110879

ケアマネ受験生&介護保険若葉マークBBS

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS

名前
メール
URL
件名
アイコン [ List ]
文字色
/ 編集パス
自分で調べようとも何を調べていいか分からない、あるいは何が書いてあるのかさっぱり分からない、けど、誰にも質問できないなどで困ってられる若葉マークの方、どうぞ気軽にこちらで質問して下さい。
個別リハビリ加算について / さくら
個別リハビリ加算について教えてください。
デイケアに、ひと月に8回以上通っていなければ加算を算定できないと思っておりましたが、病名によって8回以下でも算定できる。と聞きました。ここでの「病名」とは何があるのか何で調べればいいのでしょうか?
No.1447 - 2012/02/08(Wed) 23:21:37
Re: 個別リハビリ加算について / ポイント
回答が遅くなりました。

正確には老企第36号の通所リハの項をご確認下さい。

これに関連してQ&Aも出ていますので、下記をご参照下さい。
http://www.kaigobank.jp/cgi/db/kensaku_ex.cgi?search_str=%C4%CC%BD%EA%A5%EA%A5%CF%A5%D3%A5%EA%A5%C6%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A4%CB%A4%AA%A4%B1%A4%EB%A5%EA%A5%CF%A5%D3%A5%EA%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A5%DE%A5%CD%A5%B8%A5%E1%A5%F3%A5%C8%B2%C3%BB%BB%B5%DA%A4%D3%B8%C4%CA%CC%A5%EA%A5%CF%A5%D3%A5%EA%A5%C6%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%BC%C2%BB%DC%B2%C3%BB%BB%B4%D8%B7%B8
No.1448 - 2012/02/14(Tue) 19:50:56
Re: 個別リハビリ加算について NEW / さくら
ポイントさん。
回答ありがとうございました!
助かりました。
No.1449 - 2012/02/19(Sun) 14:09:35
(No Subject) / アルバーノ
住宅改修についてお尋ねします。
その年に限度額20万を超えない、例えば10万程の改修をして、翌年に
残りの枠を使っての改修は可能ですか?可能な条件とかはありますか?
No.1445 - 2011/03/11(Fri) 09:16:28
Re: / ポイント
生涯で20万円までですので、残額があればいつでも使えます。
No.1446 - 2011/03/11(Fri) 17:46:16
アセスメント・ケアプラン作成に関する参考書籍の選び方について / お父ちゃん
アセスメントやケアプラン作成についての参考書籍の選び方で迷っています。教えて下さい。

先日、合格通知書とともに参考書籍販売に関する案内書が同封されていました。最近知り合いになったケアマネジャーの方にこの事について相談してみたところ、「三団体ケアプラン策定研究会方式を使っている」との事でしたので、書籍を調べてみたのですが(厚生科学研究所 包括的自立支援プログラム フォーマットと記入方法Ver.2という本です)、入手が現在出来ないものである、と書店から言われました。

私は高齢者福祉関連の職場に勤務していない立場なので、この「方式」なるもの自体がよくわからないのですが、「三団体方式」なるものも含め、
「MDS−HC方式」、「日本介護福祉士会アセスメント方式」、「日本社会福祉士会方式」、の三種類の内、私の様なケースの受講者はどの方式の参考書籍を準備しておいたら理解を深めやすいでしょうか?
よろしくお願い致します。
No.1442 - 2010/12/15(Wed) 21:31:08
Re: アセスメント・ケアプラン作成に関する参考書籍の選び方について / ポイント
どこかにも書きましたが、受講生仲間と一緒のものを選ぶとか、勤務先で使ってるものを選ぶなどすればいいのではないかと。
ちなみに私はMDSでした。全社協がいいという方も多いです。
何を選んでもベテランになってくると、そんなツールは必要でなくなってきたりしますから。
No.1443 - 2010/12/17(Fri) 23:47:50
Re: アセスメント・ケアプラン作成に関する参考書籍の選び方について / お父ちゃん
ありがとうございました。もう少しの間、検討してみます。
No.1444 - 2010/12/18(Sat) 00:01:24
ポイントさんに御礼 / お父ちゃん
このたび、ケアマネ試験に合格する事ができました。受験学習中は、色々と疑問点にアドヴァイスを賜り、本当にありがとうございました。おかげさまで理解を深める事が出来ました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
来年からの実務研修も頑張ります。この先、もしわからない事がまたあったら、是非教えてください。何卒よろしくお願い申し上げます。
No.1437 - 2010/12/10(Fri) 23:41:56
Re: ポイントさんに御礼 / ポイント
お父ちゃんさん
 この度はおめでとうございます。

 実はこれからが大変なんで、実務研修でケアマネジメントとは何か、その存在意義やプロセスを学んで下さい。
 ケアマネには「グローバルな視野と数多い引き出し」が必要というのが私の持論です。
No.1439 - 2010/12/14(Tue) 08:43:07
Re: ポイントさんに御礼 / お父ちゃん
ポイントさん、ありがとうございました。実務研修、何とか頑張ります。

広い視野で物事を見通す事がまだまだ出来ず、知識も浅いのですが、たくさん話を聞いたり、本を読んだりして自分自身の中の「引き出し」を創って行こうと思います。
No.1441 - 2010/12/14(Tue) 18:34:35
医療保険と介護保険 / 光
医療保険での訪問看護サービスが提供されている末期がんの方(在宅で介護認定も受けてられる。)介護保険でほかのサービス受給は可能ですか?
No.1438 - 2010/12/13(Mon) 01:28:17
Re: 医療保険と介護保険 / ポイント
要介護認定を受けていれば利用可能です。

がん末期(と訪問看護指示書に記載されている)の方への訪問看護は、要介護認定を受けていても医療保険適用です。
No.1440 - 2010/12/14(Tue) 08:44:13
更新申請中に入院 / Q次郎
介護保険の更新申請中に入院されてのですが、どの様に申請していけばよいかおしえてください。訪問調査の日程は、まだ、決まっていません。市役所にまだ、連絡していません。教えてください。
No.1435 - 2010/11/21(Sun) 21:55:01
Re: 更新申請中に入院 / ポイント
入院されたことによってどういう状態になられたのかわかりません。
とにかく市役所に連絡・相談してください。
No.1436 - 2010/11/22(Mon) 23:58:23
(No Subject) / hamu
はじめまして
下でMRSAについての質問がありました。
補足というか・・・。僭越ですが・・。
MRSAは本来どこにでもいる弱い常駐菌です。

テキストですが、
(体力が低下している人がいる)病院では隔離。
(生活の場である)施設・在宅では、隔離しない。という内容だと思います。

実際ですが、最近耐性菌の院内感染がこれだけ話題になっているし、施設に入所前にMRSA(+)と分かれば入所は断れませんが、嫌がる傾向がありますから、いち早く(−)にする対策は必要ですが・・。
No.1421 - 2010/10/05(Tue) 23:20:20
Re: / ポイント
hamuさん
 補足ありがとうございます。
 そうですね。
 下のスレ主さんは、同じ状態の人でも病院なら隔離で施設なら隔離しない、と理解されたのかと思い、そうではない旨レスしました。また、そうとられても仕方ないテキストの表現でした。
No.1423 - 2010/10/09(Sat) 09:12:00
Re: / お父ちゃん
hamuさん、ポイントさん、ありがとうございます。
自分の解釈に今ひとつ自信が持てず、同じ事を今一度だけ確認させて頂きたいのですが、「感染者=排菌している状態の方」、「保菌者=菌を持っているが排菌していない状態の方」と捉えて、

 感染者:排菌している状況であるから、隔離しなければならない。

 保菌者:病院では隔離。施設・在宅では隔離しない。

と、解釈しておけばよいのでしょうか?
No.1426 - 2010/10/09(Sat) 19:03:38
Re: / ポイント
お父ちゃんさん
 ですから方程式じゃないんです。一概には言えないんです。個々の状況によって異なるんです。ってことを理解することが最も大事。
 そして、若くて元気で健康な人には感染しにくくて、その逆の方は感染しやすい。強いて言えば方程式はむしろこちら。
 で、病院にはどんな方がいるか?施設や在宅はどうか?と当てはめて考えるってことです。
No.1427 - 2010/10/09(Sat) 20:43:08
Re: / お父ちゃん
 うーむ、確かに一概には言えない、ケース・バイ・ケースな事なのだとは思うのですが・・・。この辺りが「試験問題」として出て来たら、どう解釈すべきかと心配していたものでして。
 でも、前回より更にクリアになった気がします。有難うございました。
No.1429 - 2010/10/10(Sun) 00:24:36
Re: / hamu
またまた非常に僭越ですが・・・。

感染者=排菌者というのが良く分からないです。
保菌者でも感染の危険はあると思います。たとえばすでに体力の激しく低下している病人が保菌者と同じコップを共有したとか・・。

MRSAの感染症は単独で「これだ!」というものではなく、
術後とかに、傷の炎症がひどくなったり、敗血症、肺炎、とかになり、
抗生物質が効かなくて、調べたらMRSAが大活躍していたというような場合で問題になるのではないでしょうか?
その場合はもちろん完全に隔離、これはほかへの拡大も防ぐ目的ですが、本人の再罹患を避ける意味の方が強いような・・・。
むしろ介助者の徹底的な除菌が必要なのだと思います。

一方、施設・在宅で徘徊して盗食するような保菌老人がいて、すごく虚弱な人がいたり、生まれたばかりの赤ん坊がいたりするような場合はその人は出来たら隔離したいですね。普通の人なら抗菌剤でうがいするだけでもわりとすぐ除菌できてますし。

確かに過去問にかなりの確立でMRSAの問題がでていますが、
「どこにでもある菌」
「普通の人にはうつらない」
「介護者は手洗いうがいの一層の励行が必要」というのを押さえれば
「保菌者は(一般的に)隔離の必要なし」と覚え、
そこまで悩むような難しい問題は出ないのでは?
No.1430 - 2010/10/10(Sun) 16:52:19
Re: / お父ちゃん
そう覚えておきます。ありがとうございました。
No.1431 - 2010/10/10(Sun) 19:10:33
Re: / 笛
MRSA は黄色ブドウ球菌が抗生物質に耐性化した病原菌であり、常在菌のひとつと考えられ、健康な人からも検出されることがあります。薬剤の使用が多い病院で見られることが多く、入院中の患者に発症する院内感染の起炎菌としてとらえられています。しかし病原性は黄色ブドウ球菌と同等で、健康な人にも皮膚・軟部組織感染症などを起こします。(以上基本的概念で、試験ではこれを基本に考えればよいと思います)

病原菌はある一定の量まで繁殖しなければ症状として現れません。MRSAは他の細菌が多くある所では繁殖しにくいのですが、抗生物質を多用している方は、一般の細菌が死滅しますのでMRSAが増殖しやすくなります。よって、抗生物質を多用している病院では詳細な管理が必要ですが、一般的には恐れる必要はありません。
排菌しているかどうかは鼻腔や粘膜等から検出されたもので血液から検出されたものは排菌されません。しかしこれも(+)位でしたら問題はありません。
ただ、高齢者施設では免疫機能が低下している高齢者に対しては感染の可能性が0ではありませんので手洗い等相応の対策は必要ということです。
No.1432 - 2010/10/11(Mon) 22:46:37
Re: / お父ちゃん
笛さん、ありがとうございます。
 
 皆様、何か私のMRSA関連の質問にご丁寧にご教授いただき、誠に恐縮です。本当に有難うございました。
No.1433 - 2010/10/11(Mon) 23:18:50
Re: / ポイント
さすが笛さん!
 わかりやすい説明をありがとうございました。

 お父ちゃんさんだけに限らず、これをご覧いただいている元職が福祉系職種の方にとって、非常に役立つ説明だと思います。
No.1434 - 2010/10/12(Tue) 22:13:56
訪問介護時間合算について / 木村
はじめまして 
上記件名について、教えていただきたいです。
例えば、高齢者住宅などでヘルパーステーションが併設されいている場所で、
日中、3回の排泄介助がそれぞれ10分づつ必要な場合は合算して30分未満の身体介護として算定できるのでしょうか?その場合は、他のサービス例えば生活援助などのサービスがその日に入っている場合は、2時間空けてなくても大丈夫なのでしょうか?
No.1422 - 2010/10/07(Thu) 23:23:51
Re: 訪問介護時間合算について / ポイント
木村さん

>高齢者住宅などでヘルパーステーションが併設されいている場所
 今、これってありでしたっけ? 以前、こういうケースは指定を拒否されてたのですが…
 
No.1424 - 2010/10/09(Sat) 09:14:30
Re: 訪問介護時間合算について / 木村
実際に今関わっている中で、高齢者専用賃貸住宅等で、ヘルパーステーションが併設しているものが、いくつかあります。まだ、私はケアマネをはじめて、1ヶ月あまりなのですが、実際に依頼があり上記のような時な事が可能なのか、お聞きしたかったのです。
No.1425 - 2010/10/09(Sat) 10:37:49
Re: 訪問介護時間合算について / ポイント
木村さん
 なんとなくうさんくさい気がするのですが、それは指定する都道府県マターですのでこの際、置いておきます。
 いずれにせよ、高齢者住宅併設訪問介護事業所用の介護報酬など設定されてません。ですので一般的な在宅の要介護者と同じように考えます。
 老企第36号に、一連の行為と考えられる場合は合算できると書いてあります。提示の例は同じ行為を繰り返し、しかも1回当たり10分程度とのことですので、この部分だけの情報で法令に照らし合わせると、算定不可としか言いようがありません。
No.1428 - 2010/10/09(Sat) 20:48:44
質問です。 / お父ちゃん
 MRSA「感染者」とMRSA「保菌者」への対応に関してお伺いします。 

基本テキストP.220の記載や諸々の問題集中の記載を拝見していて、自分の中ではっきりしないのですが、

  ・病院等の医療施設
     感染者:個室に隔離。
     保菌者:隔離の必要なし。
  
  ・介護施設や在宅サービス関連
     感染者、保菌者のいずれも隔離しない。

原則的に上記の解釈で正しいのでしょうか、誤りでしょうか?
是非教えてください。よろしくお願いいたします。
No.1418 - 2010/08/22(Sun) 13:52:10
Re: 質問です。 / ポイント
確かにテキストの文章表現もまずいのですが、文字だけ追わず、ちょっと考えてみましょう。
なぜ隔離する必要があるのか?感染症だから当然、他に感染する恐れがあるからです。病院の感染者は排菌するけど介護施設等はしない、そんなわけがないんです。排菌する、つまり他人に感染させる状態であれば、どんな方であろうとも病院で厳重に隔離しないといけないんです。
No.1419 - 2010/08/23(Mon) 11:10:46
Re: 質問です。 / お父ちゃん
・感染者=排菌している状態。他者に感染させる恐れがあるので病院で隔離。
・保菌者=排菌している状態でなく、他者への感染の可能性は低い。よって病
院でも介護施設等でも隔離の必要なし。

 この解釈で覚えておきます。ご回答ありがとうございました。
 
 
No.1420 - 2010/08/23(Mon) 18:48:16
質問です。 / お父ちゃん
 昨年の出題で、「指定訪問リハビリ事業者は、あらかじめ指定訪問リハビリ以外の費用の額を定めておかねばならない」という内容のものがありましたが、ある問題集でその費用が「事業の実施地域以外の地域の居宅にて訪問リハビリを行う場合の交通費」であると記してありました。
 この「交通費」が、「中山間地域等居住者サービス提供加算」なのですか?
 又、「中山間地域等」シリーズの加算や「特別地域訪問看護加算」等は「交通費」と解釈しておけばよいのでしょうか?それとも「交通費」とは別モノなのでしょうか?教えていただきたく、よろしくお願い致します。
No.1415 - 2010/06/23(Wed) 07:05:42
Re: 質問です。 / ポイント
例えば通常実施地域をA区内と定めてる場合、B区やC区在住の利用者から利用申し込みがあった場合、境界域を起点としてそこから利用者宅までの交通費を徴収することができるというもので、これは介護報酬ではなく、実費徴収です。
一方、特別地域加算はいわゆる僻地に事業所がある場合、中山間地域の加算は僻地まではいかないけれど比較的過疎地への加算です。
いずれも厚生労働大臣が定める地域となっていますので、一度、自分の都道府県ではどの地域が該当するのか調べてみれば、イメージがわくと思います。

受験生は、文字だけを追うのでは、なかなか頭に入らないでしょう。
No.1416 - 2010/06/23(Wed) 22:58:43
Re: 質問です。 / お父ちゃん
区域外の利用者の方宅までの「交通費」は、上記の加算類とは別モノで徴収する「実費」である、と理解しました。自分の住んでいる地域の実例も覗きながら、残りの学習期間を過ごせればと思います。ありがとうございました。またおじゃま致します。
No.1417 - 2010/06/24(Thu) 00:02:05
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
198/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS