05771
掲示板

Name
Mail
URL
Subject
Color
/ Pass
そして、下半期 / ガオ
タケヤンさん、こんばんは☆
いやはや、秋になりそうでならない
蒸し暑い日々ですが元気してますかっ?
ガオは相変わらずむしゃむしゃ食べて飲んで
ぶくぶく成長止まりませんよ(苦笑)

そうそう、ルリ子姐さんのは「忘れな草」観ました!
(って、今頃すんません・笑)
あの労働者諸君たちのある意味エキセントリックすぎる
描写にビックリしながらも(謎爆)
リリーさんと寅さんは特別な感じありますよね。
ラストの方でガランとしたリリーのアパートの部屋で
なんともいえない表情で佇む寅さん忘れられません。
そして今日は「ハイビスカスの花」の放映があるので
それ、さっそく予約しています、楽しみ!
タケヤンさんが切望している「紅の花」も観てみたいなあ。

いつだったか満島ひかりさんが黒柳徹子さんを
演じているドラマがあって、そこに渥美清さんとの
交流も描かれていたのだけれど、それがね、
とっても泣かせるんですよ。天然の黒柳さんと
彼女を「お嬢さん」って呼んで兄のように親友のように
見守ってあげていた渥美さんの存在が切なかったの。
もう体の具合がそうとう悪い時の寅さんの撮影場所に
具合が悪いことなんて全然知らない黒柳さんが遊びに来て
元気な彼女をニコニコ笑って見つめている渥美さん・・
そんな渥美さんを演じていた中村獅童さんがなかなか良くて・・

・・って、なんだか支離滅裂に少しずつなってきて
ゆっくりとダラダラと寅さんから離れていきそう・・
というか、離れましたね、ごめんなさい(笑)
けど、渥美さんの魅力が伝わるドラマでした、うん。

そんなこんなで下半期突入ですねん。
永瀬さんが出ていたので『光』気になりつつも
どうにも河瀬監督が苦手で(汗)ぐずぐずしていたら
見逃してしまいました。そっかあ、星3つということは
悪かないけれど、びみょーでありますか?(笑)
それからアーロンさんが丹下段平化していそうな
『ビニー/信じる男』も気になりつつも
気がつけば上映終了しちまいました・・
けど、どうなんだろう、アーロンさんどうでしたか?(汗)
『セッション』のマイルズ君も無事でしたか?
思えばアーロンさんとマイルズさんは
『ラビットホール』コンビでもありますよねぇ
しばらくしたら近所でも上映してくれるかなあ・・と
期待しています。

思えばもうすぐハルストレム監督のワンコ映画も公開だし
他にも色々観たいもんがあるのだけれど
とりあえずお腹空いたのでなんか食べまする(笑)
ではでは、季節の変わり目、体大切にしてくださいね。
下半期も、いい映画に出逢えますように・・♪
No.126 - 2017/09/23(Sat) 01:55:40
Re: そして、下半期 NEW / タケヤン@管理人
ガオさん、こんばんは。
そろそろガオさんのところへ書き込みに行こうかなぁ〜と思ってた
矢先に、こちらに書き込んで頂いて嬉しゅうございます。
なんか、暑くなったり涼しくなったり安定しませんなぁ。
最近タケヤンはいろいろとプチストレス状態なので(泣)、
むしゃむしゃ食べて飲んで成長し続けてるガオさんが羨ましいで
ございます(笑)

初リリーの「忘れな草」を観たわけですな。
ここから寅さんとリリーの恋物語が始まっていくわけですよね。
もうねぇ、出会いからしてロマンチックですよ。
夜汽車でっせ、夜汽車!!
泣いてるリリーを見つめる寅さんの優しい顔がいいのよねぇ。
初めて言葉を交わす港のシーンも印象的だし、
そうそう、ラストの方のアパートのシーンも切ないのよぉ。

ほほう、「ハイビスカスの花」をやってましたか。
あれっ? 「相合い傘」は?
もう「ハイビスカスの花」観ちゃったですか?
いや、できれば順番に観てほしいなと・・・。
この「相合い傘」こそが、一番のクライマックスなんすよ!
寅さんとリリーの恋物語の一番のクライマックスがここに
あるんすよ!(ハァハァゼェゼェ)
あ、ごめんなさい、ちょっと興奮しすぎました(汗)

俺は基本的にテレビドラマは見ないので、黒柳徹子さんのドラマも
知らなかったんだけど、黒柳徹子役が満島ひかりっていうのは、
まぁ、彼女は器用だし、なんとなくわかるけど、渥美清役に
中村獅童でっか? なんかピンとこないですが・・・。

河瀬直美監督の「光」。
うん、俺も河瀬監督作品はそんなに好きではないんだけど、
「あん」が意外と受け入れられたので、これも観たって感じ
なんだけど、これはやっぱり永瀬くんがいいですね。
視力を失っていく天才カメラマン役というのがピッタリでした。

「ビニー/信じる男」のお話って、普通なら「そんなんありえへん
やろ」って思うんだけど、実話ならしょうがないね、と・・・。
アーロン・エッカートは確かに丹下段平化してましたなぁ(笑)
ハゲてて出っ腹で、アーロンらしからぬ容姿でした。
マイルズ君はもう、凄すぎて笑っちゃうレベル!?(笑)

ハルストレム監督のワンコ映画!
この情報、全く知りませんでした(滝汗)
いやぁ、ハルストレム同盟隊長失格ですなぁ(汗)
調べてみたら、テレビCMは確かに観たことがあるのよ。
まさかこれがハルストレム監督だったとは・・・。
これはやはり観ておかないと・・・ですな。
No.127 - 2017/09/27(Wed) 20:18:09
気がつけば・・ / ガオ
もうすぐ7月じゃないですか!
・・って、7月だからってなんだという感じですが(笑)
寒かったのに、酸っぱい季節になってきました。

そんなこんなで、タケヤンさん、こんにちは☆
相変わらず、すごい勢いで映画に出逢いまくっているタケヤンさん!
ガオは『わたしはダニエル・ブレイク』も
『午後8時の訪問者』も『コクソン』も『ライオン』も
『カフェ・ソサエテイ』も出逢いそこねてしまって
この5本は結構本気で観るつもりでいたのになぜだか行けなくて(涙)
しかし、葉問先生のド兄さんには無事に再会しました(笑)
それから思いのほか『ゴースト・イン・ザ・シェル』
結構楽しく観たです、あの押井監督印のワンコ可愛かった!
あとは『スプリット』『ムーンライト』『たかが世界の終わり』も
無事に観ることが出来たので、とりあえず嬉しかったです♪

そういえば先日『男はつらいよ』の八千草薫さんのやつと
浅丘ルリ子さんのやつを観る事が出来ました。
とにかくガオにとっては寅さんといえば
即行、タケヤンさん!と叫びたくなりました(笑)
どちらも、めずらしく寅さんがフラれないというか
寅さんが好かれているのに、寅さんもったいない!って感じで
面白かったです。今更ながら渥美さんってスゴイなあと。
正直、寅さんシリーズって内容的には
どうなのよ?って、ものばかりなのに(笑)
寅さん(渥美さん)に逢いたくなるし映像で観るだけで
うれしくなるし、なんか、スゴイなあとしみじみ思ったです。
あの声、憎めない笑顔、存在そのものが愛しいですね。
アウトローなのに、ここまで愛されている人も
映画史上、稀なのではないかしら。

ではでは、蒸し暑い梅雨の日々ですが
いい映画にたくさん出逢えますように♪
No.124 - 2017/06/26(Mon) 17:24:16
Re: 気がつけば・・ / タケヤン@管理人
ありゃりゃ、ガオさん、こんばんわ。
なんだかほったらかしになっちゃってて
ゴメンネゴメンネ〜〜〜!

うむ、明日から7月ですなぁ。
むさ苦しい梅雨が続きますですなぁ。

梅雨空の 蒸し暑さより 映画館 (タケヤン)

あ、つい、一句ひねってしまいました。
失礼しました(汗)

お、寅さんを観たとですね。
それは素晴らしいです、パチパチパチパチ!

梅雨空に 寅さんの顔 晴れ渡る (タケヤン)

あ、またまた、一句ひねってしまいました(汗)

俺、「夢枕」って観たかなぁ?と思って調べてみたら
今は無き銀座シネパトスの「男はつらいよ」特集で
ちゃんと観てましたわ。
でも内容的にはちょっと忘れちゃってますが・・(汗)
浅丘ルリ子さんのやつはどれですか?
俺はねぇ、浅丘ルリ子さんのリリー3部作は、
日本映画史に残る傑作だと思ってて、これを
語りだすと止まらない・・・(爆)
ただ残念なのは、シリーズ最終作で、リリー最終作でも
ある「紅の花」を観れてないこと。
これをどうしても映画館で観たい・・・と思い続けて
早や数年(汗) 
これを観ないと死んでも死にきれない(笑)
あぁ、どこぞの名画座でやってくれぇ〜〜〜(笑)

実は、今年の上半期は鑑賞本数で言えば少ない方なんだけど
2013年なんて上半期だけで115本観てるからねぇ(汗)
一体どういう生活してたんだろう?
不思議だねぇ(笑)
ガオさんも観たい映画をいっぱい見逃しちゃって
残念だったけど、俺みたいに本数ばかり観ても頭に
残らないので、まぁ、マイペースでいきまひょ!
No.125 - 2017/06/30(Fri) 22:33:48
ラララ / ガオ
ラタケヤンさん、こんばんは♪
先日、やっとこ今村昌平監督のカンヌのトロフィー
拝んできたラララガオです(笑)
というか、『下女』上映していたんですね!
気がつかなかった・・アルテリオなかなかやりますね。
ユーロスペースの『残酷ドラゴン』
(『楽日』の時にかかっていたアレですよね?)も
観たかったのだけれどなんとなく観そびれてしまい、
ちょっぴり後悔です。
そんなこんなで今は明日からは4月なんだよなあと
水割り飲みながらポッキー史上もっとも細いポッキーを
むさぼっています(笑)
4月になったらドランを観に行きたいし
チケット代が高くて4時間というので
どうしても腰が重いクーリンチェも頑張って観に行きたい。
ララのおかげで映画館に行くのがまた愉しくなってきました。
3月分の映画メモ楽しみにしています♪
No.122 - 2017/03/31(Fri) 02:58:48
Re: ラララ / タケヤン@管理人
ラララガオさん、こんばんは。
近所のシネコンで「ララランド」の上映が、夜の1回だけに
なってしまったので、なかなか“ララタケヤン”に昇格でき
そうもありません(汗)
ガオさんは“ラララ”を戴冠されているだけあって、やはり
「ララランド」に対する熱量が違いますね(笑)

さて、ついに拝見できたわけですね、カンヌのトロフィー!
おめでとうございます、パチパチパチ・・・。
意外とちっちゃいのよねぇ。
ほんで、ガオさん、「下女」観たことあるのね!
俺、初めて観たんだけど、凄い映画だよね、コレ。
ズルズルのヌメヌメのベロベロだよね(笑)
最後の方の、逆さまに階段を滑り落ちていくところなんざ、
ぐひゃぁ〜〜〜〜〜っ!って感じだったもん(笑)
「残酷ドラゴン」はそうそう、「楽日」の中のでっかい映画館で
上映されてたやつね。
先に上映された「侠女」とほぼ同じキャストなんだけど、2本共
この年代でワイヤーアクション使ってるのが凄いなと・・・。
「たかが世界の終わり」は、是非観てね。
俳優陣のアンサンブルが素晴らしかったのよ、うん。
「クーリンチェ」もやってるよねぇ、コレ長いんだよねぇ(汗)
昔観たけど、さほど印象に残ってないんだけど、今観たらまた
違った印象になるかなぁ?
ということで、水割りポッキーなんていうシャレオツなものは
ウチにはないので(汗)、ピーナッツをぼりぼりと貪り食いながら
パソコンを打ってるタケヤンでした(笑)
No.123 - 2017/03/31(Fri) 21:14:51
(No Subject) / ジル
タケヤンさん、こんばんは!

私も久々にブログを更新しました。
よくこちらにはお邪魔しているのですが、
何せ今年になってからは「ドントプリーズ」「沈黙」しかかぶってない!笑
さすがタケヤンさん、通なチョイスです。
とはいえ、「お嬢さん」「コクソン」「アシュラ」はご覧に?
「クリミナル」は?
と私本位の質問、ごめんなさい!
No.120 - 2017/03/27(Mon) 21:37:54
Re: / タケヤン@管理人
ジルさん、こんばんは。

俺もジルさんのところへは、ちょくちょく見に行ってチェックしてますよん。
3月鑑賞分はカブってるのがいっぱいあるかも?(笑)
あ、「クリミナル」は観たんだけど、あとの3本はまだ観れてないっす(泣)
早く観たいんだけどねぇ・・・一応観る予定ではいます。
そのうちジルさんとこに「観たでぇ〜〜!」と報告しに行きますわ。
No.121 - 2017/03/27(Mon) 22:36:24
シネラセット有楽町 / ureshinocha
香港へ引っ越して、八年ほど経ちました。
その間にも閉館になった映画館はたくさんありますが、
予兆は21世紀になる前からありましたね。
このシネラセットは、2年前の暮れに脳卒中で倒れた父もよく通っていたのです。父は一人で観ることもあれば、母と二人で観にいくこともありました。
私もシネラセットは思い出深い映画館です。
Brassed Off!(1996年)を上映していたとき、平日休みの私は昼間に観にいきました。びっくりしたのは平日昼間にしてはほぼ満員。
そして映画が終わり、エンディングの音楽が流れていくとすすり泣き、そして拍手や「よかったね」「ひゅーひゅー」という反応が。
日本の映画館で観客全員が誰も出ていかず、なんらかの反応が観られた経験は、自分は3回ありますが、そのうちのひとつがこのBrassed Off!のときでした。昔あった映画館を誰か、覚えているかと思い、検索して、こちらにたどりつきました。ちゃんと撮影されていたのですね。ありがとうございます。
ちなみに香港は日本よりも、更に映画館事情は悪くて、めったに中国とハリウッド映画以外は上映されません。時折、日本と台湾の映画は大きな映画館で上映されていますが、日本のようにロシアからイタリア、フランス、イングランド、アメリカのインディーズ映画など、バラエティに富んでいません。もし、そういう珍しい映画が上映されても、1日か2日で終わってしまい(それも1度か2度の上映)見逃すと、二度と観られません。まれに、映画祭で古い映画を上映してくれますが、それも年に2度か3度で、日本の東京や大阪などの大きな都市で上映されている映画と比べると少ないのは、おそらく違法サイトがこちらでは横行しているからかなと思います。お金を払って映画をわざわざ観る人が少ないから、結局、映画館も冒険しなくなるのかもしれません。
No.118 - 2017/02/14(Tue) 19:25:02
Re: シネラセット有楽町 / タケヤン@管理人
ureshinochaさん、はじめまして。
昔からのネット仲間しか来ないような懐古趣味のホームページに、
検索でたどり着いてくれて嬉しいです。
ureshinochaさんは香港にお住まいなんですね。
海外といえば観光でハワイにしか行ったことのない自分には、
ちょっと羨ましいです。

「Brassed Off」って「ブラス!」ですよね?
シネラセット有楽町は有楽シネマだったときからよく行ってましたが、
最後の上映が「ブラス!」だったので、グッとくるものがありました。
ureshinochaさんが観た時も拍手喝采だったのですねぇ!
素直に“いい映画”でしたよねぇ、「ブラス!」。
自分には、ユアン・マクレガーやピート・ポスルスウェイトよりも
スティーブン・トンプキンソンがやけに印象に残ってますが(笑)

最近はシネコンばかり出来て、個性のあるミニシアターが減って
いってますね。 渋谷のシネマライズも閉館しちゃったし・・・。
どうも最近の若い人と自分のようなオジサン世代とでは、映画の
好みが違ってきているように思います。

香港は一応中国なんで、いろいろ制約があるんでしょうねぇ。
外国映画の公開本数とか決められてるんじゃなかったですか?
そういう意味では日本の都会というのは映画天国ですね(笑)
数は減ったけど名画座も健在だし、映画好きにはたまらないです。
あぁ、違法サイト! これは映画ファンには悲しいですよねぇ。
日本の映画館でもここ数年、予告編の後に「映画館で録画する
のは犯罪だ!」みたいなCMをさかんに流してますが、香港の
映画館ではそういうCMは流さないんでしょうか?
少しは効果があるかもしれないですよね。
No.119 - 2017/02/15(Wed) 21:24:34
こんばんは☆ / ガオ
タケヤンさん、こんばんは☆
すごい、すでに10本も観ている・・!
その中でアタシが観たのは1本だけ(^^ゞ
『沈黙』観たですよ!★の数が
タケヤン隊長と同じなので、うれしいガオです♪
ヤンチャだったスコちゃんが、こんな落ち着いた
大人の映画を撮ってしまったのね、という感じで
正直言うと、観ている時はピンとこなかったのだけれど
後から色々思うことが出てきて、時間差で感動してきて、
うん、いい映画でした。
というか、イッセー尾形さんが濃かったー(笑)
そして、加瀬さんがあまりにもあっけなかった・・(泣)

それから、『ホワイト・バレット』
★が3.5というのが逆に気になります(笑)
雪ちゃん、ホクロの毛は今も成長していましたか?(笑)

2月もまた気になる映画いっぱいあるです。
せっかくアルテリオデビューしたので
今年はアルテリオバちゃんになろうかな(笑)
宝くじが当たったら東西南北色んな映画館で
そこで上映している映画をランダムに観てきたいなあ。
それとも寅さんみたいにテキ屋さんをしながら
日本全国渡り歩いて映画館めぐりもいいなぁ・・と
長いこと夢みながら、このまま夢で終わりそうな日々です(笑)

ではでは、
お腹空いたのでなんか食べてきます(^^)/☆
No.116 - 2017/02/02(Thu) 00:11:52
Re: こんばんは☆ / タケヤン@管理人
実はガオさんのブログの方を読んだけど、いやぁ、災難だったねぇ(涙)
“腰が痛いねオバチャン”味あるわぁ・・・と言いたいところだけど、
ガオさんにはとんでもない大迷惑だったんだよねぇ。
っていうか、俺もそういうのは大迷惑だわ。
時間の通知をずっと鳴らすって・・・(汗) 訳分からんっ!(爆汗)
ホントになんでよりによって「沈黙」だったんだろうね。
実はその“腰が痛いねオバチャン”は、昔の篠田正浩監督版を観ていて
それでこっちも観たくなって、なんとか長時間頑張って鑑賞してみよう
としたんだけど、でも寄る年波に勝てずに“腰が痛いねオバチャン”化
してしまった・・・・・・みたいなお話はありそうもないしねぇ(爆)

俺は最近、“腰が痛いねオバチャン”のような訳分からん輩に振り回さ
れたくないので、わざと端の方に座ることにしてるんですわ。
“腰が痛いねオバチャン”って、だいたい真ん中のいい席に座りたがる
ので、離れて座れば多大な被害を受けなくて済むんじゃないかという
発想なんだけどね。

しかし、「シークレット・サンシャイン」や「ファイト・クラブ」を
持ち出してきて妄想するあたりは、さすがガオさんです!
う〜む、そ〜ぉかぁ! なるほどぉ〜!
これは妄想狂のタケヤンも脱帽でございますよ(笑)

確かに登場人物の中ではキチジローは異色だったよね。
ただ実際の話、熱心な信者も確かにいたけど、そうでもない形だけの
信者もいたらしくて、ちょっと何かあると「パードレ、パードレ・・・」って
言って反省するでもなく、すぐ許しを乞う信仰を履き違えた情けない
信者もいたらしい・・・というのを昔何かで読んだ記憶があるんだ
けど、キチジローはまさにそういう類の信者なんだろうね。

あと、個人的に気になったのは、ロドリゴの踏み絵のシーンで、
「あれ?キリスト、喋っちゃうんだ!?」って思ったんだけど(笑)、
最後まで何も聞こえない、喋らない・・・っていう方が良かったんじゃ
ないかなぁ・・・と。
でも、俺も同じく原作読んでないのでよく分かりませしぇん。

「ホワイト・バレット」のシューおじさん、そういえば飯を食うシーン
はなかったような・・・あったかな?(笑)
ホクロの毛もなかったような・・・(笑)
っていうかシューおじさん、あまりにも情けない役過ぎて、そこばかり
気になって、いろいろ確認するのを忘れてしまったざんす(汗)

> 宝くじが当たったら東西南北色んな映画館で
> そこで上映している映画をランダムに観てきたいなあ。
> それとも寅さんみたいにテキ屋さんをしながら
> 日本全国渡り歩いて映画館めぐりもいいなぁ・・と

あぁ、それ、いいねぇ。 全く同感ざますよ。
うん、宝くじねぇ、宝くじ、宝くじ・・・当たらんかな?宝くじ・・・(笑)
No.117 - 2017/02/03(Fri) 21:59:05
謹賀新年2017 / タケヤン@管理人
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

恒例の年間ベスト10+5とタケヤン賞各賞の発表です。

 1.「健さん」
 2.「ルーム」
 3.「この世界の片隅に」
 4.「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」
 5.「スポットライト 世紀のスクープ」
 6.「モヒカン故郷に帰る」
 7.「金メダル男」
 8.「ヒメアノ〜ル」
 9.「ハドソン川の奇跡」
 10.「マイ・ファニー・レディ」
 11.「シング・ストリート 未来へのうた」
 12.「ドリームホーム 99%を操る男たち」
 13.「葛城事件」
 14.「淵に立つ」
 15.「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」

 作品賞    「健さん」
 監督賞    八木景子 「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」
 主演男優賞 三浦友和 「葛城事件」
 主演女優賞 ブリー・ラーソン 「ルーム」
 助演男優賞 柄本明 「モヒカン故郷に帰る」
 助演女優賞 筒井真理子 「淵に立つ」
 脚本賞    「モヒカン故郷に帰る」
 最低作品賞 「アズミ・ハルコは行方不明」

今年も皆さんが素敵な映画とめぐり会えますように・・・。
No.111 - 2017/01/01(Sun) 10:00:16
Re: 謹賀新年2017 / ヤン
タケヤンさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
というわけで、今年もタケヤンさん詣出。

実は密かに何度か訪れてチェックしてるつもりなんですが、
なかなか、タケヤンさんのベスト、見そびれてるなあ。
1位の「健さん」はタケヤンさんらしい選択ですね。
これはぜひ、見ねば、と今年の最初の誓いです。
逆に「ルーム」は私にとっては意外な選択。
実はこれは避けてしまい見てません。いつかは見てみたいです。

葛城事件の三浦友和さんは凄まじかったですね。
デビュー当時を振り返ると、あんなに上手で、
こんな雰囲気の役者さんになるとは思いもしませんでした。
田中麗奈さんも怪しかった。
でも、あの兄弟は配役を逆にした方が、
面白かったんじゃないかと思えます。

トランボも良かったですね。
ネタばれになりますが、
最後に皆が犠牲者、としめるのが、
教科書手的なんだけど、逆にやられました。
スパルタカスやローマの休日をもう一回見てしまいましたよ。

「アズミ・ハルコは行方不明」は最低ですか。
見ようと思っていましたが、どうしましょう、、、、
ああ、でも蒼井優さんと高畑充希さんだからなあ、、、

私の去年の良かった映画は、
やっと見れた「海街ダイアリー」
大人の優しさが醸し出す幸せな風景がとてもよかったです。
美人姉妹で目の保養にもなりました。
「リザとキツネと恋する死者たち」は、
あんまり話題にならなかったけど、
不思議な歌が中毒になる映画です。

「君の名は。」も良かった。
今までビターエンドかバッドとまではいかないけど、
それに近いラストばかり描いていた新海監督が、
ラストをハッピーエンドにしたために、
描いている内容は変わらないのですが、
あんなにヒットしたんでしょうね。きっと。

それじゃ、また。
No.112 - 2017/01/01(Sun) 17:54:31
Re: 謹賀新年2017 / タケヤン@管理人
ヤンさん、あけましておめでとうございます。
毎度、タケヤン神社に御参拝頂き、ありがとうございます(笑)

「健さん」は、出てくる人が豪華でねぇ(笑) それだけでも嬉しいです。
特に、マイケル・ダグラスのインタビューは印象に残ります。

「葛城事件」の三浦友和さん、ホントに“凄まじかった”というのが
ピッタリですよね。 掃除機のコードを木に引っ掛けて首吊りする
ところなんてサイコーでした(笑)
兄弟は配役を逆に・・・? う〜ん、まぁ、それもアリかも。
新井浩文くんは、今までキレる役とか怖そうな役が多いので、逆に
新鮮で良かったなと俺は思ったんですがね。

「トランボ」は、実際にあんなことがあったというのが驚きでしたね。
なんか名作の裏側を知れたのが面白かったです。
トランボ役の俳優さん、全然知らなかったけど良かったですね。

「アズミ・ハルコは行方不明」は、わざと時系列をグチャグチャにして
いて、そのヒントが何もないので、正直よく分からんかったです(汗)
何かのネット記事で読んだのですが、高畑充希ちゃん自身、最後まで
お話がよく分からんかった・・・と言ってたそうです(笑)
まぁ、2人の女優さん目当てで観に行くのも悪くはないでしょう(笑)

「海街ダイアリー」は観てないけど「リザとキツネと恋する死者たち」
は観てます。 あのヘンテコな歌は耳に残りますよね(笑)

で、ちょっとヤンさんのところに見に行ってきたら、なんと、
ヤンさんは新海作品を全部ご覧になってるではありませぬか!
それは素晴らしいぃ〜〜〜〜! でも評価は俺と反対だぁ〜〜〜(笑)
実は俺は「ほしのこえ」が一番好きなんですよねぇ・・・。
突っ込みどころ満載だけど(笑)、シンプルでいいです。

では・・・。
No.113 - 2017/01/05(Thu) 20:06:06
Re: 謹賀新年2017 / ガオ
タケヤンさん、
あけましておめでとうございます!
ヤンさんもお久しぶりです。
お邪魔してペタっとくっついちゃいますね。

いやはや、柄本さんにとられちゃったなあ、ぐすん。(謎笑)
でも、こうなるとますます『モヒカン故郷に帰る』を
どんな形になっても観てみないといかんと思いました。
それから1位でもあり、作品賞でもある『健さん』は
近所の映画館で上映してくれていたのだけれど
どうしても観に行けなくて、あの版画のような渋いチラシ
素敵だったので、もらってきていたんですよ。
なのに、どこかになくしたうえに観にも行けずで・・
やはり無理しても観に行けばよかったなあ。
これも何かで観てみたいです。

そして、そして・・『この世界の片隅に』
なんと今日、観てきてホヤホヤなのです!
実はいつもタケヤンさんが行っている
アルテリオにガオも行きました。綺麗な映画館ですね。
あそこのレディスデーを利用させてもらったのだけれど、
もう、45分くらい前にチケット買っておけばいいかなって
甘く観ていたら、整理番号110番、ギリギリであぶなかったです。
結構遠かったから、これで観ることが出来なかったら泣いた(笑)
満席で、最後の方の入場だったから、席がいいところなくて
久しぶりに最前列で観たんですけど
正直、アニメって苦手なのに、これはグサリときちゃって
何度も何度も落涙してしまって大変で、
しばらくして客足が落ち着いたら
もう一度、いい席で再見したいです。
すずさんにもう一度逢いたいです。

それから年間ベストの中に『ルーム』
『スポットライト 世紀のスクープ』
『ハドソン川の奇跡』『シング・ストリート』という
自分も観てきて好きだった映画たちが入選していて、
うれしいです。特に『ルーム』と『スポットライト〜』は
かなり心に残っていたのでタケヤンさんが選んでくれて、
シアワセになったです。

あぁ、とにかく観てみたいもの出逢いたい映画が
増えてしまったです。それもこれも
映画に出逢いたいと思わせてくれる
タケヤンさんの映画愛のおかげです。
ありがとう、タケヤンさん。

4位の『ビハインド・ザ・コーヴ』って、
あの『ザ・コーヴ』と関係ありですか?
うう、気になるです、気になるといえば・・
逆に最低作品賞をもらっちゃった
『アズミ〜〜」も、うっかり観てみたくなりました(爆)
どんだけ最低なのか、ちと確認したくなるという(コラ 笑)


そんなこんなで・・
今年も心に残る映画に出逢えますように。。


追伸・・守さん、元気そうでよかったです♪
     そして、おだいじにです(^_^;)
No.114 - 2017/01/06(Fri) 21:30:16
Re: 謹賀新年2017 / タケヤン@管理人
ガオさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくでございます。

>いやはや、柄本さんにとられちゃったなあ、ぐすん。(謎笑)

いやいや、アーロンさんも良かったんですがね・・・。
まぁ、これは、年功序列ってことで・・・(なんやそれ!(笑))
「モヒカン故郷に帰る」は素直にいい映画なので、機会が
くれば是非、観てください。
「健さん」のあのチラシ、俺持ってるよん!(笑)
いかにも無骨で、健さんっ・・って感じで、いいよねぇ。
「モヒカン故郷に帰る」と同様、「健さん」もいい作品なので、
そのうちどこかで上映するでしょう!
それまで楽しみに待ってて下さい。

で、なんと、観たてホヤホヤの「この世界の片隅に」。
しかも、俺の行きつけのアルテリオ映像館で観たのですね。
ガオさん、アルテリオデビュー、おめでとうございます!
今村昌平監督のカンヌのトロフィー飾ってあったでしょ。
で、なんとなんと、110番?(笑)
あそこって全部で111席じゃなかったっけな?
ホントにギリギリだったんだねぇ(汗)
っていうか、あそこが満席になってるのって
見たことないんだけど・・・。
これは俺も、ガオさんと同じく、もうちょっと落ち着いてきた頃に
もう1回観たいなっていうのはあるんだよね。
テアトル新宿から始まってどんどん上映館増えてるからねぇ。
まだしばらくは勢いが続きそうっすね。

「ビハインド・ザ・コーブ」は、日本人にとって悪名高き?(笑)
「ザ・コーブ」への反証ドキュメンタリー映画なんですよ。
「ザ・コーブ」でイチャモンつけられたことに対して、1つ1つ
丁寧に根拠を上げて反論してるわけですね。
女性監督が1人で作ったってことだったので、物凄いパワーだな
と思って、ダントツぶっちぎりで監督賞を授与しました(笑)
これはもう全世界で上映してほしいです。
「アズミハルコは行方不明」は、まぁ、人によると思うんだけど、
俺にはどうにもよく分からん映画だったのでね(汗)
期待してたのと違って、時系列バラバラ具合も全くよく分からん
かったし、内容もあんまし好みじゃなかったし・・・。
ガオさん、恐いもの見たさで一丁どうですか?(笑)

そのうちガオさんのところにもお邪魔しますよん。
いろいろ観た映画がガオさんと被ってるようなので、
ガオさんのベスト10も楽しみです。
No.115 - 2017/01/07(Sat) 17:46:02
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
53/100件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS