計のサイズは大きすぎなのではないのでしょうか?
そもそも今、なぜデカアツブームなんでしょうか?
世の中どんどん「わかりやすいもの」、「大味なもの」が席巻している、悪化は良貨を駆逐するということなのかと残念に思います」

全く同感です。
私が何度も繰り返し読んだ本で
「機械式時計の名品―1910年代‐60年代」 栗崎 賢一 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%BC%8F%E6%99%82%E8%A8%88%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%93%81%E2%80%951910%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E2%80%9060%E5%B9%B4%E4%BB%A3-%E6%A0%97%E5%B4%8E-%E8%B3%A2%E4%B8%80/dp/4473018342/
があります。

この本は、要するに「横須賀の時計屋のオヤジさんが書いた本」なのですが、内容は非常に見識の高い本で、私の見る所、間違った記述は一つもありません。推薦できる本です。

ところで、この本にはクォーツショック以前の栗崎氏が評価する時計が数多く紹介されているのですが、その中で一番大きい腕時計が、
パテックフィリップ 永久カレンダー・クロノグラフ 直径38ミリ弱
だと思います。

要するに、ごく最近まで、腕時計のサイズの上限はこの辺だったのです。欧米人でもそのくらいのサイズの時計が腕に合うはずなのです。

私がある程度の値段の時計を買えるようになったのは1990年頃ですが、当時買ったセイコー製のクォーツは直径32ミリくらいで、別に小さいとは感じていませんでした。この頃は、腕時計は薄ければ薄いほど良い、とされた時代で、今とは正反対でしたね。まあ、こういった製品は日本国内市場向けで、輸出用にはもう少し大きな時計、34ミリ径(ロレックス・エアキングやパーペチュアルデイト)や36ミリ径(デイトジャストやデイデイトやエキスプローラーI)を作っていたのかもしれませんが。

1990年ごろ、私はまだロレックスを買える様な身分ではありませんでしたが、時計屋でデイトジャストを腕に嵌めさせて貰った事はあります。「大きな時計だな」と感じたのを記憶しています。

40ミリを越す大きさの時計と言うのは、欧米人でも持て余すサイズだろうと思います。相撲取りのような体格の人でないと着けこなせないのではないでしょうか。

そういえば、去年の夏から秋に朝青龍が大騒ぎを起こしていた頃、師匠の元朝潮の高砂さんが半袖シャツを着てマスコミによく登場していました。彼の時計はロレックスのデイデイト(36ミリ径)だそうですが、まるで一般人がボーイズサイズの時計をしているような感じでしたよね。ああいう体格の方なら、パネライなんかでも似合うと思います。(笑)

私は、このサイトでも、ムーブメント直径が30ミリであるが故に、40ミリ前後の直径にならざるを得ないスプリングドライブGSについては「必ず店頭で実際に試着して『大きさ』に納得してから買って下さい」と申し上げています。「SDは大きすぎるので買うのを諦めた」と言う方はあまり記憶にないですが。
※ セイコーさんも、SDムーブを一回り小さくできないかいろいろ検討したようですが、今の技術では30ミリ径が限界だそうです。いずれ、36ミリ径のスプリングドライブGSが実現する日も来るでしょう。

デカアツ時計の流行は、パネライの大ヒットが契機だと聞いていますが、私には全く理解できません。いつこの「ストリーム」が収束するかと思っているのですが、一向に収束する気配を見せませんね。

その「ストリーム」の中で、ロレックスが「デイトジャストの直径は36ミリ、パーペチュアルデイトとエアキングは34ミリ」を断固として守っており、デカアツブームと明らかに一線を画しているのは「見識」ですよね。

ただ、最近出たミルガウスは40ミリ径になっています。この時計、ムーブはCal.3130で直径28.5ミリ(GSの9Sムーブとほぼ同サイズ)で、エアキングでは34ミリ径のケースに収まっています。新型ミルガウスは相当分厚い時計と聞いていますが、よほど磁気を遮断するインナーケースを分厚くしたのでしょうね。エアキングと比べて直径で6ミリ増しですから。
No.1539 - 2008/03/31(Mon) 00:34:48
Re: SBGR001 / kokos
>おやじさん
すばやいお返事ありがとうございました。
本当に勉強になります。m(__)m
小生は小兵(166cm)なのでSBGR001でもちょっと大きいかな?と思うくらいですから…。180cm弱もあるおやじさんですらそうなのですから
欧米人といえども今の時計のサイズは大きすぎなのではないのでしょうか?
そもそも今、なぜデカアツブームなんでしょうか?
世の中どんどん「わかりやすいもの」、「大味なもの」が席巻して
いる、悪化は良貨を駆逐するということなのかと残念に思います。
No.1538 - 2008/03/30(Sun) 20:09:10
Re: SBGR001 / おやじ
kokosさん、こんにちは。レスありがとうございます。

「…やはり、最近の機械式時計の凋落と言うのははなはだしいのでしょうか?ロレックスなどは当然として他の名だたるメーカーもあるというのに…。意外な気がいたしました」

いえ、最近の機械式時計がダメになっていると言うわけではありません。良いものはやはり良いです。問題なのは、

「スイス時計の価格が不当に高くなっていること」
「馬鹿げた『デカアツ』が標準になってしまっていること」
です。

ワールドフォトプレス社の「世界の腕時計」という雑誌は、数ある時計雑誌の中で別格の信頼度を持つ雑誌ですが、この雑誌は10年〜15年前のバックナンバーを購入することができます。

例えば
「世界の腕時計 (No.36)」
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88-No-36/dp/4846521796/
1998年11月に刊行されたものですが、バックナンバーを新品で買うことができますし、マーケットプレイスで古本を買うこともできます。古本と言っても、書店の在庫品をそのまま仕入れた「新古本」であることも多いです。

ためしにこれを買ってみて、1998年の新品時計の価格を見て下さい。価格は、記事や広告で分かります。きっと驚かれると思いますよ。だいたい、現在のスイス時計の価格は、定価ベースで10年前の2倍、並行価格でも1.5倍になっています。

また、最近のスイス製新品時計で、直径30ミリ台のものはロレックスとノモスくらいしかありません。他はジャガールクルトのマスターコントロールが40ミリ、44ミリだの46ミリだのがゴロゴロしています。

しかも、GSのスプリングドライブのように「ムーブ直径が30ミリなので、ギリギリまでケースを小さくしても100m防水とすると39ミリ程度が限度」というわけではなく、ムーブの大きさは普通で、ケースだけを巨大にしている例が珍しくありません。例えばこれです。

ゼニスのクロノグラフムーブメントのエル・プリメロは、ムーブ直径30ミリのようですが、約10年前には3気圧防水で38ミリのケースの製品がありました。
例:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b82403894
ゼニス エルプリメロローズゴールド
「1999年1月購入の時計で、ユーズドです。素材は18金ピンクゴールド、黒文字盤、ケース径38ミリ、ケース厚12ミリ、シースルーバック」

現在、ゼニスが同じムーブメントを使って出している時計には、下記のようなものがあります。
http://www.lexson.co.jp/zenith11_2qqq.htm
「ゼニス グランドクロノマスターXXTオープン
ケース径45mm、自動巻き、クロノグラフ、(中略)シースルーバック、日常生活防水」

防水規格は3気圧で変わりませんが、実に7ミリも大型化しているわけです。馬鹿げた話です。

ルクルトのマスターコントロールも、10年前には基本的に同じムーブメントで直径34ミリの「マスタークラシック」と直径37ミリの「ビッグマスター」の2種類がラインアップされていました。その後、デカアツの時流に乗って6ミリも大型化したわけです。

国産品で、ロイヤルオリエント自動巻きは、まあ良心的な38ミリ径ですが、この時計を良く見ると、外見からだけでも、2ミリか3ミリ小さいくらいで「ムーブメントの直径に見合ったサイズ」であることが分かります。日付窓が妙に内側に寄っていますよね。
実際、この時計のムーブは直径26ミリですから、SBGR001やロレックス・デイトジャストと同じ36ミリで余裕を持ってケースを作れます。
http://watch-tanaka3.sub.jp/orient/WE0021JA/

SBGR001の9Sムーブは直径28.4ミリで、時計自体は36ミリ径です。ムーブの直径+8ミリで10気圧防水ですから、非常に合理的なサイズで作ってあると言えます。1998年当時は当たり前だったのですが、現在の時計業界では当たり前とはいえないのは残念なことです。

なお、私は身長180センチ弱で日本人としては大きい方ですが、腕時計のジャストサイズはデイトジャストやSBGR001の36ミリだと感じています。以前は直径38ミリのIWCマーク15を使用していましたが、大きすぎると感じておりました。
No.1537 - 2008/03/30(Sun) 16:44:59
Re: SBGR001 / kokos
>おやじさん
返信ありがとうございます。
なるほど、ブレスも重要ですよね。着けてみてなんとなくわかります。
購入するときはさほど気にならなかったのですが今後の購入の参考にしたく思います。SBGT015のブレスは確かにいいですね。
…お察しのとおり、いろんなカタログを眺めつつ「もう一本欲しい病」にかかるのでは?と思っています。
今はもっと時計について勉強し、己を磨いてより自分にジャストフィットした時計を模索していきたく思います。
…やはり、最近の機械式時計の凋落と言うのははなはだしいのでしょうか?
ロレックスなどは当然として他の名だたるメーカーもあるというのに…。
意外な気がいたしました。
No.1536 - 2008/03/30(Sun) 15:11:11
Re: SBGR001 / おやじ
SBGR001のご購入おめでとうございます。
確か98年の発売ですので今年で発売10周年になりますが、ガラスを両面無反射から内面無反射にして、黒文字盤のモデルを数年後に加えた以外は全く変わらずに来ています。
※ 個人的には、ブレスをSBGT015同等以上の構造に変えて欲しいのですが。それ以外は特に変えるべき点は思いつきません。

「飽きの来ないシンプルなGSらしいデザイン」、全くその通りで、何のCMだったか忘れましたが「何も足さない、何も引かない」ですよね。そして、スイス製時計がクレイジーな高値になっている現在、発売から現在まで全く値段が変わらないSBGR001は実にお買い得な時計と言えます。

ただ、好敵手と言えるロレックスのデイトジャストは、この10年間でブレスの質感を劇的に改善しましたので、こちらが並行価格で約10万円値上がりしたのはおかしくないと考えます。現在、まともな値段の機械式時計といえば

GS
ロレックス
ノモス
オメガ・アクアテラ

このくらいでしょうか。他は、正直申し上げて新品購入をお勧めできません。

「しかし、装着してみると時計のすばらしさに自分の貧相な姿が完全に見劣りしています。(苦笑)
この時計にふさわしい男いや「漢」になりたく精進したく思います。」

ご謙遜と思いますが、そういう意識を持ってお仕事や近い将来の家庭生活?に当たられると、きっとkokosさんが一回りも二回りも大きな漢に成長されると思いますよ。

なお、私の予想ではkokosさんも「もう一本欲しい病」に感染されるでしょう。もし近い将来に結婚を考えておいででしたら、GSクラスの時計をもう一本、kokosさんの自由意志で買えるお金をキープしておかれることを強くお勧めします。
No.1530 - 2008/03/26(Wed) 17:43:07
SBGW005 / Taku
皆さんこんにちは、

本日SBGW005を購入しました。
妻にはクレドールのGSAS040を購入しました。

結婚13年の妻への感謝の思いと、
今後もともに時を刻んでいこうという思いをこめて、
最初はグランドセイコーをペアでと思ったのですが、
グランドセイコーですとなかなかペアで気に入ったものがなく、
同じセイコーということで決めました。
妻はすぐに決まったのですが、
私は最後までSBGT015と悩みましたが、
機能性より恐らく愛着が強くなるだろうと思われる手巻きにしました。

目で見るよりも実際手にはめたときの満足感はとても大きいです。
これからも大切に使い、手入れもしていきたいと思っています。
No.1559 - 2008/04/06(Sun) 21:34:44
Re: SBGW005 / おやじ(管理人)
Takuさん、こんにちは。

1)
「時計本体にサランラップを巻きつつ、本体も含めた全体をジャーと流水(例えば水道の)をかけるということでよいのでしょうか?」

金属ブレスは定期的に「水圧のある流水」で洗わねばなりません。落とすべき汚れは
「汗など体から出る汚れ」
「ホコリ」
「ブレスのコマ同士が擦れて生じる金属粉」(IWCのブレスでは顕著に発生するそうです)
などです。

汗をかく時期に一日中装着しているのでしたら「余裕があれば、毎晩帰宅後に洗う」のを習慣づけてよいと思います。

本来、中性洗剤やハンドソープなどをつけた方が汚れが良く落ちますが、「日常生活防水のブレス時計」の場合は本体についた洗剤等を洗い落とせませんので洗剤等を使えません。ですので、40度弱くらいの、人が浴びるのと同じ温度のお湯で洗うのが良いと考えます。サランラップで本体を保護しているわけですので、水圧は強めにかけて大丈夫です。やや熱いくらいのお湯で水圧をかけて洗えば、上記の汚れは落ちるでしょう。

こうしてブレスを洗ったら、時計を覆っていたサランラップを外し、除菌ウェットティッシュ(エタノールが主成分)で時計全体を拭いて下さい。これで日常の手入れは十分と思います。

なお、時計本体が濡れている状態では竜頭を回してはいけないので、ゼンマイの巻上げは「時計を洗って、綺麗に拭いてから」になるでしょうか。

2)
「時計本体を洗うということはできないかと思われますが、SBGW005の場合、それは仕方がないということでしょうか?」

時計本体は「日常生活防水」です。メーカーが「洗ってはいけません」と言っているので、それに従うのが無難です。後述するように、SBGW005はブレスを「慣れれば容易に」付け外しできますので、時計本体を無理に洗う必要もありません。

幸い、SBGW005はラグに貫通穴がありますので、ここに「頑丈なバネ棒外しの突き棒」を挿入することで、慣れれば容易にブレスを外すことが出来ます。
なお、この商品を薦めます。
http://www.tokei-ya.net/products/273.html
この商品は、工具部がネジコミ式になっていて、ふいに緩むと危険ですので、私は根元をセロテープで固定して緩まないようにしています。
強度が足りない安物バネ棒外しではこの用途には役に立たず、ブレスがビクともしません。少々高いですが上記の商品を買ってください。

バネ棒外しでブレスを外せば、ブレスとフラッシュフィットは「入れ歯洗浄剤」で完全洗浄できます。この手入れは数ヶ月に一度で良いでしょう。

その際に、「裸になった」時計本体を除菌ウェットティッシュで綺麗に拭けば宜しいかと思います。フラッシュフィットに隠れている部分はこうしないと掃除できませんし。

なお、手入れが悪くて酷く汚れた時計の事例を見ますと、正しくこの「フラッシュフィット部分」に泥のようなもの(実際は垢や埃)が詰まったようになっているものが見られます。汚い話ですが、高温多湿の日本で、金属ブレスの時計を洗わずにずっと使っていればそうなってしまいます。
No.1572 - 2008/04/12(Sat) 08:29:35
Re: SBGW005 / Taku
おやじ様、
ご丁寧なメッセージを頂きどうもありがとうございました。
時計を購入して約1週間となりますが、SBGW005の飽きのこない美しさにとても満足しています。
メンテナンスについてのリンクを拝見させて頂きました。
時計全体の洗浄ということは今までやったことがなく、まずそれ自体にびっくりしてしまったのですが、やり方としては時計本体にサランラップを巻きつつ、本体も含めた全体をジャーと流水(例えば水道の)をかけるということでよいのでしょうか?
またこの場合、時計本体を洗うということはできないかと思われますが、SBGW005の場合、それは仕方がないということでしょうか?
今までやったことのないことなので、本当にそれでよいのか不安があり、アドバイスをいただけましたら幸いです。
宜しくお願いします。
No.1571 - 2008/04/12(Sat) 06:37:56
Re: SBGW005 / おやじ(管理人)
Takuさん、こんにちは。奥様のクレドールGSAS040、どんな時計かなと思ってインターネットで調べて見ましたら、これは美しい時計ですね!GSとは違う「クレドールテイスト」だと思います。ちなみに、私の家内のクレドールもこれと同じ流れを汲むデザインです(年式はだいぶ前のものになりますが)。TakuさんのSBGW005とも、「ノンデイト」と言う点が共通ですね。

クォーツGSの利便性は他に比べるものがないですが、クォーツ時計は何もすることがなくて面白みに欠ける、というのもこれまた事実です。SBGW005はこれまた非常に美しい時計ですし、「この時計を買って後悔したと言う人は聞いたことがない」、GSの中でも出色のモデルと言えます。Takuさんも、ボックス型風防の中を滑らかに動く青い秒針に見とれておられるのではないでしょうか。

SBGW005は、メーカー保証の防水性能が「日常生活防水」です。これについては以前に随分議論がこのサイトでもありましたが、下記にまとめてありますので是非参考になさって下さい。
http://gs-forum.hp.infoseek.co.jp/gs-tips/nichijobousui.html
No.1563 - 2008/04/07(Mon) 23:24:13
ペアウオッチ / Charlie
おやじ様

いつも楽しく拝見いたしておりましたが、初めて書き込みさせていただきます。
このたび女房を説得して、ペアウオッチを買うなら少々高級な時計を購入していいということになりました。

ペアウオッチということで、選択の範囲は限られてしまうのですが、女房に百貨店でGSの実物を見せたところ、SBGX047(STGF047)がお気に入りのようで、多分このままでいくと、これに決定するような気がします。(私としては、黒のGSも捨てがたいのですが。)

ここでご教示いただきたいことがあるのですが、GSクォーツ以外でおやじ様がお勧めできるペアウオッチが何かございますでしょうか?値段はGSに比べて極端に高くなければ許容範囲があります。自動巻き・手巻きは今まで余り考えたことがなかったのですが、もし、お勧めのものがあるなら、自動巻き・手巻きでもかまいません。

私自身はGSクォーツが機能・デザインとも実用時計としては一番と思っておりますので、GSクォーツを購入することで意思は固まっているのですが、本当に他の選択肢がないのかどうか?ということを確認いたしたく書き込みをさせていただきました。

よろしくお願いいたします。
No.1532 - 2008/03/30(Sun) 09:26:18
Re: ペアウオッチ / おやじ
Charlieさん、こんばんは。無事にペアウォッチのご購入の運びとなったようで品物が届くのがさぞお楽しみかと存じます。SBGX047 & STGF047のペアですが、あの「スチールブルー」の文字盤色は恐らく他社には例がないGS独特の色だと思います。オンタイム・オフタイムを問わず、文字盤色の見え方の変化を楽しみながら使える時計でしょうね。そのことを実感できるのがオーナーの特権で、私はショーウィンドウ越しに想像するだけですが。

この両機種のブレスは、メンズはネジ式、レディースはピン式のようですね。レディースの場合ブレスが薄くなるのでネジ式で作るのは難しくなるのでしょうか。タナカ時計店さんがうまく調整してくれると良いですね。

メンズの方は精密ドライバーを使えば自分で微調整可能ですが、レディースの方は専門家でないと難しいです。届いた後に、地元の時計店に微調整を頼むとしたら、頼む店の選択には気をつけてくださいね。外したコマを客に返さずに黙って捨ててしまう店もあるようですので。
No.1547 - 2008/04/01(Tue) 22:32:05
Re: ペアウオッチ / Charlie
ご丁寧なご回答ありがとうございました。

結論的には、ペアのGSクオーツ(SBGX047 & STGF047)をおやじ様ご推薦の「タナカ時計店」で購入することになってしまいました。

実は、ここに書き込んだすぐ後、「タナカ時計店」にメールで現在の最新の販売価格の確認をしたところ、おやじ様のおっしゃるとおり、「タナカ時計店」の価格が私の調べた限りでの最安値であることがわかりました。ただし、4月21日以降、SEIKOの値上げに伴い、ほとんどの機種で販売価格を値上げします、とのコメントつきでした。

そこで、すぐにメールを女房に見せて、「早く買わないとこんなに値上がりしてしまうよ。」と脅したところ、あっさりGOサインが出ましたので、すぐに「タナカ時計店」に発注し、ネットで銀行振り込みまで済ませてしまいました。

もちろん、バンドのサイズは、腕周りを慎重に測定し、ゆるめの調整で、6時側をできる限り短くしてほしい、とお願いしました。

私としては黒のGSも捨てがたかったのですが、現物のSBGX047の文字盤の色の、見方によっては白、青白、緑っぽくも見える、言いようのない美しさに心惹かれたことも事実です。

来週の4月8日火曜日に届くとのことなので、とても楽しみです。
No.1546 - 2008/04/01(Tue) 22:00:45
Re: ペアウオッチ / おやじ
Charlieさん、こんにちは。ペアウォッチのご購入とは微笑ましいお話ですね。奥様の決裁が下り易い方法と言えるでしょうか。

さて、10年以上使える時計でペアウォッチになるものと言いますと、ご指摘のようにGSには数多くラインアップされていますが、それ以外ですと

クレドール
ロレックス
ザ・シチズン

の3つが候補に上がると思います。説明が長くなりますが、結論としてはやはりGSが最適選択だろうと思います。

(1)クレドール
ペアウォッチになるものは何種類かあり、GSとは違うクレドール独特の魅力があって値段も適正とは思いますが、
(例)
http://www.credor.com/lineup/signo/reference/gcaz_gsba015.html
私は積極的にはお勧めしません。時計としては、やはりGSの方が出来栄えが上ですから。クレドールのレディスは電池寿命が「2年」で、GSレディースの「3年」より短いのもネックです。ムーブメントは基本的に同じなので、何で電池寿命がGSの方が長いのか不思議なのですが。なお、私の家内の時計はクレドールなのですが、2年という電池寿命は本当です。

(2)ロレックス
「機械式」でペアウォッチをそろえると言うことでしたら、現在はロレックスしか選択肢はないと言ってよいでしょう。ただ、ロレックスのデイトジャストをメンズ・レディースで揃えれば80万程度になります。そこまでは考えておられないのかな?と思います。ロレックス・デイトジャスト系は、近年ブレスレットの構造を抜本的に改良し、「無敵の実用機械式時計」となっておりますので、80万は決して高くはないとは思いますが。

(3)ザ・シチズン
http://citizen.jp/the-citizen/lineup/index.html
を見ますと、シチズンさんは現在はチタン製をメインにラインアップしているようですね。チタンは柔らかくてキズがつきやすいのですが、シチズン自慢のデュラテクト加工が施されていますからまず安心でしょう。私は以前にデュラテクト加工のザ・シチズン(ステンレス製)を持っていましたが、そのキズ防止効果は実に素晴らしいものがありました。

但し、シチズンさんに聞いたこと、識者に聞いたことを総合しますと
「デュラテクト加工というのは、アイスクリーム(金属素材)のチョココーティング(デュラテクト皮膜)のようなもの。金属素材が凹むほどの強い衝撃を受けるとデュラテクト皮膜が破れてしまう。その場合、研磨などの修理は不可能で、ケースやブレスのパーツを交換するしかない」
とのことです。

ザ・シチズンには18金無垢のモデルもありますが、これにはデュラテクト加工は施されていません。
http://citizen.jp/the-citizen/lineup/gold/570971.html
金無垢はステンレスより柔らかくかつとても高価です。先ほどのアイスクリームのたとえで言いますと、ステンレスやチタンより「凹む」可能性はかなり高いでしょう。その場合「デュラテクト加工なので交換するしかありません」と言う説明では客が納得しませんから、金無垢モデルにはあえてデュラテクト加工をしないのでしょう。これは商売として合理的だと思います。

デュラテクト加工というのは、上記のように「非常に効果的だが、万一の場合はケース交換になる」という両刃の剣のような技術です。セイコーさんも、GSやクレドールより安価で「一般的な上質な腕時計」として販売しているドルチェやエクセリーヌには、デュラテクト加工と同質の効果を持つと思われる「ダイヤシールド」を施していますが、GSやクレドールにはこの技術は使われていません。
http://www.seiko-watch.co.jp/de/about/index.html
「DIASHIELD(ダイヤシールド)は、長期携帯による小傷や擦り傷から、時計本来の美しい輝きやきれいな仕上げを守るためにセイコーが独自に開発した表面加工技術です」

20年、30年使うことを前提として販売するGSやクレドールに「ダイヤシールド」を使わないのは、セイコーさんの立派な見識だと思います。なお、GSの場合ですが、キズが目立ってきた場合は素材(ステンレス、ブライトチタン)に関係なく、31,500円で新品同様に磨きなおして下さるそうです。私はこちらの方が「高級時計の正道」だと思いますね。
No.1533 - 2008/03/30(Sun) 10:25:14
SBGC004 / deskjet
web 画像ではかなり Pink がかかって見えたので、それを気に入って取り寄せたのですが、私には実物は単体では Gold と区別が付きません。それでもせっかくだから買ってしまいましたが...。「社長 Mouse」というのがありましたが、「社長 Watch」という感じですね。
No.1542 - 2008/03/31(Mon) 22:31:39
Re: SBGC004 / おやじ
SBGC004を購入されたのですか?定価で300万近い時計を購入できるdeskjetさんの甲斐性には敬服するばかりです。社長ウォッチというご形容は上手いですね。確かにそういう人でないと買えないでしょうし装着しても似合わないでしょう。

ところで、deskjetさんはブログをお持ちのようですが、パスワードを入れないと参照できないようでした。SBGC004の詳細画像を拝見できるかと思ったのですが残念です。(笑)
No.1545 - 2008/04/01(Tue) 12:36:00
ご挨拶 / deskjet
失礼。ご挨拶を忘れていました。deskjet です。よろしく。
No.1543 - 2008/03/31(Mon) 22:36:33
嫁の説得の仕方 / maru
GS愛好家の皆様、いつも楽しく拝見しております。

いつぞやはリューズガード付NewLineモデルの選択で相談にのって頂きましたmaruです。

その後、GS購入計画を進めていました。

どうしても重量が重く感じるSBGA015は却下し、管理人おやじ様のご指導通りSBGA011にしようと思いました。

さて、掲題の件ですが、GS愛好家の皆様のうち妻帯者は、多かれ少なかれ嫁に高額な時計の購入の
相談をされていることと推察されます。

GS購入に至ったということは、嫁を説得した経験がおありかと思いますので、よろしければ良案を教えて下さい。

ちなみに、私の場合・・・

@家事は進んでやっております
A肩はもちろん足のマッサージを毎日
B寝る前には必ず布団乾燥機で嫁の布団は暖める

などなど、我ながら涙ぐましい努力をしています。

何か良い方法はございましたでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。
No.1523 - 2008/03/23(Sun) 18:58:56
Re: 嫁の説得の仕方 / おやじ
428さん、こんにちは。SBGA015のご購入おめでとうございます!

「嫁の会社の社販で何故かSEIKOフェアがあって、割安でGSを入手できるチャンスが巡ってきたのです。嫁も私の欲求を十分を分かってくれていたし、一緒に時計を見てGSの良さを理解してくれていたので、将来の小遣いを調整することにして、購入をお願いしました。一昨日、憧れのSBGA015を左手に嵌めることができました」

社販価格がどのくらい安いのかは存じませんが、割安にGSを購入できて良かったですね!奥様のご理解も得られたようで何よりです。

GSはスリキズがついても磨けば取れますが、深い傷は磨いてもやっぱり跡が残るようです。時計に深い傷をつけてしまうシチュエーションとして「腕を引くときにどこかに引っ掛ける」ことです。腕を自分の方に「引く力」は「押す力」より強いですし、「時計が引っかかっている」ことに気がついた時は、既に事故が起きてしまっているでしょう。「後悔先に立たず」となります。

このリスクが容易に生じうるのは「自動販売機から商品を取り出すとき」ですので、自動販売機を利用する際は、必ず時計をはめていない右手で取り出すように、左腕を自動販売機の取り出し口に入れないように気をつけてくださいね!
「自動販売機の品物は右腕で取る」
ことを習慣づけるだけでも、時計に深い傷をつけるリスクはだいぶ減ると思います。

ただ、私は高級時計といえるものを使い始めて8年になりますが「跡が残るような打ち傷」をつけたことは一度もありません。そんなに心配されなくても大丈夫とは思いますが、用心に越したことはありませんので。お互い、大事な時計はいたわって使いましょう。(笑)
No.1535 - 2008/03/30(Sun) 10:34:14
Re: 嫁の説得の仕方 / 428
みなさん。はじめましてこんにちは。
たまたまホームページでGSのスプリングドライブの動画を見てから、欲しくてたまりませんでした。それまで数万の時計をしていたので、いい時計をしている人を羨望のまなざしで見て、ショッピングの時に時計店に入ってはウインドウショッピングで、「叶わぬ夢」としてGS購入を思い焦がれていました。

ところが・・・
嫁の会社の社販で何故かSEIKOフェアがあって、割安でGSを入手できるチャンスが巡ってきたのです。嫁も私の欲求を十分を分かってくれていたし、一緒に時計を見てGSの良さを理解してくれていたので、将来の小遣いを調整することにして、購入をお願いしました。一昨日、憧れのSBGA015を左手に嵌めることができました。4月から社販の取扱い価格が上がることも決断した要因です。嫁には感謝感謝です。これから節約生活です(苦笑)。
No.1531 - 2008/03/29(Sat) 07:48:43
ありがとうございます / maru
GS FAN様、おやじ様、さるびあ様、ありがとうございます。

自分の給料を自由には使えなくなりましたので、GSの様な高額なものの
決裁はなかなか降りません。

しかし、皆様のご助言を生かして、なんとかGSを購入したいと思います。

どうもありがとうございました。
No.1529 - 2008/03/25(Tue) 21:25:02
Re: 嫁の説得の仕方 / さるびあ
私は、苦労の末、5年がかりで博士号を取得した際に、SBGA003を嫁におねだりしました。
私の苦労を知っていますので、想像以上にすんなりと許してくれました。
でも、この方法は、2度と使えません。ですので、SBGA003が最初で最後の高級時計と覚悟を決めています。
No.1527 - 2008/03/24(Mon) 21:41:25
Re: 嫁の説得の仕方 / おやじ
maruさん、GS FANさん、こんにちは。
100万単位の時計を気軽に買える身分でもない限り、妻帯者にとって、ご指摘のような悩みは尽きませんね。

maruさんは立派な愛妻家でおいでで、奥様との関係は良好なようですね。その点、私などよりよほどご立派だと思います。

GS FANさんが言われことと重なりますが、女性は亭主の持ち物については基本的に「ケチ」です。自分の洋服とか宝石とかについては基準が変わりますが、これは「ダブルスタンダード」ということで致し方ありません。

「ちゃんとした時計をしていることはオレの社会的地位から大事なこと」
「安い時計を買い換え続けるより、耐久性の高い時計を買って使い続ける方が結果として安くつく」
「アフターサービスコストが安く、定年まで安心して使えるグランドセイコーはその条件にピッタリ(※ ロレックスでも良いのですが)」

と、「経済性」のメリットを強調されると良いと思います。
No.1525 - 2008/03/24(Mon) 08:13:23
Re: 嫁の説得の仕方 / GS FAN
maruさんこんばんは。
皆様お久しぶりです。GS FANです。

ポイントはさりげなく・・だと思います^^;。

@さりげなく時計の雑誌を居間などに置いておき、妻の目に留めさせる。
Aお仕事でエグゼプティブな方々とお会いすることが多いと伝えてみる。
B一生もので、長く使える時計の方がかえって金銭的にお得という話をする。
C流行に関係なく堅実な国産時計は、メンテナンスや維持費も安い。

というような話をしてはどうでしょうか。
No.1524 - 2008/03/23(Sun) 22:59:51
SBGX036 / さるびあ
会社の上司がSBGX036を買われました。美しいステップ運針にうっとりしてしまい、クォーツも良いなぁと改めて思いました。
そこで質問なのですが、SBGX036って現在のセイコーのHPに載ってないですよね?どうしてなのですか?御存じの方がいらっしゃったら教えて下さい。

2年前のおやじさまのNo.493の書き込みの時点では、まだ、健在ですよね?
No.1521 - 2008/03/19(Wed) 21:43:27
Re: SBGX036 / さるびあ
製造中止なんですね・・・・。確かにGSにしては派手ですが、私の上司の歳ですと、よく似合っている気がいたします。私がはめると、ちょっと目立ちそうですが・・・・。

小さい割には、ゴールドの重みがずっしりとして、重い時計も良いなぁと思いました。SBGT014もいいですよね!スプリングドライブにもデイデイトが欲しいです。
No.1526 - 2008/03/24(Mon) 21:36:53
Re: SBGX036 / おやじ
さるびあさん、こんばんは。
SBGX036等の「クォーツのあの形態のモデル」は、2年ほど前にカタログ落ち(HP落ち)したと記憶しています。06年の春だったと思いますが、「貴金属価格高騰による貴金属使用モデル価格改定」の時には既にありませんでした。

SBGX036は、文字盤が全て金色でGSの中では派手な部類ですよね。GSの中では高額のモデルですから店頭在庫が残っていたのでしょうか。上司の方が貫禄のある方であれば良くお似合いではないでしょうか。

私はゴールドが基本的に好きですので、SBGT014を持っております。この時計を持ちますと「デイデイトはクォーツに限る」と痛感します。
No.1522 - 2008/03/19(Wed) 22:47:23
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS