BARカジャナカロカ

下のフォームはお使いいただけません。投稿はこちらから⇒ 投稿フォーム

Name
Subject
File

クッキーを食す / 呪文

8マンVSサイボーグ009!? - Name: カナメ No.1743 - 2020/06/20(Sat) 08:54:20
七月×早瀬コンビがまたやってくれます。月に一度のお愉しみが帰ってくる!
「8マン特別小冊子」も超貴重。売り切れご用心ですね。

チャンピオンRED 2020年8月号 次号予告
https://www.akitashoten.co.jp/red/next
 


「幻魔宇宙の片隅に」連載第4回を公開しました。 - Name: カナメ No.1742 - 2020/06/15(Mon) 19:23:03
ワタシとしたことが、野性時代版『幻魔大戦』を忘れておりました(笑)。
先程、こっそり加筆しておきました。

幻魔宇宙の片隅に 連載第4回
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12603887466.html


「幻魔宇宙の片隅に」連載第3回を公開しました。 - Name: カナメ No.1741 - 2020/06/07(Sun) 22:35:47
ここでも告知しておきます。
『幻魔大戦 Rebirth』の読書日記、その連載の3回目です。まえがきのほうが長くなりました(笑)。

幻魔宇宙の片隅に 連載第3回
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12602392370.html


Re: 池上遼一「さまよえる女」 - Name: カナメ No.1740 - 2020/05/20(Wed) 21:59:40
扉絵の英語表記、気にもしていませんでした。
なぜ複数形の「WOMEN(ウィメン)」なのか? 読んだ者としては納得できます。


re:池上遼一「さまよえる女」 - Name: keep9 No.1739 - 2020/05/16(Sat) 18:34:18
この作品は原作なしなんですね。

扉絵の右端の英語タイトルが「WONDER WOMEN(ワンダー・ウィメン)」になっているのは冗談なんでしょうか。さまよっている女、だったらWONDERING WOMANになるはずなので、何かしらの意味がある……のかな?


池上遼一「さまよえる女」 - Name: カナメ No.1738 - 2020/05/09(Sat) 20:02:41
池上遼一「さまよえる女」を読了。「ビッグコミック・スペリオール」の短期集中連載。過去二号はすでに店頭にはありませんが、電子書籍が購入可能です。いずれコミックスには収録されると思いますが。
主人公の名前は小森勇一。作品のテーマは「死を蒔く女」だという七月鏡一氏のツイートに偽りなし。
ネタバレは避けたく、情報のみに留めておきます。

ビッグコミックスペリオール 2020年9号(2020年4月10日発売) [雑誌] Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B086W1X6XN/
 


Re: お礼など - Name: カナメ No.1737 - 2020/04/18(Sat) 16:50:31
奈津さん、投稿ありがとうございます。
ワタシの場合、平井せんせいの言葉であることは覚えていたものの、さてどこで書かれたものかまでは記憶が定かでなく、探し当てるまでに手間取りました。お役に立ててなによりです。

■まさに、これですね。
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12587040830.html

リアル幻魔大戦が、まさかウイルスとの戦いであったとは、予想もしませんでした。ウイルスと戦う前に人間同士で諍いが起こるところも、まさに幻魔大戦的です。だからといって、別にコロナ大王が大よろこびしたりはしないでしょうけど。
 


お礼など - Name: 奈津 No.1736 - 2020/04/13(Mon) 23:48:48
あちらのブログには新しい記事が上がっておりますが、4月4日の投稿を読みまして、一言お礼が言いたくて。

3月の後半ぐらいからでしょうか。
私のような田舎に住む者でも緊張感漂う昨今の状況がかの文章の通りであるなあと感じておりました。でも、どこで読んだのだったか、誰の文章であったか記憶が薄れておりました。平井和正氏の文章だったのですね。何やらしみじみ腑に落ちました。
まさにそれしかないというような表現で、確かに平井和正氏の文章であったなと感じ入った次第。
ついでに、「夜にかかる虹」下巻を再読致しました。当時の濃密な時代が思い出され、懐かしかったです。
思い出させていただいて、そして再読の機会を作っていただいて、ありがとうございました。


近況報告 - Name: カナメ No.1735 - 2020/03/15(Sun) 13:10:37
『幻魔大戦 Rebirth』の読書日記を書き上げました。本文だけなら、最長クラスです。
これから推敲を重ね、細かい修正を、はたまた新たな着想が湧いて、大幅な練り直し、なんてこともあるかもしれません。
さらに漫画『幻魔大戦』、石ノ森章太郎版『幻魔大戦』の読書日記の執筆に入り、月内の三本立て発表に漕ぎ着けたいと思います。


近況報告 - Name: カナメ No.1734 - 2020/03/04(Wed) 01:58:40
『幻魔大戦 Rebirth』を1巻から読み返しつつ、読書日記を綴っております。絶賛難渋中。そのぶん、お愉しみいただけるものになるのではないかと思います。(当社比)
そして、その前に元祖・漫画『幻魔大戦』を避けては通れないと思っているのですが、ここへ来て石ノ森章太郎ソロのリュウ掲載版『幻魔大戦』にハマってしまい、一気に読んでしまいました。面白いんだ、これが。ずいぶん昔に読んだときは、それほど強い印象はもたなかったのですがね。こちらのこころのステージが変われば、作品の感じ方もまったく違ってくるものです。
そんなわけで次回以降の読書日記は、漫画『幻魔大戦』→石ノ森『幻魔大戦』→『幻魔大戦 Rebirth』と進行していく予定です。今月いっぱいはかかってしまうかなあ。コミック幻魔月間ですね。


約30年前の時代の空気感に驚く〜OVA『ウルフガイ』 - Name: カナメ No.1733 - 2020/02/23(Sun) 22:56:05
オリジナルビデオアニメ『ウルフガイ』は、1992年12月(かの伝説の実写映画『8マン すべての寂しい夜のために』が東京ドームで上映された時期ですね)から1993年6月にかけてリリースされました。
何故いま、この話題なのか? それはこのアニメの生頼範義ジャケットが、「生頼範義画集〈狼男達〉」で画集初収録されたことがきっかけです。このジャケット、何気に生頼範義が描いた平井和正作品の最後の仕事なのですが、レンタル版に限られていたために、このアニメを観たひとでさえ、存在自体けっこう知られていないようです。

■見開きA2サイズの破壊力!!!(オマケ付き)〜生ョ範義画集〈狼男達〉
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12573970504.html

このアニメ、YouTubeで現在全編視ることができますので、興味のある方はご覧になってみてください。
久しぶりに鑑賞して印象深かったのは、爽やかな歌に乗せたオープニングですね。白井コースケみたいな神明が、ガソリンスタンドのお姉さんのお尻を触って、ガソリンをぶっかけられる。……いまなら完全にアウトの描写ですね。「レディを口説きはするが、こんな真似はしない!」と原作から神明が飛び出して怒り出してきそうです。いや、とやかく文句をつけるつもりはないんですよ。しみじみ感じたのは、お尻にタッチという文句なしのセクハラ、痴漢行為の描写のこのライト感です。こういうのが時代の空気感というものなんでしょうね。

■Anime OVA - WOLF GUY All 6 Episodes (eng-sub)
https://www.youtube.com/watch?v=RDecGJQqt4o

そして、何度見ても笑えるのは、地下掘削シーンですよ(1時間44分頃)。
原作では「手まわしドリル」と書かれているのですが、アニメでは電気ドリルを使用しております。

「今度気分が荒れだしたら、早めに言ってくれ」
GRRRRRRRRRRRRRRRR...

虎4が暴れるより、よっぽど騒々しいです。
まあ、このことそれ自体は、笑い飛ばしてお終いのご愛敬のツッコミどころでしかないのですが、やっばりこういう粗さ、雑さ――「手回し」なんて面倒臭い作画はやってられない。おかしいのはわかってるけど、これで行っちゃえという創り手のやっつけ具合――というのは、つまるところ原作への「愛の無さ」の表われであって、全体の出来を象徴していたように思われます。話の筋は原作にほぼほぼ忠実なのに、物語としてはまるでつまらないという、ワタシの目には残念な作品でした。
 


幻魔大戦(16)「光の記憶」の読書日記を公開しました。 PART2 - Name: カナメ No.1732 - 2020/02/22(Sat) 14:01:09
幻魔大戦16巻「光の記憶」の読書日記を正式公開しました。けっこう書き換え、書き足してますので、以前に読んだ方は、あらためて読み比べてみてください。
さらに前フリとして、『新幻魔大戦』のテキストを【再放送】しています。『幻魔大戦 Rebirth』開幕時のテキストも、ワタシの「黒バラ会時代」(笑)に言及した、ある意味、前フリになってます。

■【再放送】 幻魔再誕を祝す〜『幻魔大戦 Rebirth』開幕に寄せて
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12576042916.html
■【再放送】 考察『新幻魔大戦』
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12576114482.html
■邦ちゃんのいわたかつてない平山ビル来訪〜幻魔大戦(16)「光の記憶」
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12575555156.html

実を云うと、この16巻は一体何を書いたものかと、悩んでいました。読み終えたあとで思い浮かんでいたのは、マニアックな小ネタとしての、「アトランティスのアガシャー大王」のくだりぐらいで。それこそ、井沢郁江が講演してるだけやん(笑)と、ワタシ自身が思っていました。
それがいざ書き出してみると、まるで「言霊」とやらのように、あれこれと浮かんでくるのは、やはり文章を書くという行為によって、脳が活性化するのだろうと思います。『幻魔大戦』に丸橋忠弥が登場するなんて、考えたら凄いことじゃないかと。
こういう気付きは、ただ遠足気分で読書をしても、訪れてはくれません。あとでレポートを提出しなければならないというプレッシャーを負い、凝視するように読む、そして実際にレポートを書く、そうすることで、はじめて引き出される何かがある。
そんな引き出される気付きの快感が病みつきになってしまい、実際しんどくてしょうがない文章を書くという行為を続けています。登山をする人に近いかもしれませんね。
書いてみてはじめてわかる気付きがある。大人の読書感想文、こちらをお読みの皆さんにも、ぜひオススメいたします。


幻魔大戦(16)「光の記憶」の読書日記を公開しました。 - Name: カナメ No.1731 - 2020/02/16(Sun) 18:56:03
なんとまあ、前巻「幻魔の標的」から実に7カ月ぶりとなってしまいましたが、幻魔大戦16巻「光の記憶」の読書日記をアップしました。せんせいの執筆ペースのほうが遥かに早い(笑)。いくら日曜ライターだからって、それも言い訳にならないぐらいのノロマぶりです。

■邦ちゃんのいわたかつてない平山ビル来訪〜幻魔大戦(16)「光の記憶」
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12575555156.html

「主な出来事ダイジェスト」が長過ぎ、時間かけ過ぎ。だいたい「主な出来事」どころじゃないし、これじゃ浜村淳の映画紹介だ。もっとコンパクトに要約できないのは、つまるとこワタシがヘタクソだからです。ここから心を鬼にして半分程度にカットすることもできなくはないと思うのですが、ワタシ自身の資料にしたいという思惑もあり、このままいかせていただきます。幸い本文のほうも、これよりは長くなりましたので。改行も含めてですが。
もうしばらく、修正、改変の余地がないかチェックしまして、SNSに告知いたします。


「生頼範義画集〈狼男達〉」の読書日記を公開しました。 - Name: カナメ No.1730 - 2020/02/11(Tue) 13:06:31
風邪の病魔に打ち勝ち、ようやくブログに上げることができました。画集も「読書」って云っていいのかわかりませんが。
https://ameblo.jp/tkaname/entry-12573970504.html

『黄金の少女の』の挿し絵はなかったですねえ、さすがに。頁数には限りがあり、カラー絵が中心になるのは致し方なしといったところではありますが。
「生頼範義イラストレーション〈幻魔世界〉」のような、廉価な電子版の登場を期待したいですね。あのめくってもめくっても終わらない、モノクロイラストの超充実ぶりときたら。ボリュームに対するコストの低さは電子版の強みでしょう。そして、見開きの問題なんてのもそもそもありませんし。
差し当たってレアなイラストは、ウェブの展示を鑑賞させていただくことにしましょう。

■生ョ範義 展 The Illustrator
https://www.facebook.com/noriyoshiohrai/



ヒライストNAGOYA MeetUp開催のお知らせ - Name: マスター No.1729 - 2020/02/01(Sat) 14:16:35

 本投稿は別人によるなりすましにつき削除しました。


Re: 8マン予約しました。 - Name: カナメ No.1728 - 2020/01/27(Mon) 22:27:49
keep9さん、ご無沙汰しております。これからもどうぞよろしくです。
入院中なんですか。どうぞご自愛ください。一日も早い退院を祈っています。
ワタシはただいま風邪と格闘中です。病院で薬を処方してもらいましたが、鼻詰まりが治んなくてイラつくわあ。健康とはなんと有り難いものかと、病気になると痛感します。
楠たかはる版最終回を読まれたのは、アップルBOXクリエートの「8マン・パーフェクト」でしょうか。ワタシの初読もそちらです。
ご紹介の番組、YouTubeにも上がってますね。……確かに!
https://www.youtube.com/watch?v=BcB0g39cu7s&list=PLtNkEjsrCvQdvQUUGOaVncTtqyb7s1rRY


8マン予約しました。 - Name: keep9 No.1727 - 2020/01/27(Mon) 08:13:21
ご無沙汰しております。keep9@入院中です。

8マンそれ自体は秋田書店サンデーコミックス版、リム版くらいしか買っていませんでしたので、今回の電子書籍版で未読の話があるのを楽しみにしております。一応楠たかはる版の最終回は既読です。
 静岡のSBSラジオ発の番組「林哲司・半田健人の昭和音楽堂」をradikoプレミアムで毎週聴いておりますが、オープニングで流れている軽快なインストルメンタル曲、あれ「エイトマンのうた」のアレンジですよね。


電子書籍版『8マン』 - Name: カナメ No.1726 - 2020/01/22(Wed) 01:54:07
これまで、ごく限られた電子書店でしか販売されてこなかった『8マン』の電子書籍版、ようやくアマゾンKindleほか、各電子書店で販売が開始されるようです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0842HK2SL/

……なんか、いままでにない、ポップなタイトルロゴですね。
ワタシはebookjapanの電子書籍を買ってますので、表紙以外に何かしら付加価値がなければ、見送ろうと思っていますが、収録の中身で何かあれば教えてください。

マンガショップシリーズで出た「8マン〔完全版〕」に収録した内容を網羅してくれたら、うれしいのですがね。
アシスタントが代筆した少年マガジン掲載版と、のちにリム出版のコミックで「桑田二郎」が描き直した二つのバージョンの最終回を収録しているほか、辻真先脚色で80年に雑誌掲載された「新・エイトマン 太陽衛星サンダーの巻」まで収録されている徹底ぶり!
https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68319971

……これを電子化してくれたら、すでに所持している電子書籍をあらためて買い直そうという気にもなるのですがね。出版社が「e文庫」なので、ちょっと期待してるんですけどね。


Re: 虎男の星座レビュー - Name: カナメ No.1725 - 2020/01/19(Sun) 19:43:51
***さん、さっそくの校正、ありがとうございます!
ご指摘のリンク切れについては修正しました。ページそのものがなくなっていましたので、ウェブアーカイブにリンクしました。
リンク切れはほかにも沢山あります。外部リンクについては本文に直接ではなく、一旦ページ内の注釈に飛び、そこでURLを記載する様式に随時あらためていこうと思っております。

「スラプスちック」については、ボヘガラの「ロマンちック」と同じ意図的誤用です。もちろん、それは承知の上でのダメ出しだろうとは思いますが、いまのところは判断留保とさせてください。


虎男の星座レビュー - Name: マスター No.1724 - 2020/01/18(Sat) 19:32:30
本投稿は別人によるなりすましにつき削除しました。


「虎男の星座」を更新しました。 - Name: カナメ No.1723 - 2020/01/18(Sat) 18:06:35
せんせいの命日に合わせ、1月17日に「虎男の星座」を更新しました。『幻魔大戦 Rebirth』の完結って、やっぱり節目だと思いましたので。厳密には深夜0時を過ぎてしまいましたが、そこは17日の25時、26時ってことで、御勘弁いただきましょう。
初めて平井和正亡き後の歴史に踏み込みました。主役が去っても物語は続く。まるで幻魔大戦ですね。幻魔大戦のように面白い物語が、これからも続いてくれますように。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/t_kaname/hk/history.html

03480
300/300件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 過去ログ | 画像リスト ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 投稿回数 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-X Rocket BBS