新●月掲示板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
サイトに来た感想、足跡を残していって下さるとうれしいです。新月について、わいわい盛り上がってくださいねー。
でも、中傷、ワルグチは書かないでくださいね!不適切と管理人が判断した場合は予告なく削除させていただきます。マナーを守って新月についておしゃべりしてくださいねー。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
今日から開催です! / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポン情報♪
『吸血鬼伝説』『海にとけこんで』を含む4曲入りピクチャーレコード盤が限定500枚で販売されます。
http://towershibuya.jp/news/2018/07/02/121819
演奏は高津昌之さん、マンドレイクの阿久津徹さん、はなさまです。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/history8.html
ヒロポン情報は新●月掲示板「No.5711 - 2018/07/23(Mon)「吸血鬼伝説」をみてください。
http://www1.rocketbbs.com/312/bbs.cgi?id=roman&page=2

高津昌之さんの「その他規格外もろもろ」ページにも掲載されています。牛浜ブラザースのイラストも!
https://takatsu-masayuki.jimdo.com/
No.5744 - 2018/09/22(Sat) 07:12:14
メタル聖地巡礼 / ヒロポン
タワーレコード渋谷店8Fで開催の「MASA ITO メモラビリア・フェスト-THE FINAL-"メタル聖地巡礼"」に行って参りました。早速物販で伊藤政則さんの5曲入りピクチャーレコード、MASA ITO「1977-2018」を購入しました。
「吸血鬼伝説」「海にとけこんで」とアースシェイカー演奏の2曲の他に「海にとけこんで(Orchestral Version)」が初収録!となっています。
今回の再発ではライナー(解説書)は付属していませんが、見開きジャケットの内側にバンド"MASA & VICTIM"のライヴ写真(左側のギタリストは高津さんかしら?)や「吸血鬼伝説」の手書き楽譜等が載っています。
曲クレジットに高津さん、阿久津さん、小松さん、花本さん、北山さん(「海にとけこんで」の作詞)のお名前が英語表記されています。

サイン会にも参加できたので、伊藤さんにスタジオ風景の写真(ころさんにリンク貼ってもらっていたので)を私のスマホで見てもらって、伊藤さん「高津くんだ!阿久津くんだ!もう一人のギタリストは誰かな?」、ヒロポン「花本さんですw」と喜んでいただけました。

限定500枚ですが、今回の先行販売ではお一人様1枚限りでしたので、まだ購入可能かと思います。今後、タワレコやワードレコーズ(販売元)でも一般販売されるのではないでしょうか?
No.5745 - 2018/09/24(Mon) 09:09:03
すばらしいですね♪ / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポン。
メタル聖地巡礼お疲れさまでした。ピクチャーレコード無事ゲットと、内容について詳しくレポートありがとうございます。
『海に溶け込んで』のオーケストラバージョンには驚きです。す♪もう聴きましたか?
参加メンバーのそのお名前を見て、まず嬉しくなってしまいますね。英語表記なんですね。

今年4月21日に亡くなられた小松さんも天国で見て下さっているのではないでしょうか。

サイン会にも参加出来て良かったです。それになんと、録音風景の写真を伊藤さんに見ていただけとわ。
伊藤さんも、思いもかけず録音場面を見る事が出来て、喜ばれて良かったです!
ヒロポンすごい。

お一人様1枚限りの販売でしたか。
ころ結局会期中に行く事は出来ないのですが、行かれる方は無事購入できると良いですね。
いずれ一般発売されてる事を願っています。ありがとうございました。
No.5746 - 2018/09/25(Tue) 06:27:31
NOA / ころ [ Home ] [ Mail ]
桜井良行さんが所属するNOAのワンマンコンサートが明日
シルエレで開催されます♪
http://www.pjr-noa.com/
https://www.silver-elephant.com/schedule.html
ころ残念ながら行かれませんが(涙)素晴らしいコンサートを楽しんで下さいね!
レポートお待ちしています。
No.5740 - 2018/09/14(Fri) 08:06:54
"If Tomorrow Comes"発売記念ライヴ / ヒロポン
ころさんの指令を受けて、6月にリリースされたNOAの2nd Album"If Tomorrow Comes"発売記念のライブに行って参りました。
ステージに向かって右側の席が空いていたので、今日はギタリスト三苫さんの前でかぶりつきで見ました(笑)。
ワンマンライヴ、2部構成でたっぷり曲を聴くことができました。
1部は1stアルバムの曲を中心に演奏されました。今後予定されている1stアルバムの曲を現編成で再録するアルバムに向けての新アレンジとなっています。2ndからも演奏。桜井さんは6弦ベースの他にアップライトベースも弾かれました。粒のそろったベースの音が気持ちいいです。
2部は2ndアルバムを中心に新曲!を含め怒涛の演奏で、気がつくともう22時近くの熱演でした!
NOAの曲は超絶テクニカルな演奏の中にも必ず印象的でメロディアスなフレーズがあるのが素晴らしいです。
竹迫さんのMCによると本日の模様はライヴ録音されているそうです。皆さま、ぜひCD(1st,2nd)を購入していただいて、ライヴアルバムの発売を希望してください!
No.5741 - 2018/09/16(Sun) 08:29:24
渾身のレポート! / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポンありがとうございます!レポートを何度も読み返しました♪
薄暗いシルエレの階段を降りて空席を見つけるまでのドキドキ感をまず追体験しちゃいました。
前回は桜井さんにかぶりつきでしたが今回は三苫さんかぶりつきの席だったんですね。
今回もNOAのコンサートの構成は二部形式で、それぞれファーストアルバム、セカンドアルバムと時系列がくっきりとしていますね。
そこへ、えっ?ファーストアルバムの再録とな?
今回のライブで「トライロジック」の曲が新アレンジで演奏されたんですね♪なんという贅沢。
桜井さんのアップライトベースは前回でも観る事が出来ましたが、かっこいいですよね!
2部はセカンドアルバム収録曲に加えて、さらに新曲とは、22時までに及ぶ長いコンサートも、あっという間だったでしょう。たっぷりと楽しまれてにこにこして会場を後にした様子が目に浮かぶようです。いやー羨ましいです。

竹迫さんのMCによる「本日の模様はライヴ録音されている」とは、もしかしたら当日行かれず悲しんでいるころ含めてのファンへ向けての嬉しい暗示でしょうか?
是非是非ライブアルバム希望します!

ヒロポンお疲れさまでした!
No.5743 - 2018/09/21(Fri) 11:51:48
新月公式サイトより転載します。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな
「リハ快調、か?
10月6日に向けてのリハ開始。
津田は新システムを導入したが苦戦中。」
http://blog.livedoor.jp/shingetsutv/
花北津♪♪♪
前回に続き「か?」がついているけど、新月ファンは気にしないっ。

また、毎週金曜日はマンガ家でもあらせられるはなさまの「フタまんガ」がアプリで読める日です。
こちらはFacebookより転載
[現在「ぴあ」アプリ(無料)内で「フタまんガ」好評連載ちう(毎金更新)。暇なときに見てやってください。
NOW & NEWS の中の今日のぴあ漫画です。
今、モニター期間中で、一般公開は11月だそうです。
App Store
https://itunes.apple.com/JP/app/id983122727?mt=8
Googleプレイ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pia.corporate.pia
ころお気に入りは第10回の「視力検査」でした。
バックナンバーって読めるのかにゃ?
No.5742 - 2018/09/20(Thu) 20:18:39
新月公式サイトより転載します。 / ころ [ Home ] [ Mail ]
はな
「静かの海」大詰め!!、か?
最後に残った古い楽器の録音。
懐かしいむ〜ん。」
http://blog.livedoor.jp/shingetsutv/
ふふふふふ。さいこうです♪
PROG FLIGHT@HANEDA 2018のステージに秘宝館が出現してほしいなー♪と切望してます。やはり新月曲も生お宝で聴きたいですよね。

ZIZZスタジオの公式サイトのNEWSではなさまのキーボードが紹介されています。メロトロンM400、ハモンドL112、ヤマハCP70その中身まで〜♪
http://www.zizz-studio.com/
No.5739 - 2018/09/11(Tue) 22:20:45
1979年12月14日新月・美狂乱ジョイントコンサート / ころ [ Home ] [ Mail ]
遠い星の人さんから頂きました。ありがとうございます。
このビッグ・ボックスが新月初観戦でした。
卒論を提出し終った解放感と共に、嬉しさと同時に初めて行く場所、初めての新月のライヴにドキドキしながら、駅を降りました。
美狂乱の演奏が最初だった事、佐藤正治さんのドラムに圧倒され、北山さんが怖い顔をしていた事、そして、ただ、ただ、新月・美狂乱共に凄まじい演奏だった事。
これしか覚えていません。
こうして遠い星の人さんの写真を見せて頂いても、こういったビジュアルは一切記憶に蘇りません。
そのくらい初めての新月の圧倒的な演奏に呑みこまれていたという事でしょう。
脳内に映像再生装置が欲しいですが、それは叶わない事なので、せめて当時のかすかな記憶をよびさます一助となるこの写真集を提供して下さった遠い星の人さんに、感謝いたします。

https://photos.app.goo.gl/XS3S83Cq7KiPzLdx7
https://photos.app.goo.gl/ytWx6ZcaeoZXA2Mt9
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/shingetsuviplive.html#yamazaki

今日は 新月。

こちらが今での遠い星の人さんからのアルバムのURLです。
屋根裏
https://photos.app.goo.gl/iH3eAcCv2ZupKb8C6
原宿クロコダイル
https://photos.app.goo.gl/WqpE8yYheNn8XmWq5
シルバーエレファント
https://photos.app.goo.gl/n5WKuALLbwbeyLA88
No.5738 - 2018/09/10(Mon) 05:43:37
PROG FLIGHT@HANEDA 2018 / ころ [ Home ] [ Mail ]
いよいよ一か月後ですね。
新月Project feat. 北山真が参加するPROG FLIGHT@HANEDA 2018が10月6日に開催されます。
2016年4月2日に開催された新月四タイトル発売記念「花本彰・北山真サイン会&演奏会」では、トーク、サイン会の後、新月曲『島へ帰ろう』、『せめて今宵は』、『殺意への船出PART1』と、「静かの海」の曲『調べ』が演奏されました。
PROG FLIGHT@HANEDA 2018では、新月曲と、「静かの海」の曲が初お目見えとの事で今から2つの嬉しい楽しみにわくわくしています!

https://photos.app.goo.gl/cYo9kooZ6hxbVoXh6
https://photos.app.goo.gl/XgtSqty78QWk4tfD9
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/diskunion0402.html
No.5736 - 2018/09/06(Thu) 07:43:18
銀の船 / ころ [ Home ] [ Mail ]
Facebookへの北さまのコメントを転載します。
「静かの海『銀の船』、10年にひとつの名曲にご期待を。」
との事です。
船は新月にもとても重要なマテリアルですよね。
ふと「冷凍睡眠/Cold Sleep」の表題曲『冷凍睡眠』のガラスの船、銀のロケットが浮かびました。
『殺意への船出』の船の旅とかぶり、『冷凍睡眠』のアンサーソングかなとか勝手に想像めぐらせています。
いやいやこれはもうそうです。すべては当日ですね!
No.5737 - 2018/09/07(Fri) 12:03:24
2004年9月5日 / ころ [ Home ] [ Mail ]
四半世紀ぶりに新●月のアルバムが発売された日です。
新●月がメジャーデビューした芝ABCホールのliveが収録されています。
再結成の前哨戦にわくわくがとまりませんでした。

当時の新月ニュースを抜粋します。
「花本彰: 荻窪のスタジオJEOにて「新月ライブ」用のマスタリング作業 を行う。
音源は1979年の7月25日、26日の両日行われたホールコンサー トを 1/4オープンデッキで収録したもののカセットコピー。
エンジニアはJEOの竹花直樹氏。そのうしろに津田、花本、北 山が陣取って開始。
ノイズ除去を行うと音楽的成分も一緒に取り除かれるというジ レンマの中どうにか終了。」
これはそのちらしです。
https://photos.app.goo.gl/omip2Ef7EN9p692e6
No.5735 - 2018/09/05(Wed) 18:35:57
金で買える夢 / ころ [ Home ] [ Mail ]
1976年8月13日、目黒区民会館で「金で買える夢」というタイトルのコンサートが開催されました。
HALとSerenadeがお互いの演奏を目の当たりにし、このコンサートがきっかけで新月が誕生しました。
https://photos.app.goo.gl/1svCLUzcfaq7AnwT9
セレナーデのエピソードはこちらを読んでくださいね。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/serenadememo.html
No.5719 - 2018/08/13(Mon) 19:22:15
ROCK WELL / ヒロポン
実は今日ディスクユニオンでレコードを漁っていたら、箱根ロックウェル・スタジオのパンフレットを見つけてしまいました。
写真と録音機材、使用料(メロトロンは6000円)、地図くらいの内容ですが、つい買ってしまいました(笑)。
代表取締役の方のコメントも載っており、日付は1978年3月になっていますね。新月はまだぴかぴかのスタジオで録音したわけですかね?
No.5727 - 2018/08/25(Sat) 22:35:16
ロックウェルスタジオ / ころ [ Home ] [ Mail ]
さすがはなさま任命新月資料室長ヒロポン!
そんなパンフレットまで入手されたとわ。
「新月」レコーディングディレクター森村寛さんにお聞きしたところ、ロックウェルスタジオが出来たのは75か76頃ではないかというお話です。
というのは代表の塩次氏が森村さんのお兄様のお友達のお友達、で、森村さんが高校生の時お兄様と一緒にスタジオに何回か行った記憶があるそううです。

機材の事についてもお聞きしていますので、もう少しちゃんとまとめて補完してこちらに書きますね!
No.5730 - 2018/08/30(Thu) 17:44:39
ロックウェル創音工房株式会社 / ヒロポン
なるほど〜。検索してみると、1976年に箱根ロックウェルでオフコースがレコーディングしているようです。
パンフレットにコメントを書かれている方が塩次氏で、「このまったく新しい録音環境を充分に使いきって、これからの日本のあらゆるジャンルの音楽シーンに、若者の手によるひとつの音楽革命のおこることを期待します。気軽に、リラックスして音楽の精髄を追求するスタジオ。東京からは1時間40分で到着します。」と結ばれています。

宿泊設備も書かれてあって、ヴィラの名称は「ビラそれいゆ」ということがわかりました(笑)。4人用9600円で5人用が12000円となっています。
No.5731 - 2018/09/01(Sat) 00:02:39
ロックウェルスタジオ / ころ [ Home ] [ Mail ]
運営会社名と、塩次氏のコメントと、ヴィラの名前と料金もありがとうございます。
「写真で綴る新●月史」のはなさまのキャプションに、スタジオの近くにヴィラがあり、そこに泊まりこんで合宿状態だったとありますが、それが「ヴィラそれいゆ」なんですね。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/rockwell.html

森村さんに、ロンドンでジェネシスのメンバーと一緒に住んでいた塩次氏が、帰国後作ったのがロックウェルスタジオで、「日本初のリゾートスタジオ」と教えて頂きました。
いろいろ謎がとけてつながって楽しいです。

森村さんに教えて頂いた機材の部分は
最初は、STUDER-A80の16chのテレコで、後に新月でも使用したLyrecの24chが導入されました。
ミキサーはアメリカのAPIで、一時日本のスタジオはAPIだらけだったけど、ロックウエルはかなり早くにAPIを導入していました、との事です。

「新●月●全●史」掲載の森村さんの寄稿文は新月公式サイトの訂正文をご覧ください。
http://shingetsu.tv/discography/zeshiteisei.htm
No.5734 - 2018/09/02(Sun) 08:16:25
1979年11月26日新月コンサート / ころ [ Home ] [ Mail ]
遠い星の人さんの新月コンサート写真第三弾です。
お楽しみください!
管理人ミスでアルバムを見る事が出来なかった皆さま、たいへん申し訳ありませんでした。
https://photos.app.goo.gl/n5WKuALLbwbeyLA88
ちなみに11月は新月のliveスケジュールが満載で当時メンバーは「芸能人みたい」と思ったそうです。
カワカタさんから頂いたシルエレとロフトのスケジュール表はこちらです。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/shingetsuloft11.jpg
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/1978silver.jpg

遠い星の人さん、カワカタさん、ありがとうございます。
こちらが先日アップした写真のURLを再掲します。
https://photos.app.goo.gl/iH3eAcCv2ZupKb8C6
https://photos.app.goo.gl/WqpE8yYheNn8XmWq5
今日は、新月。
No.5718 - 2018/08/11(Sat) 06:05:56
Re: 1979年11月26日新月コンサート / オノヒロ
ころんたさんこんばんわ。お盆休みも終わりクソ暑かった1979年の夏休みも終わりに近づいたころを思い出しています。ころんたさんが挙げていただいた原宿クロコダイルでの写真を見て私が唯一体験した新宿ロフトに来ていたノーブラぼっち美少女が津田裕子さんである可能性を感じております。

あの美少女さんの顔は全く記憶に残っていないですが目の大きな人とライブハウスに行き慣れている印象がここに掲載していただいた写真に近いものを感じます。メンバーの彼女さんかなって思わせる近しい感がありました。自分の記憶ではもっと年下感があったのとノーブラかどうかも置いておいて39年来の謎がまた一つ近づけた気がします。
No.5721 - 2018/08/19(Sun) 12:28:14
1979年の夏休み / ころ [ Home ] [ Mail ]
オノヒロさん、こんにちは。
高校生だった今頃は、オノヒロさんは新月コンサートの余韻に浸りつつ、、夏休みの終わりに近づいていましたね。

さて、新月アマチュア時代はliveではマルチプレイヤー遠山豊さんが、ギターやキーボードのサポート演奏をされていたそうです。
メジャーデビュー決定後は遠山さんはマネージャーに転向され、デビューアルバム「新月」のキーボードは皆さんご存知のように小久保隆さんです。

新月メジャーデビュー後は、キーボードサポートは主に津田裕子さんがステージにいらしたとそうですので、津田裕子さんが客席で新月の演奏を観ていたとは考えづらいのですが、わたしにははっきりわかりません。

当時のコアなロックファンの象徴(第三期マネージャーのタケバさんに教わりましたが)男性は長髪、女性はノーメイク・ロングヘア・ノーブラで、共にジーンズだったそうです(そんな意味ではファッションはジーンズのみが共通でコアなロックファンのカテゴリには入れてもらえなかったなかった?ころ)。ジェーン・フォンダに代表される解放や自由の表現がノーブラだったそうな。

津田裕子さんはクラシックの方ですので、謎ですね。でもメンバーの彼女さんとか、近い関係者の方の可能性がありますよね。夏の思い出の夢を壊してすみません。
No.5722 - 2018/08/22(Wed) 13:52:50
Re: 1979年11月26日新月コンサート / オノヒロ
ころんたさんこんばんは。また暑さがぶり返してきて嫌ですね。
さてご返信ありがとうございます。そうか津田裕子さんの可能性は低そうなんですね。逆にでは一体あの美少女さんは誰だったのだろうと妄想はひろがります(笑)。

それにしてもノーブラへの当時の考察を教えて頂きありがとうございました。掲示板にあまり相応しくない視点かなと思いつつ自分の新月ライブと同じくらい「美少女なのにノーブラ」というワードが記憶に残っていたので思わず書きこんでしまいましたが当時のコアのロックファンはそういったものだったのですね、すでに70年代も最後の年なのに不思議な感覚です。あの新月@新宿ロフトだけがそうだったのかあまりにも子供だった自分には知る由もありません。

ツイッターでもキャメルやUK来日のお話ありがとうございました。なんかロックに詳しいお姉さんに質問しているような感覚です。勝手ながらころんたさんは察するに文学系女子のようですから今時ならBL小説や漫画を語ってそうなイメージで当時としてもきっとあまりロック感はなかったのではと予想されます(勝手にすみません)。

またこのサイトで掲載されている79年のシルバーエレファントのライブスケジュールでは当時子供だった自分には美狂乱はまったく知りませんでしたがムーンダンサーは何かの歌番組で出て確か「アラベスク」を歌ったのを憶えてます。当時新月のLPかムーンダンサーのLPかどちらかを買おうと試聴したことも今描きながら思い出しました。結局新月を選んだのは正しい選択だったのかな。後でムーンダンサーの再発盤ライナーノーツで知ったのですが彼らは有名歌謡曲歌手のバックバンド出身だったから歌番組とかにコネがあったみたいですね。

あともう一つ気になっていたグループにシルバーエレファントに出演してたらしい「グリーン」がありました。どこかの雑誌に「UKのようなサウンド」と書かれていて気になっていました。結局ライブを体験することもなく多分レコードをリリースすることもなかったかと思いますがこちらの掲示板にはこのバンドの情報ご存知な方はいらっしゃったりしますかね?

あと同じ79年に遡るシリーズでカシオぺアも聴き直しはじめてます。カシオぺアはしばしば休息期間を挟みながらもサザンと同じ40年間やってらっしゃってて改めてすごいなと思いつつギターでメインコンポーザーの野呂一生さんの自叙伝なども読み始めています。こちらにも77年〜79年頃の東京のライブハウスの話しがたくさん書いてあって興味深いです。ますますあの頃への想いが深まります。

まとまりのない文章で申し訳ないですが。この辺で。ではまた。
No.5724 - 2018/08/23(Thu) 00:18:55
GREEN / ヒロポン
わたしも当時のことは知らないのですが、GREENの写真を古いフールズメイト誌で見たことがあります(vo入りの編成だったか)。ギターは現Lu7の栗原さん、ドラムはKBBやネガスフィア、アクアポリスの菅野さん、ベースが岡本さん、keyが白田さんです。
GREENはマーキーから出た『伝説の彼方〜東京シンフォニックシンドローム』というオムニバスCDに1曲「都」が収録されています(アクアポリスの曲も収録)。
他にカセット作品もあったそうです。
新月プロジェクトも出演する10月のライヴイベント「PROG FLIGHT」にLu7とKBBも出演するので、GREENの再現があるといいなあ〜
No.5726 - 2018/08/25(Sat) 22:19:26
当時 / ころ [ Home ] [ Mail ]
オノヒロさん。いつもながらお返事遅れてすみません。
この時代の「空気」をまずは新月ファンとしてはなさま「新月史」の描写を再読していただければと思います。

「この時代の代表的なロックファッションは・きちんと手入れ されていない、ただの長髪 ・ロンドンブーツ ・それらにマ ッチするカバン類、といったものでした。着飾るという概念が 全くなかった僕でさえ、ホソノのオーダーメイドブーツをはいていました。」
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/shingetsushinjitu.html#1975

2003年当時、ファンサイトに寄稿していただいたこの文章に当時に思いを馳せわくわくしたものです。

「ノーブラ」という今は刺激的な言葉も、わたしもタケバさんからの説明のうけうりですが、Jane Fondaが、ニューカルチャーのアイコンだった時代は「ロック少女ならロングヘア、ノーメイク、ノーブラでジーンズ、男性なら長髪」だったそうです。でもこれは、さすが東京だなーと神奈川のはずれに住むわたしは感じましたです。

いずれにしろ、偏った見方かもしれませんが、クラッシクのピアニストである津田裕子さんが、そのスタイルで街中に、というのがわたしにはちょっと考え辛いです。

79年はプログレ外タレ来日ラッシュで、その中でもU・KとCAMELに行かれた事は幸せでした。とどめが日本のプログレ11月12月の新月だったわけです。

うーん?そうですねーその手の少女漫画ではお凉さまの「ミシェル・デュトワ」のシリーズにははまりました。主人公にかかわる人物がどうみてもボウイ、プラントそのままでしたねー。
このあたりは新●月掲示板からはずれますので、かつて駄菓子屋掲示板でも少女漫画で盛り上がった事がありますので、機会がありましたら、そちらで語りましょう。

ムーン・ダンサーは当時の人気番組「ぎんざナウ」に出演していたそうです。わたしも学校から帰ったら時々見ていた記憶があります。なるほど、だから『アラベスク』もふつうに耳にしていたのですね。
そこでオノヒロさんが新月を選ばれたのはやはりご縁ですね♪
ちなみにムーン・ダンサーの81年解散コンサートを開催した会場が、79年12月に新月・美狂乱ジョイントコンサートが開催されたビッグ・ボックスだそうです。

「カシオペア」は全くわからずすみません。
グリーンに関してはヒロポンが詳細に解説してくださっています!
No.5728 - 2018/08/30(Thu) 17:33:43
GREEN / ころ [ Home ] [ Mail ]
ヒロポン、グリーンについて詳細ありがとうございます♪
くらくらするようなそうそうたるメンバーで構成されたバンドだったんですね(驚)。
そのメンバーの皆さんのバンドがPROG FLIGHT@HANEDA 2018で、新月Project feat. 北山真と共演する・・・。
つながっているんですね(しみじみ)。
No.5729 - 2018/08/30(Thu) 17:38:16
エコロジー / ヒロポン
補足します。
GREENのカセット作品と書いたのは、実際にはリットーミュージックからリリースされた『第1回オリジナル・テープ音楽祭 優秀作品集』というカセット・テープということです。GREENは「エコロジー」という曲が1曲収録されているそうです。栗原さんに教えてもらいましたw
No.5732 - 2018/09/01(Sat) 09:00:07
ヒロポン♪ / ころ [ Home ] [ Mail ]
補足ありがとうございます。
Lu7の栗原さんに教えて頂いた盤石の情報!心強いですね。
オノヒロさん、いかがでしょうか♪?
No.5733 - 2018/09/02(Sun) 07:49:51
「冷凍睡眠/Cold Sleep」 / ころ [ Home ] [ Mail ]
2015年8月23日「冷凍睡眠/Cold Sleep」北山真with真○日
発売記念、北山真サイン会が開催されました。
清水一登さん、桜井良行さん、れいちさん、林隆史さん、吉田一夫さんというそうそうたるメンバーが録音に参加され、さらに花本彰さんとの共作『手段』が収録された素晴らしいアルバムです。
その素晴らしさは、このアルバムが「ディスクユニオン新宿ベスト2015年」になった事が証明しています。
http://shingetsu-koro.whitesnow.jp/coldsleepdu0823.html
https://photos.app.goo.gl/4kTGZviYGYt4HuV49
No.5725 - 2018/08/23(Thu) 07:29:54
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
199/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS