08513

行政書士試験突破塾掲示板 受講生の部屋

質問・近況報告など、お気軽に書いていってくださいね!

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
不動産登記と所有権について / アキラ [東海]
民法の登記と所有権についての質問です。

登記による第三者への対抗の部分がしっくりきませんのでご教示願います。
テキスト(民法P58他)にあるように二重譲渡に対する対抗力として、
登記がありますが登記がされていない土地は数多くあると認識しています。
そこで以下の例のような場合はどのように解釈すればよろしいでしょうか?

例:2012年8月8日にAさんがBさんに譲渡した土地をBさんが登記せず
1年後の2013年8月1日に再びAさんがCさんに譲渡した場合

テキストによると第三者のCが保護されそうな気もしますが、Bは既に一度
固定資産税などは支払っていると思われ所有権は既に完全にBに移っている
気もします。
仮に所有権が移っていれば、Aは無権利者となりP62にあるように無権利者
からの譲渡であればCは権利を取得できません。

そもそもAは一度目の譲渡の後、いつから無権利者となるのでしょうか?
Bが登記しない場合は、10年後の時効までは、Bは常に第三者に土地を奪われる
可能性があるのでしょうか?
No.9344 - 2012/08/08(Wed) 13:03:33

Re: 不動産登記と所有権について / とっぱ
アキラさん、こんにちは。
素朴ですが、よく考えれば生じるはずの疑問ですね。

まず、Aがいつから無権利者になるのかと言えば、それは契約を結んで所有権がBに移転したときからです。

しかし、他方で177条がありますので、Bが登記をしていない以上は、Cは登記でき、先に登記をした以上は、Bに優先するわけですね。理論的には、Bに移転した所有権は不確定で、後に登記をした方に完全な所有権が移転するなどといった説明がなされます。

>Bが登記しない場合は、10年後の時効までは、Bは常に第三者に土地を奪われる可能性があるのでしょうか?

これはそうですね。登記をしない以上は、不安定な状態が続くことになります。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9346 - 2012/08/15(Wed) 07:59:43
抵当権の妨害排除請求と損害賠償請求 / bunbun [東海]
はじめまして。民法の抵当権の質問です。
民法88頁の妨害排除請求と損害賠償請求についてですが

1.代位行使しての直接明け渡し請求の場合、第1順位・第2順位の2者の抵当権者から請求があった場合はどのように対応するのでしょうか?

2.例えば担保価値が200万円で、第1順位100万円、第2順位100万円の抵当権が設定されている場合、損傷などで価値が180万円になった場合、第2順位は20万円の損害賠償が出来るということでしょうか?
No.9343 - 2012/08/08(Wed) 11:37:13

Re: 抵当権の妨害排除請求と損害賠償請求 / とっぱ
bunbunさん、こんにちは。
はじめてのご質問ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、ご質問の件ですが

○1について
抵当権者による直接の明渡請求については、まだ明らかになっていない点が多いのですが、おっしゃるような複数抵当権者による請求についても、その一つですね。

一つの筋としては、両者共に(順位には優劣はあるものの、財産に対する価値把握権はともに持っているわけですから)両者が管理のための占有権を準共有すると考える、というのが素直な解釈ではあります。

ただ、判例が明確になっていない以上は、何とも言えないところではありますね。行政書士試験の問題では、法文と判例が解答になりますので、そうしたものが明確になっていない問題については、基本的に気にしなくてよいことになります。


○2について
これはおっしゃる通りの理解でよいですね。第1順位の抵当権者には損害はありませんが、第2順位の抵当権者に20万円の損害が生じていますので、おっしゃる通りの結論となりますね。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9345 - 2012/08/15(Wed) 07:49:06
行政法17回目の講義について / あーねすと
行政法17回目の3講目で審査請求以外の条文説明をテキスト無しで進められています。
働きながらなので学習時間の確保が難しく教材が充実しているであろう受験専門機関として突破塾さんの教材を選んだ私としては不満です。
それまでは他の法律との比較などされていて良いと思っていただけにこの部分のガッカリ感が強いです。
六法への書き込みメモとしてはなく何かまとまったものへの書き込みをテキストに挟み込みたいのですが何か良い書籍・サイトを教えて頂きたいのですが。

別件ですが一般知識の教材ですが某掲示板をみますと文章理解の送付がされているようですが届いておりません。送付状況を教えてください。
No.9341 - 2012/08/01(Wed) 09:57:33

Re: 行政法17回目の講義について / とっぱ
あーねすとさん、こんにちは。

この部分は、ややマイナーな部分を条文に即して講義で解説している部分で、他の書籍等では、条文番号のみが掲載されていることが多いところですね。

重要度は下がりますので、余裕があれば条文に書き込みをして、それをテキストに挟み込むとよいと思います。

それから、一般知識等につきましては、すでに文章理解の送付はしておりますので(現在は、7巻までの送付作業中ですので、3〜7巻も届くと思います)、何らかの事情で文章理解が届いていないのだと思われます。大変申し訳ござません。早急に再発送いたします。


また書き込んでくださいね。
No.9342 - 2012/08/01(Wed) 23:31:44
行政救済法 / タッキー [関東]
突破先生こんばんは。ご無沙汰しております。
行政法で質問です。
@テキストP103の弁明書について、審査庁は処分庁に対して弁明書の提出を
 求めることが出来るわけですが、
 求められた場合の処分庁の提出は義務でしょうか?努力義務でしょうか?
AテキストP105の必要的執行停止ですが、これは審査庁が上級行政庁であろうが上級行政庁以外であろうが同じという解釈でよろしいでしょうか?
No.9339 - 2012/07/18(Wed) 22:16:34

Re: 行政救済法 / とっぱ
タッキーさん、こんにちは。
お久しぶりですね。暑いなかですが、元気に頑張っていらっしゃるでしょうか。さて、ご質問の件ですが、

@について
提出を求められた以上、それを提出しなければ、審査庁としては、「処分庁は反論できないのではないか」という審査請求人に有利な心証を抱くことにはなりますね。そして、それ以上のものではないので、ある種の努力義務ということになるかもしれません。

ただ、これは解釈論なので、(判例がない限り)明確な答えがあるわけではないですね。受験上重要なことは、「処分庁の提出義務」という形をとらずに、審査庁から提出を求める権限という形で規定されているということですね。審査庁が必要性を判断して、場合によっては不要とできるとすることで、簡易な手続となっているわけですね。


Aについて

これは同じですね。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9340 - 2012/07/24(Tue) 23:05:01
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS