00865
Let's See Action

名前
メール
URL
件名
アイコン [ List ]
文字色
/ 編集パス
サイトについて / yukie@WHO's Generation
4月まで契約していたレンタルサーバ会社に問い合わせをしたところ、whosgeneration.infoというドメインはもうその会社の管理を離れていて、どうにもできないということでした。
私達は2月の閉鎖にあたってサーバ上からサイト内のデータを消去し、4月にレンタル契約を満了しています。
その後にどこかの誰かがwhosgeneration.infoドメインを取得し、当サイトの過去のデータをアップロードしたということが推測されます。
なので、私達には今はもう何もできません……。
せめて、このまま変えずにいてくれることを祈るのみです。(それはそれで、内容がどんどん古くなっていってしまうのですが)
掲示板だけは、このまま続けていくつもりですので、引き続きよろしくお願いいたします。
No.1316 - 2014/07/08(Tue) 22:36:59

Re: サイトについて NEW / eira [ Home ]
そういうこともあるんですね…。

今日見たらトップページに恐らくアダルトサイトへのリンクが貼られていました。
残念です。

勝手ながらわたしのブログでyukieさんのコメントを引用させてもらい、現在の状況を説明した記事を書きました。
現在の状況が意図したものではないことが少しでも伝われば…と思います。
No.1317 - 2014/07/18(Fri) 12:07:49
(No Subject) / yukie@WHO's Generation
すみません、「復活おめでとうございます」とお祝いの言葉をいただいて恐縮ですが……

閉鎖にあたってご挨拶の文章以外の全データをサーバ上から削除したはずの当サイトが、今回なぜまたウェブ上に表示されているのか、管理人一同さっぱりわからない状態です。
「サイトがまた見えるようになっている」とご連絡をいただいてびっくりしているところです。
今後原因を探って対策していくつもりですが、とりあえず、今の状態が管理人の意図したものではないこと、今後の更新は予定していないことをご理解いただければと思います。

P.S. 50周年記念ツアーの発表嬉しいですね。
それとウィルコとロジャーの新婦、本当に素晴らしく、胸を打たれました。
No.1314 - 2014/07/03(Thu) 13:42:22

Re: お願いしたいこと / oshizushi?
返信ありがとうございますm(__)m
まさか、管理人さんの意図ではなかったというのは驚きです。
しかし、管理人さんにお願いがあります。。。。
きっと叶わぬことでしょうが、いつかまたこのサイトを復活させて頂けないでしょうか?
このサイトには数々のTHE WHOの偉大な足跡が多々収録されており、THE WHOを初めて知った方々への、特にTHE WHOの書籍や資料が少ない中彼らの歴史を知らない人にとっては新たな情報や新事実(ピートのポルノ疑惑については周りのメディアに対して憤りを感じていました。私は無実を信じていた一人です。でも日本のメディアは冷たく彼らに怒りも感じていましたがこのサイトのピート様の膨大な資料や情報、自伝のお陰で心が晴れました)
私もTHE WHOの事が大好きですがあまりの情報の少なさに疑問や謎を感じていましたが、このサイトのお蔭で色んなファンと情報を交換したり、THE WHOの話題で大いに盛り上がり、人見知りな私を前向きにしてくれました。
乳がんの長い闘病生活中にもこのサイトでの暖かいファンの皆様の交流やホームページを読みながらTHE WHOを聴いて新たな発見やこのバンドの偉大さ、尊敬、皆様の暖かさを感じていました。
長い闘病生活を終えた後のホームページの封鎖の声明に、私は驚きと共に喪失感を覚えました。
周りのWHOファンの人たちはきっと寂しいはずです。
世界一のTHE WHOファンサイト、日本一熱いコミュニティーBBS・・・・ets
ホームページを無理に更新する事はありません(>_<)
どうかこのままホームページを存続していただけないでしょうか?
「今日は何の日?」と言うコンテンツも楽しみにしていました。
(でも、更新が無いのは仕方が無いことですが毎日たのしみにしていたコンテンツの一つでした・・・・・)。
個人的にBBSだけ残すというのは寂しいです。
管理人さんたちが血と汗を流して作られたこの偉大なサイトが完全に無くなるのが私にはとてもつらいのです。
当然これは私の意見ですし、反論する意見は承知の上です。私今野池ですから・・・・・。
そして私またこのサイトの復活を願っているものの一人です。
どうか消去せずに永久保管できないでしょうか?
無理にとは言いません。世界一偉大な「元祖ロック」バンドTHE WHOも50周年。
もし存続できなくてもいつか復活することを夢見ています・・・・・。
勝手な発言申し訳ございませんm(__)m
No.1315 - 2014/07/04(Fri) 17:44:26
(No Subject) / oshizushi?
THE WHO 50周年記念ツアーが発表されましたね(#^.^#)

THE WHOのフェイスブックより

https://ja-jp.facebook.com/thewhojp


Japanese FANさんからの文章を引用させて頂きましたm(__)m

以下抜粋

昨日(6月30日)ロンドンで、ロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントによるQ&A形式の記者会見とミニ・アコースティック・ギグが行われました。


会場は老舗ジャズクラブ「ロニー・スコッツ」。
1969年5月1日にマスコミの前で初めてトミー全曲を発表して以来、同会場では45年ぶりの演奏です。

複数のソースからの情報をまとめますと、

演奏したのは
Substitute
Bargain
The Kids Are Alright
Won’t Get Fooled Again
の4曲。

ツアーについて:
<ロジャー>
「ロング・グッドバイ・ツアー」の始まりになる。
もちろんアメリカでもやって長年のサポートに対する感謝を伝えたい。
<ピート>
ヒット曲を中心に、長年のファンのために珍しいものもやれるかもしれない。
25周年の1989年のツアーでは100曲ぐらいリハーサルしたが、今回はそれほど多くならない予定。


新アルバムについて:
ピートは既にロジャーにデモ3曲を渡し、幸いにロジャーも気に入った。
今年の夏からレコーディングに入る予定。

他にショーでの観客の録画について、ウィルコ・ジョンソン、キース・ムーン、ショーでの新しい技術使用について、など。

また、会場にはザック・スターキーも来ていて、足踏みでリズムをとっていたとのことです。

グッバイツアーとありますが、単独の公演は続いていくらしいので、これからもTHE WHOのロジャー、ピート、ザック、サイモン、ピノ、バウンドリックを応援しましょう(*´▽`*)

是非再々再来日を実現していただきたいですね!
No.1313 - 2014/07/01(Tue) 20:43:16
お帰りなさい! / oshizushi?
管理人さんの皆さん!
本当にお帰りなさい(^O^)/
あまりにも嬉しくて今日は眠れそうにありません!
この世界一のTHE WHOファンサイトが閉鎖した時、私の心に大きな穴がい空いて、THE WHOを聴いて寂しさを埋めていました。そしてとても寂しかったです・・・・。
でも!また復活していただいて、
ファンの皆さんともまた再会できて大変うれしく思います!
どれだけこのサイトの復活を待ち望んだことか!
私もTHE WHOどっぷりはまり、世界一のギタリストピートタウンゼント様の日本語訳自伝を読んでいます。
THE WHOも今年で50周年!
何か50周年記念の書籍や特設コンテンツ等楽しみにしています!

PS:最近THE WHOが引退宣言をしているというデマがありますが、THE WHOが終わる訳がありません(>_<)
これからも伝説は生き続けます!

Long libb Rock!
No.1312 - 2014/06/29(Sun) 17:25:21
Quadrophenia DVDについて / 不破
このページの復活おめでとうございます!
ところで今度発売される Quadrophenia liveについてですがファンの皆様の評価としてはいかがでしょうか?
ドラムがZakではないようでうがバンドにフィットしてますかね?
No.1310 - 2014/06/19(Thu) 09:40:43

Re: Quadrophenia DVDについて / eira
Live in Londonのドラマー、スコット・ディヴォーズはロジャーのTOMMYツアーのバンドメンバーでした。
ロジャーおよび今回のサポートメンバーの多くとはTOMMYツアーで共演しているので息が合った演奏ができていたのではと思います。

ザックがパワフルならスコットはスピーディーという感じで、手数が多い部分は若い頃のキースみたいな雰囲気があるように感じました。

わたしは輸入盤Blu-rayを観たのですが、スクリーン映像とステージを上手く配置した編集になっています。
映像はThe Whoとその時代背景という感じで懐かしい映像も多々観ることができます。
少しでも興味があればぜひ観てみてください。

個人的にはザックの離脱(腱の故障)がショック過ぎて実はまだ立ち直っていません(笑)
この作品で叩いているのがザックだったらどんなに良かっただろうと思っていますが仕方がないことですね…。
スコットがいたからこそツアーを続けられたという点では感謝しています。
No.1311 - 2014/06/27(Fri) 00:20:11
Going Back Home♪ / Daimyo
初めて書き込み失礼します!
本日予定通り、注文していたロジャーとウィルコの新譜が着弾しました!嬉しくて感動して・・・皆さんと喜びをシェアしたくて、、、
Who's Generationありがとう☆

Daimyo/ひらいゆたか
No.1308 - 2014/03/30(Sun) 16:06:00

Re: Going Back Home♪ / LUNA
私は、国内盤待ちをして水曜日に買いました。
ロジャーの力強い歌声が、心地良いです。
ウィルコとの古い社交辞令の様な約束を守るロジャーに、感謝です。
ありがとう、ロジャー!
No.1309 - 2014/04/04(Fri) 22:09:48
訂正 / oshizushi?
↓の先生とはけいおん原作者のかきふらい先生の事です!
No.1307 - 2014/03/07(Fri) 17:54:07
けいおん!! / oshizushi?
アニメ、けいおん!!第二期をThe whoのフー・ズ・ネクストを爆音にして聞きながら見ました(*^-^*)
私は第三話の『ドラマー!』と言う話が大好きなんです。
田井中律というキャラクターがドラムに挫折してしまう話なのですが、キース好き、The who好きにはたまらない内容です(*^▽^*)
そういえば華奢な体してる私もザックやキースみたいに体鍛えたりドラムの叩き方真似してたなぁ(*'▽')
因みに私はキースも好きですが、ザックファン・・・・(キースムーンファンの皆様本当にゴメンナサイ(T_T))
けいおんはThe whoの愛に満ちあふれている作品です!
唯なんてピートタウンゼンドのウィンドミル奏法しょっぱなからやってるし・・・・(後唯役を務めた声優さんの豊崎愛生さんもバンドのライブでピートのウィンドミル奏法やってました(#^.^#)先生は生粋のThe whoファンだと友達から聞きましたが、
今日もThe whoを爆音でかけながらけいおん観ている毎日です(*´▽`*)
No.1306 - 2014/03/07(Fri) 17:51:52
THE WHO一時解散の真相 / oshizushi?
ロジャーがTHE WHOを一時解散させた真相を語っています。

http://www.barks.jp/news/?id=1000100895

過酷なツアーで壊れていく親友ピートを思っての解散だったんですね・・・・。
涙が止まりませんでした(T_T)
No.1305 - 2014/03/06(Thu) 13:34:13
(No Subject) / at
何とも寂しい限り・・。
管理人さんたちの色が好きでした。
大ファンだけどコア過ぎないというか。

Quadropheniaのツアーは欧米向けのようで残念でしたが、
2〜3年内にはThe Whoとしての最後?の来日の可能性がある。
・・と信じています。

近い将来に再開してくれ〜〜!!
なんて勝手なことを思いつつ・・。
このサイトはその都度ワクワク感を与えてくれた10年でした。
ありがとう!!!
No.1304 - 2014/03/05(Wed) 10:56:04
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS