07859

東京”新商会”掲示板

何でもお気軽にお書き下さい

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
五泉は当然だ / 金子(昭和36年卒)
問題は4校の中に入るかどうかだ
入る確率は高いとみる


五泉や被災のいわき海星など9校
センバツ21世紀枠候補に

 日本高野連は14日、第85回選抜高校野球大会(来年3月22日から13日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、本県の五泉(北信越)や、東日本大震災で津波被害に遭ったいわき海星(東北=福島)などが選ばれた。記念大会となる第85回大会は同枠で例年より1校増の4校が選出される。出場校は一般選考と同じ来年1月25日の選考委員会で決まる。

 そのほかの7校は地区別に、遠軽(北海道)日立一(関東・東京=茨城)豊川(東海=愛知)堀川(近畿=京都)益田翔陽(中国=島根)土佐(四国=高知)門司学園(九州=福岡)。

 五泉の選出は初めてで、成績が評価されたと見られる。同校は今秋の県大会で3位となり、2001年春以来、11年ぶりに北信越大会に出場した。1回戦で準優勝した敦賀気比(福井)に2―3でサヨナラ負けしたが、一時はリードを奪うなど健闘した。

 後藤桂太監督は「感謝している。実力を付けられるように、やれることを一生懸命にやっていきたい」と話した。

 21世紀枠は2001年の第73回大会から導入された。過疎や部員不足といった困難な条件の克服など、戦力以外の特色を加味して選出。今大会からは秋季都道府県大会原則ベスト8以上としていた従来の選考基準を原則ベスト16以上に緩和した。地区ごとに1校が推薦され、第79回大会までは2校、第80回大会からは3校が選ばれている。

 出場校は候補9校から東(東海、北信越以東)と西(近畿以西)でそれぞれ1校を選び、残り7校から地域を限定せずに2校を選出する。

 21世紀枠で県勢は03年に柏崎、11年に佐渡が甲子園に出場している。北信越地区候補校には08年に村上桜ケ丘、09年に新潟が選ばれている。

【スポーツ】 2012/12/14 17:46
No.267 - 2012/12/15(Sat) 08:21:00
奇跡的 / 金子(昭和36年卒)
よかったよかった

執念の残留、柳下監督の続投決まる

 サッカーJ1のアルビレックス新潟は1日、J1残留を決めた。新潟市中央区の東北電力ビッグスワンで行われた今季リーグ最終戦で4―1で札幌に勝利し、残留圏の15位に浮上。最終節で2クラブを逆転し、2004年シーズンから続く、J1の座を死守した。また、柳下正明監督(52)が来季も指揮を取ることが同日、決定した。

 前節までJ2降格圏の17位だった新潟は、残留へ向け必須だった勝利をつかんだ。残留を争う神戸、ガンバ大阪がともに敗れ、新潟は勝ち点で両クラブを上回った。新潟はリーグ戦10勝10分け14敗で、順位は昨年より一つ下げ15位だった。

 前半8分、DF坪内秀介選手が先制ゴール。43分には、CKから最後はFWブルーノ・ロペス選手が頭で押し込み、2―0で折り返した。後半26分、FWアラン・ミネイロ選手が右足で、35分にはFWロペス選手が頭で決めた。守備陣は冷静な対応で後半8分の1失点に抑えた。

 気温5・3度の寒さの中、スタジアムには約2万8千人のサポーターが集まった。残留が決まると大歓声に包まれた。

 主将の本間勲選手(31)は「1年間苦しい戦いが続いた。最初の目標とは違うが、残留という目標を達成できて良かった」と話した。

 柳下監督は、成績不振で辞任した黒崎久志前監督(44)の後を受け、6月に就任。クラブ側はチームを立て直し、J1残留へ導いた手腕を評価した。田村貢社長は試合前の取締役会で続投を決めたことを明らかにし、「戦えるチームになった。継続してやってもらいたい方向性になった」と語った。


【社会】 2012/12/01 22:21
No.266 - 2012/12/02(Sun) 11:36:51
盛会でした / 金子(昭和36年卒)
私も参加しました

神事「包丁式」を披露
日報トキの会、創刊70周年祝う・東京

 首都圏在住の本県出身者や勤務経験者ら本県にゆかりのある人でつくる「新潟日報トキの会」の第8回例会が30日、東京都港区のホテルオークラ東京で開かれた。会員で宮内庁御用調理師松和会の会長の協力で、1100年以上の歴史がある「包丁式」が披露された。

 会には約70人が参加。包丁式は右手に包丁刀、左手に箸を持ち、直接材料に触れることなく食材を切り分け、盛りつける儀式。宮中行事や神事として伝承されてきた。「四条流東京一饌会」が鯉をさばき、解説した。

 さばかれた鯉は新潟日報創刊70周年の祝いと、来年4月にオープンする新社屋「メディアシップ」の船出に期待を込め、鯉が滝を登って竜になったという故事にちなんだ「竜門の鯉」と呼ばれる型に仕立てられた。厳かで力強い儀式に、会場からは感嘆の声が漏れた。

 トキの会会長(新潟日報社社長)は「皆さんの応援を受けながら、新社屋から世界に向けて情報発信していきたい」とあいさつ。参加者は首都圏に新潟をアピールできるよう、和やかに情報交換した。

【生活・文化】【社会】 2012/12/01 11
No.265 - 2012/12/01(Sat) 13:28:52
当然だね / 金子(昭和36年卒)
北信越代表は当確だろう

五泉などが21世紀枠推薦校に
センバツ高校野球・北信越地区

 第85回選抜高校野球大会「21世紀枠」の北信越地区5県の推薦校が27日までに出そろった。今秋の北信越大会に出場した高校は、本県の五泉だけだった。

 5県の推薦校はいずれも県立。五泉のほか、諏訪清陵(長野)、富山東、大聖寺(石川)、鯖江(福井)が選ばれた。今秋の県大会の成績は、五泉が3位、大聖寺は4強、諏訪清陵と鯖江は8強で、富山東は16強だった。いずれも北信越大会に出場した高校に敗れている。

 2001年の第73回大会から導入された21世紀枠の北信越地区候補校にはこれまで、本県から4校、石川が5校、長野、富山、福井が各1校選出されている。過去5年は本県が3校、富山、石川が各1校となっている。

 北信越地区から21世紀枠で選抜大会に出場した高校は、本県の柏崎(03年)、佐渡(11年)と金沢桜丘(石川・06年)の3校。
No.264 - 2012/11/29(Thu) 09:48:27
盛況でよかったね / 金子(昭和36年卒)
銀座三越で初の新潟フェア
旬のうまいものを知事がPR

 首都圏の消費者に県産の農林水産物を売り込む「うまさぎっしり新潟フェア」が28日、東京の銀座三越で始まった。泉田裕彦知事が参加し、来場者に県産品のおいしさや種類の豊富さなどを紹介、出荷が始まった洋ナシ「ル・レクチエ」やPRパンフが入った袋を手渡し「新潟産をご愛顧ください」と呼び掛けた。

 同店が本県産の食品だけで大規模なフェアを開催するのは初めて。新米コシヒカリや地酒のほか、村上などの「にいがた和牛」、本県ではノドグロの名前で知られるアカムツ、サケの焼き漬け、和菓子、本県ブランドのイチゴ「越後姫」など約40品目がそろった。

 泉田知事は「新潟といえば、うまい酒と米と思われるでしょうが、それだけではありません。世界で初めてサケの人工放流をしたのが村上。会場にはサケ製品もあります。旬の『ル・レクチエ』など果物も豊富です」とあいさつした。

 大勢の来場者でにぎわい、出足も好調だった。12月4日まで開催。
No.263 - 2012/11/29(Thu) 09:38:54
「パリーグ優勝おめでとう会」 / 金子(昭和36年卒)
11月26日予定通り開催され14人の出席をみました
57年卒 渡辺 浩司
28年卒 牛木 理一、川口 文陽、小林 茂、藤田 明夫
29年卒 勝又 啓之
30年卒 星野 一郎
31年卒 野沢 勝衛
36年卒 荒川 謙二、阿部輝夫、金子 利成、島津 哲、元井 孝次
40年卒 広瀬 博

過去新商の甲子園出場の話、日ハムのあの選手この選手の話、プロに入る時の具体的な状況等々リアルな会話が次々と交わされ、通常とは異質の世界だけに皆新鮮な刺激を受け大変有意義な会合になりました
No.262 - 2012/11/26(Mon) 23:03:24
こんな事があったんだ / 金子(昭和36年卒)
新潟商、男女全種目V
BSN剣道

 剣道の第34回BSN高校選手権が17、18の両日、新潟市鳥屋野総合体育館で行われ、男女の団体戦、個人戦とも新潟商が制した。団体戦はともに4連覇。個人戦は男子が江口修哉、女子は大塩綾子が頂点に立った。

 男子団体は、新潟商と21年ぶりの優勝を狙う東京学館が対戦した。1―1から代表戦となり、延長戦で決着がついた。女子の新潟商は、新潟青陵を4―0で下した。初戦から相手に一本も許さない完勝だった。

 個人戦の男子決勝は新潟商と東京学館の対決となり、女子は新潟商勢の争いとなった。

 大会は全国高校選抜大会の県予選を兼ねる。男女の団体上位8校は本戦出場権を懸けて、1月に新潟市の亀田総合体育館で2次予選会を戦う。
No.261 - 2012/11/26(Mon) 10:45:05
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
50/50件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS