11352

行政書士試験突破塾掲示板 受講生の部屋

質問・近況報告など、お気軽に書いていってくださいね!

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
(No Subject) / カズヒロ [東海]
こんばんは。
いつもお世話になっております。
今回も質問なのですが・・
過去問H13-29の肢5の連帯保証人の求償に関して・・
連帯保証人には負担部分がないと聞きましたが、この場合CはBに対して全部の金額を求償できるのでしょうか?
お手数ですが、お答えよろしくお願いします。
No.9403 - 2013/03/28(Thu) 20:46:00

Re: / とっぱ
カズヒロさん、こんにちは。

連帯保証人には、補充性がないのであって、負担部分がないわけではないですね。

連帯保証人相互間の求償における負担部分はありますので、465条に基づいて、CはDに対して負担部分の求償は可能です。

このことについては、法解釈編テキストP28の「※共同保証人間の求償権の範囲(465条)」の「@分別の利益がない場合」に書いてありますので、みておくとよいでしょう。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9406 - 2013/03/29(Fri) 08:19:18
(No Subject) / 飛行艇
お世話になっております。
細かい質問で恐縮ですが、過去問題集の進め方に関する質問です。
講座で講師の先生は「過去問は出題形式の分析材料」と述べておられました。

現在、過去問マスターDXを使用し「憲法」を演習しております。
問題演習後、問題解説を読むと、一問につき約7〜8分かかります。
間違えた問題は、行政書士受験用六法で条文の確認やテキストの該当部分を見直しますので、さらに時間がかかります。その結果、過去問題演習の進度は一時間につきおおよそ6〜7問のペースです。
個人差もあり、人によってはさらに多く問題をこなす方もいらっしゃるようですが、一問に付き時間をかけすぎでしょうか。

過去の受験におきましても、特に民法の過去問題演習では時間がかかってしまいましたので、進度ペースにも注意しつつ過去問演習をこころがけているつもりです。

以上、ご教授頂ければ、幸いです。宜しくお願い致します。
No.9400 - 2013/03/22(Fri) 00:27:42

Re: / とっぱ
飛行艇さん、こんにちは。

1問10分程度でしたら、まずまずのペースですので、その調子でよいと思います。

法律の勉強は、山登りに例えると、最初が急な崖で、次第に平坦になっていく山を登っていくイメージなのですね。
つまり、一通りの理解を得るまでが、一番大変で、時間がかかるわけです。

ただ、この最初の崖を、変なコツを覚えてショートカットしてしまうと、後で伸び悩んでしまいます。
当塾では、真正面から登っていく方法(法律の正しい理解)を指導していますので、最初は時間もかかって大変だと思いますが、2回目・3回目と回していくごとに復習もどんどん楽になっていくと思います。

大変だと感じるときが、実力が伸びているときでもありますので、粘り強くがんばってみてください。しばらくすると成果が現れると思います。


というわけで参考にしてみてください。また書き込んでくださいね。
No.9401 - 2013/03/23(Sat) 00:11:56

Re: ありがとうございました / 飛行艇
返信ありがとうございます。

現在の調子で地道に頑張りたいと思います。
No.9402 - 2013/03/24(Sun) 11:08:21
(No Subject) / 飛行艇
お世話になっております。

憲法テキストP.64(5)自白の任意性と補強証拠についての説明文中にて、

〜また、捜査機関の違法捜査を根絶するためには証拠能力を否定するのが一番だからである。〜

という文がありますが、この文の意味がいまいちピンとこないのです。
特に「証拠能力の否定」と「捜査機関の違法捜査を根絶」の結びつきがいまいちよくわかりません。宜しくお願い致します。
No.9397 - 2013/03/19(Tue) 13:14:25

Re: / とっぱ
飛行艇さん、こんばんは。

強制等による自白があった場合でも、それを裁判の証拠として認めてしまうと、捜査機関としても強制的に自白させるなどの違法捜査を行ってしまいがちになりますね。

逆に、強制的に自白させるような違法捜査を行った結果の証言は、裁判で証拠として認めない(証拠能力の否定)ということになると、違法があれば結局証言をとっても裁判で使えない(有罪にするのが難しくなる)ことになりますから、捜査機関としては、そのような違法捜査を避けようとするわけです。

テキストはこのことを言っているわけですね。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9398 - 2013/03/19(Tue) 22:26:48

ありがとうございました / 飛行艇
早々に返信いただきありがとうございます。
「証拠能力」という箇所が特に釈然としなかったのですが、
返信を読んで納得しました。
ありがとうございました。
No.9399 - 2013/03/19(Tue) 23:04:06
債権譲渡 / るっち
いつもお世話になっております。
るっちです。
債権譲渡の通知は債権の譲渡人から行わなければ債権に対抗できないということでした。
一問一答で債権の譲受人が譲渡人を代理して通知を行うことができるが、債権の譲受人が譲渡人を代位して通知を行うことはできないとの、解説があったのですが、なぜ代理はよくて代位がだめなのか理解できていません。
解説をお願いします。
No.9395 - 2013/03/08(Fri) 12:47:42

Re: 債権譲渡 / とっぱ
るっちさん、こんにちは。
こちらこそお世話になっております。一緒にがんばっていきましょう。

さて、ご質問の件ですが、これは両者それぞれの場合に、誰が実質的に通知を行っているかを考えるとわかると思います。

代位の場合は、譲受人の意思で、譲受人が通知しているわけですね。これに対して、代理の場合は、譲渡人が通知したいという意思で、譲受人に委任しているのであって、効果も譲渡人に帰属しますから、実質的には譲渡人が通知しているといえるのですね。

そこで、判例は、譲受人を代理とすることも認めるわけです。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9396 - 2013/03/09(Sat) 07:43:59
法律行為 / カズヒロ [東海]
こんにちは!
いつもお世話になっております。
民法の講義で催告は厳密に言うと法律行為じゃないと先生がおっしゃっていますが、過去問のH13-27にも法律行為と準法律行為の問題がでています。
この見分け方はなにかいい方法があるのでしょうか?
あるいは一つ一つ事例を覚えておくしかないのでしょうか?
お忙しいなかすみませんが、お答えよろしくお願いします。
No.9393 - 2013/03/07(Thu) 10:53:56

Re: 法律行為 / とっぱ
カズヒロさん、こんにちは。

法律行為と準法律行為は、最初はなかなか見分けがつかないかも知れませんね。
両者は、(法律効果に直接向けられた)意思表示を含むか否かでわけられます。本論編テキストP20にも、法律行為は、意思表示を要素とするものとありますね。

ただ、やや見分けるのが難しいのが、催告のような意思の通知ですね。これらは、ある種の意思を表示しているのですが、所有権の移転や債権の発生などの法律効果に直接向けられたものではない点で、準法律行為とされています。

覚えておくべき例は、本論編テキストP21に挙げていますので、意思の通知・観念の通知のそれぞれの例を知っておくとよいでしょう。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9394 - 2013/03/08(Fri) 07:58:34
過去問H22-7について / カズヒロ [東海]
こんばんは!
カズヒロです。
いつも丁寧に質問に答えてくれてありがとうございます。
今回も質問なのですが・・
過去問のH22-7の問題は白票を出席議員数に算入するかしないかで答えが変わってくるのですが、今現在の通説も、この問題と同じように白票を算入した上で、過半数に達しているかどうか判断すると考えて良いのでしょうか?
つまらない質問ですみませんが、お答えよろしくお願いします。
No.9391 - 2013/02/25(Mon) 21:26:03

Re: 過去問H22-7について / とっぱ
カズヒロさん、こんにちは。

この問題については、学者さんによって多少表現に違いが見られますが、少なくとも、白票の参入を肯定する「積極説」が多数説であるといえますね。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9392 - 2013/02/27(Wed) 21:30:43
(No Subject) / 飛行艇
お世話になっております。飛行艇です
前回の質問の回答ありがとうございました。

1)下記のとおり質問事項があります。
 憲法テキストP.22チェックポイント(小テスト)法の下の平等の問題「法の下の平等は、すべての人間を平等に取り扱う趣旨であり、基本的人権の保障については、外国人も日本人と全く同様に取り扱われる。」の答えは「誤」となっております。その理由についてですが、「権利の性質上日本国民のみを対象としているものを除き、わが国に在留する外国人にも及ぶためである。(マクリーン事件判決)」でよろしいでしょうか?

2)2月9日から学習を始め、ようやく憲法CDCが終わりました。6月までに憲法、民法、行政法のインプットを終えたいと考えておりますが、現状のペースでは、3月も半分以上は憲法で終わってしまいそうです。CDを聞きながら、大事だと思われる箇所はメモをとってテキストに書き込み、よくわからなかった箇所は聞きなおしているというやりかたで進めておりますが、CDは一回目はざっくり最初から最後までとりあえず聞いてしまったほうがよろしいのでしょうか?
No.9389 - 2013/02/23(Sat) 11:52:10

Re: / とっぱ
飛行艇さん、こんばんは。

1)について
これは、まあそうですね。合理的差別は許されますので、人権保障について、全く同様に扱われるわけではないですね。マクリーン事件もその例といえますね。

2)について
1回目は、理解に重点をおいて、じっくり勉強して欲しいところです。最初にスピードばかりを重視すると、理解が不十分となり、いずれ伸び悩んでしまいます。

ただ、他方で、じっくり勉強しすぎると、全範囲を回しきれなくなりますね。メモをとってテキストに書き込む時間や、聞き直しの時間をできるだけ短縮して、同じ理解を得ながら、できるだけ簡略化した勉強法を心がけるとよいでしょう。

常に、ペースと理解度をチェックしながら、高い理解度を得ながら、スピードもできるだけ上げるよう工夫してみてくださいね。


というわけで納得いただけたでしょうか。また書き込んでくださいね。
No.9390 - 2013/02/23(Sat) 23:12:54
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LS (Free) Rocket BBS