07776

詩投稿掲示板 New @〜夢一夜〜

いらっしゃいませ。
よろしかったら、あなたの言の葉を置いていってください。

*管理人の諸事情でレスに時間がかかることがあります。
*原則として同日の連続投稿はご遠慮ください。
*初めての方は、ひとことご挨拶いただけると嬉しいです。

此処は、皆さんがあたたかなやさしい気持ちになれるような
ほっとした空間でありたいと願っています。
管理人がこの場所にはそぐわないと判断させていただいた場合は
作品の優劣、芸術性に問わず、誠に勝手ながら削除させて
いただく場合もありますので ご了承ください。
              ・・・・・管理人 星野美咲

*投稿パスワードは 半角英字で poem と入力ください。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
URL
件名
文字色
/ 編集パス
投稿パスワード
はじめまして NEW / 西朗
〈ある恋に寄せる詩〉
あなたを彼方にやってしまった 勝手に
あなたを 星のように たまに見上げる存在に
 オレは勝手にそうしてしまって ここには空っぽの
何も見えない そんな空だけが残された この内部にね

思い出を語ってはみたかった 一度くらいは
それを消えない線に連ねてみたかった 一度くらいは
 映画の中で 一度だけすれちがっただけのような
味気のない関係 まるで振り出し もう今そうなってしまった
 だけどそれであなたの価値が 勝手に小さくなるなんて
当然そんなことがあるはずはないから あなたは進みゆけ まだまだ
 あなたはきれいになれ 益々 勝手なオレを更に遠くにして
見えない 聞こえない そんな星になれ あなたは
 冷たい夜の中で オレは勝手に伝説を枕代わりに
寒い過去の駅に さよならを誓おう さよならを



●突然失礼いたします。勝手に一つ貼ってしまいました。西朗と申すものです。もしよろしければ載せてください。ありがとうございました
No.97 - 2016/12/23(Fri) 23:19:53
Re: はじめまして NEW / 星野美咲
あなたが何処かに行ってしまった
手を伸ばせば届いたはずなのに
何も見えない 何も聴こえない
知らない世界に消えてしまった

重ねた時間が虚しく残る この胸の中
ひとつひとつの点が線になると信じてたのに
言葉にすれば良かった
繋いだ手を離さないでと
追いすがって泣けば良かった

くだらないプライドに縛られて
大切なモノを失うなんて
愚かな過ちを悔いたところで
あなたはもう戻らないのね

あの日 またねと言ったあたしに
あなたは背中を見せて振り向かなかった

さよならさえ言えなかった
冷たい恋のピリオドも
あなたの優しさだと受け止めて
あたしは前に進みます

あたしがあなたにできる事は
それしかないから
あなたの期待を裏切らないように
最後まで気高く微笑みを忘れずに…

−−−−−*−−−−−*−−−−−

西朗さん 初めまして。
ほとんど放置状態のHPへようこそ(^-^;

パソコン生活から、ちょっと離れてます。
久しぶりに詩に触れました。
ありがとうございました。

メリークリスマス♪
No.98 - 2016/12/24(Sat) 12:19:42
(No Subject) / ZERO
君の笑顔に触れていたい
君の傍で笑っていたい
僕ばかりが君を好きで
僕ばかりが焦っていく

君の心を置き去りにして
君の笑顔に気付かないまま
僕は君を好きだけど
好きすぎて
君は追いつけなかったんだね

君を置き去りにした僕の心は
君を恨んだこともあった
置き去りにしたのは僕なのに
君のせいだと怒鳴ったんだ

君の気持ちは半分で
僕の気持ちは溢れるくらい

君は儚く純粋で
僕を傷つけることに怯えていた

気付いてあげなきゃいけないのに
君を置き去りにしてしまった

「ごめんね」それすら言えずに
僕の恋は終わった

「僕たちの恋」というには
おこがましすぎるその恋は
儚く散る桜と共に
春風の中に消えていった
No.95 - 2014/06/27(Fri) 22:38:22
Re: / 星野美咲
いつも笑っていたかった
あなたとゆっくり歩きたかった
楽しいだけの日々ならよかったのに
あなたは時々 悲しそうな顔をする

あたしの心は戸惑うばかりで
なすすべもなく立ち止まるだけ
あなたは 待ってはくれなくて
いつしか二人 離れていったね

どうしてそんなに先を急ぐの
問いかけるあたしに あなたは苦笑い
そんな素振りが 寂しくて
疲れちゃったのよ あたし

今ならわかるの

ほんの少し 違っただけね
好きの意味が 好きの重さが

あたしは いつも臆病で
あなたは いつも優しくて

その分 互いに自分を責めて
離れることを選んだ二人

「ありがとう」 それさえ言えずに
すれ違いの恋は終わりを告げた

二人の歩幅が合わなかった
幼すぎたその恋は
夏空に舞う花火のように
遠い記憶に置き去りにされていった

--------------

ZEROさま
ご投稿頂いていたのに、返詩大変遅くなりまして
ごめんなさい!
なかなかパソコン触らない生活になっておりまして・・・汗

思い出して、遊びに来て頂いて、ありがとうございました。
No.96 - 2014/07/18(Fri) 01:03:12
ん、ありがとう / たっき
ゴメンナサイ。
先に投稿した「君といつまでも」は2012.1に投稿炭すみでした。
あまり時間が経っていたので、まちがってまた投稿してしまいました。
これに差し替えます。前の消せるものなら、そうしてください。


ん、ありがとう

あなたは いろんなことを乗り越えてきた

あなたは あたしから力をもらったって言うけど

あたしがそうさせたんじゃなくて

あなたが もともと持っていた力を

あなたは 出し切っただけのこと

きっかけはあたしのコトバかもしれないけど

乗り越えたのはあなた

確かにあなた自身の力で

奪い取った勝利なの



離れているのに

いつでも逢えるわけじゃないのに

君は 僕の眠れる魂の

扉の鍵を持っている

かけがえのないひと・・・!





君と僕 手をつなぎ

地平に続く この道を

歩いていこう いつまでも



長い夜も いつかは明ける

狂う嵐も 必ず晴れる

あきらめないで 続ける事が

希望の道を 拓(ひら)かせる



虹のアーチを 見上げる時も

星降る空を 見上げる夜も

いつも二人 一緒だよ



形はないけれど

色は無いけれど

あなたに「はいッ」て渡せないけど

あなたに渡したいものを

私は確かに胸(ここ)に持っている



ありがと!
ん、ありがとう。
No.90 - 2014/01/03(Fri) 15:34:29
Re: ん、ありがとう / 星野美咲
どういたしまして

試練に阻まれて
疲れていた時に
たまたま あたしが傍にいただけ


いや もし 仮にそうだとしても
絶妙のタイミングで
君は僕の前に現れたんだって

あたしの言葉が終わらぬうちに
ムキになって あなたは遮る

君がくれた言葉が
僕の心の支えだったって
ありがとうを繰り返す


そうね
それは嘘じゃないかもしれない

でもね
あなたを励ますことで
あたしの心も潤っていたのよ

季節が変わって
二人を包む色も違ってくるけれど

空はどこまでも繋がってるって
あなたが教えてくれたから
大丈夫よ どこまでも行ける

求めるものは何もないわ
自分でも不思議なくらい

そっと このまま 静かに
時が繰り返すのを見ていたいだけ

あなたと二人で この場所で

-----------

たっきさん、返詩遅くなりました〜!
なんだかんだ、パソコンいらない生活です(苦笑)

年始の挨拶も終わり、日常が戻ってきましたが
寒い季節、お身体に気をつけて!
No.92 - 2014/01/09(Thu) 01:44:21
Light of Hope / 理
空の彼方に 飛び散った光を
指差し 無邪気に笑う

子供だったの 知らなかった
貴方がいつか居なくなることも

差し出した手だけじゃ 何も救えない
構えられた銃の数だけが増えた

命を守るために 命を奪うしかないの?
手を繋ぐだけじゃ解り合えないの?

世界のどこかで 今日も誰かが
未来を夢見て闘っている

何度も泣いて 悲しみに迷っても
また立ち上がり歩いていく

共に迎える朝を待っているの
私も 貴方も

Light of Hope


----------

久しぶりに置き詩させていただきました。
毎回ブログの詩を楽しみに拝読しております^^

今回の詩は「平和」をテーマに書きました。
先日「機動戦士Zガンダム」の映画を見まして、感動したので、その内容を思い浮かべながら書きました。

寒いので星野様もお体に気をつけて。
No.88 - 2013/12/18(Wed) 22:27:50
Re: Light of Hope / 星野美咲
見失った光の行方を
探しあぐねていたあの日

君の笑顔が 僕には痛くて
何も言葉をかけてあげられなかった

絡めた指の間から
冷たい空気が零れていく

簡単じゃないとわかっていても
譲れないものはあるから

限りある命だとしても
共に生きる術を見つけて
我武者羅にもがいているんだ

涙が乾いて 遠回りしても
諦めないで突き進めばいい

きっと求めているものは同じはず
誰だって 笑っていたい

大切な君も 僕も
穏やかな朝陽に包まれたいんだ

Keep on mind

-------------

理さん!
返詩遅くなりました(汗

リアルタイムでスマホから読ませてもらってたんですが
返詩となると、パソコンから・・と思っていたら
年越しちゃいました(^^;

最近、パソコン開く機会がめっきり減って
申し訳ありませんでした m(_ _)m

寒いですね〜。
まだまだ、2月くらいまでは、寒さが続くと思いますから
理さんも、お気を付けください。

また、ブログのほうで拝読させていただきますね♪
No.91 - 2014/01/09(Thu) 01:38:59
優しさ / ちゃき
辛いことがあったら家族や友人を思い出せ

悲しいなら泣いたらいい

慰めてくれる仲間もいる

優しさが心を包んでくれる

それが温もり


こんばんは

管理人様

ちゃきです

御返信有り難うございます

とても嬉しく思っております

趣味で詩を書いています
No.85 - 2013/08/31(Sat) 19:27:17
Re: 優しさ / 星野美咲
出来ることなら
いつも笑顔でいたいけど

生きるってことは
そう容易くなくて

時に挫けそうになったり
負けそうになることもある

だけど人は1人じゃないから

支えてくれる腕に
寄りかかる弱さを
恥じる必要はないんだ

優しさに甘えて
温もりに抱かれる
勇気を忘れないで

明日の笑顔のために…

--------------------

ちゃき様 再び置き詩、ありがとうございました。
お返事遅くなって、ごめんなさい。
No.86 - 2013/09/04(Wed) 15:45:12
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
40/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS