83682
「真の勇者」怪獣らんど掲示板

怪獣保護地区です。身近な話題にぜひどうぞ!

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
レイゴ兄さん、皆さん、こんにちは。
漫才トリオでスレを立てるのは少々気が引けますが、
放送開始を祝って、止せばいいのに本当にやらせて頂きます。

第1話「カレー無法地帯」

ナレーション「僕はウルトラマンメビウス。地球で学んだ大切な事を、光の国の新しいウルトラマン達に伝えている…つもり。」


ザムS「ぬん!」ばしゅっ、
Hカリ「うぬぁっ(by難波)」シャキーン!
Mペラ「ぬふふ…この惑星は食材が豊富であ〜る♪」
S「うむ。地球への買い出しのついでに立ち寄って正解だ。」
H「メビの奴、喜ぶだろな!(by仁科)…うっ(ぺぽん、ぺぽん…)腹が減った…(by石川)」
S「よし、ではこの新鮮な怪獣を早速料理してやろう!」
M「ぬおぉ〜、キャンプのようで楽しいな!教官もおらぬし。」

ハルナ「ヒュウガ船長、間もなく惑星ボリスに着陸します。」
ヒュウガ「よし、気をつけろ…(ぐらりっ)どっ、どうした!?」

びちゃっ…

ハルナ「海に着陸してしまいました!…」
ヒュウガ「この惑星には水が存在しないはずでは!?」
クマノ「高温、高粘度、高蛋白、高カロリーの海です!」
ハルナ「見て!あそこに浮かんでいるのはっ」
オキ「エレキングの角だ!「サドラのハサミ…ゴモラの尻尾も!」

ことこと…
S「おい、鍋に何か落ちたぞ」
H「虫じゃねぇの?(by仁科)」
M「気にするな、十分に加熱すれば大丈夫である♪」
ぐるぐるぐる〜

ペンドラゴン「ぎゃぁぁ〜」

スペースペンドラゴンの運命やいかに。


第2話「5箱目のルー」

その頃、バトルナイザーを手に惑星をさまよう若者が一人。
レイ「ゴモラ!どこへ行ったんだゴモラ〜!」

ぐつぐつ…
M「むむ、肉が少ないのではないか?」まぜまぜ。
S「よし、そっちの奴も入れろ。」ちゃぽん。

レイ「はぁ、はぁ、熱い…」

S「もう火が通ったかな?」ぶすり。

レイ「ぐぁっ!痛!」

M「ではそろそろルーを入れるぞよ♪」
S「既製品を使うのか?」
M「メビ教官が使い残した辛口を持ってきたのだ♪」
S「おぉっ『だらけるカレー激気辛』だな!(喜)」
ぽちゃん、ぽちゃん…

レイ「うぅ、胸焼けが…ゴモラ〜」ばたり。

ぐつぐつ…
ぺぽん、ぺぽん…
Hカリ「ま、まだかぁ…」
ばたり。

レイの運命や如何に?


多分こんなストーリーではないでしょうか。(ばしっ)
本放送&配信が楽しみです!
No.4284 - 2007/11/29(Thu) 14:25:04
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
皆さん、連レス失礼いたします。週末の放送開始までに何話まで行けるでしょうか。


第3話「東映怪人の襲撃」

ぺぽん、ぺぽん…
Hカリ「駄目だ、俺はもうこの体を維持出来ない…(by難波)」しゅるしゅるしゅる
Mペラ「ザム、まだ飯は炊けぬのか?Hカリが人間大になってしまったではないか!」
ザムS「待て、今蒸らしている所だ…」

H「(ぺぽん、ぺぽん)ふぅ、しかし腹が減った。…おっ!?こんな所に地球人が倒れている!その側には思わせぶりなカードが!」
レイ「ゴモラ…」
H「こ、これはもしやあのチケットでは?」
♪ちゃらららちゃららら(by佐橋俊彦)
H「(キョロキョロ)過去に飛んでゆうこり…ゴホン、アーブの知性体に会えるかも♪(by難波)…えーと、使い方は…こいつの頭にかざすと日付が出るんだったっけ…」ワクワク。



H「こいつ何も覚えてねぇじゃねぇか!(怒by仁科)」ばたり。
M「Hカリよぉ、カレーが出来たぞよ。」
H「(むくり)ふぬぁ〜っ!(by難波)俺はこの時を待っていたのだぁ〜!」ばきばきばきーっ(巨大化)
S「お前、ヒーロータイムの見過ぎだっ。」

レイ「ごーもーらー…」ぴくぴく、ばたり。


第4話「ベムス太惨状」

きゅーっ、きゅーっ…
S「もうすぐ地球だな…」
M「楽しかったなぁ、惑星ボリス。…」
きゅきゅー。
H「ところでMペラよ、その幅広い奴は何だ?」
M「ぬふふ〜ん。カワユイであろう。ボリスで拾ってきたのだ。名前はベムス太であるぞ♪」
きゅーっ。
S「おい、Mペラ、貴様のペットは腹が減っているのではないか?」
きゅーっ、きゅきゅーっ。

M「よしよし、このあたりにはお前の好物が沢山あるのだぞ♪ほら、MATステーション…ZATステーションもあるぞ。」きゅーっ。ばりばり、くちゃくちゃ。
S「そ、そんな物を食わせて、メビ教官に知れたらどうするっ」
ききき、きゅーっ!
M「どうした、ベムス太!お腹が痛いのか?」オロオロ。
H「…こ、これは!こんな物まで食わせたのかっ(by石川)」
M「しかしベムス太の好物だが?」
H「これだけはやべぇ!ステーションV3!(by仁科)」
M「ぬぬ…腹の中から何か聞こえる…」

K「おいっ、このモグラー!コノヤロー!(びびびびび…)」

きゅーっ!
M「な、何だぁ〜(泣)」
きゅーーーっ…、ばたり。
H「やっぱりまだ居たんだな…クラタの爺さん(by仁科)」
M「ベムス太〜(泣)」

つづく…かも。
No.4285 - 2007/11/29(Thu) 15:37:18
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

あちゃー、やっちゃいましたね(笑)。
これ主役がすり替わってる気もするんですが、大怪獣バトルですよねえ?
巨大生物の食物連鎖ドラマじゃないですよねえ?

まあこんな事が出来るのも放送開始までの間だけですから(この辺は疑問)、やっちゃえやっちゃえ(笑)。
一応兄に成り代わりまして・・・怪獣スタッフの皆さんごめんなさい。
しかしこれは愛なのです。
No.4286 - 2007/11/29(Thu) 21:42:08
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / まっくん
ばーなーおん兄さん、オヤジストン兄さん、皆さんこんばんは!

うお〜っ!! まさか本当に作ってしまうとは(笑) ・・・ってやっぱり奴らか^^;;
ベムちゃんがかわいいです^^ そして・・・あの悪党が登場とは(祝)!!
次回、悪党の運命やいかに??

大怪獣バトル、本物も楽しみにしてま〜す^^ 早く来い来い土曜日♪
No.4287 - 2007/11/29(Thu) 23:34:55
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは。

おお、漫才トリオのスレ立ちがみられるなんて、「成長しましたわね」
彼らも。いやはや。
それがまた、おもしろいのです、申し訳ないような気分ではありますが。
「ステーションV3!」で大うけしてしまいました。
続き(つづくのか?)楽しみにしています、ええ、本物はもう、いやが
おうにも期待高まっています。土曜日楽しみたのしみ。
No.4288 - 2007/11/30(Fri) 05:33:30
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
みなさん、こんばんは。
オヤジストン、まっくん、ゆうはは姐さん、ありがとう。レスはまた後ほどゆっくり、まったりと...
ひとまず残り4話、一気に投下いたします。

第5話「ベラルゴシチューの美味しい罠」

H「疲れた...あの爺さん、タケナカに会わせろだの地下の秘密基地につれて行けだの大騒ぎだ。(by石川)」
M「うむ、怪獣よりも手強い地球人がいたとは...ご苦労だったな。余の特製料理で元気を出すのだ。」
H「おっ、サンキュー。(じゅるじゅる、ばりばり、)うめぇーじゃん♪(by仁科)」
S「白きカレー...ホワイトカレーか!?」
M「ちがーーう!この箱を見よ!!」
S「おお、『ふやけるヒーロー道シチュー』...これがシチューというものなのだな...どれ、俺にも味見を。」
H「(ばくばく)うぬっ...(by難波)」ちゃりん、どかどかどか....ばたん。****...(自粛)
S「ど、どうしたのだ、Hカリ」
M「むむ、繊維質とコラーゲンたっぷりの具だくさんシチューだったからな...」
S「い、一体何が?」
M「ベムラーのトゲ、
  ラゴンのひれ、
  ルナチクスの耳、
  ゴーロン星人の毛 ...」
S「は、歯に挟まるのだが...。」 

その頃惑星ボリスでは...
ヒュウガ「おいっ、しっかりしろ!」
レイ「...ここは?」
ハルナ「鍋の中よ。」
レイ「!?」
クマノ「腹減っただろう、カレーでも食え。」どかっ
レイ「こ、この皮は...!」
オキ「遠慮なく食べて。カレーなら死ぬほどあるんだ。」
レイ「ゴモラ...」ばたり。 


第6話「もう一人のカレー職人」

H「美しい月だ...やはり地球はいい。(お腹スッキリby石川)」
S「しかしおかしいとは思わぬか。」
M「良いではないか、海の見える瀟洒なホテル、広い厨房...余が滅ぼさなくて本当に良かった♪」
S「Hカリはともかく、なぜ人間体になれない俺達がこんな所にいられるのだ」
M「メビ教官の紹介だから当然だろう。見よ、橋にイルミネーションが灯ったぞ♪」
H「確かに俺も嫌な予感がするのだ...(by難波)」
S「そろそろ来そうな気がするのだが.....」
M「ぬっふっふ。気にするな。しかしいいホテルだ。何という名前だったかな...」

         <舞子ビラ>

どかどかどかどか、ぐわっしゃーん、
♪ちゃっちゃちゃ〜、ちゃららちゃっちゃちゃ〜(by冬木透)

A「お前rらぁ!こんなとこrろで何をさぼっていrる!いまかrら訓r練だ!外に出rろぉ!」
SMH「でーたーーーー!!!!!」
A「いいかっ、カrレーは体r力だ!お前rらに海の中のUキラーザウルスの残骸が見えrるか!」
S「シ、シェフっ、鍋が焦げてます!」
A「ザムシャーぁぁ、お前はw泳げないかrらとそんなことwを!寝ぼけて夢でもみたんだrろぉ!いいかっ、w男というものはな、どぅぉんなことがあってもずぅえったいに約束をまもrらなけrればなrらないんだ!」
M「ザムよ、夢だの約束だの、何のことだ...」
S「俺にもわ、訳がわからん!」
A「つべこべ言わずにさっさと飛び込めっ、夕子ぉっ、行くぞーーー!」


第7話「怪獣が呼ぶ虫」

レイ「ゴモラ...」ぐすん。
ヒュウガ「元気を出せ、お前の友達は栄養となってお前の中に生き続けるのだ。」
ハルナ「でも、あれからもう一ヶ月...食べても食べてもこのカレーは減りませんね。」
クマノ「ああー、カレー以外なら何でもいいから食いてぇー!」
ヒュウガ「よし、では小型偵察機を出して鍋の外に食糧を探しに行こう!」

ぷるぷるぷる...

オキ「見てください!あれを!」
ヒュウガ「一体どんな怪獣や宇宙人が暴れたのか知らんが...許せん!」
レイ「そうです!僕の怪獣をこんな酷い目に...」
ヒュウガ「いや、許せないのはキャンプをして後かたづけをせずに帰ったことだ!みろ、ハエがたかっているではないか!」
ぷーん...ぷんぷんぷん、わんわんわんわーん。
ハルナ「きゃあ〜!すごい数!」
レイ「僕に任せてください!(ばしゅっ、byバトルないザー)カメレキング!ハエを食べてくれ!」
びゅわんっ。
オキ「おおーっ、舌でハエを捕まえている...でも。」
ハルナ「一匹ずつでは効率が悪いわ!」
レイ「えーと、えーと...では...」
クマノ「殺虫剤みたいなのを出す奴いないのか?」
レイ「そ、そうか!(ばしゅっ)ノーバ!ガスでハエをやっつけるんだ!」
ぶしゅううううう...
オキ「待て!あれは凶暴化ガスじゃないか!」
ぶわぁぁぁぁぁん!
ヒュウガ「ハエが襲ってきた!みんな逃げろーーー!」
レイ「えーと、えーと...こんな時ゴモラがいてくれたらなぁ...(おろおろ)」
ハルナ「とにかく生ものをほったらかしにしておくからこんな事になるのよ!(怒)」
レイ「あっ、そうか♪(ばしゅっ)ザンボラー、頼む!」
どどーん。めらめらめら...

クマノ「やったーーー!焼き肉だー!!」


第8話「水中の皇帝」

S「ふぅ...疲れた。お前は特訓がなくていいよな。」
H「とんでもない、兄さんの話相手も大変なんだぞ。」
S「ところでMペラは?」
H「さっきまた海の方へいそいそと出かけていったが?」

ぼこぼこぼこ。。。
M「むっふふふ。余を誰と思っておる、神戸沖に沈んでいるのはUキラーだけではないことくらい暗黒皇帝の余が知らぬわけなかろう。」
ぐわら、ぐわら、ごっとん、がっしゃん。。。
M「闇のブラックもイカすが、ゴールドも迫力があってよいのう。。。ベムス太は取り上げられてしまったが、こいつなら持ち帰っても良いだろう。」
がちゃっ、ぴろろろろ。。。
M「あれっ」
ぎゅいーん、がっちょん、
M「あわわ、スイッチが入ってしまった〜!」
ざっばーん
J「ぼえっ、ぼえっ」
A「たっ、大変だ!あいつも沈んでいたことを忘rれていた!おい、Hカリっ、すぐr六甲山牧場へ兄さんを呼びに言ってくrれ!」
S「ウルトラサインではないのか...?」
H「ビデオシーバーとか携帯電話とか...持ってねぇの?(by仁科)」

D「その必要はない。」
♪せぶん〜せぶん〜せぶん〜せぶん〜、せぶんせぶんせぶん(ぷるるー)せぶんせぶんせぶん(ぷるるー)by冬木透
A「兄さん!いつの間に!」♪もーろぼしだんの〜(ぷるるーぷるるー)
H「兄さん!俺達で協力して奴を倒しましょう!(by難波)」♪なーをーかーりーてー(ぷるるーぷるるー)
D「いや、それはちょっと。」
A,H「え」
D「あいつは固いからなぁ。またアイスラッガーが欠けたら困るだろう。はっはっは。」(頭なでなで)
つかつかつかつか...ぼこっ!(byヘルメット)
K「この役立たず!お前がしっかり見張ってないからあんな奴が出てくるんだ!また居眠りしてたんだろう!それでも元ウルトラ警備隊か!」 
D「わわわわ、クラタ隊長!すすすすすみません!!!」
K「さっさと片づけろ!ライトンR30はどうした、ない?全くこの頃の防衛チームはなっとらん!俺のステーションホークはどうなった!」
H「えー、あれはフェニックスネストでMペラが...もごもご。(by石川)」
K「もうお前らは頼りにならん!ベムス太!お前が行け!」
きゅ?きゅきゅーっ!
K「何だと?恐い?お前それでも最強怪獣か!さっさと行ってあの金ぴかを食ってこい、それともまた腹の中でミサイルぶっ放すか!」ぼこっ(byヘルメット)

きゅーーーーーっ!ざばーん!きゅきゅーーっ!ぼえっ、ぼえっ。

M「おおーっ、キングジョーvsベムス太!まるで『大怪獣バトル』だ♪」

はあ、はあ、
なんとかオンエアに間に合いました。この続きが見たい方は明日の夜7時にBS11またはバンダイチャンネルでどうぞ。
No.4289 - 2007/11/30(Fri) 16:18:57
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

放送前に畳み掛けてやろうと頑張ったようで(笑)。

「 ウルトラギャラクシー大怪獣板バトルに寄せて」――オヤジストン

普通はボケに対して必ずツッコミがいるもんですが、このドラマの凄い所は全員がボケ(しかも総天然)で成立させている事です。
読者にすらツッコむ意欲を喪失させ、むしろこれが本来の生命体のあるべき姿なのかと錯覚させるほどの恐るべきボケです。

一体何がばーなーおんと言う人をここまで駆り立てるのでしょう。
そうです、それは元ネタである「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」と言うまだ観ぬ作品に対する期待と、メビウスを終わらせてたまるかと言うヤプール並の強い想い(怨念)に起因しているのです。

ドリフの鉄板ネタに「志村ー!後ろー!」と叫ぶ子供達を思い出して下さい。
唯一のツッコミであるチョーさんが目を離している間は、観客にツッコミの権限が与えられます。
しかし演者は決してそのツッコミを受け入れません。ひたすらボケ続け必ずオチに「やっぱりな」と言われるのです。

この何回やっても学習しないボケ、最終的に観客に見放される恐れもあるのですが、継続は力なり、これがパターンとして一旦定着してしまうと立派な作風として認知されるのです。
「またやっとる」と言いながらも何故か見入ってしまう。
「もうこの世界は確立されているからツッコミは合いの手みたいなもん」と納得させてしまう。
ばーなーおん兄さんの作品も、この「鉄板継続理論」が用いられているのです。

そしてこの作品に於いてその理論は頂点を極めました。

この素晴らしい作品が世に出た事を心から嬉しく思う次第であります。

続きは・・・あ、うち観れないや(笑)。
No.4290 - 2007/11/30(Fri) 19:37:46
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / 藤子
 こんにちは、藤子です。ばーなーおん兄さん、Hカリを帰還させて下さったんですね〜!(うるうる)
 しかし哀しいかな、うちじゃ放送しないし、勉強不足だから元ネタわからんとこも少々。でも大笑いしましたよ!!本編がどうあれ、これからも続きを書いて欲しいです。それと、白いカレーネタ、入れて下さってありがとうございました。
 最後に、兄さんに振ってもらったあの話、やっと出来ました。失礼ながら、上に立てさせて頂きます。
No.4291 - 2007/12/01(Sat) 16:12:36
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / zzz
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは。

いやはや何と申し上げれば良いのか。ただただ感服しました。サブタイトルのみでここまで創作されるとは。しかもストーリーまで仕上がっています。最後の締めにもやられました。

にしてもクルーの皆、大分環境に適応してますね。「鍋の中よ」とさらりと言ってのけるとは(笑。
怪獣にも便利な使い道があるんですね。怠け者にはヤメタランスを差し向けるとか。

ありがとうございました。
No.4292 - 2007/12/01(Sat) 17:29:14
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。
「大怪獣バトル」ご覧になりましたか?私はまだです。(ばしっbyクラタ隊長)BSは見れませんし、PCもいつでも接続できる環境ではないのです。

さて、オヤジストン、私の本音を見透かしましたね(笑)。そう、私の主食はメビウスです。でもこれを書く為に大怪獣の予習をかなりやりました。そしたら面白そうではありませんか!俄然イジりたくなってしまいました。後5話分も、情報が得られ次第やりたいと思っております。
それにしても、つい口からでまかせでもじってしまったサブタイと、名前だけのキャラで2日間で8話分のコントを創作するのは必死です。
想像してもみて下さい、寝ても覚めても仕事中も食事中も、ゲテモノカレーに血道をあげる宇宙人のコントを真剣に練っている不惑。その姿は、まるで懲りないMペラと全く同じではないですか。彼等は私の分身なのです。

4話投稿した時点でどっちに行こうかと迷っていましたが、皆さんの反応を参考にさせて頂きました。ベムス太とクラタ隊長は一度きりの積もりでしたが、まっくんとゆうはは姐さんが喜んで下さいましたので、再登場して貰いました。
クラタ隊長、好きなんです…
歴代最凶隊員ではないでしょうか。
きっとウルトラ警備隊が組織変えになってもクラタ隊長一人でV3に残って頑張ってるに違いありません。宇宙では重力が弱いのでいつまでも若々しいままで、知る人ぞ知る名物オヤジなのですよ、きっと。

藤子さん、白きカレーって美味しいのですか?私は食した事ありません。BSは見られないのですね?ではもっと大きな声で叫びましょう。「地上波で!全国ネットで!ゴールデンで!」遠慮していてはこれからどんどんウルトラを見にくくなってしまいます。これからもしつこく吠えましょう。
絶対に諦めない、それがウルトラファンだ!

zzzさん、ペンドラゴンのクルーがこれからどうなってしまうのか、私もとても心配になってしまいました。こんなにこの世界に馴染ませてしまって果たしてよいものか?
続きは本物を見てからになりますので、彼等のキャラも変わるかも知れません。
最後きれいにまとまったでしょ?自分でも書いてて最後ホッとしましたよ。なにしろ暴走が止まらなくなりそうでしたから(笑)。

皆さん、お馬鹿な暴走にお付き合い下さいましてありがとうございます。私もこれから本物を見るのが本当に楽しみです!

大きい画面で見たい…ちーじょーうーはーーー!(しつこく)
No.4293 - 2007/12/01(Sat) 23:27:59
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ぴーぴー1
ばーなーおんさん、皆さん、ペンドラゴンクルーの皆さん、こんにちは!

ほんとにサブタイの羅列からこれだけの話を作るとは、●点の大義利で三題話を作ってますが、それ以上ですね。
しかも見事なオチまで。爆

我が家はかろうじてネットで見れますが、PCのビデオカードが弱いので、画面を大きくすると見れたものではありません(泣)。

やはり、地上波、全国放送!と僕も一声
No.4295 - 2007/12/02(Sun) 16:15:58
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / 藤子
 ばーなーおん兄さん、皆さん、申し訳ございませんでした。怪獣板で頂いたネタは怪獣板で、というあまりにも短絡な思い込みと勘違いで大変御迷惑をおかけ致しました。おわびの言葉としては足りなすぎるとは思いますが、長々と続けるとまた御迷惑になりますので、どうかお許し下さい。しばらく謹慎致します。
No.4297 - 2007/12/04(Tue) 22:32:32
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
12/2
皆さん、こんばんは。やっと「大怪獣バトル」、小怪獣と見る事ができました。
ぴーぴー1さん、私はビデオカードは最強なのですが、通信速度が遅くて…かろうじて視聴出来ると言うレベルです。返す返すも地上波でないのが残念に思える程、楽しい作品でした。
「ゴールデン」が抜けてますよ(笑)。
あらかじめイジってしまったので、ついあらぬ所で笑ってしまいました。スタッフの皆さん、ごめんなさい。

(携帯からのレスでしたので、部分的に編集することが出来ず、こちらにレスを移動させていただきました。)

レイゴ兄さん、皆さん、怪獣バトルを応援するつもりが、私自身が怪獣化して毒やら火やら吐き散らしてしまいまして、大変失礼を致しました。また後ほどマニア板に普通の(?)感想も書かせていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
No.4299 - 2007/12/05(Wed) 00:47:00
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / webmaster(管理人)レイゴ
みなさんこんばんは

さて、もはやいい形に終結しているようですので、私が発言する場はないのですが、
私からみなさんにお伝えしたいことは、

ここに書き込まれた内容には、みなさんの想いが詰まっています。
僕は、長文、大歓迎です。
長文が嫌な管理人なら元から投稿文字制限をしています。

好きな文章を想いのままに綴ってください。
言葉は丁寧に、誠実に気持を表そうとすると、どうしても長文になるものです。

ただし、携帯使用の方もいらっしゃいますので、これは長くなると思われましたら、スレで1本にまとめず、小分けしてレスでつけていただければ、苦手な人や急いでいる人は読み飛ばせるかと思います。

また、投稿のタイミングが分からない、どこに投稿するか迷うなど、何かお困りのことがありましたら、管理人までご相談ください。
そのために私はいます。

みなさんが少しでもコミニュケーションが紡げるように、心が繋がるように、そのパイプ役として存在しています。

そして、せっかく心を込めて書きました文章を私は気軽に削除するものでもないと思っています。1つ1つの文章に想いが届くように、願いを込めて楽しくいきましょう。
No.4300 - 2007/12/05(Wed) 01:06:23
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは!
「大怪獣バトル」の感想はここでいいのかな^^・・・と、あ、違うのか^^;;

「漢」は約束を守らなければならない…って、8話まで突っ走りましたね(^^) 天晴でございます!!

繊維質(ていうか毛?)たっぷりのホワイトカレー(シチュー)、お通じにいいんですね♪
…けどいらないなぁ(汗)
北斗もダンも出てくるし、ハエも出てくるし^^;; おおっ!! 悪党も大活躍ですね〜〜^^ ダンはやっぱり居眠りを疑われ叱られる運命なんです…^^
兄者言われるようにウラシマ効果で若々しいまんまだったら嬉しいですね^^ 某 缶コーヒーのCMみたいに昔の映像と合成すればOK(そこまでするか)♪

兄者の「怪獣バトル」への熱い怨念にも似た(うそ)執念…いや愛情がヒシヒシと伝わって来ました!

その「怪獣バトル」を先ほどやっと見れました(PCを復旧させるのに手こずってしまい^^;)。
これはもう深く考えずにワイワイ楽しむ作品だなぁ^^と思いました! その点を兄者のこの創作はちゃんと予言おられましたね!(?)
コメント遅くなってすみません^^ ありがとうございました!!

藤子さん、ドンマイです^^ これからもみんなで応援して行きましょうね♪
No.4301 - 2007/12/05(Wed) 01:55:30
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは。
いやあ、第5話から、また、すごい展開でしたねえ。
私は、<舞子ビラ>の文字を見たとき、ふいておりました。
なるほど、もうひとりのカレー職人だあ。その後のダンの登場にも
驚きましたが、さいご、大怪獣バトルにもってくる、素晴らしいです。
「ばーなーおんさんは言葉職人や〜」

クラタ隊長のくだりは「なにいってんだい、ダンはウルトラセブン
なんだぞー」という、当時のちびっこ達の思いは全国共通の想い
だったことが証明できたようで、積年の恨みをはたしたすっきり感が
あるのです。かといって、彼がいないと、おもしろくない、まさに
色あせない存在感。

そうですか、12話まで、突っ走りますか。(えっ)
望むところです。楽しみにしております。
最後に、「ギャラクシーをぜひ、地上波全国放送で!」
No.4303 - 2007/12/06(Thu) 22:51:33
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
皆さん、おはようございます。寒いですね、ペギラのせいでしょうか。

まっくん、…違うって、その感想はマニア板だって(笑)!
…だから違うって、ホワイトカレーじゃなくてベラルゴシチュー!ヒュウガ船長も言ってたでしょ(笑笑)!
…それも違うって!V3は亜光速飛行してないからウラシマ効果じゃなくて低重力なんだって(笑笑笑)!

クラタ隊長ならメットでどつく所ですが、ここはやはり尻尾でぴしーっと突っ込ませてもらいます。本当に、こうして(?笑)みんなでワイワイ言いながら見ると楽しいですね。PCが復旧して良かったです。クマノ君が頑張ったんでしょうか。
明日のヒーロー板のネタ、楽しみにしてます♪

ゆうはは姐さん、舞子ビラは本当に素敵なホテルですよ。神戸の中心には遠いですが、明石海峡大橋がすぐ近くに見えますし、静かな良い所です。レストランではグラスを落とさないよう注意ですね。あの人が出てきますから…あの辺の海岸では今もUキラーのカスが打ち上げられて、海ではそれをエサに名物のイカナゴが大量発生…してません。
あの時のダン、目の下にクマ作って気の毒でした。でも何故だか憎めない悪党…レギュラー化を検討中です。

また週末がやってきますね。久々に土曜日が楽しみです。
また本編の感想でも盛り上がりましょう。

皆さん、ありがとうございました。
No.4304 - 2007/12/07(Fri) 09:12:15
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / そのきち
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。
さて、今週の大怪獣バトルの感想はっと(ゴンッ!)
痛っ!空飛ぶ鈍器が・・・

やっとこさ参上です(汗)
畳み掛けるような連続攻撃に私のカラータイマーが切れそうであります(爆)
ZAPの方々もすっかりばーなーおんワールドに染まってしまって・・・
兄さんにかかってはたとえどんな新キャラでも(笑)

まさかクラタさんまで来るとは!
キリヤマ隊長の出番はまだでしょうか^^

KJ相手にアイスラッガーを渋るセブン。
何気に平成ネタですか!
アイスラッガーって欠けたらどうやって修復するんでしょう?
セブンが夜なべして研いでいる姿を想像しました(笑)
やがては擦り減って・・・

さぁさぁ続きが楽しみです。
最後までこの勢いで暴走させちゃってください。
ペンドラゴンのクルー達も容赦なく(爆)

最後に
藤子さん、どうかお気になさらず。
誰にでも間違いはあります。
これを糧にまた楽しく書き込みに来てくださることを願っております。

それでは、失礼致します。
No.4305 - 2007/12/08(Sat) 21:15:18
Re: ウルトラギャラクシー大怪獣板バトル / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。

そのきちさんも、違うったら!その鈍器はここには飛んで来ませんったら。
余程尻尾でビシッとやって欲しいのですね。

「行けー、ゴモラーー!」

…との台詞が出る度にニヤニヤしておりますが。
レイのキャラはイメージぴったりだったので、満足です。(べしっbyゴモラ)

「平成セブン」は結構好きなのですが、アイスラッガーが欠けたのと、キリヤマ隊長が粛正された事になっていたのがショックでした。…この際復活してもらいましょうか?(ばしゅっbyリトラ)

しかし期待していた以上に本物が面白いので、続きは惑星ボリスが主な舞台になりそうです。
こちらは期待しないでお待ち下さい。その前にクリスマスがありますね。

ありがとうございました。
No.4306 - 2007/12/10(Mon) 02:04:38
長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ばーなーおん
レイゴ兄さん、皆さん、こんにちは。

長編ストーリー前後編ついに最終回です。スレが長くなってしまいましたので、新スレを立てさせて頂きました。長期に渡り板を独占してしまい、申し訳ありません。

初めてご覧になる方は、二つ下のスレ「魂の宿敵」が前編ですので、お手数ですがそちらからお読み頂ければ話がつながりますのでよろしくお願いいたします。オレンジ色の文字が本文です。

蛇足ですが、一つ申し上げておきたい事があります。

このストーリー、実は7月頃にほとんど出来上がっておりまして、特に今回のクライマックスのシーンは始めから決めておりました。
私はこれまで様々な過去シリーズや皆さんの創作、時には他社作品をも取り入れさせて頂いてきましたが、そういう事ですので、それ以後に発表された作品とはリンクしておりません。(zzzさんの創作は例外として)
もしデジャビュを覚えられた場面がありましたらそれは偶然の一致とご理解下さいますようお願いいたします。

無駄口を叩きまして失礼いたしました。それでは次のレスで始めさせて頂きます。
No.4264 - 2007/11/02(Fri) 17:42:12
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ばーなーおん
♪BGM「絶望の暗雲」
一分後、フェニックスキャノンの放射が終わると、フェニックスネストはベースに着地した。
「よっしゃぁ、マリナ、シルバーシャークGが撃てるぞ...あれ、セリザワ隊長?」
いつの間にかセリザワの姿はディレクションルームから消えていた。
「マリナ、ミライを援護してくれ!」リュウは一瞬考えた後、そう言い残して飛び出した。
難を逃れた星人は空一杯に広がっていたが、次々と一点に集合すると巨大なバルタン星人の姿を作り出し、メビウスと対峙した。
「こんな事、どのアーカイブにも記録がないぞ!...」
「レーダーには何も写っていないのに!」
うろたえるテッペイとコノミ。テレポートでエネルギーを消耗して、メビウスのカラータイマーは早くも点滅を始めている。巨大バルタンは再度分身して展開、メビウスを取り囲んだ。
「ふおっふおっふおっ...」
狙い所を見失って狼狽するメビウス。マリナの撃つシルバーシャークGが、分身を通り抜けてゆく。
テッペイの脳内にアーカイブの奔流が渦巻いていた。
「集合して巨大化とはまるでヤプ...そうか!」
テッペイは手元のメモリーディスプレイのデータを手当たり次第に繰った。
「バルタン星人は既に滅んでいるはずだ!あれは実体じゃない、意識だ!宇宙船も、バリヤーも、全ては宇宙に散らばったその怨念が集合して造りあげたものだったんだ!」
「じゃぁどうして幻影にスペシウムが効くんだ!?」後部座席で興奮するテッペイにジョージが突っ込んだ。
♪BGM「宿命の日」
「だから意識なんですよ...彼等の想いは地球でスペシウムを浴びなければ消えることが出来ない...そのために彼等はここに来た...ウルトラマンのいる地球へ...」
テッペイは自分の携帯電話を見つめた。そこには初代バルタン星人のストラップが揺れている。
「今、僕らが、ここで!完全に滅ぼさなければならないんですよ...」
ジョージはその言葉に頷いた。
「俺達と、ウルトラマンが、だな。...リュウ!聞こえるか!リュウ!」

ネストのテラスでリュウはセリザワの姿を見つけた。膝に手をついて肩で息をしていたセリザワは、バルタン星人と戦うメビウスに目をやると、ナイトブレードをブレスにセットしようとした。しかし、変身する力を失ったセリザワのナイトブレスはブレードを拒否し、弾かれたナイトブレスは宙にとばされ、テラスの手すりを越えて階下に落ちていった。
「セリザワ隊長!」リュウは思わず駆け寄り、倒れかかったセリザワの体を支えながら、ナイトブレードの行方を見た。階下の窓枠にそれは引っかかっていたが、手の届く距離ではない。
♪BGM「GUYSの誓い(M17A)」
「リュウ...お前の力を貸してくれ...」
セリザワは喘ぎながら、リュウにナイトブレスの付いた右手を差し出した。
「俺の体にはもうウルトラマンヒカリの器になる力が残っていない。これをお前に...」
リュウはその意味を悟り、言葉を失い、後ずさりすると、後ろを振り返った。
その視線の先では、メビウスがバルタンのハサミで撃たれている。
再びセリザワを見るリュウ。
「頼む、守らなければ、地球を...」
背後でメビウスの呻き声が街並みに反響している。
「ばかやろうー!そんなことができるかよ!」リュウは叫ぶと、手すりの上に飛び乗った。
「あんた言っただろ!俺達の戦いは守るための戦いだって...」
「リュウ、頼む、時間がない...」
リュウは首を横に振った。
「俺達が守る物、それには俺達自身も...ウルトラマンも入ってんだよ...あいつらを見やがれ!」
リュウは背後で戦うメビウスを指さした。

膝をつき、肩で息をするメビウス。その前を庇うようにガンフェニックスが飛びだした。
「彼等が意識の集合体であるならば、あの分身も我々の意識によって収束させることが出来るはず...ジョージさん、彼等を全部同時に攻撃できますか!」
「まかせろ、アミーゴ!」
テッペイの言葉を受けて、ジョージはメテオールショットをインパネのスロットにセットした。
「バリアントスマッシュ・アメージング!」
ガンフェニックスの全ての武器から一斉にビームが放たれると、それぞれ散開してバルタン星人の分身それぞれのスペルゲン反射光を直撃した。
攻撃をうけた分身はその輪郭を揺らし、一箇所に収束した。
その隙にメビウスは体勢を立て直し、メビュームブレードで斬りかかった。

「恨みでまとまっているあいつらとは違うだろ、俺達は...」
左胸のメモリーディスプレイをリュウは平手で叩いた。背後ではメビウスの咆哮が。
♪BGM「メビウスの勝利(M6)」
「ウルトラマンと一緒に戦うチームなんだよ!来やがれ!」
そう叫ぶと、リュウは両手を広げてそのまま手すりの向こうに身を投げた。
「リュウ!」セリザワも後を追って手すりを越えた。
落ちざま、リュウは左手でナイトブレードを掴んだ。セリザワが右手を差し伸べる。二人を青い光が包み、落下の速度が緩やかになった。
リュウは左手に持ったナイトブレードを逆手に持ちかえると、セリザワのナイトブレスに突き立て、吼えた。

「ヒぃカリ゛ぃ゛ぃぃぃーーーーーーーーーーーー゛!!!」

シャキーーン、金属音と共に青白い光線が鋭角に走り、青い巨人がバルタン星人の前に立ちはだかった。
「ウルトラマンヒカリ!」コノミが声を弾ませた。
「...で、熱血バカはどこ行ったのよ!?」シルバーシャークのトリガーを握りながらマリナはディスプレイの中を探した。そこにはバルタン星人と二人のウルトラマンしかいない。
メビウスはヒカリと目を見合わせると軽く頷き、呼吸を合わせてバック転、バルタン星人のハサミから出る光線を避けた。
バルタン星人は再び2体に分身し、ヒカリとメビウスを挟撃の体勢を取る。
二人は背中合わせに立ち、それぞれブレスの付いた右腕と左腕を揃えて掲げた。
二つのブレスが共鳴し、輝きが炎と化して二人を包んだ。メビウスはバーニングブレイブに、ヒカリはアーブギアを纏う。
テッペイ「今だ、メビューム!...」
マリナ「ナイト...!」
ジョージ「シュートォォーーー!」
二人のウルトラマンが同時に腕を十字に組んだ。
「せいやぁぁぁーー!」
二つの光線はそれぞれ螺旋状に広がり、両側のバルタン星人をそれぞれ焼き尽くした。
「ふおっふおっふおっ...」バルタン星人は悲しげな笑い声を残し、消滅した。
♪BGM「輝ける勝利(M11)」
「やったぁーー!」ディレクションルームでハイタッチするマリナとコノミ。
「もっと他のやり方があったはずだよ...彼等には...」
ガンフェニックスのコックピットでジョージと握手した後、テッペイは消えてゆくバルタン星人の残像を見て呟いた。
「みんな、良くやってくれた。私ももうすぐ帰るよ。」スピーカーから声が聞こえた。
「サコミズ隊長!」

♪BGM「英雄の復活(M107A)」
金色の波がうねる中、リュウはセリザワと対峙していた。
「リュウ、ありがとう。お前はまた大切なことを思い出させてくれた。」
「...」
「他人の力を頼りにしないこと...それは、一人で歩むと言うことではないのだな。」
その言葉に、こわばった表情をほころばせ、頷くリュウ。
「アーブの生命は俺の鎧となり、地球の友は俺の心となった...」セリザワの姿と声は次第にヒカリへと変わり、リュウの周りから金色の波が渦を巻きながら引いていった。胸の中に声がこだまする。
「ひとたび一つになったものは二度と別れることはない。忘れるな、遠く離れてはいても俺達は一つの命、一人の人間であり、一人のウルトラマンなのだ。この力が必要なときに再び俺達は出会うだろう...。」

背の高い草原にリュウは立っていた。右腕にはナイトブレスがまだ輝いている。その傍らで、ゆっくりとミライが立ち上がった。二人が黙って見上げる先には、ウルトラマンヒカリが立っている。
「ミライ...」リュウはヒカリを見上げたまま右腕を胸に当てて呟いた。「俺の中に、ウルトラマンがいる...」
ミライもヒカリの方を向いたまま、その言葉に黙って頷いた。
ヒカリは二人が見守る中、空を見上げ、静かに飛び立っていった。リュウの腕のナイトブレスが共鳴して輝く。
「リュウさん、」ヒカリが飛び去った後に残ったオーロラを見つめながらミライが話しかけた。
「僕たちウルトラマンが地球でなぜ人間の姿を借りているか、わかりますか。」
「ああ...。分かるよ。」
リュウが目を閉じると、ナイトブレスはゆっくりと、その体に溶け込んで姿を消した。
「僕にもやっと分かりました。ウルトラマンだけでは勝てない。地球の人と心を一つにしなければ本当の力を発揮することが出来ないんですね。それを教えてくれたのは...」
ミライはやっとリュウの方を向いて、少し照れながら言った。
「兄さん、あなたですよ。」
「...ミライ、お前...」
「僕たちウルトラマンは、大切な人を兄弟と呼びます。」

「お〜〜い!」「ミライくーん」「ミラーイ!」「リュウさーん」
青空の下、二人は肩を組んで、手を振って駈けて来た4人の仲間に向かって歩き出した。



次週予告
♪BGM「ウルトラの奇跡」
来週のこの時間は!?
MCガール「みんなー、ウルトラマン達を大きな声で応援してー!」
小怪獣「がんばれーーー!」
イベント会場で、ステージで、そしてTVで。小怪獣達に夢を届けるために全国津津浦々で今日も汗を流すスーツアクター達の熱き想い!
MCガール「さあ、勇気をだして!みんなの力をウルトラマンにおくるのよ!」
ラテックスのスーツに身を包み、戦う彼等の愛と勇気が、小怪獣達を強く正しく導く感動の物語!
MCガール「さあもう一度、大きな声で!お父さんお母さん達も一緒に、せーの!」
小怪獣「がんばれーウルトラマーーーーン!」
新番組、「ギャラクシー・小怪獣バトル」、金曜夜7時、地上波全国同時ネットで放映。男の子も女の子も、みんなで見よう!
No.4265 - 2007/11/02(Fri) 17:45:38
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、ぐしゅ、ずずっ、こんばんわーん。

漫才がなかったから悲しくて・・・(強がり)ぐすん。
ばーなーおんがバーナーONするとこうなるんですね。

メビウスと言う物語に対する想いの全てがこの作品に炸裂してます。
言葉を単なる道具としてしか見られない人ならば、物事を一面でしか見られない人ならば、この作品の言わんとする事の真意など解らないでしょう。

この世では望もうが望むまいが、常に誰かと接して生きて行かねばなりません。
そして共に生きると言う事を学び、自らの為すべき事を自覚するのです。

「守る」と言う一つの言葉でも人それぞれに受け止め方がありますが、言葉を突き抜けた向こう側にあるものは万人共通、万国共通、全宇宙共通であると私は信じます。

メビウス本編でも皆が一体化する衝撃シーンがありましたが、どうやらそれに不満を持った人や幼稚だと切って捨てる人も多かったようです。
が、私は敢えて言いますがあれは目に見える映像で表現する事で、それぞれの想いの向こう側にあるものが、たった一つの純粋なものだったと語り掛けているのではないでしょうか。

もちろん私達自身も言葉や文字で表現していますが、それを突き抜けた所にある共通理念は同じであろうと思っています。
簡単に言うと「愛」ですな。あ、レイゴ兄さんをパクっている訳では・・・。

この作品の中でセリザワとリュウを通して描かれた共通理念の形は正に理想そのものであり、肉体を脱ぎ捨てた赤裸々な愛情であったと思います。
「理解する」と言う事はそう言う事です。
そしてそれをバルタン星人の集合体と対比させる事で、もうクッキリハッキリ浮き彫りになっています。

それからセリザワ(ヒカリ)の最後の台詞ですが、これは私達に向けられた言葉としても響いて来ます。ずず・・・。

何やら小説の最後のページ辺りにある著名人の解説風なコメントになってしまいましたが、もうここまで凄まじい魂の叫びを見せられると、私の魂も共鳴してしまうようで(笑)。
でも折角なのでちょっとだけ脱線すると、最後のシーンでミライが軽〜く「ハーイ」って言うとツッコミ入れられたんですが(笑)。

新番組もこれなら制作費が縮小されても続けられそうですね。
ドリフスタイルで生放送を希望!
「メビウスー!後ろー後ろー!」

魂の大長編お疲れ様でした。
色んな意味でいいもん見せてもらいました。
本当に本当にありがとう。
No.4267 - 2007/11/02(Fri) 20:13:10
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは。
ああ、とうとう、最終回が来てしまった。
本当にええもんを見せていただきました。
私、この最終回、はじめに読んだ時は、がーっと読んで、
自分でも変だと思うのですが、次週予告を読んでたら
ぐわっっと、きてしまいました。

ばーなーおんさん、年寄りを泣かすなよ〜

どうしてくれよう、涙がとまらないよ。
いろいろ語りたいことはあるのですが、もう言葉にならない
です。それこそ、早春にメビウスの本放送が終わってから
この秋までいろんなことがあったなあ。そんなことを
考えています。オヤジストンさんの言うとおり、想いは
ひとつで、そして、無限に続いていくと思います。
みなさんと一緒に、きっと。

ばーなーおんさん、みなさん、本当にありがとう。
♪BGM 「GUYSの友情」
No.4268 - 2007/11/02(Fri) 22:55:40
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / 藤子
 ばーなーおん兄さん、皆さん、今晩は。兄さん、完結おめでとうございます。何を言いたいのか自分でもよくわからないけど、心に浮かんだことを書きますね。
 前々から思っていたんですが、リュウとミライはそっくりだと思うんです。大事で大好きな人がいて、その人を失いたくなくて、「俺の屍を越えて行け」と言われても「嫌だ」
と叫んでその人を守るために戦う、上手く行かなくて泣いて落ち込んで、それでもやっぱり戦う。一途だなと思います。違うところといえば、ミライは人目を気にせず相手にしがみついて泣くところですね。リュウも本当はセリザワに再会できる度に泣きたいほど嬉しいけど、恥ずかしくて我慢してしまうんでしょうね。
 話が飛びますが、中国の四大神獣のうち、龍と鳳凰(不死鳥、フェニックス)は最強のコンビだそうです。ミライ(メビウス)が単体でもフェニックスであることは、フェニックスブレイブになる前にエンペラに吹き飛ばされたはずなのに復活したことで証明されたと私は思っています。でも彼はまだ若鳥。やっと巣立ちできるかどうか、そのきっかけがあの戦いだった。みんなでみんなの大切なものを守るため、龍と鳳凰は一体となる必要があった。自立は自立、協力は協力。生きるということは、誰でも一生何かの修行を続けること、色々な人と人生の重荷を分け合って支えあって行くこと、完成、完璧ということはない、というのは誰かの受け売りですが、そのとおりだと思います。今はまだ未熟でいい。若鳥が立派な成鳥になるための本当の試練は巣立ってから。
 私、本当に何を書いているのでしょうね。リュウがセリザワをいつまでも大事に思う心に感動したことを書きたかったはずなのですが。
 長々と失礼しました。兄さん、ゆっくり休んで下さいね。その間に、以前兄さんが「ミライがバン船長の家に…」と言ってくださったネタを考えておきます。おやすみなさい。
No.4269 - 2007/11/02(Fri) 23:46:30
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ばーなーおん
皆さん、長いことお付き合い下さいましてありがとうございました。

オヤジストンが完璧に解説してくれましたので、私からはもう良さそうなものですが、少し振り返ってみます。

このプロットを考えたのは、本放送の後半、丁度約一年前です。最終回の手前にこんな展開があるのではとの妄想から始まりましたが、当初のプロットの敵はメフィラスで、人質事件でした(笑)。
しかし実際の最終回を見た後、リュウとセリザワ、ヒカリの融合にもう一段階足りなかったのではないかと感じ、それを埋めるエピソードとして書く事にしたのです。
藤子さんがミライについても考察されていますが、リュウは、セリザワとヒカリの人格を共有すると同時に、メビウスの人格の一部をも担っていると思うのです。

ゆうはは姐さんのコメントを拝見して、ハッとしました。あれからまだ半年余りしか経っていないのですね。しかしこの期間、私個人にも、ウルトラマンを取り巻く状況にも、このサイトにも、本当に様々な事がありました。それにつれてこのストーリーも姿を変えてきたのです。
私個人の創作ではなく、共にメビウスを見守ってきた皆さんと共に、このサイトオリジナルのストーリーとして発信したいというのが私の願いでした。
拙文ですが、皆さんのおかげで書き上げる事ができました。ありがとうございます。

バルタン星人に関してもまた思う所あるのですか゛、長くなりましたのでひとまずこれにて失礼いたします。

魂のコメントに感謝!
No.4270 - 2007/11/03(Sat) 14:23:15
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / zzz
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは。

読ませていただきました。ぐっとこみ上げて来る熱いものがありました。守るための戦いを続けてきたGUYS。守るのは誇りでも地位でもなく、地球の生命、仲間たち、そしてウルトラマン。本当の強さは憎しみからではなく、優しさから生まれるのだと感じました。

心に残ったのはテッペイの「もっと他のやり方があったはずだよ...彼等には...」という呟きでした。どこか物寂しさを感じさせ、もしかしたらバルタンとも分かり合えたかもしれないという想っていたのでしょうか。どんな宇宙人や怪獣とも分かり合える可能性はありますよね。

そしてセリザワとヒカリ。最近いじりっぱなしだったので、カッコいい2人が見れて満足です。地球人と宇宙人という垣根を越えて、彼らには確かな絆が刻まれている。離れていても心は1つ。最終決戦でヒカリとリュウが1つになったのも頷けます。

大長編お疲れ様でした。心より感謝します。
No.4271 - 2007/11/05(Mon) 20:40:43
おまけCM / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。

zzzさん、感想ありがとうございます。

テッペイの一連のバルタン星人への考察は、私なりの結論を代弁してもらったものです。

バルタン星人が初めて現れた時、地球の人口が確か二十数億人と言う台詞があったと思います。バルタン星人の数もほぼその位でした。(数字に弱くてごめんなさい)当時人間はバルタン星人を拒絶しましたが、現在の地球の人口増加、戦乱、環境破壊などを見るにつけ、彼らを受け入れても良かったのではと言う疑問を持ち続けていました。

しかし、今回ウルトラマン第2話を振り返って見て、やはり彼らに理は無い、侵略者として完全にたおさなければならない相手であると確信し、最後の台詞となったのです。

私はこれでスッキリしましたが皆さんはいかがでしょうか。
異論もある事でしょう。

確かにヒカリは最近イジられっぱなしでしたね。真面目な人が崩れると面白いですから。

…やはりイジりたくなってきました。オヤジストンも泣いておりますのて゛。

ああっ、足音がそこまで…


がちゃり。
Hカリ「ただいま…」ヨロヨロ。

パチパチパチ…(by拍手)、ぱーん、ぱぱーん!(byクラッカー)

ザムS「ヒカリよ、よく頑張ったな!」
Mペラ「ご苦労であった。これは余のおごりであるぞ♪」どーん。(by一升瓶)

ナレーション「清酒・光の国。」

Mペラ「今宵は我等と飲み比べであ〜る!」
ザムS「ふっふっふ、宇宙の酒豪の俺に勝てるかな…」

♪BGM「復習の鎧」
Hカリ「お前のその挑戦、受けてやろう。(by難波圭一)」

グビグビグビグビ…わっはっは…

ザムS「ところでメビ教官は来られぬのか?」

♪BGM「折れた翼」
Hカリ「俺達が限界まで飲んだ時、ウルトラマンは現れるんじゃないのか?(by石川真)」ゴクゴク…

Mペラ「うぅ…余は、余はもうこれ以上…」ばたり。

♪BGM「暗躍するボガール」Hカリ「Mペラ、あなたはまだ飲めますコリン。(by小倉優子)」
じょぼじょぼじょぼっ…
ザムS「おいおい、こぼれているではないかっ」ふきふき。

ぐゎらっしゃーーーーん!(byちゃぶ台)どがっ、ぐちゃっ。
♪BGM「ウルトラ5つの誓い」
Hカリ「な゛んもこぼrれてねぇじゃねぇか!!(by仁科克基)」
Mペラ「余が、余がヒカリにぃぃぃ〜!」

ナレーション「お酒は楽しく適量を。清酒・光の国。」
No.4272 - 2007/11/06(Tue) 02:41:57
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは!

もう…何というか、とても尊い熱いものがハートの奥から身体全体にこみ上げて来て、目の前に溢れてしまいました…!
本編最終回のときに感じていた、ここの仲間たち、兄弟とひとつになって戦っている…というあったかくて勇気が湧いてくる感覚を呼び覚ましてくれました!!

ヒカリがセリザワと出会い、そしてリュウとも一心同体になる…。
メビウス(ミライ)がリュウやGUYSのみんな、サコミズ隊長に出会い、ひとつになって戦う…。
これはたまたま偶然だったんじゃなくて、はじめから定められた「運命の出会い」でした。
決して誰一人欠けてはならない、誰一人として代わりなんか務まらない、その人でなくてはならない、みんな「大切な人」なんですね!

人との出会いって、そういう運命的な場合が絶対にあると思います。 それは、何かの偶然がたくさん重なり合って、自然に引き寄せられるように起こります。
…「奇跡」ですね!!
そしてレイゴ兄さんやオヤジストン兄さんの言われるように、根底には「愛」があって、それによって結びついてます。

「そんなの気のせいだ、タイミングや利害関係がたまたま一致しただけ」なんて言う人がいたら、その人はまだ「運命の出会い」をしてないか気付いていない・・・またはバルタンたちのようなマイナス方向の結びつきをしているのかも知れませんね。
それは本当に可哀想なことで、zzzさんが挙げておられるテッペイの「もっと他のやり方が…」のセリフには、兄者の慈愛の気持ちが込められています。

ここで皆さんと出会えた運命、「ウルトラの奇跡」に感謝します…! そして皆さんと一緒に笑い、喜び、悩み、支え合うことが出来て、心からしあわせです!!

兄者、兄弟たち、そして皆さん、これからも末永くよろしくお願いします!!

…あれ? 何か感想じゃなくて暮れの挨拶みたいになったような気がしますが、これが僕の心からの感想です^^

兄者、愛に満ちた素晴らしい長編メッセージを本当にありがとうございました!
僕らみんなへの想い・・・しっかりと受け止めました!!


P.S.
光の国へ還ったヒカリは、やっぱりヨロヨロと疲れがみえますね。
それにしても、声色が3とおりもあって忙しいです^^;;
「怒」のセリフは全部仁科くんの担当で決定ですね!
…この分ならタロウの声も、篠田さんとジャッキーの2とおりで行けそう♪
No.4273 - 2007/11/06(Tue) 03:58:34
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。
まっくん、レスが遅くなってごめんなさい。

暮れの挨拶を(笑)ありがとう。
思えば今年の元旦、うっかり立ててしまった私の新年挨拶スレにレスしてくれましたね。あれからまだ一年も経っていないなんて信じられないくらい、皆さんと濃厚な時間を過ごしてきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、皆さんのいずれも激情的な(笑)コメントに正直圧倒され、また感激しております。

この創作ストーリー、前後編通してウルトラマン2話のオマージユを随分散りばめましたが、一番大事な物はなんだろう♪と考えるとやはりマニアックなこだわりよりも「愛」なのでしょうね。その事を改めて思い知らされました。
もはや枝葉末節の話をする必要はないかもしれませんね。

思えばメビウスの物語はマニアのツボをしっかり押さえつつもそれを前面にだすのではなく、勇気、友情、絆、といったメッセージを基調にシリーズ構成されていました。だからこそ、子供達とその親にも、マニアファンにも、広く受け入れられたのだと思うのです。
そしてそんなメビウスだったから、私もこのような創作を書きたいと思ったのです。

スレの冒頭でも言いましたが、大筋は早くから出来ていました。しかし連載を始めてから、皆さんのコメントに影響を受けて内容を変更した部分がかなりあります。バルタン星人の解釈がその最たる物でした。

ですから、この創作ストーリーはみんなのものです。

レスを下さった兄弟達も、見守って下さった皆さんも、本当にありがとうございました。

暮れにはまだ間がありますが、今後とも宜しくお願いいたします。
No.4274 - 2007/11/09(Fri) 03:02:04
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ぴーぴー1
ばーなーおんさん、皆さん、こんにちは

大変遅くなりましたが、感想(というほど大したものではありませんが)を述べさせていただきます。

というか、正直、ばーなーおんさんのメビウスと言う作品に対する熱い想いがぶつけられていて、圧倒されるばかりで、未だに落ち着いて感想をまとめられないので、一言だけ。

素晴しい作品をありがとうございました
No.4275 - 2007/11/11(Sun) 13:26:58
Re: 長編ストーリー後編「誓いの剣」最終回 / ばーなーおん
皆さん、こんにちは。

ぴーぴー1さん、いつも遅いレスで失礼しております。

このストーリー、あまりにグズグズ書いていたので、投稿する時には機を逸したのではないかと迷いました。

しかし皆さんのメビウスに対する思いは変わっていませんし、何よりもCS感想スレがあった事にも勇気づけられたのですよ。
感想板で「誓いのフォーメーション」のスレが立つまでに終わらせられたら手遅れではないと思い、頑張りました。
しかし終わって見ればそんな心配は無用だったようで、メビウスはまだまだ終わっていない、その名の通り無限の世界なのですね。

何度も言いますが、この創作ストーリーは私一人の作品ではなく、これを受け入れてくださる全ての皆さんのものだと思っています。

本当にありがとうございます。
No.4276 - 2007/11/14(Wed) 09:02:35
長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
レイゴ兄さん、皆さん、こんにちは。
大変お待たせいたしました。下のスレ「魂の宿敵」の後編です。このスレを初めてご覧になる方は、お手数ですが下のスレを先に読んでいただければ話がつながりますので、宜しくお願いいたします。オレンジ色の文字が本編になります。
毎度ページを重くしてしまってすみません。
zzzさん、そのきちさん、後ほど下にレスさせていただきます。
それではまた次のレスから始めさせていただきます。宜しくおつきあい下さい。

10/26 第2回アップしております。
No.4239 - 2007/10/20(Sat) 11:40:43
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」第1回 / ばーなーおん
プロローグ
♪BGM「怪獣総進撃」
火星・マリネラス渓谷。
メビウスはナメゴン相手に苦戦していた。
宇宙専用戦闘機・コスモウインガーを駆るGUYSスペーシーのクルーも懸命に援護するが、とにかく大量の相手に、圧倒されるばかりである。
「こんなに大量のナメゴンを一度に見るのは初めてだ!」
「火星中のナメゴンが集まってきているんじゃないのか!?まるで何かに憑かれているようだ...」
「見ろ!メビウスのカラータイマーが!」
「くそっ、一頭だけなら俺達だって簡単にやっつけられる相手なのに...こう数が多くっちゃ...」
次々に襲いかかるナメゴンを斬っていたメビウスだったが、エネルギーを消耗し、一瞬の隙が出た。その時。
メビウスを囲んだナメゴンからゆらゆらと巨大なハサミを持つ影が分離し、胸の辺りからモザイク状の光線を展開させ、メビウスを捉えた。
「メビウスが...捕まった!」
「あの影、見たことあるぞ、そう、バルタン星人だ!」
「奴らはスペシウムが苦手でこの火星には近づけなかったんじゃ?」
「そうか、だからナメゴンを操って襲いかかってきたんだ...」
コスモウインガーはバルタン星人の幻影にスペシウム弾頭弾を浴びせたが、それらは空しく影を通り抜けるばかりだった。
メビウスは光波バリヤーの中で身動きが出来ず、カラータイマーの点滅は徐々に早くなっていった。

オープニング♪「Radiance―ウルトラマンヒカリのテーマ」
サブタイトル「誓いの剣」
この番組は、バンダイ様と、ご覧のスポンサーの提供でお送りいたします。

CM
「ついに登場!バンダイ、クルーガイズ ガン・スピリット!金色に輝く4機のメカが完全変形、合体。『これが、俺達の魂だ!(声:仁科克基)』(※人造ウルトラマンは付属していません)これで君も新生GUYSの一員だ!体感しよう、脅威の自動変形!(※単三乾電池は別売りです)『いくぜぇ!ウルトランスフォーム!(再度 声:仁科克基)』(※画面ははめ込み合成です)今すぐ、オモチャ売り場へ!(希望小売価格¥3,980)」


フェニックスネスト・ディレクションルーム。
♪着うた「摩天楼〜青く〜けむ〜らせ〜るぅ〜雨はぁ〜...」
「もう...さっきから何でこんなにメールばっかり!一体誰?」マリナが配線と格闘しながら吐き捨てた。。
「あ、ごめんなさい。アドレス帳の全員にチェーンメールを送ったんです。メビウスを見かけたら私に返信してくださいって。そしたら火星から返事が来て。」
「それでミライ君の居場所が分かったって訳ね。明日からものすごい迷惑メールが届くわよ...」
「大丈夫です。もうアドレス変えましたから。」
「でもミライ君への連絡は?ミライ君携帯持ってないんでしょう?どっちみち、今メビウスだから無理よね。」
「そうなんです。あんな遠いところにいたなんて...あ。」
娘二人は顔を見合わせた。
「あれがあるわ!」
♪BGM「我らCREWGUYS」
コノミはサコミズ愛用のコーヒーメーカーをどけると、その後ろの隠し扉から一個のメテオールカートリッジを取り出し、メモリーディスプレイに装着した。マリナは急いで火星の位置を調べる。
「はい、これ火星の座標。ちょうど今西の空に出てるわ!」
「マリナさん、行って来ます!」
コノミはテラスに出ると、位置を確認し、メモリーディスプレイを構えた。
「メテオール使用規約第7条!緊急時に於いて...」

火星
♪BGM「CREWGUYSの探索」
バルタン星人に憑依されたナメゴンの群が、妨げるものもなくゆっくりとマリネラス基地を蹂躙しようとしていた。
「基地を守れ!俺達だけでなんとかするんだ!」
コスモウインガーはナメゴンの群を遮るべく回り込んだが、再びゆらりと黒いハサミの影が伸び、光線を発した。
制御を失ってゆっくりと落下するコスモウインガー、地表に激突しようとしたその瞬間、クルーは眩しい光に目を覆った。
♪BGM「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟メインテーマ」
「あれは...ウルトラマンか?」
銀色の巨人はコスモウインガーをゆっくりと地表に降ろすと、左手を胸に、右手を上空の一点に向かって差し出し、青い光線を放った。
火星軌道上にはその光線を受けて爆発する一群の宇宙船が。
「おのれウルトラマン...しかし今頃は我が同胞が地球に攻め込んでいるはず...貴様らに我らの復讐を止めることはできぬ...」
不気味な言葉を残してバルタン星人の宇宙船は消滅した。
同時にメビウスもバリヤーから解放された。
「ゾフィー兄さん!」
「メビウス、偽のウルトラサインに騙され、こんな所で何をしているのだ。」
「....」
その時、火星の空に金色の文字が浮かび上がった。
「あれは...!」
そこには日本語の丸文字で、こう書かれてあった。
「ミライ君、地球に戻ってきて!」
「コノミさん...」
「見たか、メビウス。地球は君を必要としているのだ。」
メビウスは大きくうなずくと、両手を胸の前に交差させた。

●CM 清酒「光の国」Bベロン編その1
♪うぅららぁ〜うらら〜うらうららぁ〜(by山本リンダ)
「サケモッテコ〜イ」「森山君、今だ!」「はいっ!」
♪りんりんりりんりんりんりりんりんりんりんりりんりーんりりりりん(byフィンガーファイブ)
とくとくとく...
ナレーション「清酒、『光の国』」。
「父さん、まさか、あれじゃないですよね...」ちびり。 
「うむ。あれではないはずだ。タロウ。」ぐびり。
ナレーション「本格醸造。清酒『光の国』。東野英心サイン入りスカイホエールボトル。」
No.4240 - 2007/10/20(Sat) 11:42:33
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

ぼちぼち投下するだろうと思ってチェックしに来てビンゴでした。
笑うた笑うた、火星からメールが来るとは一本取られましたな。
火星が圏外じゃないってのは、ケータイ各社の企業努力の賜物でしょう。

コノミが隠し扉を知っていて、尚且つ躊躇無くカートリッジを拝借する辺りに彼女のSの素質が見えます(笑)。
そして肝心のサインまで丸文字とはもう脱帽です。
その丸文字に動じないゾフィー兄さんは伊達に宇宙警備隊隊長を張ってる訳ではありませんね。
メビウスも丸文字=コノミだと確信してますが、その純粋な天然さをゾフィー兄さんは心配してるんですよねえ。

CM!とうとうあの機体まで発売されましたか!
自動変形まで出来てサンキュッパなら迷わず買うぜよ!

私は幼い頃に金メッキの怪しいインチキヒーローの人形を買ってもらった事がありますが、それで遊んでるうちに鼻の奥がツーン、頭がクラっとして鼻血がブーっと出ました。
小さいお子さんに遊ばせる時は充分お気を付け下さい(笑)。

清酒「光の国」は山本リンダとフィンガーファイブのタイアップですな。
当時の映像を盛り込めば売上げアップ間違いないでしょう。
しかしスカイホエールボトルって(笑)。
持ちにくいったらありゃしない。
東野英心さんの墓前にお供えしましょう・・・。

また続きを楽しみに待っております。
毎回笑わせてくれてありがとう。
No.4242 - 2007/10/20(Sat) 19:41:37
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
みなさん、こんにちは。
オヤジストン、いつも笑ってくれてありがとう。笑
私は漫才に命を懸けると宣言したはずです。これはコメディーです。(断言)
お上が運営するGUYSネットよりも民間が鎬を削る携帯の方が通信範囲が広いのは当然でしょう。ビデオシーバーに憧れた40年前、果たして自分がこんな便利なツールをパーソナルにもつことが出来ると想像できたでしょうか。腕に装着出来る携帯が発売されれば私は迷わず機種変します。
今回はコノミに活躍して貰いました。彼女のイメージは、「課長よりもえらい一般事務OL」です。デスクの引き出しにはお菓子が一杯、スタッフと来客の飲み物の好みを完璧に記憶し、どんな苦情の電話もそつなく受ける。世の会社はこのような人によって支えられているのです。GUYSは上下を問わずそれぞれの能力を互いに正しく評価し合う、優れた組織でした。

メビ太とゾフィーの天然丸出しのやりとりを理解して頂いたようで嬉しいです。中には我らがメビ太のことを「世間知らずのおぼっちゃま」と揶揄する方もおられるそうですが、それのどこがいけないのでしょうね。ウルトラマンが心身共に完璧な強い存在であるというのはファンが勝手に造りあげたイメージであって、昭和のウルトラマン達にしても良く観察すれば、彼等がいかに純真で、おっちょこちょいで、騙されやすく、寂しがり屋であるか、よくわかる筈です。メビウスはその遺伝子を濃く濃く受け継いだ、純正のウルトラマンなのです。私の描くメビ太が弱いのは、その頼りなさこそが愛おしいからかもしれません。私はいわゆる悪い意味でのマニアックでギスギスした物語は見たくありませんし、子供にも見せたくありません。ウルトラマンは光のヒーローなのですから。そしていつまでもウルトラマンには懲りずに尻尾で叩かれ続けて欲しいと願っています。バルタンに尻尾がないのが残念です。
...ナメゴンに馬乗りになってもらえば良かったですね。べとべと...
何だかオヤジストンへのレスになってない様ですが、いつものことですのでご了解下さい。笑
No.4243 - 2007/10/21(Sun) 15:10:57
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ゆうはは
ばーなーおんさん、皆さん、こんばんは。
いよいよ始まりましたね、後編が!
まずはCM。ガン・スピリットとうとう出ましたか。これは息子が必ず
欲しがりますね。3980円か、某大型おもちゃ屋でちょっと安くなるかな。
清酒「光の国」特別ボトルですね、父もタロウと酒を酌み交わせる日が
来るなんて感慨深いのでしょうかねえ。
マリナさんの着うた〜、初め何の歌かわからなくて調べちゃいましたよ、
そういうことだったのかあ。納得。なんだ、ミライ君は携帯持っていないのか、
では、あとはリュウさんの着メロですね、わくわく。
そして火星基地にせまる敵、でかかるBGM「CREWGUYSの探索」
イメージぴったりです!

メテオール「ウルトラサイン」でましたね。丸文字でかけるとは思っていません
でした。コノミちゃんもマリナさんも頼りになります。

なんで、メビウスがこんなに愛すべき存在なのか、ばーなーおんさんが言って
くれてすっきりしました。そしてなんで子供達に「僕達のウルトラマン」と
して愛されているのかも。すっきり!

さあ、続きはどうなるのでしょうね、楽しみにしております。
ありがとうございました。
No.4244 - 2007/10/21(Sun) 22:24:14
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。度々失礼いたします。
ゆうはは姐さん、マリナの着うたは当初メビサントラ中の一曲でしたが、姐さんがこんなに関心持って下さったのでわざわざ難しいのに換えさせてもらいました(笑)。ウルトラシリーズでなくてごめんなさい。マリナと言えばガンモスピーダですから…。それにしてもどうやって調べてわかったのでしょう?そっちのほうがスゴいような…もしや「ゆうちち大百科」でしょうか?
リュウの携帯が鳴るシーンは今のところ無いのですよ、多分着メロは「我等CREWGUYS」だと思います。但し彼は携帯を一応持ってはいてもほとんど電源入れてなかったり、部屋に置き忘れてたりするタイプでは。
さて、私の遠吠えで「スッキリ」していただけたとは恐縮です。子供達に愛されるというのは本当に素晴らしい事ですね。メビウスはある意味良い子のお手本ではないでしょうか。いつもやられるという事は、何度でもやられる事を恐れないという勇気の証でもあると思います。芯の通った育ちの良さは、甘えん坊というのとは違いますよね。だからこそ我々親世代から見ても可愛くもあり、頼もしくもあります。
いつもありがとうございます。
No.4245 - 2007/10/22(Mon) 09:21:03
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / zzz
ばーなーおん兄さん、皆さん今晩は。

ナメゴンに憑依して騙すとは、相変わらずバルタンは策略家ですね。火星に塩は無い点を突いたのもさすがです。思えばナメゴンも名前だけはメビウスに登場していましたね。ウルトラシリーズ初の宇宙怪獣ナメゴン。昔の人形は相当な値段がするとか。

ファンとしてゾフィー兄さんの登場は嬉しいです。ピンチの時に駆けつける、尊敬できるお兄さんとしての役割をきっちり果たしてくれていますね。

丸文字ウルトラサインには意表を突かれました。メテオールの進歩は凄まじい・・・その内ギャル文字ウルトラサインとか開発されたりして(笑

山本リンダとフィンガー5のメロディが頭の中で再生されたCMも面白かったです。続きを楽しみにしています。
No.4246 - 2007/10/23(Tue) 17:14:10
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / 藤子
 ばーなーおん兄さん、今晩は。出たー、メテオールウルトラサイン!!しかし、日本語で手書きの文章送れるなんて、なんと味わい深い。こんなんでリュウさんからラ●レター貰った日にゃ、メイビーは宇宙の果てからでも一っ飛びでしょう。宇宙を股にかけた遠距離●◎ですね。いいなー、そこまで誰かを好きになれるなんて。…すいません、話がずれました。ずれたついでに、もう一つ。メテオールウルトラサインといえば、GUYSの忘年会再び!!コノミは意外とウワバミかもしれないけど、ミライがどんな乱れ方をするかと思ったら、もう楽しみで楽しみで、眠れなくなってしまうわ(笑)
 さて、もうすぐヒカリの大活躍が見られるのですね。楽しみにしております。「ヒカリサーガ」のDVDも予約したことだし、そちらを見てから改めてこちらを読みなおそうと思っております。

 追伸。「カレーの王子様」じゃなくて、「ウルトラマンケーキミックス」でもいいですか?
No.4247 - 2007/10/24(Wed) 23:07:14
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。
zzzさん、タロウの劇中に使用されているとは言え、山本リンダやフィンガーファイブをご存知なのですか…!

藤子さんも随分前の創作をご存知なのですね。では話が早い。笑

皆さんご指摘のメテオール「ウルトラサイン」ですが、これも私のオリジナルではありませんので、実は使い方が良くわからないのですよ。
「大不運」の時はトリピーがメモリーディスプレイで入力しようとしていましたが、今回コノミはペンタブレット状の装置でメッセージをインストールしたのではないでしょうか。きっと顔文字や絵文字を使った「デコサイン」も送れるのでしょうね。
開発者のダダオさんのご回復を祈りつつ使わせて頂きました。忘年会、と言えばサザビー兄さんもお元気でしょうか…

私にとってはこの掲示板が時空を超えるメテオールです。皆さんと共に「俺達のメビウス」を作り上げて行ければ、と思います。
コメントありがとうございます。
No.4249 - 2007/10/25(Thu) 18:01:05
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」第2回 / ばーなーおん
皆さん、こんにちは。ストーリーを続けさせていただきます。

♪BGM「メテオール攻撃(M38)」
空を覆う雲の一点が金色に輝き、次の瞬間そこからガンスピリットが輝く微粒子の尾を引きながら姿を現した。操縦桿を握るリュウは、体験したことのない微妙な飛行感覚に悪戦苦闘している。後部座席からセリザワが指示を出すが、まっすぐ飛ぶのもおぼつかない。
「きやがった...!」上空から、バルタン星人が10数体、編隊を組んで飛来した。
「畜生、よけきれねぇ!」
「リュウ、奴らに構うな、まっすぐ突っ込むんだ。」
「でも、ぶつかっちまう!」
「いいから突っ込め!」
セリザワの言葉にリュウは目をつぶってバルタンの編隊に突っ込んだ。一体が翼に激突!...と思いきや、バルタンは翼に触れると音もなく真っ二つに裂かれ、落下して爆発四散した。
「すげぇ...」リュウはやっとセリザワの言葉の意味が分かった。
直撃を逃れた他のバルタンも、衝撃でかなり傷ついたと見え、再び空の一点に向かって引き返し、モザイク状の光の中に消えた。
「あそこに奴らの本隊があるんだな...」
入れ替わるように同じ場所から再び別の編隊が現れ、向かってきた。
「きりがない...こいつだけであれを叩くのは無理だ。やはりネストに急ごう。」
「GIG、行くぜーー!」

フェニックスネストに戻ったリュウとセリザワに驚いたマリナとコノミだったが、すぐに互いの事情を報告し合った。。
「上空に巨大なエネルギー体が確認できました。リュウさん達が遭遇したというバルタン星人はたぶんそこから出入りしていると思うんですけど、こっちのレーダーには星人の姿が全く映らないんです。」
「光波バリアもそこから発しているみたいだからこれを攻撃すればきっとバリヤーは解けるわ。シルバーシャークGのセッティングは済ませておいたけど、とにかくGUYSネットが使えないからコントロールできなくって。」マリナはシルバーシャークのトリガーを手のひらで叩きながら呟いた。。
「時間がない。すぐにフライトモードに変形、フェニックスキャノンの発射準備だ。」セリザワは二人の報告にうなずくと、隊長デスクの前に立ち、コンソールに何か入力を始めた。
「ちょ、ちょっと待ってください、私達だけで勝手にフェニックスネストを動かすわけには...」
コノミがおろおろとして言いかけたそのとき、スピーカーから聞き慣れた声が。
「その心配はないよ。」
BGM♪「勇者の歩み」
「サコミズ隊長!今どこに!?」
「みんなすまない。私は今そっちに帰れないんだ。実は、セリザワ君の籍はまだ隊長職としてGUYSに残されている。もちろんフェニックスネストの運用権もね。」
3人のクルーはセリザワを見た。
セリザワはクルー達に向かってうなずくと、コンソールの上に手のひらをかざした。、前面の大型スクリーンに認証画面が。
「LOG IN:CAPTAIN SERIZAWA KAZUYA」
サコミズの声は続けた。
「GUYSJAPAN総監の命令を伝える。隊長不在の間、セリザワカズヤをCREWGUYSJAPAN臨時隊長に任命する。フェニックスネストを起動、フェニックスキャノンでメテオール弾『マルス1497』を発射、侵略者を撃て!」
「総監...GIG!」セリザワは感激した面もちで応えた。

♪「CREWGUYS出撃せよ!(M10)」
「セントラルブロック延伸。」「リフレクターブレード展開。」
「フェニックスネスト、起動!」
セリザワの指揮の下、フェニックスネストが飛び立った。
上空にモヤモヤと輝きを発する巨大な物体が。
「バルタン星人の宇宙船を確認。」
その時、リュウはセリザワが自分を見ているのに気付いた。顔は青ざめ、額に汗が浮かんでいた。トリガーを握る手がふるえている。リュウは駆け寄った。
「隊長...!替わって下さい、俺が撃ちます!」
セリザワはその言葉を聞くと、無理ににやり、と笑顔をつくり、リュウと席を替わった。
「地球を...頼むぞ。」
小さく呟いたセリザワだったが、リュウは敵に集中していて聞こえなかった。
迎え撃つべく、再び宇宙船から一群のバルタン星人が飛び出してきたのである。
「危ない!」コノミが目を閉じたとき、∞型の光芒が前方の敵を防いだ。
♪「メビウス!(M3)」
「ミライ!おせーぞ!」「ミライ君!」
ばつが悪そうに肩越しにうなずくメビウス。
「リュウさん、目標、ロックしました。」
「頼んだわよ、熱血バカ!」
メビウスがあわせるようにメビュームシュートの構えをした。
「マルス1497、ファイヤ゛ぁぁー!」
「せいやぁぁー!」
フェニックスキャノンとメビウスの腕の両方からスペシウムを大量に含んだ熱線が放射され、上空の巨大宇宙船を一撃で焼き尽くした。しかし命中する寸前に母船から無数の小型宇宙船が分離し、さらにそこから無数の小さなバルタン星人が展開するとフェニックスネストを取り囲んだ。フェニックスネストはゆっくりと旋回しながら、宇宙船群を撫でるように焼き払ってゆく。
♪BGM「バトルフィールド(M12A)」
メビウスもメビュームブレードを構えた。リュウは胸ポケットからメモリーディスプレイを取り出し、空中で持ち替えると指令をだした。
「バリヤーが解けた!テッペイ、ジョージ!」
「GIG!ガンフェニックス、バーナーオン!」
スタンバイしていたジョージとテッペイは、ガンフェニックスで出撃した。


●CM 清酒「光の国」Cベロン編その2
♪ちゃらっ、ちゃらっ、ちゃらっ、ちゃらっby冬木透
ぴーっ、ぴーっ。
「モロボシだ」
「ベロンが東京AC106地区に出現しました!」
「サケモッテコ〜イ」
「ゲン、俺と一緒に来るんだ!」
「隊長!俺はまだ『狙い撃ちby山本リンダ』をマスターしていません!」
びしっ、ばしっ、by松葉杖
「そんなことをして何になる、お前がやるべき事はこれだ!」どーん、by一升瓶
ナレーション「清酒、光の国。」
「ごくこく...ふう。奴を倒すには飲み比べで勝つしかない!これを一気飲みするんだ!(がぶがぶ...)」
「(ぶはっ!)隊長、無理です!俺にはできませーん!(げろげろげろ)」
「なんだその目は!お前のその下呂で怪獣が倒せるとでも思っているのか!(ぐびぐびぐび)飲め!息を止めて飲むんだ!(じょぼじょぼじょぼ)」
「オオトリさん!さあ、飲むのよっ♪(ごくごく)」
「隊長、百子さんまで...やめてくださ〜い!!!(げろげろげろ)」
ナレーション「酔い心地爽やか。清酒『光の国』。森次晃嗣サイン入りウルトラセブンボトル。」
No.4250 - 2007/10/26(Fri) 15:22:44
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

お、今回はシリアスな展開でまとまってますな(笑)。
セリザワに隊長の席を与えるサコミズの太っ腹な対応、セリザワはサコミズが総監だと言う事を知っていたのでしょうか。

「あいつ本当は総監だから隊長を譲ってもへっちゃらだってか。リュウ達へのイメージアップ大作戦じゃなかろうな。でもやっぱいいなあ隊長って響き」

なんて思ってたりして(笑)。いや、ないない。

ガンスピリットってつくづくいい機体だなーと思う今日この頃。
でもやっぱりオイシイ所はガンフェニックスに持って行って貰いたいかな。
あれが脚光を浴びるのは、すったもんだあってからの方が説得力ありそうなので。

出た!ゲン!
あんな熱い漢が下戸だったなんて!
しかも何となくMの匂いがっ!
今は耐えろ、耐えるんだゲン!
二日酔いを気にしていてはベロンは倒せんのだ!
・・・このCMで爽やかさをアピールするなんて(笑)。

ぼちぼちクライマックスへ突入ですが、どんなネタを持ち出してくるのか楽しみにしておりますぞ。
No.4251 - 2007/10/26(Fri) 20:08:20
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / 藤子
 ばーなーおん兄さん、皆さん、今晩は。
 さて、私が今回ツボにはまったのは、リュウさんの「ファイヤ゛ぁぁー!」です。彼の発音で変な所に「゛」が入るというのは他のサイトでも言われていたことですが、兄さんも同感でしたか。
 もう一つのツボは「ゲンは下戸」ということですね。マニア板のグドンさんの「ゲロ戦記」を
No.4252 - 2007/10/26(Fri) 21:55:03
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / 藤子
 ばーなーおん兄さん、皆さん、今晩は。
 さて、私が今回ツボにはまったのは、リュウさんの「ファイヤ゛ぁぁー!」です。彼の発音で変な所に「゛」が入るというのは他のサイトでも言われていたことですが、兄さんも同感でしたか。
 もう一つのツボは「ゲンは下戸」ということですね。マニア板のグドンさんの「ゲロ戦記」を思い出してしまいました。ハードな内容だった…。
 では、続きを楽しみに待っております。
No.4253 - 2007/10/26(Fri) 22:00:08
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは。
おお、後編第2回ですね、まってました!
その前にちょこっと、第1回のはなしをば。
ばなおさん、私、マリナさんの着メロわからなかったので、
そのまま、歌詞をキーワードにいれて検索したのです。
そしたらヒットしましたよ〜すごいですねえ。で、
モスピーダーをちゃんと勉強してきたというわけでした。
そうですね、リュウさんの着メロは「われらCREWGUYS」で
間違いないでしょう。そして、「メモリーディスプレイ」しか
持ち歩いていないでしょうね(今回使ってるし。)
しつこくメビウスの話ですが、ばなおさんが書いてくれたのを
読んで「そう、それ、私はそれが言いたかったの!」と、はげしく
モニターの前でうなずいて、頭がくらっとしたほどです。
モーレツにうれしかったです。

さて、第2回ですが、サコミズ隊長のセリフが入ってきた
ところら辺から、じ〜んとしてしまいました。マニア板では
zzzさんのセリザワ隊長のセリフにやられましたが、
今回はサコミズ隊長、セリザワ隊長にやられました。
で、1497って?

うわあ、セブンボトルの「清酒光の国」
本当に酔い心地爽やかなの?森次さんサイン入り本当にありそうだけど。

メビウスも無事に帰ってきたし、この後どうなるんだ?!
楽しみにしております。ありがとうございました。
(ダダオさん、お体いかがですか?サザビーさん、お元気ですかー)
No.4254 - 2007/10/26(Fri) 22:28:01
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。早速にコメントをありがとうございます。

オヤジストン、今回は笑える所が少なくて申し訳ない。そろそろクライマックスなので諦めて下さい。
セリザワ隊長は実はまだGUYS、というのが今回の大きな柱でした。恐らく彼は総監の正体は知っていたでしょうね。

ゲンですが、私もやっとこういうネタを扱える体になりました。百子さんがオキニです。彼女もウルトラヒロインに相応しく、Sですね♪

藤子さん、バルタンが憑依しちゃってますが…
リュウの台詞につく「゛」は、感想板でのレイゴ兄さんのコメントから頂いたのです。他サイトに浮気はしておりませんですよ(笑)。

ゆうはは姐さん、首、大丈夫ですか…?成る程、歌詞でヒットとは、さすがYapool検索?あまり他社作品のネタは使わないようにしていますが、主人公の名前が管理人様と似てますのでお許し下さい。
だれか突っ込んでくれるかと期待しておりましたが、来ましたね♪「1497」は、私の地元で作られている、私の大好きな飲み物の名前なのです。「133」の次、と言う事で何番にしようかと迷って、趣味で選びました。「光の国」もいけますが、こっちも美味しいですよ。
サコミズ隊長には、最後の一言をあの「ええ声」で言って欲しくて出てもらいました。バルタンですからね。
ついでに誰も突っ込んでませんが、リュウがセリザワと代わる時の台詞も、蛇足とは思いつつ、某他作品の名台詞からパクリました。フェニックスキャノンって、やっぱり波●砲だと思うんです…。

次はいよいよ最終回。ですが肝心の所がまだ決まっていません…。
No.4255 - 2007/10/27(Sat) 01:56:26
昨日は失礼しました / 藤子
 ばーなーおん兄さん、すいません、私またやってしまいました。なぜか途中で指が引っ掛かって、勝手に「投稿」になってしまいました。パスワード入れる前だったので編集も出来ず…。涙涙っっっ。
 ところで清酒「光の国」のCM見てたら飲みたくなって、昨日はちょうど満月の日だったから折角月桂冠のカップ酒買ってきたのに、大雨が…。バルタンとナメゴンの遠まわしな嫌がらせかしら。でも今夜こそ飲んでやる、おーっほっほっほー!
 では、クライマックスを楽しみに待っております。
No.4256 - 2007/10/27(Sat) 21:37:31
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんおはようございます!
大変遅くなってしまったんですが、長編の後編、その第1回第2回を読ませていただきました^^

今回もワクワクする展開と、キャラへの愛情たっぷりの描写(特にリュウ、セリザワさん)が光ってましたね^^

冒頭のナメゴンの大群との戦闘シーン…斬っても斬っても次々に迫ってくるネバネバ、ベトベトした群れは、すごい映像でしょうね^^;
ゾフィー兄さんの嫌味たっぷりのセリフも、妙なリアリティを感じさせてくれて、笑いました^^

丸文字のウルトラサインは、OLたちの大活躍・・・ミニ「プライド・オブ・ギャルズ(笑)」という感じで、頼もしかったですね!

バンダイさんから、ついにガン・スピリットのおもちゃも登場!!
ほ、欲しい…! それにしても自動変形ってスゴいです^^ 思わず五感を刺激されました^^;(爆)

サコミズ総監の「侵略者を撃て!」にはしびれました! ウルトラマン第2話に向けて捧げられた敬意の印であり、シリーズ41年の深みを感じさせる、重みのある号令でした!!
そしてセリザワさんが隊長代行として指揮を執りますね! TV本編では隊長として無念であっただろうと思うので、新生GUYSを指揮する様子は本当に嬉しかったです^^
考えてみたらそもそも、これがこの二人の本来のポジションだったんですもんね。

フェニックスキャノンの発射をリュウが替わるシーン・・・セリザワさんを気遣うリュウのやさしさが出てましたが、何となくどこかで見たような気がする…と思ってたら、あれだったんですね。
松●●●さんはコワいですよ…^^;;;

一気飲みの特訓に励むゲン! 大人の階段上ってますねぇ…(遠い目)
みんなそうやって飲み方をおぼえていくんだ! 頑張れ!!
ゲロゲロゲロっぴ(C)サ●リオ

いよいよ最終回!! 楽しみにしています^^
楽しくて熱い! 素晴らしい創作をありがとうございます
No.4257 - 2007/10/29(Mon) 06:20:50
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。
藤子さん、参考になるかどうかわかりませんが、私は投稿する時、本文を書く前にまず パスワードを入力するのが習慣です。そしてレスフォームに直接書かず、別ウィンドウでワープロソフトを開き、そこで書いて十分推敲してからコピペする事にしています。
この手順なら投稿ミスはほぼ完全に防げます。…とは言え、慌ててやってしまう事もありますからね。(笑)
最近携帯でもコピペができるようになり、大変助かっております。レイゴ兄さん、ありがとうございます。
ごたごた言いましてごめんなさい。やはり一番大事なものは愛…ですよね。

まっくん、コメントありがとう。おや、刺激が強すぎて鼻血が…(笑)
ゾフィー兄さんとのやりとりはやはりどう見てもコメディですな。ハリセン持って登場、とかにすれば良かったかもしれません。…シリアスのつもりで書いたのだがっ(泣)
リュウがあれだけ敬愛するセリザワ隊長ですが、GUYSとしての活躍が見られなかったのが私も残念でした。消息不明、となっていましたから、当然籍はそのままだろう、でもクルーを指揮する人が必要、リュウはまだ未熟、別の人を任命すればセリザワが戻った時に困る…という事で、サコミズ総監が隊長を兼任する事になったのではないでしょうか。それだけGUYSにとって大切な人材だったのだと思いたいです。
「替われ、●代…!」のシーンは、始めはキリヤマ隊長の例の名台詞だったのですが、それではセリザワの地球人としての部分を否定してしまう事になりそうなので、こちらを拝借したのです。02先生は…敬語に変換して語順も変えてますから許して下さるでしょう。確かにいつもタメ口のリュウが敬語を使うと、すごく優しく感じられますね。本当は優しい心の持ち主なのですから、彼は。
サコミズ隊長にはガンモスピーダの時に「恐怖の宇宙線」を言って貰ったので、今回もその担当です。大不運の時も「145ヘクトパスカルの戦いだ!」とか言って貰えば良かったですね。低すぎ…?
まっくんもダン隊長に仕込まれて漢(おとこ、または飲んべえと読む)になったのか…?私もさすがにもうこんな飲み方は出来ません。嗚呼懐かしの若き日々。

最終回、頑張ります。
No.4259 - 2007/10/30(Tue) 02:01:06
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / zzz
ばーなーおん兄さん、皆さんおはようございます。

またしても遅れてしまいました。少々風邪をこじらせていたもので・・・すいません。

新旧隊長の活躍が目立ってますね。本編を最後まで見た後だと、サコミズの言葉にニヤリとさせられます。防衛隊とウルトラマンが力を合わせて共に地球を守っていく。やはりここが醍醐味です。1人じゃできなくても仲間がいれば可能になる。最後まで諦めない心。GUYSは良いチームになってくれました。

歌手の方々ですが、音楽番組や、○子の漫画を読んで知りました。

最終回頑張ってください。
No.4261 - 2007/10/31(Wed) 08:09:42
Re: 長編ストーリー後編 「誓いの剣」 / ばーなーおん
皆さん、おはようございます。

zzzさん、急に寒くなり、体調を崩しやすい時期ですね。私もゆっくりやっておりますのでどうぞお気になさらず、お大事に。
サコミズ隊長という人は表に出さなくても書いていてちゃんと存在感があるのですよね。だからこうして美味しい所をさらってしまうのでしょう。この辺がミライとは年季の違いを感じさせます。
GUYSの結束はウルトラマンに対して人間の代表としての理想を描いていると思います。さらにその「仲間」とはウルトラマンも含んでいるところが確かにメビウスの世界の醍醐味で、zzzさんの創作にも同じ理想が描かれていましたね。
思えばウルトラセブンも「ウルトラ警備隊7番目の隊員」でした。GUYSはそこからさらに踏み込んで、ウルトラマンの為の防衛チームだったのではないかと私は思っています。

いよいよクライマックスですが、皆さんとの語らいが楽しくてつい長話してしまい、徒にスレが長くなってしまいました。
最終回は新スレを立てさせていただきたいと思っています。

みなさん応援ありがとうございます。
No.4263 - 2007/11/02(Fri) 05:01:30
長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
レイゴ兄さん、皆さん、こんにちは。
だらだらと書いておりました駄作がやっと仕上がりそうですので、ぼちぼちと連載して参ろうと思います。
諸事情により、マニア板ではなくこちらに投稿させていただくことにしました。
長いので、前・後編でスレをわけようと思います。
短編を投稿される方も、どうぞ途中でもご遠慮なく上にスレを立ててくださいませ。
まずこちらは前編スレとして、読みやすいように本編とその他レスで文字色を変えようと思います。本編はいつものオレンジ色です。
また、スレが長くなることが必至ですので、下の方で何かありましたら、このレスで告知させていただこうと思います。
それでは、下のレスから、いきなりで失礼ですが前編の第1回、始めさせていただきます。

*10/13 第3回アップしております。

次回からは後編で新スレと致します。
宜しくお願いいたします。 
No.4209 - 2007/10/01(Mon) 13:43:00
長編ストーリー前編・「魂の宿敵」第1回 / ばーなーおん
♪BGM「復讐の鎧」
ドルズ星人との戦いを終えたウルトラマンヒカリは、大いなる脅威について調査するため、地球を飛び立った。
体力を消耗していたため、超光速飛行は出来ない。冥王星軌道にさしかかったときである。
突如、無数の宇宙船団が現れ、ヒカリを攻撃してきた。
♪BGM「邪悪の接近(M27)」
「何者だ!」すぐさまアーブギアを纏うヒカリ。
「青いウルトラマンか...我らの地球への道を阻むものは誰であろうと容赦しない。」
「何だと...?では地球を狙っていたのはお前達だったのか?」
「...あの美しい星を狙っているのは我らだけではない。しかし我らには頂く権利がある。同胞を滅ぼした地球人に復讐する時がやって来たのだ。」
「復讐だと...」
ヒカリは再び復讐に取り憑かれた自分の忌まわしい過去を思い出し、身震いした。
「復讐に何の意味がある。それは絶えることのない憎しみを生み出すだけではないか。なぜ生命を大切にしようとはしないのだ。」
「生命...お前もその言葉を知っているのか。」
「何だと...?」
会話はそれで途絶えた。と同時に、宇宙船からは一斉に怪光線が放たれ、ヒカリに襲いかかった。
四方八方からの容赦ない攻撃に、さすがのアーブギアも限界に達しそうになる。
ヒカリの中で、もう一つの声が語りかけた。
「奴らを地球にいかせるわけにはいかない...俺達の命を賭しても、ここでくい止めなければ。」
「セリザワ...そうだ。大切な故郷をまもるために。」
ヒカリは渾身の力を込めて拳を握りしめ、気を集中すると、宇宙船団に向けて放った。
惑星トワールの嵐を鎮めたホットロードフラッシュが、取り囲んだ無数の宇宙船を次々に消滅させてゆく。
「ウルトラマンめ...しかしこれで終わりと思うな...宇宙に散らばった我ら同胞は、共に地球への復讐を誓い、この時を待っていたのだ...今も仲間達が地球へ向かっている...お前達ウルトラマンには止められ....」
不気味な言葉を残して、宇宙船団は全て消滅した。
いつしかヒカリのアーブギアは消え、カラータイマーが激しく点滅していた。
ヒカリは、自分の中で呼びかけるもう一つの声を聞いた。
「ヒカリ...地球に戻るのです。コリン」
「アーブよ!...分かっています。地球が危ない。しかし...」
ヒカリにはもう戦う力は残っていない。
「恐れることはありませんコリン。それに、地球で戦うのはあなたではない...」
「私では...ない?」

♪オープニング「Radiance―ウルトラマンヒカリのテーマ」
サブタイトル−「魂の宿敵」―

この番組は、バンダイ様と、ご覧のスポンサーの提供でお送りいたします。

●CM「バンダイ・リアルカラータイマー」
「ピコン、ピコン...君のピンチを知らせる!バンダイ、リアルカラータイマー!6種類の音と光。ピコン、ポコン、ペコン、ペポン...(画面ははめ込み合成です。)ピロロロロ、ずぇっとん、『ウルトラマン、死んじゃダメー(声:桜井浩子)』(ゼットンは付属していません)遊べば遊ぶほど点滅が早くなるぞ!ペコン、ピポン、ペコポコン...これで君もウルトラ戦士だ!(単4乾電池2ヶ使用) ぴかぴかぴかぴか...40周年記念、リアルビームランプも宜しく!(ナースは別売りです)」

♪BGM「運命の出会い(M7)」」
フェニックスネスト。食堂からリュウ、ミライ、コノミ、マリナが出てきた。
「...で、大丈夫なの?火星でナメゴンが暴れてるって聞いたけど。」
「火星じゃ珍しい事じゃねぇからな。GUYSスペーシーも居るし、俺達の出る幕じゃねえ。だからミサキさんも総本部の会議に出かけていったんだ。」
「隊長まで急な出張って、行っちゃいましたよね。本当に大丈夫なのかな。」
「僕は、お父さんが心配で。」
「お父さんって...ミライ君、バン船長のこと?」コノミの問いかけにうなずくミライ。
「家族の思い出の残る火星でもう一度仕事がしたいって...先月見送ってきたところなんです。」
「バン船長のラボはアレス基地の方だ。ナメゴンが暴れてるマリネラス渓谷からはだいぶ離れてるから、大丈夫。心配すんな。」リュウはミライの肩をぽん、と叩いた。
「でもさ、マリネラス基地がやられたらスペシウムの採掘が出来なくなっちゃうでしょ。」
「確かにそれは困るよな。...おい、ミライ、どうした?」
リュウは突然立ち止まって空の一点を凝視するミライに気付いた。
「え、あ、い、いえ、何でもありません、ぼ、僕今日はこれで非番ですから、失礼します!」
急に慌ててミライは走り去った。
「どうしたんだ?あいつ。」
「いつも非番でもリュウにくっついてるのにねぇ。。」
「何見てたんだろう、ミライ君...」コノミは空を見たが、何も見えるはずはなかった。

「ウルトラサイン...火星に急げ...ゾフィー兄さん...!」ミライはフェニックスネストから駈けだしていった。
♪BGM「テッペイの日常」
ディレクションルームにリュウは一人で戻ってきた。
テッペイは端末に夢中でかじりついている。部屋の反対側の隅ではメモリーディスプレイをいじくってニヤニヤしているジョージ。
「よっ。夜食買ってきたぞ。二人ともてれす丼でよかったよな。」
「あ、ありがとうございます。これやみつきですよね。」テッペイは早速割り箸を割って、てれす丼を掻き込んだ。
「何やってんの、おまえ。」リュウがのぞき込むと、テッペイは待ってましたとばかりにてれす丼を頬張りながら説明した。
「この間ミライ君がパラレルワールドから戻ってきたときに向こうの資料をもらって来てくれたんです。それを今こっちのアーカイブドキュメントにインストールしてるんですけど、これが面白いんですよ。たとえばこのエレキングなんか...ぐっ、ジョージさん、ちょっと、何やってんですか!」
それまで夜食に目もくれずになにやらこそこそしていたジョージは、テッペイに怒鳴られてメモリーディスプレイをファンブルした。
「GUYSネットを私信に使わないでくださいよ。っていうか、アドレスまちがえてるし。フジサワ博士宛のデートの申し込みが僕のところに来ましたよ。」
わざと大きな声でテッペイは小言を言って、そのメッセージを削除しようとしたが、次の瞬間あれ、と目を剥いた。
「読むなよ、アミーゴ!」ジョージが慌てて駆け寄ってきたが、それには目もくれず、キーボードをあちこち叩くテッペイ。
「どうした、何かあったか。」リュウはテッペイの様子に異変を感じたようだった。
「GUYSネットにトラブルが...回線が遮断されています!」
「何だって?」
「GUYSの全ての隊員、施設を繋ぐGUYSネットの通信が出来なくなっています...それだけじゃない。一般電話回線も全てダウンしている...どういうことだ!外部と一切連絡が取れなくなってしまった!」
そのとき、
♪「おまえ〜はお〜れをしんじ〜なさい、ほれしんじ〜なさい、...」
緊張をぶちこわす着信音が鳴り響いた。
「アサミからだ!」ジョージが私用の携帯電話を尻ポケットからほじくり出して通話ボタンを押した。
「最初っからそれでやってくださいよ。」うんざりした様子のテッペイ。
ちょうどそこに、非番の為帰った筈のコノミとマリナが入ってきた。
「ミサキさんから、メテオール開発センターと連絡が取れないけどなにかあったのかって、私の携帯メールに連絡が入ったんですけど。」
「私のところにも。もうすぐ会議が始まったら電波が届かなくなるからって。でも何でわざわざ私用の携帯に?」
いぶかしがる二人に、テッペイは事情を説明した。
「ミライは...携帯持ってねぇよな...」リュウはもどかしそうにメモリーディスプレイを握りしめた。
「おい、アサミ!どうしたんだ、アサミ!」ジョージが携帯電話に向かって叫んだ。
「また機嫌損ねたのか、お前。」
「冗談言ってる場合じゃないぞ、これ聞いてくれ!」
あきれた様子のリュウに、ジョージは携帯電話での通話録音を聞かせた。
「アミーゴ、すぐに来て!メテオー***センターに...****...が...****」(ぶつぶつぶつ、がーっ、ぷつん。)
「なんだこりゃ!」
「どうしよう、隊長は出張中で行き先も聞いてないし」おろおろするマリナ。
「ミサキさんは総本部に入っちゃったみたいで、電波が届きません。」コノミは携帯のメッセージを皆に見せた。
「補佐官もまだ入院中だし...しかし、」ジョージはリュウを見た。
「出動だ。」リュウがきっぱりと応えた。
♪BGM「我らCREW GUYS」
「隊長達の不在を狙ったように謎の回線異常、そこにこの知らせだ。火星じゃナメゴンが暴れてるし、ミライまでどっかいっちまいやがった。これはただごとじゃねぇ。俺達の判断で動くんだ。ジョージ、行くぞ。」隊員服のジッパーを上げて、リュウとジョージはメットを手にした。
「僕も行かせてください。気になることがあるんです。」テッペイもタフブックを抱えて続いた。
「よし、俺達3人でメテオール開発センターに出動する。マリナはここで待機してくれ。コノミはミライとなんとか連絡を頼む。」リュウはクルーを見回すと、深呼吸して号令を掛けた。
「GUYS、Sally Go!」
「GIG!」

●CM「タイマー保険」

♪BGMメインタイトル〜君はウルトラマンだ!(M1)

父「今から君はウルトラマンだ」
メヒ゛「えっ。」
父「行くのだ、かけがえのない星、地球へ!」
母「待ちなさいメビウス、保険に入りましたか」
メヒ゛「へ?」
ナレーション「地球で戦うあなたのためのタイマー保険。もしもの時のタイマー切れに、24時間のサポート体制で新しい命をお届けします。」
母「これに入っておけば安心ですよ」
メヒ゛「は…」
ナレーション「さらに、手ごわい敵に出会った時に役立つダイナマイト特約、正体がバレそうな時にフォローする正体バレ特約も。」
メヒ゛「では、大隊長、行ってきます!」びゅいぃん
ナレーション「地球で戦うウルトラマンならどなたでも加入できます!」
母「あぁっ、申し込まずに行ってしまいました…」
父「仕方ない、ゾフィーに代筆させよう。」
母「万一の時の受け取り人は私達ですね。」

ナレーション「フェニックスネスト支店でもご加入できます。ウルトラファミリーダイレクトのタイマー保険!お申込みは今すぐ、ウルトラサインで!」

ありがとうございました。もうネタが分かった方もおられるかと思いますが、それが全てですので(汗)、どうか次回まで黙っておいてくださいますようお願いいたします。
No.4211 - 2007/10/01(Mon) 13:46:27
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / 藤子
ばーなーおん兄さん、今晩は。おお、バン船長の名が!ファンが抱える消化不良のネタの一つに「バン親子の出番があれっきり」というのがありますが、私も同様です。だから創作でこういうものを見つけると、とても嬉しいです。続きを楽しみにしております。
 それにしても、わーい、やっと怪獣板で新しい作品が読める!え?自分で新作を書けばいい?そうなんですけど、充電がまだなんです。コメディにしろシリアスにしろ、先ずはノートに下書きする暇を見つけないと。ペン握ったままウン十分、なーんにも浮かばないなんてことはザラですから。
 最後に余談ですが、ナメゴンがナメクジよりアメフラシ、(又はウミウシ、ウミウサギ)に似ていると思ったのは私だけでしょうか? 
No.4213 - 2007/10/01(Mon) 22:48:26
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

わたたっ、ガタタタッ、ドンガラガッシャン、ぜえぜえ。
あ、慌てて来たらコケちゃいましたな。

ばーなーおん節は健在だったようで一安心です(笑)。
GUYSのまとめ役が不在の中で自ら判断し行動する、少々危なっかしい気もしますがクルーのやる気と行動力は褒めていいでしょうね。

ヒカリとセリザワの対話というのも感慨深いものがあります。
これで正真正銘、一心同体となった二人に深い絆が生まれている事が伺えますね。

バンの事をお父さんと呼ぶミライ。
これまた本編で描かれなかったサブストーリーが繋がっている訳ですねえ。うんうん。

ジョージの色ボケぶりと言い、リュウが号令をちゃっかり言ってるのと言い、ばーなおん兄さんならではのエピソードですな(笑)。
でも話がしっかり展開してるトコがまたすごいんですけどね。

それから・・・。

わーい!切望していたリアルカラータイマーだあ!
これマジで欲しいー!
バンダイ様、是非とも商品化を!
単4電池だとすぐに切れちゃう気もするけど、物が小さいから仕方ない。
電池切れ=死亡って事で(笑)。

でもそんな時こそタイマー保険!
これがあるからウルトラマンは無茶出来るって訳ですなあ。
一年間無事だとボーナスが支払われるに違いない!
初代マンはこの保険のお陰で助かったんですよねえ・・・。

念願のCMまで観れて大変満足であった!
天晴れ!
後編を期待して待つ!
No.4214 - 2007/10/02(Tue) 19:37:12
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは!
ばーなーおんさん、いやあ、待っておりました〜。
で、今回もiPod持ってきて、サウンドトラック集で
指定通りBGM聞きながら読んでます。
これが、やみつき。楽しいのですよね。それからCM。
リアルカラータイマー、ついにでましたね。
遊べば遊ぶほど、点滅がはやくなる!今日、気がついた
のですが、息子がてれびくん付録のお面つけて遊んで
いたら、汗で破れました。ぜひカラータイマーは完全防水で。
それと、タイマー保険。メビウスは特約がたくさんいるから
掛け金が高くなっちゃうよ〜。でもフェニックスネスト支店で
加入させられちゃうのでしょうねえ。扉の陰からじっとみている
例の隊長に。

ストーリーの方ですが、これがまた、にやり、とする小ネタの
ちりばめてあること!うれしいですねえ。でも、私おおもとの
ネタが全然わからない?ヒカリのテーマではじまってるし。
わあ、これは後編が楽しみです。期待してまっています!
No.4215 - 2007/10/02(Tue) 22:28:51
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは!

待望の新作! その前編…さらに第1回!! ありがとうございます^^
これからたっぷり楽しめますね! どうぞ無理のないように頑張ってください!

お得意のBGM♪、今回もとっても雰囲気出てましたよ^^
「♪テッペイの日常」…いいですねぇ^^ ほのぼのとしたディレクションルームのみんなの様子が浮かんで来ます!

皆さんもおっしゃってるニヤリな設定や小ネタ!
過去の皆さんの創作で描かれてた設定や、ナイトベルトなどで盛り上がった話題なんかが、もの凄く自然にストーリーにちりばめられていて、僕もニヤニヤしながら読んでいました^^
兄者にしか出来ない技ですよね^^ お見事!!

あと、表現について…ジョージの「尻ポケットからほじくり出して…」というの、これも兄者にしか出来ない表現ですよね…妙にウケました! あと引くの…^^;;

リュウ、今回もカッコいいですね〜〜!!
深呼吸をしての「GUYS、Sally Go!」にしびれました^^*
彼はもう既に隊長としての片鱗を見せているんですね!

リアルカラータイマー! 遂に商品化ですね!! やった^^
リアルビームランプも欲しい! 千まさお みたい?
てれす丼もうまそうだなぁ^^

つづきを楽しみにしてますね^^ ありがとうございました!!
No.4216 - 2007/10/03(Wed) 00:58:50
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。レスをありがとうございます。

藤子さん、私はミライが休みの度にバン船長の家に入り浸って畑を手伝ったりカレーを作ったりする話も考えていたのですが、柄ではないので止めました(笑)。どうですか、つぎのネタに。

オヤジストン、先は長いので慌てないように。
リアルカラータイマーを欲しがっていたので、商品化して見ました。スポンサー集めの協力に感謝します。長らく放置していたので、提供を下りられたらどうしようかと冷や汗でしたが、なんとか放映に(?)こぎつけました。保険のCMは、「ファントンの落とし物」感想の夫婦漫才からのパクリです。

おや、ゆうはは姐さんにはきっとバレると思ったのですが…ほっ。 お気づきでしょうが、この創作のメインはCMです。命賭けてます。本編よりもCMとBGMに時間かかってます。ipodまで用意して…汗 いい加減な仕事はできませんな。頑張ります。

まっくん、尻ポッケの携帯は私自身の日常の仕草をそのまま描写しただけなのです。…オヤヂくさい?

ファントンの感想にも書きましたが、皆さんの創作のネタや掲示板の話題を創作に盛り込んでいるのは、物語に深みを持たせたいという他に、私一人の作品ではなく、このサイト共通の創作メビウスを造って発信したいという願いがあるからです。
ストーリーを書かない方も少しずつでも参加して頂いて、皆さんと共に造りあげて行きたいと、色々勝手に使わせて頂いております。どうぞご了承ください。

続きはまだBGMが入っておりませんので、のんびりお待ちください。
No.4218 - 2007/10/03(Wed) 02:44:34
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / zzz
ばーなーおんさん、皆さんこんばんは。

ミライがバン船長を「お父さん」と呼んでいるのは嬉しいですね。血は繋がっていなくとも、心は繋がっているという感じがしました。

本編も勿論ですが、CMも凝ってますね。桜井さんの声まで流れるとは何と豪華な玩具なんでしょう。これは買いに行かなければ。

個人的にはアーブの「コリン」がツボでした。どこかで聴いたことがあるような声ですし(笑

私の創作のネタも盛り込んでくださったことがとても嬉しいです。後半も楽しみにしています、ばーなーおん兄さん。
No.4219 - 2007/10/03(Wed) 20:42:15
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、こんにちは。
おおっ、zzzさんが私のことを「兄さん」と...じゅるっ。
マニア板で「ヒカリは苦労性」とレスした意味がおわかりいただけたことと思います。
zzzさんとネタがかぶったらどうしようかと思っていましたが、結果的に滞っていたこのストーリーを仕上げることが出来たのは、zzzさんの作品に触発されたからなのですよ。
こちらこそ、「感謝するー!」
 ゆうこりん、お好きですか。あの声はなんとも後を引く...

弟よ、「体育の日」も楽しみにしているぞ!笑
No.4220 - 2007/10/04(Thu) 16:04:46
長編ストーリー前編・「魂の宿敵」第2回 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。ストーリーを続けさせていただきます。宜しくおつきあい下さい。

♪BGM「迫り来る危機」
フェニックスネストから南へ約50km、山のなかにひっそりとGUYSメテオール開発センターは建っていた。ガンフェニックスを滑走路に着陸させ、3人は研究棟へ向かった。
あたりに人気はない。
「静かだな...いくぞ。」トライガーショットを構えて、リュウ、ジョージ、テッペイは建物の中に入った。
いつもは深夜でも研究者達が行き来する研究棟だが、不気味なほどに静まりかえっている。
「テッペイ、さっきお前、気になることがって言ってたよな。」
先頭のジョージがトライガーショットを構えながら話しかけた。
「実は今回の通信遮断、この施設で起こったことと何か関係があるんじゃないかと思うんです。」
アーチ形の窓の外に目をやりながらテッペイは答えた。
「もし、何者かが我々の通信手段を断つと同時に、この施設を襲ったのだとしたらですよ...」
テッペイの押し殺した声が廊下に響き渡る。
「GUYSネットは過去の防衛チームの通信システムを受け継いだものです。敵はこの通信網と一般電話回線は完璧に遮断しましたが、携帯電話は普通に使えていますよね。つまり、ここ10年ほどの地球の情報に疎いんじゃないかと思うんです。」
「地球の情報って...宇宙人の仕業だっていうことか?」
その時、ジョージが廊下の角を曲がったとたんに、「わぁぁっ!」と悲鳴をあげた。
「ジョージ、どうした!」リュウとテッペイは声のする方に駆け寄ると、その場の光景を見て息を呑んだ。
そこにはジョージの姿はなく、代わりに凍り付いたように動かない所員達が。
言葉を失ったリュウをよそに、テッペイは恐る恐る話しの続きをはじめた。
「さっき僕が見ていたパラレルワールドのドキュメントDASHにはこの世界のアーカイブと共通する怪獣がいくつも記録されているんです。その多くは今回の怪獣再頻出ですでに出現している...」
「今お前のマニアックな話聞いてる場合じゃねぇだろ」
リュウはイライラして遮ったが、テッペイはまるで何者かに憑かれたように話し続けた。「今火星でナメゴンが暴れているのはスペシウム採掘の基地、そしてここで開発が進んでいる新メテオールマシンもスペシウムエネルギーを利用したもので...」
そこでテッペイはやっと口をつぐんだ。二人の前にさっき姿を消したジョージが突然現れたのだ
「何が起こったんだ...ジョージ!大丈夫か、」
リュウの掛けた言葉にジョージは返事せず、無表情のまま二人に近づいてきた。
テッペイはその姿を見て、ある確信を抱き、ポケットから携帯電話を取り出すと動画を撮影し、送信した。そして、絞り出すように話しかけた。
「キエテ、コシ、キレキレテ...」
それに対してジョージの口から出た言葉は、テッペイがほぼ予想していたものだった。
「君の宇宙語はファントン訛が強すぎてわかりにくい。この男の体を借りて話をしよう。」

♪(着信音)「がばっと出ってきったか〜いじゅ〜うは〜、手に〜も負〜えないあっばれっもの〜」
ディレクションルームではテッペイからの着信を受けてコノミが、急いでアーカイブドキュメントを開いていた。

唖然として見守るリュウをよそに、テッペイはまるで相手が何者か分かっているかのように、毅然と話しかけた。
「君たちの目的は...?」
「我らは同胞と誓った。地球人に復讐すると...」
その一言と同時にジョージの体を借りたそれは、トライガーショットを構えた。
「ジョージ、止めろ、何するんだ!」リュウには状況が分かっていない。
ジョージの指がトリガーに掛かり、二人が伏せたその時...!

青白く眩い光線が縦横に走り、ジョージの手からトライガーショットをはじき飛ばした。
リュウが眩んだ目を恐る恐る開けるとそこには黒いジャケットを着た男が蹲っていた。
「セリザワ...隊長!」
倒れたジョージの体からは何者かの影が不気味な笑い声と共に分離した。すかさずセリザワは振り返ると右手に持ったナイトブレードでその影に斬りつけた。
テッペイの携帯電話からコノミの声が。
♪BGM「殺戮の荒野」
「ありました!ドキュメントSSSPに3件、ドキュメントMATに1件、ドキュメントUGMにも2件、パラレルワールドのドキュメントDASHにも類似個体の記録があります!レジストコードは...」そこでリュウが遮った。
「ちょっと待て、あいつなら俺でも知ってるぞ!」その隣でテッペイが声を震わせる。
「ついに現れたか...宇宙忍者...」
「バルタン星人!」
♪BGM「怪獣総進撃(M68)」

●CM 清酒「光の国」@宴会編
♪「メビウスvsエンペラ星人」
どぐわぁーーん、ぴきーん、ばしゅっ、どどどどど、ぐわしゃ〜〜ん...
ザ「これが...守ると言うことなのだな...」 ヒ「アーブよ...感謝する!」 エ「余が、余が光に...」
こぽこぽこぽ...
ナレーション「清酒、『光の国』。」
カ「ってことで、いろいろあったけど。」 
ザ・ヒ・エ・「かんぱーい!」 
フ「ファント〜ン♪」
ナレーション「お酒は1万歳を過ぎてから。」
ザ「カコ...お前、いくつなのだ?」
ナレーション「気の合う仲間と。清酒『光の国』。」


●CM清酒「光の国」A夕陽の堤防編
K「いつまで待たされるのだろう...」ちゃぽちゃぽちゃぽ。
M「俺達の出番、もう終わっちゃったのかなぁ...」じょぼじょぼじょぼ。
H「あー、いいよな、ゼアスは。」とっとっとっとっ。
ぐびぐびぐび。
ナレーション「清酒、『光の国』。」
K・M・H「ふうぅーーー。」
ナレーション「きっと、もっと、ほっとするお酒。清酒『光の国』。」

ありがとうございました。中盤短めですが、前編の締めは次回に持ち越させて頂きます。
No.4221 - 2007/10/05(Fri) 18:30:06
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

こりゃあ、着信音は別としてちゃんとしたストーリーになってるじゃないですか(笑)。
緊張感のある演出でハラハラさせてくれるし。
いよいよバルタン星人のご登場ですな。
しかもマックスの世界までリンクさせるとは、zzzさんの創作から繋がってるって事で。

どうやってまとめるのか、作家の手腕が問われる所ではありますが、ばーなーおん兄さんの類稀なセンスとウルトラへの愛情、そして掲示板の皆さんへの愛情がきっと大団円へと導いてくれるでしょう。
・・・余計なプレッシャー?
気楽に気楽に(笑)。

そしてそして、おおーついに清酒「光の国」のCMだあ!
姉妹品に「美少年」もあるはずですなあ。
お酒のCMがあるって事は、当然ゴールデンタイムの放送であると!
ん?でもアルコールのCMは夜の何時からって決まってたような・・・。
9時か10時以降だったっけ?
え、今になってそんな事言うなって?
あははははー。
でもいいなあ。ホント、画が浮かんで来るようです。

ありがとう、次を期待して待つ!
No.4222 - 2007/10/05(Fri) 22:19:18
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、おはようございます!
あっあー!テッペイくんの最初のセリフあたりでわかったー!
そうきたかーバルタンーと、叫んでしまいました。
おお、BGMもばっちりですよ。まるで、ウルトラマン第2話を
みているかのような緊張感です。40周年記念にふさわしいではないか!
マックスのパラレルワールドも生きてきてすばらしいです。
そして、テッペイ君の着信音。それからリュウさんの「あいつなら
オレでもしってるぞ」つぼでした。

清酒「光の国」でましたねー、で、夕日の堤防編。
K、M、Hってあの方々で良いのかなあ?間違ったら
それぞれのファンの方に怒られそうで。まあ、堤防の
ふちに足かけて飲んでいるのが目に浮かんじゃったのですが。

おお、続きはどうなるんだ!楽しみに待ってます!
No.4224 - 2007/10/06(Sat) 07:06:29
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / zzz
ばーなーおん兄さん、みなさん今晩は。

遂にメビウス未登場の宿敵の出番ですね。そういえば大概のウルトラ作品にはバルタン一族が登場してますね。パワード、ジョーニアス、メロス(?)、コスモス・・・昭和・平成を問わず語り継がれる最高の宿敵だと思います。

ここにも私の創作を使ってくださるとは・・・感謝の気持ちで一杯です。次回が楽しみです。

CMもさすがです。で、カコはお幾つなんでしょう?聞いたら念力で吹っ飛ばされそうなので止めときますが(汗

それとコメディ「体育の日」はマニア板に月曜日に投稿予定です。
No.4225 - 2007/10/06(Sat) 17:28:12
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。お忙しい中お付き合い頂き、ありがとうございます。

オヤジストンよ、やっと気が付いたようだね。実はこの創作CM集にはまともなストーリーも付いていたのですよ。(あれ?)
こちらも楽しんでもらえれば嬉しいです。

ゆうはは姐さん、やはりわかって頂けましたか。冒頭から色々ヒントをちりばめていましたので、それぞれわかった所から「来るぞ来るぞ〜」と盛り上がり、最後は皆さんで「バルタン星人!」と叫んで頂きたかったのです。

zzzさん、やはりバルタン星人は宇宙人の中の宇宙人ですよね。ウルトラマン40周年を彼等抜きで語る事は出来ないのではないでしょうか。東光太郎に並んで心残りだったのが、バルタンでした。
グズグズ書いてましたので、誰か先に使われないかとヒヤヒヤしておりましたが…
これで私の怨念は大方昇華されたようなものです。心晴れ晴れと運動会に望みたいと思います。年ですので恐らく筋肉痛でしばらく更新は難しいでしょうから、助かります(笑)。
No.4226 - 2007/10/06(Sat) 18:33:02
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / そのきち
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。
遅くなりましたが、前編、中編共に感想を書かせていただきます。

・・・むぅ!
バルタンが満を持して降臨なワケですか・・・
最近はチャットにも出没するなど影があったわけですが、ここでついに!

コリンて(爆)
アーブの知性体の流行でしょうか^^;
それとも・・・アーブ自体がこりんせ・・・うわなにをすr

それにしても兄さんはいろいろなところとリンクさせるのが上手いですね。
創作から生み出されたてれす丼であったり、zzzさんの創作だったり・・・

リアルカラータイマー、私も欲しいです(笑)
実際に出したら売れるだろうなぁ・・・

後編が楽しみです。
焦らず、じっくりと書いて下さいませ^^

それでは、失礼致します。
No.4227 - 2007/10/06(Sat) 20:02:51
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは!
心躍る長編の前編、その2を楽しませていただきました^^

いやぁ〜! 僕は若いファンなので(おい)、「キエテ、コシ、キレキレテ...」のところでようやく初めてバルタンか!?…と気付きましたよ^^;;…お、遅い?
開発センターで進められている新メテオールマシンとは、切り札となるアレですね!!
そう言えばスペシウム鉱石(スペシウム光線)っていうのはそもそもバルタンの話から生まれたものでしたもんね。 こりゃあウルトラマン第2話を見直してみたくなって来ました!
それにしてもバルタン星人ときてzzzさんのマックス、パラレルワールドのエピソードを絡めてくるとは・・・冴えまくってます!兄者!! 天才o(^^)/

清酒「光の国」…黄昏れる堤防でひたすら出番を待つ3人組^^; 映画化はあるのか! 頑張れ!
しかし何か最近はオープンカーの助手席にお姉ちゃん乗っけてドライブしてたり、のんびりとゴルフを楽しんでたりと・・・ちょっと頑張ってる感が足りない気もしますが^^;
地球での暮らしに慣れちゃったのか(笑)

次回も楽しみにしています^^
兄者、お忙しいと思いますが無理せずに頑張ってください!
No.4228 - 2007/10/10(Wed) 01:30:34
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、おはようございます。
レスが遅くなりまして失礼いたしました。

そのきちさん、やはりアーブの正体はあの星人だったのでしょうか(笑)。このストーリーは最初「ヒカリサーガ4」としてコリンにももっと活躍して貰うつもりでしたが、書いているうちにやはりGUYSに引っ張られてしまいました。

ヤングまっくん、はじめまして!(笑)
冒頭からいっぱいヒントを散りばめたつもりでしたので、第1回でバレると思っていたのですが、なんとか隠し通せたようで安心しました。
次回はもちろんアレが(笑)登場しますよ。そう、切り札のガンモスピ…(ぱしっbyハリセン)
だからこのタイトルです。
いつもお気遣いありがとう。本業のほうが忙しく、なかなか続きを仕上げる間が取れませんが、焦らずじっくりと参ろうと思います。
次回の更新はもう少しお待ち願います。
No.4229 - 2007/10/11(Thu) 06:25:12
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / 藤子
 ばーなーおん兄さん、皆さん、今晩は。
兄さん、ストーリーにCMにBGMにと凝っていらっしゃいますねー。私もミライ君の「カレーの王子様」作ってみようかしら。その時は、当然Mペラの「カレーの皇帝閣下」でいじって下さるんですよね。お待ちしております。あっ、でもミリーを煮込んじゃ駄目ですよ。(笑)
 と、いうわけで、兄さんにいじってもらったあの話の続きを考えてしまいました。

 「待てーっ、エンペラ、その子たちを帰せーっ!!」
 「ぬうっ、見つかったか、よいではないか、たくさんいるのだから一匹や二匹…。」
 「数の問題じゃない!!セヤーッ!!」メビウスピンキック炸裂!!
「ぐおおおーっ、余が、余が炎に包まれてゆくっ!!こ、これはこれで、なかなか…!!」
「ああ、無事でよかった。ごめんね、リュウ、ジョージ、マリナ。僕が目を離したばっかりに…。」
 「キュゥゥゥーン…」
 「え?!ひどい目に遭ったらおなかがすいた?!よしよし、帰りにペットカフェ・セリーザに寄ってサコチ豆を食べようね。(家に電話するメビウス)…ああ、ペットシッターさん、無事取り戻しました。これからセリーザに連れていくから、ミリーとテッペイとコノミも連れて来て下さいね。」

おしまい。
No.4230 - 2007/10/11(Thu) 22:46:49
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」第3回 / ばーなーおん
レイゴ兄さん、みなさん、こんにちは。藤子さん、レスをありがとうございます。
今回で前編の締めくくりになります。宜しくお願いいたします。


♪BGM「リュウの憂い」
バルタン星人を斬り倒すと、再びセリザワはその場に倒れた。テッペイが駆け寄ってとっさに脈を診たが、あまりに高い体温に思わず手を離してしまった。
「セリザワ隊長、一体何が...」
にわかにセリザワは応えることが出来なかった。
「セリザワさんの今の状態、普通の人間なら持ちこたえられないほど消耗しています。恐らく、ウルトラマンヒカリに変身して戦う力は残っていないでしょう...」
タフブックにバイタルチェックツールを接続し、ジョージとセリザワを診察したテッペイは小声でリュウに説明した。ジョージはすでに意識を取り戻し、正常に戻っている。
♪着信音「コノミの宝物」
コノミから電話が入った。
「さっき、GUYSスペーシーの人と連絡が取れたんですけど、火星にメビウスが現れて戦ってるって。」
「やっぱりそうか...ミライの奴、突っ走りやがって!」
そのやりとりを聞いてセリザワは血相を変えた。
「メビウスは...今地球にいないのか!?」
リュウ、ジョージ、テッペイは顔を見合わせた。
「セリザワさんは...ミライの代わりに来てくれたんじゃ...?」ジョージの問いにセリザワはうつむいた。
「今メビウスが火星にいるのなら、それは奴らのわなだろう。メビウスを地球から離しておいてその隙に地球を侵略する。それが奴らの手口だ。」
♪BGM「別れの日」
その時、研究棟全体が激しく揺れたかと思うと、青白いモザイク状の光が辺りに広がり、建物を包んだ。
「しまった、これは...光波バリヤーだ!バルタン星人はまだこの近くにいる...僕たちをここに閉じこめて反撃できなくするつもりだったんだ!」テッペイが慌てた。
「バルタン星人達は宇宙の各地に散らばってはいたが、地球への強い憎しみの心で結束している。逆に俺達地球人には通信手段を奪うことで連携を失わせようとしているんだ。」
セリザワは宇宙空間で倒したバルタン星人達の言葉を思い出していた。
「憎しみによる結束...」
セリザワの言葉を恐れと共に反芻するテッペイの肩を、ジョージがぽん、と叩いた。
「アミーゴ、そいつは確かに強い物かも知れないが、そんなのはチームワークとはいえない。」
黙ってそのやりとりを聞いていたリュウはうつむいたままうなずいた。
「しかし...なんとか反撃の方法を考えねぇとな。」
「リュウ、」セリザワが何かに気付いたように顔を上げた。
「俺をフェニックスネストに連れて行ってくれ。」
「けど、今はこの光波バリヤーに閉じこめられて出ることすら...」
「方法はある。俺にもまだ出来ることがあったんだ。」セリザワは一瞬、ニヤリ、として、立ち上がった。
その笑顔にはっとするリュウ。
「こっちだ。」セリザワは時折壁に手をついて体を支えつつ、辺りを警戒して歩き出した。3人のクルーが続く。
セリザワは地下の隅の扉の前にクルー達を連れてきた。
扉には、黄色い枠の中に十字に手を組んだウルトラマンのシルエットがデザインされた警戒標識が貼ってある。扉の横のテンキーにセリザワがパスワードをうちこむと、ロックが解除され、扉が開いた。
...と同時に中から眩い閃光が発せられ、避ける間もなく4人は顔を伏せた。
恐る恐る顔を上げると...そこには銃を構えたフジサワ博士の姿が。
♪BGM「疾風のジョージ」
「アサミぃ!無事だったのか...」ジョージが駆け寄った。
「フジサワ博士、ひどいじゃないですか!」テッペイになじられて、アサミはにっこり笑った。
「ごめんごめん、てっきりセミ野郎だとおもったから。さ、早く入って。」
アサミはセリザワの姿を認めると驚いて何か言おうとしたが、急いで扉をロックした。
「でも安心して。この「スペルゲン・ショット」が発する光線はスペシウム嫌いのセミ野郎には効果てきめんだけど、人間が浴びてもせいぜい血行が良くなるくらいだから。おっさんなんか、髪の毛増えちゃったくらいよ。」
「アサミちゃん、聞こえてるぜ。」
アサミの後ろから、白いツナギを着た男が現れた。
「よっ、セリザワ、しばらくぶりだな。」
「アライソ整備長!」セリザワは懐かしそうに笑った。
「とっつあん、何でこんな所に?」
「やっぱり、あれはここにあるんだな。」リュウとセリザワのどちらの問いかけにもアライソは答えず、ニヤリと笑って、後ろのカーテンを引いた。
♪BGM「メビウスの勝利(M6)
そこには金色に輝く戦闘機の姿があった。
「新メテオールマシン、ガン・スピリット!完成してたんだ!」テッペイが感動の声を上げた。
「まだ先頭のAメカだけだがな。こいつが2機もぶっ壊してくれたおかげで、やっと3号機でまともに飛ぶ奴が出来たところだ。」アライソはセリザワを顎で指しながら誇らしげに話した。
「この金色の機体はスペシウム物質でコーティングされているのよ。さすがのセミ野郎もここには手出しできず、外部と遮断する事しかできなかったってわけ。何しろあいつらの大嫌いなスペシウム地獄だからね。この機体なら光波バリヤーを破ってここから脱出することも不可能じゃないわ。」アサミは不敵に笑った。「但し、乗員は2名だけよ。」
「飛べるのか。」セリザワが聞いた。
「まだメテオールは使えねぇ。火器も積んでないが、飛ぶだけならいつでも飛ばせられる。但しそんじょのパイロットに扱える代物じゃねぇぞ。」アライソはリュウの顔を見ながら答えた。リュウはセリザワと、ジョージ、テッペイを順番に見た。
「アミーゴ、セリザワさんと行ってくれよ。」ジョージの言葉にテッペイも同意した。
「セリザワさん、僕たちはウルトラマンと一緒に戦うチームです。ヒカリであろうと、セリザワさんであろうと、僕たちの仲間であることには変わりません。あなたを信じますよ。」
「みんな...ありがとう。」セリザワの横でリュウも自分のことのように嬉しそうな笑顔を見せてうなずいていた。
「俺はセリザワ隊長とフェニックスネストに戻り、光波バリヤーを発生させている奴らの宇宙船を探し、攻撃する。それでバリヤーが解ければガンフェニックスで残りの星人を攻撃してくれ。」「GIG!」
♪BGM「ワンダバCREWGUYS」
打ち合わせがすむとリュウとセリザワはガン・スピリットのコックピットに、残りの4人はオペレーションルームに入った。テッペイがタフブックをコンソールに接続し、発進準備をした。
「フォースゲート、オープン!」
「ガン・スピリット、バーナーオン!」
エンジンに点火すると、金色の機体が輝きを増し、甲高い回転音と共にカタパルトから飛び出した。すぐ光波バリヤーにまともに激突したが、ばりばりと轟音を立てて突き破り、機体を揺らしながら中空に舞い上がった。
「やっぱり人間だけじゃぁ扱えねぇな、あの飛行機は。」その不安定な飛びっぷりをみてアライソは腕を組んだ。
「補正システムが必要ね。オトワちゃんの出番だわ。」
見送るクルー達をよそに、激しい振動のコックピットではリュウが必死の形相で操縦桿を握っていた。
「おっしゃぁ、みんな待ってろよぉーーー!」」

次回予告
♪BGM「我らCREW GUYS」
「あんた言っただろう!俺達の戦いは守るための戦いだって!」
「ウルトラマンだけでは、勝つことは出来ない...」
「見たかメビウス、地球は君を必要としているのだ。」
「時間がない、すぐにフライトモードに変形するんだ!」
「総監の命令を伝える。」
「メテオール使用規約第7条...」
「ヒカリーーー!」
次回、「誓いの剣」。じゃかじゃかじゃんじゃん♪
No.4232 - 2007/10/13(Sat) 10:41:18
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / オヤジストン
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

すすすすんげぇぇぇ・・・。何じゃこりゃぁぁ。
やっぱり影が薄くなっちゃってるミライ君は次回以降の出番を待ってもらうとして、他のGUYSのガイズ(野郎ども)の描き方が尋常じゃない程生き生きしています。
特にリュウとセリザワには濃い〜愛情を感じますが、作品は作者の心の鏡ですから納得納得。
アサミさん登場がいきなりぶっ放すシーンと言うのも納得納得(笑)。

そしてそして、個人的にはニンマリしまくりのガン・スピリット。
うんまい事考えたなあと感心しております。
金色のコーティングは私が苦し紛れに考えたんですが、まさかスペシウム物質だったとは・・・。
しかも素人にも操縦出来るように仕立てたつもりだったのに、ロールアウト時にはこんなに難しい機体だったと言う設定には唸ってしまいました。
戦闘機にまで生い立ちのエピソードを盛り込むとは流石です。
と言うか「未来への絆」にもこれで厚みが出るし、繋がってるって事がハッキリして嬉しい限りです。
でもこの機体、正式に完成するまでにはもうちょっと掛かりそうかな(笑)。

CMが観られなかったのは残念ですが、次回をまた楽しみにしています。
ひとまずお疲れ様でした。
ありがとう。
No.4233 - 2007/10/13(Sat) 17:22:26
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / まっくん
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは!

前編の締め…アサミさん登場で、形勢逆転に向けての怒涛の展開に興奮しました!!
みんなの希望を乗せて飛べ!リュウ、セリザワ! ガンスピリット(Aメカ)!!!

地球への復讐心に燃えるバルタン星人たちですが…「憎しみによる結束…そんなのはチームワークとは言えない。」というジョージの言葉、闇を明るく照らします!
これまで苦しいときもお互い励まし合って乗り越え、成長してきた彼らだからこそ言える言葉ですね!!

セリザワ前隊長…メビウス本編ではセリザワさんが隊長時代の、リュウ以外との人間関係について描かれていなかったのでその辺りが不明だったんですが、今回アライソのとっつぁんとのやり取りでセリザワという人物の背景に説得力がつき、表情や人間味もさらに色濃くなった気がして、とても嬉しかったです^^

オヤジストン兄さんの長編に繋がる外伝的な内容でもあり、本当に皆さんの創作を大切に扱う兄者の愛情は素晴らしい!!

次回も期待せずにはいられません^^ どうぞマイペースで頑張ってくださいね!
CMも楽しみにしてます^^;
ありがとうございました!
No.4234 - 2007/10/13(Sat) 22:21:14
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ゆうはは
ばーなーおんさん、みなさん、こんばんは。
あ、続くだったー、と、子供のような反応をしてしまいました。
(CMも2回入ったし、ばなおさんは予告編も好きなんだった、
はやく気付きなさいよ、と、自分でつっこんどきました)
いきなり、ピンチかと、思いきや、こういうときのフジサワ博士は
本当に頼りになります。ガン・スピリット(Aメカ)バーナーオン!
かっけえええじゃないですか。発進シークエンス、堪能しました。
オトワ主任研究員、実は好きです。無事なのかな?
アライソ整備長、本当に毛が増えたのかな?

それから着メロ。「コノミの宝物」好きな曲です。で、ジョージさんが例の
あれで、テッペイさんが「怪獣音頭」ということは他のクルーは
なんだろう、他の人の着メロありましたっけ?ああ、気になってきたなあ。

最後のリュウさんのせりふ、レイゴさんの仰っていた通り
「ぅお``っしゃあ``」句読点がつかない言葉に句読点ついて聞こえました。
もちろん、あの絶叫している顔がラストカットです。

で、リュウさんとセリザワ隊長=ヒカリが登場したら、
ミライ君=メビウスは陰が薄いのはもうお約束ですね。
で、次回どうなるんだ!予告編みてたら、またまた大変そうではないですか!
うわあ、楽しみにしています。
とにかく、前編お疲れ様でした。ありがとうございました!
No.4235 - 2007/10/13(Sat) 22:58:51
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、こんばんは。

前編がやっと終わりましたが、話が展開しているのかいないのか…汗

オヤジストン、CMは入りませんでしたが、共同開発したガンスピリットのプロトタイプ登場で盛り上がってくれたでしょうか。何しろ完成は10年後ですし、ガンフェニックスにもまだまだ頑張って欲しいのでこの辺の仕上がりにしておきました。たしかみんなで改良案を出し合ったという設定でしたね。この後リュウが「操縦しにくくってしょうがねぇんだよぉ!」と暴れて、オトワ主任が補正システムを搭載したというわけです。発進のかけ声は「バーナーオン」で良かったのでしょうか?
ミライの影が薄いのは、当初ヒカリサーガにするつもりだった位ですから当然…しかし言われてみて考えたのですが、ミライというキャラはメビウス本編で描き切っているから私の付け足したいものがないのかも知れません。ミライは後編のラストで美味しい所を取りますから、お楽しみに。
私はヒーローとはやはり野郎共の物語だと思っています。男のドラマがちゃんとあるからこそ、女性の活躍も生きてくるはず。それが真のジェンダーフリーではないでしょうか。
後編では娘達も良い仕事する予定ですので、こちらもお楽しみに。

まっくん、ジョージのあの台詞ですが…バルタン星人とヒカリは復讐という言葉を中心にして対極の存在です。それを一つのテーマとして、物語を通して訴えようとしましたが、やはりはっきりと台詞にしたくなり、投稿直前に入れました。これは私自身の願いでもあるのです。こんなクサい事をさらりと言ってくれるのはジョージしかいませんね(笑)。
お言葉に甘えてのんびり続けさせてもらいます。次回もCMは3本入りますからね。

ゆうはは姐さん、怪獣倒さないで「つづく」にしちゃってごめんなさいね。しかし予告って難しいです!いい台詞を出さないとインパクトがないけど、オチがばれちゃいけないし。但し、メビウス本編でも予告編で出たシーンが本編ではカットされてたり、台詞が微妙に変わったりはありましたから、そういうのもアリという事にしておきます(笑)。
今回携帯電話が大活躍しているのには、私自身がこのサイトに参加するのにはもちろん、生活のあらゆる面でも携帯に依存しておりまして、着メロへのこだわりはその現れです。
スペルゲンショットですが、ぶっ放してあげたい兄弟が…(爆)

感想をありがとうございました。
No.4236 - 2007/10/14(Sun) 00:30:18
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / zzz
ばーなーおん兄さん、皆さんこんばんは。

不覚にも遅れてしまいました。読ませていただいたのは日曜日だったのですが、感想を書けずじまいになってしまい・・・申し訳ないです。

オヤジストンさんのガン・スピリットの登場、ジョージの台詞と思わずにやりとしました。そして正しくヒカリサーガWと言った感じですね。ヒカリは良い存在になってくれました。セリザワとリュウの物語も進展していきそうで楽しみです。

実の所、バルタン登場は創作シリーズを書く以前に考えたことがありました。思い返してみれば、自分でも訳のわからない設定でした(汗

次回も楽しみにしてます。ありがとうございました。
No.4237 - 2007/10/19(Fri) 19:00:41
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / そのきち
ばーなーおん兄さん、皆さん、こんばんは。

ふほぉぉぉぉぉぉ・・・
凄いところで引いてくれましたね^^;
次回が気になる!

バルタンの復讐、総決算とでも言うべきでしょうか。
それが後編では一体どのように展開されるのか、ガンスピリットの活躍は、セリザワとリュウの物語は、そして影の薄い(爆)メビ太の活躍はっ!?

次回も楽しみにしています。
焦らずじっくり書いてくださいませ^^

それでは、失礼致します。
No.4238 - 2007/10/19(Fri) 20:55:11
Re: 長編ストーリー前編・「魂の宿敵」 / ばーなーおん
皆さん、こんにちは。

zzzさん、。バルタンは登場の度に姿も性格も微妙に違いますよね。
今回どこまで盛り込むか迷ったのですが、欲張らずにウルトラマンのバルタンに絞りました。
zzzさんのバルタンも読んでみたいですね。どのヴァージョンが登場するのでしょう?
着ぐるみショーでメビ全ヴァージョン勢ぞろいというのがあった位ですから、バルタン勢ぞろいってのも面白いかも知れません。メカバルタンなんかメロス本編関係なしで結構好きなんです。

そのきちさん、バルタンの総決算などという大それた事は私には荷が重いです(笑)…
しかヤプールもメビウスが完全に倒した模様(と私は解釈しています)ですから、完全に駆除しなければならないのでしょうね…
登場させただけで私は満足してしまっていたのですが、甘かったかもしれません。
むむむ…考えます!

上で既に後編を始めておりますが、またよろしくお願いいたします。メビ太もちゃんと仕事してますよ。(やられ役…泣)

皆さん、ありがとうございました。
(本編と同じ色になっていましたので、文字色を変えて投稿し直しております。)
No.4258 - 2007/10/29(Mon) 17:46:34
初創作です。 / 藤子
 皆さん、おはようございます。短編ですが、書いてみました。

 「想いを翼に乗せて」
 メビウスはボランティアで、自分の育った保育園で子供たちの世話をしていた。遠慮なくじゃれついてくる子供たちと転げまわるようにして遊んでいたが、ふと気がつくと、部屋の隅に元気なく座り込んでいる子どもが一人。手にはおもちゃが握られていたが、心ここにあらずといったふうでうつむいている。「どうしたの?」メビウスが声をかけると、その子はゆっくりと顔をあげたが、また下を向いた。そしてぽつりと呟いた。
 「お兄ちゃんはいいなあ。強いから。」
 「え?」
 「僕ねえ、警備隊員になりたいの。でも、お前は弱虫だからダメだって。」
 「誰がそんなこと言ったの?」
 「…みんな。」
その子はいじめられていたのだった。
 メビウスはふと自分の幼い頃のことを思い出した。ぐずだ、臆病だと馬鹿にされ、いつも泣いていたあの頃。そんな自分が今こうしていられるのは…。メビウスは静かに言った。
 「僕も君と同じだったんだよ。」
 「え…、ウソでしょ?」
 「本当だよ。君の方が強いかも知れないくらい、僕は本当に弱かった。でもね、そんな 僕に『諦めるな。まだこれから大きくなるんじゃないか。』って言ってくれた人がいた んだよ。僕にそんなこと言ってくれる人なんてそれまでいなかったから、すごく嬉しか った。初めて味方になってくれる人が出来て、その人に喜んで欲しくてがんばったから 警備隊員になれたんだよ。だから、今度は僕が君の味方になってあげる。君だって大丈 夫。諦めなければ強くなれる。」
 「でも…。お兄ちゃん、いつも僕のそばにいてくれるわけじゃないでしょ。僕はひとり ぼっちだ。応援してくれる人がそばにいてくれないと、がんばれないよ。」
 「じゃあ、おまじないしようか。」
そう言って、メビウスは正方形の紙を取り出した。
 「これは地球で習った折り紙の「鶴」って言ってね、叶えたい願い事を唱えながら千羽 作るんだ。」
 「そ、そんなに作らなきゃいけないの?」
 「そうだよ。大変だけどね、どんなに時間がかかっても少しづつがんばればそのうち出 来上がる。強くなるのも同じだよ。」
やがてその子も作り出し、二人の周りには少しづつ鶴が増えていった。
 「そうだ、十個ごとに大きい鶴を入れようね。」
そうして作った大鶴を見て、メビウスは手を止めた。フェニックス・ネストを思い出したのだ。メビウスは今度は長方形の紙で飛行機を折りだした。
 (これはガン・ウィンガー、これはガン・ブースター、これは…。)いつしか潤んできた
彼の眼を、その子は不思議そうに見ていた。

 以上です。あー、下手くそー!
 
No.4178 - 2007/09/15(Sat) 11:55:47
Re: 初創作です。 / ぴーぴー1
藤子さん、皆さん、こんにちは!

謙遜されているけど、素敵な作品ではないですか。

幼いメビウスを励ましたのは、誰なんでしょうね。

ガンウィンガー(クルーズモード)の折り紙は出来そうですが、ガンブースターの折り紙は大変そうです。

ありがとうございました。次回作も楽しみです。
No.4179 - 2007/09/15(Sat) 16:47:57
Re: 初創作です。 / オヤジストン
藤子さん、皆さん、こんばんは。

最後の一行は無用ですよ、藤子さん(笑)。
自分の想いに下手も何もありませんから、無理に「こうしなきゃああしなきゃ」なんて考える必要ないですしね。
それにちゃんとご自身の言葉で書かれていますので、読み易いです。
女性らしい(ですよね?)作品で、絵本にして子供に読み聞かせたらいいような内容だと思います。
メビウスの優しさが前面に出ていて、いい意味で人間らしさの一面を見せてくれましたね。

初創作、ありがとうございました。
No.4180 - 2007/09/15(Sat) 23:11:42
ご感想ありがとうございます。 / 藤子
 兄さんたち、(と呼んでもいいですよね、実年齢はともかく後輩ですから。)ありがとうございました!

 ぴーぴー1兄さん、マニア板でもお世話になりました。向こうに書きそびれましたが、セブンが従兄なのは知っていましたが、母の甥であることは知りませんでした。
 ちなみに「誰か」とは、あのおじいさまです。どこでどうして出会ったかについてはまた別の機会に。(いつのことやら) それと実は私、紙飛行機は一種類しか作れません。一番簡単なの…。しかし慰めるべき子供ほっぽって紙飛行機折りだすメイビーはちょっと無責任だったかな。「これを百個ごとに入れるともっと効き目があるよ。」とか誤魔化して、翼の裏にこっそりちゃっかり「リュウさんに会いたい」とか書き込んだりして…。(七夕じゃないって)

 オヤジストン兄さん、はい、一応女です。(笑)
 投稿してから「しまった、あれはこうしてそうすれば」という箇所もありましたが、折角の処女作なので、これはこれで置いておこうと思います。「絵本にして」とまで言って頂けるとは!感無量です。これからもちょこちょことでも続けます。
No.4182 - 2007/09/16(Sun) 11:40:54
Re: 初創作です。 / ぴーぴー1
藤子さん、皆さん、こんにちは!

「兄さん」なんて、ミライ君のように、ホケっとなってしまいました(汗)。
ウルトラの母の妹がセブンのお母さんだそうです。
例の爺様との出逢い、楽しみです。

ありがとうございました
No.4183 - 2007/09/16(Sun) 14:18:13
Re: 初創作です。 / zzz
藤子さん、みなさんこんにちは。

心温まるお話ありがとうございます。地球に行ってメビウスは精神的にもしっかり成長してきてくれましたね。いつの日かメビウスに憧れて地球を訪れるウルトラマンもいるでしょう。

優しいメビウスの心が伝わってきました。ありがとうございました。
No.4184 - 2007/09/16(Sun) 17:07:43
Re: 初創作です。 / ゆうはは
藤子さん、みなさん、こんばんは。
藤子さんはじめまして、初創作読ませていただきました。
とても素敵な話でした。
藤子さんは話をなさっている時と、創作のときと、感じが
違っているように私には思われまして、きっと
引き出しの多い方なんだろうなあ、と、大変感心いたしました。
次回作がとてもたのしみです。どうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。
No.4186 - 2007/09/16(Sun) 23:06:52
きゃー、またお返事がー! / 藤子
 う、嬉しい、また頂いてしまったわ♪(感涙)拙くてもやってみるもんですね。しかし私、昨日になって大事なことを書き忘れたことに気がつきました。

「誰かいじってー!」よろしければ今からでもどうかお願いします。(笑)
 
 ぴーぴー1兄さん、そんなに喜んで頂けるとは。ところでタロウがアイスラッガーのマネできたのも、同族の血のおかげなんですね。その武器で共演するところが見たい。あ、
それとミライ君の日記の続きが読みたいんですけど。

 zzz兄さん、また親バカ教官を書いてくださいね。ところで「教官」って昔よく聞いたようなと思ったら、「スチュワーデス物語」だぁぁっ!(ああ、年がバレる)そうか、メイビーは亀だったのか、なるほど、手のかかる子ほど公私ともにかわいいわけだ。

 ゆうはは姐さん、そうですか、感じが違いますか。実は私は多重人格の気がありまして、「こうありたい」という本心が複数存在することがあるんですよ。あああっ、ひかないでぇぇぇっ!記憶が飛ぶとかそんな本格的なものじゃありませんから。あまのじゃくと思われる程度です。本当は皆さんとタメ口ききたい!でもまだ新人だから図々しいし、堅物な私が引き留めるのよー!(号泣)だから当分こんな感じで投稿続けると思いますが、皆さん、こいつ固いなーと思わずにこれからもお付き合い下さい。
No.4187 - 2007/09/17(Mon) 11:35:00
Re: 初創作です。 / ぴーぴー1
藤子さん、皆さん、こんにちは!

「ぴーぴー1はつうこんの一撃をうけた!」
いたたた、え〜と、一応言い訳しておきますと、感想スレで結構大変なわけですよ。毎回3〜4回は見ながら書いているわけだし。で、乏しい文章能力を使い果たしているわけなんです。と言うことで、感想スレで頑張っていますので、藤子さんも感想を寄せて頂けると嬉しいです。

ちなみに感想板では、最近は隔週でチャットの告知もありますので、お時間が合えばそちらへも参加していただければ嬉しいです。
No.4188 - 2007/09/17(Mon) 17:26:37
Re: 初創作です。 / そのきち
藤子さん、皆さん、こんばんは。
藤子さん、はじめまして^^
ワタクシいじられ大好き(何)な時々暴走野郎のそのきちであります。
ヨロシクお願いします。

素敵な作品をありがとうございます。
メビウスがどのようにして宇宙警備隊に入隊することになったのか、気になるところですよね^^
彼が見習いの頃、いかなる物語があったのか、創作の余地がありそうな・・・
↑自分で書こうとはカケラも思わない悪いヤツ^^;

純真なメビウスが光の国に帰還し、これからのウルトラマンに地球で学んだこと、感じたことを伝えていき、やがてそれを受け継いだウルトラマンが地球にやってきてくれることを願ってやみません。
つとむ兄さん(オヤジストン兄さんのことです^^)がよくおっしゃっているのですが、「メビウス兄さん!」という台詞が出てきたら、私も涙腺大決壊必至です(笑)

これからもヨロシクお願いします。
怪獣板に現れる頻度は少ないかもしれませんが・・・^^;

それでは、失礼致します。
No.4190 - 2007/09/17(Mon) 21:00:03
わがまま言ってすみませんでした。 / 藤子
 ぴーぴー1兄さん、すみませんでした。それと、感想板の方のぞいてみました。盛り上がってますねー!それにしても熊本のウルトラマンランド、いつになったら行けるやら…。四年前に付き合いで行った時は、まだハマってなかったから楽しめなかったし、ハマったと思ったら色々あって中々行けないし…。イベント行きたかったぁぁぁっ!(号泣)ウルトラセブンXだってこっちじゃ放送しないし。感想板でストーリーチェックさせて頂くしか楽しむ方法がないわけです。DVD出るまで待てないし。

 そのきち兄さん、初めまして。感想ありがとうございました。
 いじられるのがお好きということは、今後機会がありましたらさせて頂いてもかまいませんね?うふふふふ。
 メビウスが「兄さん」かー、どんな弟妹が出来るのかなー、楽しみです。
No.4191 - 2007/09/17(Mon) 22:33:27
我儘じゃないですよ / ぴーぴー1
藤子さん、皆さん、こんばんは!

藤子さん、
この件、どっちかと言うと、僕の方の我儘なんで、謝ること無いですよ。むしろ、僕の方が放置していることを皆さんに謝らないと(汗)。

感想スレはともかく、ウルトラマンランドのこと、良かったらタツオさんにレスしてあげてくださいね。

zzzさん、
(ここに書くのもなんですが)お気づきかもしれませんが、スイカのお話に藤子さんが、レスを付けていらっしゃいますよ。

ありがとうございました
No.4192 - 2007/09/17(Mon) 23:02:47
誰かとは私のことでしょうか / ばーなーおん
みなさん、こんにちは。藤子さん、はじめまして。ばーなーおんという暴れ者です。
心温まる創作をありがとうございます。また一頭怪獣仲間が増えて嬉しい限りです。

戸締まりはまだのようですね...では。

がちゃり。
Mペラ「おっ、早いな。今日はカレーは作らぬのか?」
ザムS「今日の課題は折り紙だ。お前も早く折れ。」
Mペラ「なるほど。昨日からメビ教官は『千羽フェニックスネストを作って円谷に届ける』と籠もりっきりだからな。...しかし相変わらずお前は器用だな。これは何だ?」
ザムS「千羽ローランだ。」
Mペラ「むむ、一応鶴だな。...こっちはずいぶん重そうだが...」
ザムS「それは千羽バードンだ。」
Mペラ「ぬうぅ、ということはもしやこれは千羽フライングライドロンか!」
ザムS「ふん、よく分かったな。そしてこれは千羽ブラックピジョン、こっちは千羽ギエロン星獣、千羽ベムスター、千羽テロチルス、千羽リドリアス、千羽ヘイレン、千羽アリゲラ...!」
Mペラ「おお、平成ネタも混じっている!勉強したな。...余も、余も作るぞ!」
くちゃくちゃ。
ザムS「おいおい、紙くずを散らかすな。」
Mペラ「紙くずではなーい!これは『千羽ヤプールの怨念』であーる!」
ザムS「ち、抽象的すぎるのだがっ。」
Mペラ「ぬっふふふ。見ておれ、今に集合して巨大ヤプールとして実体化...」
    .....
ザムS「しないぞ。」
Mペラ「.....」
ザムS「明日は焼き芋だな。」

失礼いたしました。また宜しくお願いいたします。
No.4193 - 2007/09/18(Tue) 12:11:13
Re: 初創作です。 / オヤジストン(つとむ)
藤子さん、皆さん、こんばんは。

ありゃ、気を抜いてる間に賑やかになってました(笑)。
そのきっちゃんが兄さんと・・・うう、涙で前が見えなーい。

イジってなんて言うもんだから、凄いのが来ちゃってますが・・・。
ばーなーおん兄さんはきっとこのミニコントを映像化しようと企んでいるに違いないのです。
そして私は密かにそれを期待しているのであります。
TYOさん、円谷さん、よろしくお願いします(笑)。

このコンビ、陰でキング様がビデオに撮ってたりして。

キング「ふぉふぉふぉ、こいつらのお陰で老後の楽しみが出来たわい」

藤子さん、ここは多重人格者の温床ですのでお気になさらずに。
誰もそんな事ぐらいじゃ引きませんよ(笑)。
No.4196 - 2007/09/18(Tue) 20:11:45
Re: 初創作です。 / zzz
藤子さん、みなさんこんばんは。

ぴーぴー1さん、教えてくださってありがとうございます。藤子さん、気づくのが遅れてしまい申し訳ありません。
ばーなーおんさんのミニコント・・・ザムシャーの器用さはもはやメビ教官を越えてますね。ザムシャーの折り紙教室が通ってみたいです。
No.4197 - 2007/09/18(Tue) 20:37:48
Re: 初創作です。 / そのきち
藤子さん、皆さん、こんばんは。
再度登場です。

に・・・兄さん!?
兄さんって・・・アレですよね?
いわゆる・・・「兄」ですよね!?

ぬおぉぉぉ○〒※×☆▼=*・・・

・・・ハッ!?我を忘れてしまいました^^;
嬉しくてつい(笑)
つい最近リアルでも義理の兄になったばかりですので、何だかダブルで嬉しいです^^
こんな暴走兄ですが、ヨロシクですm(_ _)m

ばーなーおん兄さんのザムSとMも元気そうで何より。
映像化、私も秘かに期待しています^^

それでは、失礼致します。
No.4198 - 2007/09/19(Wed) 21:25:15
かまわれて幸せ♡ / 藤子
 嬉しくてちょこちょこと書き込みせずにはいられません。
 
 ぴーぴー1兄さん、タツオさんとはT2-Oさんのことですか?念のため、確認させてください。ところで、別のステージである人がメイビーのことを「姫ポジション」と表現してましたが、「そうか、だからリュウさんの腕に(白馬の)『ナイト』ブレスが!」と納得してしまいました。(笑)

 ばーなーおん兄さん、あの二人を使っていじって下さるとは!千羽怪獣オンパレードって壮観でしょうね。このネタ、TVチャンピオンに持ち込めば、実現可能かも知れません。数年前、折り紙王者決定戦みたいなことしてたんですよ、挑戦者に「こんなもので(ケーキが乗ってた丸い銀紙とか)何か作れ」と無理難題を出すと、見事にこなしてたから、可能性はありますよ。

 オヤジストン兄さん、なぜ泣いていらっしゃるんですか?ひょっとしてメイビーをリュウにとられたタロウ教官の気分とか。それはともかく(こらっ、失礼な)多重人格者OKとは
ありがたい限り!実は「もう一人の私」が自分にもコメディ書かせろと言ってきかないんですよ。で…

 すいません、zzz兄さん、「それぞれの夏休み」のタロウとメイビーをいじらせて
No.4199 - 2007/09/19(Wed) 23:06:58
Re: 初創作です。 / ぴーぴー1
藤子さん、皆さん、こんばんは!

タツオさん=T2-Oさんです。斑鳩さんをイカルガさんと書くのと一緒です。
ちなみに、Ge-Haさん=ゲハさんという方もいらっしゃいます。
ツトムさん=オヤジストンさんはそのきちさんが紹介してくれましたね。

省略形で呼ばれる方も多いです。
帰りマンさん=帰りマン&ティガ命さんとか
ばなおさん=ばーなーおんさん(省略の仕方を間違えるとゴルゴダ星で磔になります。笑)
などなど

ところで、オヤジストンさんの感涙はメビ太の成長を喜ぶタロウと一緒だと思いますよ。

ではでは、失礼します
No.4200 - 2007/09/20(Thu) 22:40:14
タール漬けもお選びいただけますよ / ばーなーおん
藤子さん、皆さん、こんにちは。度々失礼いたします。

怪獣折り紙、エレキングなどの模様の入った市販品も出ていますね。

しかし漢(おとこ、もしくはウルトラファンとも読む)なら他人の力を頼りにせずに自分で創作しましょう...失礼、藤子さんは乙女でしたね。汗 
ビギナーはやはり「ヤプールの怨念」からはじめるのがお奨めです。心、もとい怨念を込めて丹念に折るのです。大量に折って部屋に積み上げれば、実体化するはずです。(恐)

さて、ぴーぴー1さんが名前の事を紹介して下さいましたので、ちょっと補足というか蛇足というか、付け加えさせていただきます。

原則としてお互いのハンドルネームはフルネーム、というか正式名で呼びかけるように心がけたいと思います。敬称は「兄さん」とか「師匠」とか「隊長」とか、いろいろ付けてお呼びすることもありますが、本体はきちんと表記する、ということで。
うち解けてくるといろんな呼び方してしまったり、私も携帯からだと撃ちにくいお名前をついつい省略してお呼びしてしまうこともあるのですが、(それで自分のハンネも変えてしまったほどで)
掲示板は公共の場でもありますし、ロムの方や初めての方にわかりにくくなっても困りますので、少なくともはじめの呼びかけは略したりしない方がよいでしょうね。

臨機応変、ということで良いのでしょうが、時々このようにマナー面も確認して、気持ちよくおしゃべりしたいと思います。

宜しくお願いいたします。
No.4201 - 2007/09/21(Fri) 15:19:38
しまったぁぁ! / 藤子
 一昨日パソコンの機嫌が悪くなって、どこかへ消えたと思っていた返信が中途半端な形で載ってたなんてぇぇっ!大変失礼致しました。それとオヤジストン兄さんの涙は私の勘違いでございました。重ね重ね申し訳ありません。しかし私ごときに「兄さん」と呼ばれて喜んで下さる方の多いこと。これでは、皆さんの夢を壊さないためにも、一生正体ばらせませんね、ミライ君と違って。(笑)
 おじいさまの話の件ですが、まだ下書き済んでません。ノートに書きだしたら、短編のつもりが、えらいことになりました。前後篇にわけようかなあ。
 ところでレイゴ様に質問です。創作をマニア板と怪獣板に書き分ける線引きはどこでしょうか?ひょっとして私もマニア板に書いたほうがいいのでしょうか?それと、レイゴ様のことも「兄さん」とお呼びしていいでしょうか?
 最後にzzz兄さん、マニア板の新作読ませて頂きました。感想を書くのは後篇まで待ちます。それと、いじるのは控えさせて頂きます。
No.4203 - 2007/09/21(Fri) 23:25:35
Re: 初創作です。 / オヤジストン
藤子さん、皆さん、こんばんは。

私の涙は青春の汗ですのでお気になさらずに(笑)。
えー、それとですね、一人だけ兄さんと呼ばれるよりも永遠の弟キャラでいたいと言うMな兄弟がおりまして・・・。
まああれです、メビウスがそうであるのと同じです。
ですので、そのきっちゃんは出来れば弟にしてあげて下さいませー。

それから創作の線引きですが、それは私が言い出しっぺなので説明しますと、怪獣板に長編をアップするとビローーンと長ーくなってしまってページが重くなるんですよ。
それで私がアホ程長い駄文を書いた時に、実験的にマニア板にアップしたんですよ。
で、レイゴ兄さんとも相談しまして、長編はマニア板、短編やコントは怪獣にしましょうかと言う事になりました。
では長編と短編の区切りはと言いますと・・・解りません(笑)。

私達がレイゴ兄さんを「兄さん」と呼ぶようになった時、実は呼ぶ度にドキドキしていたんですよ。
ドM78光線で焼かれるんじゃないだろうかと(笑)。
ですから他の人には気付かれないような所でコッソリ呼ばせてもらっていました。
それがだんだん大っぴらになり、ドM78光線も飛んで来ないと解り、半ば諦めて下さったお陰で堂々と兄さんと呼ばせて頂くようになった次第です。

そのような歴史がありますので、どうぞありがたーくお呼び下さいね(笑)。

ばーなーおん兄さんは私の事を呼び捨てにしますが、それは特別でして、私が「さん付けはお尻がムズムズするからやめて」とお願いしての事ですのでご理解下さいませ。
No.4204 - 2007/09/22(Sat) 01:12:14
Re: 初創作です。 / webmaster(管理人)レイゴ
みなさんこんばんは

★藤子さん

創作については、マニア板に常連ライターさんは、個々のボックスを持っていただいて、こちらに単発とか、ボックスを持つまでもないとか、新規の方に書いていただこうと思ったのですが、そのままになっていたのですよ。笑

また考えます。汗

呼び名ですか、敬称については、コスモスのサイトでは「隊長」と呼ばれていましたね。笑 
メビウスのサイトでは兄さんかな、その番組のカラーによるようです。ちなみに今レイと略すると、ウルトラギャラクシーの主役に変身できます。爆笑。
No.4205 - 2007/09/22(Sat) 19:49:00
お返事ありがとうございます。 / 藤子
 オヤジストン兄さん、そうですか、そのきちさんは「いじられるのが好き」だそうですから、相手が「姉さん」の方が喜ぶかも知れませんね。実際、私の方が年上の可能性は大ですから。(なにせ水戸黄門が東野さんだったころから見てましたから。笑)
 それから、おじい様の話、やっと下書き終わりました。長くなったのでマニア板に投稿します。それにしても、レイゴ兄様のドM78光線、受けてみたかった…。
 レイゴ様、お許しが出ましたので、レイゴ兄さんと呼ばせて頂きます。手のかかる妹ですが、末永くよろしくお願いします。
No.4206 - 2007/09/22(Sat) 22:21:23
Re: 初創作です。 / まっくん
藤子さん、皆さんこんばんは!
藤子さんはじめまして^^ 山陽三兄弟の末弟、まっくんと言います!
どうぞよろしくお願いします^^
ちなみに僕も永遠のドMなので(初対面にすみません)、弟にしておいてください^^;

とてもやさしい気持ちになれる素敵な作品をありがとうございました!
小っちゃい子供を元気付けてあげる姿は、本当にメビウス(ミライ)のイメージにピッタリですね。
本編で、みやま保育園で園児たちと遊んであげてた様子も本当にさまになってましたしね^^
このやさしさこそが、メビウスの強さの素になっているんですね!

最後、メビウスが涙ぐむシーンは、とてもさりげなく描かれていて、ごく自然に素直に感動させられました!

素敵な創作をありがとうございました! マニア板のほうも近々読ませていただきますね^^
No.4217 - 2007/10/03(Wed) 01:29:09
まっくんさんへ / 藤子
 おお、まっくんさん、お待ちしておりました!兄さんの所でごあいさつ頂いたのは知っておりましたが、あの場でながながとおしゃべりするのは兄さんに失礼だと思いまして。
 
で、まっくんさんも弟でいたいそうですね。わかりました、これからは「姉」として
お付き合い致しましょう(笑)。でも私、実家でも嫁ぎ先でも末っ子だから、弟の扱いというものがわかりません。Mっ気が満たされないことも多いだろうけど、いい子だから我慢してね、可愛い弟達よ♡(こんなもんでいいかしら?)
 
 ついでに皆様に報告したいことが。実は私、うーんとおバカなコメディを企んでおります。シリアスで褒めて下さった人たちに一気に引かれたらどうしよう…(汗)でも、書きたい!しかもここは「多重人格者の宝庫」、やりたいことやったもん勝ちですよね!
No.4223 - 2007/10/05(Fri) 23:41:16
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
193/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 39 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: 素材屋ぴょんた -

Rocket Board Type-LL (Free) Rocket BBS