[ 掲示板に戻る ]

記事No.1310に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS
Quadrophenia DVDについて / 不破
このページの復活おめでとうございます!
ところで今度発売される Quadrophenia liveについてですがファンの皆様の評価としてはいかがでしょうか?
ドラムがZakではないようでうがバンドにフィットしてますかね?
No.1310 - 2014/06/19(Thu) 09:40:43

Re: Quadrophenia DVDについて / eira
Live in Londonのドラマー、スコット・ディヴォーズはロジャーのTOMMYツアーのバンドメンバーでした。
ロジャーおよび今回のサポートメンバーの多くとはTOMMYツアーで共演しているので息が合った演奏ができていたのではと思います。

ザックがパワフルならスコットはスピーディーという感じで、手数が多い部分は若い頃のキースみたいな雰囲気があるように感じました。

わたしは輸入盤Blu-rayを観たのですが、スクリーン映像とステージを上手く配置した編集になっています。
映像はThe Whoとその時代背景という感じで懐かしい映像も多々観ることができます。
少しでも興味があればぜひ観てみてください。

個人的にはザックの離脱(腱の故障)がショック過ぎて実はまだ立ち直っていません(笑)
この作品で叩いているのがザックだったらどんなに良かっただろうと思っていますが仕方がないことですね…。
スコットがいたからこそツアーを続けられたという点では感謝しています。
No.1311 - 2014/06/27(Fri) 00:20:11

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS