リンク変更完了!  春野あさひ [ M H* ]  ⇒
天本さん、こちらこそご無沙汰です。で、さっそくリンクを貼り替えさせて頂きましたので宜しくお願いします。(新しくまたさわやかな印象のサイトとなりましたね?)

お体にも十分気をつけてお過ごし下さいね。また、同盟でも待ってます!
No.385 ⇒ 2007/03/16(Fri) 16:32:14

ありがとうございます。  あまもと [ M H ]
大変お手数おかけしました。
なかなか小説のほうには手は出せないのですが、とりあえずサイトの引越しを出産前に終わらせてしまいました(笑

同盟のほうですが……じつは、1月に抜けてしまってまして、お邪魔できない状態ですw
サイトのほうはちょくちょく覗いております。
これからもどうぞよろしくお願いします。
No.386 ⇒ 2007/03/16(Fri) 17:35:33


御作品『野獣』の感想です  マスケッター [ M H* ]  ⇒
 初めまして。『お気楽感想同盟』で御依頼を受けましたマスケッターです。早速参りましょう。

 まずは、御要望を箇条書きの形で進めましょう。

 1、登場人物の性格

 濃淡が明確になっていて把握し易く、名前を聞けばすぐにイメージできるようになっていると思います。一番濃いのは柳澤教授でしょうか。少し場違いな例えかも知れませんが、ドイツ映画の『アナトミー』を思い出しました。
 ただ、濃淡が明瞭な分、匂いが曖昧なのは残念でした。
 以下、性格論と言うより行動論になってしまいますが、御許しを。
 『野獣』と言う題名を掲げていられるのなら、単に戦闘シーン前後の汗や血の臭いだけでなく、求め合う男女の匂い、嫉妬の匂い、獣を隠す為の偽装の匂い、少し考えただけでも実に様々な匂いが出てくる筈です。例えば、ヒロインが嫉妬する根拠が、単に服のセンスの違いや浮気の現場を確認しただけでは寂しいです。自分と彼氏(なのでしょう、多分)の『住処』に違う女性の香りが入ってこそ悶えるのです。
 それから、死臭はシャワーを浴びた程度では落ちません。昔、私の知り合いに看護師がいましたが、『担当の患者が亡くなった時、幾ら御風呂に入っても爪の間から臭いが滲み出てくる』と教えられました。登場人物達に、もっともっと、強烈な匂いを持たせて下さればより一層面白くなるでしょう。蛇足ながら、実験室に入ってアルコールやホルマリンの匂いがしないのも演出上やや腑に落ちません。

 2、世界観

 近未来SFと四畳半ドラマが合体した感覚で楽しめました。ああ言った『ゲーム』が半ば公然と行われている以上、生命工学が異常に突出した社会なのでしょう。
 ただ、その世界を動かしているのが何なのかが少し伝わりにくく感じます。一般の人々は、別に『野獣』等いなくても困らない訳で、このままだと世界の構成要素が分かりません。
 例えば我々の社会では、良かれ悪しかれコンピューターや自動車が無いと近代文明を享受できません。御作品はSFですが、『野獣』以外にその世界の独特さを示すものが全く無い為文明レベルが把握しにくいです。柳澤教授が自分のバンに堂々と商売道具を積んでいるのも……正確にはそうした器材を守る為の措置が講じられている気配が無いのも……少し違和感がありました。『野獣』同士の対決が御作品の見せ場なのは良く分かりますが、こうした細かい小道具を生かした演出が無いと世界観は分かりにくいのです。研究所の描写も現実社会の病院や研究所と大差無かったです。和泉がどんな回答を出すのか、あの場ではまだ分からなかった訳ですし、見た目は平凡な応接間にしておいて、実は色々な仕掛けが……と言う風な仕掛けがあれば楽しめたでしょう。付け加えるならあれ程のパワーを持つ『野獣』が麻酔弾如きで行動不能になるのも少し拍子抜けでした。それなら、麻酔機能を持つ『野獣』を開発すれば敵の『野獣』も捕獲出来るし一石二鳥なのでは?
 あと、遺伝子工学についてどのくらい下調べをされておいででしょうか。御作品の肝は『野獣』ですが、それを支えているのは遺伝子な訳で、折角柳澤教授が登場している訳ですし、一席ぶって欲しかったところです。そんな説明なんか退屈ではないか、と思われるかも知れませんが、御話の肝にかかわる基礎理論の確立、及び話の筋を崩さない形での説明挿入も技術の内です。

 3、御話が窮屈かどうか

 これはまぁ、主観の問題になって参りますが、特に窮屈とは感じませんでした。恐らく意図的に無駄な描写を省かれた事かと拝察しますが、私としては簡潔で丁寧な筋建てだと思います。要所要所で山場もありましたし、読者を退屈させないようにと言う配慮が感じられました。
 ただ、窮屈と言うより流れと流れの継ぎ目がやや生硬な感を受けました。戦闘シーンと四畳半シーン(と、勝手に名付けましたが)との連携が少し弱いです。その理由は、街並みの描写こそきちんとなされているものの、そこで生きている人々(建前にせよ、『野獣』も日常はその一員です) の感覚、本音、肌触りと言ったものが伝わって来ないからです。戦闘直後の『野獣』を見て、その辺の野良犬が無視して素通りするでしょうか? 路地裏で遊んでいる子供達に血糊を平気で見せているのでしょうか? 場面と場面の継ぎ目とは、そうした点にあるのです。

 御要望については以上です。次に、その他雑感について申します。 
 後書きも拝読しましたが、100枚と言う量はプロでも無い限り半端なボリュームではありません。それを描き切った充実感、格別のものがあろうかと拝察します。
 SFは私も好きな分野の1つですが、ハードSFはどうも苦手で、スペースオペラものに傾きがちです。等と申しましてもろくな読書量が無いわけですが。
 天本様が今回の御作品にかけられた情熱はひしひしと伝わって参りました。続編が出たらまた拝読致したく存じます。

 以上です。御参考になれば幸いです。
No.378 ⇒ 2007/01/27(Sat) 18:01:50

ご指摘感謝感激です  あまもと [ M H ]
マスケッターさん、早速のご感想、ありがとうございます。

描写に匂い(臭い)があれば、というのはたしかに!
気付きにくい点を、本当にありがとうございます。空想の中ではなかなか思いつきにくい点です。改めて、自分の文章の書き方を見直すことが出来そうです。

「野獣」の舞台はほぼ現代(未来ではなく)にしたかったので、自分が見える範囲での描写しか出来なかった……というのは、言い訳ですね。もっと、日常風景、周囲で暮らしている人、通行人、物、あらゆるものまで目を向ける努力、気配りが必要なのですね。
あと、物語の最後、やはり、見る人が見ると展開が中途半端だったんだなぁ、と反省しました(涙
なかなか、思いつかないのを捻って出したつもりでしたが、努力が足りなかったみたいです。こうしたシーン自体描きなれていないこともありますが、なるべく読者を納得させられる展開にもっていくようにしなければ、と、更に思い知らされました。

あと、遺伝子工学については、別の話でも使っているため、専門の本などを見て、コソコソ勉強はしているものの、半端知識であるのは否めません。確かに、見せ場で柳澤に薀蓄垂れさせておけば更に盛り上がったかも知れないですね。

場面の繋ぎ目に付いてのご指摘もありがとうございます。
各話を書きおわる度に心をリセットしてしまったのかも知れないです。次に、次に、と、話は続いているのですから、マスケッターさんのおっしゃるとおりに、全体の流れを妨げない技術も必要なんですよね。

ご依頼して、本当によかったと思います。
自分では何度読んでも殆ど気付かなかったことが、はっきりとわかりました。欠点、不足点も、見えてきました。
次にこの続き(別の話もそうですが)を書くときは、こうした点にも配慮して生きたいと思います。
本当にありがとうございました!!
No.379 ⇒ 2007/01/27(Sat) 18:23:35


謹賀新年  春野あさひ [ M H* ]  ⇒
あけましておめでとうございます。天本さん。その後お元気ですか?お体は大丈夫ですか? 本年も楽しくやって行きましょうね。

そして天本さんにとってよき一年となります事をお祈り申し上げます。(お互い良い作品が書けますように!)
No.375 ⇒ 2007/01/04(Thu) 17:26:40

あけましておめでとうございます!  あまもと [ M H ]
今年もどうぞよろしくお願いします!
体調はいい感じです。結構順調みたいです。

なかなか顔を出せず、申し訳ないですw
が、生きております!

お互い、よい一年になりますように!
No.376 ⇒ 2007/01/05(Fri) 02:31:46


物書きネット  物書きネット [ M* H ]  ⇒
物書きネット


support@monokaki.net

はじめまして  

あなたの作品をぜひうちのサイトで発表してくださいませんか。誰もが気軽に作品を無料で発表したり、販売することができるサイトを12/1よりオープンしました。

作品を販売していただく場合の印税は書籍価格の80%で、どのオンライン出版社よりも有利な条件となっています。もちろん無料でご利用いただけますので、どうぞ一度お越しいただき、ご参加をご検討くださいますようお願いいたします。詳細は「物書きネット」を検索ください。

http://monokaki.net/
No.373 ⇒ 2006/12/29(Fri) 19:35:29

Re: 物書きネット  あまもと [ M H ]
お誘いありがとうございます。
様々なサイトで書き込み拝見しております。

せっかくですが、私のスタンスと少し離れている感がありますので、ご遠慮させていただきます。

大変レスが遅れてしまい、失礼いたしました。
貴サイトの益々のご活躍をお祈りします。
No.374 ⇒ 2007/01/03(Wed) 01:57:15


虚空の惑星  さくらみかん [ M H* ]  ⇒
天本さん、こんばんわ。
今日は「虚空の惑星」更新分まで拝読させていただきました。
おそらく非常に恐ろしい性質を隠し持っているだろうリー氏が、なぜかわたしのお気に入りなんですが、彼はどんな酷い人なんでしょうね。そんな彼のことが知りたいなんて、Mなんでしょうか?(笑)

悲愴な決意をしたジュンヤの今後も気になるところですが、デイックという過去のいろいろな秘密を持った親父さんのことも気になるところです。
まだまだ謎がたくさん隠されているだけにいろいろと想像してしまいます。
現実にある崩壊後回復途上にある地球と、機械に覆われて出来たネオと名のつく都市たちの違いなども、もっと教えていただければとおもいます!(とリクエストを残しておきたいと思います!!)
あと、更新されている最新話と一つ前の話とのNEXTのリンクがなかったのでお知らせしておきますね。

また違うお話も読ませていただけたらと思っています。
とてもおもしろかったです。
No.371 ⇒ 2006/12/03(Sun) 22:00:18

ありがとうございます! そしてレス遅れましたw  あまもと [ M H ]
めちゃレス遅くなりましたー!
ご感想ありがとうございます!!

リーが好みでしたか!
彼はかなり人気あるみたいです(笑
これからどんどん出番が増える予定なので、おまちくださいませ!

世界の秘密……に関しては、次の話から、少しずつ紐解いていくつもりでいます。私自身も整理ができていなかったりするので。(それはそれでまずいんですが)

リンクのところは直しておきました。ご指摘ありがとうございます!
(レス遅れてしまったことに後悔しつつ)
本当に、ありがとうございました!
頑張って続き書こうと思います!! 
No.372 ⇒ 2006/12/09(Sat) 05:41:08


63/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS