01278

FIC掲示板

活発な意見交換や質問、勉強会の紹介など書き込んでFICを盛り上げていきましょう。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
 
 
第1回スポーツクリニック研究会のお知らせ / いちはら病院 唐澤幹男
勉強会の紹介をいただいたので掲載します。
興味のある方はぜひ!

http://www.shilacjp.co.jp/news2.html

関節鏡世界No.1ドクターのK. Donald Shelbourneを講師としてお招きし、アレックスメディカルグループのセミナーに共催しました。

日時 平成21年11月11日(水)PM6:30〜9:00
   平成21年11月12日(木)PM6:30〜9:00

   場所 東京国際フォーラム G610号室

   主催 アレックスメディカルグループ
       株式会社 シラックジャパン


K.Donald Shelbourne MD(略歴)
  
 米国インディアナポリス在住。専門は、整形外科および関節鏡手術。膝靭帯再建とリハビリテーションで高名。オープンによる前十字靭帯の対側性ACL再建術を開発し、ACL再建を早めるリハビリテーション・プロトコルを開発されました。
 シェルボーン先生の診療は1982年から始まり、クリニック、手術、治療と研究を一環して行っています。彼は独自の進歩的な前十字靭帯(ACL)損傷の外科的療法とリハビリテーションの研究に集中し、4000以上の ACL再建手術を行い、その再建状況と結果を集め、150以上の学術誌記事と40冊の学術書に発表されています。現在の研究を通して、シェルボーン先生は最新の治療とリハビリテーションを世界中の患者に施しています。
 1994年に、シェルボーン先生は受傷していない膝から膝蓋腱移植片を使用するACL再建術を行いました。この進歩的な術式は、患者の膝の再生能力を早めることに成功し、ほとんどのアスリートは術後3ヶ月で彼らの望んでいるスポーツに復帰しています。

* 元・NFLインディアナポリス・コルツチームドクター
* 現・ビック10カンファレンス パデュー大学フットボールチームドクター


  ご挨拶

 近年スポーツクリニックは増加の一途を辿っており、その存在価値も大きくなっています。しかしその中で患者さんに選ばれて残っていくには、たゆみない研鑽が必要です。私たちの願いは患者さんが日本中、そして将来的には世界中で安心して高水準の医療を受けられるようになることです。そのためには、常に最新の情報を共有する優秀なスポーツドクターのネットワークを構築することが必要です。 各医師が地域に密着しながら、世界最高レベルのスポーツ医療サービスを提供できるようになることを目指します。
 ただし本会は既存の学術学会・研究会とは異なり、スポーツクリニック特有の諸々の課題を扱います。忌憚ない意見交換を行うためにも、参加希望者は紹介者を必要とする形をとらせて頂きます。学術・運営・人事等、幅広いテーマで討論し、日本のスポーツ医療全体のレベルアップを図りたいと考えております。

アレックスメディカルグループ
理事長 林 英俊
 

林理事長Profile
  
昭和39年2月2日東京生まれ。日本医科大学を平成3年に卒業。その後、日本医科大学付属病院を始めとする関連病院勤務を経て、平成15年9月長野県にて佐久平整形外科クリニックを開院。その後上田整形外科クリニック、都立大整形外科クリニックを次々と開院し、平成19年2月に広域医療法人として相互に連携し地域に根ざしていながら世界に通じる最高の医療サービスを目指している。今年8月には東京・明大前、9月に長野にもクリニックを開院し、オープンベッドシステム構築にもトライして100人以上のスタッフの専門性構築に挑んでいる。


 そのカリスマ的存在で今日米国のみならず世界的名声を得られたシェルボーン先生をお招きし、いかに20年・30年前に今の現場を想定され、どのように現在のシステムを構築されたのか?という今までの学会発表では拝聴できなかったような深い内容にまで突っ込んだ講演を付加した特別講演をご提供できることはスポーツ医学に携わる人間として大変な喜びでございます。
 しかし、これは単なるスタートに過ぎず今回構築できる日本でのネットワークをいかにステップアップさせ10年いや20年先のスポーツクリニックを見据えることができるのか?という課題を日本国内での見識に囚われず自由に世界の卓越した見識に触れて頂きたいと願いこの講演を企画実現致しました。これからのスポーツクリニックのあり方を皆様と共に世界レベルで考えて行きたいと願っております。
 この企画の漠然としたアイデアの段階から当社の主旨に大いにご賛同頂きご支援頂いたアレックスメディカルグループ林理事長には紙面をお借りしまして、深く御礼申し上げます。


株式会社シラックジャパン
代表取締役 船井 祐次
 




  ご案内

  名称  第一回スポーツクリニック研究会

  講演  K. Donald Shelbourne, MD

  日時  平成21年11月11日(水)
       PM6:30〜7:30 
講演内容 「Rehabilitation to Achieve Knee Symmetry:Effective Treatment for Many Knee Conditions 」
(Achieve Knee Symmetryのリハビリテーション:多くの膝疾患の有効な治療)

       PM8:00〜9:00 
 講演内容 「History of my practice and my outlook of the future 」
(25年に及ぶACL損傷からの治癒への戦いと今後の展望)

      平成21年11月12日(木)
       PM6:30〜7:30 
講演内容 「ACL reconstruction with patellar tendon autograft-mini-arthrotomy technique」
(膝蓋腱自家移植ミニ関節切開テクニックによるACL再建)

       PM8:00〜9:00 
講演内容 「What I’ve learned about the ACL」
(ACL損傷治癒から得た外科医としての医療サービス)

 参加申し込み
     医師   \15,000(全日程)
     その他   \3,000(全日程)
          <軽食・飲物含む>
     * 座席に限りがございますので、お早めにご予約ください。
      尚、定員に達した場合、ご参加いただけない場合もございますので予めご了承ください。
     * 講演詳細はシラックジャパン・井上及び村上までお問い合わせ下さい。

  まずはこちらより申込用紙を入手し、御記入の上FAXでお申し込み下さい。
  空き情報の確認後、担当より申込有無のご連絡をさせて頂きますので、
  予約確認後に口座へお振込をお願いいたします。
No.296 - 2009/09/22(Tue) 00:47:38
 
 
 
 
第31回臨床歩行分析研究会定例会 / いちはら病院 唐澤幹男
いつも通り勝手に転載してます。

福井先生すみません。

これは熱いですよ。http://pt.hst.u-bunkyo.ac.jp/gaitanalysis/gaitanalysishp.html

第31回臨床歩行分析研究会定例会を文京学院大学ふじみ野キャンパスで開催いたします.会員の皆様の多数のご参加をお待ちしております.会員以外の方でも参加できます.歩行分析に興味のある方がいらっしゃいましたらお誘い合わせの上ご参加下さい.また演題募集も同時に行っておりますので、皆様の多数の応募をお待ちいたしております.


第31回臨床歩行分析研究会定例会 会長 福井 勉


 【会期】 2009年12月12日(土),12月13日(日) 
 
 【会場】 文京学院大学ふじみ野キャンパス        
※13日(日)はスクールバスはございませんので、東武バスをご利用ください

 【プログラム】 


プレカンファレンス [平成21年12月12日(土)15:00〜18:15]

知覚の観点からみた歩行の制御とリハビリテーション
 首都大学東京 樋口 貴広 先生

 かつて歩行のリハビリテーションといえば,主として歩行に必要な運動機能回復を意味していたが,最近では,知覚機能に着目した介入が歩行機能を改善させうることが次々と報告されている.本講演では,視覚と歩行に関する最近の研究動向や演者自身の試みについて紹介する.


歩行動作分析から生まれたウォーキングシューズの開発事例
 ミズノ株式会社 尾田 貴雄 先生
 
 世界の舞台で活躍するトップアスリート,ウォーキングを楽しむシニア世代やオフィス街を闊歩するビジネスマンらの一般ユーザー.競技の世界で培った技術を一般ユーザーのウォーキングやビジネスシーンにまでフィードバックする.これがミズノ・ウォーキングシューズ開発のテーマです.




 定例会 [平成21年12月13日(日)9:00〜16:00]

テーマ『動作分析と臨床活用』

●シンポジウム 

歩行と運動連鎖
 文京学院大学 山ア 敦先生

 歩行においては,床面と直接的に接する足関節・足部が重要な役割を担う.しかし,周期的運動である歩行では膝・股関節,さらには骨盤−体幹へと運動は拡がりをみせる.この運動連鎖について,機能評価・治療を視野に入れた理学療法士の観点から述べる.


ハイヒール歩行の難しさ
 九州中央リハビリテーション学院 国中 優治 先生 
 ハイヒールは女性の歩行を美しく見せるために,重要なファッションアイテムの一つである.しかし,普段見かける若い女性の歩行は決して美しいハイヒール歩行ではない気がする.正しいハイヒール歩行とそうでない場合において運動学的にどのような違いがあるのか,分析・検討してみる.

●一般演題

【参加費】
 会員 5,000円
非会員 6,000円
 学生 2,000円
→参加申込(必ず氏名,所属,職種,会員または非会員の記載をお願い致します)
※必ず事前振込をお願い致します(平成21年度分の会費納入者が『会員』となります)。
※参加申込後1週間以内に,申込受付の返信がない場合は下記の問い合わせ先までご連絡ください。
なお、振込先の詳細はメール内にてご案内いたします。
No.295 - 2009/09/21(Mon) 23:41:31
 
 
 
 
第18回FIC勉強会のお知らせ / いちはら病院 唐澤幹男
いつもお世話になっております。

第18回FIC勉強会のお知らせです。

テーマ:「捻挫」
講師:鹿沼整形外科病院 斉藤 嵩 先生
日時:10月2日(金) 20:30〜
場所:いちはら病院 OT室
参加費:500円

今回は栃木から斉藤先生に来ていただき、「捻挫」やそのリハビリテーションについてお話していただけることになりました。

斉藤先生は栃木で「稲穂」という勉強会を主催されているメンバーの一人でとても熱苦しい先生ですが、知識量とその考察の深さにびっくりします。

足部に関して大変興味深いお話が聞けますので、御都合のお繰り合わせのうえお越しください。

参加希望の方は氏名・所属を記載の上、 info_fic_jp@yahoo.co.jp までご連絡ください。

何卒よろしくお願いいたします。
No.289 - 2009/09/10(Thu) 01:56:47
 
 
 
 
Re: 第18回FIC勉強会のお知らせ / いちはら病院 唐澤幹男
あげます↑
No.294 - 2009/09/15(Tue) 01:15:29
 
 
 
 
ナイトセミナーのご案内 / いちはら病院 唐澤幹男
面白そうな勉強会を見つけました。興味のある方はぜひ。

日時 :平成21年10月31日(土曜日)
    19時-21時30分(受付開始は18時30分)
会場 :昭和大学藤が丘リハビリテーション病院内
講師 :安里 和也、山口 光國
タイトル:「姿勢と歩行について」
参加費:3,000円(軽食付)
募集人数:40名

ご希望の方は、下記アドレスにお申し込みください。
physio99step☆mbe.nifty.com (☆を@に変えてください)
No.293 - 2009/09/15(Tue) 01:15:03
 
 
 
 
ワンダーフォーゲル勉強会のお知らせ / いちはら病院 唐澤幹男
ワンダーフォーゲルの野澤先生から勉強会のお知らせをいただきました。

内容の濃い勉強会です。そして今回の発表者もかなり熱い方です。

以下詳細です。

日時:平成21年9月30日(水)
時間:19:30より1ケース。21時終了予定。遅くなってしまう可能性があります。
講師:参加者全員
会場:立正佼成会附属佼成病院 地下鉄丸の内線中野富士見町駅より徒歩1分
   申し込みいただいた方に会場の詳細をお送りいたします。
募集人数:20名
募集方法: wondertwenty@yahoo.co.jpまでお名前、所属先、経験年数をお書きの上ご応募ください。
参加費:無料

*今回も前回同様、講師を立てない方式となりました。
是非とも、参加者の皆様のお力で積極的なディスカッションの場になればと考えております。
演者の先生、参加者の皆様、ワンダーフォーゲルみんなで色々な視点より討論できたらと考えております。
一人一人で向き合うことでよりよい場となればと考えております。

発表内容として、演者による普段、臨床で患者さんを診るときの視点、推論付けをどのように行っているかという点を述べてもらった上で、症例の発表にうつります。そこでどのようにして問題点にいたったかという点についてを流れの中で発表していただく予定です。

たくさんのご参加お待ちしております。

ワンダーフォーゲル事務局
No.290 - 2009/09/11(Fri) 00:18:49
 
 
 
 
メルマガ発信開始♪ / てぃーだのケイ先生
てぃーだコンディショニングで、施術者向けの無料月刊メルマガを発行することになりました♪


内容以下のようにお得情報盛り沢山となっております!


・院長OTケイ先生のつぶやき。(最近のブーム、小話など)
・東洋的身体観や施術、オステオパシー等の代替医療をリハビリの臨床に活用するコツを紹介。
・PT・OTが自分の心身の為に出来る事。(自分で出来る体調管理)
・養武法創始者大関先生:治療効果の出せる武術的身体技法のコラム
・アレクサンダーテクニークインストラクター多田先生:アレクサンダー的ハンドリングコラム
・積聚会インストラクター稲森先生:現代医学に活かせる東洋医学コラム
・PTOTへの開業最新情報。
・お薦めの勉強会。(東洋医学系、Bodywork系などで比較的リハビリに応用しやすい勉強会を紹介)
・お薦めの書籍。(施術、経営に関するムっと唸る本を紹介)
・てぃーだセミナーの紹介。


「是非読みたい!!」という方は以下のURLからお申し込み下さい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tida-biz/img/mailmagazin.html

どうぞよろしくお願い致します★
No.284 - 2009/09/08(Tue) 16:37:08
 
 
 
 
Re: メルマガ発信開始♪ / いちはら病院 唐澤幹男
K先生

書き込みありがとうございます!

このメルマガはすごい情報量ですね!

早速登録します!
No.286 - 2009/09/08(Tue) 17:44:26
 
 
 
 
Re: メルマガ発信開始♪ / てぃーだのケイ先生
たまにコラムの休稿があると思いますが(笑)
No.288 - 2009/09/08(Tue) 18:50:43
 
 
 
 
アナトミートレインワークショップ / いちはら病院 唐澤幹男
来年2月27日から開催のアナトミートレインワークショップの詳細決定と共に、参加申し込み受付を開始したようです!


クラス内容の詳細、お申し込みに関しては、下記のサイトを御覧ください。こちらのサイトで直接お申し込みの手続きを行っていただだけます。

http://somaticsystemshop.com/

今年のクラスは、実技に時間をかける時間的な余裕がなかったこと、参加者数が予定を越えて多くなり過ぎ、一人一人の参加者の方が、充分に練習をする時間がとれなかったことを反省材料として、来年のクラスは、ライン全ての概要要をカバーし、数多くのボディリーディング、手技のデモで構成された2日間のレクチャークラスと、各2日間ずつの、実技中心のハンズオンクラス2クラスで実施する予定らしいです!

もうすでに申し込みが多数あるようです!

アナトミートレインはこれからのPT界でマストですよ!
No.287 - 2009/09/08(Tue) 18:01:55
 
 
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
190/200件 [ ページ : << 1 ... 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS