新●月掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
サイトに来た感想、足跡を残していって下さるとうれしいです。新月について、わいわい盛り上がってくださいねー。
でも、中傷、ワルグチは書かないでくださいね!不適切と管理人が判断した場合は予告なく削除させていただきます。マナーを守って新月についておしゃべりしてくださいねー。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
今日は七夕 / ころ [ Home ] [ Mail ]
7月2日(土)吉祥寺シルバーエレファントにて新月プロジェクト Vol.8「星の記憶」が開催されました。
新月オリジナル曲をプロジェクトのメンバーがどのように演奏するのか、またプロジェクトの為の新曲はどんな曲なのか、が新月プロジェクトの楽しみですが、今回はなんと言ってもセカンドアルバム「遠き星より」がリリースされ、さらに新曲が組曲化構想があり、その一部が演奏されるとあっては期待が高まります!
やはりアルバム発売後のライブとあって場内は満席どころか階段上までぎっしりと立ち見のお客さんたちで大変な熱気でした。

オープニングはまず、はなさまの手元のちっこい機械(す、すみません。名前わかりません)から繰り広げられる不思議な音から始まりました。「何がこれから起こるのだろう?」そんなフレーズが場内に広がり、何度かライブを観た人にはお馴染みの、そして初めて観る人には衝撃の短波ラジオ演奏と絡み合ってそれがやがて壮大な世界へ広がりアルバムには入っていないプロジェクトの曲『五月雨』が演奏されました。

二曲目は、すでにライブや「新●月●全●史」ではお馴染みですが、今回セカンドアルバム「遠き星より」のラストに収録された『島へ帰ろう』です。
ピアノ部分をはなさまではなく礒江さんが弾いたのには驚きました。
次はファーストアルバム「新月」から『白唇』が演奏されました。
次は、今回のライブで最も楽しみにしていた曲の一つ、『殺意への船出PART2』です。新月セカンドアルバム「遠き星より」で、ファーストアルバㇺ「新月」の代表曲『鬼』と対を為す『殺意への船出PART2』が新アレンジで完成しましたが、この曲がプロジェクトによってどのように演奏されるのか。
あの間奏部分での美しい新アレンジにもうっとりとしましたが、今回面白かったのはドラムソロ部分でした。
宇宙空間の中閃光がばりばりと暗闇を引き裂きその中を光速で突き進む船の回りに星が線のように走り去ります(勝手に映像つけてます)。短波ラジオと勢いの良いドラムとの掛け合いがオリジナルとは全く解釈の違うまさにプロジェクトの『殺意への船出PART2』だと感じました。
次は『殺意への船出PART1』です。今回のライブで最も感動したのが『殺意への船出PART1』でした。
静寂というものが、音によって紡ぎ出される。はなさまつさまの掛け合いと、永遠に続くかと思われるようなはなさまのピアノソロ。もしかしたら息をずっと止めていたような気がします。
例えて言うなら能舞台で最後に囃子方が橋掛かりへ去っていく最後の最後まで舞台も見所も水を打ったような静寂とぴんと張り詰めた空気がすべてを支配する、そんなピアノでした。
次はベースの石畠さんの曲『さかさま』です。一部はなさまがアレンジに参加しているとの事ですが、かつてのニューウエイブバンドのPhonogenixの雰囲気はこんなだったのかな?と思わせる新月とは全く違うかっこいい曲でした。
次は『赤い目の鏡』です。つさまからアレンジが少し違います、と曲の前にMCがありましたが、やぎさんの葛藤の旅の部分が短くてもっと長く聴きたかったな、と思いました。
次はいよいよ、これも最も楽しみにしていた曲の一つ、公式サイトでアナウンスされていた今はなさまが制作中の組曲『星の記憶』の一部です。素晴らしかったです。壮大なスケールの曲にフリューゲルホルンがぴったりとあって、完成が本当に楽しみです。

次は『鬼』。
三月に「遠き星より」はじめ四タイトルが同時発売になり、これらの新譜により初めて新月曲を聴いた人も多いと思います。
その中で新月の代表曲『鬼』が収録されたアルバムを聴いた人がどんな感想を抱いたのでしょう。
それはそれぞれの胸の内にあると思います。

アンコールは『せめて今宵は』。ファーストアルバム「新月」のラストの曲であり、この曲を聴き終わると、当時はLPですが、またA面に戻って『鬼』を聴きたくなってしまい、何度も何度もそれを繰り返しました。
ライブでは、この『せめて今宵は』の演奏がライブの終わりを告げる曲になる事が多いようです。

今回で8回目のプロジェクトのライブは何度か見損なっていますが、今回かっちりと纏まった、でもプロジェクトのライブならではのアイディアがたくさん詰まったライブだったと思います。

どの曲か失念しましたが、てっきりはなさまのピアノソロと思っていたパートを礒江さんが弾いたのには驚きました。

そして今回のプロジェクトのライブは、つさまのギターが織りなす魅力が会場中を包み、そしてなんと言ってもはなさまつさまの掛け合いの絶妙さが最高のライブでした。

今日は晴れて催涙雨にならず良かったです。
No.5320 - 2016/07/07(Thu) 19:31:29
ユーロ・ロック・プレスVOL.68 / 十六夜
皆さんこんにちは。
ユーロ・ロック・プレスVOL.68ようやくゲットしました。
ここの情報から知って早い段階でアマゾンに注文していたのですが、待てど暮らせど来ない?
入荷待ちでキャンセルしませんか?とのこと、どこも新品は在庫切れです。そこで中古で、しかも定価よりも高い金額で購入しました。
これは、新●月が掲載されたからではないかと思いますし、それを目当てに購入される方がいらっしゃるからではないかと思いました。潜在的新●月度が高い方はやはりたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
記事の内容には、もちろん大満足です。

先ごろのライブGathering Alley #1、私も『白唇』だけで卒倒しそうですが、新●月のメンバーによるノヴェラの演奏まであり。しかも選曲は私の好きなシンフォニックなものばかり、どんな演奏だったのか興味津々です。
聴かれた方が羨ましい!

話題の『黎明』は、スケールが大きくて私も大好きです。『せめて今宵は』が、終わりではなくまた始まりへ戻るための曲であるように、同じ意味を持つ曲だと私は思っています。
No.5312 - 2016/06/07(Tue) 18:04:34
Re: ユーロ・ロック・プレスVOL.68 / ころ [ Home ] [ Mail ]
十六夜さん、お久しぶりです。
ユーロ・ロック・プレスVOL.68が入荷待ちでキャンセルとは驚きです。定価より高価な金額で入手されて大変でしたね。このあたりもユーロロックプレスやストレンジデイズなどは本屋では買えないので、ネット注文に頼っていますがコンビニで受け取るサービスを利用したら、発売日の翌日には届きました。
この品切れ現象が新月が掲載されたためだったら嬉しいですね。

新月の曲を一曲やります、に続き『白唇』の曲名が告げられた段階で卒倒しそうでした。

ノヴェラ曲はほとんど、というか全く知らないのでレポートできずにすみません。
ただ最初に演奏された大曲は、新月、ノヴェラという大御所バンドのオリジナルメンバーが参加しての演奏という事もあり曲を知らないわたしにも響いてきて素晴らしかったです。

『黎明』はいろんな意味で『せめて今宵は』と同じ意味を持つ曲のようですね。
No.5313 - 2016/06/09(Thu) 06:03:11
盛りだくさんで楽しいライブでした / ころ [ Home ] [ Mail ]
Gathering Alley #1は、二部構成のライブでいろいろな曲が演奏されました。公式サイトで告知されたいたように、本当に盛りだくさんでライブを楽しめました。

今回楽しみにしていた電動のこぎりとラジオのコラボはなんとも不思議な、でもすんなりと入ってくる心地よい演奏でした。のこぎり演奏は胡弓に似ているような気がしました。

第一部ではつさまのMCで進行し、アンビエントミュージックとして、まず一曲目つさま、直江実樹さん、のこぎり演奏のおぎ原まことさんによる『鳥は海を渡る』に似た曲が演奏されました。
ピーター・ガブリエルの『Here Comes The Flood』が演奏される前につさまから、洪水をテーマにしたこの曲の説明がありました。1970年代にこんな曲を作ってしまったピーター・ガブリエルへのリスペクトと詩の中にラジオが落ちてくる描写もあり”3.11を経験したわたしたち日本人”というつさまの言葉をかみしめつつ曲に聴き入りました。

プログレの人たちの前であるまじきポップスをやります、とシンディ・ローパーの『TIME AFTER TIME』も演奏されました。
当初ウッドベースで参加予定の鈴木さんはエレキベースで参加!つさまから鈴木さんの音楽活動再開に対するねぎらいに「リハビリ中です」と明るい鈴木さんのあの笑顔で答えていました。

第二部はアンジーさんがギターを持ってのボーカルで、第一部のメンバーに、ここからドラムの谷本朋翼さん、ベースの石畠弘さん、パーカッションの小澤亜子さん、キーボードはなさまが加わりました。
曲名はわからないのですが、シェラザード時代からの曲という大曲が演奏されました。
新月公式サイトによるとNOVELAの曲は『魅惑劇』『青の肖像』『夢の絵の具』です。

アンジーさんのMCは新月との関わりや若い頃に影響を受けた音楽など、いろいろ興味深いものでした。
ボウイの大ファンというアンジーさんが後で先日北山さんも歌った曲をやります、との事で『スターマン』が演奏されるんだなーと思いつつ、サイモンとガーファンクルの『明日に架ける橋』が演奏されたり、ノベラの平山さんが作った曲をやりますと、いろいろな曲が演奏されました。
ボウイの曲は『スターマン』『ジギー・スターダスト』です。
第一部、第二部共に、つさまアンジーさんの楽しいMCと、いろいろな曲の演奏に楽しく終わりましたが、ここでアンコールがありますと、はなさまからまさかの発表が!「新月の曲を一曲やります!」ええええええええっ!

『白唇』と発表されて、ベースを聴く為の曲『白唇』は鈴木さんの音楽活動再開にまさに相応しい曲と強く思いました。
でも鈴木さんがけっこう忘れています、との事で石畠さんとのダブルベースでの演奏です。
新月オリジナルメンバー三人が参加して『白唇』を演奏している。感無量でした。
間奏部分では、初めて聴くアレンジなどライブの醍醐味たっぷりの『白唇』は嬉しくてただただ、感動していました。

新月公式サイトによるとリハの時の鈴木さんのアドリブがめちゃくちゃかっこよかったそうです。ダブルベースいいかも、とのことでこれからに期待しましょう!

『白唇』演奏の準備前にアンジーさんとはなさまとの会話で、アンジーさんが新月ファンの食い入るように演奏
を聴く後ろ姿に「新月愛」を感じます、との事にはなさまが「何か意味を見出そうとしている姿ですね」に、アンジーさんが当時ピンクフロイドの曲(曲失念)を聴きながら、えんえんと続くこの演奏に何かがあるに違いないと思いながら聴いていた(大意)と、軽い会話の中に当時のプログレファン同士の雰囲気が伝わってきました。

なおPhonogenix「METAGAIA」はまだ在庫があるそうです。ポルトガルやアゼルバイジャンで売れているそうです。
ころ感想は、癒されようとすり寄っていくと覚醒しろと揺り起こされるという極めて特異なアンビエントミュージックで、必聴の一枚です。

今回「Gathering Alley」はつさまプロデュースでシリーズ化していくそうです。これからも楽しみです♪
No.5303 - 2016/05/30(Mon) 09:58:41
Re: 盛りだくさんで楽しいライブでした / maku
こんちはー

このライブ良いですね〜
この同じ日に関西での別のライブに行ってまして、
当日昼にツイッターで、その情報を見ていた所、
このライブの告知を見つけました。

NOVELAは、今でも年に1回はイロイロ引っ張りだして来て聞いています。
五十嵐さんが新月プロジェクト?たまにやってるようなのは聞いてましたが、
NOVELAの曲もやってるちゅうたら、是非見たいですね。

だいぶん前から思ってますが、NOVELAの「黎明」って「せめて今宵は」のパクリでしょ?
色んな部分で!
No.5306 - 2016/05/30(Mon) 21:32:20
Re: 盛りだくさんで楽しいライブでした / ころ [ Home ] [ Mail ]
makuさん、コメントありがとうございます。
同じ日に関西でライブ観戦だったのですね。

ちなみにサイト内の別掲示板に関西のQuaserが新譜リリースとの告知がありました。
http://www2.rocketbbs.com/101/shingets.html

新月プロジェクトでは、五十嵐さんが新月曲を歌ったり、新月プロジェクトが五十嵐さんのイベントに参加したりしています。

実はNOVELAの曲は殆ど知らないのですが、『せめて今宵は』に似た曲があるのですか。

先日のライブでのMCでも、当時感銘を受け影響を受けた音楽に近づきたいと努力したというような意味の事が語られましたが、NOVELAより半年デビューが早かった新月曲が、もしもそんな役割を果たしていたとしたら、すごい事だなーと、新●月ファンとして思いました(^人^)
No.5308 - 2016/05/31(Tue) 07:26:30
黎明 / ヒロポン
ダブルベースの『白唇』、卒倒しそうです。

話題の『黎明』はノヴェラ屈指の名曲ですね。
4thアルバム『聖域』の最後を飾っています。わたしもこのアルバムが一番好きです。
実は新●月も出演した「ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・フェス 2014」に"NOVELA 2014"として参加した五十嵐さんが最後に歌ったのも『黎明』でした。
No.5310 - 2016/06/04(Sat) 18:51:38
今日は 新月 / ころ [ Home ] [ Mail ]
今回は写真レポートはなくてすみません。『白唇』。本当に卒倒しそうでした。夢のようなひと時でした。

『黎明』は「ジャパニーズ・プログレッシヴ・ロック・フェス 2014」に参加した時演奏されたんですね。
『せめて今宵は』のように最後を飾るに相応しい曲なのでしょうね。
No.5311 - 2016/06/05(Sun) 06:21:00
NOAのライブが決定しました / ころ
HAL、真○日の桜井良行さんのバンドNOAが20数年ぶりにライブを行います。
8月13日(土)横浜にあるLive & Dining Hey - JOE

真○日のギタリスト林隆史さんのQUIとのジョイントです。
時間等詳細分かりましたらまた告知します。
No.5302 - 2016/05/30(Mon) 05:55:53
NOA / ヒロポン
わたしが唯一NOAを観たのが
1988年5月13日の目黒ライブステーションですね。
No.5307 - 2016/05/31(Tue) 00:18:33
NOAのライブを / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポン観てるんですね。す、すごいです。
20数年以来との事ですが、それが何時だったのでしょうね。
現在も録音中というNOAですが、新譜が完成する前に、その音楽を聴く事が出来る貴重なライブですね。
皆さん、ぜひ帳面に予定を入れましょうね♪
No.5309 - 2016/05/31(Tue) 07:36:17
(No Subject) / はな
電動ノコギリこわっ。
No.5304 - 2016/05/30(Mon) 17:55:30
にゃっ? / ころ [ Home ] [ Mail ]
こりはいけません。「電動のこぎり奏者」では、まるでジェイソンのよーに電動のこぎり振り回して怖い破壊音だしてるよーですにゃ。

sawです、おぎ原まことさんは、穏やかな紳士な方で、のこぎりの演奏は、繊細で美しく力強い、胡弓のようなハープのような音色でした♪
No.5305 - 2016/05/30(Mon) 19:50:36
新月公式サイトより転載します / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな「急遽ライヴ決定! 今月の29日です!
つまり来週末(笑)
アンジーさんをお迎えしてノヴェラ曲などをアコースティックな雰囲気で。
新●月の鈴木清生も参戦決定! そしてノコギリ奏者おぎ原まことさんと我が直江(Radio)実樹さんのコラボも!!
楽しいセッションになりそうです。近くに三ツ星(ラーメモ)ラーメン店「一龍」もありますよ!
Gathering Alley #1
Other Wordly Session
新●月Project feat.五十嵐“Angie.”久勝
花本彰 津田治彦 直江実樹 小澤亜子 石畠弘 谷本朋翼
Special feat. 鈴木清生(wood bass) おぎ原まこと(music saw)
May 29th 2016 at 下北沢 Alley Hall
Open 16:00 Start 17:00
charge ¥3,000 door & advance

チケット予約
下北沢 Alley Hall
tel : 03-3468-1086 
eMail : alleyhall@nifty.com
http://www.alleyhall.com
以上です。

鈴木さんのウッドベースでの参加は2013年6月8日の同じく下北沢 Alley Hall以来ですね!オリジナルメンバーが3人揃っての演奏は何より嬉しいです。
のこぎり演奏とラジオのコラボも楽しみですね。

明日は、満月。
No.5296 - 2016/05/21(Sat) 05:54:52
Re: 新月公式サイトより転載します / ころ [ Home ] [ Mail ]
わーい♪
アレイホールへメールで予約入れたら、つさまからお返事が来ましたよ。

なお予約した方の入場方法は入口でお名前を伝えるだけで良いそうです。
No.5297 - 2016/05/24(Tue) 05:56:00
Other Wordly Session / ヒロポン
告知を知ったときはびっくりしました。
鈴木さんの参加はうれしいですね。
泣きそう(T。T)
No.5298 - 2016/05/26(Thu) 20:10:29
嬉しい不意打ち / ころ [ Home ] [ Mail ]
まさか7月2日前にライブがあるとは夢にも思いませんでしたね!
鈴木さんのお名前に釘づけでした♪
うんうん、ヒロポン、はい、はんけち。
すぐ返してね。ぐすっ。
No.5299 - 2016/05/27(Fri) 07:00:15
号泣 / ころ
明日の鈴木さんのベースはエレキに変更になったそうです。
どどどどどうしよう。はんけちでは間に合わない。
タオルタオル。
No.5300 - 2016/05/28(Sat) 12:01:03
4月2日サイン会写真レポート / ころ [ Home ] [ Mail ]
お待たせしました!4月2日に開催された「花本彰・北山真サイン会」の写真レポートをアップしました。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/diskunion0402.html
参加できなかった方、一部、二部それぞれどちかしか参加出来なかった方に、せめて雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。お楽しみ下さい。

「LIVE&RECORDS」
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/shingetsuvip.html
のコーナーにはこのサイン会以外に過去のライブやイベント、新月関係者の方の寄稿文などを掲載しています。まだ未読の方は是非お楽しみ下さい。
No.5289 - 2016/04/24(Sun) 08:35:02
Re: 4月2日サイン会写真レポート / ヒロポン
サイン会レポート、ありがとうございます♪
読みごたえありますね。『島へ帰ろう』を北山さんの生歌で聞くことができて嬉しかったですね。お二人のユニット"静かの海"の新曲が聴けたのも驚きでした。今後のCDリリースやライヴも楽しみです。
先週、新宿プログレ館に寄ったら、新●月新譜棚にお二人のサイン色紙が展示されていました!
P.S.(蛇足)去年の9/19の"京極米祭"では北山さんがg安谷屋さん/b大山さん/key花本さんという編成で2曲カバー("青い影","スターマン")を歌われています♪
No.5290 - 2016/04/26(Tue) 20:04:16
ありがとうございます / ころ [ Home ] [ Mail ]
店内に「遠き星より」の曲が流れ、生演奏が行われるという本当に楽しいイベントでした。まさか「静かの海」の新曲まで演奏されるとは思ってもいませんでした。完成が楽しみです。
店内色紙、見たいです♪

ゲスト出演のご指摘ありがとうございます!
『青い影』は前身バンドのビアガーデンアルバイトの定番曲ですね{弦が切れたら『青い影』、曲が止まったら『ザ・ウェイト』、いざとなったら『スージーQ』!)。
『スターマン』は1979年12月23日のクリスマスライブで北山さんが少しだけ歌われたそうです。
蛇足などととんでもないです。
早速加筆訂正してアップしました♪
No.5291 - 2016/04/27(Wed) 05:24:07
Re: 4月2日サイン会写真レポート / maku
やー良いですね〜
大阪に住んでるので、こういうのはついでが無いとなかなか行けないんですよ〜。
しかしユニオンプログレ館の中でやってるんですか?
店舗の空きスペースでは、恐ろしく狭いように思いますが、、。
No.5293 - 2016/05/02(Mon) 23:40:15
あのディスクユニオン新宿プログレッシヴ館です / ころ [ Home ] [ Mail ]
移転前のプログレ館よりさらに狭いスペースでしたが、でもその分、お二人との距離が近く密度の濃いイベントだったと思います。
皆さんにこにこされていました。
なかなかイベントやライブに参加出来ない方に、拙いレポートですが、雰囲気を味わって頂ければ嬉しいです。
No.5295 - 2016/05/06(Fri) 07:09:55
(No Subject) / maku
お疲れさまです。

新月の新譜シリーズ、
79年のライブ盤だけ買えばいいや!って思ってましたが、
その後すぐ、遠き星よりを買いまして、
これでもう新月に関しては満足って思ってましたが、
忙しかった仕事も一段落がつきアウトテイク集も買ってしまい、今聴いています。

新月の音楽は、年中ずっと聴いていたい感じでは無いですが、
ある時に急に聴きたくなって、聴きだすとしばらくずっと聴いてしまう感じですね。

新月、個々のメンバーも含め、一度もライブ見た事無いので、
次はライブ見るのが目標です。
大阪住みなので、ちょっとしたライブには簡単には行けないのですが、
イタリアンロックシリーズとか、クラブチッタに何度か見に行きましたので、
これぞってライブには東京でも行きますよ!
No.5292 - 2016/05/02(Mon) 23:23:11
明日は新月 / ころ [ Home ] [ Mail ]
makuさんありがとうございます。
お仕事も一段落されたとの事で、結局「遠き星より」、「Outtakes」も購入されたのですね。
makuさんに、新月の楽曲が静かに届いている、ということろでしょうか。
先日、初めて新月を聴いた方から、今まで聴いた事のない不思議な音楽、夜聴いていたら不思議な映像が浮かんで来た、という感想を頂きました。

新月の地方公演は過去一度だけ京都で行った事があるそうです。今は東京のみの公演ですので、なかなか地方の方は頻繁にコンサート観戦は難しいと思いますが、ここぞ、というライブが行われる事を楽しみに待ちましょう♪
No.5294 - 2016/05/06(Fri) 06:55:31
本屋で見つけた新月 / ころ [ Home ] [ Mail ]
タレコミありました。
「昨日発売のレコードコレクターズ5月号に今回の4セットのディスクレビューが1ページありました。一読の価値有りでしたよ。
奇しくも70年代プログレ特集でこちらも興味深いです。」
とのことです!
No.5285 - 2016/04/16(Sat) 05:04:24
P34に掲載されています。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
四タイトルをわずか一ページで紹介していますが、短い文章で新月の歴史と新月とは何かを端的に表現していて、個人的に清々しい気持ちになりました。
No.5287 - 2016/04/17(Sun) 06:44:20
2006年4月8日、9日 / ころ [ Home ] [ Mail ]
ちょうど10年前の今日と明日、新月オリジナルメンバーと清水一登さん小久保隆さんをサポートメンバーに迎え26年ぶりにコンサートが行われました。
会場内には鐘の音ではなく68年から72年までのポップスが流れていました。
それらのBGMを聴きながらも開演直前までの客席の水を打ったような緊張感、演奏が始まってからの圧倒的な存在感と、当時を凌駕するほどのパワーが会場全体からはみ出すほどの演奏力に至福の時が流れました。
終演後には『L'AMITIE/フランソワーズ・アルディ』
『』A Felicidade/マリア・ルイーザ・ジョビン(曲:アントニオ・カルロス・ジョビン』が会場に流れていました。
http://scn-net.easymyweb.jp/member/shingetsu-koro/?view=category&category_code=6
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/2days.html
No.5283 - 2016/04/08(Fri) 06:42:43
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS