[ 掲示板に戻る ]

記事No.836に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
CS60続報 必見情報あり / tensho
さて、CS60の施術も12回目を終了したので報告します。
長文になりますが、すみません。
興味のある人には、超貴重な必見情報もあるのでご一読下さい。ネットにもない情報です。
悩んでいる人の一助になれば幸いです。

本題に入る前にまず、CS60の使い方は、
1.こする(接触させて横移動)
2.叩く(外部から部位に勢いをつけて衝突)
でしたが、第3の方法として
3.鼓のように打つ
があります。
これは部位に接触させたまま反対側から鼓を打つように叩く、
および、部位に接触させずに、反対側から鼓を打つように叩く、というものです。
これでもエネルギーが作用します。
自分で全部確認済みです。

次に、CS60誕生秘話です。
裏付けは取っていない、関係者からの伝聞です。
誤りもありうるという前提でお読み下さい。

CS60のようなスピン駆動型治療器は、実はCS60が最初ではないのです。
CS60は西村氏が開発したのは間違いないです。
しかし、この前に別の開発者がいました。すでに故人です。
ここではM氏としておきましょう。
このM氏が宇宙人から夢で教えてもらったのだそうです。
それで設計図を書いたのです。
M氏が試作機を作り、関係者に配ったそうです。
これをNTとしましょう。
特許はM氏とその関係会社が取得しました。
ここではB社としましょう。
現在でも有効な特許です。年金を払っています。
M氏と西村氏とは当初は仲間だったのですが、
途中で仲違いしてそれぞれ別々の道を歩むことになりました。
設計図を持っていたのは、最初に書いたM氏ですが、
袂を分かった西村氏はNTを切断してリバースエンジニアリングして
設計図をおこしたようです。
それに改良を加えてCS60を作製したようです。
西村氏が夢で教えてもらったというのもそれはそれで
本当のことでしょう。
発明は、M氏の功績ですが、
西村氏は、臨床の功績です。
M氏は臨床には興味がなかったようで、
この機械をここまで広め、人々の救済に役立てたのは
西村氏がいたからこそです。

CS60を(表だって)販売しないのは、おそらく特許があるからと思います。
下町ロケットを見れば納得がいくと思います。
私も仕事がら、特許関係にいるのでわかるのですが、
特許があると、ライセンスなしには製造販売使用は不可能です。
といっても、M氏(とその遺族)も西村氏もB社も
こんなことで人々の救済ができなくなることなど
だれも望んでいないでしょう。
だから争いにはならないと思います。

さて、私は運良くNTの試作機の施術も受けることができました。
CS60とNTの両者には作用に相違があります。
CS60は細胞によりフォーカスしているのに対し、
NTは神経系によりフォーカスしています。
CS60はダイレクトに肉体に反応が出ますが、
NTは経路を巡って肉体に出る感じです。
痛みもCS60のほうが痛い人や、
逆にNTのほうが痛い人と個人差があります。
これはその人の疾患がどこにあるのかに依存するようです。
私は後遺症が神経系なので、
むしろNTのほうが痛かったです。
エネルギーがどう違うのかも感じましたが、ここでは説明は省きます。

CS60を12回受けての結果は以下の通りです。
足部:改善するも完全寛解にはならず。
脚部:疼痛は継続。しかし、難病以前の感覚に戻り、いくら歩いても疲れにくくなった。ただし、筋肉量は戻っていない。
腰部:痛みなし。
腹部:痛みなし。まだ柔軟ではない。
胸部:軽度疼痛。
背部:痛みなし。
肩部:軽度疼痛。だいぶ改善した。
手腕部:痛みなし。
首部:軽度疼痛。
頭部:痛みなし。

CS60であれNTであれ、欠点は以下の通りです。
1.とにかく痛い(幼児や子供、高齢者には適用困難)
2.圧をかけてこすらないといけない。これが痛みにもなる
3.パワーが弱い
4.適応症が限定される
5.施術時間がかかる
6.施術者の患者マイナスエネルギーの受け
その他もありますが、ここでは省略します。

痛いのは不調和エネルギーが抜ける時に、その速度が遅いからと思います。
3次元的なスピン駆動型では限界があるでしょう。

さて、ここで新展開です。
9月からCS60を受けていますが、
それ以前から並行して神に祈ってきました。
毎日です。
「全ての祈りは叶えられる」という約束の通り、
この12月に超絶エネルギーを使えるようになりました。
神に感謝です。まさに超絶です。
もっとも、従来からエネルギーを扱ってきましたが。
また、後遺症の原因も知ることができました。
解消にはCS60/NTでは不可能であることもわかりました。
どうれば解消できるかもわかりました。

さらに、
私は運良くNTの試作機を2個入手できました。
プロとミニです。
プロがCS60相当で、ミニは小型版です。
CS60もプロも大きく重いので扱いが大変ですが、
ミニは片手で楽々です。

上記CS60/NTの欠点を超絶エネルギーで解消すれば
いいことに気づき、
プログラミングしてやってみました。
(もちろん社外秘です。実際は複雑なエネルギー処理です。)
そうすると、上記欠点はものの見事になくなりました。
ただし、適応症はまだ検証不可能です。
詳しい説明は省きます。
機械を使っても痛みは出なくなりました。
CS60/NTのエネルギーをベースに超絶エネルギーを載せているので、
オリジナルのエネルギーを限界まで増幅させました。
これで不調和エネルギーを抜く速度が超高速になり、
痛みを感じる前に抜くことができるからと思います。
無痛針のようなものです。
さらに、圧をかける必要はなく、軽くこするだけで十分です。
なぜなら、放射されるエネルギーは、今では体を突き抜けているからです。
ちょうど、孫悟空のカメハメ波のようにほとばしっている感じです。
その他についての機能描写や効能効果はここでは省略します。

これは自分だけが感じるのか、他の施術者ではどうなのかを確かめるため、
施術者の許可と要望を得て
CS60/NT2種にもエネルギー処理してみました。
実際、それを使って自分で施術を受けてみてやはり上記欠点はなくなっていました。
他の被験者さんは、
このエネルギー処理した機械のほうが奥まで入る感じだとか、
機械から光が見えるとか、
エネルギー処理済み装置と未処理装置を持ち比べてみて、処理済み装置のほうが重い、
などのいろいろ感想を述べたそうです。

これでエネルギー処理さえすれば万人向けの治療器になることがわかりました。

ここで朗報です。
NTは量産を計画中だそうで、
計画が順調に進めば、
来年だれでもが比較的安い価格で購入可能になるようです。
今、ほしいけど買えないと思っている人は、もう少し待ちましょう。
NTもCS60もどちらも良い治療器です。
NTもCS60も実質的な効果は同じです。
少し、作用部位、適応範囲が異なるだけです。

私は、今回の件で、超絶エネルギーが使えることがわかったので、エネルギーだけでヒーリングを始めようと計画中です。
自分が苦しみましたからね。
それ以前から霊的なものは得意でしたが、
肉体的なものは苦手だったのが、少しは解消できそうです。
遠隔だけでのみ可能です。
来年から募集を受け付けようと思っています。
どういう仕組みが良いか思案中です。

自分はエネルギー処理で自由自在に可能ですが、
家族や友人には無理なので、
このNTに特別なエネルギー処理して、それを使ってもらいます。
なにしろすごいパワーなのですから。

最後になりますが、
CS60を紹介していただいた本山さんには大変感謝です。
御礼申し上げます。
CS60のご紹介記事を見た瞬間、これは私の祈りに対する神の答えだと直感的に感じました。
No.836 - 2018/12/23(Sun) 23:54:43
Re: CS60続報 必見情報あり / 本山 [関東]
 tenshoさん、こんにちは。

 本山です。

 CS60の施術を12回も受けられたとのこと。
 これまで多くの身体の不調を体験されたことをお察しします。
 またCS60の詳しい解析、有難うございます。
 ちょっと驚いたのは、CS60は西村さんの完全なオリジナルだと思っていたのですが、他の人(M氏)が先駆けだったのですね。
 本にはそのようなことは書いてなかったので知りませんでした。

 M氏とB社が特許を持っているとのことで、来年にもNTの一般販売がされるかもしれないとのこと。
 たしかに朗報だと思います。
 「比較的安い価格」というのが、どのレベルなのか気になりますが、私も一台手元に置いておきたいと思っている一人なので、(私が買える金額ならば)ぜひ購入したいと思っています。

 貴重な情報、有難うございました。
No.838 - 2018/12/26(Wed) 17:56:29
Re: CS60続報 必見情報あり / 親方
tenshoさん、本山さん、こんにちは。

貴重な情報、有難うございます。

NTがCS60と同じような効果が有って廉価で販売されるのでしたら私も買いたいと思います。

tenshoさん、情報が有れば本山さんの掲示板でお教えください。宜しくお願いします。
No.839 - 2018/12/28(Fri) 13:09:45
Re: CS60続報 必見情報あり / tensho
山本さん、親方さん、お疲れ様です。

ご安心いただけると思います。
NTは大型と小型があります。
大型はCS60と同じようなサイズで、
小型は片手で包めるようなサイズです。

大型はずしりと重いので持ち運びは無理がありますが、
小型は軽いので取り扱いと持ち運びに非常に便利です。
女性でも楽々です。

小型は
大型では無理がある小部位に威力を発揮します。
パワーは小型のほうが小さいです。
サイズ依存です。
それでもオリジナルパワーでは激痛でした。

価格は、CS60が50万円以上だったと思いますが、
それよりかなり安くなり、
小型ならはるかに安いようです。
価格が確定していないし、販売開始になっていないので、
およその価格は知ってはいますが、ここには具体的数字は出さないでおきます。
仕様と製造にはいろいろ苦心しているとのこと。

販売開始になったら、ここに書き込みます。
購入するだけの価値は十分あります。
さすがは宇宙人提供技術でしょうか。

また、補足として、特許の件ですが、
西村さんがCS60を公知使用後に、
M氏が特許出願しているので、
西村さんは特許侵害にはならないと思います。
道義的にどうかは別として、法律的にはそうです。
No.840 - 2018/12/28(Fri) 14:43:57

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS