66203

ハシムの掲示板

世界旅行や世界史などについて楽しく話し合いましょう!
HPでお気づきの点など、気軽に書きこんでください!
初めての方も遠慮せず、足跡を残していってください。

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
ジョグジャカルタ / とんび
詳しい説明でよく思い出せました。自分のHPはまだ作り始めた時期でジョグジャカルタの旅行時にはごくごく簡単なものしか作っておらず、見ても思い出せないんですよ。

到着した翌日の午前中、まずタマンサリへ。そのあとパサール・ンガスンを通って王宮へ。このあとベンテン博物館に行ったのですが、どんなところか思い出せません(笑)。さらにパク・アラム王宮に行きました。ハシムさんももうひとつ王宮に行きませんでしたか。午後にボロブドゥールに行きました。

あ、セト(チュト)の手前3kmほどは車で進入できず、オジェック(バイクタクシー)の利用になったのですが、ハシムさんはそんなことなかったのですね。

ところで、まもなく台湾に行きますが、以前ここで、張学良の軟禁されていた建物があるって書いたこと覚えていますか。そこに行こうって思っています。2か所あって両方行く予定です。今度の台湾行きの目的はそれです。台湾は今度で14回目になりますが、いいところですよ。
No.2022 - 2011/09/23(Fri) 01:26:21

Re: ジョグジャカルタ / ハシム [四国] [ Home ]
10年前のことですから無理もありませんんね。それにHP初期の頃ですから、なおさらです。
私も私なりにHPつくりも進化してきて、思い出せるようにといった目的でも写真などを選定するようになったと思います。

残念ながら、行った王宮はひとつだけです。

チュト寺院は最後まで自動車で行けるようになっていました。ただ、最後の方は坂が急坂になっています。しかし、舗装もされているので車でも行けるようです。

次回は台湾ですか?
14回目だとか!
>張学良の軟禁されていた建物があるって書いたこと覚えていますか
覚えていますよ
私の冬の旅行は、行けても短期になりそうなので、台湾は有力候補のひとつになっていたところです。
とんびさんの次回の旅行・旅行記を参考にさせてもらいたいと思います。レポート、よろしくお願いします。
No.2023 - 2011/09/23(Fri) 19:53:11
次も楽しみです。 / yoshiko [ Home ]
チャンディスクーとチャンディチュト、拝読しましたっ。ボロブドゥールに行った時、翌日、ソロとディエン高原のどっちに行くか、ギリギリまで迷ったところだったので、ハシムさんのUPを楽しみにしていました。
たぶん亀さんは、ヴィシュヌ神のアヴァターラ(化身)のクールマだと思います。

次はいよいよ、プランバナンやタマンサリ、それから開館時間が異様に短いクラトンスルタンパレスなどですよね?

ハシムさんは、クラトンではガイドを雇いましたか?もし雇ったのなら、どんな説明だったか教えて下さいませね。私が行った時は、もう閉館ギリギリだったため、説明を聞いていると全部見れないと思ったので、無視してダッシュで観光しました。

それから、タマンサリは大きい道からいらっしゃったんですか?それとも私が行ったように、グネグネの細い道、カンボンからいらっしゃいましたか?私、暑い中、迷子になって大変でした・・・。今となっては現地の人々の生活ぶりも見せてもらい、観光業ではない若者の優しさにも触れた楽しい思い出ですけど。

えっと、中国やイギリス、オーストラリア、それから国内編(Travel2」の東北などのページにも、写真を今追加しています。お暇な時にでもいらして下さいませ。
No.2018 - 2011/09/18(Sun) 00:10:17

Re: 次も楽しみです。 / ハシム [四国] [ Home ]
亀さんはヴィシュヌ神の化身でしたか。なるほど、リンガはシヴァ神の象徴とも言われるので、あの場所にヴィシュヌとシヴァの二つの神がいるということになるんですね。
この後、 yoshiko さんの情報を参考にして当該記事を書き換えさせてもらいますね。こういったご指摘は大変ありがたいです。

>クラトンではガイドを雇いましたか?
雇いませんでした。というかチケット買っていきなり入って行きました。なので、どこかどこだかよくわかりませんでした。現在、ちょうどこの部分を制作中ですので、まもなくUPします。印象もタマンサリのほうが印象深いです。

>タマンサリは大きい道からいらっしゃったんですか?
グネグネの細い道から行きました。正面入り口の目の前で車を駐めてくれたので何も迷うことはありませんでした。

yoshiko さんのHP,どんどん充実させていっているようですね。HPは自分史のひとつの表現方法としても活用できそうですね。
No.2019 - 2011/09/18(Sun) 20:41:47

Re: 次も楽しみです。 / yoshiko [ Home ]
「HPは自分史のひとつの表現」とは、まさしくそう感じます。私の場合、旅行記だけでなく、仕事の記録から読書の記録、映画鑑賞の記録、日々のつぶやき、同窓会の記録、体調のこと、家族への伝言まで、んもう、ここまで晒してど〜するんかい?って誰もが思いそうなくらいギュウギュウ詰めですので。11年間で肥大化しまくってしまいました。まさしく、ちょっとずつ紡ぐ自分史って感じです。でもまぁ、ささやかな趣味なので、誰かにご迷惑がかかってしまわないよう気を付けながら、これからも細々と続けていきたいと思っています。

タマンサリは、「正面入り口の目の前」まで車でいらっしゃったんなら大きい方の道ですね。グネグネとは言え、車が入ったんですから。ぎりぎりバイクが通るだけの細い方の道は、再建中のプール(新しい観光地になると地元の人は言っていました。)も見れたりして、行きはそれなりに面白かったんですが、帰りはもう焦ってしまいました。車の走る道に早く出て、ベチャなりタクシーなりつかまえればよかったですわ。

クラトンでは、全部ぶっちぎりましたが、次から次へといろんな人が声をかけてきたので、ガイドを雇うのがルールみたいになってるのかと思いました。違ってたんですね。

ともかく、次もとっても楽しみです。
No.2020 - 2011/09/19(Mon) 10:51:22

Re: 次も楽しみです。 / ハシム [四国] [ Home ]
先ほどクラトンのところをUPしました。

クラトンは思いがけず入場者が少なかったようです。
私には誰も寄ってきませんでした。
美しい女性の場合に限り、寄ってくるんじゃないでしょうかね?
タマンサリのほうが人がたくさんいました。
No.2021 - 2011/09/21(Wed) 21:04:15
ウシュマル遺跡と保険 / 鍋物語 [東海]
 ハシムさん、教えてほしいことがあります。
☆ ウシュマル遺跡の大ピラミッドでは手すりはついてないのですね?でもそれほどの傾斜はないのでしょうか?
☆「私みたいに国内乗り継ぎ便の遅れで地球一周しないように祈っています(笑)。」帰路の飛行機代金は添乗員が手配してくれたのでしょうか?もちろん飛行機代金は「メヒコ航空」が全額負担してくれたんですよね。自己負担だとしたら、これを想定した保険に入っておく必要があるみたいですね。いつもはどうされてますか?インドの時には保険に入りましたが、、、。
☆ 今回お世話になる会社は「クラブツーリズム」です。以前グランドキャニオンやヨセミテ・ベガスへ行った時お世話になりました。「ユーラシア」にしてみようと思ったのですが、だいぶ高かった。一度使ってみたいと思ってますが。添乗員さんがすごいみたい。
☆ 「節団説教」を聞いてみたくなりました。子供のころたくさん聞いたことがあります。本日中日新聞に掲載されていました。懐かしい。(ごめんなさい、世界を歩き回っているハシムさんのHPとは無縁でした。能登ではまだやっているところがあります。あの節回しを聞いていると祈りの節回しは世界共通だと感じてしまう。そんな不思議な感覚になったことが何回かあります。たぶん酒のせいかな?)
 
No.2015 - 2011/09/15(Thu) 16:40:14

Re: ウシュマル遺跡と保険 / ハシム [四国] [ Home ]
>ウシュマル遺跡の大ピラミッドでは手すりはついてないのですね?
ついていません。急坂のピラミッドですが、アンコールワットなどと比べて高さはこちらのほうが高いですが、段の幅が広いので、気をつけていれば大丈夫と思います。

>帰路の飛行機代金は添乗員が手配してくれたのでしょうか?
もちろん、ツアー会社もちです。こんなのを払わされたら裁判にでも訴えたいです。でも、こういったことは滅多に起こるものではないと思います。今では良い経験ができたと懐かしく思っているぐらいです。

>保険に入っておく必要があるみたいですね。いつもはどうされてますか?
最近は、海外旅行保険はいつも入っていません。クレジットカードの付帯保険のみです。

>「節談説教」
不覚にも私は聞いたことがありませんので、何とも言いようがありません。すみません。
No.2017 - 2011/09/15(Thu) 21:02:28
節談説教でした。ごめんなさい / 鍋物語 [東海]
「節談説教」です。ごめんなさい「節団」ではありませんでした。確認したつもりですが、、、。情けない、単なる「痴呆老人」になってしまいました。
「アルチューハイマー」的症状が、、、。
No.2016 - 2011/09/15(Thu) 16:45:38
「メキシコ」と「笑顔シリーズ」っていいですね / 鍋物語 [東海]
 ハシムさんお久しぶりです。職場の40歳になる女性が学生時代にバックパッカーのような旅行をしたそうです。「メキシコとアフリカのマリ」という国が特にお勧めだそうです。よく話を聞きました。
 そこで、11月末か12月中旬に成田から「メキシコ」へ行きます。どうもハシムさんと同じ旅行会社かもしれません。ホテルがまったく一緒です。このHPに掲載されている「階段がきつい遺跡」って手すりがついていないのですか?アンコールワットの傾斜のようにきついですか?アンコールワットの場合下りは手すりを利用して戻りましたが。
 それとメキシコの飛行機会社の機内食とかスチュワーデスさんの接客態度はどうですか?まさか「中国東方航空」のようではありませんように。
 「カンクン」では夜に「ラスベガスショー」みたいなことをやっているホテルへの移動の場合タクシーを使うことになるのですが、メキシコのタクシーは怖そうですね?おとなしくプールサイドでビールでも飲みますか。
 ☆世界の笑顔シリーズっていいですね。ベトナムの文廟の女性と南米の日本人女性ガイドさんがいいです。今後も増やしてください。
 4月にアムステルダムのトラムで中近東の若い女性のそばに座りました。なんときれいな、、、個人的にはトルコの女性が綺麗だと思います。中近東や白人のような彫りの深い顔立ちに日本的なまろやかさを兼ね備えた女性をたまに見ました。
No.2013 - 2011/09/12(Mon) 14:07:12

Re: 「メキシコ」と「笑顔シリーズ」っていいですね / ハシム [四国] [ Home ]
鍋物語さん、お久しぶりです。
メキシコ旅行、計画中ですか。楽しみですね。

>「階段がきつい遺跡」
テオティワカンのことですかね? 一番急なところは手すりがついています。手すりのついていないところはそれほど急でもありません。アンコールワットに比べれば、全く問題ありません。ただ、標高が高いだけあって(約2000メートル)、階段が長いので息が上がるかもしれません。

>メキシコの飛行機会社の機内食とかスチュワーデスさんの接客態度はどうですか?
全く問題はありません。成田から乗り換えなしなので便利だと思いますよ。ただ、私みたいに国内乗り継ぎ便の遅れで地球一周しないように祈っています(笑)。

>メキシコのタクシーは怖そうですね?
ホテルに頼むと問題ないと聞いていますよ。

>☆世界の笑顔シリーズっていいですね。
私はどこに行ってもHPに掲載できそうな笑顔を探しているんですよ。やっぱり笑顔はどこの国の人でも良いものですね。笑顔を見るとカメラに収めたくなります。
>ベトナムの文廟の女性と南米の日本人女性ガイドさんがいいです
皆さん、お好みが違いますね。あれとあれが良いという別の声もいただいています。
どの笑顔も、その写真を見ると、あのときあの場所が一気に思い出されてきます。そんな笑顔をこれからもどんどん撮れればいいなと思っています。
No.2014 - 2011/09/12(Mon) 20:49:14
新記事 / yoshiko [ Home ]
マンクヌガラン王宮と骨董市場、拝読しましたっ。私としましては、いよいよ次回に迫ったスクー寺院とチュト寺院の記事&写真が楽しみでなりません。期待しています。

さて、私のHPについてですが、どうもここのところアジア方面ばかり気になっていて、ヨーロッパのページがあまりに充実していなかったので、イタリア・ドイツ・フランス・スイスなどのページに、大昔の写真ですが追加しました。忘れてしまっていることも多いとは思うのですが、何年経ってもその時の様子をまざまざと思い起こせるって、旅のいいところですよね。普段の生活では、1日1日をこんなに覚えているなんてあり得ませんものね。旅ってボケ防止にもいいのかも?

申し遅れましたが、10周年おめでとうございました。
No.2011 - 2011/09/11(Sun) 05:15:53

Re: 新記事 / ハシム [ Home ]
>スクー寺院とチュト寺院の記事&写真が楽しみでなりません。期待しています。
そんなに期待されると緊張するなぁ〜〜、恥ずかしいなあ〜(笑)。
ところで、何を期待してるんですか? やっぱり<アレ> ですか(笑)
いや〜、なかなかリアルですよ。
現在制作中、まもなくUP予定ですので、もうしばらく我慢してください(笑)

ヨーロッパ編、充実ですね。若い頃のますますお美しい写真を拝見しましたよ。
一枚の旅の写真は、それをみるだけであっというまに、その現場だけでなく、そのときの自分の気持ちや体調までも、そしてその時代までを思い起こさせてくれる宝物ですね。
やはり、旅の時間は日常生活の何十倍も濃密な時間なんですね。大切にしていきたいですね。
No.2012 - 2011/09/11(Sun) 18:52:56
10週年 / とんび
開設10周年おめでとうございます。早いものですねぇ。10周年のあいさつ、興味深く拝見しました。これだけ続けられたことはすばらしいことだと思います。

HPをはじめられて4,5年ほどで、ハシムさんスタイルが定着しましたね。日程表に各地点のページをリンクするスタイルです。

また内容的には、歴史的なものを重視されている点では世界旅行記のHPの中でも群を抜いていると思います。いろいろ調べものをするときに、まとめのページ的なものをつくっていらっしゃるので便利だと思います。

料理やホテルを重視しない点も特徴ですね。たいていの旅行記では触れていますが、それらを除くことで、普通の海外旅行記とは違った印象を与えています。もっとも、個人的には料理やホテルのことをもっとしりたいなとは思いますが、、

最近は列記されている通りさまざまなネットツールが生まれていますが、いづれも交流を第一に考えたもので、記録を重んじた利用はしにくい面がありますね。自分も最近までの4年間、SNSを重視してきました。でも物足りなさを感じ、今は従来型のHPとブログを併用しています。

2001年9月、自分はどうだったか、更新履歴に書いているのをみてみました。「ユーラシア紀行」は2003年1月16日オープンですが、2001年6月28日に前々身の「とんびの旅日記」を開始、9月22日に「バリ」を掲載、同日、前身の「アジアの風」にしました。「バリ」はウブドの旅行記です。同じころに活動を開始したのですね。
No.2009 - 2011/09/05(Mon) 22:09:26

Re: 10週年 / ハシム [四国] [ Home ]
10年、一区切りの感じがします。いつもご覧くださり、ありがとうございます。

このスタイルが良くも悪くも定着しています。旅先でもここはリンクをつけようなんて思いながら写真をとるときもあります。旅行の仕方もかなりHPの存在に影響されている感じもします。

旅行記としてつくってはているのですが、余計なモノがたくさん入っている感じもして、煩わしいのではないかと思ったりすることもあります。

料理やホテルのこと・・・これについては、これまでかなり無視してきたようです。これからはその辺のことも考えておいたほうが良さそうですね。

ネットツールはいろいろと利用したいとは思ってますが、今のところ私にとっては取っつきにくい感じですね。

とんびさんも2001年からHPを開始しているみたいですね。この時期から始まった人は多いと思います。ただ、10年続いているのは数少なくなってきた感じもしますね。
お互い、いつまで続くかわかりませんが、できるだけがんばっていきましょう(笑)!
No.2010 - 2011/09/06(Tue) 20:49:06
ボロブドゥール / yoshiko [ Home ]
ハシムさん、=^0^=こ =^-^=ん =^o^=ば =^-^=ん =^0^=は
ボロブドゥールのページ、拝読致しました。
日の出バッチリで良かったですね。私の時はこんな感じ→http://yoshiko2.web.fc2.com/indonesia11.htmlでした。うぐっ、残念

まだまだ整理できていない写真が多いのですが、他にプランバナンとか、メングウィ、タバナン、ウブド等はまとまったので、お時間のある時にでも見にいらして下さいませね。お待ちしていま〜すっ!http://yoshiko2.web.fc2.com/travel.html
No.1995 - 2011/08/20(Sat) 20:27:29

Re: ボロブドゥール / ハシム [四国] [ Home ]
yoshikoさん、こんばんは!
早くも全編UPとは、なんたる早業!!
私が遅すぎなんですが・・・(汗)。

日の出は見られなかったんですね。
こればかりは運任せですから仕方ないことですね。

あと私の行き先と重なってるのは、プランバナン、ウブド、ジョグジャカルタですね。早くも懐かしい感じですね。
ただ、ジョグジャカルタはリンク切れでしょうかね?つながりません。

私のほうの制作、これから急がなくちゃ!
No.1996 - 2011/08/20(Sat) 22:04:53

Re: ボロブドゥール / yoshiko [ Home ]
ハシムさん、早速見て下さってありがとうございます!
まだ「全編UP」じゃないんですよ。ジョグジャ以外にも、マドゥーラとか、タナロットとか、まだまとまっていないんですよ。まだまだ続きますんでお楽しみに〜。
ハシムさんのUPも楽しみにしています。

今日は今からお仕事です・・・・
ぐぉ〜(恐竜の雄叫び)、行って来ます。
No.1997 - 2011/08/21(Sun) 06:45:07

Re: ボロブドゥール / ハシム [四国] [ Home ]
失礼しました。
私も行ったボロブドゥール、プランバナン、ウブド編を見て早とちりしてしまいました。
引き続き制作がんばってください。
私の方も今日は続編UPしました。

日曜出勤、お仕事ご苦労さんでした!
No.1998 - 2011/08/21(Sun) 17:35:20

Re: ボロブドゥール / yoshiko [ Home ]
やっとこさでしたが全行程、一通り振り返り、自分のサイトにUPしました。「お正月は家にいてよ。」って夫に言われてしまったので、次の旅行は来夏かも・・・・。

今回の旅では僧院でメディテーションしたのと、地方の王様の息子に会ったのが、自分的には印象深かったです。

ハシムさんの新しい記事、楽しく繰り返し拝読しています。ボロブドゥールは7時間も堪能できてよかったですね。
No.2000 - 2011/08/23(Tue) 07:09:56

Re: ボロブドゥール / ハシム [四国] [ Home ]
yoshikoさん。こんばんは
この後、拝見させていただきます。それにしても、やっぱり早いUPですね。
正月が無理なら、次の夏休みは長めに行くという作戦変更も考えられますよ(笑)

地方の王様の息子との出会い・・・旅では思わぬ人との出会いも一つの大きな楽しみですね。私はバリ島のあるお寺を訪れたとき、有名なバリアン(呪術師)に会いに行かないかという話をしてくれました。それを断ったことを今少し後悔しています。

当方は少しずつUPしていきますので、お時間あるときにでもまたご覧ください。
No.2001 - 2011/08/23(Tue) 20:43:31

Re: ボロブドゥール / yoshiko [ Home ]
なるほど、作戦の立て方が大事ですね。時間をかけて攻めてみたいと思います。

バリアンについてですが、神々の島バリには、やはりそういう立場、役割の人がいたんですね、全然知りませんでした。今度もし機会があれば、私もお会いしてみたいものです。

ボロブドゥールの「チャンディ パウォン」と「チャンディ ムンドゥ」は、私が行ったのは夜明け前だったのですが、ハシムさんの写真を拝見して、昼間も行けばよかったな〜と思いました。
No.2005 - 2011/08/29(Mon) 17:40:41

Re: ボロブドゥール / ハシム [四国] [ Home ]
敗北したように見せかけて、戦略的には大勝利ってやつです(笑)。

病気や体の悪いところをずばり当てるとか言って、10万ルピアとチップを払うだけとか言ってました。バイクで送っていってやるから俺にも10万ルピアくれたらOKとか言ってたので、悩んだ末、断ったのです。
どうだったかと思います。

「チャンディ パウォン」と「チャンディ ムンドゥ」・・・すっぴんのyoshikoさんも発見しました!
瞑想体験もなかなかできませんよ!「何でも挑戦」精神は重要だと思いますね。
No.2006 - 2011/08/29(Mon) 21:05:48

Re: ボロブドゥール / yoshiko [ Home ]
どれくらいの遠さか分かりませんが、バイクで10万ルピアだなんて、ちょっと引きますよね。それに失礼ながら、そのバリヤン、「当てる」だけっていうことなら、あんまりありがたくない気が。ハシムさん、行かなくて正解だったんじゃないでしょうか。胡散臭過ぎますわ。

新記事拝読しましたが、ちょっと疑問があります。
20時開始のワヤンクリッを30分ご覧になった後、ソロに移動し宿泊しておられますが、この日ジョグジャに立ち寄った理由は何なんですか?ジョグジャには、翌日再訪しておられますので、ボロブドゥールからそのままソロに向かった方が無駄がないと思うのですが。ワヤンクリッなら毎日やってるわけだし、ジョグジャに泊まらないのならどこかで荷物を預かってもらわないと出歩けないですよね。その時、大きい荷物はどうされていたんですか?素朴な疑問です。

メディテーションは、たまたま立ち寄った僧院で、仏教徒だと言うと「それならどうぞ」と言われただけで、「挑戦!」って感じではなかったんですよ。1日の自然な始まりでした。

ソロのレポートも楽しみにしています。
No.2007 - 2011/08/31(Wed) 01:59:21

Re: ボロブドゥール / ハシム [四国] [ Home ]
お寺の管理人がそんな金儲けの話をするなんて、やっぱり胡散臭い感じですよね。

>この日ジョグジャに立ち寄った理由は何なんですか?
ジョグジャカルタはソロへの途中と単純に思ったからです。少し立ち寄るだけと思ったのですが、渋滞がひどく、やはり、そのままソロに行けば良かったのかなとも思います。ソロのホテル到着は11時を過ぎてしまいました。ただ、私はホテルでは基本的に眠るだけなんで、遅くなっても特に問題ありませんが・・・。

>大きい荷物はどうされていたんですか?
ジャワ島の3日間は車借り上げ(専用車)を日本から予約していました。夜の移動(空港からボロブドゥール)やソロ、ジョグジャカルタへの移動、それにかなり遠いスクー寺院やチュト寺院には絶対行きたかったので、たくさんの移動を効率よくするためです。
それほど大きい荷物はないのですが、荷物は当然、車の中です。
バリ島はウブドの町歩き中心だったので、全くの行き当たりばったりで路上で声をかけてくる白タクを利用しました。

自然な感じで何かが始まるのも、自由な旅の醍醐味ですね。自然な感じで次の旅の計画も良いかもしれませんよ(笑)。
No.2008 - 2011/08/31(Wed) 20:58:38
戻ってきました。 / arima
ハシムさん、こんにちは。

今朝(22日)に、関空に戻ってきました。病気や事故にも巻き込まれることもなく、予定通りの日程を消化することができました。

最後の日(20日)は、ハンガリーのナショナル・ホリデー(全然、知りませんでした)で、トラムが止まって歩かざるを得ませんでした。でも、夜のドナウ川に上がる花火を見れて良かったです。

今回は音楽にまつわるトピックスが印象に残っています。ドイツのドレスデンでは、旧ソ連の軍服の二人組によるロシア民謡のストリート・パフォーマンスに聞き入ってしまいました。ウィーンでは、楽友協会でのモーツアルト・オーケストラの演奏に魅了されました。ブダペストでは、ハンガリー音楽と踊りの公演で、ジプシーやスラヴの香りを感じることができて心地よかったです。
No.1999 - 2011/08/22(Mon) 23:14:04

Re: 戻ってきました。 / ハシム [四国] [ Home ]
arimaさん、こんばんは
無事の帰国、何よりです。
ハンガリー、夜のドナウの花火など想像しただけで私までワクワクしてきますね。
ストリート・パフォーマー、ソ連への郷愁があるのでしょうかね?
旧ソ連の人々の6割はソ連がつぶれなかったほうが良かったというアンケート結果の載った記事を最近どこかで見た記憶があります。
今回は音楽にまつわるユニークな旅となったようですね。私などは音楽はさっぱり分かりませんので、このような旅は無理かなと思いました。
No.2002 - 2011/08/23(Tue) 20:45:33

ロシア人観光客の増加 / arima
ハシムさん、こんにちは。

<ストリート・パフォーマー、ソ連への郷愁があるのでしょうかね?

あると思います。軍服を着た合唱団と言うと、旧ソ連の赤軍合唱団が思いだされます。私も若いころレコードを買ってロシア民謡をよく聞いたものです。2人のストリート・パフォーマーはまさにその旧ソ連への郷愁を誘うものですね。

ドレスデンは旧東ドイツですから、駐留ソ連兵もかなりいたと思われます。ベルリンの壁崩壊後、彼らはそのままドレスデンに留まったロシア人?だったかもしれません。歌もとても上手でした。観光に来ていたロシア人団体の年配の女性が涙ながらに一緒に歌っていました。彼女も旧ソ連への郷愁を感じていたのでしょうね。

ところで、ドレスデンでもプラハでもブダペストでもロシア語をよく耳にしました。ツアーで来ているロシア人の団体にもよく出会いました。観光名所の音声ガイドにもロシア語が必ず入っていました。ロシアの中には経済的に海外旅行ができる層が確実に増えているのだと思います。彼らが向う国は、地理的に近くて郷愁の地である旧東欧なんでしょうね。

旧ソ連の崩壊に伴って、ロシアの中でも貧富の格差も広がっている。イギリスの有名プロサッカーチームのオーナーになる大富豪がでる一方で、昔ながらの慎ましい生活をせざると得ない人もいるのでしょうね。彼らの中に旧ソ連への郷愁を感じる人が多数いることもうなずけます。

貧富の格差の拡大は、ロシアだけでなく日本でも韓国でも中国でも同じです。日本でも数年前に小林多喜二の「蟹工船」がブームになっていましたね。1970年や80年に言われた「1億総中流」社会への郷愁が日本人の中にもあると思います。分裂しつつある社会をどう立て直すのか。私の一番の関心事です。
No.2003 - 2011/08/28(Sun) 10:01:05

ロシア人とロシア語 / ハシム [四国] [ Home ]
ソ連のほうが良かったと思う人は絶対いるでしょうね。年金生活者などはその代表的な者でしょう。それに多くの肉体労働者などもそうかもしれません。なにせ総公務員の状態でしたから、文句を言いさえしなければ、のんびり(さぼりながら)働いてでも、それなりの生活はできたのではないでしょうか。少なくともホームレスにはなりません。ただ、そんな状態でしたから物作りの世界の競争からは負けてしまいましたが・・・それが結局はソ連の破綻につながったのでしょうけど。
(ただ、知識人や意識的な人たちにとっては住みづらかったとは思いますが。。。)


>ドレスデンでもプラハでもブダペストでもロシア語をよく耳にしました
そんなことを聞いたら、私も東欧に行ってみたくなりました。学生時代に習ったロシア語やロシア史には私自身、郷愁を感じることがあります。青春時代の一こまみたいによみがえって来るんですよね。

>「1億総中流」社会への郷愁
日本は急ぎすぎたような気がしますね。高度成長の時代以降、豊かさを先取りした感じですね。借金までして豊かさを追求しなくても良かったのにと思ったりします。ただ、誰もそれを止めようともしなかったんですね。原発問題を含めて、(これは少し言い過ぎになるかもしれませんが、)自業自得の感じもします。
これまでとは全く別のブータン的価値観(?)のようなものが必要になってくるのかもしれないと思っています。
No.2004 - 2011/08/28(Sun) 21:24:01
機内入国審査 / とんび
通常の場合は、まずビザをもらうために書類を書いて、並んで25ドルはらうとビザがはられたパスポートを渡されます。そのあともう一度並んで入国審査があります。

ハシムさんの場合は一度目の列はパスして二度目の列に並べばそれで終わりってことだったのでしょうか。あるいは逆に一度目の列に並んでそのあと二度目の列はパスってことだったのでしょうか。

ガルーダの機内の入国手続はかなり前からあったのですが、自分がガルーダを使った確か2001年だったかな、そのときは一時とりやめになっていて経験できなかったですよ。いい経験をなさりましたね。

乗継があっても入国の空港で荷物を受け取る必要がある国は結構多いように思います。まず日本がそうじゃないですか。米国もそうだし。でもEU(EUを国と見て考えて)の場合は最終目的地ですね。初めて行く国で国内線乗継があって、通しのタグがつけられた場合、どちらなのかわからいことがあい不安になります。
No.1988 - 2011/08/14(Sun) 01:18:16

Re: 機内入国審査 / ハシム [四国] [ Home ]
機内入国手続きというのはひとつの工夫なのでしょうが、できることならビザなし入国のほうが楽でいいですよね。例のバリ島テロ事件と関係あるのでしょうかね?

デンパサールの空港では、いきなり入国審査の列に並べばOKでした。
従って、行列に並んだのは一度だけです。

そう言われてみると、荷物を受け取る必要があるほうが多いのですね。
でも、ターミナル移動の際にいったん空港の外に出て、人混みの多い場所を通るというのはやっかいですね。
No.1990 - 2011/08/14(Sun) 15:11:16

Re: 機内入国審査 / とんび
ビザがいるようになった当時、情報を追ってましたが、インドネシアのビザは観光客からお金を徴収するっていう目的が中心だったようです。このときインドネシア国内でも反対があって、実施が1年くらいは遅れたように記憶しています。

ハシムさんの場合、パスポートにビザがはってない状態で入国審査の列にならび、入国審査のところでビザもはられてかえされるってことでしょうか。というのは、通常の場合は、ビザの列で並んで書類とお金を出して、ビザのはられたパスポートをうけとります。そしてあらためて入国審査の列にならぶのです。

当方の旅行記の作り方ですが、以前はハシムさんがなさっているように1ページずつ追加していく方法でしたが、最近は、旅行記とほぼ同じ内容をブログにアップロードし、修正をくわえて、最後にまとめてHPに掲載する方法にしていますので、途中経過はブログのほうをのぞきにきてくださいね。HPのほうは途中の時点では何もアップロードしていません。某所中心だったころにこのやりかたにかえたのです。
No.1991 - 2011/08/15(Mon) 13:10:03

Re: 機内入国審査 / yoshiko
おっ、インドネシアの話題ですね。今まさに私はそのインドネシアに来ています。今日の泊まりはスラバヤのホテルマジャパヒト。あさって、インディペンデンスデイなんですが、そのインディペンデンスと大いに関係のあるホテルです。
コロニアル調の素敵な建物で、手入れのいき届いたガーデンを見ながら書き込んでいます。
今日はスラバヤの旧市街に行ってきました。詳しいことはそのうちHPにUPしますので、みなさん、寄ってみてくださいね〜。
No.1992 - 2011/08/15(Mon) 18:27:22

Re: 機内入国審査 / ハシム [四国] [ Home ]
とんびさん、こんばんは!

ビザに関して
少し私の説明不足でした。
関西空港で25ドルを払った証明書を機内の入国審査官に見せると、その場でビザが発給され、パスポートに張られます。従って、そのまま入国審査の列に並べばOKなんです。

旅行記の作り方に関して
ブログをいわば下書き用として利用しているのですね。なるほどと思いました。新鮮な印象をそのまま発表するのはブログで、それを推敲したものはHPにといった感じなんですね。こういうブログの利用法があるのには私も大いに参考にさせてもらいたいと思いました。


yoshikoさん、こんばんは!

インドネシア滞在中なんですね。パソコン持参なんですね。8月17日はインドネシア独立記念日ですね。町中がどんな雰囲気になるのか興味があります。
また時間があるときにでも現地から生の情報、お伝えください。
楽しい旅を続けてくださ〜い!
No.1993 - 2011/08/15(Mon) 20:03:52
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> | 過去ログ ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS