05778

名前
MAIL
URL
タイトル
文字色
Cookie / パスワード

ヤッター!60才にて初ブログです(^O^)/ / kiko

お久しぶりです。TVドラマ「あなたには帰る家がある」
そうか〜益々、回を重ねるごとに、今風な感じで脚色されても、色あせることなく、本を読めば、今風な菅田将暉風にもなる山本文緒さんでした。パチパチ!!

No.650 2018/05/21(Mon) 15:06:42

(No Subject) / ゆ〜みん

山本文緒様
ほぼ20年前、私は文緒さんの本が大好きでした。
作品の半分以上は読んだと思います。
強く印象に残っているのは、「パイナップルの彼方」や「群青」ですね。
最近お名前を見かけしない気がしていて寂しく思っていましたが、
昨日本屋さんで「あなたには帰る場所がある」の文庫を見かけて、
「最近テレビで宣伝しているドラマ、山本文緒さんの原作だったんだ!」と気づき、なんだか涙がでるほど嬉しかったんです!
文緒さんの文章は本音炸裂で読み始めると止まらないほど引き込まれて面白いから、ぜひ多くの人に読んでもらいたいと思っていたから。
そして早速文庫を買って、あっという間に読み終えてしまいました。
読み始めて気付いたのですが、以前読んだことがあったのです(汗)。
でも結末を覚えていなかったので、最後までドキドキしながら読むことができました。
また、先週から始まったドラマも見ました。
設定がだいぶ変わっていて、原作とは雰囲気も違いますね。
でも、随所に文緒さんのセリフが組み込まれていたので、これから毎週金曜日の楽しみができました。
ちなみに私も、現在心の病で会社を休んでいます。
文緒さんも療養されていたとのことで、これから「再婚生活」などを読ませていただく予定です。
文緒さんのご本、これからも楽しみにしています。
でも体調優先で無理はされないでくださいね。

No.649 2018/04/19(Thu) 19:42:19

また小説を書いて欲しくて。 / ラッキー

なぜかふと今日山本文緒の小説にハマっていた20代OL時代の自分を思い出しました。
ふと本棚を見ると、他の小説は捨てていたのに、「ファーストプライオリティ」、「恋愛中毒」、「プラナリア」は単行本で、その他は全部文庫で保管してありました。あの頃、読み漁っていました。いろいろ小説を通じて学ばせて頂きました。感謝です★

No.648 2017/11/25(Sat) 23:48:54

文緒様 / いっしー

初めて書き込みいたします。
久々に「ファーストプライオリティ」を読み返しました。
改めて、こんなにうまい作家はいない!と思いました。
ラプンツェルのときも群青のときも、同じように思いました。
こんなに意地悪で上手な作家はいない!と。
そのことを書きたくて、ここにたどり着きました。
またきます。

No.647 2017/11/03(Fri) 23:43:41

(No Subject) / シトロン

山本文緒さん。初めまして…最近どうされてるかな?とふと思いたまたま掲示板に辿り着きました。 私は短大生の時、本当に綺麗な女友達がいまして、綺麗すぎて友達いなくて 笑
私は逆に気になるのと、美の秘訣も知りたくて仲良くさせてもらってまして…その時に山本さんの本を紹介してもらいました。彼女は本当に嬉しそうに山本さんの本は読んだ方がいいと、綺麗な目をキラキラさせながら言ってくれて、普段本は読まないんですが、まぁいっかくらいの感覚で読んだら見事に私も大ファンになりました。私にとって山本文緒さんの作品と彼女はいつもセットで思い出してしまいます。色々語ってしまい申し訳ありません。
何でしょう…男性目線の小説での女性の描かれ方が嫌いだった私は本当に山本さんの作品にでてくる女性に憧れてました。かっこいいなって。
そして、たまたま山本さんと同じ時代にうまれたから本が読めたという喜びも感じてまして、、急にお礼が言いたくなりまして、まとまらない文章ではありますが、本当に本を書いて下さってありがとうございます。

それから、おこがましい言い方かもしれませんが、頑張らないでください、私はただ山本文緒さんが生きたいように生きて頂きたいです。 無理しないでください。身体が1番大事です。
私が同じ病気になった訳ではないので本当の苦しみを理解は出来ないのですが、ゆっくり休んでボチボチいきましょう!
また おじゃましにきます。

No.646 2016/11/28(Mon) 03:28:00

(No Subject) / KUREHA

10年ほど前でしょうか。山本文緒さんの文章に魅了されていた時期があります。
読む作品は自分の年齢や環境とともに変化します。だからしばらく遠ざかっていたのですが、最近あらためて「群青の夜の羽毛布」を久しぶりに読ませていただきました。
やはり透明感のある文章。大好きです。今の仕事柄「自尊感情」について考えるところあり、この作品はなんだか私の心にしっくりと来ました。今とは違うまだ携帯のない時代。すれ違う感情。目に浮かぶような坂の上の家。雪。
様々を本当に楽しませていただきました! ありがとうございました。
これからもどうかお身体に気をつけて、また、楽しませてください。

No.645 2016/08/21(Sun) 22:49:18

(No Subject) / ミイ

山本文緒さんのエッセイを、暇なときいつも
パラパラ読んで楽しんでいます。
山本さんの小説は読んでてなぜか悲しくなって
くるのでもう読んでないのですが、エッセイは
とんでもなく面白いし、笑えます。
日々是作文と再婚生活の2冊が特に好きです。
再婚生活はすごく辛そうなのにすごく楽しそうで、はたから
見ると、辛い時期って楽しい時期でもあるんだ
なあと実感しました。穏やかな幸せって、幸せ
だけどつまんないですよね。
また意地悪で優しい文緒さんの今のエッセイ、
日記をおやつ食べながら読みふけりたいです。
出たらすぐ買います。

No.644 2016/07/14(Thu) 10:52:36

文緒さん / 缶の

大好きです。日本で一番文緒さんの本読んでるかもしれません!!きっとそうです!ツイッターやめてしまわれましたよね?寂しいです。元気に過ごされていますか?
文緒さんの本がまた読みたいです、待ってます大好きです。

No.643 2016/07/01(Fri) 13:27:52

細く長く(=゚ω゚)ノ / ごま

山本さま
はじめまして。
眠れるラプンツェルからずっと愛読させていただいています。私も横浜生まれ、横浜育ちです。
私も心の病を、10年以上患い、いまは元気です。病気のときは、山本さまの作品にシンクロしたい気持ちが強く、耽溺していました。いまはまた、別の視点で読めそうです。なぎさの文庫をこれから読みます。
どうか、細く長く、新作をお願いします。いつまでも応援しています。

No.642 2016/06/27(Mon) 07:53:46

大ファンです! / miwan

もう20年近く愛読していますが、初めてお便りします。
私が先生の作品に出会ったのが14歳の時です。
「絶対泣かない」でした。
その後、すぐにファンになり、先生の作品を高校生の時読み漁りました。
今考えると、先生の作品はすこし穿った見方をされているので、可愛くない女子高生だったと思います(笑)
「なぎさ」一年前に読みました。
先生の作風が変わっていたので、びっくりしました。
あまりというか全く穿ったところがない…!!
でも先生の本には変わりません。
とても楽しく読ませていただきました。
先生はやはり「王子」さまの影響が強いのかと思いました。
再婚されて他人事ながら、本当に微笑ましいです。
でも私が精神科の閉鎖病棟に入院したその日に「再婚生活」が発売されて、私のいた病院と先生の入院なさっていた病院の落差に驚きました。
その後、ご病気はいかがですか?
完璧に治るという病気ではないので私はまだ病院に通っていますが、先生はいかがでしょうか?
「王子」さまのおかげですっかり良くなっていたら、嬉しいです。
私にはまだまだ精神安定剤になる男性がいないので…。
早く見つけて、今の病気から完治したいです!!

No.641 2015/08/13(Thu) 11:45:21

以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
100/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Skin: Modern v1.12 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS