新●月掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
サイトに来た感想、足跡を残していって下さるとうれしいです。新月について、わいわい盛り上がってくださいねー。
でも、中傷、ワルグチは書かないでくださいね!不適切と管理人が判断した場合は予告なく削除させていただきます。マナーを守って新月についておしゃべりしてくださいねー。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
新月公式サイトより転載します。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
新●月Project feat. 住姫乃 「悲しみの島」セットリスト

1 ヨイスラ
2 行きゅんにゃ加奈
3 朝花節
4 五月雨
5 塩道長浜(しゅみちながはま)
6 白唇
7 うらとみ
アンコール
殺意への船出パート2 (Guest : Vocal 北山真/A.G. 村上常博)
新●月Project feat. 住姫乃

住姫乃(Vocal)、津田治彦(E.G.)、花本彰(Kbds)、荻原和音(Flugelhorn,Kbds)、直江実樹(Radio)、石畠弘(Bass)、小澤亜子(Perc.)、谷本朋翼(Drs)
写真 : 宮崎智加子
No.6006 - 2019/05/03(Fri) 07:20:29
新●月Project / ころ [ Home ] [ Mail ]
昨年の5月の「悲しみの島」では住さん牧岡さんの本来の演奏を前面に出し、そこに遠慮がちに?プログレアレンジを行ったような印象がありました(記憶違いならすみません)。
今回はシマ唄の原曲とプログレアレンジとが完全に融合してたように思います。
オープニングは、正直ちょっぴり冗漫な感じもしなくもなかったのですが、このたっぷりとした序章は、これから繰り広げられる大きな世界の裾野を広げる為に必要な時間だったのだと演奏が続くにつれ気づきました。

津田さんの青いギターが綺麗で音も素敵で津田さんがアレンジされたシマ唄曲に津田さんのソロアルバム「METAGAIA」の『HOME』を思い出しました。
むろん曲調は全く違うのですが、伝統あるシマ唄と北極圏に住んでいたおばあさんの子守歌、それぞれの歌声が津田さんのギターと共鳴しあって素晴らしい音楽を描いていく。
まだ二十歳そこそこの住さん、百歳くらいのおばあさん、年齢も環境も全く違うけど、それぞれ自分が住んでいた処で脈々と受け継がれてきた曲を歌い、継承し続けてる。
それが新月的ななにかと共鳴し合った、そんな出会いのようなものを感じました。

プログレアレンジされたシマ唄が、終盤から徐々に小澤さんのパーカッションに導かれ、新月ファンならすぐに気づく『白唇』へと姿を変えていきました。
『白唇』のあの三声コーラスは小澤さん、荻原さんでしたが津田さんも最初歌っていたような気がしたのですが、これは確信はないです。

MCで面白かったのは、津田さんと石畠さんが何か打ち合わせ?をしていたら花本さんが「私語はつつしんでください」と注意したら津田さんが笑って「すみません」と謝った事。
調整中にMCをを任された津田さんが「(妙さんのMCをうけて)曲を聞くとやはり拍子を数えてしまいますね。」とか「レザニモヲにはギタリストがいないので、はいっちゃおーかなー」に客席から拍手が起こった事です。

セットリストは公式サイトの発表を待ちますが、「うらとみ」「ヨイスラ」「行きゅんにゃ加奈」「塩道長浜」のシマ唄の歌詞の内容を、住姫乃さんが解説されながら(はなさまに解説をお願いされたとのMCでした)のシマ唄、新●月Project曲『五月雨』、先に書いた新月曲『白唇』です。
本編演奏が終わった時点で22時25分。でもそんな事は関係なく、ここで当然起こるアンコールの嵐!

(ぢつは転換の時にト〇〇を待っている間楽屋のドアが空いて『殺意』というのが中から聞こえてしまいアンコールはまだ演奏されていない『殺意への船出PAT2』だなと事前に知ってしまったころ)アコギを持った村上常博さんがステージにあがりスタンバイ、今まで座って歌っていた住さんがマイクスタンドの前に立ち上がります。
「夜遅くまでこの際盛り上がりましょう!電車がない方すみません!(大意)」とはなさまのMC。
そして・・・新月ファンにはたまらないイントロが流れます。
そして・・・。
全く予期せぬ出来事が目の前で突然起こりました。
それまで観客として客席に座っていた北山さんが突然タンバリンを手にしてステージに上がりました。
どよめき湧き上がる客席からの歓声の中『殺意への船出PART2』の演奏が続きます。
そして・・・。
「この男には 瞳がみえない この男には 顔さえも」
星男と王女、この拮抗した力を持つ二人は、まさに北山さんと住さん、そのものでした。

今回の新●月Project feat.住姫乃、羽田での新●月Project feat.北山真。これから新●月Projectが見せて呉れるであろう世界が、より盤石になったように思いました。
No.5989 - 2019/04/27(Sat) 07:25:17
Re: 新●月Project / たけちゃん [ Home ]
私も参戦しました。
皆様のレポ、終了後に読むのとても良いです。
あのライブ風景がよみがえります。
『白唇』の三声コーラスは亜子さん、和音さんが最初から、津田さんは途中からかと思います。
亜子さん、和音さんの声が聴けたときは、泣きそうになってしまいました。
しかし、北山さんの飛び入りは大盛りあがり
会場でみかけた時から、飛び入りあるのかなーと
思っていて、住さんがマイクをセットしたときに
きっと出るんだーと思ってしまいました。
今回はレザニモヲ、taika といずれも素晴らしかった。レザニモヲは全く予備知識なかったけど、攻撃的な素晴らしいドラムとさあやさんのキーボード、素晴らしかった。さあやさん、若くて、かわいいので、こんな人がプログレ系の音楽やるんだーと思ってしまいました。
taikaはともよくさん、新月、ステラリージョーンズ等で、daniさん羽田で観戦しているので、期待していたバンド。リズム隊もすごく、キーボード、アコーディオンのサウンドもよく、素晴らしかった
とってもお得な1日でした。
No.6000 - 2019/04/30(Tue) 13:07:41
余韻にまだ浸っています。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
たけちゃんさん
ライブレポートは、まずは行かれなかった方に雰囲気だけでもお伝えしたい、と思いますが、こうして、自分が行ったライブを皆さんが書かれたレポートを読ませていただくと、映像が蘇って何度も感動できます。
『白唇』のコーラスについて詳しくありがとうございます。小澤さん荻原さんのコーラスを確認してから津田さんもコーラスに参加している、と思ってまた違う方向を見て視線を津田さんに戻したら、まだコーラスが続いているのに津田さんはピックを銜えていたので、勘違いだったのかな?と記憶があいまいでした。ありがとうございます♪

北山さんの飛び入りは全く予期していなかったので、本当に驚きました!
たけちゃんさんは確信があったんですね!
北山さんが立ち上がった瞬間に沸き上がった客席のどよめきと歓声の中、タンバリンを持った北山さんがステージ駆け上がった時の驚きと嬉しさは今も思い出してにこにこしてしまいます。
吉祥寺シルバーエレファントで、北山ボーカルで『殺意への船出PART2』を聴いたのは約四十年ぶりでした。

一番手のレザニモヲは、関西公演で共演した時に新●月Projectのメンバーの皆さんが大ファンになったと聞いていたので、楽しみにしていたのですが、期待以上で、にこにこ可愛いのに、怒涛のように繰り広げられる予期できない展開の楽曲、楽しすぎる曲名と解説、電子マリンバ、キーボード「攻撃的な」ドラムと何もかもわしづかみにされました。
taikaも初めてでした。素晴らしかったですよね。
たけちゃんさんも、にこにこしながら会場をあとにされたのでしょうね♪
勤務調整して行かれた甲斐がありましたね。
No.6002 - 2019/04/30(Tue) 14:15:26
Re: 新●月Project / たけちゃん [ Home ]
ころさん
レスありがとうございます
レザニモヲ taika CD購入し、サインもらって帰りました。
静かの海は持っていたけど、北山さん見かけて、新たに1枚購入し、サインもらいました(花本さんにも)
演奏良かったし、サインもらえたし、アーチストとお話しできたし、大満足
連休前なので会社休めなく、開始時間が早いので早退(フレックスなので早退の概念ないけど)していったかいがありました。
シルエレ等にて対バンで新しいバンドに好感が持てるとすぐCD買ってしまいます。
No.6003 - 2019/04/30(Tue) 16:23:36
良い日でしたね♪ / ころ [ Home ] [ Mail ]
たけちゃんさん
ありがとうございます。各出演アーティストのCDを購入して、サインももらって、お話も出来て、勤務時間を調整した甲斐がありましたね。
なにより総ての演奏に満足できた最高の日でしたね!

目当てのバンドの対バンに好感がもてるとCDゲット♪これがライブハウスの醍醐味ですよね。
No.6004 - 2019/04/30(Tue) 20:10:07
新月公式サイトより転載します / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな
「偏愛のロック・ポスター展(Vol.2)」が開催されます!
英国プログレッシヴ・ロックとその周辺の、とても珍しく、美術的にも貴重なポスターが一堂に会する「偏愛のロック・ポスター展(Vol.2)」が今月末から5月5日まで開催されます!
キングクリムゾン関連、ピンク・フロイド、シド・バレット、ヘンリー・カウ、イーノ、ケヴィン・エアーズ、ハットフィールド&ザ・ノースなど、’70年代の表現の爆発が紙の上でも展開されたオリジナルポスター群。開催初日の28日には、なぜか私も不肖ながらトークイベントに参加させていただきます。ゴールデン・ウィークのプログレスケジュールはこの展覧会で決まり!
「偏愛のロック・ポスター展(Vol.2)」
〜 英国プログレッシヴ・ロックの中心と周縁 〜
2019/4/28(Sun) 〜 5/5(Sun)
会場 : ギャラリー世田谷233 (こじんまりとしたスペースです)
http://233.jp/

東京都世田谷区若林1-11-10 03-5430-8539
オープニング・トークイベント「プログレッシヴ・ロックの磁場」
林 治(企画・主催者)/福島恵一(音楽評論家)/花本彰(新●月Project)
4/28 17:00-19:00 (参加無料)」
以上です。

ポスター展だけ観る方は12時から20時が開館時間ですね。火曜日定休日となっていますが、GW中は開館しているそうです。

わたしはポスター展にのみ明日行きます。この界隈は美味しそうなパン屋さんやお店がたくさんあるみたいですね。
今夜のトークイベントに行かれる方、レポートお待ちしていまーす♪
No.5991 - 2019/04/28(Sun) 05:49:12
プログレッシヴ・ロックの磁場 / ヒロポン
まずはトーク出演の方々が「プログレッシヴ・ロックの3枚」を挙げることになり、花本さんが紹介したのは以下の3枚でした。
・NEW YORK ROCK & ROLL ENSEMBLEの1970年のアルバム「REFLETIONS」
・マイク・オールドフィールドの1973年のアルバム「TUBULAR BELLS」
・テリエ・リピダルの1978年のアルバム「WAVES」

花本さんの青春の音楽遍歴としてブラスバンド部に入部して、採譜することになり作曲やアレンジに興味をもったこと、大学での軽音楽部でのことなどを聞くことができてたいへん興味深かったです。花本さんの話の途中でプログレ論争あるあるになってしまい、続きが聞けなかったことが残念でした。
No.5994 - 2019/04/29(Mon) 13:42:03
プログレッシブロックの3枚! / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポン
トークイベントのレポートありがとうございます!「NEW YORK ROCK & ROLL ENSEMBLE」は、「新月の一筆箋」http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/shingetsumemo.htmlで花本さんが影響を受けたプログレレコードとして挙げていますね♪
リアル「新月史」を直接花本さんから語って頂きファンには嬉しいひと時ですね。話が途中で終わってしまって残念でしたね・・・。
わたしは昨日行きました。貴重なポスターをじっくり見てきました。オーナーさんがとても親切でした♪
ProgTokyo 2019 Spring!のライブ告知でポスター展の事を知ったという方が結構来店されたと教えてくれました。
まだ行かれてない方、GW中は無休で開催していますとの事で、今日もポスターは見る事が出来ますよ。

展示作品
「偏愛のロック・ポスター展 Vol.2」〜英国のプログレッシブ・ロックの中心と周縁〜(作品解説:ユリシーズ 河添剛)より転載
〇ピンク・フロイド
映画「モア」ポスター1969年
〇スターズ
「デディケイティッド」ポスター1980年
〇トレンドセッターズ・リミテッド
プロモーショナルポスター1965年
〇ザ・ボズ・ピープル
ライヴ告知ポスター1966年
〇リーグ・オブ・ジェトルエン
プロモーショナルポスター1981年
〇ブライアン・イーノ
アルバム『ウォーム・ジェッツ』
プロモーショナルポスター1974年
〇ブライアン・イーノ
アルバム『タイガー・マウンテン』
プロモーショナルポスター1974年
〇アンディ・マッケイ
アルバム『イン・サーチ・オブ・エディ・リフ』
プロモーショナルポスター1974年
〇アンソニー・ムーア
アルバム『ワールド・サーヴィス』プロモーショナルポスター1984年
〇ヘンリー・カウ
アルバム『レジェンド』
プロモーショナルポスター1973年
〇グリージー・トラッカーズ
ライヴ告知ポスター1973年
〇ハットフィールド&ザ・ノース
アルバム『ザ・ロッターズ・クラブ』
プロモーショナルポスター1974年
〇ルネサンス
ライヴ告知ポスター1969年
〇ケヴィン・エアーズ
ライヴ告知ポスター1975年
〇V.A.
「マーキー」ライヴ告知フライヤー1969年 
〇V.A.
ライヴ告知フライヤー1971年
No.5997 - 2019/04/30(Tue) 06:21:09
Re: 新月公式サイトより転載します / たけちゃん [ Home ]
私もトークショーいきました。
会場はほぼ満杯、北山さんも途中から参加されたようでした。無料なのに、お茶菓子も用意されていてなんか申し訳ない感じがしました。
内容的にはブリティッシュプログレの奥深い話でおもしろかったです。
川添さんが絶賛していたロル・コックスヒル今度聞いてみようかと思います。
No.5999 - 2019/04/30(Tue) 12:47:01
トークイベント行かれたのですね♪ / ころ [ Home ] [ Mail ]
たけちゃんさん
お久しぶりです。昨日お伺いした時もお店の方が大変親切にしてくださいました。
トークイベントの時飲み物をお出しして皆さんにくつろいでいただきましたと言われていましたが、お茶菓子まで用意されて、大盛況で活気が感じられます。北山さんも来られていたのですね。
途中からコアな話になったとお聞きしましたが、奥深いお話を楽しまれて良かったです♪

ロル・コックスヒル。音楽知識の浅いわたしはもちろん初めて聞く名ですが、音楽に詳しいトークイベントに参加された皆さんが、主催者の方がたから、新たなアーティストを紹介されて、興味を持って楽曲を聴いて、さらにその輪が広がっていくんですね。充実した素晴らしいイベントだったのが想像できました。
ありがとうございます!
No.6001 - 2019/04/30(Tue) 13:48:17
キスエク / ころ [ Home ] [ Mail ]
先日のProgTokyo 2019 Spring!で、谷本さんから告知がありましたが、キスエクのライブがあります。
谷本朋翼さん、桜井良行さん、林隆史さん、吉田一夫さんが出演されます!
プログレを歌って踊るアイドルグループというのが想像できないのですが、行かれた方のレポート是非お待ちしております。

4月30日(火祝) 小日向まお生誕ライブ〜ELEPHANT THE FESTIVAL〜@吉祥寺シルバーエレファント
OP17:30/ST18:00
前売¥3,000(+1D)
🎸キスエク生バンド!
<ゲスト>
電影と少年CQ、963
🎁予約特典:ちゃんまおデザイン缶バッヂ
🎫ご予約はこちらから!
http://tiget.net/events/53932
No.5992 - 2019/04/29(Mon) 06:53:36
新月公式サイトより転載します。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな
「シマ唄とのコラボ・ライヴ無事終了!
4.26に吉祥寺シルバーエレファントで行われたプログトーキョーのイベント。
今回はその日の主催者ということで他のバンドの皆さんに声をかけたり色々大変でしたが、 プログレッシヴ・ロックの本来のあり方である多様性と革新性を表現するに足るコンサートになったと思います。
ご来場の皆さん、ありがとございました。来場が叶わなかった方々は、6月から始まるであろうシマ唄のロックな唄者、住姫乃とのレコーディング をお待ちいただければと思います。
なお、アンコールでは元新月の北山真が飛び入りで参加、かなり盛り上がったようです(演奏中のためわからず) 」。
No.5990 - 2019/04/27(Sat) 07:55:56
Taika / ころ [ Home ] [ Mail ]
初めての観戦でした。
ハードぽいプログレを想像していたのですが、アコーディオンとボーカルの妙さんを中心にピアノとベースとドラムの抒情的な楽曲のバンドでした。
ですが、谷本さんは新●月Projectと続けての演奏で、リハですでにお疲れと妙さんから紹介がありましたが、途中ピアノのリフレインと谷本さんのパワフルなドラムの掛け合いが延々と続きこれがもうめちゃくちゃかっこよかったです。妙さんがMCで観客席に向かって「みなさんプログレ曲の拍子を数えてますか?」というのが面白かったです。

また、谷本さんから30日シルエレで開催される「キスエク」に、谷本さん、桜井良行さん、吉田一夫さんの新月関連メンバーと大沼あいさんが参加されるという告知がありました。プログレアイドルグループなので歌って踊るそうですが、あの谷本さんが、曲が難しすぎて譜面から目が離せず、実は自分は何をやっているかを観てないのです、というのも面白かったです。
No.5988 - 2019/04/27(Sat) 07:11:29
レザニモヲには完全に鷲づかみにされました。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
Twitterから勝手に転載。セットリストです。
にこにこしながらバンド名でもある「いきもの」をもんの凄い世界観ともんのすごい演奏で楽しくてかっこよくて代行でした。
特にツボにはまったのは、ころがる猫と茄子が合体する「ニャス」!またくるくる転がる「ユキヒョウ」さわがにクラグ」と枚挙にいとまがありません♪
京都の人たちはいつもレザニモヲのライブを観る事が出来て羨ましいと思いました。
新●月ProjectのつさまがMCではなさまがどうしても呼びたいとの事で実現しましたが、本当に来てもらって良かったとおっしゃってました。
セットリスト:
ラシシ
壁画
かざみどり
ユキヒョウ
少年
チョコ組曲
バンゲリングベイ
空飛べ!ニャス!
サワガニクラブ
美術館
レザニモヲデュパラディ
バク(アンコール)
※本日27日に練馬桜台のPOOLでもライヴを行うそうです♪
No.5987 - 2019/04/27(Sat) 07:03:10
やられました! / ころ [ Home ] [ Mail ]
新●月プロジェクト演奏終了22時40分。約一時間十分の演奏でした。
伝統あるシマ唄の曲全てをプログレにアレンジし、住姫乃さんの素晴らしい歌声と共に壮大な宇宙を描き出してはみだす大きな大きなステージでした。
新●月曲は本編で『白唇』が演奏されました。
が、アンコールが『殺意への船出Part2』!
ここでまさかまさかの、それまで観客として客席にいた北山さんがおもむろにタンバリンをもってステージへ!
夢のような一時でした。
北山さんが黒のタートルネックを着てらした時点で察するべきでした。
今日はいつもにも増して津田さんのギターが素晴らしく感じました。
村上さんが新月メンバーと共に『殺意への船出Part2』の演奏に参加されていた姿はまた違う感慨がありました。
レザニモヲ、Taika素晴らしかったです!のちほど個別に感想を書きます。
No.5985 - 2019/04/26(Fri) 23:14:33
新月公式サイトより転載します。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな
「4月26日、シルエレは新●月Project主催DAY!!
ProgTokyo 2019 Springが4月下旬に開催されますが、 4/26(金)は新●月Projectの主催DAYです。
出演は、わざわざ京都から来てくれる二人組低音複雑怪奇リフユニット、レザニモヲ、妙さんの歌とアコーディオンが絶望の先の光を描くtaika、そして奄美のシマ唄とプログレッシヴ・ロックの結合を試みる新●月Project feat. 住 姫乃の3バンド。なんと、1日で全部聴けますよー。
https://youtu.be/y-ZwrLjxAq0

新●月Project : 住姫乃(Vocal/Guest)、津田治彦(G)、花本彰(Kbds)、荻原和音(Flugelhorn,Kbds)、直江実樹(Radio)、石畠弘(B)、小澤亜子(Perc)、谷本朋翼(Drs)
チケット予約受付中 :
シルバーエレファント(0422-22-3331 / silverelephant@dream.com)」
以上です。昨年5月にも共演した奄美のシマ唄者「住姫乃さん」とのコラボですね。
サイン会ではなさまが「とてもおもしろい内容になりますので是非」とおっしゃってましたので期待大です。
さらに共演が、谷本朋翼さんのバンド「taika」、新●月プロジェクトが京都公演で共演したユニット「レザニモヲ」とあってはさらに楽しみですね。
谷本さんは「新●月プロジェクト」と「taika」で出ずっぱりです。
2月2日も「セレナーデ」「静かの海」と続けての出演で素晴らしいパフォーマンスでした。
「レザニモヲ」は京都公演で新月Projectメンバーの皆さんがすっかりファンになったというユニットなので、今回東京で観る事が出来て嬉しいです。
谷本さんがアップされたリハーサル後の写真には、「静かの海」で津田さんと共に素晴らしいギターを演奏された月兎の村上常博さんが写っていました♪
「静かの海」コンサートで『銀の船』ではプログレにあるまじき、つさまとのギターバトルがまだ記憶に新しいですが、またそんな場面があると嬉しいですね。
No.5981 - 2019/04/25(Thu) 06:21:18
Re: 新月公式サイトより転載します。 / maku [ Home ]
明日は楽しんで来てください!!

あと、静かの海、愛聴してます!
今は遠き星より聴いてますが、、。
No.5982 - 2019/04/26(Fri) 00:51:33
楽しんできます! / ころ [ Home ] [ Mail ]
makuさんありがとうございます♪
関西公演の折は、詳細で楽しいレポートをありがとうございました。
この時ご紹介していただき気になっていたレザニモヲを、まさか東京で観る事ができるんなんて、とても嬉しいです。
「静かの海」♪
>今は遠き星より聴いてますが、、。
・・・実は今わたしもです♪
No.5984 - 2019/04/26(Fri) 07:28:19
PROGTOKYO初日見てきました! / オノヒロ [ Home ]
ころんたさん、こんにちわ。PROGTOKYO初日をシルバーエレファントに見に行きました。百様箱という四人囃子的な音を出す20代の若手バンドを目当てに行ったのですが同時に出てた曇ヶ原というバンドも素晴らしかったです。叙情派フォークをプログレしたようなサウンドでちょっとセレナーデを思わせるところがあります。どちらのグループも日本語歌詞を大事している若手バンドなので応援してあげたいなと思いました。

PROG TOKYO楽しかったので新月プロジェクトのPROG TOKYO、予定見てないのですがチケット押さえました(^^)/
No.5979 - 2019/04/21(Sun) 13:30:18
ProgTokyo 2019 Spring / ころ [ Home ] [ Mail ]
オノヒロさん
こんばんは。
ProgTokyo 2019 Spring今日が初日だったのですね。
ご覧になった若手バンドが、2つとも「日本語歌詞を大切にしているというのが嬉しいですね。
26日の新●月Projectは「奄美のシマ唄」とのコラボです。
新月曲を演奏する新●月Projectとはまた違うライブが楽しみですね。
No.5980 - 2019/04/21(Sun) 20:56:51
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS