04019

Remix・s→LiveBBS

ライブ後に感想やらMCレポやらつらつらと書いております。
(BBSといえど書き込めるのは管理人のみといういつもの感じです)

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
URL
件名
地域 性別
文字色
/ 編集パス
投稿パスワード
Zeppツアー、最初で最後の大阪日曜。 / 管理人タカムラ
私のZeppツアーは大阪日曜の1公演のみ!
このネット社会で一切のネタバレを見ずに今日を迎えた。だってもうものすごく楽しみにしてたから。全部全部に「わぁ!」ってなりたかったから。

開演前SEのハワイアンな音楽が徐々に大きくなって、「お!くるぞくるぞ」と思ってたら唐突に世界が切り替わるみたいに客電がサッと消えて、一瞬の暗闇の後に薄暗く照らされるステージ。
1人1人登場してくるサポメンのシルエット。流れてきた音は天ツアーと同じあのインスト曲だった。それだけでわかった。「これ、『見逃した君たちへ』やるつもりだ…!」。

※「見逃した君たちへ」=AKBが過去の公演を再演したイベント。

1曲目は「AMAKAZE -天風-」だった。天ツアー。
2曲目は「Pearl in the shell」、CLOUD NINEツアー。
3曲目、「TO・RI・KO」、vertical infinity!

あぁもう西川くんは全部わかってる。
ファンの私ら以上にTMRに思い入れがあって、一つ一つのツアーに思い出があって、誰よりセンチメンタルだ。

もうこのへんで辛抱たまらず隣の知らない人に「楽しいですね!」とワキャワキャちょっかい出してしまった。それを後ろのほうにいた友人に「タカムラさん、早速だ…」と目撃されていた。だって!もう!こんな序盤で1人じゃ気持ち抱えきれない!

「Juggling」なんてもう!興奮しすぎるなというのが無理な話!

ひとつひとつの曲に、そのときどきの思い出がよみがえった。あのツアーであんなとこやこんなとこに行ったな。あのライブであんなことあったな。あの頃あんなつらいことがあったな。あの仕事がんばったな。がんばってがんばって、「土日はライブだー!」って西川くんと楽しく遊んだり、楽しく遊びに行ったのにみんなでうなだれて帰るはめになったり(笑)。
切ないことも、楽しいことも、悲しいことも、くやしいことも、どうしようもないことも、ラッキーだったことも、別れも、出会いも、あぁ、いろんなことがあったな。その生活の全ての傍らに西川くんの歌があって、西川くんのライブがあったな。
振り返ると私の人生は幸せな人生だったな。っていうか西川くんが私の人生そのものだ。

本当に1曲1曲にいろんな出来事が鮮やかによみがえって、振り返って、そんなことをライブ中に何度も思って、楽しさに大笑いしながらザバザバ何度も涙を流した。

終わって友人と「謝恩会みたいだったね」と言い合った。西川くんは古いファンの私らを意外と嫌いじゃないようで(笑)、ちょっと安心した。ちょっと嬉しかった。
「いろいろあったけどずっとありがとう。あのときもこのときも」って、本当「謝恩会」って言葉がぴったりだな。西川くん主催の謝恩会。

序盤で「もうこんな序盤で既にみなさんお気づきでしょうが、今回のライブ、シングル曲を一切やりません!笑」。あはははは!そういうの!待ってた!最強のベーシックだったROUTE20ツアーの反動(笑)。

「ライブは儚くて」って言ってた。
西川くんがずっと前からたまに口にする「ライブは儚い」ってこの言葉がとても好きだ。儚くて、今日が終われば全て消える形のないもの。儚いと知ってるからこその、毎回のあのライブ。

「そう、こないだね、台湾にライブに行ったとき、台湾に着いて市内に移動するのに車に乗って、遠い方の空港だったから40分50分くらいかな、景色を見てて『あっ』て気づいたんだけど。おじいちゃんが昔台湾にいたことがあって、戦争でね、そのとき写真で見せてもらった台湾の景色の中に今自分がいてそこで歌を歌うなんて、しかも自分のことを待っててくれる人がいるなんて、そのときは想像もしてなかった」

待っててくれる人がいる、って言葉に込められた喜びと不思議。「あの頃」と「今」はこうしてつながってる。曲も、MCも、とにかくそれを思わせるライブだった。



なんかで西川くんがドス効き声で「殺すぞ!」って言ったとき「ヒャッ!喜」ってなった(笑)。昔みたいにもっと西川くんは私らに「殺すぞ!」って言ったほうがいいと思う(私が喜ぶから)。昔みたいにもっと私らを乱暴に扱っていいと思う(私が嬉しいから)。

あぁー、なんか久しぶりに会う大好きな西川くんがステージにいた!いつも大好きなんだけど、やっぱりなんか違う、気軽に声なんてかけられない魔王っぷりの私らの絶対支配者!

「OH! MY GIRL,OH MY GOD!」で、CDと同じようにハミングで曲を始めたくってみんなに「ハミングで」って西川くんが言ったのに、ほとんどの人がハミングでなくて普通に歌い始めて意図が伝わってなかった(笑)。
もう!ちょっとー!みんな忘れたの!?あのハミングで始まるのがかわいくって、西川くんのハミングが聞きたくて、triple jokerでこの曲ばっかり何度も再生したのを。
って、忘れるか。19年前(!)だもんな。



「大阪!」「オーサカ!」「オオサカ!」と何度も大阪大阪言ってはりましたよ。だって西川くんは大阪大好き!えっへん!

楽しさおさえきれず何度も「あはははは!」って脈絡なく笑っていた。わかる。私たちも同じく楽しかった。



あぁ、今日が初めての人も、まだ新しいファンの人も、ずっとずっと西川くんのことを大事にしてくれるといいなー、って思った。私らが歴史を重ねてきたように、「今日」が新しいファンの人の積み重ねる歴史のひとつになる。
重ねた時間の分だけ、歴史の分だけ、西川くんのことを愛してくれますように。

つれづれ、また明日。
No.460 - 2017/03/06(Mon) 00:30:26
大阪1日目!楽しかったなぁ… / 管理人タカムラ
orbitがすっごくよかった。金色のまばゆい照明も、西川くんのまっすぐな歌声も、空にのびてくみたいなギターの音色も、びっくりするくらい大きな会場の歌う声も。とにかく全てが前に前に!って希望にあふれてて、B★E★S★Tツアーで見た景色ときれいに重なって、20周年の今まだこんな未来への希望があるなんて、と嬉しさと底知れなさにゾワゾワした。
あの時にリリースされたのがorbitでよかった、って当時も、それから先のいろんな節目でも、そして今でも、本当によかったって思う。あの曲じゃなかったらきっといろいろ違ってた。




「セットも仕掛けも派手な照明もなく…」って西川くん言ってるけど、照明は十分に派手だ(笑)。すっごいクリアな色で綺麗なんだよー。本編終盤のBASARA曲ゾーンなんかもう芸術的!濃いピンクと藍色の2色の照明が美しいのってなんだっけ?Naked arms?あれは本当に綺麗…




「ウッカリ!」「タカノリッの!」って毎回全力でやれる幸せ。



FLAGSで黒いシャツを一生懸命「うんしょ、うんしょ」って時間をかけて脱いでいた。汗ではりついてたんだな。45歳がお送りする全力の汗だくライブ。



大阪1日目は衣装黒バージョン。和歌山も黒。奈良は白。白のほうが華やかで西川くんのカワイらしさが映えて好きだな、と思ってたけど、今日見て黒もいいなと思った。

奈良では終盤ペットボトルの水をためらいなしに頭から背中からドボドボかけてて、白いTシャツから浮き出た胸筋がくっきり見えてちょっと変な人になっていた(決して色っぽいとかそういう感じではなかった・笑)。



なんかあれやると腰がひけたお尻フリフリみたいになっててカワイイんだけど妙だわ、と私の中で戸惑い度の高かった例のHEAT CAPACITYにおけるマラカスですが、今日はよかった!しっくり来てた!腰もひけてなくてなんかマラカス振ってる姿が普通にカッコよかった。悪くない、悪くないぞ…!



アンコールで出てきたとき、ピアノに飛び乗って足でドン!ドン!ってやってたあれはあかん(笑)。ピアノやってない男の子ってピアノ雑に扱うのってなんなんでしょう。小学生か!も、大島さんあれは裏で「なにやっとんねん!」て怒っといてー。ピアノがかわいそうよー。



今回のツアー、とにかく右に左によく走る。中央に走って跳んで帰ってくるときの跳躍力もハンパない。元気がありあまりまくってる!楽しい!って西川くんの姿がとっても気持ち良くて、こっちの私らも元気いっぱい気持ちいい客でありたいな。そう思って地味にひとり部屋で運動している私なのであった。大阪2日目も元気にいこう!
No.455 - 2016/06/05(Sun) 10:27:41
和歌山奈良、楽しかったなぁ…。 / 管理人タカムラ
今日はずっと和太鼓&三味線のあの曲が頭の中でリピートしている。中盤のメロディ、すごく切なくてでも強くて(なんかピシッと硬い紙みたいな強さ)、綺麗だよねぇ。

綺麗だなぁ…とか思っていると終盤の太鼓の音に西川くんのあの一生懸命両手で太鼓叩いてる姿が映像で現れてきて「おぉぅ…」となってしまう(笑)。

そしてあのコーナーでの自分の気持ちの置き所にまだ戸惑っている私なのでした。「和太鼓!イェーイ!(喜)」でもないし「和太鼓…ほぅ(腕組み)」でもないし、なんか目を白黒させたままとりあえず聴き入っている。そして終わった瞬間に「なんかわかんないけどみんな頑張った!よく頑張った!」と泣きそうになる。貴教ちゃんもだけど、三味線とか、だってギター弾けるからってすぐ弾けるものでもないだろうに、すっごいなぁ。

和歌山では「あれ?これ何かの曲の導入部かと思ったら特に次の曲につながるわけでもなく独立したコーナーなのネ。なんか不思議」と思ってたんだけど、奈良では次の曲の「Naked arms」のバックに三味線のメロディが聞こえてくるのに気付いて「あぁー、ちゃんとつながってる!」とちょっと感動したのでした。胸にキュッとくる感じのすごくいい使われ方だった。三味線ネイキッド。

そしてあのジャジーなvestige!私はすっごく好き。
あー、西川くん、ブルーノートでやらないかなぁ。ああいう感じの音と歌、他の曲でもいろいろやったらすっごく気持ちいいと思う。

和歌山のvestige前のひとこと、
「この曲もリリースからもう10年くらいかな、10年経って、ようやくその意味がわかるようになってきた部分もある、そんな曲です」。
リリースから10年ちょっと経って、西川くんはどこをどう「あ」って感じたんだろう。リリースの頃は「夢中で傷つく事をイキルと云うなら」ってところに胸を掴まれた私は、今は「消えない君だけが真実」ってフレーズのほうに深く頷いてしまう感じの。

セットリストを積極的に忘れよう!という努力により、自分的2公演目での奈良で「LEVEL4」の存在をすっかり忘れていた私は音が鳴った瞬間に「ひゃあ!」みたいなそれはそれは新鮮な驚きでしたのことよ。「独裁で、次はハイプレだっけか!」ってすっかり思い込んでたところに「LEVEL4!やったー!!」。みんなもいろいろ忘れてく方向で毎回毎公演アホみたいにビックリしよう!

マラカスはクリスマスイブのその日まであのまま登場するんだろうか。あのマラカスはどうなれば正解なんだろう。貴教ちゃんの腕と手首のいいエクササイズに私ら付き合わされてるんじゃなかろうか。いっそスタッフが「すみません!どこにもマラカスが見当たりません!」ってナイスな失態を犯してくれないだろうか。
決してイヤじゃないけど(ここまで書いといて!笑)、マラカス振ってる貴教ちゃんをフと「なんだそのお尻フリフリ的な。カワイイな」という目で見てしまってせっかくのヒーキャパに集中できないので、なんか、こう、あれだ、要は「すいません!この戸惑いの置き所が見つかりません!」ってだけです(照)。

歌声、いいなー。素直な声の出し方も、感情の込め方も、すごくいい。2013年〜2014年くらいのあの「上手く歌おうとしている」みたいな違和感ってなんだったんでしょう。今の西川くんの歌声、すごくのびのびしていてとても好きだ。西川くんも大好きだけど、やっぱり私は西川くんの歌が一番好き。
No.454 - 2016/05/23(Mon) 22:31:10
そうそう、奈良。 / 管理人タカムラ
イントロドン!コーナーのWILD RUSHで、音を切る直前の「ジャンゴー!」、今日は目の前にいる貴教ちゃんも声出しての贅沢な「ジャンゴー!」でした。
どうしよう、あのコーナーのせいですごくヴィーナスとジャンゴーが聴きたい(笑)。
No.453 - 2016/05/23(Mon) 01:40:16
奈良、よかったよー、奈良。 / 管理人タカムラ
あんまりここを活用しない予感がしてますが、やぁやぁのぞいてくれてる人はありがとう。

ホトリミちゃんは昨日は「和歌山的にも!」
今日の奈良は「タカノリ的にも!」でした。何か奈良の四文字考えて…!笑

INVOKEの歌入り前、短い言葉をいくつか言って最後に低い声で「…INVOKE!」って曲名言って歌に入ったの、珍しいしやたらカッコよくてゾワッとした。

音のみMVイントロドン!のオービット、
「え?これだけでわかんの?すっごいなぁ…っていうかその想いが。すごいな…」ってちょっと貴教ちゃんジーンとしていた。
うん、オービットのMVもあの曲のMVもあの曲のMVも大好きなんだもん。どれも何十回何百回と繰り返し見たんだもん。西川くんが思っている以上に私らは西川くんも、西川くんが提供してくれるあれこれも大好きなんだよ。そろそろ伝われ(笑)。

ラストのハートオブソード、客席の声も西川くんの歌もとてもとてもよくって、あぁ最後に聞きたい聞きたい「そうだろー!?」のひとことが!と祈るような気持ちでいたらフワッとやさしい「そうやろ?」。えっへへ。
「そうやろ?」のあとにもう一回「●●そうやろ?」って言ってくれたんだけど何だったっけな、絶対そうやろ、とかだったっけな。肝心のいいところを忘れている…!うわーん!老化によるもの忘れ!涙
No.452 - 2016/05/23(Mon) 00:38:43
やぁやぁRoute20ツアーに行ってきたよ和歌山! / 管理人タカムラ
素舞台って、そういう意味ではないときっと思う!なんじゃそれ!というRoute20的素舞台にまずはビックリした。ステージ奥に置いてある会館の備品とかブルーシートとかむきだし状態(笑)。

とはいえライブが始まって照明とかついたらそのむきだしの諸々も見えない状態。アンコールで
「ねー、そんなに暗くしなくてもいいんじゃない?みなさんにお見せして。バックライト付くでしょ?」って西川くん言ってむきだし状態が客席に見えるようにして「これでツアーを回ります」って言ってた。

「ちゃんと会館の人にあらかじめ言ってるからね。『何もない状態でやります』って。そしたら『(後ろを隠す)幕もないんですけど…』『えぇぇ!』って(笑)。」

「ずっと置きっぱなしのいろんなものとか見えますけど…って言われて、いいですいいです、って。オレでもずっと気になってるんだけど、あのギリシャ神話の柱みたいなの(笑)。何に使ったんだろ、あれ」

上手舞台奥に結構な大きさ&高さのパルテノン神殿の柱みたいなのが鎮座していた(笑)。

あのスマフォでいろんな曲のイントロだけ流して「雰囲気だけ!」って西川くんに客席みんな遊ばれてたあの場面、ボタン押したのに音が聞こえてこなくて「これ、わかんないでしょ?今は曲だけじゃなくMVもあるから」って言われた後に聞こえてきた「ジ…ジジ…」って音で速攻わかりますわかります、それオービット!あのMVを何百回見たと思ってるんですか!やる!これオービットやってくれる!ってしばしのドキドキからのあの黄金の光いっぱいに始まったオービット。いつもいつでもこの曲はやっぱり「未来」だ。銀の風を切る船で向かう私らの先。
No.451 - 2016/05/21(Sat) 23:32:38
今日は福井で遊んできたよ。 / 管理人タカムラ
やぁやぁ、最近T.M.ちゃんの元ファンからライトファンに昇格した感じの私だよ。ライトファンなのにやたら各地のライブに行ってるのはただの日帰り旅行ズキだよ。

最近はツイッターのほうでいろいろ書いてるのでよければそちらでどうぞだよ。
PCはこちら。
http://twitter.com/k_tkmr
ガラケーはこちら。
http://yubitter.com/user/k_tkmr
No.445 - 2015/07/05(Sun) 00:33:43
8月2日3日の大阪行ったよ。つぶつぶつぶやき。 / 管理人タカムラ

今日はねー、楽しかったな。近年の「んもう、大阪〜」な失態が全て水に流れるくらい、古きよき大阪だった。2003年あたり、終演後に「大阪何がそんなにすごいのかと思ってたんだけどこういうこと…」ってぐったりしてる遠征民に「そうなの、これが大阪!」って胸はってたあの頃の大阪の熱気。

歴代PVが映る某曲、毎回「あぁ、あの西川くんもあの西川くんも本当に大好きだったな。同じ人なのに、同じ人が今そこにいるのになんで私の会いたい人はそこにいないんだろう」みたいなことを思ってどん底MAXになってしまうんだけど。あの曲が嫌いってこともあるのかどんよりしてしまうんだけど・笑

今日はその次のオービットからの空気というか雰囲気というか、ものすごい懐かしい感じだったな。B★E★S★Tとかコーディネーターとか果てはprogressのあたりの姿と重なるような。なんかキラキラしてんだけどそのまぶしい光のすぐ後ろにギラギラした青い炎が見えるような。

なーんかな。何がどう違うんかな。何があのとき違ったんかな。「十分タカムラさんは今も普通にファンだと思うよ」ってお友達に言われて、うん私もそう思う(笑)。でもつまんない。傷もつかない、血も流れない、伝えたいって熱もわかない、焦燥感にもかられない、それが普通でそれでいいんだろうけど。

そうそう今日はお友達が一人急に来られなくなって譲り先を探して無事見つかったんだけど、会ってみたら最近T.M.ちゃんに興味を持って今日が初ライブという子だった。ライブ前は少し緊張していて、始まると終始ニコニコでワクワクととても楽しそうだった。我ながらよい仕事をした。えっへん。

とっても楽しかった今日は西川ちゃんもとってもゴキゲンMAXで、曲中の動きや振りもノリノリキレキレのあの感じであった。INVOKEのあのキレイな腕の動きは「時間という概念」をきっと表してるのね。AKBでいうところの「ずっと繰り返して24時間」の振り付けと同じ意味的なのね。

そして昨日見かけて「いつの間にそんな(それなんやねん)」と小さく衝撃を受けた「『♪TVの中でどうぞ』のときに体の前に腕で四角!四角!を書いておそらくTVを表している」おかしな(あっ)振りは今日はやっていなかった。本人的にもあれはいけてないということで封印したのであろう←決めつけ。

西川くんはMCで、この間ロッテのCM撮影をしたけど15年ぶりくらいのロッテとの仕事だった、前回はハイプレが使われて、なんか今その頃と同じ何かを感じてる、って言ってた。何かわかんないけど、自分の周りが動き出しそうな、変化しそうな、サーフィンで言うと大波のくる前のあの感じ、って。

要は夜明け前というかブレイク直前の空気をまた感じてるんだろうな。一度経験した人間だからわかるその空気感を。好きだった頃に私いつも思ってたんだよ、「いつ西川くんが世界に見つかっちゃうか!見つかったら大変なことになっちゃう!」って事態が遠くないうちに起こるのかもしれない(真顔)。

「ボルチモアの前が大阪でよかった。今日ここでもらったもん連れて、ぶちかましてやってくるんで!海外行く前のライブ、どこにしようか考えて、やっぱり大阪かな、と。その選択は正しかったな、と。大阪でやってよかった。あれね、ここぞ!って節目はやっぱ大阪こなあかんね」と西川くんは言ってた。

何を今更、大阪なめんなよ。と思ったが、ここ数年のいまいちな大阪を思い出して「うん、まぁそんな風に言うてくれてありがとう。えっへん」と謙虚に思いましたことよ。大阪、プチ復権。また次、大阪でツアーライブあったら行ってみよう。1年後かな、2年後かな3年後かな。それまでさらば西川氏の巻。

No.432 - 2013/08/04(Sun) 00:43:13
そして何も書かずにまた寝てしまうの巻 / 管理人タカムラ

北九州話、チラッ。




歴代福岡ライブを振り返って
「サザンクロス筑後…、あ、『サザンクス筑後』ね」

「スナオさぁんっ!『サザンクス筑後』が何回で『さざんかの宿』になるか調べてぇ!」

えぇっ!?と拒絶するかと思いきや何の迷いもなく一歩マイクの前に進むギタリストの姿がそこに(スナオさんのすごさにはいまだに毎回こっちがビックリします・笑)。


アンコールくじ引き2曲名にて
「え?何?あ、ウェブオブナイトか!『弁当ないよ!』て、今それオレに訴えられても!って思った(笑)。確かにそうだけど(今、弁当はないよ)」

「……スナオさぁん!『弁当ないよ』が何回で『ウェブオブナイト』になるかやってみて!」

5回でした。サラッ。

No.412 - 2011/05/05(Thu) 01:00:49
北九州MCをチラリンと。 / 管理人タカムラ
チラリンとだけ。
気が向いたら夜にでもまた久しぶりにいろいろ書くー。

そうそう、アンコールはオービットとウェブオブナイトだったよ。
後ろの列の斜め数人先の人が当たって、目の前であの箱と曲名ボールが見れたよ。キャッキャ。




「今日、初めての北九州でのライブです(熱)」
「初の北九州!(激熱)」
「今まで福岡には何度も来てるけど北九州にはやっと初めて…(じんわり)」
「福岡での公演を振り返ってみると、え!?この(JT2のときの)『九州厚生年金会館』て北九州なの!?……orz」

超はずかしー!超カッチョ悪ーい!笑


「公演の感想をいつもFC会員限定のサイトに書き込むんだけど、前回の旭川の感想をついさっき、ここの会場入ってから書いたのね。旭川初めてだったから、それにつなげて『初の旭川に続いて初の北九州公演も盛り上げてまいります!』って書いたのを後で見て笑えばいいじゃない!も、ファンクラブに入っちゃえばいいじゃない!いいじゃん、ここの会場でやるのは初めてなんだからっ!////」

「というわけで、初の『北九州芸術劇場公演』!ここは北九州でもどこになるの?小倉?小倉ーーー!!」


「こっちはやっぱあれなの?アニメとか週遅れだったりとかするわけ?あ、2週遅れ?『まどか☆マギカ』の最終回はもうやったの?ええええ!(まどかマギカ自体を)やってないいぃ!?」

「…えーと。今の話についてきてる人とついてきてない人とまっぷたつに会場が分かれてしまっておりますが(笑)。40になってこんな衣装で皆様の前に出ちゃう人間なわけですよ。2次元と3次元の間のねっ、2.5次元の存在としてこれからも…。たは」


「次来たとき『北九州は2度目…』って言わないように(笑)できるだけ間あけずにまた戻ってきたいと思います!ってこって、また会おうぜーーー!!」
No.411 - 2011/05/04(Wed) 15:54:53
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
199/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS